<   2016年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2016年のまとめ

 今年も、二子に始まり二子に終わる年でした。もう、そんなことを10年以上も続けています。そして、その始まりと終わりが同じルートであることが、ここ数年続くようになってます。フィジカルに限界なグレード、いや限界以上のグレードをトライするようになってから久しくなります。初めて13a、そんなグレードを運よく登れたのが、2009年ですが、それ以来、13を登れた年もあれば、登れなかった年もあったり、頑張るクライミングが続いています。グレードは目安ではあるのですが、その中で自分が登れそうなルートを見つけて、トライを重ねて終には完登するってのも楽しいプロセスであり、目標としては楽しいです。デブで弱い私でも知恵を絞って、頑張れば難しいルートも登れるってことを証明したいです。しかし、それも、どんどん難しくなってきています。そんなプロセスの中で、それとは違って、グレードは関係なく、これは登っておきたいと言うルートにも出会ったりします。そう、今年も小川山の「力The大岩(12c)」は登れませんでした。終了ホールドのリップ取りまで迫ったのですが、その一手が止まりませんでした。その後コンディションが悪くなり、またしても持ち越しになってしまいました。
 一方で、体力的なところの充実感を別な遊びで楽しみ始めています。きんブログでご存知の通り沢登りの復活です。今年も行ってきました。体力を取り戻すために、去年成功した禁煙は今年も継続できています。室内ですが、週に何度か走るようになりました。プールからランへ切り替えました。「黒部川上の廊下」を26年振りに、自分がリーダーになって行ってきました。今年は水が少なくて、楽し過ぎる沢登りでした。毎年この水量なら、毎年行きたい沢になるのですが、来シーズンはそうはいかないでしょう。そして、沢登りは難しさを追い求めていないので、逆に新年はどこへ行こうかと少し悩んでいます。
 クライミングの成果はありませんでしたが、沢登りの方は充実して、今年もよい年でした。禁煙で体重が5キロ近く増えてしまって、高値安定キープ状態です。来年の目標はまず体重減です。これを達成しない限り、来年のクライミング成果も難しいか(笑)。とりあえず、家酒の量を大幅に減らしています。これこそ頑張ります。停滞の年でしたが、来年の活躍にご期待ください。
 本年もブログに岩場にありがとうございました。新年も「きんブログ」を宜しくお願いいたします。みなさま、良いお年をお迎えください。

〇 クライミング
(1) 城山、バージンキラー(12a)、RP
(2) 甲府幕岩、初夏(11d)、RP
(3) 小川山、力The大岩(12c)、ダメでした
(4) 二子山、振り返るな(13a)、ダメでした

〇 沢登り
(1) 滝川・豆焼沢
(2) 笛吹川水系・東沢・釜ノ沢東俣
(3) 湯檜曽川流域・東黒沢~ウツボギ沢~宝川・ナルミズ沢
(4) 笛吹川水系・東沢・ホラの貝ゴルジュ・同ルート/ウォータースライダー下降
(5) 丹波川・一之瀬川本流
(6) 立山駅~黒部湖~奥黒部ヒュッテ~黒部川上の廊下~薬師沢小屋~赤木沢~太郎平小屋~折立
(7) 三条新橋~おいらん淵(7回目)


〇 ナルミズ沢の美しいツメ
・癒された~。しかし、この後が地獄の下山でした。
b0037220_16584722.jpg
〇 黒部上の廊下から赤木沢へ
・これも沢は楽しかったのですが、その後の下山がしんどい(笑)。
b0037220_17025453.jpg
〇 ホラの貝ゴルジュ
・一人だと、なかなか行けなかったけど、Shuntaroくんに声をかけてもらって、行ってみることができました。
b0037220_17052206.jpg
〇 一之瀬川本流
・想像していたよりは、怖くなかった。
b0037220_17070133.jpg
〇 豆焼沢
・所謂、茗渓なんだけど、登れる滝が少ない。
b0037220_17074341.jpg
〇 力The大岩
・うーん。このルート難しい。
b0037220_17084301.jpg



