<   2016年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2016年3月26日、冬に戻った二子山

 一度だけ弱い雨が降ったかもしれないが、比較的よい天気が続いた一週間。染み出しが減っていることを期待した週末だった。しかし、今週末は寒くなる予報だった。晴れ後曇り、当日に朝の天気予報だと、関東地方は弱い気圧の谷に入り、終日、雲が多い寒い一日とのこと。あ~emoticon-0107-sweating.gif。その通りで終日、曇りがちで陽がなかなかささない寒い一日だった。
 そして、積雪やら雨やらで、1月あたりからずっとコンディションがよくない「振り返るな」ですが、濡れた手を拭きながらのトライなのですが、それでも、日に1便ぐらいは、核心セクション開始の左穴指アンダークロスムーブまでは到達できています。しかし、そこから返して右手ドーンが出せていません。頭の中で少し疑問が出てきていました。全力を出しているのか?まだ行けたのではないだろうか?以前にこんな記事を書いています。3年ほど前にヒットした、「スタンフォードの教室より」をまとめた記事です。「意志力は消耗する!」、「ダイエットは150%失敗する!」とても衝撃的な内容でした。その中でも、一番気になったのがこの内容でした。過去に記事にしています。

  強いクライマーになるには(8)?「我々は脳にだまされている!」

 そう、状態がよくても、状態が悪くても、ずっと同じ場所で落ちています。そこで落ちることが脳に刷り込まれてしまっているのかもしれない。いや違うかも、これかも、私は脳にだまされている!

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、MS、再登
(3) 振り返るな(13a)、下部4p分のヌンチャク掛け、ルート整備
・冷え込んで、ツララだらけだった。コルネも氷漬けだった。穴ホールドの中も凍っていた。
・ヌンチャク4本かけて、すぐに降りてくるつもりだったが、氷落としに時間を取られ、7p目まで上がって、長い間作業して、1便トライより疲れた。
(4) 振り返るな(13a)、××
・濡れて手を拭きながらも、まだ元気があるので比較的、しっかり手を拭きながら進める。
・核心セクション、左指穴アンダークロスは指がかかったが、その前の右肘が引き付けきれていなかった。指先しか入っていなかった。
・体を引き上げられなくて落ちた。自分で勝手にあきらめて、自分で落ちてないか?
(5) 振り返るな(13a)、×、ワンテン
・3便目は体がよれていた。しっかり手を拭く余裕がなく、核心セクションへ突入。右手サイドガバで親指がかからなかった。肘が上がってしまって、体を引き付けられず。
・最近、失敗してドカ落ちが嫌で、というかドカ落ちしてゴボウで上がってくるのが嫌で、6pから繋いでいなかった。明日は登らないし、今日はこれで終わりだろうと、やってみた。上部は湿っぽいが乾いていて、それがよいフリクションだった。楽に6p-終了点間を繋げれた。久々にワンテンで抜けた。

 「観の目の境地」、「無心の一手」。これまで、いろいろなルートで「脳にだまされている自分」を乗り越えてきた。やはり、今回も騙されているのかもしれない。シーズン終了も近い。城山と小川山が私を呼んでいる。だけど、もう少し頑張ってみたくなりました。今日下部も4本ヌンチャクをかけました。これで、全て自分のヌンチャクになりました。残置しました。

〇 今日の弓状
・YS野さんが、余裕で「即身仏(13c)」をRPしていました。おめでとうございます。
・どのルートも、みなさん、染み出しで苦戦していました。
b0037220_00021076.jpg
〇 「北国の甘み、果物チップス」、Veges Energy、青森県産/紅玉版、Calbee&RF1コラボ
・開発者のコビッキーからもらいました。帰ってから、ウィスキーと一緒にいただきました。ごちそうさまでした。
・加糖なし。リンゴの甘味がそのまま舌触りとして残ります。スナックなのに、何故か本物のリンゴの切り身を食べているような触感が残ります。
・ウィスキーより、辛めの白ワインぐらいと飲む方がおいしいかもしれません。
b0037220_00043514.jpg


きん



by Climber-Kin | 2016-03-27 00:04 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2016年3月21日、おひとりさまの二子山

