<   2013年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

年末年始の酒

今年はいろんなことがありました。クライミングの成果が少ない年でした。シングルモルト買っても二日で飲みきっちゃうので、きりがない。それで、成果ごとにシングルモルトを買うということにしているのです。だから、最近はあまり飲めていませんでした。だけど、年末年始ぐらいいいだろうと、買ってきました。ようやく、仕事(12月のレポート)に目処が立ったので(大晦日にも仕事してる)、1700にウィスキースタートです。こんなに早く飲みだすと、酩酊して、紅白終わるまで持たないでしょう。今年も除夜の鐘をきかずに年越しかな(笑)。皆様、よい年をお迎えください。

〇 ボウモア12年
・カタカナで書くと、バウモアでなくて、ボウモアでした。以前の記事でバウモアと書いていたかもしれません。
・エグニマとかテンペストととかもあるけれど、オーソドックスな12年を買いました。
・スモーキー過ぎないスモーキーさ。ハニーな香り。癖を感じないバランスのよさ。チョコレート味です。少し、潮っぽいところもよいです。
・値段も手ごろだし、スコッチ飲んだことない人には、一押しの一本です。
・要するに無難なシングルモルトです。あー、でも、この酒、うまいわー! 間違えなく飲みすぎそう。
・来年は、この酒のように無難でバランスのよい年になりますように。
b0037220_16192927.jpg
〇 ジョニーウォーカー黒ラベル12年
・こちらは、ブレンドです。有名なお酒ですが、ご存じの通り、白ラベル、赤ラベル、黒ラベル、ゴールド、ブルーがあります。
・黒ラベルは、12年で売り出すようです。
・ブルーは一度だけ、飲んだことがあります。多分20年以上熟成なのでしょう。以前勤めていた会社の社長が会社の経費で借りていた別邸にお呼ばれして飲みました。味は記憶にないです。投資で集めたお金と自分のお金と区別がつかない、そんな社長が経営するその会社は当然今は消えています。
・何だか昔のこと思い出しちゃったなぁ。
・ブレンドは、いろいろな酒を混ぜることで、新しいテーストを作ると言う意味では、シングルモルトとは、また違った面白みがあります。
・珈琲もブレンドが面白いですよね。
・石灰岩、花崗岩に凝灰岩。クライミングも、いろいろな岩を登れるようなブレンディッドがよいかもしれません。
b0037220_16194220.jpg
きん

by Climber-Kin | 2013-12-31 16:58 | 酒ログ | Comments(4)

2013年のまとめ

今年はあまり、よい年ではなかったかもしれません。怪我やアクシデント、そして、その怪我の後遺症なのか足の調子が終始よくありませんでした。そんな年をまとめてみても意味があるのかと疑問に思っていました。しかし、1年を振り返り、こんな年もあったと言うことや、さらに、新しい年のために、顧みることも大切だろうと、まとめることにしました。

