2015年12月23日、二子山

「最高到達地点は停滞ながらもワンテンへ!」

 午前中ぐらいは陽がさしてほしかったのですが朝から曇り空でした。まぁ、「冬型北風強の雪雲流れ込みで曇り」って最悪のパターンではなくて、「冬型崩れの湿度は高く気温はずっと0度あたり」の、岩は冷たいけどフリクションはとってもよいってパターンでした。自分自身もこのパターンでRPできたことがあったので、チャンスの人にはチャンスだろうなぁ。自分を含めてチャンスでない人には辛い一日だろうなぁと弓状へ向かったのでした。エナジー組が出発を30分遅らせたとのことで、今日は久々に弓状一番到着でした。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、MS、再登
(3) 振り返るな(13a)、×、ワンテン、6p-終了点繋ぎ成功(初)
(4) 振り返るな(13a)、×、6p-終了点繋ぎ成功

 前回あたりから、下から繋いで6p目クリップ後左手大穴までは毎回のように行けるようにはなってきたのですが、そこからの「左指穴アンダークロスからの右手ドーン」ムーブが下から繋げて成功できていません。今日は寒かった。やはり寒いと力余分に入ったり、余計に焼石握ったりで疲れるようです。最高到達地点は後退でした。一方寒くても湿度が高くフリクションがよかったです。おかげで、6p目から終了点までリハーサルで初めて繋げることができました。6p目からなのに全腕がパンパカパンになってしまいました。
 一連の核心セクションがようやくできたとは言え、この持久系ルートは、力100のうち90ぐらいの余力を持って6p目以降の核心セクションへ入れないとRPできる気がしません。今は40~60ぐらいの感じです。核心セクションの一番最初の一番力の必要な狭ムーブを超えられません。核心セクションが固まってくると、後はいかにそこまで楽に到達できるかの持久力ルート特有の辛いフェーズになってしまうのでしょう。
 各トライごとに猛烈に前腕が張ってしまいます。今は、一便目が一番到達点を高くできそうな感じです。しばらくは暖かくなってから1便目を出した方がよさそうです。

〇 今日の弓状
・寒かったです。でも、フリクションはよかったです。煮詰めている人はRPが出るパターンでした。
・素晴らしいRPが二つありました。チエちゃんがついに「任侠道(12d)」をRPしました。私の「おいしいよ(12c)、199便」以上のようです。本人は500便と言ってますが? 登校拒否があったから、そこまでは行ってないでしょう。まぁ、とにかくおめでとうございます。M光さんは軽く「唐獅子(13b?)」をRPでした。おめでとうございます。
・写真は、ひょっこり二子山、MOTさんの穴ムジ探りです。ついでにISMくんが映っちゃいました。
b0037220_22390137.jpg
〇 本日の確認事項
(1) 6p目クリップ
・本日2便目で、右足低め左足高めで腰が入ってクリップできていたとのこと。しばらく、これでクリップしてみますか。
(2) 6p目クリップから左手大穴保持
・本日2便目は少し余裕があったのに、左手大穴からのサイドガバへ手を出せなかった。左手のモチ場所が違った。さらに上側持ち直すべしのようだ。殆どアンダーっぽいぐらい。小指と薬指が溝にはまる感じかも。次回要確認。
(3) 6p目-8p目
・左穴アンダークロス取りは、左足インサイドエッジでガニって取りに行ってるが、もしかしてアウトサイドエッジか?
・今日確認したが、左手コルネホッペ取りから、やはり次は左手コルネコメカミ飛ばししかないようだ。
・右手多少よれていても、左手コルネホッペ取りから先へ行けるようだ。あきらめないで頑張ろう。
(4) 8p目-終了点
・終了点ヌンチャクは下からクリップするなら、左向きゲートがよいかも。右向きだと、パンプしてるとできないかも?

