<   2013年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2013年10月30日、T-WALL

最近、記事の日付をよく間違える。昨日の記事のタイトルの日付を修正した。肘が痛くて、あまり元気がないのだが、連荘で調整のつもりでチーウォールへ向かう。最近、VMPlayerの上にWindows8.1を入れて、試し使いしているのだが、その時にSkyDriveも登録した。iPhoneのSkyDriveアプリもあるので、でっ、iPhoneで取った写真をSkyDriveにアップロードして、PCからコピーしてブログへ上げるというのをやってみた。Windows7からも当然アクセスできる。できるの当り前だけど。7GBまでは無料なので、どんな使い方ができるか少し試してみるかな。

〇 kの氏他合作、2013.10/30
・青4Qは、難しかった。ゴール取り手前のホールドが悪い。苦労していたら、kの氏が、先にピンクガバに右足ヒールとか?うん?後半リハーサルしてみたら、できた。それだと確かに4Qぐらいか。
・赤4-5Qは、一撃。
・オレンジ4Qは、できる気しない。
b0037220_2318720.jpg


薄被り右の流行っていた4Qを一撃したが、これはリーチ有利過ぎ。その他、いろいろと物色したが、今日は集中力がなかったというか、あまり元気がなかったかなぁ。レスト、レスト。体休めて週末へ。だけど、明日午前中、体幹が疲れる設置設定なんだよなぁ。

きん
by Climber-Kin | 2013-10-30 23:20 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2013年10月29日、T-WALL

仕事でよく知らないこと(VDI)を調べていたら、頭が痛くなってしまった。5時前には頭がパープーに。休みを入れなかったのがよくなかった。そして、あのソフトの弱点を見つけてしまった。「くっくっくっくっ!」 何故か笑いが止まらない。明日、しっかりと確認しよう。「くっくっくっくっ!」。電車で一人ニヤニヤしている危ない人になって、チーウォールへ向かった。「くっくっくっくっ!」

〇 無名、kの氏、2013.10/17~10/23
・水色5Qは、全て大きなホールド。一撃。
・赤4Qは、出だしで躓く。スタートにヒールで解決する。4手目右手出しでまた躓く。スタートにヒールで解決する。次の便で完登。ブレイン核心だった。
・青3-4Qは、出だしできなかったが何とかなりそう。後半を探るが、三角形ちょっとスローピーな右手から次の左手デカホールド取りが難しい。右手、ガストン気味に持って、空中を歩いて、ハイステップか。出だしに戻って、スタート解析。次の便で完登。
・ピンク3Qは、みんなでトライするが、左足激キョンムーブか?これ以上膝痛めるのは嫌なのでパスする。
・青2Qは、スタートのランジ?出辛~い。パス。
b0037220_23465421.jpg


大壁左のkの氏の3Qを触るが、前半が難しい。ヒールがはずれる~。でっ、先週ムーブ解析終了したはずのkの氏のルーフ課題4Qは、ゴール手前のホールドが違うことが判明。さらに難しくなるが、そこだけやれば何とかなるのだが、繋げてできるのか?でっ、スタートから一回だけやってみたが、前半の核心で足がマットに落ちてしまう。時間切れ。帰りの自転車の空気がなくなっていた。昨日、空気いれたばかりなのに。ムシがボロボロなのかも。とりあえず、駐輪場で空気入れて走ったが、帰着する前に前タイヤがぺちゃんこになった。明日朝、早起きして、前タイヤだけ直すかな。

きん
by Climber-Kin | 2013-10-29 23:41 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2013年10月27日、小川山

前日の土曜日は台風27号が接近して、大荒れの天気だったが、予報通り午後には遠ざかった。日曜日は、台風一過のよい天気だろうなぁとは思っていたのだが、あのルートの右手穴ホールドはダメだろうとも思っていたのだが、岩場に到着して見上げてみると、流れ込みも酷く、肝心の左手ホールドまでが水没していた。

(1) コグレ大サーカス(10c)、MS/RP、再登
・円ドルはあきらめ、どうしたものかと思っていたのだが、パートナー様の課題は何とかなりそうな感じなので、2峰へ向かうことになった。
・陽が当たっていて、暖かそうなのでやってみたのだが、気温は、まだ5度ぐらいだろう。冷たいのなんのって、久々に指がジーンと痛くなった。

