<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2014年11月29日、二子山

午前中、雨の予報だった。朝の天気予報では、午後から晴れる予報に変わっていた。予報通りで、午前中は結構な雨が降り、午後からは晴れてきて、この時期とは思えないぐらい暑かった。平日の大雨で染み出しがところどころあったが、概ね影響はなかった。「振り返るな」は、最後の1p分は流れこみでびしょ濡れだった。

(1-2) 高く登れ(10b)、再登

(3) バイパス(10a)、再登

(4) 振り返るな(13a)、ムーブ解析
・何p目かわからないのですが、核心前の傾斜の一番強いセクション。インチキして、突破した。
・その上の上も、長テープがかけてあって、そこも、インチキして突破。
・一部ムーブが全然わからず、人口登攀で終わりました。

(5) 振り返るな(13a)、ムーブ解析
・核心前の傾斜の一番強いセクションは、右手アンダーとって、右手我慢して返しました。すぐに次のヌンチャクをつかんだけど。
・そして、核心セクション。出だしは、右手アンダー中継して、足決め直して、左手左足の強引二軸ムーブで右手飛ばせたが、ここは、バックステップできれば、その方がよいかも。
・ここから、全然ムーブがわからなかったと言うか、このホールド使わないよねぇと見て見ぬふりをしていたホールドを使わなければならないことを聞いてしまいました。
・ここからが、とても難しいムーブと難しいムーブに分かれるみたいです。
・とても難しいムーブは、即刻NG。一旦右側ホールド取って、モニョモニョホールドを横から持たないと、私には保持できません。で、難しいムーブは、右手サイドで、左手アンダークロスの体返し。右手を右側ガバへ出して、薄い岩が欠けたようなホールドで足踏みかえて、フリで左手モニョモニョホールド(これが唯一悪いホールド)。そこから、左足ヒールと足置き直しで左手送りを3回連続して、やるみたいな。
・うーん。なるほど。
・ヒールが多いのとフットホールドが悪いから、シューズはドラゴンレースより、ミウラVSのステルスラバー版がよさそうなのだが、まだ使えたっけなぁ?ベルクロテープが切れちゃってた記憶が。Xグリップエッジだと滑るだろうなぁ。悩ましい。

天気とコンディションは多分大丈夫とは思っていたのですが、やはり登れました。そして、「振り返るな」ですが、少しづつ、雰囲気がわかってきました。核心セクションは12手ぐらいです。一つだけを除いて、ハンドホールドはガバが多いのですが、フットホールドが悪いです。ムーブはバランスの悪い態勢からの遠いホールド取りの連続で強烈です。その前にアプローチ部分と言われる前半のランナウトが激しくて、なかなか繋げる勇気がでません。そして、ムーブが少しでづつわかってきて… 私にとって、大きな問題は、このルートは、右肩にとっても悪いです。核心セクション直前のムーブは右手アンダー取りからの体の返しと立ち上がり、これ、右肩がグギッとしそうで、とっても痛いです。そして、遠い右手のデッドが5回以上出てきます007.gif。継続すべきか? どうしたものか、迷いが出てきてしまいました。

〇 今日の弓状
・雨だと言うのに、多勢のクライマーがやってきていました。
・午前中はちょっと、岩がしっとり気味だったが、岩が温かいので、冷たくてツルツルよりは、ましでした。
・パートナーさまのクァは惜しかった。3便中2便は10p目到達で、特に2便目のトライは、もう登れるかと思ったら、右手すっぽ抜けて、落ちてきた。あ~。ペトラインは、7人?の大盛況だった。
・写真は、振り返るな(13a)をトライするシュンタロウくん。
b0037220_00253346.jpg
きん
by Climber-Kin | 2014-11-30 00:25 | 二子山'14-'15 | Comments(2)

まとめて食べログ、11/26~12/30

〇 坐・和民、東村山駅前店、12/30
・5回目の忘年会?
・餃子は結構いける。キャベツ焼きはソースが濃くて、おいしかった。
・ちょっと照明が暗過ぎ。
b0037220_13162147.jpg
b0037220_13162547.jpg
〇 焼き餃子、ホワイト餃子ハナガサ店、12/28
・今年最後のホワ餃。
・一か月に3回も食べてる。
b0037220_13185948.jpg
〇 カッファサマハ、珈琲優、要町、12/26
・正月用珈琲。確かに酸っぱめ。濃い。酔いが抜ける(笑)。
b0037220_13194571.jpg

〇 焼肉定食、どさんこ、小鹿野、12/21
・相変わらず、味が濃~い。がっ、肉がいいから許します。
・何故か、混んでいた。近所に安くてボリュームがあって、まぁまぁの味の台湾中華屋さんができたから、がんばらないとね。
・手作り餃子も、味はよいのだが、焼き方はいまひとつかな。
b0037220_17194142.jpg

〇 すき焼き、下吉田キャンプ場、12/20
・やっぱり、鍋はすき焼きがいい。
・やおよしで、上州牛を調達。連続して、肉ばかり。
b0037220_17141544.jpg
b0037220_17150295.jpg
b0037220_17150605.jpg

〇 肉野菜炒め定食、ラーメン本舗まるみ、東村山、12/19
・おいしいんだけど、とにかく量が上品。まー、食べ過ぎないからよいのだけれど。
b0037220_17145080.jpg

〇 焼肉、叙々苑、新宿東口店、12/16
・最近、沢山食べられないので、高い肉食べても、そんなに値段が、はらなくなりました(笑)。
・今度は、游玄亭? さすがに、あの値段設定だと行くのに勇気がいる。
・牛タンがうまかった。
・やはり、どうせ食べるなら、ロースよりカルビか?
b0037220_17091912.jpg

