<   2014年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2014年1月29日、T-WALL東村山

うーん。腰が痛い。肘も痛い。そして、今日はジムで足指痛めた007.gif

〇 無名課題、kの氏、2014.1/29
・今日の課題。
・青5-6Qは、とっても警戒して、よ~く、ムーブ考えてから取りつく、ホールド一個見落としていた。危ない。一撃。
・赤5Qも、かなり警戒してトライする。一撃。
・オレンジ4-5Qは、出だしが嫌らしいと思っていたら、スタートホールド間違えていた。やり直し。そして、二手目アンダー緑とってから上がれず。あー、肘伸ばすと立てるのね。でっ、次の便は、その先、赤豆腐ホールド取ってから、左足を左の壁の緑ホールドへは、空振り。またまた落とされる。そして、次はゴール取りムーブがわからず。リハーサルして、左手左足で無理やり体上げてゴールか?そしてスタートから繋げて、またまた、失敗。次の便でようやく完登。
b0037220_23292734.jpg
〇 無名課題、kの氏、2014.1/29
・オレンジ4Qは、2手目で落とされる。その次はオレンジ輪っかホールドからマッチしてガストンで黄色ホールド右手取りが全然できない。何度もリハーサルするができない。常連さんが登るので見ていたら、あれっ、オレンジ輪っかホールドは、左手逆手マッチして右手出しか?やられた。次の便で完登。
・緑3-4Qは、前半簡単。がっ、左手黄色スローパ取ってから、右足青ツノにトゥーフックして、紫スローパを右手で取ると、右足トゥーはずすと振られて落とされてしまう。またしても、うーん? M子さんがトライ。見ていたら、黄色左手から飛ばし! Oh! My! God! みんな頭いいなぁ。下から繋いで、左手飛ばしは止まらず。休憩入れて、その次の便で完登。
・青2Qは、茶色アンダー取ってから、右足トゥーフックが全然決まらない。ようやく、できるようになったが、核心のハリボテ上のガバホールドへ右手が出せない。
b0037220_23295474.jpg
ヨレてきたので、まーさまのご命令で、「まーさま課題」をトライ。出だしが狭くて、できねぇ。何とかできたと思って、完登かと思ったら、ゴール取りで落とされた。しかも、振られた勢いで、思いっきり、左足親指をホールドにぶつけた。痛みが全然ひかない。ビッコ引きながら、泣きながら帰りました。何ともなければよいのだが。

きん

by Climber-Kin | 2014-01-29 23:29 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2014年1月27日、T-WALL東村山

空気が乾燥し過ぎです。静電気で、何かを触るたびに、ビシッ、バシッ。一日中、何か触る前に、その辺にある金属に、せーのでベタッと手の平で何か一回触って放電してから、それを触ります。とにかく、皮膚が乾き過ぎなのかもしれません。放電しないで、いきなり水道水とかを触っても、ビシッと来ます。かなり重症です。これも乾燥肌? いや単に歳のせいかもしれません。いつものアップ課題でも、ツルツルで、前腕張っちゃいます。これは、今日は何も登れないかもしれないという予感が。