(2) チャワンムシ(11a)、×
・このルート、随分昔にRPしたことがあるのだが、パートナー様がアップにやると言い出したので、私もやることに。
・よーく、ムーブを見て、パクって一発で登ってやろうと狙ったのだが、サイズが違って、自分のムーブではなかった。うっ、このルート、自分のサイズのムーブを作らないと登れない。

(3) エンドルフィン(13a)、ヌンチャク掛け
・お昼に様子を見に行ってみた。朝の状態からは結構乾いていた。とは言え、RPトライできるような状態ではなかった。パートナー様が目的の課題をRPしたので、2峰に用はなくなった。
・まー練習だけするかなと、ソラマメへ移動して、ヌンチャクを掛けた。

(4) エンドルフィン(13a)、練習
・とりあえず、下からトライ。何とか、3p目はクリップできて、右手穴取りは、左手びしょ濡れでできるわけなし。
・右手穴取り、2回ほどリハーサルしてみたが、やるだけ無駄と思い、リップ取りのリハーサルをする。
・実は、このリップ取り、右手穴が取れて足ブラになった状態からのリハーサルで、7月末から取れていないのだ。
・うーん。やっぱりできない。穴が濡れているせいか?って、7月末から、ずっと濡れているからなぁ。

(5) エンドルフィン(13a)、練習
・一連のリップ取りムーブ。あっ、そうか。そういうことか。ようやく気付いた。右手穴取れさえすれば、可能性あるかも。

どうも、右手穴のホールド欠けてから、リップ取りムーブがおかしくなってました。ちょっと前にようやく、右手穴ホールド取りが再びリハーサルでできるように戻ってきたのですが、そっから繋いでリップ取りまではできていません。ホールド欠けて難しくなった? いつも穴ホールドが濡れているから? きっと濡れているせいだ! と思っていたのですが。頭の中では、たとえ右手穴ホールドとらえても、リップ取りで落とされるなと想像して、最近元気がありませんでした。その右手穴取りムーブ自体もおかしくなっていたのですけど。とにかく、今日ようやく、一連のリップ取りムーブはイメージがわかりました。残るチャンスは少ないですが、少し元気が出てきました。もしかしたら、終日、日陰のこのルート、岩が冷たくなって、既にタイムアウトなのかもしれませんが、次回も頑張ります。

〇 今日の小川山
・とにかく、紅葉がきれいでした。
・今週がピークで、来週から寒くなるなら、来週末は落葉していて、落ち葉ラッセルですね。
・小川山には毎年行ってますが、この時期まで通うのは久しぶりのような。そして、ここまで見事な紅葉は初めてみるような気もします。とにかく、今日の紅葉は見事でした。
・紅葉のピークと週末がミートしたのが久々なのかもしれません。
b0037220_23593712.jpg


〇 今日の2峰
・セレクションパーティが沢山来ていました。先週に引き続き、そのセレクション登りに来ていた、スラ婆ぁさんとばったり。
・パートナー様は、トップロープで「星の光(12a)」をいい感じで抜けた後、RPトライ。一発で登ってしまいました。凄い。こんなルート登れるんだ。祝福より、驚きが先に!
b0037220_002280.jpg


〇 今日のエンドルフィン
・右手穴取って、左手寄せ状態から始めるとリップが取れるのだが、右手穴取り状態から始めるリハーサル。さらに4p目かけてから、右手穴が取れた状態からの左手寄せからのリハーサルだとリップ取りができない。何故だろう?右手穴止められても、今のままでは、リップ取りできないなぁと、今シーズンあきらめかけていた。
・その、左手寄せ前からのリハーサルでは、わざと、右手浅持ちで親指が浮いている状態(多分右手穴取った時はこうなっている)から始めているのだが、どうもできない。すると、パートナー様が親指のつけ方が変だ!と指摘。あっ!そうか、そもそもこうならないのか?
・右手ガストン気味にしなきゃ、体が落ちたままだ。右手をまっすぐ下に引いて、左上へ行こうとしても、腰が上がらず、行けるわけがない。
・一つ、謎が解けた。その後、5回連続して、右手穴取り足ブラ状態からリップ取りができた。


きん
by Climber-Kin | 2013-10-28 00:00 | 小川山2013~2014 | Comments(0)

2013年10月24日、T-WALL東村山

天気予報は詳しく見ていないけれど、回りの人が言うには土曜日は雨だとのこと。いつもの水曜日のチーウォールはパスして木曜日に行ってみた。昨日の水曜日が混んでいたかどうかはわからないが、木曜日は空いているようだ。落ち着いてトライできた。ホールド替えされた薄被り右壁のナベちゃんのマダム向けファイル課題でアップしたら、サイズが合わずに、はまりまくるが、5-6Qから、4-5Q、4Q-、4Qと結局全部登れたのだが、全然違うムーブで登ったと思う。さらに、ホールド替えされた薄被り左のナベちゃん課題へ。