〇 焼き餃子、日高はながさ店、12/13
・パートナーさまの成果に乗じて、いっちゃいました。しあわせ~。
b0037220_16405221.jpg

〇 カレーうどん、野菜天ぷら(無料サービス)、弁天蕎麦、池袋西口店、12/11
・お昼休み、コージツへ買い物に行く途中で久々に弁天へ行きました。
・カレーうどんが変わっていました。
・スタンプカードで無料の野菜天ぷらつけちゃいました。久々に、お昼に満腹。
b0037220_16381467.jpg


〇 八丁味噌みそ煮込みうどん、通販、12/10
・寒い時は味噌煮込みうどん。近所のダイエーに売っているのですが、買いに行くのがめんどくさい。
・そうだ、通販しよう。箱買いしちゃいました。
b0037220_16364182.jpg
〇 ドミニカ・カリビアンクィーン、珈琲優、要町、12/15
・ブラジル珈琲、続いてたけど、ちょっと、味が強烈過ぎ感が強かった。
・ドミニカの珈琲なんて飲んだことがなかった。コク強め。
・あっ、これ、なかなかいい。沢山飲めるタイプ。
b0037220_17224053.jpg

〇 魚屋路、立川北店、12/7
・二子の帰りにコージツ寄って買い物。どこがいいかなぁと思いついたのかここ。
・遅めの時間だと、待たされないのがいいけど、ネタ切れが多かった。
b0037220_16361266.jpg
b0037220_16345741.jpg

〇 ブラジルセラード、珈琲優、要町、12/2
・コクが強めだと、沢山飲むには、少し飲みにくい。
b0037220_16333140.jpg

〇 岩場で食べるラーメン達、近所のサミット、11/30
・5個入りパック買っちゃうと、そればっかり食べることになるので、いろいろなインスタントラーを買い集めてみました。
・寒い時は、岩場でインスタントラーでほっとできます。
・どれが一番おいしいかなぁ。って、楽しみ。実は、どれがおいしいかなんて、覚えていないのですけどね。
b0037220_23462023.jpg

〇 焼き餃子、ホワイト餃子、はながさ、日高店、11/29
・成果出るまで行かないといいながら、また、行ってしまいました。
・今日はカリカリに上がっていて、うまかったです。
・小鹿野、秩父あたりで、これぞっと言う決め手がないから、行っちゃうんです。
b0037220_01003015.jpg
〇 ファイヤーボンバーねぎラーメン、むてっぽう、池袋西口、11/27
・相変わらず、うまい。汁飲んじゃダメと思いながら、汗かきながら、むせながら飲んじゃいます。
b0037220_00594803.jpg

〇 塩ラーメン、nico、和光市、11/26
・やっぱりオイリーだ!食べた後、口のまわりがべたべたになる。
・胡椒かけたら、普通の塩ラーメンになってしまった。
・次回は、スタミナ丼か肉野菜炒めでも、頼んでみよう。
b0037220_23102383.jpg
きん
by Climber-Kin | 2014-11-26 23:12 | 食べログ | Comments(0)

~2014年11月26日、T-WALL東村山

 ジムに来てなかったわけでは、ありません。あまり、現代グレードのファイル課題を登れていないので、記事に上げていなかっただけです。先週は平日二子で、ジムボルダーは2週空けてます。この2週間の間に、5日も外岩ルートを登っています。5日も連続してルートをやると、体が力抜け抜けモードで、力を出すことをいやがります。
 課題を登れたわけではありませんが、薄かぶり壁のホールドが替わりました。出張先から直登。実は、この水曜日にジムで登り過ぎて、夜遅くなって、睡眠不足が週末を迎える。それが成果に悪い影響を与えているということは、薄々感じていました。今日は早く始めたので、早く帰らなきゃと、結局22時近くまで、登ってしまったのでした。

〇 ホールド替え
・どの壁も、どんどんスローピーな壁になって行きます。
・おもしろいんだけど、指皮がなくなります。週末は大丈夫か?
b0037220_22564336.jpg
〇 kの氏のレガシーなグレーディングの課題
・現代グレードだと、7級か6級です。
・少し、グレード見直してくれるといいなぁ。
・別に課題が難しいのはよいけれど、適切なグレードがついていないと、モチベーションがあがりません。
b0037220_22571450.jpg
きん

by Climber-Kin | 2014-11-26 23:03 | T-WALL東村山 | Comments(0)

ロイヤルストレートフラッシュの酒

まだ、年末のまとめではないのですが、今年は、いろいろなグレードのルートを登りました。そう、結構早めにリーチがかかったのですが、なかなか上がれませんでした。そして、終に、ロイヤルストレートフラッシュの完成です(笑)。12d、13a、12a、12bと来て、次は12cでロイヤルストレートフラッシュ(つまり、12a、12b、12c、12d、13a)なのですが、何の意味もありません(笑)。それでもって、終に「ペトルーシュクァ(12c)」で、ロン(上がり)です(笑)。だけど、そんなことに意味もなく、浮かれないように、とってもスモーキーで、辛いスコッチを飲んで、気持ちを引き締めると言う意味で(これも意味不明ですけど)、これを選びました。うん?11a、11b、11c、(11d)、12a、12b、12c、12d、13aでダブルロイヤルストレートフラッシュ? 残念、11dがない。