きん

by Climber-Kin | 2016-12-30 17:23 | 目標と成果 | Comments(4)

2016年12月29日、二子山、登り納め

「今年の最後はおひとりさま」

 登り納めとなってしまいました。1年はあっと言う間です。朝は冷え込みましたが、風がなく、昼からは岩も温かくなり、私には関係ありませんが、絶好のRP日和になりました。今日の二子は、自分も含め、おひとりさまが多かったです(笑)。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) 高く登れ(10b)、再登
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
(5) 振り返るな(13a)、××、右手ドーン止まったのだが…
(6) 振り返るな(13a)、×××

 前回前々回と整理だけは進みました。なんとか今年中にスタート地点と言える右手ドーンは止めておきたい。そのムーブ整理の成果で、2トライ目に、ようやく、右手ドーンが止まりました! しかし、そこからの左足ステップしての次の右手飛ばしで左指穴アンダーから指が抜けてきてしまい落ちてしまいました。あ~070.gif もう何手かは進めるはずだったのに、あ~無念。体が壁から離れていたのか?とにかく、右手ドーンまでが安定しないと完登は遠いです。
① 4-5p間
・左手ガストンで、右足穴に刺して遠い腰押しつけホールドへの右手出しは、左手人差し指を突起ホールドにか被せることで出血しなくなりました。
・これ先シーズンの終盤に気づいたことを思い出した。歴史は繰り返される007.gif
・腰押しつけレストは、やはり、今の方法しかないかな。うまくはまる確率が1/2。しかも、うまく、はまっても体幹辛くて、10秒いられない。
② 5-6p間
・ちっちゃな修正は成功。バックステップで5p目クリップして、左足スメアでフリして左手デカダンゴホールドで右足ハイステップで右手出し、そのまま左足バックステップで左手穴アンダー取り。
③ 6p目クリップ
・肘がなかなか伸びない。
・指パッドは成功で、これだと指に穴をあけないで済む034.gif
④ 核心セクション最初の左指穴アンダー
・テーピングなしでフリクション向上。
・ようやく、昨シーズンに追いつきました。引き続き来年も頑張ります。

〇 今日の弓状
・RPデイでした。群馬チーム?の若手?がノース(12a)RP。KK池ダンナさんがSVP(12b)をRP。コビッキーがエリー(12a)をRP。754くんがセリーヌ(12c)をRP。締めはマサさんが乾杯(14c)をRPでした。おめでとうございます。
・写真は、一番奥でおしいトライが続くT氏ことS司くん。3便目はコルネ頭取った後に落ちてきました。まぁ。新年早々にRPするでしょう。
b0037220_21534656.jpg
〇 指パッド
・ビタミン剤のプラスチック容器で作ってみました。黄色い粉がちょっと匂います。
・思いつくのが遅かった。もっと早く作ればよかった。
b0037220_22144220.jpg

きん

by Climber-Kin | 2016-12-29 21:54 | 二子山'16-'17 | Comments(2)

2016年12月23-24日、二子山

 クリスマスの三連休は、金土で登って、これが最後の下吉田キャンプ場泊まりでした。土曜日の夜は、NRM亭で、忘年会、いやクリスマス会でした。
 金曜日は暖かく、金曜日の夜から冷えて土日は寒い予報だったのですが、金曜日の朝は、暖かくはあったのですが、すでに空気が乾燥していました。土曜日の朝は冷え込みましたが、風はなく、昼からは絶好のコンディションではあったのですが、体は既に終わっていました。

◇ 23日(金)
(1-2) 高く登れ(10b)、再登+Tr
(3) バイパス、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
(5) 振り返るな(13a)、×
(6) 振り返るな(13a)、×
◇ 24日
(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) バイパス(10a)、再登
(9) 振り返るな(13a)、×
(10) 振り返るな(13a)、ムーブ探り

 今週もさえませんでした。わかってはいるのですが、岩が冷たいと力を入れてホールド握ってしまうようですねぇ。いつもより疲れていて、特に二日目はさっぱりでした。進展自体はありませんでしたが、手順の整理は進みました。

