2016年4月29日~5月5日、GW小川山

 今年のGWも相変わらずの小川山で過ごした。29日は渋滞予想が激しかったので、28日夜に廻り目平へ入った。例年なら、新たな課題探しで、いろいろなエリアを彷徨するのだが、今年は昨年に始めた課題がまだ終わっていなかった。それを終わらせるつもりで小川山へ向かったのだったが…
 前半は寒気が残っていて寒かった。全日風が強かった。地上では夏日とかだったようだが、標高の高い廻り目平は、まだまだ寒くて、朝に霜がはったり、午前中は10度以下の日が多かった。最高気温も12度程度の日が殆どだった。

◇ 29日
(1) 屋根の上のタジヤン(9)、MS、×
(2) 屋根の上のタジヤン(9)、WP
(3) 届け手の平(10c)、MS、×
(4) 届け手の平(10c)、再RP
(5) JECC(10d)、Tr、×
・おしかった。

 花崗岩初日ということで、スラブで慣らした。二子、習志野組がシルクロードをトライされていた。5.9のスラブで落ちてしまった。JECCはTRで一発で再登したかったのだが、最後直登の11aラインへ入ればよかった。10dラインより11aの直登の方が登り易いようだ。

◇ 30日
(6) ヤッホー元気(10b)、MS、再登
(7) 力The大岩(12c)、ヌンチャク掛け
(8) 力The大岩(12c)、×××、確認便
(9) 力The大岩(12c)、3p目ヌンチャク握る
(10) 力The大岩(12c)、3p目クリップ成功、最高到達ポイント3手更新
・3p目クリップしてから左手出して、右足上げて、左足ハイステップで左手飛ばしも成功。左手左足からの右手ガストンも止めて、左手4p目クリップホールドへは、届かず。
(11) 力The大岩(12c)、×、ヌンチャク回収
・今度も3p目クリップ成功したが、右足上げて、左足ハイステップからの左手飛ばしで、ホールド掴めなかった。

 二日目は例の課題をトライした。昨年は1-2p間で、自分のフットホールドを見逃していて、1-2p間成功率が極めて低くて、停滞していた。シーズン最後の最後にそれを見つけた。今シーズンは、1-2p間は失敗しなくなった。しかし、相変わらず3p目クリップは厳しかった。ようやく、3p目クリップに成功したのだが、次の落ちどころポイントが待っていた。それでも、昨シーズンよりは3手進めた。前進前進!

◇ 2日
(12) ヤッホー元気(10b)、×、1p目ロープ抜ける
(13) 力The大岩(12c)、ヌンチャク掛け
(14) 力The大岩(12c)、3p目クリップ成功後、左手飛ばしで落ちる
(16) 力The大岩(12c)、×、チョンボ
(17) 力The大岩(12c)、×、またまたチョンボ
(18) 力The大岩(12c)、4p目クリップ成功、その後の体返しで右足外れる、あ~
(19) 力The大岩(12c)、×、ヌンチャク回収

 今回は、パートナーさまと1日置きで交互のトライにした。中一日で指皮の回復を図る。登る気満々だった。しかし、気持ちが逸ったか、凡ミスを連続だった。チャンスは1回だった。余力が残っていて、登れると思った。しかし、足と手の順序がちょっと違った。何気にやっていたことが下から繋げてくるとストレスが加わって、チョンボしてしまう。ドアオープンを抑える右足フットホールドがはずれてしまった。4p目クリップ後の最後のセクション、嘘でしょ?嘘でしょ?体がはがされ落ちてしまった。チキチー!

◇ 4日
(20) 力The大岩(12c)、ヌンチャク掛け
(21) 力The大岩(12c)、×、チョンボ
(22) 力The大岩(12c)、×、またまたチョンボ
(23) 力The大岩(12c)、3p目クリップ成功後、左手飛ばしで、またやられる
(24) 力The大岩(12c)、3p目成功、4p目クリップ、終了点リップ取りでフォール
・2p目クリップは右肘伸ばして。
・3p目クリップは要脇しめて、腹筋力入れて腰を壁につけて。
・左手飛ばしは、右手右足でしっかりロックすること。左腰左足上げて、掻き込んで。
・3-4p間、遠い左手は、左腰を上げてホールドに近づくこと、最後、顔を右向けて左手を伸ばす。
・4p目クリップしたら、右手チョークアップ。木村ステップして観音開き持ちから右足右下スリットに押し込んで、左手右手と送って脇締めて、体返す!
・左手サイドで左足は、踵を付けること。すると、次の右手は静かに止められる。後は左足力抜かずに終了点クリップへ。
・その左足力入ってなくて、フォールした。オーマイガー!
(25) 力The大岩(12c)、×、ヌンチャク回収

 失敗しなければ登れる。そんな消極的な気持ちがよくなかったのだろう。失敗しないようにが裏目に出てしまった。気を取り直して、間をあけて、4便目は、ヨレヨレながらも全てがうまくいった。一手づつ声を出しながら、ギリギリで一手づつ進んだ。しかし、指皮がヌルヌルだった。最後の最後は手だけ出していた。下半身に少し力が入っていれば、終了点止まったと思う。大フォールして、赤松の枝に激突して折ってしまった。本当に惜しかった。悔しかった。だけど、それよりも、すがすがしい気分だった。メンタル面で足を引っ張って登れなかったが、出し尽くせた。岩のコンディションと自分のコンディションが合えば、登れると感じた。また、来よう! また、頑張ろう!

◇ 5日
(26) 兄岩、森と緑の右側のルート(10c)、再登
(27) ナツコのナッツ(11a)、TR、ムーブ探り
(28) ナツコのナッツ(11a)、TR、ムーブ探り
(29) ナツコのナッツ(11a)、TR、〇、WP

 パートナーさまは、午後から「力The」行ってもいいいよと言ってくれたのだが、この体では行っても無理だろう。パートナーさまが「アルパイン少女マミ(11d)」をトライしている間に隣のクラシックなルートで遊んでいました。このルート、ムズイ。パートナーさまがマミをRPしたので、早めに上がって、テント回収して廻り目平を後にしました。渋滞避けて、中津川林道から帰りました。

〇 シルクロードをトライする習志野組、29日
・5月は、マラ岩へ通うとのこと、ガンバです。
b0037220_23591099.jpg
〇 7ヶ月振りのトライ?、30日
・7ヶ月間、二子で同じルートばかりトライしていた後遺症は大きいですねぇ。
b0037220_00000287.jpg
〇 兄岩、アルパイン少女マミ(11d)、1日
・パートナーさまが選んだのはこのルートでした。

b0037220_00025223.jpg

〇 力Theを見上げる私、2日
・なんで登れないのかねぇ。
b0037220_00042697.jpg

〇 めおとカンテ(13a)をトライするコータロー氏、3日
・3日はコータローさんと一緒でした。
・めおとカンテに比べれば、力Theなんて、かわいいものです。
b0037220_00054455.jpg

・いい感じで詰めてきたパートナーさま、TRでWPしてしまいました。その後のリードは???
b0037220_00065966.jpg

〇 パートナーさま、マミRP!
・よかった!よかった!
b0037220_00080279.jpg

〇 ナツコのナッツ(11a)のNP順
・このルート難しいです。WPはできましたが、ナッツしてからの最初の核心は難しいです。ナッツでつっこめるか?
b0037220_00083545.jpg

きん

# by Climber-Kin | 2016-05-05 23:27 | 小川山2015~2016 | Comments(2)

2016年4月23日、初ブヨにやられた二子山

「後退した状態と到達地点」

 平日に大雨が降った。影響はどうかなぁ。この時期のコンディションをその都度の天気によって右往左往するのは、やっぱり、シーズンアウトかな。たまに、3月以降も状態よい時もあるけど、やっぱり二子って、冬の岩場だと、個人的には思っています。5月以降に成果出せたのは、10年ぐらい前のペトルーシュカだけかな。その後、二子延長して良いことなかったな。

(1) 高く登れ(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、MS、再登
〇 振り返るな(13a)、パス
・染み出しがひどかったので、もう少し様子をみることにした。
(3) 振り返るな(13a)、×
・5p目から2手目濡れた右手ホールドで左手アンダーを取り損なって、もがいているうちに人差し指がホールドから外れてしまった。自らフォール。
・体力温存で、そのまま降りた。
(4) 振り返るな(13a)、×
・頑張って、右手ドーンまで行くが、その前の右手サイドで指が濡れていて、腰が落ちていた。
・上部リハーサル、左手モニョモニョホールドがヌルヌル。

 いつもより遅めに3便目を出そうと思っていた。今日は昼から晴れだして暑かった。ブヨが飛び交っていた。4時ぐらいになると、私の座っていた場所だけが陰りだした。涼しい助かったと思っていたら、日陰にいた私だけが、ブヨの集中砲火をあびてしまったようだ。何やらおかしいと気づいた時は遅かった。体調も悪かったのだろう、ブヨにかまれ過ぎて、体から蕁麻疹のようなアレルギー反応が起きてしまった。血圧も上がって、体中かゆくなってしまった。もうトライどころではなかった。あわてて下山した。まずは車のクーラーをつけて、体を冷やした。登山口の水取場で、腕、首、そして頭を水で冷やした。少し楽になった。温泉へ向かった。過去の記憶は正しかった。風呂で毒素が緩和されたようで、アレルギーっぽい反応は引いてくれた。よくよく見ると、腕とか首とか、特に頭に数十カ所、ブヨにかまれた跡があった。
 そんなこんなで、今週は、平日から、いろいろとついていない週だったようです。ルートの状態もまたまた悪化。到達地点も逆戻り。ガックしな週でした。

〇 今日の弓状
・まだまだ登れませんとみんなに答えていた直後にペトRP! そんなHR岩ダンナは、みんなから「オオカミおじさん」って呼ばれていました。
・写真は、おしいトライが続く「モダンラブ」をトライする久美子さま。
b0037220_23101994.jpg
b0037220_23094218.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2016-04-23 23:31 | 二子山'15-'16 | Comments(6)

2016年4月16-17日、RP祭の波にはまだまだ乗れない二子山

「3ヶ月半ぶりに2手前進!」

 東京では木曜日に結構な雨が降ったのですが、二子周辺は3mm程度しか降らなかったようです。土曜日は、天気もよく気温も上がりました。しかし、風が少しあって、近づいてくる低気圧のせいか、少し湿り気もあり、絶好のRP日和でした。その通りで、この日は10人以上がRPしたのではないでしょうか。しかしながら、私はRP祭にはまだまだ乗れないフェーズでした。そう、そのRP連続の嫌な(笑)流れを断ち切ったのは私です。日曜日は、午前中雨がパラパラ。午後から晴れ。しかし、超強風の嵐状態でした。壁は風でさらにカラッカラッに乾いたのですが、風がうっとうしかったです。体も二日目で言うことを聞きませんでした。

◇ 16日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 高く登れ(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
・朝は5度ぐらいまで冷え込んでいました。陽が高くなって、核心までの被ったセクションには終日陽が当たらなくなりました。やはり、ちょっと早すぎました。岩が冷たかったです。
・6p目クリップから左手ドーンから右手サイドへ。指が冷えていて、ヌルヌル感満載でした。右手ドーンはホールドとらえましたが、体が上がっておらず、そのままフォールでした。
(5) 振り返るな(13a)、×、2手前進
・2-3pは未だ濡れていますが、5-6p間の染み出しは、ほぼ乾いていました。5p目クリップからの2手目の右手サイドはまだ湿っぽいままでしたが、1月からのコンディションで一番よかったです。
・岩も少し暖かくなり、先便より楽になりました。焼石で4p目レストでしっかり手の皮を温めてゴー。今度はヌルヌル感が減りました。右手ドーンが止まりました。先週の反省通り、体に力を抜かないように気を付けて、右手飛ばしは成功!さらに、右足送って、左手寄せ。左足へ踏み替えて、左手モニョモニョホールド取りはあわててしまって、左手がホールドから抜けませんでした。よれている体は体勢が砕けてしましまい、フォールしてしましました。
(6) 振り返るな(13a)、×××
・先便で体幹がやられてしまったようです。明日もあるので無理をせず、5p目でテンションして降りてきました。

◇ 17日(日)
 群馬組、宴会+反省会、水戸組大宴会につられて、少々ウィスキーを飲み過ぎました。ハーフボトルがなくなっていました。あ~。日曜日の朝は少し寝坊してしまいました。10時に出勤でした。

(7) ワーカーホーリック(10b)、再登
(8) バイパス(10b)、再登
(9) 振り返るな(13a)、×××
・がんばって、右手ドーンを出しましたが、体が上がっていませんでした。
(10) 振り返るな(13a)、×××
・右手ドーンを出せませんでした。
(11) ウォームアップ(11a)、再登
・10年前に2撃したって言ったら、嘘だろうって。パートナーさまから、やってみろって、命令が下りました。
・そんなこともあろうかと、ビレイ中に、しっかりホールド観てましたよ(笑)。

 暖かくなって、コンディションがよくなって、先週3ヶ月半前の到達高度まで戻せることができて、今回3ヵ月半振りで2手進めることができました。ここから後4手行ければ、そのまま行けるかなぁ? イヤイヤ、このヨレ具合だと、そうはいかないような。となると、残り、8p目クリップのコルネ頭取りまで、まだ6手もあるのか~。そして、下から繋げてきた場合の、その残りのムーブの重さに、ちょっと衝撃でした。まだまだかなぁ。一方で、繋げて初めて入ったセクションって、とても難しく感じるけど、今までルートでも、これも意外と一手づつ伸ばして、遂にはRPしてきた。もう少し、トライしたいような。でも、そろそろ花崗岩の季節のような。体が二つほしいです。

〇 今週末の弓状
・写真は、RPの一本前のバケツホールド落ちのウッチーJr。
・今週はRP多数でした。その中でも、10年越しの「唐獅子」RPのマオさん。おめでとうございます。
b0037220_23222480.jpg
〇 ウォームアップ(11a)
・パートナーさま、弓場に疲れた夕方にやってきては1便づつトライしていたルート。2日とも最後の小テラスへの乗越が怖くて、完登できませんでした。
・今日は、早めに祠へやってきて、登る気満々だったようです。ヌンチャク掛けして、トライしてムーブ間違えて戻ってきました。
・どうしても私にやらせたいようです。こんなこともあると思って、パートナーさまのトライでムーブをしっかり見ていました。コピペ再登でした。デッドムーブを2発出してしまいました。ボルダーチックで面白かったです。
・パートナーさまも、次の便で完登してました。ホッ。よかった。
b0037220_23225595.jpg