〇 ラフロイグ、10年
・何度飲んでも強烈過ぎる!
・これをうまいと感じるようでは、正真正銘の酒飲みです。そう、大人の酒です。シュンタロウくん、ぜひ、飲んでみて!
・でも、日本で結構売ってるってことは、買う人が結構いるのでしょうねぇ。
・月曜日は5時から飲み始めて、知らないうちに半分なくなっていました。晩御飯を食べる前に寝てしまいました。
b0037220_23300005.jpg
〇 持久系完登の酒は?
・実は、ペトルーシュクァ登った当日、新装開店した「やおよし」で、これ買って、下吉田キャンプ場でボトル空けちゃってます。
・300mlのミニボトルですから。
b0037220_23313259.jpg

きん

by Climber-Kin | 2014-11-25 23:44 | 酒ログ | Comments(0)

2014年11月22-23日、二子山、ペトルーシュクァRP

◇ 22日(土)
先々週に初めて、9p目を突破できて、10p目を超えることができたのだが、すぐに凍りついて動けなくなってしまいました。先週も土日の二日目にして、なんとか10p目を超えることができて、実質後2手まで迫ったところで、やはり、前腕が張っていて動けなくなってしまいました。今週は水曜日に平日カードを切ったのでした。そして、今度も10p目を超えて、実質終了と思っていたガバカンテを掴んだのですが、手が冷えていて乾燥し過ぎでツリツリ状態、右手がスッポ抜けて大、大フォールして悔しい思いをしたのでした。そして、今週は暖かい予報でした。チャンス!だけど、こんな時は気負い過ぎて完登できないパターンが多いことに不安を持ちながら、今週末も二子へ向かったのでした。どうせ午前中は冷たいし、3トライしかでないだろう。水曜日も二子へ行っている。いつもより、45分遅めの出発でした。

(1-2) 高く登れ(10b)、MS、再登×2
(3) バイパス(10a)、MS、再登

(4) ペトルーシュクァ(12c)、×
・内出血している膝にはニーパッドを当てた。だが、当てる場所がわかっていたので、登る直前に付けた。しかし、これがよくなかった。
・8-9p間、第1核心でのニーバーでこのニーパッドがずれてきてしまった。オーマイガー!元気のよい一便目。余裕があったのに。
・そうか、ニーパッドをして、少し汗をかいて、滑らないようにしないといけないのか。水曜日の最終便で、ニーバーが決まらなかったのも、このせいか。
・それと、背骨の横の筋が痛めたぐらい凝ってしまって、痛くなってしまった。ダッコちゃんレストと第1核心の最初の右手ガストン取りに背中を使うんだよなぁ。

(5) ペトルーシュクァ(12c)、RP
・先便降りてきてから、汗をかかせるためにニーパッドは外さなかった。エピ缶の上にあおむけに寝て、背中の凝りを少しでも、ほぐそうと次にトライまでの時間を使った。
・岩は温かいと、みな言うが、このルートのRPトライは絶対に指が冷えると思い、焼石を持って行った。
・中盤の体幹使ったレストポイントまでは、いつもと同じ感じだった。今日はツルツル感は少なかった。
・背中を痛みの様子をみながら、ダッコちゃんレストをした。右手保持で左手レストさせると、背中が苦痛だった。あまり長居はできなかった。両指を焼石で温めてから、ゴー!
・8p目クリップは、左肘を伸ばすこと。右手サイドアンダー気味に戻して、座り込んで、左手を一度シェーク。
・第一核心最初の入りの右手ガストンは、腰を壁から離さないように気を付けて、背中を捻ること。がっ、その背中が痛い! よし、右手ガストンしっかり止められた。
・ここから、みなから悪評の渾身のムーブに入る。
・左手デッド気味にちょいガバのコルネ取り、体幹使って左足上げ。体が傾かせてニーバ。そして、右手マッチ。膝に挟まれている左手を少しづつ、ずらして、そっと抜いて、さらに再度腰を入れて左手、コルネ取りへ。
・左手コルネはハンマーヘッド状の良いところが持てた。右足をツルツルしているが、少しだけ、窪んでいるホールドを搔き込みながら、滑るなよ~と念じながら、一気に立ち上がり、9p目クリップホールドのガバへ。取れた!
・9p目クリップ。ここで、レストだ。
・9p目に到着すると、途端にパンプが襲ってくる。ここに到達できたのは4回目だが、2回目と3回目は猛烈なパンプがやってきた。今回は初めて到達できた1回目のように、あまりパンプがやってこなかった。チャンスかも!
・右手ジャム、左手逆手ナックルで左右の前腕を交互に休ませる。長居をすると、今度は体幹がよれだし、いつの間にか指に力が入り出して、知らないうちにパンプしてしまう。
・行けそうな前腕具合を左右で確かめる。そして、念のため、秘密兵器を右手で握ってから最後の核心へ突入した。
・10p目クリップまで、スムーズに入れた。そして、小刻みに足を刻み、手を進める。そう、足で足で!
・先日ツリツリで落とされた、右手カンテは今日はフリクションが少しあった。とは言え、ヨレた体で大きな足上げは不安だった。少しギクシャクしながらも左手カチに届いた。そして、右手ポケットカチホールドへ、大きな動きで終了点カチへ。ロープを引き上げられなくなるぐらいパンプするのではないかと不安があったが、終了点にクリップできる余裕は十分あった。「よっしゃー!」