〇 無名ファイル課題、S元、K寺、kの氏、合作、2014.1/16
・紫4Q、みながやっていたので、混ぜてもらった。がっ、ホールドがツルツルのスベスベで何もできない。今日は長手ものでもやるかなと思いながら、そうだ、手を湿らせてみよう。タオルに水道水をつけて、手を拭いて、ころあい見計らって、トライしたら、いきなり止まった。そのまま完登。
・緑4Q、これも、黄色スローパが全然止まる気配がない。そして、これもウェット作戦。手を適度に湿らせてから、そこだけリハーサルしたら、止まりそうだった。だけど、左手ガバダコを持っていかれそうだったので、あわててテーピング。そして、再度、手を湿らせて、トライしたら、一発で登れた。完登。
・茶色4Q、もう、ウェット作戦あるのみ。今度は手が湿り過ぎで、ヌルヌルの手になって失敗。何度かやってるうちに、丁度な湿り気具合とトライのタイミングがあって、完登。
・青4Qは、ウェット作戦では登れなかった。ちょっと狭すぎ。TKYくんも苦戦していたので、デカイと、よりバランスが悪いのだろう。
b0037220_23212620.jpg
最後に黒4中手ものは完登。続けて、前腕張った状態から黒2は何とか完登。続けて、黒3は、前腕がパンプして痛くなってきて登れず。
最近、ボルダーを全然登れないと思っていたのですが、手の乾燥し過ぎだったのかもしれません。もしかしたら、二子のクァも、手が乾き過ぎで、とにかく、手がツルツルで高度を落としているのかもしれない。その通りで間違えないでしょう。そこで、登る前に温泉ミストスプレーで手を湿らせていたのです。だけど、長いルートは途中で効果がきれちゃいます。ジムボルダーだと、濡れタオル使って、ころあい見計らってトライするとかでごまかせるのでしょう。二子で、腰に濡れた手拭いぶら下げて登るか? 手を濡らしていたら、冷えて登れないって(笑)。

きん
by Climber-Kin | 2014-01-27 23:26 | T-WALL東村山 | Comments(2)

2014年1月25日、二子山

3月から4月上旬の暖かさの予報だった。朝出たころは普通の寒さだったのだが、弓状についた時は確かに、いつもより全然暖かく感じた。手袋なしでもいられるぐらいだった。今日はチャンスかも? どんな感じでトライしようか?頭の中でグルグル回った。いつも、アップ不足で冷たいうちにトライして、大きなダメージを受けてしまう。それに先週あいていることもあって、早めにムーブ確認便がてら、アップしようということにした。

(1-2) 高く登れ(10b)x2、再登
(3) バイパス(10a)、再登

(4) ペトルーシュクァ(12c)、ムーブ確認&アップ便
・8-9p間のムーブがやけに厳しく感じたので、確認便のつもりが、8-9p間のムーブを探り過ぎてしまった。だが、よいムーブ案は浮かばず、まずは、これまで通りのムーブでトライすることにする。

(5) ペトルーシュクァ(12c)、×
・12時に1トライ目を出すが、7p目レスト失敗。よれてしまって、8-9p間へ突入するが、最初の右手ガストンを持ち損ねて、持ち直せなかった。あえなくフォール。
・まだ、ガバの裏側は冷たかった。レストしていると、どんどん手が冷たくなってしまった。でも、そういう問題でもないのかもしれない。
・そして、また、8-9p間のムーブをしつこく探ってしまった。やはり、よいアイデアは浮かばなかった。

(6) ペトルーシュクァ(12c)、×
・14時に2トライ目。7p目レストは、右手は頭の上のホールド、左手はミニノーズにフック。それ以外、あっちこっち持ち替えるのはNGのようだ。まーまー、いい感じでレスト。しかも、早めに切り上げた。
・8p目クリップがあいかわらず、左手吸い取られる。
・左手コルネ握って、右足上げて、左足上げて、右手マッチは? 左手耐えられなかった。フォール。
・うーん。oh!no!さんに、そんなムーブでやってるの? 難しくしてないかい?と言われる。

(7) ペトルーシュクァ(12c)、×
・16時に3トライ目。ペトルー部分で既によれているのを感じる。
・8p目クリップが辛い。そして、私の核心は? 全く同じ。右手マッチで、左手耐えられず、フォール。