〇 「遊女と若衆時々野郎」、ナベ@T-WALL、2013.10.22
・黒4Q+は、一撃できそうでできず。その後はまる。黄色スローピーから次の左手が遠い。4-5便、いや7-8便ぐらい打って、なんとか登れた。
・水色3Qは、2手目ランジ。そこから、遠い右手を取り損ねて、一撃を逃す。次の便で完登。こっちの方が黒4Q+より、かなり登り易い。
・緑3Q+は、2手目取りで狭いキョン。痛めている左足が壊れそうになった。パス。
b0037220_23253080.jpg


kの氏の、ルーフ4級のムーブ解析。なんとか、できそうだが、3手目取って、足ブラで体を切り返すところ。繋げると、足切れて、腹筋で耐えるところで、足がマットに落ちてしまう。後半もなんとかムーブできた。次回再トライかなぁ。最近、楽しくない仕事で忙しくて、気持ちに余裕がない。だけど、ジムボルダーすると、体は疲れるが、気持ちがすっきりする。明日は、しっかり仕事をして週末を迎えよう。週末にチャンスがあるなら、気持ちを切り替えて、全力でトライしたい。がっ、日曜日晴れても、右手穴濡れてるかなぁ?

きん
by Climber-Kin | 2013-10-24 23:27 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2013年10月21日、T-WALL東村山

膝サポータと肘サポータを両膝、両肘に付けて、新しい長手ものトライしていたら、黒2で前腕張ってしまった。よく見たら、登る前から、前腕に血管が浮き出ている。加圧トレーニングだ!黒3は一撃できたが、黒4は上下のアップダウンが激しく、黒5より難しい。完登に3便かかってしまった。だけど、加圧サポータだけのせいではないだろう。とにかく、最近、全く持久系っぽい動きを全くやってなかったから。下りとか、足狭トラバースでやらた、力が入ってしまう。いやっ、肘と膝の故障のせいかも。単に弱っちくなっただけのような。その後、薄被り壁の黄色テープ課題をトライするが落とされまくりました。膝と肘の故障。やはり、パフォーマンスが落ちているのでしょうか?単にサイズがあっていないから?よくわかりません。

〇 膝サポータ
・痛くない時は、つけてはいけないそうです。
・押さえつけると、筋肉が固くなってしまうようです。
・山の下りとか、本当に辛い時だけつけた方がよいようです。
b0037220_23333784.jpg


〇 肘サポータ
・ゴツイです。これ。付けるだけで、前腕の血管が浮いてきます。
・これ付けて、登った後は、汗で張り付いて、なかなか脱げませんでした。
b0037220_23335554.jpg


〇 ひざ痛は治る!
・アマゾンで、サポータ買ったら、ついでにこれを買えって!
・本当に治るのなら、治してもらいたい。だけど、場所は静岡なんです。通えません。
・学会にも発表してる?10万人の膝を直した?
・斜め読みしましたが、そうかも?だけど、ちょっと胡散臭いような気も。
・かかりつけの接骨院に渡しておきました。これ、いいのなら、この施術してみてくださいって!
b0037220_23372698.jpg


きん
by Climber-Kin | 2013-10-21 23:46 | T-WALL東村山 | Comments(2)

2013年10月19日後半、ウェストロック

小川山からの帰りに、ウェストロックへ寄ってみた。コータローの兄弟、そして、M野姉ぇとM師匠がいた。4級から3級をトライ。4級たくさんと3級は3本完登できた。ホールドが新しく、表面がまだ油っこい。指皮沢山とられます。落ち着いてトライできるジムでした。小川山雨敗退の時に寄るにはよいかもしれません。

〇 二階の右側
・2階より1階の方が壁が大きいようです。建物の構造上そうなのでしょう。
b0037220_13213470.jpg


〇 二階の左側
・この面の課題は難しかったです。被った壁の方が登りやすかったです。
b0037220_13215846.jpg


帰り際に、三階のスラックラインで少し遊んでみました。なかなかできないので熱くなりますね。うまい方に、いろいろとコツを聞いて、半分ぐらいまでは進めるようになったような。なるほどです。アドバイスありがとうございました。