先シーズン、みじかしいルートをずっとトライしていたので、まずは持久力系のリハビリにと、パートナーさまがトライし始めたこともあり、これから触ってみるかとトライを始めた「ペトルーシュクァ」でした。しかし、このルートは、それほど簡単ではありませんでした。昨シーズン12月、漫然とトライして何も進まず。1月は寒くて何も進まず。そして2月の大雪で中断してしまいました。そして、今シーズンは早くから二子へ入ったのですが、台風続きでコンディションが悪く、別の岩場へ行ってました。そして、11月から突然、コンディションがよくなって、初めて9p目に到達できたのですが、そのままスンナリとRPと言うわけにはいきませんでした。9p目レストはガバですが、一度パンプしてしまった前腕は、完全には戻りません。ヘビーな私にはガバでも楽ではありません。これ登れるのかなぁと、終始不安がありました。結局、9p目到達時にそれほどパンプしていなくて、大レストでも、たいしてレストもしないで突撃! の、いつもの逃げ切り登りになってしまいました(笑)。最後の核心も、ゴキブリのようにスタスタと速登りしていたそうです。まぁ、とにかく、持久系12cは、私にとっては、とても価値のあるルートです。登れてうれしいです。

◇ 23日(日)
土曜日の夜は、下吉田キャンプ場で、アポなし下吉田へ突撃のクリちゃん&ともこさんペアの襲撃に合いました(笑)。隣の部屋には、シュンタロウくん&さっちん&ANDoさん。にぎやかな夜を過ごしました。とは言っても、21時半には就寝でしたけど。さて、任侠へ戻るか?どうするかな。まずは、あれを触ってみようと翌日も二子へ向かったのでした。

(6) バイパス(10a)、MS、再登
(7-8) 高く登れ(10b)、MS+Tr、再登

(9) 振り返るな(13a)、初触り
・アプローチと言われている前半部分に、かなり不安を持って、初触りしました。
・見た目以上にボルトが遠いです。アプローチ部分で力使いまくって、核心セクションへ到達できませんでした。

(10) 振り返るな(13a)、探り便
・核心セクションの一つ前のボルトまでは、テンションまみれで行き着くことができました。
・が、その核心セクション始まりのボルトまで行けませんでした。
・右手クロス気味に取った右手アンダーを、また右肩がグキッとなりそうで、恐くて返せませんでした。

振り返るな(13a)触ってみました。まだ、核心セクションまでたどり着けていません。右手アンダーの返しは、何とか工夫してこなしたいです。そして、次回は核心セクションを探りたいです。

〇 ペトルーシュクァ(12c)をRPする私
・10p目をクリップする私。
・両足挟み。最初はここでレストできると思ったのですが。左手結構いいホールドなのですが、シチュエーション的に力抜けませんでした。
b0037220_23363483.jpg
〇 第2核心突入前に秘密兵器を握る私
・腰にぶら下げているのが秘密兵器です。それを握ってます。
・水曜日にI田さんからもらった、ファンデーション用スポンジを腰にぶら下げています。
・これに水を染みこませています。乾燥してきた指皮、手の平に湿り気を与えると、フリクションが戻ります。
・写真は、HR角さんが撮ってくれました。HR角さんこと、ヒロくんは、難しい「火の鳥(12a)」をRPおめでとうございます。
・あっ、ANDoさんも、誰にも気づかれないように、静かに「振り返るな」RP。おめでとうございます。
・ヤーコ姐ぇも、モダンラブRP。おめでとうございます。さっそく、ペトルーシュカをトライしていました。
・まーさまのクァは、惜しかった。あと3手。次回こそ、RPだ!
b0037220_23462201.jpg

〇 よーこそTウォール(13a)をRPするオーミ
・暑くて、ヌメヌメしてそうなのに、余裕でRPしたオーミ。
・今日も登りながら、しゃべっていました。
・おめでとうございます。
b0037220_23403788.jpg
〇 シーズンたけなわの二子(23日の日曜日)
・日曜日は土曜日にも増して、混雑していました。
・日曜日は、この時期としては異常なぐらい暑過ぎました。もうしばらく、このぐらい暖かさが続くとよいですね。
b0037220_23405674.jpg
〇 ペトルーシュクァ(12c)
・右へ別れるペトルーシュカが12bです。12bにしては難しいと思います。
・左へ別れて、さらに10mぐらい進むのが、ペトルーシュクァ(12c)です。
・ペトルーシュクァの9p目到達で、多分、ペトルーシュカ(12b)と同じぐらいと言っている人が多いですが、私はもう少し難しいような気がします。がっ、私の第1核心ムーブは悪評ですから、だから難しく感じるのかも。笑。
・そして、9p目に到達するとパンプがやってきます。
・この9p目から、戻せる人と戻せない人で運命が別れます。
・いくらガバとは言え、足はあまりよくありません。パンプした前腕をここで完全に戻すのは、かなり難しいと思います。
・だから、みんな最後の核心で落ちてきます。
・結局9p目に、少し余裕を持って到達するのが完登の鍵になると思います。
・あまり登り易くないです。いや、かなり難しいです。このルート。
・あまり登られていないのですが、面白いルートです。もっと、トライされてもよいと思います。
b0037220_23384079.jpg
きん
by Climber-Kin | 2014-11-23 23:41 | 二子山'14-'15 | Comments(16)

2014年11月19日、平日二子山

「ジンクス・(再)平日二子に成果なし!」

仕事の合間をついて、水曜日の平日二子へ便乗することになった。正確に言うと、会社行きたくない休みに便乗して、平日二子行きになったと言うべきか(笑)。水曜日組は多いのですね。今日の弓状は15人ほど来ていた。コンディションは乾き過ぎ。午前中は岩は冷たく、RPトライするには、ちょっと厳しい。繋げて登ると、指が冷えて感覚がなくなってしまう。陽が傾きだすと、今度は岩の温度が下がってくる。この時期は午後2-3時がベストではないだろうか。急に冬が来てしまいましたね。帰りのラジオで言っていましたが、11月初旬から11月末にかけて5度下がるそうです。11月初旬は快適な気温と岩温度だったのに、あっと言う間に、最高のコンディションは去ってしまうのですね。さて、9p目に到達できれば、そのまま終了点まで行けると思っていた、甘い期待は木端微塵に吹き飛び、少しづつ、少しづつ、足数手数を増やしていく、いつものパターンになっています。一方で、9p目レストでは完全に回復できないことがわかりました。8-9p間のニーバで腿が内出血で真っ黒です。中二日では腫れと内出血が引きませんでした。いろいろと、対策を考えては来たのですが。どうなることやらです。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
・寒さ対策と9p目レストのジャム対策に、クラック用手袋(手の甲を皮で覆うタイプ)を使ってみようと思ったのですが、これ付けて、厳しい石灰岩を登るのは、違和感あり過ぎ。これ付けて中間の核心を超えられる気がしません。NG。
(2) バイパス(10a)、MS、再登