昨年末から、冬は二子というパターンから少し違う岩場へも行ってみようと城山へ行きだしました。そして、年明けて、すぐに城ケ崎へ2回ほど行きました。新年早々の訪問ではエアーダンスを登れて、そしてパンピングアイアンIIを触りだし、翌週にはもう登れそうでした。終了点は目の前でした。だが、その時、左足からゴキゴキと激しい音がなりました。重度2+の肉離れでした。シーサイドの登り返し、家までの運転が大変でした。動かすたびに激痛が走りました。内出血痕が酷かったです。クライミングどころか普段の生活が大変でした。しばらく松葉づえ生活でした。外岩へ復帰するまでに3ヶ月かかりました。その間、上半身のウェイトトレーニングと片足クライミングによる持久力トレーニングを激しく行いました。復帰後、トレーニングのお蔭か、城山の「トェルブモンキー(12b)」や「生と死の分岐点(12b)」と、直ぐに成果をだすことができました。そして、GWは課題探しの旅となりました。いろいろな13を触ってみました。その中で、可能性を少し感じた小川山の「エンドルフィン(13a)」を少しトライしてみることにしたのです。梅雨を挟んで触っていくうちに、よい感触になってきました。そして、7月のそれほどコンディションのよくない日に、核心セクション最後のリップ取りに成功したのでした。だけど、不意に右手がスッポ抜けて、落ちてしまいました。だけど、気落ちしませんでした。もう登れるもんだと思っていたからです。ところが、そこから調子を崩してしまったようです。翌日のクライミングあたりから膝が痛くなりました。膝の痛みは、なかなか引きませんでした。それで体のバランスが悪くなったせいでしょうか、次から次へと、いろいろなところの筋が固くなりだしました。肉離れによる左右均等でなくなった筋力の影響もあるのでしょう。さらに左肘の調子も悪くなり始めました。それらにもかまわず、11月までエンドルフィンをトライしました。調子は悪くなる一方でした。今年の9月と10月は毎週のように雨が降り、コンディションはよくありませんでした。コンディションがよくなれば、登れるだろうと思い込んでいました。そして、ようやく、11月に入ってから、コンディションがよくなりました。しかし、体のコンディションは戻っていなかったようです。むしろ、状態の悪かった7月の方が体の動きがよかったです。小川山の朝の温度がマイナス10度になったのを見て、今シーズンの小川山を終了しました。昨年は、夏の間もエクセレントパワーをトライし続けて、調子が上がって行き、ついにRPと言うシナリオだったので、今年もそのつもりでエンドルフィンのトライを継続しました。しかし、この強烈なムーブ課題には、それは当てはまらないようでした。今年は作戦失敗だったようです。そして、長い間トライし続けた5mの課題のため、怪我の最中にトレーニングでつけた持久力はどこかへ飛んでいってしまいました。延長した小川山の後は、今年はすぐに二子山へ入りました。任侠道(12d)? いやいや、今の自分は5m仕様。パートナーの誘いでペトルーシュクァを触り始めましたが、これも典型的な持久系ルートでした。もともと持久力がない自分にとっては、二子のルートは、どれも大変です。クァを登れずして、任侠道はないでしょう。新年からは、また、地道に努力して、一本づつ、登って行きたいと思います。そして、迎える新年は、怪我のない年になってほしいです。

〇 2013年に登れたルート
(1) 城ケ崎/エアーダンス(12a)
・アウエーで、いきなり登れた。一昨年からの好調が継続していた。
(2) 太刀岡山/ルートキラー(11c)
・肉離れから外岩復帰の初日に登れた。
(3) 城山/トェルブモンキー(12b)
・肉離れ復帰直後だったが、左足の踏ん張りがいらないルートだったので登れた。
(4) 城山/生と死の分岐点(12b)
・人気ルートなのがわかる。いいルートだと思う。
(5) 小川山/スラブの逆襲(11b)
・エンドルフィンのトライでヨレヨレになった後の湿気湿気の夕方に、何度も落ちそうになりながら登れた。ある意味、今年最高の渾身の登りで会心の登りだったのかもしれない(笑)。

〇 2013年新たに触ったルートとトライ継続中のルート
(1) 二子山/任侠道(12d)
・2回程触った。
(2) 小川山/エンドルフィン(13a)
・登れませんでした。
(3) 小川山/金メダル(13a/b)
・多分、もう触らないと思うが。
(4) 甲府幕岩/風になれ(13a)
・苦手ホールドの王様。
(5) カサメリ沢/マスターオブゲーム(12b)
・これは、いつか登っておきたい。
(6) 小川山/睦月誕生(12b)
・次は登れそうと期待して行ったら、ヌメヌメの極悪ルートに豹変していた。季節もの。
(7) 小川山/ちゃっかりどんべい(12b)
・一か所、サイズが合わない。苦手。
(8) 小川山/働けロッククライマー(12b)
・出だし、新しい手順で一手進んだが、その次の手が悪い。うーん。
(9) 小川山/軸(13a)
・夏のヌメヌメの時に悪い印象しかない。核心まで12aぐらいらしいのだが。
(10) 小川山/登る埼玉県民(12b)
・RPトライまで持って行けたのだが登れず。これ難しいです。だけど、来シーズンは登りたい。
(11) 二子山/ペトルーシュクァ(12c)
・持久系ルート。「おいしいよ」並に難しく感じる。

〇 登れなかったエンドルフィン(13a)
・来シーズンは登るぞ!
b0037220_08323422.jpg
小川山の12bは、全て「エンドルフィン」のトライで体と指がやられた後のトライしたルートが殆どですが、結局、12bを一つも登れませんでした。花崗岩の12bは難しい。来シーズンは、このあたりのルートを落ち着いて、一本づつ登って行きたいと思います。

きん

by Climber-Kin | 2013-12-31 08:22 | 目標と成果 | Comments(4)