① 3p目レストは、左膝が壁の窪みに入るようにステミングする。
② 4-5p間のいつも人差し指第1関節を切る左手ガストンは、人差し指をその尖がりホールド自体にあてれば、テーピング不要にできる。
③ 4-5p間の画期的なレストは、やはりない。腰押しつけレストで頑張る。
④ 5p目クリップ後のレストは、やはりない。直前の座り込みキョンで少し休めるのではないかと期待したが、左足フットホールドが奥に入り過ぎていて、傾斜を殺せない。
⑤ 5p目クリップは、フリ体勢でなくて、バックステップでクリップ&焼石握りシェークすること。
⑥ 5-6p間は、左足を右足横の斜め面にスメアで左手ボールホールドで、右足を一気に上げて、左手ロックして右手アンダーサイド取り。
⑦ そのまま左足バックステップで左手アンダー取り。さらに右足スメア気味で6p目クリップホールド取り。ここで右足ヒールフックだと体が落ちて、右手の負担増となりNG。これまで通り、右足ボールホールドに載せて、右手肘をできる限り伸ばすこと。また、右手薬指のサイドにあて物すること。テーピングの芯でもよいが、できればプラスチック製の腱鞘炎対策板がよいのだが。
⑧ 核心セクション最初の左穴アンダークロスから右手ドーンは、左手人差し指にテーピングがなければ、フリクションはよいはず!
⑨ 右手ドーンから飛ばしは、上側のエッジがある部分へ(変更なし)。足踏み替えはひるまずに。
⑩ 左手モニョモニョは、午前中はフリクション悪し。
⑪ 右足ヒールは中間ぐらいに。上過ぎると溝が細いのでかからない。下過ぎると横引きになり、力が弱くなる。上の細い溝にアキレス腱部分のヒールが少しかかるぐらい。
⑫ 右手飛ばしは、ホールドを見定めたら、体を壁に貼り付けて、見えない状態で右手出すこと。
⑬ 思いっきり右へ腰スライドさせれば、左手はコルネホッペをとらえられるはず。
⑭ 左手飛ばしの細かいフットホールドは、ひるまないこと。

 もう、改良はネタ切れ状態です。でも、進展しないといじりたくなるんです。

〇 今週の弓状
・息子が息子なら親父は親父でスーパー持久力のMR井さんが、振り返るなをRPされていました。鳳来の強いお姉ぇさんが、火の鳥を最終日の最終便でRPされていました。おめでとうございます。
・「XXの岩場」の新版で、二子のグレードを変えるとの噂がありました。誰がルートのグレードを定義すべきか?よくわからないですが(初登者?開拓者?)、自分としては、今のグレードに納得した上で、一つづつルートを積み上げてきました。変更しても、他の岩場とのグレードの整合性など取れるわけがないですし、今更変更してもらってもなぁという気持ちです。
b0037220_15334876.jpg
〇 YWT専務の私生活(12c)のトライ
・惜しい!本当に惜しい。左手アンダー捉えられれば、完登だったのに~。
・アンダー気味でなくてサイド気味に手をだしていました。
b0037220_15342702.jpg
b0037220_15344493.jpg

b0037220_15350715.jpg
b0037220_15352405.jpg
b0037220_15354747.jpg
〇 さらば、下吉田キャンプ場
・長い間、お世話になりました。AR井のおじさん、いつまでもお元気で。
b0037220_16203598.jpg

きん

by Climber-Kin | 2016-12-25 15:41 | 二子山'16-'17 | Comments(4)

2016年12月17-18日、再び進展なしの二子山

 週ごとに今年一番の寒さを更新してきています。土曜日の朝は寒かった。午後から寒気が北上してくれたようで、普通の二子の寒さになってくれました。日曜日は朝から寒さは緩んでくれました。先週は土日の連荘の日曜日でも、結構頑張れたのですが、今週は岩に冷たかったのに出した一便が効いちゃったのか? 疲れが溜まっているのか? 冴えない、進展のないトライになってしまいました。