きん


# by Climber-Kin | 2016-04-17 23:21 | 二子山'15-'16 | Comments(4)

2016年4月9-10日、おひとりさまの二子再び

「失われた3ヶ月」

 平日に結構な雨が降った。先週末の状態から、さらに雨となると今週末は水没だろう。今週でヌンチャク回収しようと、再びおひとりさまで二子へ向かったのだった。
 ところが!弓状に到着すると、何故か先週より全然乾いている。しかも、状態が悪くなりはじめてから、一番染み出しが少ないのではないかと思えるぐらい乾いていました。何年も通っているのに、二子の染み出しのロジックは未だによくわかりませんねぇ。

◇ 9日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
・アップはチエマオ家のお世話になる。
(2) 高く登れ(10b)、MS、再登
(3) バイパス(10a)、半MS、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
・ぜ兄ぃIC郎さんと組んだ。
・染み出しの面積は大幅に減っているが、5-6p間でまだ染み出していた。
・左手ドーンから右手サイド。そこから左指穴アンダークロスは、左指が深く入らず浅かった。体上がらず。
(5) 振り返るな(13a)、×、右手ドーン、3ヶ月ぶりに止まる
・4p目まで非常にいい感じで登れて、4p目で戻せた。4-5p間腰押しつけレストも、いつもよりしっかりはまった!
・5-6p間もかなり乾いてきた。濡れているのは2手ほどだ。
・6p目クリップで、久々に少し余裕があった。
・左指穴アンダークロスでしっかり左指が入り、右足をしっかりかきこんで右手ドーン。止まった!
・体勢整えて、右手送り! あれっ!あれれー? ホールドにひっかけた右手指が抜けてきて落ちてしまった。あー!
(6) 振り返るな(13a)、×××
・体がよれていた。よれると、4p目レストも辛い。5-6p間の傾斜にもやられて、体が下がり気味になってしまった。6p目クリップ穴アンダーが浅持ちになってしまった。
・3便目はやっぱり、ボロボロだった。

◇ 10日(日)
 完璧に乾いたわけではないのだが、久々に岩のコンディションがよくなった。3ヶ月ぶりに最高到達地点に戻れた。明日も天気はまーまーのようだ。当初は日帰りヌンチャク回収のつもりだったのだが、日曜日も登りたくなってしまった。下吉田が空いているようなら、明日も登ろうと電話をしてみた。泊まりは水戸組だけのようだった。

(7) ワーカーホーリック(10b)、再登
・おひとり様おじさん達でアップを開始。
(8) 高く登れ(10b)、MS、再登
(9) 振り返るな(13a)、×××
・今日もぜ兄ぃIC郎さんと組んだ。
・しかし、指皮が痛すぎだった。体幹がヨレヨレだった。背中が怠くて地獄の4p目レストだった。
・5-6p間の傾斜が辛い。6p目クリップからの左手ドーンが届かなかった。
(10) 振り返るな(13a)、×
・指皮痛すぎ、自分の指先が染み出してしまった。2便しか出せない。
・全力で頑張って、左指穴アンダーを刺せた!だがそこまでだった。浅刺しだった。
・フォールしたら壁へ戻れなくなってしまった。そのまま下まで降ろしてもらった。
・下まで降ろしてもらってから、Fixロープで二段岩壁へ上がっていけました。前腕張ってたら、ヤバイなぁと一手二手。あれっ?前腕は全然張っていない。あっ、いつもはフォールしてゴボウ登りで前腕が張ってるのか。
・体幹のヨレと指のヨレで落ちているのか。

 ヌンチャク回収のつもりでやってきたのですが、思いもよらない岩コンディションの好転で、久々に右手ドーンが止まりました。正月あたりから実に3ヶ月ぶりではないでしょうか。寒すぎたり、積雪。そして、染み出し。今シーズンは全く進展がありませんでした。コンディションがよくなって、ようやく3ヶ月前に戻りました。だけど、次の右手飛ばしで以前と同じように指先からホールドが逃げていきました。やはり甘くありませんでした。やはり、ここから、いつものように一手づつ伸ばしていくしかないようです。
 リハーサルで確認してみました。6p目からリハーサルすると、しっかり右足に乗り込み身体を張って、右手を飛ばしています。下から繋いで、ここまで到達した時は、右手飛ばしで下半身、それに身体の力が抜けてしまっているようです。そう、いつものやつです。そこだけやると無意識にできるのに、下から繋げて大きなストレス状態だと、無意識にできない。
 状態がよくなってしまったので、ヌンチャク回収はできませんでした。GWまで頑張ってみましょう。

〇 今週末の弓状
・HDKさんが、モダン焼をRPしていましたが、誰も「おめでとう」を言ってませんでした。登れて当たり前と思われると、もう誰もほめてくれません(笑)。私も先月に城山で12aをワンデイで登ってきたのですが、誰も一言も…話題にもしてくれません。
・日曜日は、MK畑さんがついに、「おいしいよ(12c)」をRPしていました。水戸組強し、水戸組チエさんが「火の鳥(12a)」をRP。メグさんが「ホテル二子(11c)」をRPしていました。おめでとうございます。
・ぜ兄ぃ。好色ワンテンおめでとうだぜ! 二日とも組んでくれて、すまねぇぜ。また頼むぜ!じゃぁな!
・写真は絶好調のペトをトライするH岩ダンナ。

b0037220_22244392.jpg
〇 「振り返るな」コルネ左手出し
・先シーズンは、右手クロスでコルネ首根っこ取りでしたが、今シーズンは左手コルネほっぺ取りのオリジナルムーブで固めています。ムーブは完璧なんです。後は繋げるだけなんです。って、繋げるのが大変。それが二子なんです。
・写真は先週の上部リハーサルシーンbyMR元さん。
b0037220_22275060.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2016-04-10 22:24 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2016年4月2日、真冬のような二子山

「我々は染み出しに惑わされている?」

 着いた弓状から見上げた岩場。染み出しは先週より、ましになったように見えた。先週の朝はコルネは氷漬けで、穴ホールドの中を掃除すると氷がでてきた。それに比べれば、少しよくなったように見えた。先週はそれでも、核心セクションの入り口まで到達することができた。状態がよくなったように見えた今日は頑張るぜーとアップを始めたのだった。しかし、うん?なんだか体が重い。おかしい? 今週も先週の土曜日から5日連続(二子、筋トレ、チーウォール、筋トレ、チーウォール)でトレーニング過剰だったとは言え、先週と同様に中2日レストで週末を迎えている。何故だ? あっ、水曜日に超苦戦しながら登った、男爵の課題か?あ~、それのせいかもしれない?

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 高く登れ(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
・2-3pの染み出しが進化していた。これで惑わされた。靴裏が濡れているような錯覚に陥った。力が入った。4p目レストで回復させるのが地獄だった。体幹がめちゃくちゃ疲れてしまった。
・5-6p間、体がよれていて、体が下がり気味だった。アンダーが効かない。右手濡れたままでは突っ込めなかった。
(5) 振り返るな(13a)、××
・2便目は状況がわかっているから、少し体の力が抜けた。
・しかし、なんだか背筋の腰あたりがやたらよれている。5-6p間で濡れた右手を拭う余裕がなくて、右手濡れたまま6p目クリップ、何とかできて、最初の左手ドーンも出せたけど、右手保持力が弱くて、左手持ち直せず。次の右手サイドガバは手を出せなかった。
(6) 振り返るな(13a)、×××
・夕方、さらに気温が下がったような気がした。もう、体もいやいやモードだけど、ワーク便のつもりで出した。しかし、その通りだった。体がヨレヨレで被ったセクションが辛い。
・被っていないセクションはなぜか楽にこなせて、6p-終了点まで繋ごうとしたが、ビビリが入って、自らフォールしてしまった。
・6p-終了点は、こなれて、どんどん楽になっているのですけどねぇ。6p目までいかに楽に到達するかが鍵だ。おおざっぱなルートなんだけど、あー、持久力ルートの典型だ~。

 今週は、染み出しに惑わされたわけではありませんでした。脳に騙されたわけでもありませんでした。自分のコンディションの調整に失敗したようでした。来週は天気が悪いようです。今日が最後のチャンスだったのかもしれません。今シーズンはこれで終わりになるのかなぁ?
 全ムーブはもう完璧なんです。繋げられないだけなんですが、その繋げられる可能性がよくわかりません。わからないから、悩ましいのです。持久系ルートは悩ましい。

〇 今日の弓状
・こんな状態ですが、リーチがかかっている人が何人かいます。しかし、今日はRPは出ませんでした。
・写真は、穴ムジトライのダンゴ姉ぇです。第一核心下からこなしてました。第二核心第三核心は軽く登れているので、今シーズンいけるかも?
・このルートも苦労したなぁ。「振り返るな」の核心セクションは、穴ムジの3つの核心を一挙に繋げたみたいな。それは言い過ぎか。二つをレストなしで繋げたぐらいかな。
b0037220_23470272.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2016-04-02 23:48 | 二子山'15-'16 | Comments(4)

2016年3月26日、冬に戻った二子山

 一度だけ弱い雨が降ったかもしれないが、比較的よい天気が続いた一週間。染み出しが減っていることを期待した週末だった。しかし、今週末は寒くなる予報だった。晴れ後曇り、当日に朝の天気予報だと、関東地方は弱い気圧の谷に入り、終日、雲が多い寒い一日とのこと。あ~008.gif。その通りで終日、曇りがちで陽がなかなかささない寒い一日だった。
 そして、積雪やら雨やらで、1月あたりからずっとコンディションがよくない「振り返るな」ですが、濡れた手を拭きながらのトライなのですが、それでも、日に1便ぐらいは、核心セクション開始の左穴指アンダークロスムーブまでは到達できています。しかし、そこから返して右手ドーンが出せていません。頭の中で少し疑問が出てきていました。全力を出しているのか?まだ行けたのではないだろうか?以前にこんな記事を書いています。3年ほど前にヒットした、「スタンフォードの教室より」をまとめた記事です。「意志力は消耗する!」、「ダイエットは150%失敗する!」とても衝撃的な内容でした。その中でも、一番気になったのがこの内容でした。過去に記事にしています。

  強いクライマーになるには(8)?「我々は脳にだまされている!」

 そう、状態がよくても、状態が悪くても、ずっと同じ場所で落ちています。そこで落ちることが脳に刷り込まれてしまっているのかもしれない。いや違うかも、これかも、私は脳にだまされている!

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、MS、再登
(3) 振り返るな(13a)、下部4p分のヌンチャク掛け、ルート整備
・冷え込んで、ツララだらけだった。コルネも氷漬けだった。穴ホールドの中も凍っていた。
・ヌンチャク4本かけて、すぐに降りてくるつもりだったが、氷落としに時間を取られ、7p目まで上がって、長い間作業して、1便トライより疲れた。
(4) 振り返るな(13a)、××
・濡れて手を拭きながらも、まだ元気があるので比較的、しっかり手を拭きながら進める。
・核心セクション、左指穴アンダークロスは指がかかったが、その前の右肘が引き付けきれていなかった。指先しか入っていなかった。
・体を引き上げられなくて落ちた。自分で勝手にあきらめて、自分で落ちてないか?
(5) 振り返るな(13a)、×、ワンテン
・3便目は体がよれていた。しっかり手を拭く余裕がなく、核心セクションへ突入。右手サイドガバで親指がかからなかった。肘が上がってしまって、体を引き付けられず。
・最近、失敗してドカ落ちが嫌で、というかドカ落ちしてゴボウで上がってくるのが嫌で、6pから繋いでいなかった。明日は登らないし、今日はこれで終わりだろうと、やってみた。上部は湿っぽいが乾いていて、それがよいフリクションだった。楽に6p-終了点間を繋げれた。久々にワンテンで抜けた。

 「観の目の境地」、「無心の一手」。これまで、いろいろなルートで「脳にだまされている自分」を乗り越えてきた。やはり、今回も騙されているのかもしれない。シーズン終了も近い。城山と小川山が私を呼んでいる。だけど、もう少し頑張ってみたくなりました。今日下部も4本ヌンチャクをかけました。これで、全て自分のヌンチャクになりました。残置しました。

〇 今日の弓状
・YS野さんが、余裕で「即身仏(13c)」をRPしていました。おめでとうございます。
・どのルートも、みなさん、染み出しで苦戦していました。
b0037220_00021076.jpg
〇 「北国の甘み、果物チップス」、Veges Energy、青森県産/紅玉版、Calbee&RF1コラボ
・開発者のコビッキーからもらいました。帰ってから、ウィスキーと一緒にいただきました。ごちそうさまでした。
・加糖なし。リンゴの甘味がそのまま舌触りとして残ります。スナックなのに、何故か本物のリンゴの切り身を食べているような触感が残ります。
・ウィスキーより、辛めの白ワインぐらいと飲む方がおいしいかもしれません。
b0037220_00043514.jpg


きん



# by Climber-Kin | 2016-03-27 00:04 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2016年3月21日、おひとりさまの二子山

「バック・トゥ・ザ・振り返るな(13a)」

 日曜日の城山敗退から、他の岩場案は距離的時間的になく、帰りがてら一番行きやすいベースキャンプへ向かった。ところが三連休の中日の昼間に道路は甘くなかった。新東名へ出るのに時間がかかった。新東名のってからは高速は順調だったのだが、入間ICを降りたら、アウトレットセンター?周辺の大渋滞にはまる。それでも、14時ぐらいには到着したのだが、こちら側は天気がよくて、何とも恨めし。このままジムで連休を終える?あっ、 今日は登らず明日二子へ行くか!グッドアイデア!
 三連休(私は四連休)最終日は、ゴン助先生とM元さんをあてにして、おひとりさまで二子へ向かったのでした。そして、弓場に到着し、いったいルートがどんな様子か、恐る恐る壁を見上げたのでした。あちょー! しかし、前日の話で聞いていた終了点からの流れ込みはなくなっていました。一便だして、そのままヌンチャク回収するかなぁ。まぁ、とりあえず、1便出してみよう。