2013年12月28-29日、二子山、登納め

◇ 12/28(土)
登納めとなる今年最後のクライミング、二子山で二日登った。しかし、土曜日は風が強く、めちゃくちゃ寒かった。午前中は氷点下を超えなかった。午後の最高気温は1度だった。この日、登るには、あまりに厳しかった。

(1-2) 高く登れ(10b)×2、再登
・接触面積が小さいせいか、それほど冷たいとは思わなかったのだが。

(3) バイパス(10a)、再登
・吹上風ビュー。寒い。冷たい。

(4) ペトルーシュクァ(12c)、5p目から各停
・5p目クリップの左手アンダー穴がツリツリ。思わずテンション。
・何の意味もない一便になってしまった。

(5) ペトルーシュクァ(12c)、××、2テン
・頑張ってみたが、7p目レストは全然休めず、8p目クリップしたところで、力つきた。
・とにかく、寒すぎて、冷たすぎて、力が入る。
・何とか、2テンで抜けておいた。

(6) ペトルーシュクァ(12c)、×××、ボロボロ
・前便のダメージが酷かったようだ、ボロボロ。

◇ 12/29(日)
土曜日は寒さで疲れた。疲れを取るために、土曜日のいつもの道の駅ではなく、両神山荘のお風呂をもらった。空いていて、ゆっくりできた。明日も寒いらしい。だけど、予報天気図見ると、弱冠、等圧線の間隔が緩くなるような。風は弱いかもと期待して、3回目の下吉田忘年会も飲み過ぎに注意して、9時半には就寝した。朝早すぎても岩が冷たいだろうと、いつもよい1時間寝坊して、二子へ向かった。

(7-8) 高く登れ(10b)×2、再登
(9) バイパス(10a)、再登
・風が弱い。岩も昨日ほどは冷たくなかった。

(10) ペトルーシュクァ(12c)、××、0.25手前進
・11時半ぐらいに1便目。岩が冷たいが、頑張って、7p目レストへ進む。レストで熱い焼石を握る。そして、ゴー。ヨレ気味ながらも8p目クリップして、中段の核心へ進む。前回ここまで来た時、手を出せなかった左手ガバじゃないコルネ掴んでの右手ガストン取りは、取れず。
・確かにのこの一手、8p目から再スタートしても、いつも、うっとなって取っていた。テンションムーブだったか。右足を開いて、ステミングして右手出すムーブに変更しよう。

(11) ペトルーシュクァ(12c)、××、2.75手前進、9p目まで後2手
・二日目の2便目。ダメかもと思いながらも、頑張って7p目レストへ進む。前便と同じように、レストで熱い焼石を握る。そして、ゴー。
・8p目からの中段核心ムーブは、前便で修正したムーブで右手ガストンは静かに止められた。そして、左手ガバコルネはちょっと上の悪いところを持って、右足真下、そして左足を腰高にあげて、右手マッチは止まった。左手をガビガビコルネへは、手を出せなかった。下向いたら体が横向き、キャーと心の中で叫びながらフォールした。大丈夫だった。
・次回は突っ込むぜ!

(12) ペトルーシュクァ(12c)、探り便
・日没した。もう上がろうかとも思ったのだが、マチコちゃん助言のムーブを確かめるために出した。
・気温はもう氷点下だろう。日没とともに岩は急激に冷たくなっていた。まだ、この時期は日没後はダメのようだ。
・そして、マチコちゃんご推奨のホールドは?確かに楽かも、これはマー様にはよいかもしれない。私はこれまで通りで大丈夫そうだ。

寒すぎる土曜日は前進どころか後退してしまいました。岩冷た過ぎて、握り過ぎて、ダメージ大きくて、今週は進展ないかもしれないと思ったのですが、日曜日は寒いながらも風は弱く、なんとかトライできる状態でした。そして、二日目だけど、頑張って3手ほど前進できました。今年の登納めでした。今年最後の登りとしては、後悔しないように全力でトライできたと思います。次の年へ繋げていきたいです。

〇 28日(土)の弓状
・この日は、本当寒かった。
・登らずして敗退する方々もいた。とは言え、それでも、チーウォール常連のI田さんが「広瀬カウンター」をRPしていました。おめでとうございます。
・写真は、ノーストライのあやちゃん。何故か、二子に来るとぶりっ子になっちゃうのは何故?
b0037220_23272377.jpg