今日は、1月とは思えない、暖かさでした。チャンスでした。でもダメでした。こんなチャンス(暖かさ)は当分やってこないでしょう。みなさんから難しいムーブやってるとよく言われるのですが、みなさんがやってるムーブができないのです。できなくはないのですが、右手毛虫ホールドとフットホールドの位置関係で、毛虫ホールドを手前に引くことになってしまって、下から繋げてできる気が全くしないのです。私がやっている、この難しそうな、コルネに逆手マッチムーブの方がまだ、ましに感じています。このコルネ逆手マッチムーブ、そこだけ、やってみても、確かに「うっ」となるムーブです。でも、これでやるしかありません。そして、ここまでの疲労度の軽減はこれ以上、画期的には向上できそうもありません。となると、いつものパターンです。このヨレ具合でこなすしかないと開き直って頑張るしかありません。ヨレていても、ここで「うっ」と力を入れること。スイッチを入れることが鍵です。まずは、声ダシ作戦ですかねぇ。でも、声出し作戦は、あまり成功したことがないんですよねぇ。あまり大きななシャウトでなくて、まずは、「ウー!」ぐらいのうなり声で行ってみるかな。

〇 今日の弓状
・林道には思っていたほどの雪はなかったです。林道の雪を警戒して、みなこなかったのか空いていました。
・写真は、唐獅子の核心へ入るヨッシー。
b0037220_00123527.jpg
〇 穴ムジ(12c)の第一核心を止める☆ノさん
・そろそろ登れちゃいそうな感じです。
b0037220_00125790.jpg
きん

by Climber-Kin | 2014-01-26 00:09 | 二子山'13-'14 | Comments(2)

2014年1月21日、T-WALL東村山

本当は出稽古に行くつもりだったのだが、クライミングシューズ忘れた。と言うことで、シューズ置いてある、いつものチーウォールへ向かうことになった。最初に大壁左のk沼課題を触るが4級から全然できない。でっ、ナベちゃんの今日の課題を触る。

〇 クライムハッスル、ナベちゃん@T-WALL、2014.1.21
・緑5Qは、青扇ホールドから右手アンダー取りの際に、右足が滑って2回落とされる。このフットホールドで右足はNGなのね。足ブラしながら、右足を腰高のジブスに上げて、右手アンダー、最後のゴール取りもリップ使って、チクタクムーブか?長時間クライムで危なかった。
・黒4Qは、右手アンダーから狭い左手クロス出しがサイズ合わずに厳しい。4回ぐらいかかった。
・ピング4Qは、一撃。普通の課題。
・青4Q+も、一撃。これが一番易しかった。
b0037220_23173055.jpg
なんくるなるさチームがトライしていた、黄色12番テープ課題をやってみる。ムズイ!登れず。間髪入れず、最後に黒4中手ものは落とされた。続けて黒3も落とされた。帰りは雪でなく雨だった。二子は間違えなく、雪でしょう。積もるなよ~。と思いながら雨に濡れて帰りました。

きん
by Climber-Kin | 2014-01-21 23:23 | T-WALL東村山 | Comments(0)

まとめて食べログ、1/8~1/21

新年かと思っていたら、あれっ?1月もあと10日? 少し小忙しくて昼はミニストップのお弁当が多かったです。中華系食べると塩分取り過ぎの水太りになるので、ミニストップランチの場合は、汁ものは避けていました。ここに書いていない分は結構控えめのつもりなのですが、十分食ってるって? その通りです。やはり、体重は平行線です。最近酒を飲み過ぎなのかもしれません。寒い時こそ、代謝が増えて、体重減らすチャンスなのでしょうけど、寒いと食に走ってしまいますねぇ041.gif