(1) バイパス(10a)、MS、再登
(2-3) 高く登れ(10b)、MS、再登、Tr
(4) ワーカーホーリック(10b)、再登
(5) 振り返るな(13a)、様子見
・当然、2-3p間のコルネは濡れていた。
・4p目レストポイントからのぞき込むと、4-5p間のコルネの頭の大穴ホールドがびしょ濡れだった。うーん。とりあえず、5p目へ向かおうとしたが、コルネの頭の大穴ホールドが濡れているのは初めてのパターンで、ちょっと戸惑いテンションした。
・下から覗くと、ホールドが水で光っていて、ヌルヌルのように見える。恐る恐る進むと濡れてはいるが、意外とフリクションがある。表面がデコボコしているからだろう。そして、5-6p間は、5p目クリップするコルネとその手前、コルネから2手目の右手サイドアンダーから水が滴りおいていた。
・6p-終了点間は、出だしは湿っぽいのと、右手ドーンのキーフットホールドが濡れていたので、チョークで気持ち拭いておいた。
・このまま回収するかとも迷ったが、回収するとしても今日の最終便で回収すればよいか。
(6) 振り返るな(13a)、××
・4p目レストで結構戻せた。一手づつフキフキしながら、何とか6p目クリップして、核心セクションへ入ることができた。しかし、左指穴アンダークロスは指先が穴に触れたと同時に右手がすっぽ抜けた。
・6p目からは、いつものようにリハーサルできた。
(7) 振り返るな(13a)、××
・16時ちょっと前にスタートしたが、日が高くなって、岩には日が当たらなくなっていた。
・5p-6p間で、体幹がよれ気味で、手をしっかり拭く余裕がなくて、右手濡れたまま核心セクションへ入ったところで、テンションした。
・6p目から終了点まで繋ごうとリハーサルしたが、コルネホッペ取りからコルネコメカミ取り飛ばしに失敗。

 染み出していて厳しい状態ではあるが、不可能ではない状態でした。来週末に向けて、また南岸低気圧が2回接近するらしいです。コース次第では、また積雪だったり、南側を通ってくれれば、雨は降らないのかもしれません。どうなるかは予想不可能ですが、とりあえず、ヌンチャク回収はしませんでした。3月末までの二子と予定通り、来週ヌンチャク回収か?二子延長か?
 毎年、撤退時期が悩ましいです。ここ数年は、積雪で強制終了だったり、そのシーズンにRPの可能性を感じないパターンが多かったので、3月末できっぱりシーズン切ることができていました。今シーズンは、奇跡が起きないとまだまだ繋げられない状況なのですが、自分としてはムーブの完成度は高くて、奇跡が起きるのではないかと夢をみてしまいます。苦戦している右手ドーンが止まると、そこから傾斜がなくなり負荷が少し軽くなるんです。でも、これまでそんなことは一度も起きていないんです。一挙に6手前進はないよねぇ。よいコンディションの続く中で一手づつ伸ばしていくことしかできていません。やはりシーズン終了か。いや、来週考えましょう。

〇 今日の弓状
・HR岩ダンナがマイライフをRPして、クレーターまでRPしていました。二子で1人だけ成果出して、しかも2本も。感じ悪~(笑)。おめでとうございます。
・写真は「振り返るな」の染み出し。
b0037220_21401302.jpg

きん

# by Climber-Kin | 2016-03-21 22:03 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2016年3月18日、代休で城山へ、ヴァージンキラーRP

 まだ取っていなかった代休と言っても、年休でもよいのだが、金曜日を休んで4連休にしてみた。最近働き過ぎで、たまには休んでもよいだろう。三連休前半は天気予報がよくないのだが、金曜登って土曜日レストで日曜日はまた登れるだろうと期待したのだった。結局登れたのは金曜日だけだった。土曜日は土砂降りだったみたいで、日曜日は朝に再び雨が降った。伊豆方面だけ天気がよくなかったようだ。
 さて、久々の城山だが、どのルートを触ろう? 昨年は「カサブタ(12c)」を触ってみたのだが肩が痛くて何もできなかった。そういえば、さらにその前の年にMSオンサイトで1便だけトライしたルートがあったけなぁ。たまには完登したい。だけど、その時に1便でヌンチャク回収したのはムーブがさっぱりわからなかったからというところが気になった。また、ムーブがわからなかったら・・・ このグレードにはまるのはいやだなぁ。と迷いながらも、いつもの10cでアップしてテンションをかけてしまった。同じルートばかりを何か月もトライしていると何も登れなくなるのはわかっているのだが、これは重症だ~と。いうことで登れる可能性のあるルートをトライすることにした。

(1) ストーンフリー(10c)、×××
・無理やりクリップしたり。とにかく、手がツルツルだった。テンション!
・最後の核心も、手がツルツルで思いきれず。
(2) ストーンフリー(10c)、再登
・このルート、久々に触ると難しい。
(3) ヴァージンキラー(12a)、ヌンチャク掛け&ムーブ探り
・出だしが怖い。オンサイトトライの時は気持ちが入っているからだろう。最後の核心部分まで、一発で繋げていけたのだが、今回は最初から躓く。
・やはり、弱くなった? いや、デブった?
・こうなったら、ムーブ固め便に徹しよう。しかし、5-6p間の核心が細かい!できる気がしない。
・そう言えば、MOTさんがガバがあると言っていたなぁ。でも、ガバはリップ上の奥にしかない。そこへ右手を飛ばすとなると、このホールドか。これに繋げるにはと…。上からムーブを作っていった。あっできるかも。
(4) ヴァージンキラー(12a)、×、ワンテン
・出だしに随分力を使ったが、その後フリーハンドで休めるので大丈夫。3pと4pは外傾テラスからまとめて掛けられた。
・ゴー! 順調に5p目クリップして、決めた通りに左手サイド持って、右足ヒールで、右手出しで左手マッチで右手水平位置の中継ホールドへ出して、右足踏み替えて右足高い水平ホールドへ。左手マッチして、右手ちょっと高い引けるホールドへ!は、作戦失敗。持ち替えきれず、無理やりだしてフォールしてしまった。
・あー、持ち替えじゃなくて、左手チビカチホールド取って、それで右手を高い引けるホールドか。それから左手水平ホールドへ寄せて、右足上げて左足スメアでスローパーホールドを一気に取るか。
(5) ヴァージンキラー(12a)、RP
・前便の感覚で、失敗しなければ、多分逃げ切れるだろう。だけど、こういうシチュエーションは久々だ~。力入らなければよいが。
・出だし、前回より力が入ってしまった。
・しっかり休んでゴー!少し、指がモヤモヤとしたが、危なげなく。こなせた。

 このルートは逃げ切れるルートでした。逃げ切れるルートなら、まだやれるようです037.gif。今シーズンの初成果を今年も城山で得たのでした。

〇 城山、ヴァージンキラー(12a)
・横から撮ったのでわかり辛いですが、難しいルートのすぐ右のラインです。
・登り辛い出だしをこなして、レスト。ここは完全に戻せます。そこから、トラバース気味に被り帯に入って行き、レイバックでガバホールドをつかみ、左へトラバースして、5p目クリップ。そこから6p目までが核心です。6p目と終了点は同じガバホールドでクリップできます。
・5p目クリップホールドガバからさらに左へ1手出して、右手マッチして、左手ハング付け根の握れるホールドで、右足を5p目クリップホールドにヒールフック。右手目の前のホールド取って左手マッチして、右手送って、左手持ち直して体勢整えて、右手高い水平ホールドへ。左手チビカチで、右手高い引けるホールドで、左手を水平ホールドへ寄せ。右足ハイステップスメア気味で、ガバへ右手飛ばしです。
・リーチない人は、最後の核心ムーブで泣かされるルートでしょう。だから、ヴァージンキラー?
・ジゴロ(11b?)も、リーチないと難しいルートなのかな?
・右へ左へと弱点を突いていく、ルートらしいルートで、ムーブもあり、面白いです。
b0037220_15490686.jpg
〇 エヴェレスト「神々の山嶺」
・土曜日の完全レストは、映画観ました。
・25年前?ぐらいに原作読んでますが、すっかり忘れていました。
・だけど、最終のクライマックスシーンで、羽生がサウスコルで氷ついているシーンを観て思い出しました。あー、そうだった。
・最近見た、「エベレスト3D」の世代よりも、さらに昔、パートナーが落ちて、ロープを切るか切らないか?の山岳会のシーン。時代を感じるなぁ。谷川岳初登競争時代のような。ちょっと原作のままに作り過ぎたような気もします。もう少し、今風にしてもよかったような。いや、この時代の考え方だから共感を得るのかもしれない。
・羽生、深町が演じた主人公達に共感できるいまの若者はいるのだろうか?
・ここまで、詳細に背景に時間を費やすのは。日本映画っぽい。
・ベースキャンプが、5300m。サウスコルが、7900m?サウスコルから、まだ1000mあるのか。それはきつい。
・岸涼子役の小野真知子は、有名女性監督にスカウトされたんだっけ?スタイルが普通に、後ろ姿のお尻が大きかった。笑。普通のスタイルでうけいれやすかった?
b0037220_16383039.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2016-03-20 15:49 | 城山 | Comments(0)

はじめてのライムストーン

「吹雪く二子からの撤退」

 前日に天気予報を見て城山へ行くことにしていた。夜中に一度目が覚めた。まだまだRPの可能性は薄い。その上コンディションが良くないとは言え、チャンスを捨てて、違う岩場へ向かうのか?「行くべきか?行かざるべきか?」 頭の中をグルグル回った。朝出発する際に見た天気予報がよくなかった。お昼前に3時間ほど晴れ間がでる。9時から晴れ。気持ちが揺れた。二子へ向かった。
 ところが、正丸トンネルあたりから雪がチラつきだした。小鹿野は吹雪だった。そして、二子林道のトンネルを抜けると、そこは「雪国」だった。とりあえず、ここまで来てしまったのだから、岩を見に行ってみよう。渋るパートナーさまを説得して、弓状へは行った。ツララだらけだった。「振り返るな」は、先週と同じく核心セクション手前が真っ黒に濡れていた。さらに上部は流れ込みがあって、びしょ濡れのように見えるのだが、眼鏡が弱いのと雪でよくわからなかった。気温はマイナス4度。どうしよう。時間的に更新されているであろう天気予報を確認した。終日曇り時々雪だった。天気予報は悪展した。撤退しよう。

〇 二股峠駐車場
・こんな日に12台も来ていたって、こんな天気予報じゃー、なかったよね。
b0037220_22412160.jpg
〇 雪のせいで居場所が狭い弓状
・こんな感じの日でも、成果を出せたことが一度だけある。「穴のムジナ」だ。
・その時とはモチベーションが…、いや岩のコンディションが違い過ぎる。
b0037220_22432602.jpg
〇 せいろ、百日紅(さるすべり)、高麗川、2016.03.12
・ジムへ向かう途中にお昼。以前から気になっていた、蕎麦屋さんによった。こんな時にしか行くことができません。
・食べログ、口コミ評価3.64の超高得点店。蕎麦ツユがちょっと濃かったけど、これは、うまいです。
・この手の店の値段設定とは思えない良心的な、高くない値段でした。
・歯ごたえが凄い。十割蕎麦頼んだらもっとすごかったのかも。いつも食べている蕎麦は蕎麦じゃないのか?って気分になりました。
・蕎麦湯がまたうまかったです。こんなにおいしい蕎麦湯があるとは知らなかった。
・二子を撤退してきてよかった~(笑)。
b0037220_22414286.jpg
〇 はじめてのライムストーン
・課題が面白いです。チーウォールkの氏のような課題もあれば、フィジカルとテクニカルの合間をいくような課題とか。体の動かし方が難しい課題が多かったです。慣れてくると、段々できるようになってくるみたいな課題です。面白かったです。
・今日はノースフェースカップでベースキャンプが臨時休業だったせいか、とても混んでいました。
・ひょっこりドイチェさんが仕事帰りに現れました。
b0037220_22415140.jpg
〇 ご自由にお使いください
・えー! こんなジムがあるのか! 感激!
・もちろん手拭きタオルも、ご自由に!
b0037220_22420158.jpg

きん

# by Climber-Kin | 2016-03-12 22:53 | その他のジム | Comments(2)

2015年度確定申告の酒

 確定申告の時期です。最初に白色申告して、2回目から青色申告にして4回目かな。手慣れたものです。一日で全部できました。今年はついに、追加税金0です。と言うのは、副収入が減ったからなんです。医療控除できればって半日、領収書を集めました。これだけ医者に行ってても、さすがに10万円は越しませんでした。医療費控除ができたのは、ハムストリング肉離れの年だけです。出来ない方が健全ですと言うか、医療費控除する状況になりたくないですよね。医療控除ない方が健全です。

〇 確定申告の酒
・酒買ったらすぐになくなっちゃう状況が続いてます。
・最近は、シングルモルトはめったなことでは買いません。買ったら即日なくなりますから(笑)。
・「余市」はちょっと高め。外で飲むの我慢できた時に、セーブマネーできたからと買います。
・それも二日続けて???翌日は、安めの「竹鶴」買いました。
・禁煙で体重増えてしまった。
・ご飯控えて、飲んでると一晩でウィスキー1本のんじゃいます。いくらなんでも、酒飲め過ぎだろう。困ったものです。
・酒は楽しいです。でもお金かかります。酒飲める?飲めない?どっちが幸せ?041.gif
・禁煙できた次は、減酒か。体重対策兼ねて最近筋トレ再開しました。クライミングジムより楽しかったりして(笑)、やったーっていう充実感はいいです(笑)。
・残り少ない人生をどう楽しむか。いろいろ考えることが多いです。
b0037220_21004351.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2016-03-10 21:24 | 酒ログ | Comments(2)