きん


# by Climber-Kin | 2015-12-23 22:41 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

2015年12月19日、二子山

「最高到達地点は更新も2テン・フォーエバー」

 久々に冬型の気圧配置になった。町でも一挙に冬の空気に変わった。土日とも天気がよさそうだが、土曜日は冬型が残って、風が強くて、雪雲が飛んで来たりしないか心配だった。今週は土曜日の夜に第2回目のクライマー忘年会があるので土曜日だけの登りだった。
 土曜日は午前中、風が強く寒かったのですが、午後からは風もやみ、穏やかなRP日和りでした。

(1-2) 高く登れ(10b)×2、再登
(3) ワーカーホリック(10b)、再登

(4) 振り返るな(13a)、××
・ 午前中の1便目は寒かった。6p目クリップしてから、核心セクションへ入ろうとしたら、何故かロープが左足に絡んでしまった。ロープ絡みを外しているうちに右手がよれてしまった。

(5) 振り返るな(13a)、××
・2便目は風がなく2段岩壁はとても暖かった。それでも焼石は持って行った。5-6p間がなんとなく、最近難しくなっているような気がするのだが、6p目到達し左手大穴を取ってからの核心セクションへの入りへ。今度は、左手穴アンダークロス取りで指が穴に入った。そして、右手ドーンだが、腰が落ちきっていて、上がってこないまま無理やりだしてフォールだった。
・やはり、でかい私は、この核心セクションの出だしが狭くて厳しい。でも、もうちょっとで右手止まりそうだった。
・それでも、下から繋いだ最高到達地点は前進前進。
・そして、6p目から終了点まで繋いでワンテンにしたかったが、コルネホッペは掴んで、コルネコメカミへの飛ばしで、左足位置にロープが走っていて、うまくこなせず、そこでフォールしてしまった。

 安定して、核心セクションへは入れるようになってきました。核心セクション後半もだんだんコナレてきました。突然のRPの可能性も無きにしも非ずぐらいの夢?のような期待感も少し持てるようになりました(笑)。しかし、その現実は、核心セクションの最初の難関の狭い左手穴アンダークロスからの返しを超えられません。6p目から終了点までの核心セクションの繋ぎも、またできませんでした。今日は久々にホールドが乾いていただけかな?ってところもありますが、少し前進できました。


〇 今日の弓状
・H岩旦那さまが「ノースマウンテン(12a)」をRPしていました。初12aとのことでうれしそうでした。その調子でガンバです。くみこさまも次回あたり、ゴーです。濃淡さまも「火の鳥(12a)」をRPとのことです。「おいしいよ」でもRPでていたようです。完登のみなさま、おめでとうございます。
・写真は、ひょっこり二子山登場で、ホテル二子をトライするM下さんです。RPしたかは不明です(笑)。チコちゃんに岩場では200円足りなくてパンツ代払えなかったと、まーさまが嘆いていました。
b0037220_17040309.jpg
〇 本日の確認事項
(1) 4p目まで
・あまり、あわてないでね。
(2) 4p目レスト
・4p目まで楽に来て、あまり休みすぎないように。被っていないようで、やっぱり傾斜があるので、居過ぎは体幹がよれる。
(3) 4-5p間
・左手ガストンから腰押しつけコルネへの右手出しは、やはり、左手下引きでなくサイド引きまで上がれば、指が切れない。テーピング不要。
・腰押しつけレストは、10秒ぐらい、居ればよいかも。
・もしかして、左手プッシュすれば、左足上げてからスタートできるのか?
(4) 6p目クリップ
・左足上げずにクリップして、その後に左足上げてがフリで左手大穴取りがよいかも。
・右手薬指のテーピングは、第2関節上に巻くこと。
(5) 6p目~終了点
・やはり、最初の左手穴アンダークロスから右手ドーンが厳しい。腰が落ちているが、ホールドの位置関係状しかたない。これで頑張るしかないかと。
・右足ヒールのやり過ぎで右足膝裏が傷んでいる。注意。
・核心セクション前半を超えられた場合、左手コルネホッペからコルネコメカミ(ガバカチ)への飛ばしが核心になりそう。声出して頑張ろう。

 このルートを登れるシナリオは、自分にとっては一番厳しい核心セクション最初の右トラバースを終には成功し、多少よれた状態で核心セクション後半をこなすことになるのでしょう。核心セクション後半をトライの都度リハーサルして自分の動きとして洗練させておくことですね。登れるまで頑張るぞ!