(3) ペトルーシュクァ(12c)、×、最高到達地点更新、4足+2手伸ばす
・ニーバできないぐらい腫れている腿ですが、これには、全日本バレーボール協会公認の膝パッドを当ててみました。これは正解でした。
・岩が冷たそうだ。繋げていくと、7p目あたりで、指の感覚がなくなるだろうなぁ。でも、そろそろ出さないと3トライできない。思い切って2トライにするかとか悩んだのだが、やっぱりスタートした。
・岩は冷たいが、下部はツルツルではなかった。
・7p目、ダッコちゃんレストで、焼石をあっちっちって感じるぐらい握って、ゴー!
・一便目は元気だった。膝パットが正解だった。痛くないので、思い切って、ニーバできるから左手コルネのハンマーヘッド状よいところつかめた。
・あまり、疲れずに9p目に到着できた。前回の反省で、あまり長居しないで、息が整ったあたりでゴー!
・少し前腕がモヤモヤするが10p目クリップ。前々回、前回で修正した多少よれていてもできる足小刻みムーブで稼ぐ。
・そして、これ取れたら終わりだと思っていたカンテガバホールドへ。届いた! もらったと思った。
・だが、なんだかホールド持っている感触がおかしい。ツルツルだ~!
・とっさに、その前後を探ってみたが、やはり、ここしかない。右足ヒールでデッドしているので、体勢を変えることもできない。
・意を決して、右足上げた。右手がカンテからスッポ抜けた。オーマイガー!
・まだ、岩が冷たかった。乾燥した風も吹いていた。登っているうちに、手の皮が乾燥しきっていた。いつもは簡単に保持できるカンテがツルツルのガラスのようになっていた。余力十分にあったのに。チキチー!

(4) ペトルーシュクァ(12c)、×、体幹よれてた
・I田さんから、秘密兵器を授かった。ファンデーション用パッドだ。これに水を含ませて、指が乾燥してきたたら、握って、湿らせる作戦だ。
・がっ、前腕回復しきっていなかった。体幹もよれていた。9p目に到達できず。

(5) ペトルーシュクァ(12c)、×、体幹よれてた
・今度は前腕は回復していた。体幹は疲れ気味だった。今日は朝から背中がはっていた。
・それでも頑張って、8-9p間、キーの右手ガストンは止まって、ニーバ右手マッチの左手出しは?
・全日本バレーボール協会公認膝パッドが上がり過ぎていました。ニーバはまりませんでした。失敗。
・ニーパッドは、膝小僧を半分隠すぐらいの位置にするのね。
・またまた、秘密兵器を活用するところまで到達できず。あ〜。

悔しいトライでした。毎回、一度づつしか、9p目を超えられません。しかし、9p目を超えるたびに少しづつ、手を伸ばせて行ってます。もう1回、手数を伸ばせれば、完登できそうです。だけど、ここで到達高度が再び下がったりして、停滞すると辛くなります。次回こそ、頑張ります。あー、中二日で週末か。疲労回復と体のコンディショニングがうまくいくか心配です。

〇 今日の弓状
・平日でも、水曜日は人が多いのでしょうか。15人ほどいました。
・久々に岩を登るミッチーと会いました。本格的なトライができるまで回復したようです。
・写真は、遠くの方で、リハビリにペトを触る、oh!no!さん。
b0037220_22505274.jpg
きん
by Climber-Kin | 2014-11-19 22:51 | 二子山'14-'15 | Comments(2)

2014年11月15-16日、二子山

先週、ついに、ペトルーシュクァの8-9p間の最初の核心を超えることができて、10p目に到達できた。そして、その10p-終了点間の最終的な足のステップの確認もできた。期待感でいっぱいになっていた。しかし、今週は仕事で重いノートPCをずっと背負っていたのが気になった。水曜日ぐらいから背中に張りを感じていた。そして、今週末は土日とも晴れの予報だった。土曜日は二子、日曜日はパートナーの宿題に柴崎ロックの予定だったが、この気温じゃぁ、終日日陰の柴崎ロックは厳しいだろうと、土日とも二子へ向かっただった。一方、天気の方は今週から一挙に冬になってしまった。しかも、コンディションがよくなったので、多勢のクライマーに賑わう二子になっていた。コンディションの方は、土曜日は、岩がツルツルだった。日曜日は、何故か、土曜日よりフリクションがよくなった。日曜日の方が弱冠湿度が高かったのだろうか。そして、頭の中が期待と不安でいっぱいのまま、週末を迎えたのだった。

◇15日(土)
(1-2) 高く登れ(10b)×2、再登
(3) バイパス(10a)、再登

(4) ペトルーシュクァ(12c)、×
・岩が冷たい。11時過ぎに、焼石を持ってスタートした。
・やはり、岩は冷たくて、ツルツルだった。それでも、元気な一便目。8p目を超えて、最初の核心へ突入する。あー!体幹がよれてる!
・ポイントの右ガストンは何とか止まった。左足ニーバして、右手マッチの左手出しは、コルネのハンマーヘッド状の良いところに届かなかった。ニーバで体がロックされていて、左手が伸びない。ニーバを外して、デッドで左手を5cm飛ばそうとしたら、はずしてしまった。フォール。

(5) ペトルーシュクァ(12c)、×
・7p目の「だっこちゃんレスト」で、背中と腹筋が怠くて、たまらない。我慢できずにゴー!
・8p目超えるのに精いっぱいだったが、今度も第1核心へ突中できた。しかし、またしても、左手コルネのハンマーヘッド状ホールドには届かず。ニーバをはずして、デッドで左手出したら、またしても、空振り。あー!