2016年3月5日、暖かくならなかった二子山

 今週末は随分暖かくなるような天気予報でした。土曜日は昼過ぎあたりまで晴れてあとは曇り。暑くなり過ぎずに丁度良いと思っていたのですが。朝の岩は冷たい!陽がなかなか出てこない。出来てたと思ったらなんだか薄曇りみたいな天気でした。3便目の時間帯は気温は10度ぐらいあるのに、なんだか寒く感じて出すか出さまいか迷ってしまいました。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、MS、再登
(3) 高く登れ(10b)、MS、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
・2-3p間のアンダーコルネはいつものように濡れていて、5p目クリップのコルネがびしょ濡れだった。ズボンでフキフキして突入した。6p目クリップなんだかスッポぬけそうだった。そして、左手ドーンからの右手サイドは、あっ、手を拭き切れていない。引きつけようとしたら滑ってきてしまった。
・6p目から繋ごうとも思ったが、頑張ると疲れるので自ら途中でテンションいれて、2カ所テンで抜ける。
(5) 振り返るな(13a)、×××
・何だか前便のトライで疲れてしまったのか?体幹がよれてる。ますます、右手が濡れていしまって、6p目クリップして、すぐにテンションしてしまった。
(6) 振り返るな(13a)、×、ムーブ改良便
・体がよれていた上に右手濡れたまま6p目へ。テンションして、ムーブ改良便にした。
・6p目クリップは前にやってたように、両足を張ってオポジションアンダーに戻すか?いやいや、今の右手アンダーの下に入り込む方が楽に感じる。あっ、右足ヒールできる。ヒールすると、右手が抜けそうな時にかえって力を入れてしまうような気もするが、そもそもそんな時は完登などできまい。採用。

 正月前後に右手ドーンが2,3度止まって、これから上へ伸ばしていこうと目論んでいたのですが、積雪やら染み出しやら、なんだか翻弄されて、到達高度が上がるどころから、下がってきてしまっています。毎回鍵を見つけてはいるのですが、右手ドーンまでいけません。今日はその前の左指穴アンダークロス刺しすら到達できませんでした。何かムーブが間違っているのかなぁ?と疑ってしまいます。いやいや、状態が悪いだけ。今シーズン、あと4日ぐらいはトライできると思います。頑張ります。染み出し止まるといいなぁ!
 今日の気づいたポイント
① 6p目クリップは、次回右足ヒールを試してみる。
② 6-8p間、コルネホッペとってから、コルネコメカミの三角形カチへの左手飛ばしは左手を面で抑えると落ちてこない。ビンタする感じ。

〇 今日の弓状
・ヨッシーが「ノースマウンテン日本一(12b)」を二撃していました。
・振り返るなの最初の4本のヌンチャクは、SK部さんのヌンチャクと判明しました。SK部さん強いなぁ。このコンディションでコルネ頭まで、おしかった!
b0037220_23111949.jpg

きん

# by Climber-Kin | 2016-03-05 23:05 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2016年2月27-28日、久しぶりのお泊りの二子

 久しぶりで土日で登ることになった。二子に積雪があってから、すっかりペースを乱されて、週末泊まりで登らなくなっていた。それに、積雪があってから、トライ中のルートの進展も止まってしまっていた。泊まりと言っても、当初は土曜日は二子で日曜日は「中里の岩場」へ様子を見に行くつもりだったのですが、いろいろな状況から中里行はパートナーさまから却下されて、二日とも弓状へ行くことになりました。

〇 27日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 振り返るな(13a)、××
・5p目クリップのデカコルネが氷漬けになっていました。ビビリながらも凍っていない裏面を手探りで探して、手を拭き拭きして進みます。6p目クリップホールドも濡れていました。スッポ抜けそうで、自らフォールしました。
(4) 振り返るな(13a)、××
・今度は状況は分かっているので、落ち着いて?進みます。6p目クリップして左手ドーン、右手サッサッでサイドからステップして左指穴アンダーは取れず。手が冷たいのか?ホールドが湿っぽいのか?

〇 28日(日)
(5) バイパス(10a)、MS、再登
(6) 高く登れ(10b)、再登
(7) 振り返るな(13a)、×、作戦失敗
・昨夜、温泉の湯舟の中で思いつきました。あれっ?なんで右手ドーンで、すぐ上のサイドを中継しないんだ?中継したら、胸前で両手クロス状態から空間作れるから楽になるじゃん!ってことで、このアイデアをいきなり、ぶっつけ本番に適応してみた。
・しかし、この右手サイド中継取れるぐらいなら、そのまま右手ドーンと穴ホールド出せるじゃん!あれっ、これ前に確かめているかも?
(8) 振り返るな(13a)、×
・やはり、今落ち着いているムーブが一番のようだってことで、迷わずゴー!あっ、疲れてる。
・6p目クリップは湿っぽい右手ホールドがスッポ抜けそうで怖い。左手ドーンから右手サイドホールドからステップして、左指穴アンダーは刺せた!右手ドーンは?なんだか出し辛い。出してはみたが届かず。
・あっ、もしかして、左指アンダーは指の方向か?いつの間にか、左方向に引いて、右手ドーン止まってから右方向へ持ち直すイメージになってきていた。ここで、最初から右方向気味に人差し指と中指を刺さないとダメなんだ。なるほど~。

 正月前後についに右手ドーンが止まったのですが、その後、積雪とか翻弄されたのか進展していませんでした。今週も進展したわけではないのですが。二つの鍵を確認できました。
① 核心セクション入りの右手サイドは親指を当ててピンチ持ちすること。その後はステップしながら、右肘を引き付けて体を上げていくこと。
② その次の左指穴アンダーは最初から右方向引きに刺すこと。
 今シーズンも二子は3月までと決めています。登れそうな雰囲気があれば、延長しますけどね。笑。もう少し頑張ります。

〇 今週末の弓状
・土曜日の朝は気温が下がり、なかなか岩が温かくなりませんでしたが、47哲のM井さんが「穴のムジナ(12c)」をRPされていました。ヨッシーは「モダン焼き(12c)」をお持ち帰り。おめでとうございます。
・日曜日は暖かくなる予報を裏切られて、風が強くて寒かったです。UR野さん余裕で「龍勢(13a)」をRPされていました。おめでとうございます。
・弓状と下吉田キャンプ場には、久々にSTMちゃんが登場しました。二子から忽然と消えた本人から意外な名前と面白い話を聞けました。
・写真は、私生活(12c)のYWT専務。あと少しで行けそうです。ガンバです。
b0037220_22340973.jpg
〇 マイライフ(12a)をトライするH岩ダンナ
・伸び盛り。マイライフも軽~く。行ってください。来週ぐらいには登っちゃいそうでした。
b0037220_22343007.jpg
〇 終に任侠道(12d)をトップアウトするM元さん
・メンタルが強い!このぐらいの執念があれば、なんでも登っちゃいそうです。
b0037220_22355259.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2016-02-28 22:36 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

2016年2月24日、T-WALL東村山

 最近、ジム記事がないのは、平日ジムへ行っていなかったわけではありません。同じことを何度も書いていますが、ジムであまりに登れないので記事として成立しないので書いていないだけです。それと、最近、筋トレ再開しました。あらゆるスポーツにおいて、筋トレが必須ですよね。クライマーはやらなくてよい?なんてことはないでしょう。筋トレ再開しだして、ジムボルダー課題も少しづつ登れるようになったきました。と思っていたのですけどねぇ...

〇 「カラパイア」、ナベ@T-WALL、2016.2.23
・青4-5Qは、3手目赤サイドアンダー取りで、右足ツブ足が嫌だなぁと思っていたけど、こなせて、そのまま完登。一撃。
・緑4Qは、中盤の右手ピンク取りで左手カチが薄過ぎの狭過ぎで一度挫折したが、K田さんが右手飛ばしで解決しているのを見て、再度トライして完登。
・黒3-4Qは、出だしではまる。終盤もはまる。がっ、終盤解決して、あとは出だしだが、何とかこなせて完登。
・赤3-4Qも、出だしではまって、こんなのできねぇと思っていたが、いろんな人のトライを見ていて、参考にしていたら徐々に各ムーブができるようになってきて、完登。
・めずらしく、ファイル課題完全制覇!

b0037220_23233717.jpg
 全課題を完登できたものの、チーウォールの若者?達は軽く登っていた。筋トレで自分が強くなったわけではなくて、課題が易しかっただけか?がっくし。

きん

# by Climber-Kin | 2016-02-24 23:23 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2016年2月21日、嵐の後の二子山

 今週末は、また低気圧通過にぶち当たってしまった。雨が降り出すのは土曜日の午後からだが、太陽のない二子は辛すぎる。日曜日は低気圧が抜けて猛烈に発達して、北風が強そうだが、それでも晴れてくれそうな日曜日にいくことにした。アプローチは毘沙門水側から入った。坂本側からでも4駆なら入れるらしい。ヨッシーがXトレイルで上がってきたようだが、無難に帰りも合角ダム側へ降りた。
 そして岩場の状態は? 思ったより濡れていなかった。しかし、「振り返るな」は5-6p間から核心へ入るあたりまでが真っ黒だった。今日は陽があたり風もあるので夕方へ向かってよくなってはいくのだろうけど、夕方までは待てないなぁ。ということで、「私生活」のムーブ探りをして、忘れないように、夕方に「振り返るな」を1便だすことにした。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、再登

(3) 私生活(12c)、ムーブ探り
・最初の核心は前回ywt専務に教えてもらったムーブで入るが、細かいところを覚えていなくて、いや、それ以前の入り方がガバアンダー持ち替えできず。行き詰まる。
・足が高すぎたか?でっ、ヒールで右手アンダー取れて、そのあとも失敗。
・最後の核心は、やはりムーブ解決できなかった。

(4) 私生活(12c)、ムーブ探り
・最初の核心は難しい。中段は疲れる。最後の核心は、まだムーブ決まらず。難しい。
・このルート、振り返るなより可能性を感じない。

(5) 振り返るな(13a)、××
・朝の真っ黒から茶色ぐらいには乾いてきていた。結局、5p目クリップホールドのコルネとそこから2手目のアンダーが濡れていた。もちろん核心セクションの穴アンダー群の中は湿っぽいけど。
・「私生活」のムーブ探りで疲れていても、多少ホールドが濡れていても、それでも、6p目クリップまでは行けて、右手アンダーサイドからの左穴指アンダー取りまで行けて落ちる。ようするに、私にとって、このムーブが狭ッ苦し過ぎて、やたら負荷が高いのです。

 久々に「私生活」のムーブ探りをしてみましたが、何の進展も作れませんでした。このルートは傾斜が強いのですが、ホールドは大きいです。しかし、全てガバと言うまで方向がよくありません。動きが限られて、ストレスが溜まりました。難しいです。多少濡れてても、振り返るなをトライすべきなのでしょう。今シーズンの天気は荒れ模様です。この先どうなるかわかりませんが、再度乾いてくれることを祈りながら、もう少し頑張ります。

○ 今日の弓状
・T氏が、「おいしいよ(12c)」をRPしていました。鍛えてる人は違います。任侠もすぐ登れるのでは?
・「火の鳥(12a)」でも、松本チームの方がRPしていました。
・だんご姉ぇは「穴のムジナ(12c)」の第1核心、下から繋いで成功していました。
・パートナーさまは「私生活(12c)」下からマイライフ終了点まで繋いでいました。
・みなさん、おめでとうございます。
b0037220_22362389.jpg
〇 二段岩壁
・「振り返るな(13a)」5-6p間で、まだ染み出しています。
・写真は「サバージュ(13a)」をトライするマッシー。
b0037220_22363579.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2016-02-21 22:36 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

2016年2月13日、残雪の二子山、雪崩編

 自分の車では心配なゴン助先生を合角ダムでピックアップして二子林道へ入った。2日前より随分融雪が進んだようだたった。最後の500mも登れそうではあったが、ちょっとリスクがありそうなので、林道16.5kmのポイントに車を駐車した。
 時折薄日が射す終日で暖かくなりすぎたり、丁度よかったりの一日だった。コンディションも湿度が高くよい条件のはずだったのだが、私のトライするルートは染み出しで湿り気あり過ぎでした。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登

(3) 振り返るな(13a)、××
・先日の木曜日に、その兆候を見ていて嫌な予感がしていたのだが、その通りになってしまった。染み出しが始まっていた。
・2-3p間右トラバースした後のコルネアンダーの染み出しは、これは何とかリカバーできるもの。
・3p目付近のレストポイントの染み出しは、あまり長いしたくなくなるのと再スタートする時に左手が濡れている。
・4p目レストは頭へ水滴が3秒ごとに落ちてくる感じ。
・5p目クリップホールドのコルネはびちょ濡れで、5-6p間入る際に右手のチョークアップ+ズボンでフキフキを強要される。
・5-6p間の2手目の右手サイドアンダーとその次の左手アンダーは湿り気たっぷりで、6p目クリップの右手穴アンダーは染み出し斑点状態だった。それでも、頑張る。
・6p目クリップして頑張るも、核心セクション最初の右サイドも湿り気たっぷりで、引きつけられねぇ!