〇 本日の忘年会
・登った後NR海家に集合して忘年会でした。
・ご近所さんが沢山集まって、朝の3時まで飲んでしまいました。日本酒2本、ボトルキープ。
・元気くんは、朝0730に、ようこさまと二子へ出かけていきました。
・我々は二日酔いで寝坊。酔っぱらって、何しゃべったのか?心配?(笑)。

きん

# by Climber-Kin | 2015-12-20 17:34 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

はじめてのベースキャンプ東京

 会社最寄り駅の2つ手前に、ベースキャンプ東京がオープンしました。早々に行ってきました。アウェー感を楽しむつもりが、知り合いが何人かと、遠い顔見知りが多数でした。このぐらいの混み具合なら通えるかも?いやー、開店当初だからだよねぇ。k師風タイトルでした。

〇 べースキャンプ東京
・小さい!と思ったら、奥が深かった。
・奥は広いけど、そっちは天井が低くて、足狭系課題が多数。それはそれで楽しめるかも。
・先日、二子でISMくんと一緒に来ていて、お会いした女性?が受付にいました。
・一昨日、二子にいた女性が?名前なんだっけ?って、×××ちゃん?〇〇〇ちゃん? だっけ? みんながそう呼んでただけで、私は覚えていないか。向こうも覚えていないので、まぁいいか。
・H島げんちゃんがいた!スパイ?(笑)。
・4級までは、全部一撃でしたが、3級はいきなり難しいですね。2級は一本も登れませんでした。
・当然、ホールド新品でガビガビやすり状態。指皮がさらにテカテカ状態へ。
b0037220_22324880.jpg

b0037220_22324328.jpg

b0037220_22314252.jpg


きん

# by Climber-Kin | 2015-12-15 22:42 | ベースキャンプ | Comments(0)

2015年12月12-13日、二子山、忘年会

 12月とは思えない天気ですが、今年もあと残り半月ぐらいになってきました。と言うことで忘年会の季節です。忘年会季節の前に、私自身は禁煙時体重増加平均通り3キロ増で順調です(笑)。そして、今週は下吉田キャンプ場でこじんまり忘年会でした。

◇ 12日(土)
(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 振り返るな(13a)、××
(4) 振り返るな(13a)、××
(5) 振り返るな(13a)、××

◇ 13日(日)
(6) バイパス(10a)、再登
(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) 振り返るな(13a)、×××
(9) 振り返るな(13a)、××××

 土曜日は、金曜日の大雨のわりには、乾いていたのですが、やはり染み出しでした。日曜日の方が染み出しが増えていました。土曜日の2便目は、一番楽に6p目からの核心セクションへ入れたのですが、濡れた指では左手穴アンダークロス体勢まで、体を上げられませんでした。やはり、よれてきた上に狭い体勢で体を引き上げなければならない、この核心出だしのムーブが一番厳しいです。それと、どんなに暑くても、焼き石は持って行った方がよいかもしれません。コルネの裏側と穴ホールド、アンダーホールドの中は冷たいようです。核心セクション入口で指が冷たくて感覚が薄いような気がしてなりません。まぁ、これまでの経験上、冷たいから落ちるのでなくて、落ちた後は指が冷たいだけなのでしょうけど、気のせいでもよいので焼石は持っていきます。
 忘年会は、日本酒を飲みすぎました。秩父錦がうますぎました。日曜日の結果は書くまでもありません。

〇 土曜日はRP日和
・いい天気でした。RP続出でした。
・上州牛のすき焼きはうまかった!
・写真は、モダンラブ(12a)をノーレストでRPする、ノブさま。
b0037220_23405362.jpg
〇 前回の確認事項のチェック
① 4-5p間腰押しつけレスト
・左足高めで右腰をコルネへ捻りながら奥へ入れ込んで、左足をスメアに下げる。右足膝を開いてトゥーフックをかけてみる。右脇を右へ曲げる感じ?
(当たり?いや、まだ不明か)

・出る時は、左足を上げて、左手は持ちやすいところで、すぐに右足バックステップに上げられるところから出ること。
(これ難しい。やっぱり、出る際に力つかっちゃう)