〇 ピリ辛タンメン、トナリ、池袋西口店、1/8
・今年初の接骨院前に、またまた、野菜たっぷりで体によさそうを言い訳に行ってしまった。
・そして、またまたピリ辛タンメン。ラー油たっぷりでカロリーは高そうだなぁ。でも、おいしい。
b0037220_09345971.jpg
〇 がた老おじさんと新年会、浪曼房、新宿南口、1/9
・がた老おじさんが予約してくれた。店に入って、思い出した。ここ以前にも新年会に使ったことがある。
・映画のポスターが壁に沢山張ってある。どこか隠れ家的な地下の店。雰囲気はいい。
・料理も、けっこういける。口コミ評価見てみたら、3.54だった。なるほど~。
・スコッチの種類が多く、明後日登りの予定なのについつい飲みすぎた。オーマイガー!
・新年会は木曜日でなく、週初めの方に設定すべきだったか。
b0037220_09362230.jpg
〇 ネギラーメン、池袋商店、池袋西口、1/10
・接骨院後に、ずっと気になっていた最近できたラーへ行ってみた。池袋西口二股交番の前にある池袋商店。口コミ評価3.14。
・店に入ると動物臭が凄い。そして、店員さんの元気すぎる声で、耳が痛い。
・しょっぱさの後味がずっと続く、濃いめのスープ。横浜家系。
・ちょっと、しょっぱすぎるかなぁ。このラーは、体重増えそうだ。
b0037220_09374734.jpg
〇 ピリ辛タンメン、トナリ、池袋西口店、1/17
・またまた、接骨院の前にいっちゃいました。
・ピリ辛タンメンの豆板醤が別になりました。個人で調整してくださいとの意味のようです。
・食べログ関連のコメント見ると、カロリー高いと書いてあるけど、単品でそこまで高いのかなぁ?スープ飲まなければ、体感?700キロカロリーぐらいじゃないかなぁ。
b0037220_18214382.jpg
〇 あんかけ焼きそば&餃子、カランバ丼、彩花房、小作、カランバ傍、1/19
・後で食べログで調べたら、昼の口コミ評価3.16。
・味付けがいい。肉も悪くない。野菜も新鮮。おいしかった。こっち方面帰りにも使ってみたい。
・店は小ぎれいで、この味だったら、もっと前から行っておけばよかった。カランバの帰りとか、いつも何食べるか迷ってて損した(笑)。
・餃子は、肉っぽかったですがまーまーです。野菜餃子のジューシーなのが好みです。
・サービスに、あら汁もらいました。でも、あら汁は苦手です。おいしいのですが骨の処理を口の中でうまくできません。
・カランバ丼は私が食べたわけではありません(笑)。
b0037220_18310831.jpg
b0037220_18311587.jpg
b0037220_18095223.jpg
b0037220_18320383.jpg
〇 春菊天ぷら蕎麦 wt 生卵、大黒そば、池袋西口、1/21
・接骨院の前に入った。ところが、接骨院は明日だった。曜日感覚が狂ってた。
・何度食べても、くせになる組み合わせ。甘目濃いめの汁に苦い春菊。それに生卵で濃い目を弱くする。これが妙にあいます。
・450円。コストパフォーマンスがめちゃくちゃ高い。
b0037220_23253088.jpg
きん
by Climber-Kin | 2014-01-19 18:41 | 食べログ | Comments(0)

2014年1月19日、カランバ

昨日は土曜日のレストで、翌日外岩いかないパターンだった。そう危険なパターン。予想通り、飲みすぎてしまった。今朝起きたら、買ったばかりのバランタイン12年のボトルが半分なくなっていた。しかも、酒飲みながら、ダンベルカールやり過ぎた041.gif。前腕が筋肉痛です。そして、久々の日曜日のジムは、カランバへ行ってきました。ホールド替え直後、いくつかのテープ課題登って、自分課題を3つ作りました。

〇 「まーさま返し」、4級、きん、2014.1.19
・左手の指が痛いと言うことで、ガバ、ハリボテだけの課題を作ったのですが…
b0037220_17535628.jpg
〇 「シナブス」、4級、きん、2014.1.19
・出だしランジは、小川山のシナプス(12b)より少しだけ距離が近いか?
・ランジ止まった後の次の一手も足ブラで結構厳しかったのですが013.gif
・進之助さんにやってもらったら、二撃していました。おみごとです。二手目とってから右足を先に一手目に乗せるのか。そしたら、足ブラにならない。なるほど。
b0037220_17543926.jpg
〇 「クロスでゴー!」、4級、きん、2014.1.19
・白デカハリボテをクロスで取って、次の青ホールドもクロスで取って。青ホールドマッチできる人は、クロスしなくてもよいでしょう。
b0037220_17560600.jpg
〇 「カランバ丼」、4級、彩花房、2014.1.19
・これが、カランバ丼です。一口食べさせてもらいましたが、これうまいです。
・味つけがよい。肉もおいしい。野菜もシャキシャキ。
・私は焼きそば食べましたが、こちらもおいしかったです。
b0037220_18095223.jpg