(4) 振り返るな(13a)、×
・染み出し始めた先日は晴れていて2便目の方が乾いていたのだが、今日の薄曇りでは状態は一緒だった。
・それでも頑張って、核心セクションへ入るが右手サイドはすっぽ抜けて落ちた。
・6p目からワンテンを狙うが、コルネ取りでフォール。

(5) よーこそTウォール(13a)、初触り途中まで
・日が長くなった。でも、もう1便、振り返るなはないかな。かといい、「私生活」にお邪魔するには、このライン帯はトライ者が多くて空気がピリピリしているので、今日はゴン助せんせしかトライしていなかった、このルートを触ってみた。H野さんヌンチャクお借りしました。
・もちろん途中で力つきて、核心セクションまで到達できず。

 染み出しが始まってしまいました。明日も雨が降るようです。雨どころか岩が結露で真っ黒になりそうな雰囲気の天気のようですけど、また乾くとよいのですけどね。進展のないトライが続きます。
 今日の忘れていたこと、改善したこと。
① 核心セクション入りの左手穴アンダークロス
・左手穴アンダーに刺す前は右足押しでよい。そうしないと体が右側へ流れてしまう。
・左手穴アンダー刺してから、右足はかきこみすること。
② テーピング
・6p目クリップで作る右手の甲の穴は、ケアリーヴ絆創膏Mサイズがとれなくてよかった。
・同じく6p目クリップで作る右手薬指にできる穴は、第2関節の少し上に細テーピングすること。
・核心の左手穴アンダーが濡れてくると作る左手中指第1関節はしばららく細テーピングしておいた方がよさそう。

〇 雪崩れる林道
・二股駐車場へあと300mの登坂。ここは積雪がまだ深く。これの手前に車を置きました。
・帰り道、斜面から雪崩が起きていました。暖かったものねぇ。
・二股駐車場まで車を上げた3台の方々、除雪ご苦労様でした。それとも強引に突っ込んだ?
・この暖かさで雪が緩み過ぎて、帰りの林道も危険個所多数でした。轍側が融けて深くなっちゃうパターンもあるのね。
・明日は20度超えるとか、岩は結露で真っ黒、この雪は洪水になってしまうのでは?
b0037220_00000212.jpg
〇 今日の弓状
・ヨッシーがついに、即身仏(13c)をRPしていました。
・YWT専務がついに、私生活(12c)をもう登れそうな雰囲気でワンテンにしていました。
・M元さんが任侠6p目に到達していました。
・M井さんが穴のむじな、第一核心をこなしていました。
・みなさん、おめでとうございます。
b0037220_00001071.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2016-02-14 00:16 | 二子山'15-'16 | Comments(4)

2016年2月11日、残雪の二子山、林道編

 合角ダム側からジムニー以外が入ったという情報がヨッシーから流れてきた。後になって思ったのだが、それって、TKさんとこのラングラー?
 今日の弓状は25人ほどでした。積雪後、徐々に人も増えてきました。今日は祭日なので日曜日パターンなのかもしれません。朝はキーンと冷え込みながらも、昼は暖かくなる予報でした。ちょっと乾燥し過ぎで、自分にはいまひとつ状態はよくなかったです。

(1-2) ワーカーホーリック(10b)、MS再登+Tr

(3) 振り返るな(13a)、××
・あっ、2-3p間のコルネが染み出している。
・4p目右ズレレストは上からポタポタと水が落ちてきて顔に当たって冷たい。
・核心セクションは、思い温めていた(前回忘れていただけだが)、ステップしながら右腕引き付ける作戦で左指穴アンダーは刺せた!だが、なんだかそこから動き辛い。右手ドーンは出してみただけフォール。
・6p目クリップ穴ホールドの中が濡れだしてた008.gif

(4) 振り返るな(13a)、×、作戦大失敗。
・前便で右手甲に8mm角の穴をあけてしまった。毎回開ける穴で、前回の後がかさぶたになっていたのだが、前便トライでかさぶたごと取れてしまって、出血してしまった。そうだ、一度試してみようと思っていた、クラック手袋試してみよう!クラック手袋していれば、手の甲の傷に岩角があたらない。もしかしたら、フリクション増して楽になるかも。
・6p目クリップして核心セクションへ!あちょー、クラック手袋の指ワッカゴムがホールドと挟まって、グネグネしてる。作戦失敗。

 今日の振り返るなの核心セクションはそこだけやっても、とっても難しく感じてしまいました。結構楽に6p目から8p目までリハーサルできる時もあれば、やたら難しく感じる日もあります。何故だろう? 今日は乾燥し過ぎ? いや、何か気づいていないポイントがあるのでしょう。考えつくした改良つぐ改良で、ムーブはできるようになりました。後は繋げるだけです。だけど、もう改良のネタがなくなりました。基本的にフィジカルに持久力が足りないです。染み出してきているし、今シーズンの完登は厳しい状況になりつつあります。でも、もう少し頑張ろう。

〇 まだまだヤバイ状態の林道
・車高の高い、デフロックできる4駆なら大丈夫ですが、MPVのような偽4WDはまだまだ危険です。
・最後の300mの登りでスタックしてしまいました。バックでヒヤヒヤで下ってきたのですが、車を留められそうな場所がありません。Uターンしようものなら、そのままスタック間違えなし。行くしかないようです。
・Oh! 適切なスピードがあるようです。焦ってスピード出し過ぎると轍から外れる可能性が高くなります。焦らず、ゆっくりめだけど、とまらずのようです。
・しかし、自分で作った乱れた轍にまた吸い込まれて、マズイ!と沈黙の数秒。あ~抜けられた~。
・今日の二俣の駐車場には、私のMPVを入れて5台が到達できたようです。その5台の中で、私の車の車高が断然低いです。よく上がってきた074.gif。じゃなくて無帽だったかも。
・次回は、手前500mぐらいから歩くかな。普通車には、最後の坂は、まだちょっとリスク高過ぎます。
・写真は危険地帯を降りてきてから撮った写真です。危険地帯はこのカーブのもう一つ先です。
b0037220_21592081.jpg

〇 今日の弓状
・「振り返るな」は、染み出しがテンパってます。
・チーウォール常連のヨーコさんが「ペトルーシュクァ(12c)」をRPしました。おめでとうございます。
・パートナーさまは、久々の「私生活(12c)」を2テンで抜けていました。いい感じだったようです。
b0037220_21593609.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2016-02-11 22:08 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

2016年2月6日、残雪の二子山

 二子へのアプローチはジムニーにチェーンなら群馬側から二股まで入れるらしいのだが、普通車は下から歩くしかないですね。天気も曇りの予報に変わった。それにパートナーさまも病欠だったりして、行くか行くまいか、かなり迷ったのだが、2週連続開けるという不安もあり、坂本から登山道を登るつもりで行ってみることにした。
 民宿裏の登山道入口側林道へ入ると、立派な轍が付いていた。もしやと思い、車で進んでみた。途中で少しヒヤリするところもあったがトンネルまではたどりつけた!トンネルより先はもちろん積雪で車が入れる状況ではなかった。しかし、ここまで来られれば、M田新道がある!今日来るはずのヨッシーに電話をかけて、トンネルで待っていることを伝えた。後から上がってきた、コビッキーとジュニアと4人でM田新道を上がることになった。結局行きは1時間。帰りは30分。尾根へ上がる沢での、壺足の急登がきつかった。クラストした表面が割れると50cmぐらい沈む。疲れた。体がヨレてしまった。下から上がるのと同じような疲労だった。私としては、時間的には殆ど変わらないけど、標高差が断然少ないこちらからアプローチしてもよいけど。帰りはこちらの方が断然楽だろう。
 M元さんに声をかけておいたのだが、H岩パーティが3人だった。MKH田さんと1430まで組んでもらうことにした。

(1-2) ワーカーホーリック(10b)、再登+Tr
(3) 振り返るな(13a)、××
(4) 振り返るな(13a)、×

 アプローチで体幹がヨレてしまったのか、岩が冷たかったからか、中二週だったせいか。2トライとも6p目クリップした時点でヨレヨレだった。だけど、核心セクションの左穴指アンダークロスムーブは、右手サイドを取ってから、左足右足左足とステップ切りながら足の力で体を上げていき、肘を引き付ける体勢へもっていくことがポイントのようだ。忘れていた。肘伸ばしたままステップして最後に引きつけだと大きな力が必要で引きつけられない。それと今日は新しいドラゴンを外岩に下した。あっ核心ムーブ掻き込める。6p目から8p目にかけては結構いい感じだった。もうちょっと頑張ろう!

〇 トンネルを抜けると…
・こちからからのアプローチ、しばらく車は無理そうです。
・ここから、道を確認しながら50分ぐらいです。今日は壺足辛かったのですが、踏み跡つけたので次回は少し楽に登れるでしょう。
b0037220_23221808.jpg

〇 今日の弓状
・この寒いのに、M元さんが「おいしいよ(12c)」をRP!落ち着いた登りでした。
b0037220_23202022.jpg
〇 ノースでもRP
・H岩さん、RPです。特にコンディションが良いというより、お日様弱くて寒いのに。みんな強すぎ。
b0037220_23292850.jpg

きん

# by Climber-Kin | 2016-02-06 23:21 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

リンク情報アップデート

 リンク先のURLをフォローするのは大変です。突然変わっていることが多いです。本ブログの「リンク&情報」のいくつかを修正しました。

二子山への林道は、「西秩父線」ですよね。管理上は当面閉鎖となっています。


国道299号の路面カメラを見つけました。いつまであるかわかりませんが、助かる情報です。


きん


# by Climber-Kin | 2016-02-04 10:56 | 岩場情報 | Comments(2)

動脈硬化対策、その2

「このままだと、バック・トゥ・ザ・ヘビークライマー!」

 先週末は、雪予報のためジム直行でした。ジムに行くと、何故二子へ行かなかったのか、みなから聞かれました。どんな天候でも突撃するイメージがあるのですね。一応、本人はRPトライフェーズのつもり(笑)なので、コンディションが悪い状況で討ち死にトライをするために、無理やり行くつもりはないのですけどね(笑)。最近は、ジム記事を上げないので、外岩いかないと、記事に間が開いてしまいます。そこで、合間記事を上げます(笑)。

 何故、対策その2なのか? それは、対策1は禁煙だからです。心臓CT検査ではギリギリセーフと診断されました。頸動脈血管検査も終了しました。血管年齢は5歳ほど若いようです。よかったよかった。次は、来月末に採血検査をする予定です。夏の健康診断時に調べた採血結果と比較します。採血して具体的な数値(LDL値、HDL値)がでるので、具体的な効果がわかるかもしれません。そこで、この機会にやってみようと思いつきました。
 これ高いです。継続するのは、ちょっと厳しいですが、採血検査までの期間だけ、やってみましょう。しかし!問題はそれだけではありません。禁煙成功で困ったことになっています。

〇 バイオメガ3、EPA&DHA、バルクスポーツ
・パートナーさまがこれを使っていました。
・DHA&EPAの主な効果は、
① 中性脂肪や悪玉LDLコレステロールを現象させる。血液をサラサラにする。
② 血栓予防効果。
③ 動脈硬化、高脂血症、認知症の予防。脳の活性化、がんの抑制。
④ 持久力向上。
⑤ ダイエット。
・一番心ひかれた効果は最後のダイエットです(笑)。禁煙で、恐ろしく体重が増えてしまいました。ダイエット効果に期待です。
b0037220_15065797.jpg
〇 筋トレ再開
・禁煙効果で、とにかく体重増です。食べるものは全ておいしいのですが、酒がうますぎます。まずい状況です。
・このままだと、初12aを登ったころの体重まで戻りそうです。
・ビール禁止、日本酒禁止。醸造酒禁止です。飲むのは当面、蒸留酒のウィスキーと焼酎のみにします。
・写真は東村山駅のサンパルネです。クライミングジム行かない時は、とにかく汗を流します。
b0037220_22160594.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2016-02-02 15:18 | ボディケア | Comments(0)

2016年1月23日、二子山、積雪

 数十年に一度の寒さらしい。それなら、どこへ行っても寒いだろう。下から登山道なら入れると情報があった。たまには登山も兼ねて体力増進もよかろうと、二子山へ入ってみました。もしかしたら、金曜日に誰か林道にはいってくれたかもと期待して。
 そして、林道へ入ると、あっ轍がある! そのまま林道を上がっていくと、轍は50mで途切れていました。やはり、下から登ることになりました。2年前の大雪に比べれば、積雪は全然少ないです。しかし、来週末も南岸低気圧が通過する予報のようです。どうなることやら。
 晴れのち雪の予報が朝には変わっていて、終日曇りになっていました。日の差さない、ずっと氷点下の一日かと思ったら意外と風は穏やかで薄日が暖かく、弱弱しいながらも陽だまりになって、お昼ごろには1度まで上がってくれました。しかし、2時を過ぎるとお日様は雲に完全に隠れ、あっと言うまに氷点下2度になってしまいました。ということで、2便目出す気が起きずに遅上がりの早上がりになってしまいました。

(1-2) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登、Tr
(3) 振り返るな(13a)、×
・結構焼石を焼いて、二段へ上がったのですが、気温が低いせいで、4p目でレストしているうちに冷めてきてしまいました。よれ気味でそろそろ新しいシューズにしようと思っていたドラゴンレースはゴム底が冷えるのか滑ります。
・いつもより力が入っての核心セクション突入は、全然だめです。
・得られたことは、①核心セクション入りの右手サイドは内側の溝へ指が直角の角度で持つこと。下から斜めに指が入っていると体を上げられない。

 随分遅く弓状へ上がってきたとはいえ、二便ぐらいは出すつもりだったのですが、日が陰って寒くなってしまいました。でも、せっかくだから、無理便だして何か得るものがあるかも? 5-6p間修正するか?とも思ったのですが、寒すぎて体が動かないので、やはり何も得られないような気がしてきて、気持ちが萎えてしまって、早退してしまいました。下吉田泊まり、そして翌日は風強くて寒そうなので、ベースキャンプへ行ってしまいました。

〇 今日の弓状
・登山口に停まっていた車は、習志野ナンバーに水戸ナンバー。誰が来たかすぐにわかってしまい、笑ってしまいました。
・我々を含んて6人上がって来てました。
・YMNさんは、「任侠道(12d)」を初ワンテン、おめでとうございます。
・パートナーさまは、これがチャンスとばかりに「任侠道」を初触りして、喜んでいました。
・写真は、「おいしいよ(12c)」を探るウッチーJr。ウッチーと言うと大御所がいるから、ウッチーJrだ。いや、ジュニア(Jr)にすれば?
b0037220_22321087.jpg
〇 下山
・林道には、結構大きそうな車がチャレンジした轍があったけど(帰り)、200mで挫折していました。
・登りは、私の足で、休憩入れて1時間15分ぐらいです。普通の人なら休憩いれないで50分ぐらいで到着できるでしょう。
b0037220_22324316.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2016-01-24 22:33 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2016年1月16日、二子山

「わずか0.5手前進したけれど?」

 そろそろ冬らしい寒気がやってきたようです。今週は寒いかなぁと思って二子へやってきたのですが、温度は下がって来てはいるものの、風がないので、まだ大丈夫です。RPがいくつか出ていました。

(1-2) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登+Tr

(3) 振り返るな(13a)、5p目ヌンチャク掛け
・先日、モッチーがRPして、5p目のヌンチャクを回収したと業務連絡あり。
・5p目のヌンチャクを掛けてきました。
・ついでに1p目までのムーブと5-6p間のムーブを若干修正。