〇 29日(日)の弓状
・土曜日は、ガラ空きでしたが、日曜日は結構なクライマーがやってきました。
・最高気温は2度でしたが、風が弱く。土曜日に比べれば、かなり楽でした。
・トイレに行って、クライミングシューズを滑落させてしまった人がいて、一緒に捜索に行きました。
・超久々にT田ママと会った。カラピー核心止めていた。行けるかもと思ったら、次のピンで逆クリップ。残念。
・よーこそTウォールトライしてる、ぜ兄ぃと毎回上部でご対面~。
b0037220_23275747.jpg
〇 次回のペトルーシュクァ(12c)
・2p目までの何だか変だったムーブですが、修正しました。うん、そうだ、7年前はそんな感じだった。キョンキョンで好きじゃないのですけど。
・5-6p間改良してみるかな。右手右足で左手デッドはあまり好きじゃないというか、危なっかしくて、力入っている。同じく力はいるが、右手左足で次回やってみよう。
・迷っていた6-7p間の手順足順は固まり、7p目レストも少しづつ決まってきました。
・8-9p間の良くないコルネ左手からの右手ガストン取りは、右足を右下で張って、スタティックで取れるようになりました。
・9p目レストは、とりあえず、右手ジャムアンドチョックで、あまり左右入れ替えないでじっと我慢でやってみよう。
・10p-終了点の最初、右手カンテ取ってからの右足は一足下げみよう。
・恐がりなので、次の一手出すのも、一度落ちるリハーサルださないと、手を出せない。やはり、10p目から上で、一度、大落ちリハーサルしておく必要がありそうな。
・次回は、あと2手伸ばして、9p目クリップ。そしてワンテンを目差したい。

きん
by Climber-Kin | 2013-12-29 23:30 | 二子山'13-'14 | Comments(0)

まとめて食べログ、12/26〜12/29

昼に蕎麦ばっかりもあきるので、とは言え、ラー増やすと太る。野菜たっぷりのトナリのタンメンはよかったかもしれない。そして、二軒ほど、おいしいうどん屋を発見した。ちょっと行くには不便ではあるが、また再訪したい。そして、来年は何を食べるかな。食べることが好きなので、やっぱり、来年も痩せられないかも?

〇 ピリ辛タンメン、トナリ、池袋西口店、12/27
・接骨院前、ふと思いついたヘルシーラー? ピリ辛たのでみた。ラー油分カロリー増か?
・パンチがないノーマルより、うまかった。ヘルシーを理由にまた来ちゃいそう。
b0037220_16123407.jpg

〇 得製辛口そば、我家、池袋要町、12/25
・再訪のピリ辛シリーズ。ノーマルに飽きてきたら、ピリ辛味を。寒いしね。
・だが、ここはノーマルの方がかなり、うまい。味とは難しい。
b0037220_16133118.jpg

〇 天ぷらうどん、水沢屋、12/26
・蕎麦、伊那屋が移転?して新しくオープンして、随分経つ。
・郵便局、珈琲豆購入経由で行ってみた。
・かわいらしいかき揚げが、何とも笑えるが、カロリー上、いいかも。
・あっ、うまい。近くの讃岐うどんもうまいが、ここもなかなか。
・うどん屋の汁は、うまいなー。今度は蕎麦をたのんでみるかな。
b0037220_16140216.jpg

〇 すき焼き、下吉田キャンプ場、12/28
・前回のすき焼きは、関西風タレだった。今回は関東風か? 味が濃すぎた。
・次回は、関西風タレにしよう。
b0037220_23322541.jpg

〇 ホワイト餃子、日高はながさ店、12/29
・食べログ、今年のシメは、やはり、ホワ餃。
・味とサイズと焼き方が戻ってました。味と焼き方は、誰が焼くかで変わるのか?少し飽き気味ではあるが、来年も宜しくです。
b0037220_23323670.jpg

きん
by Climber-Kin | 2013-12-27 16:14 | 食べログ | Comments(0)

2013年12月25日、T-WALL東村山

「メリークリスマス!」

今日はクリスマスと言うのに、やけに混んでいるチーウォール。年末年始の会社の引っ越しプロジェクトのお蔭で、腰も足も疲労感たっぷりで全然登れない。週末のことを考えると、ここはストレッチした方が前向きかもと、ストーブの前で足ばかり、もんでいた。長手ものならぬ、中手もの、黒4登って、続けて黒3、クァを意識して登って。さらに黒3は、指ツリツリで不意落ち。この手じゃ、週末も厳しい。まずは、下半身の疲労を取らないとなぁ。いやっ、鍛えないと。全力で走るとか、必要なのではないかと思うこのごろです。肉離れしてから、ダッシュしていないなぁ。だから、益々下半身が弱くなっているような。とりあえず、明日明後日は重い物の移動はやらないようにしよう。メリークリスマス!。