きん
by Climber-Kin | 2014-01-19 17:41 | カランバ | Comments(2)

2014年1月17日、ランナウト、出稽古

今週末は諸般の事情で外岩へは行かない予定です。と言うことで、中一日でジムへ。久々に出稽古でランナウトへ行ってきました。慣れない傾斜、慣れないホールド、慣れない課題設定に、とても新鮮でした。金曜日はボル強の日なのですね。前回?きっと、東北大震災のころに行った時もボル強やっていたいような記憶があります。いや、前回行ったのは? そうだ、昨年の肉離れの時に、オートビレイ機なら登れるだろうと行ったような気がします。結局、ボル強は、アップ課題なしのいきなり難しめの一課題目だけしか登れず。5課題目は最後に自分ムーブ見つけたけど、時間気にしてインターバル短くトライし過ぎでした。時既に遅しで、ヨレて登れませんでした。とにかく、全てが新鮮でした。たまには出稽古した方が良いと実感しました。

〇 今日のランナウト
・そして、その上に課題が狭い。遠くて、できない課題はなくて、狭くてできねぇ(笑)。設定とは全然違うムーブになってしまいます。だけど、これがいい。
・どこかの回転寿司の大将のような掛け声の山岳を中心にして、アウェイながらも疎外感がなく、いい感じのジムでした。
・写真は、コグマさんの奥さん。ボル強、本日5課題目へのトライです。

b0037220_23325650.jpg
ボルダー弱くなってるって、自覚しました。歳だからとあきらめる前に、もう一度頑張らないとなー。出稽古も、増やしていきたいです。

きん


by Climber-Kin | 2014-01-17 23:46 | ランナウト | Comments(2)

強いクライマーになるには(10)?

強いクライマーになるにはどうしたらよいか? 非常に興味深いテーマです。そのためにいろいろと考え、いろいろな試行もしてきました。しかし、フィジカルな強さは、どんなに鍛えても、人それぞれの限度があります。どこまで向上できるかは辛いトレーニングを継続するメンタルな強さも必要でしょう。とは言っても、やはり限界があります。もうこれ以上向上できない、所謂飽和状態のクライマーも多いのではないでしょうか。クライマーたる者、やたら強さに惹かれます。しかし、強さばかりを気にすると、やがて限界の壁にあたります。そして、面白くなくなって、クライミングをやめてしまう人も多勢いるのではないでしょうか。自分より強い人は沢山います。その人たちと比べても虚しく感じるだけでしょう。クライミングを始めたばかりの時はフィジカルな限界は全く感じませんが、やがてそのフィジカルな限界が近づいてきます。歳を取れば、当然フィジカルな力は落ちてきます。そう感じた時、どう振る舞うか、どんな方向に向かっていくのか? クライミングを楽しむには、いや、ある意味、本当の意味での「強くなるため」には? 我々は強さではなく、上手さにもっと気を付けるべきではないかと思うのです。いや上手くなることを目標に置くべきなのかもしれません。それによって、クライミングが、もっと楽しくなるような気がするのです。今の力のままでも、さらに難しい課題を登れるような気がします。上手さに限度はありません。上手さによって、強さを補填する。上手さによって、持久力を上げる。そう考えれば、よりクライミングを楽しめるような気がします。それが本当の「強いクライマーになるには?」なのかもしれません。