「バック・トゥ・ザ・振り返るな(13a)」

 日曜日の城山敗退から、他の岩場案は距離的時間的になく、帰りがてら一番行きやすいベースキャンプへ向かった。ところが三連休の中日の昼間に道路は甘くなかった。新東名へ出るのに時間がかかった。新東名のってからは高速は順調だったのだが、入間ICを降りたら、アウトレットセンター?周辺の大渋滞にはまる。それでも、14時ぐらいには到着したのだが、こちら側は天気がよくて、何とも恨めし。このままジムで連休を終える?あっ、 今日は登らず明日二子へ行くか!グッドアイデア!
 三連休(私は四連休)最終日は、ゴン助先生とM元さんをあてにして、おひとりさまで二子へ向かったのでした。そして、弓場に到着し、いったいルートがどんな様子か、恐る恐る壁を見上げたのでした。あちょー! しかし、前日の話で聞いていた終了点からの流れ込みはなくなっていました。一便だして、そのままヌンチャク回収するかなぁ。まぁ、とりあえず、1便出してみよう。

(1) バイパス(10a)、MS、再登
(2-3) 高く登れ(10b)、MS、再登、Tr
(4) ワーカーホーリック(10b)、再登
(5) 振り返るな(13a)、様子見
・当然、2-3p間のコルネは濡れていた。
・4p目レストポイントからのぞき込むと、4-5p間のコルネの頭の大穴ホールドがびしょ濡れだった。うーん。とりあえず、5p目へ向かおうとしたが、コルネの頭の大穴ホールドが濡れているのは初めてのパターンで、ちょっと戸惑いテンションした。
・下から覗くと、ホールドが水で光っていて、ヌルヌルのように見える。恐る恐る進むと濡れてはいるが、意外とフリクションがある。表面がデコボコしているからだろう。そして、5-6p間は、5p目クリップするコルネとその手前、コルネから2手目の右手サイドアンダーから水が滴りおいていた。
・6p-終了点間は、出だしは湿っぽいのと、右手ドーンのキーフットホールドが濡れていたので、チョークで気持ち拭いておいた。
・このまま回収するかとも迷ったが、回収するとしても今日の最終便で回収すればよいか。
(6) 振り返るな(13a)、××
・4p目レストで結構戻せた。一手づつフキフキしながら、何とか6p目クリップして、核心セクションへ入ることができた。しかし、左指穴アンダークロスは指先が穴に触れたと同時に右手がすっぽ抜けた。
・6p目からは、いつものようにリハーサルできた。
(7) 振り返るな(13a)、××
・16時ちょっと前にスタートしたが、日が高くなって、岩には日が当たらなくなっていた。
・5p-6p間で、体幹がよれ気味で、手をしっかり拭く余裕がなくて、右手濡れたまま核心セクションへ入ったところで、テンションした。
・6p目から終了点まで繋ごうとリハーサルしたが、コルネホッペ取りからコルネコメカミ取り飛ばしに失敗。

 染み出していて厳しい状態ではあるが、不可能ではない状態でした。来週末に向けて、また南岸低気圧が2回接近するらしいです。コース次第では、また積雪だったり、南側を通ってくれれば、雨は降らないのかもしれません。どうなるかは予想不可能ですが、とりあえず、ヌンチャク回収はしませんでした。3月末までの二子と予定通り、来週ヌンチャク回収か?二子延長か?
 毎年、撤退時期が悩ましいです。ここ数年は、積雪で強制終了だったり、そのシーズンにRPの可能性を感じないパターンが多かったので、3月末できっぱりシーズン切ることができていました。今シーズンは、奇跡が起きないとまだまだ繋げられない状況なのですが、自分としてはムーブの完成度は高くて、奇跡が起きるのではないかと夢をみてしまいます。苦戦している右手ドーンが止まると、そこから傾斜がなくなり負荷が少し軽くなるんです。でも、これまでそんなことは一度も起きていないんです。一挙に6手前進はないよねぇ。よいコンディションの続く中で一手づつ伸ばしていくことしかできていません。やはりシーズン終了か。いや、来週考えましょう。

〇 今日の弓状
・HR岩ダンナがマイライフをRPして、クレーターまでRPしていました。二子で1人だけ成果出して、しかも2本も。感じ悪~(笑)。おめでとうございます。
・写真は「振り返るな」の染み出し。
b0037220_21401302.jpg

きん

by Climber-Kin | 2016-03-21 22:03 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2016年3月18日、代休で城山へ、ヴァージンキラーRP