きん
by Climber-Kin | 2013-12-25 23:59 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2013年12月21-22日、二子山

「シナリオ変更」

◇ 12/21
水曜日夜、チーウォール東村山の帰りの雨は霙が混じっていた。秩父は雪かなぁとは思っていた。土曜日は299号を避けて、関越からアプローチした。秩父、小鹿野と進んでいったが、雪はなかった。林道も最初のころは雪がなかったのだが、トンネル少し前から急に雪が現れた。しかも、吹き溜まりは結構深かった。雪が降ってから、3日ほど経っているので、轍はしっかりしていた。これだけの積雪は、例年なら1月に入ってからなのだが。そして、私のペトルーシュクァは、進展らしい進展がないまま3週目になる。なんとか打開したいのだが。そして、今週は少し、太ももの張を覚えていた。寒そうだったので、CWXパンツをアンダータイツ替わりに履いてきたのだが、これが腰痛の引き金になってしまったような気がする。

(1) バイパス(10a)、再登
・いつもの「高く登れ」はロープ落とす時に雪にまみれて濡れちゃいそうで、こちらから。

(2) ワーカーホーリック(10b)、再登
・こちらも、ロープ落とす時に濡れそうなので、トライに使わない方のロープで登った。

(3) ペトルーシュクァ(12c)、アップ兼インチキヌンチャク掛け
・まだ、岩が冷たい。何やら意味のない便になってしまったような。

(4) ペトルーシュクァ(12c)、ムーブ探り
・下からどこまで繋げれられるか、元気よくスタート。だが、7-8p間のムーブが、やはりテンションムーブ臭い。厳しすぎる。7p目から左足上がって、左手ガストンは止まったが、次の右手出しで落とされる。
・そして、腰に違和感がした。そのままリハーサルを続けて、懸念の10pから終了点はインチキヌンチャクを使わずにトップアウトできた。とりあえず前進できた。

ところが、その腰の違和感だが、降りてくると、かなり重症だった。のけぞりが全くできない。ビレイもままならいが、何とか我慢してビレイした。3便目はあり得なかった。薬師の湯で腰に繋がっている筋を緩めて伸ばした。湯船の中でのラジオ体操がよかったか。少し痛みがほぐれてくれた。晩御飯は下吉田での2回目の忘年会。長座は辛いので、マット丸めて椅子にして、酒飲んでました。

◇ 12/22
昨夜は、下吉田に大きな花火が上がっていた。いったい何事だと見ていた。10発ぐらい上がっただろうか。上げ元は肉眼で見れた。なにかのお祭り?慣わし?だったのだろうか。9時には就寝。よく寝たおかげで少し腰が楽になった。起床予定の6時ちょっと前に目が覚めた。昨日見たマチコちゃんライン。そして、ペトルーシュカ(12b)RPの時にやっていたレスト。アイデアが浮かんだ。

(5-6) 高く登れ(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登

(8) ペトルーシュクァ(12c)、×、8p目まで
・まずは、昨日までトライしていた「シナリオ」で、トライしてみた。何とか8p目まで到達できたが、そこから一手だしたが、そこまでだった。
・アイデアとは、ペトルーシュカでやっていた7p目レストをして、マチコちゃんラインへ繋げる。ムーブやってみた。あれっ、できた。こっちの方が楽のような感じがした。

(9) ペトルーシュクァ(12c)、×、新ムーブ、8p目まで、2テン
・いきなり、7p目右足ヒール&トゥレストできるか心配だったか、少しだけ前腕はレストできた。だが、このレスト、体幹が疲れる。そのまま、新ムーブで8p目へ入る。ムーブは小慣れていなくて、どたばたと8p目クリップ。そこから、さらに左手一手だして、左足右足と送って、テンションした。
・8p目から再スタート。8-9p間の後半最初の核心をこなして、9p目レスト。そのまま、9-10p間ムーブをこなして10p目クリップ。立ち上がって右手カンテ取ったが、右足は所定の位置より一つ下にしか上がらなかった。
・10p目から終了点へインチキ長ヌン使わずにこなせた。
・ようやく、2テンだ~。