前置きは長くなりましたが、さて、いつもの「強いクライマーになるには?」へ戻ります(笑)。我々が課題をトライして、落ちる直接的な原因はなんでしょう? 前腕が力尽きて、保持できないとか引き付けられないとかではないでしょうか? 殆どが前腕がモヤモヤしてきて、時にはパンプ直前になってきて、ムーブを起こせずフォールするではないでしょうか。次に多いのが、体幹がヨレヨレになって、動けない。また、体幹がよれてきて重心が下がってしまってムーブに失敗。足が上がらないではないでしょうか。つまり、前腕と体幹の強化できれば、テクニカル(上手さ)な面はおいといて、クライミング力は直接的に向上できるのではないかと期待できます。この記事の前半と全く逆のことを言っているではないか? そうなんです。クライマーは、フィジカルなトレーニングが大好きなんです。技術志向ではなく、パワー志向なのです。技術よりパワーの方が話が簡単ですから(笑)。そして、完登できない第一の要因と推測される前腕の持久力なのですが、前腕の持久力に関する、こんな興味深い論文がありました。

「前腕の筋持久力トレーニングが作業中及び回復期血流量に及ぼす影響」

ダンベルリストルカールが実際の競技に有効か否かの議論はありますが、3週間で171.6%の向上と聞いては、やらないわけにはいきません。これ、やってみてください。報告お待ちしております。私は、この論文みてからも、なかなかできずにいます。

〇 5kgのダンベル
・20年前に買ったダンベル。1kg×2、2.5kg×2、5kg×2の重りを持っています。
・2.5kg×2で5kgのダンベルを作って、ダンベルリストカールしています。
・グリップにタオル巻いてやってます。その方が効果がありそうな?
・酒はいっちゃうと、めんどくさくなって、できません。
・確かに、パンプの仕方はそっくりなのですが、どうなんでしょうか。あまりにおもしろくないので、やはり、ジムで長手ものやった方がいいかも。
b0037220_17451465.jpg
きん
by Climber-Kin | 2014-01-16 08:31 | クライミングの研究 | Comments(0)

2014年1月15日、T-WALL東村山

寒いですねぇ。今冬一番の寒気なのでしょうか。今日は初が二つ。一つは新しい眼鏡で登ってみた。4年間使っていた眼鏡は、もうフレームが今にもちぎれそうなので、年初に眼鏡屋さんの年賀はがきの割引を使って、頼んでおいたのだ。週末に取りに行って、使いだした。前の眼鏡から遠近両用にして、違和感少な目に遠くはあまり見えないようにしたのだが、本当に見えなかった。夜の運転とかが、ちょっと、気になっていた。それで今回は遠くがよく見えるように強くしてもらった。そうすると、遠近両用だと、いろいろと歪が出てくる。確かに遠くは、よく見えるようになったのだが、良く見えるポイントが狭い。両脇はボケて見える。うーん。フットホールド拾うのが心配だ。そして、もう一つは、靴下を履いたまま、クライミングシューズを履いてみた。実は、週末に、通販で買ったドラゴンレースが届いた。めんどくさい?ので、靴下履いたまま、足を入れてみた。入った! この靴はテンソクみたいなので、履けちゃうのだ。実はサイズが全然あっていないような気もするが。石灰岩は、このぐらいアバウトでも大丈夫ってことかも(笑)。それで、ジムで使っているドラゴンレースも靴下履いたまま登ってみた。あっ、これいいかも。二子でもやってみるかな。でっ、適当にアップして、ナベちゃんの課題を触る。

〇 所謂リーチ課題、「リーチ170cm以上の人はのぼれるはず」、ナベちゃん@T-WALL、2014.1.11
・ピンク4Qは、一撃。
・水色4Qは、3手目とって、ランジかと思ったら遠すぎた。リハーサルで左足ハイステップで、右足壁スメアで左手出しね。次の便で完登。
・紫4Q+は、やらせたいことわかるんだけど、右手アンダー持ち直しは厳しいなぁ。パスする。
・赤3Qは、前半わからず、リハーサルして、解決。全部、飛ぶんじゃなくて、体張って、足切らずに取れるのね。完登。
b0037220_23485767.jpg
その他、K沼くんの課題はグレードの割に登り辛い。どれも登れず。kの氏の薄かぶり左の新作も登れず。ジム来ても、あまり登れないので、少し、ジムへ行くのが億劫になっているような? クァもなかなか登れない。それで、モチベーション低下が加速されたか? されど、今日もジムへ行った。今週末どうするか? 悩ましいことが多すぎる。いろいろな状況から、今週末は外岩へは行かないことにしようと思う。