(6) ペトルーシュクァ(12c)、×
・なんとまったく同じ結果だった。まったく同じパターンを3回繰り返してしまった。

(7) ペトルーシュクァ(12c)、×
・今度また、左手ハンマーヘッド状ホールドに届かないなら、そのままで、右手ガバ取りしようと心に決めて、インターバル30分で泣きの4便目は、やっぱり、体よれていて、今度は第1核心最初の一手の右手ガストン出せず。あー。

オーマイがー!朝から背中の疲れを感じて、1便目に失敗。嫌な予感が的中してしまった。4便出して、9p目に到達できず。あ~後退だ~。

◇16日(日)
柴崎ロックは、この寒さでは厳しいだろうと、今日も二子へ行くことになった。前夜は例の薬を飲んで、21時には就寝した。9時間半熟睡できた。そして、16日のコンディションは、昨日と同じく快晴なのだが、今日は何故かホールドが持てる!土曜日と日曜日のコンディションが逆だったらよかったのにと、どうしようもないことを思いながら、まー、全力を尽くすだけと、今日もクァのトライを開始したのだった。

(8-9) 高く登れ(10b)×2、再登
・日曜日は混んでいた。アップルートがどこも順番待ちだった。あきらめて、ストレッチと上り下りの歩きで体を起こした。

(9) ペトルーシュクァ(12c)、×、最高到達地点、3足2手伸ばすが
・昨日の教訓で、体幹がよれ気味の時は第1核心で左手コルネはハンマーヘッド状の良いところは持てないことがわかった。ホールド飛ばそうとしないで、そのままゴー!だ。
・そして、その通りに左手コルネは良いところに5cm届かず。だが、今日はフリクションがよい。左手悪いまま、右足すべすべホールドに搔き込みで右手ガバ出しは、体がはがれて落ちそうだったが、指先がガバ穴のヘリに引っかかった。よっしゃー。
・9p目クリップ。ここで、完全に回復させて、最後の核心をこなしたいところなのだが、そのレスト体勢は足が低いのだ。どうしても腕に負荷がかかる。ここで到着すると、丁度、前腕はパンパンになってしまうタイミングなのだ。どこまで回復させられるのだろうか。
・自分では凄く長い時間レストしているように感じた。気持ち、少しパンプがとれてきた。だが、もう少し我慢だ。
・うん?なんだか体が辛いぞ。体幹がさらによれてきてしまったようだ。まずい。と思って、あわてて再スタートした。
・10p目クリップ。先週の修正に、昨日修正した通り、右足フットホールドを少し下げたおかげで、左足は上がった。
・そして、右手カンテカチへ。だが、前腕はパンプしていた。右手しっかり持ててなくて、左足がぜんぜん上がらない。オーマイガー!

(10) ペトルーシュクァ(12c)、×
・9p目レストで、あまり長いしないことだ。そして、最後の右手カンテチビカチとってから、一挙に左足上がるのでなく、左足右足と刻んで、左足あげるんだ。多少パンプしてても、行けるよ! よし、スタート。
・だが、第1核心は最初の右手ガストンすら止まらなかった。

(11) ペトルーシュクァ(12c)、××
・不思議なもので、いつもそうだが、2便目より3便目トライ開始時の方が前腕のモヤモヤが少ないのだ。意外と3便目に良い時が多い。2日目の7トライ目だが、あきらめるな! そんな期待をして、スタート!
・7p目で、結構戻せた。第1核心セクションへゴー!
・今度は、右手ガストンとれて、右足あげて左足ニーバ。そして、右手マッチの左手出しは、やっぱり良いところではないが、届いた。右足を上げて、搔き込みは~、3回足がフットホールドを空振りをしたところで、気持ちが折れてしまった。あ~。

ペトルーシュクァ、このルート、デブには厳しいです。9p目の大レストで前腕を戻せません。今日はoh!no!さんが海外遠征から帰ってきていたので聞いてみたのですが、やはり、9p目到達してから、1ヶ月かかったそうです。は~。そうですか~。それを聞いて溜息がでてしまいした。本当に寒い厳冬期まで、あと一か月。何とか登りたいなぁ。パンプは少しほぐれているが、前腕がモヤモヤ~とした状態で、最後の核心をこなせるのだろうか。悩ましい日々が続きそうです。

〇 今週末の弓状
・土曜日はまぁまぁ人手。日曜日は混雑でした。
・日曜日は、朔太郎氏がついに、「美しき流れ」をRPしていました。凄い!おめでとうございます。
・写真は、土曜日のおしいトライの写真です。
b0037220_23024599.jpg
〇 モダンラブ(12a)をトライするヤーコ姐ぇ
・おー!完登しそうと、あわてて、まーさまがシャッターを切りましたが、この後フォール。おしい。
b0037220_23025797.jpg
〇 よーこそチーウォール(13a)をトライするオーミ
・オーミもおしかった。実質終了とも思える右手止まったのに、その後、足を滑らして落ちてきました。
・あそこで、しゃべらなかったら登れたよ~(笑)。そこがオーミらしい。まぁ、次は登れるでしょ。ガンバ!
b0037220_23030739.jpg
きん
by Climber-Kin | 2014-11-16 23:04 | 二子山'14-'15 | Comments(0)