◇ 17日(土)
(1-2) 高く登れ、再登、Tr
(3) バイパス(10a)、再登
(4) ワーカーホーリック(10b)、再登
・あまりに寒いので、さらにアップ。しかし、トライする時にはもう体が冷えてしまっていた。
(5) 振り返るな(13a)、××
・やはり、まだコルネの裏側、穴の中が冷たかった。出すの早すぎた。後悔。左穴指アンダーは捉えるが、右手ドーンは体が上がっていなくって全然ダメ。
(6) 振り返るな(13a)、×××
・結構いい感じで核心へ到着することができた。しかし!何故か足が滑って、あえなく、核心入りでフォール。凡ミスだった。

 第5回忘年会。今週も飲み過ぎる前に喰いまくりで、酒はちびっとに成功しました。しかし、平日の睡眠不足が累積していたのでしょう。夜は8時台に就寝してしまいました。9時間睡眠達成!

◇18日(日)
(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) バイパス(10a)、再登
(9) 振り返るな(13a)、××
・やっぱり、この時間帯のトライは核心入るところで、指先が濡れている感触になるんだよねぇ。でも、結構腰が入って、右手ドーンは止まりそうで止まらなかった。
(10) 振り返るな(13a)、×××
・ヨレヨレだった。6p目へ突っ込む気力がなくて、5p目でテンションする。こうなったら、ムーブ見直し便へ変更。
・4-5p間レストをM井さんがやっている方法をやってみたが、???
・5-6p間の3手目左手アンダー取りの右足は、右側へ出すのはやめよう。足手前に戻そう。
・そして、6-8p間なのだが、右足トゥフックで右手飛ばした後、そのままの足で右手が次の隠れたホールドまで届くことが判明。しかも、その右足のままでコルネホッペホールドまで取れる!こっこれは画期的だ~!
(11) 振り返るな(13a)、ムーブ探り便
・日没前に、先便のムーブを確かめに行った。しかし、?????
・ロープに引っ張られた超テンションムーブだったのか?がっくし。次回もう1回確かめてみよう。

 そろそろ、右手ドーンが止まるのではないかと期待したのですが、全く進展がありませんでした。しかも、かなり寒くなってきました。これだけトライして、ここまで進展がないルートは初めてです。これまでルートは、やればやるほど、ムーブの先行動作によってムーブが流れていくようになり楽になっていくのです。しかし、このルートはムーブが全く流れないのです。一手づつをガツガツ登るルートです。だから、やってもやっても楽になりません。そして、デブには厳しい被りです。持久力系の超苦手ルートです。試練です。だけど、Never give up!。がんばりましょう。次回は、指先が濡れている感じだろうが何だろうが、出すんだ!手を出すんだ!あきらめるな!それは違うルート名だ!

〇 今週の弓状
・土曜日は、みなさん寒さを警戒してか、空いてました。日曜日は盛況でした。
・写真は、二子で最も難しい12cと思われる「私生活」をトライするマーさま。
b0037220_23250258.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-12-18 23:25 | 二子山'16-'17 | Comments(3)

2016年12月11-12日、かなり寒くなった二子山

「地味ながらほんの少しづつ前進」

 寒くなる予報でした。土曜日の朝に河原沢を通過した時の電光掲示版は、4度を指していました。あれっ?そこまで寒くない温度でした。しかし、今シーズンとしては、一番寒かったかもしれません。朝のうちは風があったのですが、午後には風もなくなり、空気も緩みました。そして、午後2時あたりから最高の時間帯となったのですが、いかんせん、陽が短くて、あっという間に日没してしまいました。
 寒い予報が出たので、少しは空いている二子になるのかもと期待したのですが、まだまだ盛況な弓状でした。