きん
by Climber-Kin | 2013-10-20 13:27 | ウェストロック | Comments(2)

2013年10月19日前半、小川山

終日曇りを期待して、小川山へ向かったのだが、朝は雨が降っていた。その雨も次第に上がった。リップは濡れているだろうけど、今日の湿度なら結露はしていなくて、練習はできるだろうと様子を見に行ってみた。予想通りだった。一便だけ練習をして、ジムへでも転戦しよう。

(1) エンドルフィン(13a)、練習
・二つのアイデアを確認したかった。
・そのうち一つの、リップ取りムーブは、全然違っていた。まー、とにかく、頑張って右手を引きつけるしかない。
・今日は、右手穴ホールド濡れているせいだろう。全然できない。
・落ち着いて、右手穴取りのイメージも固める。両足とも完全に曲がりきるぐらい、落とし込んで、一気に立ち上がる方がよさそうだ。その時に少しだけ骨盤を立てると、さらに距離が延びるようなのだが。

約束の1便を終了し、大日広場まで戻ってくると、なんだか明るい。風通しのよいところは登れるだろう。マラ岩シルクとか、左岸スラブのジャーマンとか。がっ、パートナー様は乗り気がなく、紅葉に美しく染まった小川山を後にしました。

〇 紅葉真っ盛りな兄岩
・ピクニクラを登るクライマーが居た。
・ウォーリーを探せの前に、講習会?のように大勢いた。
・これで寒くなると、一挙に落葉でしょうか。
b0037220_13104475.jpg


〇 今日のエンドルフィン
・ピンチですねぇ。7月13日のトライは、絶体落としてはいけないトライだったのか。
・穴取りの成功確率が低すぎます。取れた後も難しくなっちゃったし。
・今朝は、岩が冷たくて、指が痛かったです。
・いずれにしても、チャンスは、あと1日か2日ぐらいでしょうか。
b0037220_13131438.jpg


きん
by Climber-Kin | 2013-10-20 13:15 | 小川山2013~2014 | Comments(2)

2013年10月16日、T-WALL東村山

日曜日に、膝と肘、特に膝の調子が悪くなり、月曜日は登らずして廻り目平から帰着。昨日もレストした。接骨院で施術してもらったが、以前からの問題と新たな問題と。もう、わけがわからない。とにかく、複数の要因による固くなった筋をほぐしてもらった他に、膝の回りにキネシオテープを張ってもらった。さらに膝サポーターに肘サポータをつけて登った。薄被り右壁と薄被り左壁のホールド替えがあった。新しいテープ課題でアップした。膝と肘がサポータで登り辛い。表に出ていたファイル課題、T中さんの課題を触ってみた。

〇 無名、T中氏、2013.10.14
・紫4Qから。どれもスタティックにとれず。ウーン。デカ四角ホールドへはランジ。デッド、デッドでゴール取りで落ちる。次の便で完登。
・赤4Qは、ゴール手前の赤ホールドの持ち方を失敗したようで、ゴール取り右手出しで落ちる。次の便では、ゴール手前の赤ホールドは右側も持って、安定してゴール取り。これもやられた。
・ついでの、紫4-5Qも登っておくかと触ったが、これがサイズが一番合わなくて、一番難しい。
b0037220_23215328.jpg


その後、k沼くんの4級課題をトライするが、ゴール取りで振り落とされる。エンドルフィンの核心ムーブに通じる部分があるので、意地になってやっていたら、指皮がなくなるわ、指穴作るは、あちゃー。最後に薄被り左のテープ課題をいくつか登って、終了した。

きん
by Climber-Kin | 2013-10-16 23:31 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2013年10月12-13日、小川山

◇12日(ソラマメスラブ)

10月とは思えない暑い平日が続いていた。木曜日は雨まで降ったり。土曜日はやはり、暑そうな予報だった。日曜日は急に気温が低くなりそうだ。どの日にどこへ行くか相談の上、土曜日にエンドルフィントライになった。結局、土曜日は朝と夕方はフリクションがよく、昼ごろはフリクションがよくなかった。

(1) エンドルフィン(13a)、ヌンチャク掛け
・先々週のように、ホールドが乾いていて、チョークが浮いてきていて、真っ白だ。
・右手穴は若干湿っぽいが、これまでにない乾き具合だった。

(2-3) エンドルフィン(13a)、×
・2-3p間でまごついたが、左手フリクションがよい。最初のトライでいきなり、右穴届いたが、ガッぽりとは持てていなかった。惜しい。
・核心ムーブだけリハーサルしようとしたが、振られを止めるまではできなかった。
・10時になり、太陽が視線に入ってしまい。トライ中断。