 まだ取っていなかった代休と言っても、年休でもよいのだが、金曜日を休んで4連休にしてみた。最近働き過ぎで、たまには休んでもよいだろう。三連休前半は天気予報がよくないのだが、金曜登って土曜日レストで日曜日はまた登れるだろうと期待したのだった。結局登れたのは金曜日だけだった。土曜日は土砂降りだったみたいで、日曜日は朝に再び雨が降った。伊豆方面だけ天気がよくなかったようだ。
 さて、久々の城山だが、どのルートを触ろう? 昨年は「カサブタ(12c)」を触ってみたのだが肩が痛くて何もできなかった。そういえば、さらにその前の年にMSオンサイトで1便だけトライしたルートがあったけなぁ。たまには完登したい。だけど、その時に1便でヌンチャク回収したのはムーブがさっぱりわからなかったからというところが気になった。また、ムーブがわからなかったら・・・ このグレードにはまるのはいやだなぁ。と迷いながらも、いつもの10cでアップしてテンションをかけてしまった。同じルートばかりを何か月もトライしていると何も登れなくなるのはわかっているのだが、これは重症だ~と。いうことで登れる可能性のあるルートをトライすることにした。

(1) ストーンフリー(10c)、×××
・無理やりクリップしたり。とにかく、手がツルツルだった。テンション!
・最後の核心も、手がツルツルで思いきれず。
(2) ストーンフリー(10c)、再登
・このルート、久々に触ると難しい。
(3) ヴァージンキラー(12a)、ヌンチャク掛け&ムーブ探り
・出だしが怖い。オンサイトトライの時は気持ちが入っているからだろう。最後の核心部分まで、一発で繋げていけたのだが、今回は最初から躓く。
・やはり、弱くなった? いや、デブった?
・こうなったら、ムーブ固め便に徹しよう。しかし、5-6p間の核心が細かい!できる気がしない。
・そう言えば、MOTさんがガバがあると言っていたなぁ。でも、ガバはリップ上の奥にしかない。そこへ右手を飛ばすとなると、このホールドか。これに繋げるにはと…。上からムーブを作っていった。あっできるかも。
(4) ヴァージンキラー(12a)、×、ワンテン
・出だしに随分力を使ったが、その後フリーハンドで休めるので大丈夫。3pと4pは外傾テラスからまとめて掛けられた。
・ゴー! 順調に5p目クリップして、決めた通りに左手サイド持って、右足ヒールで、右手出しで左手マッチで右手水平位置の中継ホールドへ出して、右足踏み替えて右足高い水平ホールドへ。左手マッチして、右手ちょっと高い引けるホールドへ!は、作戦失敗。持ち替えきれず、無理やりだしてフォールしてしまった。
・あー、持ち替えじゃなくて、左手チビカチホールド取って、それで右手を高い引けるホールドか。それから左手水平ホールドへ寄せて、右足上げて左足スメアでスローパーホールドを一気に取るか。
(5) ヴァージンキラー(12a)、RP
・前便の感覚で、失敗しなければ、多分逃げ切れるだろう。だけど、こういうシチュエーションは久々だ~。力入らなければよいが。
・出だし、前回より力が入ってしまった。
・しっかり休んでゴー!少し、指がモヤモヤとしたが、危なげなく。こなせた。

 このルートは逃げ切れるルートでした。逃げ切れるルートなら、まだやれるようですemoticon-0136-giggle.gif。今シーズンの初成果を今年も城山で得たのでした。

〇 城山、ヴァージンキラー(12a)
・横から撮ったのでわかり辛いですが、難しいルートのすぐ右のラインです。
・登り辛い出だしをこなして、レスト。ここは完全に戻せます。そこから、トラバース気味に被り帯に入って行き、レイバックでガバホールドをつかみ、左へトラバースして、5p目クリップ。そこから6p目までが核心です。6p目と終了点は同じガバホールドでクリップできます。
・5p目クリップホールドガバからさらに左へ1手出して、右手マッチして、左手ハング付け根の握れるホールドで、右足を5p目クリップホールドにヒールフック。右手目の前のホールド取って左手マッチして、右手送って、左手持ち直して体勢整えて、右手高い水平ホールドへ。左手チビカチで、右手高い引けるホールドで、左手を水平ホールドへ寄せ。右足ハイステップスメア気味で、ガバへ右手飛ばしです。
・リーチない人は、最後の核心ムーブで泣かされるルートでしょう。だから、ヴァージンキラー?
・ジゴロ(11b?)も、リーチないと難しいルートなのかな?
・右へ左へと弱点を突いていく、ルートらしいルートで、ムーブもあり、面白いです。
b0037220_15490686.jpg
〇 エヴェレスト「神々の山嶺」
・土曜日の完全レストは、映画観ました。
・25年前?ぐらいに原作読んでますが、すっかり忘れていました。
・だけど、最終のクライマックスシーンで、羽生がサウスコルで氷ついているシーンを観て思い出しました。あー、そうだった。
・最近見た、「エベレスト3D」の世代よりも、さらに昔、パートナーが落ちて、ロープを切るか切らないか?の山岳会のシーン。時代を感じるなぁ。谷川岳初登競争時代のような。ちょっと原作のままに作り過ぎたような気もします。もう少し、今風にしてもよかったような。いや、この時代の考え方だから共感を得るのかもしれない。
・羽生、深町が演じた主人公達に共感できるいまの若者はいるのだろうか?
・ここまで、詳細に背景に時間を費やすのは。日本映画っぽい。
・ベースキャンプが、5300m。サウスコルが、7900m?サウスコルから、まだ1000mあるのか。それはきつい。
・岸涼子役の小野真知子は、有名女性監督にスカウトされたんだっけ?スタイルが普通に、後ろ姿のお尻が大きかった。笑。普通のスタイルでうけいれやすかった?
b0037220_16383039.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-03-20 15:49 | 城山 | Comments(0)