(10) ペトルーシュクァ(12c)、××
・インターバル1時間しかなかったが、触っておく。7p目レストが全然決まらない。あれっ? レッグウォーマーがツリツリ回って、足がはまらなかった。レッグウォーマーNGが判明。トップアウトしておいた。

ペトルーシュクァ、難しいです。4週目にして、ようやく、2テンになり、少し進展しました。シナリオ変更しました。少し形になってきました。次回から、まずは9p目クリップ目指して頑張ります。このルート、典型的持久系だ~。でも本音は、暖かい岩場へ行きた~い。だったりして。

〇 土曜日朝の林道
・日曜日は轍がカチコチになっていました。
・日曜日の朝、林道を上がっていくと、ノブちゃん号が横向いてました。少し上の駐車できるところまで、みんなで押し上げました。
・車動きだしたら、急に押すものがなくなって、足元ツルツル。転びました。
b0037220_23381539.jpg
〇 土曜日の弓状
・湿り気が少しあって、スベスベ感がなくて状態はよかったです。日曜日は風が出て、いつものツルツルスベスベのホールドに戻っていました。
・W辺さん、4年かけて、執念の任侠RP。おめでとうございます。ヒヤヒヤの熱い登りでした。
・ウチ猿くんが振り返るなRP。
b0037220_23373023.jpg
〇 下吉田の花火
・何の行事だろうか。冬の夜に花火とは。龍勢祭り、鉄砲祭り、火薬が大好きな地域なのですね。
b0037220_23392892.jpg
〇 下吉田忘年会
・2回目の下吉田忘年会は、味噌鍋でした。3回目の下吉田忘年会はあるのか?
b0037220_23401606.jpg

〇 日曜日の弓状
・ジル師匠、ガンバー!
b0037220_23385253.jpg
〇 次回のペトルーシュクァ(12c)、追記
・6p目までは、ペトルーシュカ(12b)とボルト共通です。7p目からボルトがわかれますが、ラインが分かれるのは、この7p目からです。
・この7p目には、所謂、ペトルーシュカ(12b)のダッコちゃんレストがあるのですが、これが一部の人には全然休めないのです。私もその部類です。
・そして、大して休めないまま、7p目から、8p目クリップして、9p目までが、最初の中段の核心セクションになります。
・極端に難しいムーブはないのですが、下から繋げて来て、とにかく前腕がパンパンになります。
・9p目に上を向いた大きなクラックがあるのですが、フットホールドの位置と大きさというか外傾具合で、戻すのが難しいです。
・9p目から10p目は傾斜が落ちますが、大きなホールドがなくなります。
・バランスを取りながら、どこでするか、とっても微妙な10p目クリップ。
・そして、本当の核心は、10p目から終了点間のランナウトセクション。スローピーなカンテ。が長年の雨になめられたヌメーとした壁には、顕著なフットホールドがありません。
・そして、私の次回のペトルーシュククァですが、
  ① 所謂、ダッコちゃんレストで、少しでも戻すことに挑戦です
  ② どうもテンションムーブ臭い、とてもパワーのいる、マー様ムーブは捨てて、少し右側から入るマチコちゃんムーブで8p目へ向かいます。
  ③ 副題の通りシナリオを変更しました。ど根性、真っ向勝負で9p目向かうシナリオは、とりあえず、NGとしました。
  ④ 8p目クリップは、やはり、左手サイドえぐれカチ、右足ヒールフックで、右手でクリップ
  ⑤ 9p目に到達することが目標になります。
  ⑥ 9p目に到達できれば、偽レストでも10p目はクリップできて、本当の核心セクションへ突入!
・とにかく、下から繋いで9p目到達が次の目標で、完登への次へのステップです。
・さすがに、おいしいよ(12c)ほどは、難しくないと信じているのですが、どうなることやらです。

きん
by Climber-Kin | 2013-12-22 22:01 | 二子山'13-'14 | Comments(6)

戦略(2)