(4) 振り返るな(13a)、×、ワンテン
・4p目右ズレレスト、あれっ、腰が痛くてヘッドレストが辛い!ヘッドレストは、背伸びして頭をコルネに引っ掛ける。体幹が疲れなぁと思っていたら、やはり、腰が痛いと辛いということは、やはり体幹にダメージ与えていたのか?
・5-6p間は、左手右手と出した後、先便で確認した通り、右足を一段上げてから左足バックステップで左手アンダー取りで楽になった。
・6p目クリップして、核心セクションへ入る。左指穴アンダーは刺して、体を上げようとしたところで指がスッポぬけてしまった。

(5) 振り返るな(13a)、×、0.5手前進
・4p目右ズレレストは、腰痛いので、ヘッドレスト少な目でレストしたら、意外と戻せた。
・核心セクションは、左指穴アンダー刺して、右手ドーンが止まった!さらに、右手飛ばしは?指がよれてて、腰が壁から離れていたこともあって、右手からホールドが逃げて行った。あ~。

(6) 振り返るな(13a)、×××
・日没近くの4時に3便目を出してみたが、岩が冷たくなり始めていた。指皮も痛すぎで、何も得るものはなかった。あ~。

 久しぶりに、核心セクション前半の右手ドーンが止まりました。その次の右手飛ばしは、ホールド届いて、しばらく握っていたので前回より0.5手前進ってところでしょうか。しかし、核心セクション終了の8p目クリップホールド、コルネの頭まで、まだ7.5手です。まだまだです。0.5手前進したものの、指がよれて落ちてしまったのは少しショックです。まだまだ先が長いのに、本当にこのルート登れるのか? いやいや、落ちたのは腰が壁から離れていたからでしょう。と言うことにしておきましょう。こうして、52歳最後のトライは終わりました。今日の「振り返るな」では、10代の若者が3撃していました。一方、あのN村さんも「振り返るな」に参戦して来ました。M上さんにそっと聞きました。N村さん何歳? あっそうですか。強い! 私の次回のトライは53歳。歳を取ったからなんて言ってられません。まだまだ頑張りますよ~
① スタート~1p目
・初トライから変わっていなかった、少し力がいるムーブ。あまり好きではなかったが、変える機会がなくてそのままだった。修正できた。
② 5-6p間
・5p目クリップホールドから左手を饅頭ホールドガストンで右手アンダー、そのまま、パツパツで左手アンダーへは、ずっと疑問符だった。
・左足右足とステップ切って、右足一段高くしてから、左足バックステップで左手アンダーにしたら、楽になった。元はこのムーブだったような。
③ 6p目から
・左指穴アンダーから右手ドーンは、取れたとしても、下から繋げた場合は引きつけ力が弱っているから、必ずバランスが崩れる。落ち着いて体勢整えて、右足に重心載せ直してから右手飛ばすこと。
 核心セクションの一番力がいる右手ドーンが再び取れたら、そのまま…なんて夢が頭の片隅にあったけど、その右手ドーンが取れても、既に指がよれ過ぎ。この手の長いルートは、そんな奇跡はないですね。地道に一手づつ伸ばしていくしかないようです。
 そして、日曜日から月曜日かけての低気圧が南岸通過。二子の積雪は?気になる~。

〇 今日もすばらしい青空
・I沢さんがついに「おいしいよ(12c)」をRPしました。おめでとうございます。
・ビパンの若者、国体、埼玉代表?が「振り返るな」を3撃していました。
・風邪は治して来たものの、ジムで背中からマットに落ちて、軽いムチ打ち気味なパートナーさまは、オーララを再登して喜んでいました。
・写真は、振り返るなをトライするN村さん、ババージュをトライする先日「美しき流れ」をRPしたベーキャンのJJさん。
b0037220_23221679.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2016-01-16 23:22 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

2016年1月9-10日、二子山、新年会

「停滞継続中」

 今週の登りは土日の予定だった。ところが、パートナーさまが風邪をひいて、なんだか怪しい雲行きになってしまった。エナジーチームさんが新年会を開くとの情報があり、昼も夜も便乗させてもらおうと単独で出かけたのでした。土曜日は3人組が多く、どっちつかずで、すいませんでした。日曜日は1人組が多く、オーミが4人のビレイを頼まれているようで、オーミがマネージメント能力?を発揮して、私は二段岩壁組にアサインされました。
 土日とも登れてよかったよかった。

◇ 9日(土)
 きんちゃん・きんさんコンビ。初コンビです。
(1-2) ワーカーホーリック(10b)、再登/Tr
(3) バイパス(10a)、再登
・ワーカーホーリックを降りてきて、すぐにTrでやってみた。人が溜まりだしたので、焦って登ったのがよくなかった。前腕に疲れがのこってしまった。
(4) 振り返るな(13a)、××、2テン
・前腕がすっきりしない状態でスタートしたら、めちゃくちゃパンプしてしまった。核心セクションの左手穴アンダークロスは左手スッポ抜けて落ちてしまった。
(5) 振り返るな(13a)、×、1テン
・今度は、左手穴アンダークロスは返せて、右手ドーンは止まらず。
・7p目クリップしてから、6p目から終了点までは、頑張って繋げた。前腕パンプ!

 両神荘のお風呂がボイラー故障で日帰り客お断りだった。久々に薬師の湯に入って、下吉田キャンプ場についた時には、もう宴会は始まっていた。みなさんは、1時ぐらいまで飲んでたみたいですが、おじさんは22時半に眠くて引き上げていました。お酒は抑えたような結局、結構飲んだような。

◇ 10日(日)
 同じルートをトライするMY子さまと組んだ。
(6) バイパス(10a)、再登
(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) 振り返るな(13a)、××
・核心セクションは左手穴アンダークロスは返せたのだが、やはり、右手ドーンは止まらず。
(9) 振り返るな(13a)、××
・指皮痛くて、不調。

 停滞してます。核心セクションの右手ドーンが止まりません。核心のムーブの問題ではないです。前腕がよれているのです。5-6p間で猛烈に吸い取られている気がしてます。1便捨ててムーブを再度見直すべきかと思われます。フィジカル的な限界なのか? 5-6p間、足が低くくて、パツパツでアンダー取りを2回。その上アンダーぶら下がり気味で6p目クリップ。本能寺は核心にあらず。その手前だ!ということで次回も頑張ります。でも、そんなことより、禁煙の上に正月明けで体重が大変なことになってます。そっちの対策の方が先か。

〇 すばらしい青空
・暖かい日々が続きます。青空も続きます。暖冬とは言え空気は乾燥していてホールドはツリツリですけど。
・H岩旦那が、「モダンラブ(12a)」をRPしていました。早い!
・MY子さまが「振り返るな(13a)」を3便目で、前便から30分後に、みごとRP。前腕張らないみたいです。うらやましい。コンペ生活が長く外岩ルートはあまりやってこなかった。初13とのことです。おめでとうございます。
・きんちゃんは、「振り返るな」に「穴ムジ」を初触りして、どちらもいい感じだったみたいで、ご機嫌でした。
・写真は、振り返るなをトライするAK山さんのお連れの方、T内さん?
b0037220_23364265.jpg
きん




# by Climber-Kin | 2016-01-10 23:38 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2016年1月2日、4日、登初め、二子山

「後退?停滞?進展なし」

 年末の登納めから中3日で、年明けの登初め、中3日は雑用すませては、いい時間からお酒飲みながら、スターウォーズのエピソード1からエピソード6まで一挙に観てしまった。観ている途中にお酒のせいで酩酊してしまって、翌日観直したりして、まぁ、とにかく、映画とアルコール漬けの年末年始でした(笑)。
 そして、年始は、2日、3日と登るか、2日、4日と登るか迷って、中1日で指皮が戻るのか?というのもあったのですが、結局2日、4日と登りました。

◇ 1/2(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、MS、再登
(3) 振り返るな(13a)、×××
(4) 振り返るな(13a)、×××

◇ 1/4(月)
(5) ワーカーホーリック(10b)
(6) バイパス(10a)
(7) 振り返るな(13a)、××
・6p目クリップして、遠い左手デカ穴から核心セクションへ、あれっ?右手サイドは手前に引けない。あっ、右手内側の溝に、中指から3本を入れ込まないとダメなのか?って今頃気づく。
(8) 振り返るな(13a)、××
・前便で気づいた、核心セクションへの入りは、右手サイドで中指から3本を入れ込めた。ヨレヨレだったけど、左指穴アンダーは刺すことができた。なるほど。
(9) 振り返るな(13a)、×、6p目まで
・核心セクションへの入りで、息が上がらないようにだけ気を付けた。息は上がっていなかったのだが、前腕が終わっていた。

 2日は、アルコール漬けながらも、中3日で休養十分のつもりで期待してトライしたのですが、体が全然動かず、前回から大きく後退する結果となってしまいました。4日は、2便目でなんとか左指穴アンダークロス取りまでは意地で行きましたが、その次の右手ドーンは止まらず。弱冠後退でした。しかし、また鍵を見つけました。  
 いったい、このルートはRPするのに、いくつの鍵が必要なんだ?
① 核心セクションの入り
・右手サイドは中指から3本を内側の溝へ入れ込むこと。そうしないと手前に引きつけられないことが判明。
・さらに、そうするためには、その前の左手大穴の上側をしっかり持ってスタティックに右手出せること。よいところへの持ち直しが必要。
② 核心セクション中盤
・左手モニョモニョホールド取ってから右手飛ばしで、右足ヒールは、ヒールで体を引きあがろうとしている。これのせい、右膝裏が痛くなってきている。そうではなくて、体をヒールにのせるぐらい腰を右へシフトするイメージの方がよいかも。
③ 6p目クリップ
・右手吸われてる。何とか改良したいのだが...
 私より全然強い人達も結構苦戦している。持久力が全然ない私が、この持久力ルートを登れたら、自分にとっては、かなり凄いこと。頑張ろう!

 May the force be with you ! (フォースがあなたとともにありますように!)映画の中では、「フォースとともにあらんことを!」って訳されてたかな? 自分に言うなら、May the force be with me ! か?

 年末にスターウォーズ・エピソード7を見て、年末年始にエピソード1~6を観て、スターウォーズ観過ぎで、岩場でも終日頭の中で、ダースベーダーのテーマ(ダンダンダンダーダダンダーダダン…)が流れていました。ダークサイドに落ちてもよいから、このルート登りたい(笑)。

〇 正月の弓状
・暑いのやら、コルネの裏が意外と冷たいのやら、穴の中は湿っぽく感じるのやら、自分が染み出しているのか? ヌメっていたのか? わけがわかりませんでした。
・2日に、エンさんが振り返るなをRPしていました。おめでとうございます。
・4日の写真。遠くに見えるのは、振り返るなをトライするMY子さま、2便目はいいトライでした。おしかった。手前に見えるのは、AVクライマートモちゃん。先日ボルダーのスラブで、再び生AVショウをやってしまったとのこと。
b0037220_22491098.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2016-01-04 22:46 | 二子山'15-'16 | Comments(4)

まとめて食べログ、1/3~4/12

〇 ファイヤー醤油ねぎラーメン、むってっぽう、池袋西口、4/12
・ラーメン回数抑え気味です。そして、食べるなら、この辛いラーが一番行きたい。そして、汁は残すこと。
b0037220_10271836.jpg
〇 ジャンボ餃子&肉野菜炒め定食、天神、小平、4/10
・3回目の訪問かなぁ。口コミ評価3.55になってる。びっくり。確かに無難においしい。
b0037220_10302779.jpg
〇 ペルーアルトアマゾン、珈琲優、要町、4/8
・初めて買ってみました。お店の売れ筋ランキングに入っていません。しかし、この豆うまかった。コク強めです。
b0037220_10311594.jpg
〇 醤油そば、麺処、篠はら、要町、4/8
・名店(ほん田?)出身で、できて早々から、口コミ評価と待ち列がすごいです。
・たまたま、列がなかった日に入ってみました。
・アクを除いた豚骨系昔ながらのラーメン風。なるほど。チャンスがあれば、今度は煮干しそばを食べてみよう。
b0037220_10345744.jpg

〇 つくね、ネギマ、手作り餃子、テッちゃん、東村山小川駅前、4/2
・20年以上前から存在は知っていた。入るのは初めて。
・常連さんから大将が、てっちゃんと呼ばれていた。テッちゃんの店なんだ。
・食事の店ではないです。飲む店です。
・常連店過ぎて、アウエー感高過ぎ。料理もめちゃくちゃおいしいわけではないので、とりあえず、再訪は当面ないかな。
b0037220_19405362.jpg

b0037220_19405622.jpg
b0037220_19450289.jpg

〇 桜エビ蕎麦wt生卵、秩父蕎麦、東村山駅、4/1
・店の前の写真に桜エビ蕎麦がうまそうで、食べてみました。
・駄目でした。この店の天ぷらは、とにかくNGですねぇ。ダンゴがかたまってるみたいな天ぷら。食べるに値しません。
・蕎麦はうまいです。よって、タヌキ蕎麦が一番です。
・たい焼きも熱々ならうまいのに。たまに買うと生ぬるいたい焼き。

b0037220_19462007.jpg
〇 カツドンwt蕎麦セット、東京そば、小鹿野、4/2
・わらじカツドンwtラーメンよりは、体によいかな?笑。
・ご飯半分残して。
b0037220_19492899.jpg
〇 嵐げんこつラーメン、ニンニクげんこつらあめん花月園、東村山、3/25
・まるみが煙草煙幕だったんで、逃げて、こちらの店に入ってみた。
b0037220_10445788.jpg
〇 一二三荘、大仁温泉、3/18~3/20
b0037220_10504812.jpg



b0037220_10514708.jpg




〇 餃子、やきそば、肉丼?、孫悟空、秩父、3/5
b0037220_10532648.jpg
b0037220_10533190.jpg
b0037220_10542595.jpg
〇 琉球ぼうず、3/2
b0037220_10555174.jpg
b0037220_10553328.jpg
〇 北海道?、東村山、2/26
b0037220_11413504.jpg

〇 米沢牛の店、新横浜、2/25
b0037220_10563504.jpg
〇 ダンダダン、西国分寺、2/19
b0037220_11295760.jpg
b0037220_11294253.jpg
b0037220_11294774.jpg
b0037220_11295259.jpg
〇 広東ラーメン、新横浜、2/19
・失敗。
b0037220_11293617.jpg