はじめてのライムストーン

「吹雪く二子からの撤退」

 前日に天気予報を見て城山へ行くことにしていた。夜中に一度目が覚めた。まだまだRPの可能性は薄い。その上コンディションが良くないとは言え、チャンスを捨てて、違う岩場へ向かうのか?「行くべきか?行かざるべきか?」 頭の中をグルグル回った。朝出発する際に見た天気予報がよくなかった。お昼前に3時間ほど晴れ間がでる。9時から晴れ。気持ちが揺れた。二子へ向かった。
 ところが、正丸トンネルあたりから雪がチラつきだした。小鹿野は吹雪だった。そして、二子林道のトンネルを抜けると、そこは「雪国」だった。とりあえず、ここまで来てしまったのだから、岩を見に行ってみよう。渋るパートナーさまを説得して、弓状へは行った。ツララだらけだった。「振り返るな」は、先週と同じく核心セクション手前が真っ黒に濡れていた。さらに上部は流れ込みがあって、びしょ濡れのように見えるのだが、眼鏡が弱いのと雪でよくわからなかった。気温はマイナス4度。どうしよう。時間的に更新されているであろう天気予報を確認した。終日曇り時々雪だった。天気予報は悪展した。撤退しよう。

〇 二股峠駐車場
・こんな日に12台も来ていたって、こんな天気予報じゃー、なかったよね。
b0037220_22412160.jpg
〇 雪のせいで居場所が狭い弓状
・こんな感じの日でも、成果を出せたことが一度だけある。「穴のムジナ」だ。
・その時とはモチベーションが…、いや岩のコンディションが違い過ぎる。
b0037220_22432602.jpg
〇 せいろ、百日紅(さるすべり)、高麗川、2016.03.12
・ジムへ向かう途中にお昼。以前から気になっていた、蕎麦屋さんによった。こんな時にしか行くことができません。
・食べログ、口コミ評価3.64の超高得点店。蕎麦ツユがちょっと濃かったけど、これは、うまいです。
・この手の店の値段設定とは思えない良心的な、高くない値段でした。
・歯ごたえが凄い。十割蕎麦頼んだらもっとすごかったのかも。いつも食べている蕎麦は蕎麦じゃないのか?って気分になりました。
・蕎麦湯がまたうまかったです。こんなにおいしい蕎麦湯があるとは知らなかった。
・二子を撤退してきてよかった~(笑)。
b0037220_22414286.jpg
〇 はじめてのライムストーン
・課題が面白いです。チーウォールkの氏のような課題もあれば、フィジカルとテクニカルの合間をいくような課題とか。体の動かし方が難しい課題が多かったです。慣れてくると、段々できるようになってくるみたいな課題です。面白かったです。
・今日はノースフェースカップでベースキャンプが臨時休業だったせいか、とても混んでいました。
・ひょっこりドイチェさんが仕事帰りに現れました。
b0037220_22415140.jpg
〇 ご自由にお使いください
・えー! こんなジムがあるのか! 感激!
・もちろん手拭きタオルも、ご自由に!
b0037220_22420158.jpg

きん

by Climber-Kin | 2016-03-12 22:53 | その他のジム | Comments(2)