「完登へのシナリオ」

今シーズンの二子は「ペトルーシュクァ(12c)」から触りだしました。昨シーズンは肉離れで一回お休みでした。一昨年シーズンは「穴のムジナ(12c)」から触りだし、完登してから「任侠道(12d)」を触り始めました。太刀岡山に登りたい、登れそうな課題があったので、この年は早々に二子を後にしました。こんなことを繰り返していると本命の「任侠道(12d)」は永久に登れないかもしれません。まー、任侠道は難しいので、ずっと任侠をトライしていても登れないかもしれないのですけれど。話は変わって、昨シーズン二子に殆ど来れなかったのですが、今年久々に二子に来て思いました。二子に来ている面子が随分かわりました。昨シーズン来ていないので、当たり前かもしれませんが。私なんかより強そうな、新しいみなさんの登りを見ていて、とても新鮮に感じました。そして、今シーズンは、ペトルーシュクァを触っているので、ペトルーシュカのトライがよく目に入ります。終了点近くで落ちてきては悔しがるクライマーをよく見ます。そうなんです! このルート、ペトルーシュカ(12b)は、みな、はまるんです。そして、落ちたクライマーさんは、終了点直下で落とされて、熱くなって、入念に最終ムーブを何度もリハーサルして降りてきます。だけど、違うんです。このルートの本能寺はそこにはないのです。本能寺は核心手前のレストポイント? それも違います。本能寺は、レストポイントまでの前半にあるんです。レストポイントまで、いかに楽に行くか。余裕を持ってレストポイントに到達して、どれだけ息を整えるのか? 楽にレストポイントに到達すればレストも成功するのです。前半が本当の核心なのです。終了点直下のムーブは散々リハーサルしているでしょう。そこだけやれば簡単にできます。では何故、下から繋げると落ちるのでしょうか? 簡単です。よれているからです。よれていない状態で最後の核心セクションへ突入するのが、「完登へのシナリオ」なんです。課題は、少ない時間、限られた時間の中でいかに早く登るためのシナリオを組み立てるか? それを実現するために、何を重点的に対策するかです。一度一度のトライやリハーサルには時間と体力を消耗します。その中で、最短の経路、そのシナリオを見つけて、組み立てる。本当の登れない要因は何なのか? それを解析し見つけ出す。それを対策するにはどうするかを考え、作戦を立てる。そして、それを実践していく。それが、完登への戦略になるはずです。

そして、これは自分への提言。任侠然り、クァー然りなのだ。そのルートの核心はそこなのだが、その核心まで楽に行くことが本当の核心なのだ。それが持久系ルート。あれっ? 7年前と同じこと言ってる。

◯ 二子山弓状エリア
b0037220_8575679.jpg


きん
by Climber-Kin | 2013-12-19 20:57 | クライミングの研究 | Comments(0)

2013年12月18日、T-WALL東村山

寒い。寒いぞ。夜から雪かも。なんだか、ホールドが滑る。冷たい雨が降っていて、湿度は高いはずなのだが、なんだかホールドがすべすべ。月曜日の疲れが残っているのか?体の調子がいまひとつで、新しい課題をトライするも全然できる気がしなくて、前回の登ろう会課題の簡単な課題とか古い簡単なファイル課題を登って、体に刺激を与えていたのだが、5級とか4級とかでも、アップ、アップだった。頭を切り替えて、自分課題を作ることにした。

〇 ザ・グレンリベット、緑3-4級、きん、2013.12.18
・平日は時間があまりないから、ムーブできないので、妥協に妥協。簡単になってしまった。
・全ムーブできたところで、ファイルに書き込んだ。繋げてみると、最後のオレンジデカホールドで落とされた。今日は完登できず。
・〇中さんがFA。3-4級ぐらいとのこと。
・ヨッシーが「忘年会、赤4級」に3便かかってたemoticon-0136-giggle.gif
b0037220_23350990.jpg
帰るころには、冷たい雨は、霙交じりになっていた。秩父の山は雪だろうなぁ。国道299号は明日はツリツリだ。週末は299号使いたくないなぁ。

きん
by Climber-Kin | 2013-12-18 23:41 | T-WALL東村山 | Comments(2)

2013年12月16日、T-WALL東村山

店番していたナベちゃんに3、4級ぐらいの課題作ってよと頼んだ。自分がアップしている間に作ってくれた。登れない5級じゃなくて、登れる3級ねと。アップが終わったころに出来上がった、注文の品をトライする。