② 6-8p間
・核心最初の右手サイドカチから左指穴アンダー取りで、左手離せない場合は、左手マッチで中継してみて、両手で引きつけて腰を上げてから左手出してみる。この時に、まだ右足を極薄ホールドに当てる必要はない。どこでもよいからスメアして振られをとめればよく、左手指穴アンダーさしてから、右足を所定の場所に置けばよい? いや、右足極薄輪っかホールドの向こう側押して左手穴アンダー刺してから、右足カキコミへ移すだ。
(これ自体は正解なのだろうけど、その前の体を上げて、左指穴アンダー刺すこと自体が最初の核心みたいです。)

・右手穴出しの後の右手送りは上側がよいのか、持ちやすいフラット面がよいのかは、ちょっとわからなくなった。多分持ちやすい方でよいと思うが、要確認。
(上よりのとがってる方を持つが正解)

・まずは二軸で左手サイドカチへ送ってから、左足をスメア気味ちょっとでっぱりホールドへ踏み替えて左手モニョモニョホールド取り。再度右足へ踏み替えてから、左足ステップに右足トゥーフックで右手飛ばし。
(なのだが、どうも、体が岩から離れている?のか、どんどん吸い取られる)

・左足チビ三角溝ホールドにのせて、右足ヒールだが、下側のかかりやすいところにかけること。左足はまだ背伸びしなくてよい、しっかりのせること。
(踵落として、右手飛ばした後は、もう踵上がらなくなる。やはり、最初から踵上げ気味)

・右上サイド引き穴ホールド取れたら、右足踵へさらに重心を移し、左足はつま先立ち、寄って寄って、手だけだしで、左手コルネほっぺへ。届いたら親指をかけること。
(正解)

・次の左足上げは、右足ヒールままでよいが、左手だけで引こうとせずに、両手で寧ろ右足にのるように上体を上げてから左足ステップをツブ足へ上げること。
(正解)

・ツブ足に上がったら、右足ヒールをはずしてスメアで左手コルネこめかみのチビカチへ飛ばす。
(正解なのだが、右足押すところ決めておいた方がよい。ここが一番怖いところ)

・右足窪みにヒールして、右手寄せ、さらに、右手コルネ頭取り。そのまま8p目クリップ。
(正解)

③ 8p-終了点
・右手コルネ頭に、左手コルネ鷲掴み?左の方にホールドあるかも?要確認。ここで、右足ステップするフットホールドがほしいところ。スメアでもなんとかなる?要確認。
(近いホールドだった。右足ヒールのまま、左足あげればよい。)

・左手次のコルネの下の方を持って、右足左足とスメアで上げて、右足をコルネ首根っこにヒールして、右手サイドガバへ。右足上げて、左足をコルネこめかみのチビカチにのせて、左手次のコルネの上部側良いアンダーへ。右足をコルネ頭にのせて、右手ガバクラックへ。コルネ頭に左足をのせて終了点にクリップ。右足ハイステップで立ちこんで終了。
(右手サイドガバとったら、先に左足上げた方が楽。)