〇 八海食堂、東村山、2/18
b0037220_11285255.jpg
b0037220_11281510.jpg
〇 グァテマラサンタロッサハニー&マラウィAAモカカ、珈琲優、要町、2/17
b0037220_11391709.jpg
b0037220_11390853.jpg

〇 2/13
b0037220_11381923.jpg
b0037220_11382327.jpg

〇 餃ビー&広東ラーメン、まるみ(多分)、東村山、2/12
b0037220_11373862.jpg

b0037220_11360802.jpg


〇 肉野菜炒め定食&麻婆豆腐セット、春雷、小鹿野、2/11
b0037220_11363625.jpg

b0037220_11364692.jpg


〇 サンマルク、2/7
b0037220_11322771.jpg

b0037220_11323386.jpg

b0037220_11323782.jpg

b0037220_11324198.jpg

b0037220_11324549.jpg


〇 魚屋一丁、ランチシリーズ、新横浜、1/21、1/30、2/24、2/28
・カキフライはおいしかったが...
b0037220_10584663.jpg
b0037220_10582142.jpg
b0037220_10583002.jpg
〇 関西の方の珈琲店、1/30
・おしゃれなんだが、珈琲がうまくない。高い。
・店員がこなれていない。
b0037220_11010135.jpg

〇 三百宴、一橋学園、1/30
・すべての料理が300円。
・焼き餃子だけは、うまかった。次回行くことがあったら、餃ビーだけにしよう。
b0037220_11022799.jpg

b0037220_11023234.jpg

b0037220_11023648.jpg

b0037220_11024046.jpg

〇 琉球ぼうず、小川、1/29
b0037220_11254356.jpg

b0037220_11250907.jpg

b0037220_11263953.jpg
〇 琉球ぼうず、1/25

b0037220_11242992.jpg

b0037220_11235244.jpg

〇 どこだろう?1/24
・爆弾ハンバーグ?
b0037220_11223366.jpg


〇 豊楽、小川、1/22
b0037220_11194134.jpg

〇 アぐ―餃子、琉球ぼうず、小川、1/21
b0037220_11195962.jpg


〇 一期一会、東村山、1/19
b0037220_11163123.jpg


〇 ?、1/19
・あっ、新横浜のラーメン博物館っぽい。
b0037220_11155528.jpg


〇 ホワイト餃子、1/16
b0037220_11152920.jpg


〇 まるみ?喜楽?、1/15
・喜楽のもやしラーメンだ。
b0037220_11151078.jpg


〇 ?、1/14
・どこだろう?
b0037220_11143469.jpg

b0037220_11142954.jpg


〇 もやしラーメン、喜楽、小川、1/8
b0037220_11131472.jpg


〇 ?、1/7
b0037220_11120693.jpg
〇 とんかつ定食、春雷、小鹿野、1/4
b0037220_11075699.jpg
〇 1/3-1/4
b0037220_11072596.jpg

b0037220_11072788.jpg

b0037220_11073223.jpg


〇 ?ラーメン、秩父、1/3
b0037220_11053893.jpg


きん


# by Climber-Kin | 2016-01-03 19:50 | 食べログ | Comments(0)

2015年のまとめ

 昨年はいろんなルートを沢山登れたのに、今年はクライミング関しては、成果らしい成果を出すことができませんでした。一方、クライミング以外では楽しい思い出や大きな成果を作ることができました。

 昨年暮れから二子山では「振り返るな(13a)」のトライを始めましたが、右肩が痛いこともあって、何も進展がないトライが続き、何気なく二子シーズンが終わってしまいました。春は、中里の岩場へ少し通いました。「神流のカンナ(13a)」をトライしました。この課題はまさに自分のためにあるような課題と感じたのですが、一カ所、手の持ち方さえ変えられれば登れそうだったのですが、これも詰めきれずにシーズンが終わってしまいました。GWから小川山で「力The大岩(12c)」を集中的にトライしました。登れる感触があったからです。しかし、GW明けから急にフリクションが悪くなり、これまたシーズンが終わってしまったのです。
 今年は6月から沢登りへ行くようになりました。ここ数年、たまに夏だけ水遊びのように沢へ出かけてはいたのですが、夏休みに北アルプスの大きな沢へ入ることを目標に、今年は本格的に沢登りを再開しました。季節的に早すぎたり、増水してたりと、ちょっと大変な沢登りも多かったです。夏までに、体力と沢登りの感を少し取り戻すことができました。天候にも恵まれ、お盆休みに「双六谷~蓮華谷~九郎右衛門沢~黒部五郎小屋」を遡行できました。
 お盆過ぎからクライミングへ戻りました。カサメリ沢とカンマンボロンで花崗岩らしい難しい12を3本登れました。しかし、小川山の「力The大岩」は詰め切れていませんでした。難しいムーブでトライし続けると言う、いつものチョンボでした。シーズン最後にそれに気づきました。いつもだと、鍵に気づくと、すぐに登れたりするのですが、今年はクライミングにツキがなかったのでしょう。登れずにシーズン終了でした。そして、また、二子シーズンへ突入しました。今シーズンの「振り返るな」は少しづつですが進展があるようです。登れるシナリオは頭の中では出来つつあるのですが、現実の完登の目途はまだ立っていません。新年も二子からスタートです。
 そして、何と言っても今年の最大の成果は「禁煙」です。自分の意志力と言うより切羽詰まった状況がきっかけではあるのですが、30年以上喫煙してきた私が禁煙できたのです。自分でも驚きです。新年も禁煙を継続し、体力を維持したいと思います。そして、もっともっと、クライミングや沢登りを通して自然を楽しみたいと思います。

〇 クライミング
◇ 完登ルート
(1) カサメリ沢・リトルサンシャイン(12a)
(2) カンマンボロン・太陽の塔1pt目(12a)
(3) カンマンボロン・太陽の塔2pt目(12a)
(4) カサメリ沢・キキンバック(11d)
(5) カサメリ沢・ゆびきりげんまん(11c)
◇ 完登できなかったルート
(6) 二子山・振り返るな(13a)
(7) 中里の岩場・神流のカンナ(13a)
(8) 小川山・力The大岩(12c)
(9) 有笠山・ルンルンしんすけ(12b)

〇 沢登り
(1) 湯檜曽川・東黒沢~ウツボキ沢~宝川、6/6
(2) 笛吹川・東沢・鶏冠谷右俣、6/20
(3) 滝川本流、7/11
(4) 笛吹川・東沢・釜ノ沢西俣、7/19~7/20
(5) 三条新橋~おいらん淵、7/25
(6) 日原川、倉沢本谷、8/1
(7) 北アルプス・双六谷~蓮華谷~九郎右衛門沢~黒部五郎小屋、8/10~8/13
(8) 中央アルプス・太田切川・西横川、9/21

〇 今年一番の成果
・禁煙開始、9/30~

 以下は今年のハイライトです。

〇 蓮華谷から九郎右衛門沢F1を望む「双六谷遡行」
・4日間、体力がよく持ちました。この時は、まだ煙草吸ってたし。
・荷物が重いのが一番大変でしたが、まだ、できるんだって自信にもなりました。
・20年振りぐらいに2,000m、3,000mの山頂を踏みました。
b0037220_08491442.jpg
〇 早すぎた沢登り「湯檜曽川・東黒沢」
・小川山から見えるGWの金峰山に全然雪がなかったので、勘違いしてしまいました。冷静に考えれば、ちょっと前まで山スキーの季節。この時期の上越の沢は雪だらけですよねぇ。
・ナルミズ沢へ継続するはずが、敗退でした。
b0037220_09154053.jpg
〇 増水で大変だった「滝川本流」
・滝川本流とおいらん淵、それに釜の沢は増水で大変でしたけど、面白かった。
b0037220_08555730.jpg
〇 でっかい岩、カンマンボロン「太陽の塔1-2pt目」
・1pt目も難しかったけど、2pt目はもっと大変だった。でも、超奮闘的な今年最高の登りだった。
b0037220_08572238.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-12-31 08:15 | 目標と成果 | Comments(4)

禁煙の酒

 9/30に禁煙外来を訪れて、禁煙開始して、ついに3ヶ月が経ちました。禁煙治療の終了です。しかし、一度煙草に犯されてしまった脳は元に戻ることはありません。喫煙経験者は、もう永久に非喫煙者にはなれません。死ぬまで禁煙者です。たまに吸いたいなぁと感じることがありますが、これも脳が習慣として記憶してしまっているからとのことです。1年ぐらいすれば、これもなくなるそうです。引き続き禁煙頑張ります。

〇 禁煙の酒
・おなじみのラフロイグとバウモアは小瓶にしました。
・サントリーから新発売された「知多」を買ってみました。愛知県知多蒸留所の「知多」ですね。シングルモルトでなくて、シングルグレーンウィスキーとありますが、グレーンウィスキーって?
・調べてみると、モルトウィスキーは大麦麦芽のみを原料に単式蒸留器で作り、グレーンウィスキーは、小麦yはトウモロコシなど複数の穀類と大麦麦芽を原料に、連続式蒸留器で作るとのことです。単式/連続式の蒸留器って言われても、よくわかりませんが、まぁ、複数の穀類から作るのがグレーンウィスキーってことのようです。
・モルトのみで、かつ混ぜないのを「シングルモルト・ウィスキー」。
・モルトのみだが、モルト同志を混ぜるのが、「ピュアモルト・ウィスキー」。
・グレーンだけで、モルトを混ぜないのが、「シングルグレーン・ウィスキー」。
・モルトとグレーンを混ぜるのが、「ブレンディッド・ウィスキー」。
・ってことのようです。だとすると、グレーンのみで混ぜた、「ピュアグレーン・ウィスキー」って存在するのかしら?既に混じってるんだから、単にグレーンウィスキーと呼ぶ方が正しい気もするのだが。
・知多蒸留所のグレーンウィスキーは、サントリーの全てのブレンディッドウィスキーに使われているようです。
・味の方は、セメダイン風味が少し強いけど、少し甘めで、濃い目な味。ハイボール用に開発したようですね。
b0037220_12285366.jpg

〇 年末年始追加の酒
・二子の帰りにセブンイレブンで買いました。
・金賞受賞につられて買っちゃいました。大吟醸な上に、ちと甘めかな。まぁ、日本酒は甘めの方が好きなので。
・ニッカ「宮城峡」は、シングルモルトです。マッさんが、個性生み出す風土を求めて選んだのが、杜の都、仙台は二つの清流が出会う峡谷だったようです。フルーティで甘めです。あっ、これの12年飲んでみたいなぁ。高いかなぁ。
b0037220_12290159.jpg
〇 禁煙治療終了の表彰状
・最終日は、チャンピックスを処方されないので、行かなくてもよかったのですが。行ってみたら、表彰状をもらいました。
・それと、循環器系内科を紹介してもらい、紹介状を書いてもらいました。こっちの方が大きかったかな。
・ついに禁煙するきっかけになったのは、夏の健康診断でした。オプションでCT検査を入れたのですが、肺自体には異常はなかったのですが、別のものが映ってしまいました。「冠状動脈に石灰巣あり」再精密検査要となってしまったのです。そして紹介して頂いた循環器系内科へ先日行ってきました。
・石灰化だから、カリシゥムが付着するのかと思っていたのですが、違ってました。LDLコレステロールが癒着し、それが石灰化するのだそうです。この石灰を取り除くことは、現在の医療ではできないそうです。
・原因は煙草とストレスだそうです。煙草やストレスにより、血管を傷つけるのだそうです。そして、傷ついた血管部分にはLDLコレステロールが付着しやすいそうです。
・石灰化が、かなり進行していました。しかし、まだ、動脈の内側へは出ておらず、まだ血流を妨げることはないようです。ギリギリセーフでした。
・同量の喫煙者でも、なりやすい人となりにくい人がいるそうです。遺伝だそうです。
・そして、これから、どうすればよいか先生に聞いてみました。禁煙する以外に特にやることはないそうです。副流煙もなるべく吸わないようにとのことでした。
b0037220_12364217.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-12-31 07:29 | 酒ログ | Comments(0)

2015年12月29日、二子山、登り納め

「最高到達地点更新もコルネ頭取りまで後8手」

 冬型気圧配置が続き寒い朝だった。ラジオが告げる天気予報では、昼から冬型も緩むらしい。空気は冷たく、時たま風が吹き込んで冬らしくなっては来たが、まだ、耐えられる寒さだった。今日の二子はガラ空きなのではないかと思っていたのだが、この時期にはこの時期に来るクライマーがいるわけで、まぁまぁ、にぎやかな弓状でした。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、再登

(3) 振り返るな(13a)、××、2テン
・まだ岩の裏側が冷たそうだが、今日は3便出すつもりで11時ごろに一便目を出した。
・先日改良した、6p目からの核心入りは、ステップ切って、腰が上がって左指穴アンダークロスは取れたが、なんだか体が上がってこない。左指スッポ抜けてフォール。うーん。何故だ?
・気を取り直して、6p目から再ワンテン狙って行くが、左手モニョモニョホールドが抜てきてしまって、右手穴ホールドへの送りで落ちる。2ヶ所テン。

(4) 振り返るな(13a)、×、最高到達地点更新
・4-5p間の腰押しつけレストで、モッチーから「ナイスレスト!」と声が上がってきた。このレスト疲れるから長居できなくて、あまりナイスじゃないんだけどと心の中でつぶやいた(笑)。
・6p目からの核心入りの左指穴アンダークロスは、今度は意識して右サイドは引きつけ、左穴アンダーは脇を締めた。立ち込めた。そして、右手ドーンが止まった!
・しかし、左足が外れてあわててしまった。落ち着いて、体勢整えてから右手送ればよかったのだが、壁から体が離れたまま、慌てて右手送ってフォール。
・右手送った状態から再スタートしてワンテンで抜ける。

(5) 振り返るな(13a)、××
・インターバル1時間で3便目はありえなかった。

 ようやく、核心セクション最初の山場、左指穴アンダークロスからの右手ドーンが下から繋げて止まりました。ここから傾斜が緩むので、ここまでこれたら後4手ぐらいは進めるのではないかと甘い期待があったのですが、見事に外れました。ここから、コルネ頭取りまでは8手あります。ようやくスタート地点に立てたようなものです。毎回左指穴アンダークロスができるようなら、前進を期待できるのですが、左手指穴アンダー取りが安定しないようだと、さらなる苦戦を強いられそうです。