〇 登れる3級!(仮題)、ナベちゃん@T-WALL、2013.12.16
・赤4Qは、ホールド間違えて一撃を逃す。二撃。
・緑3Qは、3手目スローパ持って、遠いガストンだろうけど、足がスタートホールドだと狭いぞ!右手クロスで遠い赤ホールドを取る。登れた。
・青3Qは、読み通り一撃。
・確かに登れる3級なんだけど、ちょっと簡単すぎたような。今日ジムに来ていた全員が完登しちゃったじゃん。
b0037220_00102891.jpg
21時50分から所謂持久力トレ? 黒4登って、前腕が張ったまま、黒3トライしたら、なんと落ちた。前腕回復する前に黒7は、最後のデカスローパ取りで足が滑って落ちる。前腕回復する前に、黒3やったら、一番低いとこで前腕に力入らなくて落ちた。そのまま黒2をやったら、何とか登れた。さらに黒3やったら何とか登れた。前腕張ったまま、キャンパシング。指三本。一段上がって一段降りるを繰り返しは数回何とかできた。その後、前腕張った状態で黒2は登れた。本当に意味あるのか?これっ? 確かにトレーニングした~という疲労感はあるんだけど。とりあえず、所謂持久力トレ、続けてみよう。寝る前に、さらに秘密の持久力トレーニング(×××さん風表現、笑)。

きん

by Climber-Kin | 2013-12-17 00:14 | T-WALL東村山 | Comments(0)

まとめて食べログ、12/16〜12/22



〇 鶏白湯黄金ラーメン、ひのとり、要町店、12/19
・昨日開店していた。以前、チャーハン専門店の大回転があった場所。
・グーグル先生に聞いてみると、東陽町に本店があるのか。口コミ評価3.53とは期待しちゃいます。
・麺は細麺。博多ラーメン?と同じなのかも。
・鶏だしっぽく、あっさりしているが、鶏臭くない。鶏以外のだしっぽい感じが多い。以前食べた、フルルの鶏だしラーメンよりは好みかもしれない。
・3日間、開店記念価格で、300円。明日もいっちゃうかも。
 
b0037220_17522761.jpg
b0037220_17523822.jpg
〇 濃厚鶏白湯ラーメン、ひのとり、要町店、12/20
・やっぱり行っちゃった。300円。今度は濃厚白湯。
・濃厚なんだけど、何だかコクがないなぁ。粉感が強いというか。鶏っぽくない味がしました。
・こちらの麺は、少し太目の縮れ麺。自分としては、黄金ラーメンの方が好みかな。
b0037220_14444580.jpg
 
◯ 讃岐うどん、玉ねぎ天ぷら付、讃岐うどん河野、池袋、12/16
・いりこだし。汁がとてもうまいです。うどんは腰がある固め。
・これで400円とは、すばらしい、コストパフォーマンス。
・食べログ、3.56の高得点店です。池袋駅からは遠いです。
b0037220_1334655.jpg
〇 生骨付きカルビ&生上ロース、山水、国分寺本店、12/17
・久しぶりに焼き肉を食べた。肉と言えば週末に、すき焼きで上州牛を食べたっけ? 焼肉屋来ると、毎年食べられる量が減っていく。予算的には助かるのだが。
・とっても、高い肉を最初に食べてみた。油っぽくて、それだけでお腹いっぱいになった。
・それで、普通版の肉をたのんでみた。かみきれないぐらい固いと言うか、焼いているうちに固くなってしまう。普通版の肉も安くはないです。
・最後のしめにカルビうどんとか食べたいのだが、もう胃が受け付けない。
・肉代より酒代の方が高い。食べられる量は随分減った。安上がりになったなぁ。って体重落ちないんだけど。代謝が益々減っただけなのか?
b0037220_23490722.jpg
b0037220_23492600.jpg
〇 カレーうどん(細麺)、弁天、池袋西口、12/18
・多摩地方は今夜雪かも。寒い。寒さを言い訳に、また食べてしまった。
b0037220_23333462.jpg
〇 肉炒め定食、やよい軒、要町、 12/27
・無難な味なのだが、少しもとなりない。やはり、化学調味料大量の中華利用理風がよいのか?
b0037220_15203228.jpg
〇 味噌ナベ、下吉田キャンプ場、12/21
・とても安上がり、コストパフォーマンスよい。
・だけど、やっぱり鍋はすき焼きがいいなぁ。
b0037220_15203932.jpg
〇 ガッテン寿司、秩父店、12/22
・超久々に、再訪。酢味が強くなっていた。ノロウィルス対策?
・合わせものセットメニューが多くなっていた。
・円安の影響か、サーモンの種類がめちゃくちゃ少ない。
・今回は、真鯵がおいしかった。勇気だして、生うに頼んだが、大トロの方がよかったか?
・たまに、お寿司もいい。
・しめ(とどめ?)は、いつもの茶わん蒸しで(笑)。
b0037220_15204680.jpg
b0037220_15204965.jpg
きん
by climber-kin | 2013-12-16 12:31 | 食べログ | Comments(0)