④ テーピング
・右手薬指の第一関節すぐ上と第二関節すぐ上に巻くこと。

きん

# by Climber-Kin | 2015-12-13 23:45 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

まとめて食べログ、12/18~12/29

〇 チンジャオロース&鶏から揚げ、春雷、小鹿野、12/29
・鶏のから揚げは、メニューにお薦めと書いてあったのだけれど。
・次回は、とんかつに期待かな。
b0037220_08524765.jpg
〇 辛つけ麺スープあつもり、三田製麺所国分寺並木店、国分寺、12/27
・人生4度目のつけ麺か?
・辛つけ麺頼んでみた。あつもりでなくて、スープあつもりで。
・最初辛さにむせたけど、ちょっとだけ辛めだけだった。
・次回つけ麺は、石神井公園のあの店いってみますかね?
b0037220_21132124.jpg
〇 銀ダコ&ビー、イオン武蔵村山、12/27
・「スターウォーズ、フォースの覚醒」見る前に、銀ダコ&ビー。映画見る前の恒例になっている?
b0037220_21144500.jpg
b0037220_21144995.jpg
〇 しゃぶしゃぶ、下吉田キャンプ場、下吉田、12/26
・すき焼き?やったよね。湯豆腐?食べたよね。ひらめいた。
・しゃぶしゃぶだ!って、写真に肉が映ってない。上州牛、しゃぶしゃぶ用買いましたよ。すき焼き予算の倍です。でも、肉の味を楽しむには、すき焼きよりしゃぶしゃぶが良いかもね。
b0037220_21153387.jpg
〇 餃ビー&野菜炒めライス、喜楽、小川、12/25
・冷えない野菜炒めが癖になってます。
b0037220_21161895.jpg
〇 つけ麺あつもり、中丸町大勝軒、中丸町、12/25
・先日の三田製麺所を思い出して、元祖?つけ麺系が会社の近所にあったことを思い出していってみた。
・魚粉はテーブルの上にあって、お好きに入れてみたい。
・やはり、つけスープはかなり濃い。麺もやはりうどんに近い。ラーメンとは違う食べ物のような気がしてならない。
・ラーメン派とつけ麺派、世の中では半々ぐらいなのだろうか?
b0037220_21163826.jpg
〇 特製醤油ラーメン&餃子、魁力屋、12/22
・クライミング帰りのラーは珍しい。
・京都のラー。背骨脂醤油ラー。麺は細麺。ボリュームが少ないからか、サイドメニューのセットが中心みたい。
・京都系らしく、背骨脂醤油だが、塩分少な目?
b0037220_21191585.jpg
〇 つけ麺スープあつもり、三田製麺所国分寺並木店、国分寺、12/20
・人生2度目のつけ麺か?何故、つけ麺へ行かない理由は、食べているうちにスープも麺も冷たくなってしまうから。
・スープあつもりはグッドアイデアな気がする。なかなか、ぬるくならない。
・つけ麺は、不思議な味だ。濃いスープな故、いろんな味を作れるのかもしれない。
・普通のスープラーだと、スープとしての完成形が必要だが、つけ麺のスープはなんでもありな自由な味つけが可能とか。
b0037220_21292904.jpg

〇 醤油らぁ麺、支那そばや、新横浜ラーメン博物館店、12/18
・新横浜午後からの設定作業の前によってみた。
・入るのに310円かかるのね。高いラーになってしまった。
・沢山あるなか、最初に見つけた有名店、そのまま入った。
・確かにうまい。ラーメンらしい、ラーメン。ラーメンの王道。ほめ過ぎか?
b0037220_21200740.jpg
b0037220_21203166.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-12-11 21:20 | 食べログ | Comments(2)

クライミングにおける乾燥手対策の研究

 乾燥の季節がやってきました。冬の乾燥は、おじさんクライマーにとって最強の敵です。冬の石灰岩は、まるで鏡の板のようにツルツルです。若いクライマーさんには、この辛さはわかないでしょう。まぁ、そのうち、自然とわかるようになるのでしょうけど(笑)。冬の空気へ変わった先週ぐらいから、手皮が乾燥して、おじさんは、もう、とにかくホールドがツルンツルンです。今週から乾燥対策を始めました。

(1) ロープのゴボウ登り禁止
・これやると、手の油と水分がロープに吸い取られてしまって、手がツルツルになってしまいます。
・二段岩壁へのゴボウ登りは、手袋してユマールで上がります。
・フォールしてのロープ使ったゴボウでの登り返し。これも当然NGです。トライは、腰に手袋持参です。手袋つけて登り返します。
・ロープをたたむ時も当然グローブつけて作業です。

(2) 岩場で化粧水
・昨年、ロート製薬、肌研シリーズの「白潤」使っていました。結構よかったです。
・昨日、同シリーズの「極潤」を使ってみました。スーパーヒアルロン酸入りは、しっとり感は良いのだけれど、岩場やジムで使うには、さすがに、ちょっとヌルヌル過ぎました。
・そこで、次回は「極水」を試してみようと思います。
・信じられないかもしれませんが、登り出す前に手につけます。すると、皮がしっとりしてフリクションがよくなるのです。チョークのノリもよいです。