2014年11月8日、二子山

先週、土日はあんなに酷い状態だった二子でしたが、その月曜日は思いの外、状態がよくなったようです。たった一晩でそこまで変わるものなのか?二子のその日のコンディションは予想がつきません。そして、その良くなった状態を期待して、今週も二子へ向かったのでした。伐採工事があることを忘れて、坂本側から入ってしまいました。工事現場で、10分ほど待ちました。待たされることもあるだろうし、工事のじゃまにもなるので、来週からは毘沙門水側から入ることにします。そして、到着した二股峠は、既に駐車場が一杯でした。紅葉の中央稜が目的のパーティが沢山来ていました。河原沢の温度計は5度を差していました。弓状のお昼ごろは、10度から12度ぐらいで、ちょっと岩が冷たかったですが、最高の状態とも言える気温でした。

(1-2) 高く登れ(10b)、再登×2
(3) バイパス(10a)、再登

(4) ペトルーシュクァ(12c)、上部ヌンチャク掛け
・ペト下部はヌンチャクが残置されていました。クァセクションに3p目から各停でヌンチャク掛けした。
・久々のペト登りで、力が入り過ぎで、1セクションづつで前腕がパンプしてしまいました。大丈夫か?

(5) ペトルーシュクァ(12c)、×、3テン
・かなり力が入ったが、元気のいい一便目トライ。8p目までは行けたのですが、中盤核心スタートの2手目右手ガストンは止まらず。
・そこから各停で、ムーブ確認しながらトップアウトした。

(6) ペトルーシュクァ(12c)、×
・まだ、前腕が戻っていなかった。
・8p目まで到達したが、そこまでだった。

(7) ペトルーシュクァ(12c)、×、ワンテン
・ヌン掛け入れて、4便目。しかも、先便終わってから1時間も経っていない。とは言え、日の短い、この時期、4便だすには、インターバルを短くしないと出せない。
・先週のびしょ濡れで3p目まで行って帰ってきたのだが、その際に3p目クリップは濡れたホールド避けて、手前のフットホールドに右足載せて、左手ガストンでクリップした。左手少し送って、同じ足で4p目クリップガバ取り。こっちの方が自分にあっているっぽい。
・前半の小核心の4-5p間の左手穴ガストンからの右手出しは、余った小指と薬指を曲げこむのでなくて、開いた方がよいようだ。
・6p目クリップは、これまでより、一手進めて、ミニノーズを左手で持ってクリップの方がよさそうだ。
・7p目クリップは、これもこれまでより、一手進めて、ミニノーズ2を左手で持って、ちょっと手を振ってから、立ち上がって、クリップしてから、すぐに右手出しがよかった。
・7-8p間のレストは、落ち着いて、右足をヒール&トゥかけて、左手をミニノーズ2を手首フックで、右手はずっとレストがよい。確かペトルーシュカをRPできた時は、そうだった気がする。
・小さな小さな5つの改良でこれまでになく楽に中盤核心へ入ることができた。そして、核心セクションの2手目の遠いガストン取りは声を出した。止まった!
・ムーブ修正した、左足ニーバ右手マッチ左手出しは、ニーバにしっかり力を入れて、右手添えた後、グッグッと体を壁によせると、左手はコルネのハンマーヘッド状の良いところが取れる。右足上げて、搔き込みながら、9p目クリップのガバホールドへ取れた!最高到達地点更新。
・そして、懸念だったレストは、やっぱり、あまり楽ではない。ジャムしている手が痛い。我慢の限界にきて、まだ左前腕が少し固いがゴー!
・決めた手順にムーブで、10目クリップ。ちょっと張ってるけど、行けるかも? がっ、右足フットホールド一つ上げてから、右手カンテ出しだったが、右足上げずにカンテへ手をだしてしまった。オーマイガー!身動き取れなくなって、フォール。

今シーズン、まともな状態のトライとしては二日目でした。ようやく、中盤核心をクリアできて、終に9p目に到達できました。そのまま行けちゃうかもという甘い夢は妄想に終わりました。二子の12cは甘くありません。9p目レストの改良が必要なのか?苦痛だけど、我慢して、もう少し滞在すれば、前腕の張は取れるのか? 多少前腕張ったままでも、傾斜がないから逃げ切れるのか?悩ましいです。RPできなかったけれど、久々の進展があってうれしいです。次回も頑張ります。

〇 今日の弓状
・しゅんたろうくん&さっちん夫婦が二子へ来ていました。二子継続?
・ダンゴ姉ぇが遂に、穴ムジ第一核心突破していました。
・N田さん?がサバージュRPしていました。モダンラブでもRPが出ていました。おめでとうございます。

b0037220_23410093.jpg
〇 マイライフをトライする超スリムになったMニューさん
・自分で撮った覚えがないけど、写真に入ってました。まーさまが盗撮したようです。
・風邪で調子を崩しているIM井さんが私生活ではまっているのを見て、ニヤーとしながらビレイしていました。
b0037220_23414448.jpg
きん
by Climber-Kin | 2014-11-08 23:54 | 二子山'14-'15 | Comments(0)

パンク、三たび、オーマイガー!