(4) エンドルフィン(13a)、×××
・あれ、3p目クリップも厳しいぞ。3p目からリハーサルするが、全く届く気配がない。
・あー、この状態で、こんなんじゃ、今シーズンは無理かもしれない。7月に登り損ねた時より、パワーが落ちているんだ。膝の故障のせいで、瞬発力が落ちてるんだ。今の自分には登れない。

(5) エンドルフィン(13a)、×
・夕方4時ぐらいに、回収便のつもりでトライしてみた。あれっ、今度は、右手持てる。右手穴ホールドは届いたが、振られて落ちた。
・3p目からリハーサルしてみる。今度は、しっかり右手が持てて、左手寄せも成功。そして、左足上げてリップ取りは、失敗。その後、リップ取りだけは一発でできる。
・うーん。昼間は状態がよくなかったのか。しかし、時既に遅し。

朝と夕方の状態が良くなってきました。季節が少し進んだのでしょう。昼間は17度ぐらいだったでしょうか。あと5度ぐらい低い方がよいのかもしれません。ある程度湿度が下がってきたら、湿度より温度の方に敏感な感じがしてきました。お昼の便で、もう、このルートやめようかと思いだしていたのですが、夕方にまた、希望を持たせてくれるようなトライが出てきました。ここまで来たら、結果を恐れず、タイムアウトまでトライするしかないと思い直したのでした。右手穴取りは、コンディション次第のようです。フリクションが悪いと、体を下に落としきれず。落ちないように、左足が突っ張ってしまいます。そのため、両足でぐいっと押せないのです。また、蹴る方向も最初からおかしな方向を向いているので、そんな時はよく右肘を壁にぶつけます。以前は気にならなかった、2-3pなのですが、どうも、左足を伸ばさなくなってきていたようです。右足のヒール&トゥーで引いて取りに行こうという意識が強くなっていました。左足を伸ばすです。腰を捻りながら伸ばすです。そして、今日強強Andoさんの異次元の登りをみて、ふと気づきました。右手穴取ってから、リップ取りムーブは、左足を上げて、右腕に引き付けるイメージでやっていたのですが、これだと、ホールド欠けてから、リハーサルでも、3p目から繋げて、必ず落とされています。右手を引き付ける前に、体を斜めにして、左足をホールドに刺し、腰を高く上げてから、右手引き付けのイメージなのかもしれません。アイデア二つ持って、来週も頑張ります。

◇ 13日(砦岩前衛壁)
前日は、20時半には寝てしまった。朝起きたら寒かった。今日は二日目でパートナーの日と言うことで、砦岩前衛壁へ向かった。S野さんスクールとお昼過ぎからご夫婦パーティ。全部で10人ぐらいだっただろうか。S野さんスクールとは、やたらと、ここでお会いする。そして、私は、前回ようやく、トップアウトすることができた「登る埼玉県民(12b)」のムーブ解析をすることになる。

(6) お手伝いします(10a)、再登
・S野さんの話では、ホールド欠けて、10bになったそうです。

(7) 踊る?埼玉県民(12b)、ムーブ探り
・前回はトップアウトすることで精一杯だったので、今回はようやく、核心ムーブの解析に。
・右足トゥーフックで立ち上がった後???
・その後、左手送れたとして、おっ、何とかスローピーなダイクに右手が届いた!
・だが、そこから、右手側にガバ穴へ行こうとすると、めちゃくちゃなフルパワームーブになってします。
・うーん。

(8) 登る埼玉県民(12b)、ムーブ探り
・右足トゥーフックで立ち上がった後、右手ポチ穴で補助して、右足を一つ手前のトゥーフックへ変えて、右手ダイク取りだ。
・右手のガバ穴は、むしろ使わず。左足カンテにヒールフックで、左手をカンテの向こう上へ送り。右手をダイクの上にある、ホールドで出して、左足ヒール状態でクリップ。そこからダイク乗り上げムーブへ繋ぐだ。

(9) 登る埼玉県民(12b)、×
・一応、ムーブができたと思った。張り切って、RPトライへ。
・順調に核心へ。そして、右足トゥーフックで立ち上がり、右手でチビ穴補助にして、右足を寄せようとするが、寄せられない。あれっ?左手場所違うぞ。
・あっ、左手は、もう一手送らないとダメなのか?右足トゥーフックしたまた、右手カンテで、左手送りで、右手出しだ!手順に一コマ抜けていた。