〇 今日の弓状
・任唐ラインがすいていました。2人? おいしいよラインが意外と混雑。即身仏ラインが一番の混雑だった(笑)
・写真は、振り返るな(13a)をトライするモッチー。熱い応援をありがとう!
・ywt専務が振り返るなの1p目リングボルトのところに、ボルトを打ってくれました。ありがとうございます。
b0037220_23525429.jpg
〇 本日の確認事項
(1) 4p目右ズレレスト
・右手溝に立て差しはよいかも。
(2) 5pクリップ
・もしかしたら、ガバアンダー背骨フレークを右手で左手クリップでなくて、その前のキョン足でレスト&クリップできる?モッチーがやっていた。次回降りる時に確認してみよう。
(3) 6p-終了点
・左指穴アンダー取りムーブは刻み足ムーブが正解!さらに、右手サイド引きつけながら、左指穴アンダー出し時に左脇を絞めること!
・右手ドーンで左足はずれても、慌てず体勢を壁へ戻して、右手飛ばすこと。

きん

# by Climber-Kin | 2015-12-30 00:16 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2015年12月26日、二子山

「最高到達地点は停滞、ワンテンも再現できず」

 冬型気圧配置の週末だった。風ビュービューで辛いかもなと思いながら、二子へ向かった。しかし、土曜日はたまに風が吹いていたが、空気が乾燥してホールドがツルツルに感じる以外は、少し空気が冷たかったが比較的穏やかで、よい一日だった。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、MS、再登

(3) 振り返るな(13a)、×
・2段岩壁に上がると暖かったのだが、岩の裏側は冷たいに違いないと警戒して、焼石を持って行った。
・最高到達地点の更新を狙って、岩が少しでも温かめになる遅めの時間に出発した。
・しかし、ホールドはスベスベ気味で5-6p間のアンダーホールドとガバが冷たい。
・そして、核心セクションスタートの左指穴アンダー取りは?右手引きつけられず。フォールだった。うーん?
・左指穴アンダー取りは、左足アウトサイドステップでリハーサルしてみた。それでもできるのだが、力の必要具合は同じような感じだった。しかも、左手指アンダー取った後、左足がアウトサイドエッジなので、右手ドーンの前にもう1アクションが必要になってしまう。
・6p目からのリハーサルは、左手モニョモニョホールドは、ムーブを起こすと、どんどん抜けてきてしまう。あー、今日はフリクション悪いのか。
(4) 振り返るな(13a)、×、ムーブ探り
・今度こそ左指穴アンダー取りまで行くぞと頑張ったのだが、今度は、右手サイドで指先が溝に入り込んでいなかった。少しデッド気味だったか? 左指穴アンダー取りは全く腰が上がらず。
・うーん。いずれにしろ、右手サイド取りをフリでとってから、大きなクロスステップで一発で足上げると、腰が下がるのは必然か?ここだけリハーサルすればできるのだが、下から繋げると、ますます腰が下がってしまって、体を引き上げられない。
・左足中継ホールド踏んで、右足を6p目クリップの穴アンダーに刺してから、左足を寄せてみた。あっ、これだと腰が上がっていて、楽になる。ここだけ、3回ほど練習して、6p目から繋げて終了点までの1ヶ所テンを狙うが、やはり、左手モニョモニョホールド保持が抜けてしまって、2ヶ所テンとなってしまった。
(5) 振り返るな(13a)、××
・16時過ぎに、もう一便出してみた。先便から1時間しかインターバルがなかったが、改良した核心セクションを下から繋いで試してみたかった。
・結局、左指穴アンダーは取れなかったが、ステップは一発で決められた。次回に期待です。

 今回も最高到達地点は更新できませんでした。核心セクションの最初を越せませんでした。下から繋げて入ると、腰が下がりきってしまって、少しよれた右手では、引きつけられないのです。
 もうムーブ修正はないかと思っていましたが、初期の段階から、ちょっと気になっていた、核心への入りの大きなクロス足ステップだと腰が下がってしまう問題があることにようやく気づきました。やはり、テンションムーブでした。細かく刻んでステップするムーブに改良できました。しかし、腰位置が上がって楽になったとは言え、大幅に楽になったわけではありません。やはり、そこは、声をだして、うっと力を出す必要があるのでしょう。そして、左指穴アンダーから右手ドーンが取れれば、コルネ頭取りまでの残り8手は少し傾斜が緩みます。頑張れるかも? 頑張らないと! まずは、この左指アンダークロスムーブをクリアできないと話が進みません。

〇 今日の弓状
・海外組や遠征組がいなくなって、空いてるかもと思ったら、意外とクライマーは多かったです。
b0037220_20170845.jpg
〇 本日の確認事項
(1) 4-5p間
・腰押しつけレストからの出発は、左手プッシュで左足上げられかもと思ったが、押すとこなかった。左手は意味なく引きつけないように注意ぐらいか。
・やはり、腰押しつけレストは10秒ぐらいでよい。それ以上長居すると、逆に疲れてしまう。
(2) 6p目クリップ
・右手穴アンダーホールド握って、右足低めのままで腰を入れこんでクリップ。この時、右肘の曲がりに気を付けよう。どうも、この6p目クリップで右手がやられている感じがしている。
(3) 6p-終了点
・左手大穴ホールドは、左手真上引きになるぐらいに持ち直すこと。
・右手サイド取ってから、一発で左足クロス出しでなくて、左足中継ステップして右足を6p目クリップホールドに刺してから、左足を所定の位置へ。それから、右足を極薄フットホールドへ当たて、左指穴アンダークロス取りへ。

きん

# by Climber-Kin | 2015-12-27 20:18 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2015年12月23日、二子山

「最高到達地点は停滞ながらもワンテンへ!」

 午前中ぐらいは陽がさしてほしかったのですが朝から曇り空でした。まぁ、「冬型北風強の雪雲流れ込みで曇り」って最悪のパターンではなくて、「冬型崩れの湿度は高く気温はずっと0度あたり」の、岩は冷たいけどフリクションはとってもよいってパターンでした。自分自身もこのパターンでRPできたことがあったので、チャンスの人にはチャンスだろうなぁ。自分を含めてチャンスでない人には辛い一日だろうなぁと弓状へ向かったのでした。エナジー組が出発を30分遅らせたとのことで、今日は久々に弓状一番到着でした。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、MS、再登
(3) 振り返るな(13a)、×、ワンテン、6p-終了点繋ぎ成功(初)
(4) 振り返るな(13a)、×、6p-終了点繋ぎ成功

 前回あたりから、下から繋いで6p目クリップ後左手大穴までは毎回のように行けるようにはなってきたのですが、そこからの「左指穴アンダークロスからの右手ドーン」ムーブが下から繋げて成功できていません。今日は寒かった。やはり寒いと力余分に入ったり、余計に焼石握ったりで疲れるようです。最高到達地点は後退でした。一方寒くても湿度が高くフリクションがよかったです。おかげで、6p目から終了点までリハーサルで初めて繋げることができました。6p目からなのに全腕がパンパカパンになってしまいました。
 一連の核心セクションがようやくできたとは言え、この持久系ルートは、力100のうち90ぐらいの余力を持って6p目以降の核心セクションへ入れないとRPできる気がしません。今は40~60ぐらいの感じです。核心セクションの一番最初の一番力の必要な狭ムーブを超えられません。核心セクションが固まってくると、後はいかにそこまで楽に到達できるかの持久力ルート特有の辛いフェーズになってしまうのでしょう。
 各トライごとに猛烈に前腕が張ってしまいます。今は、一便目が一番到達点を高くできそうな感じです。しばらくは暖かくなってから1便目を出した方がよさそうです。

〇 今日の弓状
・寒かったです。でも、フリクションはよかったです。煮詰めている人はRPが出るパターンでした。
・素晴らしいRPが二つありました。チエちゃんがついに「任侠道(12d)」をRPしました。私の「おいしいよ(12c)、199便」以上のようです。本人は500便と言ってますが? 登校拒否があったから、そこまでは行ってないでしょう。まぁ、とにかくおめでとうございます。M光さんは軽く「唐獅子(13b?)」をRPでした。おめでとうございます。
・写真は、ひょっこり二子山、MOTさんの穴ムジ探りです。ついでにISMくんが映っちゃいました。
b0037220_22390137.jpg
〇 本日の確認事項
(1) 6p目クリップ
・本日2便目で、右足低め左足高めで腰が入ってクリップできていたとのこと。しばらく、これでクリップしてみますか。
(2) 6p目クリップから左手大穴保持
・本日2便目は少し余裕があったのに、左手大穴からのサイドガバへ手を出せなかった。左手のモチ場所が違った。さらに上側持ち直すべしのようだ。殆どアンダーっぽいぐらい。小指と薬指が溝にはまる感じかも。次回要確認。
(3) 6p目-8p目
・左穴アンダークロス取りは、左足インサイドエッジでガニって取りに行ってるが、もしかしてアウトサイドエッジか?
・今日確認したが、左手コルネホッペ取りから、やはり次は左手コルネコメカミ飛ばししかないようだ。
・右手多少よれていても、左手コルネホッペ取りから先へ行けるようだ。あきらめないで頑張ろう。
(4) 8p目-終了点
・終了点ヌンチャクは下からクリップするなら、左向きゲートがよいかも。右向きだと、パンプしてるとできないかも?

きん


# by Climber-Kin | 2015-12-23 22:41 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

2015年12月19日、二子山

「最高到達地点は更新も2テン・フォーエバー」

 久々に冬型の気圧配置になった。町でも一挙に冬の空気に変わった。土日とも天気がよさそうだが、土曜日は冬型が残って、風が強くて、雪雲が飛んで来たりしないか心配だった。今週は土曜日の夜に第2回目のクライマー忘年会があるので土曜日だけの登りだった。
 土曜日は午前中、風が強く寒かったのですが、午後からは風もやみ、穏やかなRP日和りでした。

(1-2) 高く登れ(10b)×2、再登
(3) ワーカーホリック(10b)、再登

(4) 振り返るな(13a)、××
・ 午前中の1便目は寒かった。6p目クリップしてから、核心セクションへ入ろうとしたら、何故かロープが左足に絡んでしまった。ロープ絡みを外しているうちに右手がよれてしまった。

(5) 振り返るな(13a)、××
・2便目は風がなく2段岩壁はとても暖かった。それでも焼石は持って行った。5-6p間がなんとなく、最近難しくなっているような気がするのだが、6p目到達し左手大穴を取ってからの核心セクションへの入りへ。今度は、左手穴アンダークロス取りで指が穴に入った。そして、右手ドーンだが、腰が落ちきっていて、上がってこないまま無理やりだしてフォールだった。
・やはり、でかい私は、この核心セクションの出だしが狭くて厳しい。でも、もうちょっとで右手止まりそうだった。
・それでも、下から繋いだ最高到達地点は前進前進。
・そして、6p目から終了点まで繋いでワンテンにしたかったが、コルネホッペは掴んで、コルネコメカミへの飛ばしで、左足位置にロープが走っていて、うまくこなせず、そこでフォールしてしまった。

 安定して、核心セクションへは入れるようになってきました。核心セクション後半もだんだんコナレてきました。突然のRPの可能性も無きにしも非ずぐらいの夢?のような期待感も少し持てるようになりました(笑)。しかし、その現実は、核心セクションの最初の難関の狭い左手穴アンダークロスからの返しを超えられません。6p目から終了点までの核心セクションの繋ぎも、またできませんでした。今日は久々にホールドが乾いていただけかな?ってところもありますが、少し前進できました。


〇 今日の弓状
・H岩旦那さまが「ノースマウンテン(12a)」をRPしていました。初12aとのことでうれしそうでした。その調子でガンバです。くみこさまも次回あたり、ゴーです。濃淡さまも「火の鳥(12a)」をRPとのことです。「おいしいよ」でもRPでていたようです。完登のみなさま、おめでとうございます。
・写真は、ひょっこり二子山登場で、ホテル二子をトライするM下さんです。RPしたかは不明です(笑)。チコちゃんに岩場では200円足りなくてパンツ代払えなかったと、まーさまが嘆いていました。
b0037220_17040309.jpg
〇 本日の確認事項
(1) 4p目まで
・あまり、あわてないでね。
(2) 4p目レスト
・4p目まで楽に来て、あまり休みすぎないように。被っていないようで、やっぱり傾斜があるので、居過ぎは体幹がよれる。
(3) 4-5p間
・左手ガストンから腰押しつけコルネへの右手出しは、やはり、左手下引きでなくサイド引きまで上がれば、指が切れない。テーピング不要。
・腰押しつけレストは、10秒ぐらい、居ればよいかも。
・もしかして、左手プッシュすれば、左足上げてからスタートできるのか?
(4) 6p目クリップ
・左足上げずにクリップして、その後に左足上げてがフリで左手大穴取りがよいかも。
・右手薬指のテーピングは、第2関節上に巻くこと。
(5) 6p目~終了点
・やはり、最初の左手穴アンダークロスから右手ドーンが厳しい。腰が落ちているが、ホールドの位置関係状しかたない。これで頑張るしかないかと。
・右足ヒールのやり過ぎで右足膝裏が傷んでいる。注意。
・核心セクション前半を超えられた場合、左手コルネホッペからコルネコメカミ(ガバカチ)への飛ばしが核心になりそう。声出して頑張ろう。

 このルートを登れるシナリオは、自分にとっては一番厳しい核心セクション最初の右トラバースを終には成功し、多少よれた状態で核心セクション後半をこなすことになるのでしょう。核心セクション後半をトライの都度リハーサルして自分の動きとして洗練させておくことですね。登れるまで頑張るぞ!

〇 本日の忘年会
・登った後NR海家に集合して忘年会でした。
・ご近所さんが沢山集まって、朝の3時まで飲んでしまいました。日本酒2本、ボトルキープ。
・元気くんは、朝0730に、ようこさまと二子へ出かけていきました。
・我々は二日酔いで寝坊。酔っぱらって、何しゃべったのか?心配?(笑)。

きん

# by Climber-Kin | 2015-12-20 17:34 | 二子山'15-'16 | Comments(0)