その時、とにかく眠かった。徹夜明けの翌日のクライミングは状態も悪く、全くやる気がせず。その夜は10時間寝た。だけど、まだ眠かった。狭い林道で、それほどスピードを出しているわけではなかった。少し大き目の落石が目に付いた。腹には擦らないなと跨いで行った。だが、ちょっとコーナーがきつかった。カーブでの前後輪差を見誤った。後輪を落石に乗り上げてしまった。ガツンとなった。しまった。だけど、別に異常がなかったので、そのまま走って行った。その岩場偵察の結果は、今日は乾きそうもないと言う結果だった。すぐに二子へ向かった。途中、強いカーブに差し掛かると、下の方に違和感を感じた。うーん。なんだろうと思いながら、それに気づかずに二股峠に到着した。ところが、やっぱりパンクしていた。テンパー(Temporary)タイヤに換えてから、登りに行った。今回は、タイヤサイドに大きな筋目は見当たらず、タイヤはきれいで、きっと、パンク修理で治せるのではないかと期待した。翌日、開店前にタイヤ館へ行って、一番で作業をしてもらった。だが、タイヤはお釈迦さまだった。兎に角、空気がなくなった状態で、ちょっとでも走るとダメなようです。説明を聞くと、確かにタイヤサイドに、幅1cmで薄くなったバンドができていた。前回のパンクの際に、タイヤ圧センサーを奨められたが、もう、パンクはしないだろうと、タカをくくって、取りつけなかった。車を乗りだしてから、25年ちょっと経つ。述べ走行距離は30万キロ以上は軽くある。その間、パンクの経験は4回しかないです。しかし、そのうちの3回はこの2年ぐらいの間に発生してしまいました。そう度々は、パンクには遭遇しないものと思いこんでいたのですが。今回のように、小さな石に乗り上げても、運が悪ければ簡単にパンクしてしまうと言う事実をようやく認識しました。林道でスピードを出すのは禁物です。スピードと言っても40km/hぐらいですよ。目視で落石を確認しながら、集中して、ゆっくり走りましょう。眠い時は要注意です。そして、次回の冬タイヤへの交換時には、投資対効果ではなくて、投資対損失効果を考慮して、タイヤ圧モニターを導入することを決めました。

〇 テンパータイヤとパンクタイヤ
・前回の2回のパンクの経験のもとにテンパータイヤを買っておいてよかったです。
・二子の登山道入り口でパンクに気が付いて、テンパータイヤなかったら、どうなっていたことやら。
b0037220_17535808.jpg
きん

by Climber-Kin | 2014-11-03 18:15 | クライミングギア | Comments(0)

2014年11月1-2日、紅葉の二子山

仕事ではまってしまって、木曜日は徹夜するはめになってしまいました。徹夜明けの翌日の早起きして、雨の二子へ行ったものの、何もする気がせず、アップして終わりでした。下吉田キャンプ場で10時間寝たのですが、日曜日は、朝から眠くて仕方ありませんでした。眠気眼のまま柴崎ロックへ偵察に向かったのですが、不注意で大き目(7cmぐらい)の石に後輪を乗り上げてしまいました。石が少し尖がってました。びしょ濡れの柴崎ロックを後に二子へ向かいました。強いカーブのたびに振動音がして少し変だなぁと思いながら、二股峠に到着しました。用意をしていたら、丁度到着した朔太郎氏からパンクしてますよって、オーマイガー002.gif! テンパータイヤに交換してから、出発しました。

◇ 11/1(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) 高く登れ(10b)、再登
(3) ペトルーシュクァをヌンチャク掛けし始めたがが、濡れていてやる気がおきず、3p目で降りてきた。
◇ 11/2(日)
(4) 高く登れ(10b)、再登
(5) バイパス(10a)、再登
(6) 藍より青く(11c)、初触り、ヌンチャク掛け
・出だしと最後のムーブが解決できず。
(7) 藍より青く(11c)、ムーブ探り
・朔太郎氏から出だしムーブを教えてもらった。なるほど。
・最後のムーブは、えいやっと力を入れればできるのね。ムーブ解決。
(8) 藍より青く(11c)、×
・でっ、下から繋げていったが、水が滴っているコルネを見て、気持ちが萎えました。

日曜日は、予想通り、土曜日よりもさらに状態が悪くなっていました、。気温は南からの風が吹き込むので暖かいと言う天気予報通りで、結露するかもという予想の通り、岩が黒かったです。お昼ごろ少し状態はよくなりましたが、夕方は霧が出てきて、岩が全面真っ黒になってしまいました。そんな中で、デカコルネからは水が滴り落ちていましたが、そこ以外は、唯一白い色をしていた、「藍より青く」を始めて触ってみました。これ難しいです。でも、久々に必死になるルートトライをできて楽しかったです。また台風で来たみたいだし。週末雨パターンになってますねぇ。困ったものです。

〇 紅葉を迎える二子山
・土曜日にIM井さんが、「好色」をRP。
・そして、圧巻なのが、日曜日に、ちょっとだけ状態がよくなった隙をついて、H田さんが「怪人ダンス」をRPしていました。何年もかけてのRPとのことですが、まさか、こんな状態の日にRPしてしまうとは、クライミングとは不思議なものです。とてもうれしそうでした。おめでとうございます。
・結露して岩が真っ黒です。冬型になる月曜日は染み出しは、まだまだ止まりそうもないですが、白い岩に戻るのではないでしょうか。
・朔太郎さん、タイヤ交換の助言と手伝い、ありがとうございました。
b0037220_23371078.jpg
〇 日曜日の弓状
・午後二時を過ぎたあたりから、霧が出だして、夕方にはまたもや、景色が真っ白になってしまいました。
b0037220_23384060.jpg
〇 岩の染み出し状況(ご参考)
b0037220_23403736.jpg
b0037220_23404650.jpg
b0037220_23412455.jpg
きん
by Climber-Kin | 2014-11-02 23:48 | 二子山'14-'15 | Comments(0)