◇ 11日(土)
(1-2) 高く登れ(10b)、再登、Tr
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、××、2テン
・岩の表側はすでにいい感じの温度になっていたが、コルネの裏と穴ホールドの中がまだ冷たかった。
・6p目クリップの右手穴アンダーホールドは、結露してたんじゃないか?核心セクション入る右手サイドが抜けてきてしまった。
・核心セクション薄被り帯は、ツルツルでなんだか滑る!まだ風が強くて、指皮が乾燥しすぎてたのか?
(5) 振り返るな(13a)、×
・今度は、前半部分で岩が温かくなってしまっていた。後半は丁度よい感じだった。前便に気付いた?いや思い出したポイント、右手温存作戦! それと、6p目クリップ右手穴アンダーは意識して肘を伸ばすこと!
・とても苦しいのだが、それでも今シーズンで一番楽に核心へ入れてたと思う。左指アンダークロスは取れて、右足踏みかえて、右手ドーンは指先触ったが届かず。まだ腰が落ちていたか。フォールした後、壁に戻れず。そのまま下までローワーダウンした。
(6) 振り返るな(13a)、××、1テン
・今度も右手温存作成。先便と全く同じで、右手ドーンは止まらず。
・左指穴アンダーとれた状態からスタートして、ギリギリで8p目クリップ。そのままワンテンで抜ける。

◇ 12日(日)
 土曜日の夜は、第2回忘年会でした。しかし! めずらしく飲み過ぎませんでした。その代わり、お腹が張り切れそうなぐらい食べました。日曜日は、寒いけど、いつもより早めに起きて頑張って出発しましたが、日曜日の方々は早いのですね。既に4パーティ目でした。河原沢の電光掲示板は、-1度を指していました。昨日より5度寒い! だけど、日曜日も満員御礼な二子でした。

(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) バイパス(10a)、再登
・岩冷た~い。
(9) 振り返るな(13a)、××、2テン
・11時ぐらいだったか?まだ、穴の中が冷たかった。
・右手温存作戦。右手ドーンは触って落ちる。うーん。
・どうせ、薄被り帯はツルツルだろう。無理しないで2テンで抜ける。
(10) 振り返るな(13a)、××、1テン
・結構、いい感じで入ってきて、6p目クリップしたつもりだったが、体はヨレていた。左手ドーンから、体が上がらなかった。
・疲れていて、ドカ落ちするのも嫌なので、8p目かけて、降りてきて、6p目からリハーサルした。
・ヨレヨレながら、終了点まで繋ぐことができた。しかし、これ厳ちぃ!

 右手ドーンでタッチ。今シーズンでは最高到達地点です。しかし、右手ドーンが止まってからが勝負のルートです。まだまだです。だけど、核心セクションへ入るまでは、何を注意するのか整理できてきました。6p目から終了点まで、少しづつ小慣れてきました。あとは、とにかく頑張るだけです。

① 核心セクション入るまでは右手温存。
② 4p目右寄り過ぎレストは、手の交互レストはあまりやらないこと。じっと我慢がよい。
③ 5-6p間腰押しつけレストは、所定の場所に左足載せて、一発で腰を入れ込む。10秒数えてゴー。長居は無用。右手温存で。
④ 5p目からの左手、右手アンダーから、右足は少し右上でやってみよう。これも右手温存作戦。
⑤ 6p目クリップの右手穴アンダーは、腰入れて肘のばすこと。右手薬指のテーピングは厚めに!
⑥ 右トラバースはこれまで通りのイメージ+下半身も使うことを忘れないように。
⑦ 右手ドーンからの右手飛ばしは上より掴むこと。足踏み変えはひるむな!
⑧ 左手モニョモニョホールドは落ち着いて二股持ち。
⑨ 右足ヒール決めて、腰右へスライドは大げさに!
⑩ 8p目クリップ後も雑にならないように。腰が壁から離さないように。
そのほか、家飲みは控えること。これが一番大事かも007.gif

〇 今週末の弓場
・前回、振り返るなの終了点を補強しました。今回は、YWT専務が打ってくれていた出だしの1本目ボルトにかかっていた、落ちたら切れてしまいそうな擦り切れたダイマーニテープを10mmロープシュリンゲへ交換しておきました。ここは、めったに落ちることはないのでしょうけど、少し気持ち悪かったです。
・身近なところでは、元気くんがババージュRPしていました。アッキーは龍勢前半の私生活をRPしていました。754くんがエリーRPしてました。おめでとうございます。
・山形のクライマーさんから、ブログの方ですかと声をかけてもらいました。
・自分が対峙している課題からの現実逃避か? 待ち時間中、いろんな人にムーブの助言しながらブラブラしてたら、自分のルートに集中しろ!と怒られました。028.gif
・写真は惜しかった穴ムジトライのおけいちゃん。
b0037220_22120650.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-12-11 22:12 | 二子山'16-'17 | Comments(0)