2015年度確定申告の酒

 確定申告の時期です。最初に白色申告して、2回目から青色申告にして4回目かな。手慣れたものです。一日で全部できました。今年はついに、追加税金0です。と言うのは、副収入が減ったからなんです。医療控除できればって半日、領収書を集めました。これだけ医者に行ってても、さすがに10万円は越しませんでした。医療費控除ができたのは、ハムストリング肉離れの年だけです。出来ない方が健全ですと言うか、医療費控除する状況になりたくないですよね。医療控除ない方が健全です。

〇 確定申告の酒
・酒買ったらすぐになくなっちゃう状況が続いてます。
・最近は、シングルモルトはめったなことでは買いません。買ったら即日なくなりますから(笑)。
・「余市」はちょっと高め。外で飲むの我慢できた時に、セーブマネーできたからと買います。
・それも二日続けて???翌日は、安めの「竹鶴」買いました。
・禁煙で体重増えてしまった。
・ご飯控えて、飲んでると一晩でウィスキー1本のんじゃいます。いくらなんでも、酒飲め過ぎだろう。困ったものです。
・酒は楽しいです。でもお金かかります。酒飲める?飲めない?どっちが幸せ?emoticon-0140-rofl.gif
・禁煙できた次は、減酒か。体重対策兼ねて最近筋トレ再開しました。クライミングジムより楽しかったりして(笑)、やったーっていう充実感はいいです(笑)。
・残り少ない人生をどう楽しむか。いろいろ考えることが多いです。
b0037220_21004351.jpg
きん


by Climber-Kin | 2016-03-10 21:24 | 酒ログ | Comments(2)

2016年3月5日、暖かくならなかった二子山

 今週末は随分暖かくなるような天気予報でした。土曜日は昼過ぎあたりまで晴れてあとは曇り。暑くなり過ぎずに丁度良いと思っていたのですが。朝の岩は冷たい!陽がなかなか出てこない。出来てたと思ったらなんだか薄曇りみたいな天気でした。3便目の時間帯は気温は10度ぐらいあるのに、なんだか寒く感じて出すか出さまいか迷ってしまいました。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、MS、再登
(3) 高く登れ(10b)、MS、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
・2-3p間のアンダーコルネはいつものように濡れていて、5p目クリップのコルネがびしょ濡れだった。ズボンでフキフキして突入した。6p目クリップなんだかスッポぬけそうだった。そして、左手ドーンからの右手サイドは、あっ、手を拭き切れていない。引きつけようとしたら滑ってきてしまった。
・6p目から繋ごうとも思ったが、頑張ると疲れるので自ら途中でテンションいれて、2カ所テンで抜ける。
(5) 振り返るな(13a)、×××
・何だか前便のトライで疲れてしまったのか?体幹がよれてる。ますます、右手が濡れていしまって、6p目クリップして、すぐにテンションしてしまった。
(6) 振り返るな(13a)、×、ムーブ改良便
・体がよれていた上に右手濡れたまま6p目へ。テンションして、ムーブ改良便にした。
・6p目クリップは前にやってたように、両足を張ってオポジションアンダーに戻すか?いやいや、今の右手アンダーの下に入り込む方が楽に感じる。あっ、右足ヒールできる。ヒールすると、右手が抜けそうな時にかえって力を入れてしまうような気もするが、そもそもそんな時は完登などできまい。採用。

 正月前後に右手ドーンが2,3度止まって、これから上へ伸ばしていこうと目論んでいたのですが、積雪やら染み出しやら、なんだか翻弄されて、到達高度が上がるどころから、下がってきてしまっています。毎回鍵を見つけてはいるのですが、右手ドーンまでいけません。今日はその前の左指穴アンダークロス刺しすら到達できませんでした。何かムーブが間違っているのかなぁ?と疑ってしまいます。いやいや、状態が悪いだけ。今シーズン、あと4日ぐらいはトライできると思います。頑張ります。染み出し止まるといいなぁ!
 今日の気づいたポイント
① 6p目クリップは、次回右足ヒールを試してみる。
② 6-8p間、コルネホッペとってから、コルネコメカミの三角形カチへの左手飛ばしは左手を面で抑えると落ちてこない。ビンタする感じ。

〇 今日の弓状
・ヨッシーが「ノースマウンテン日本一(12b)」を二撃していました。
・振り返るなの最初の4本のヌンチャクは、SK部さんのヌンチャクと判明しました。SK部さん強いなぁ。このコンディションでコルネ頭まで、おしかった!
b0037220_23111949.jpg

きん

by Climber-Kin | 2016-03-05 23:05 | 二子山'15-'16 | Comments(2)