きん

by Climber-Kin | 2014-01-15 23:48 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2014年1月13日、二子山

「恒例? 冬の停滞?」

先週と同じく、中一日で二子へ向かった。今回もヨッシーと朔太郎さんと一緒に登る。昨日は暖かったようだが、今日は寒かった。一昨日と気温は同じぐらいなのだろうけど、風があって、クァ周辺は岩が温まらなかった。

(1-2) 高く登れ(10b)×2、再登
(3) バイパス(10a)、再登

(4) ペトルーシュカ部分ヌンチャク掛け
・ペトルーシュカのヌンチャクが回収されていた。持ち主が完登されたのでしょう。おめでとうございます。
・アップも兼ねて、ヌンチャク掛けをする。

(5) ペトルーシュクァ(12c)、×
・3便出そうと思えば出せる時間があったのだが、午前中はあまりに寒かったので、今日は2便トライにしてみた。
・1便目は、12:45ごろ出した。
・7p目レストが辛い。両手交互に焼石を握るのだが、握っているうちに、もう一方の手が冷えてしまい、なかなか出発できなかった。そして、8-9p間の私の核心は右手マッチしようとしたところで、またしても左手がスッポ抜けてしまった。
・そうか、左手がスッポ抜けるのか。確かに体が少しよれていた。手も冷たくて感覚が薄かった。
・右手マッチするために、左手はガバ部分でなくて、その上の悪い部分を保持しているのだが、足を上げてマッチする際に手前に引かれる力がマックスになる瞬間にぬけてしまうようだ。
・親指と人差指が水平のように持っていたのだが、体が斜めになる分、人差指を少し上にした方がよいかもしれない。

(6) ペトルーシュクァ(12c)、×
・今度も7p目レストが辛い。8-9p間の私の核心は、体幹がヨレヨレで体が下がってしまい、右手マッチどころではなかった。
・8-9p間の改良を試みる。みながやっている右手毛虫ホールドから左手出しも何とかできることが判明したのだが、厳しい。前腕が張りだした状態でできる気がしない。これよりは、今のムーブの方がよいのではないかと感じる。
・8p目から終了点まで繋いで登った。実際はもっと前腕が張りだしたところで9p目レストになる。その状態で戻せるかどうか不安だが、やはり、9p目到達できれば、そのまま登れるのではないかと期待してしまう。

今日も登れませんでした。いや、9p目に到達できませんでした。やはり寒いと力が抜けません。ホールドがツルツルです。1月が越冬の一番辛いところです。例年、寒さのために停滞します。暗黒の1月です。とは言え、トライするしかないです。次回も、頑張ります。だけど、来週は外岩行けるか微妙です。それから、今日は、あの悪夢の肉離れから丁度一年でした。今日は怪我のないように終始気を付けました。気を付けていても、やっちゃうもんなんですけど。怪我なく車に戻った時は、ほっとしました。

〇 今日の弓状
・昨日は混んでいたいようですが、今日は空いていました。
・午前中は特に寒く、午後からは気温があがってくれたのですが、おいしいよから右は風が終日吹いていて、岩がなかなか暖かくなってくれませんでした。ただ、そんな寒いエリアで、火の鳥にRPが出ていました。言い訳できません。
・スーさん、「藍より青く」RP。おめでとうございます。
・写真は、アップアップで極冷のホテル二子でアップするヨッシー。
b0037220_23043493.jpg
きん
by Climber-Kin | 2014-01-13 22:58 | 二子山'13-'14 | Comments(0)