2016年12月3日、暑いじゃん二子山

「労作性頭痛に悩まされる」

 今週も忘年会をやりたかったのだが、諸般の都合で土曜日日帰りでした。しかも、本日は無形遺産の秩父夜祭の日でした。駐車場取りなのでしょうか?屋台の場所取りなのでしょうか。299号に停車した車の列が朝の6時からできていました。これは帰り大変だ~。帰る際にグーグルマップで確認したところ、使う道にところどころ渋滞の赤い線が。もしかして、これは駐車場待ちの動かない渋滞とか? ということで危険を感じて、花園ICから関越道で帰ったのでした。
 さて、岩の方ですが、朝はかなり冷え込んでいたのですが、風がなかったせいか、陽が当たりだすと、あっという間に温かくなってしまったようです。10時の1便目ですら、二段岩壁はもう岩が温かくなりすぎていました。そして、今週の問題はそれだけではありませんでした。先週の1便目のワンテンにしたトライで頑張り過ぎたせいか、酸欠みたいに頭が痛くなってしまったのですが、その後、調子がよくありません。平日に筋トレしても頭が痛くなるし、クライミングジムへ行って力を入れると頭痛が始まってしまうのです。グーグル先生に聞いてみたところ、「労作性頭痛」別名「重量挙げ頭痛」というらしい症状にぴったりです。50歳過ぎてから発生した場合は、一度検査した方がよいようです。それはそれで、どこの病院へ行けばよいのか難しいのですけどね。血管の膨張とかいろいろな原因があるようですが、私の場合、多分、首の凝りから来ているような気がしています。ちょっと前から、なんとなく首回りに違和感がしていて、ビレイグラスを買ったのです。最近気にしていて、首のストレッチも結構やっていたのです。やはり、血管の拡張とかの原因なのかもしれませんが。

(1-2) 高く登れ(10b)、再登、TR
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、××××
(5) 振り返るな(13a)、××
(6) 振り返るな(13a)、××

 バッファリン系の方がよいような情報もありますが、今日は持っていたロキソニンを飲んでみました。水分も多めにとりました。しかし、核心セクションまでくると、やはり頭が痛くなってしまいました。5-6p間は力がいるのですね。
 そして、先日思いついた5-6p間の改良は全て妄想でした。これまで通りのシナリオで頑張るしかないようです。あっ、1つだけ進展がありました。4-5p間の腰押しつけレストです。左足高めフットホールドで、腰入れてから左足を所定の場所へ下げていたのですが、最初から左足所定の場所で腰を入れ込んだ方がはまりやすいようです。今日は2回ほど、いい感じになりました。しかし、体幹を使うのは同じで、10秒程度で再出発する必要があるのは変わりありません。まぁ、シナリオがこれしかないってわかったのも前進かも(笑)。
 2トライ目は情けなかったです。左指穴クロス刺して体勢を整えたのに、怖くて右手ドーンを出せませんでした。恐いってのもあるのですが、辛いゴボウ登りと落ちた時の左穴アンダーの指皮ズリ剥けがトラウマになっているような気もしています。3トライ目は、いつもの通りヨレヨレでした。このルートには、メンタルでも負けています。落ちるの嫌がっていないで、頑張って一手づつ伸ばしていかないと!

〇 今日の弓状
・ベテラン勢が穴ムジに、おいしいよに、多数RPだしてました。あなた達強すぎ。うらめしや~。
・写真は、ペトルーシュカ(12b)をトライするHRKDさん。10年前のきんムーブを採用。 ガンバレ~!
b0037220_22314181.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-12-03 22:31 | 二子山'16-'17 | Comments(2)