「登る埼玉県民」は、ようやく、ムーブが見えてきました。元気がよい一日目ならいけるかも?そんな期待が持てるようになってきました。だけど、砦岩は寒いです。午前中に岩の上部には陽があたるのですが、下部には朝から陽があたりません。終日寒かったです。

◇14日
十国峠で登って、渋滞さけて帰ろうかと計画していたのですが、膝と肘が痛みます。特に膝が酷く、これまでの膝裏のむくみではなくて、以前にやった。半月板摩耗の方の痛さです。パートナー様も肘と膝に違和感ありと昨日より嘆いていたので、テント撤収して、登らずに帰りました。

〇 紅葉進む小川山
・12日は朝から暖かかったのですが、13日(日)の朝は、0度を切ったのではないでしょうか。とても寒かったです。
・一日ごとに紅葉が進みます。
・パートナー様は、「星と光(12a)」をトップロープでワンテンにして、リードで探り始めました。
b0037220_15253241.jpg


〇 登る埼玉県民(12b?)、自分用メモ
・このルート、所謂、ムーブ課題。ですが、かなり難いです。
・核心ムーブは、右手アンダーから左手カンテ向こう側のホールド取って、右足水平ダイクへ上げて左足も水平ダイクへ上げる。右足は、右手の向こう側にヒール&トゥで立ち上がる。
・体勢整えたら、右手を左手のすぐ上のホールドを保持して、左手をもう少し上げた、ちょっとだけ引っかかるホールドへ。そして、右手をポチ穴二つホールドで補助して、右足を最初にアンダーで持っていたあたりに寄せて、思いっきり立ち上がる(飛びつく)。
・右手水平スローピーホールド取ったら、先に右足を壁に当てて、左足をカンテ向こう側へヒールフック。左手を送り、一個目のよいホールドへ。右手をカンテ上30cmのクリップホールドへ。右足一つ上げて、左足を一番よい部分にヒールし直して、クリップ。
・左手を、ヒールしたまま、もう一つ上のよいホールドを持って、左足をこちら側の壁へ戻して右足をダイク左目に載せて、左足をスメアでバランスとりながら、右手遠いカンテのホールドへ。左足をスメアっぽいダイクの上に載せて立ち上がって、右足を先ほどのクリップホールドに載せる。
・右足に立ちこんで、左足右足で、立ち上がれば、クラックにカムをセットできる。
・チーウォール東村山の3級難し目。外岩1級ぐらいか?12b/cぐらいは、あるような気がするのですけどねぇ。
b0037220_1526571.jpg


きん
by Climber-Kin | 2013-10-14 15:17 | 小川山2013~2014 | Comments(2)

2013年10月9日、T-WALL東村山

前の記事の日付が違っていました。修正しました。10月とは思えない暑さを感じながら、チーウォールへ向かった。仕事で出遅れた。今日は、たまにある、めちゃ混みの水曜日だった。9時以降は部活が終わったように、いつものチーウォールに戻ったのだが。前半は混んでるせいで、いつものアップができず、薄被り右の緑テープ課題でアップしていたら、クライムダウンで大胸筋を痛めてしまった。その後、マッシーがトライしていた、kの氏課題をなにげにさわったら、急性筋肉痛か?大胸筋がますます痛くて、少し休んでいた。

〇 オージ、2013.09.29
・大胸筋の様子を見ながら、青4-5級は、ホールド追いながら、何やらせたいのか、一生懸命考えた。わかった。一撃。
・赤4-5級は出だしあたりが窮屈で、とりあえずパス。
・緑3級は、若者常連さん達とムーブばらし。最後の手順解決していないまま、休憩して戻るとH田くんが完登していた。最後のムーブをパクリ。私も次の便で完登。
・黒2-3級は、設定に穴があるらしい。最後、クロスではなく飛ばしだと4級ぐらいとか、二便だしたが登れず。コテッと終わっていた。
b0037220_23212986.jpg


大胸筋痛めて、今日は帰ろうかとい思っていたが、肩回りのストレッチしながら、ボチボチ登っていたら、ボチボチ完登できた。今週末の小川山は、関東勢に関西勢。そう乱れで、相当に混みそうだ。そういえば、きんブログ見ると、一昨年あたりは、林道が原宿の竹下通りみたいになっていたとか。どうなることやら?

きん
by Climber-Kin | 2013-10-09 23:30 | T-WALL東村山 | Comments(0)