(3) 焼石
・多少、岩が温かくても焼石持っていきます。手が冷たいとツルツル感が増します。
・こんなに暖かいのに焼石持ってく変な奴と思わないでください。
・熱過ぎる焼石で、指先に多少汗をかくほうがよいのです。

 登り終われば、指皮は削りとられて、酷く荒れていますが、この状況でのオイル系ハンドクリームはNGのようです。ずっと、第一三共のロコベースリペアクリームを使っていいました。オイル系ハンドクリームの使用は角質層が残っている普通の状態が前提となっているようです。クライミングで痛めてしまった、異常にすり減った指皮に対しては、さらにダメージを与えてしまうようです。指皮がある程度回復してから塗れば、正しく保護してくれて効果が高いようです。ヒアルロン酸系の化粧水は、ヒアルロン酸が皮膚にしみこみ、その水分保持力で保湿してくれるようです。傷んでいる皮膚には、これがよいようです。しかし、登る時につけるには、やはりヒアルロン酸をあまり含んでいない化粧水の方がよいかもしれません。「白潤」もヒアルロン酸入っているのですが、気になりませんでしたが、スーパーヒアルロン酸が入っている「極潤」は、さすがにヌルヌル過ぎましたね。次回は、ヒアルロン酸なしで、オイルカットの「極水」を試してみます。

〇 ロート製薬、肌研シリーズ
・昨シーズンは、「白潤」使ってました。別に、白肌にするアルブチン成分はいらないんですけどね。
・「極潤」は指先は結構いい感じになるのですが、手の平部分にヌルヌルが残ってしまいます。先日、「振り返るな」のトライに使ってみましたが、やはり、手の平部分にヌルヌル感が残り、ちょっと滑りました。2p目クリップで鷲掴みホールドがすっぽ抜けそうでした(笑)。
・「極水」は薬局でサンプル使ってみましたが、岩場&ジムで登る時に使うには、3つの中では一番よさそうです。今シーズンは、「極水」に期待です。
b0037220_12413890.jpg

〇 おやすみ手袋
・一つ買ってみましたが、これいいです。
・その後、爆買いしちゃいました。「極潤」たっぷり塗っては、24時間はめています。
b0037220_12502486.jpg

きん

# by Climber-Kin | 2015-12-06 12:59 | クライミングの研究 | Comments(0)

2015年12月7日、二子山

 木曜日、都内ではあまり雨が降らなかった。金曜日の二子情報だと、染み出しはかなり乾いたという話だった。そして、冬型気圧配置の週末。ただし、冬型は北海道、東北地方が中心で、もしかしたら、風はそれほどないかもと期待したのだった。期待通りで、朝は風が強かったが、徐々におさまり、ポカポカ目の気持ちのよい一日になった。しかし、振り返るなの染み出しは面積は小さくなったものの、まだ残っていた。先週の土曜日ぐらいの量にはなっていた。

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、MS、再登

(3) 振り返るな(13a)、×××
・2-3p間の右トラバース後のコルネがまだ濡れていた。岩が粘土のように柔らかい感触だった。
・4p目右ズレレストは、結構休めて、4-5p間は、5p目クリップホールドが濡れてる。次の一手は乾いているので、右手フキフキしてから、次の右手アンダーは濡れてる。次の左手アンダーは少し湿っぽいがなんとか。右手フキフキして、右手は6p目クリップホールドへ。まだ手が濡れてて、スッポ抜けそう~。しかも親指が岩にかかっていない。
・なんとか、6p目クリップできて、左手大穴取りは届いた。しかし、ここまでだった。左手が濡れていて、滑る感触が強くて、右手出せなかった。
・7p目にインチキしてロープかけて、核心セクションリハーサル。しかし、懸念の左手モニョモニョが全然掴めない。先週ぐらいから感じていたのだが、乾燥してきて、フリクションが悪くなってきている。デッドで左手出しはNGかも。

(4) 振り返るな(13a)、××
・前便よりは染み出しが乾いていた。6p目クリップ成功。左手大穴取り成功。左手持ち直して、フリで右手サイドカチホールド掴めた!左足クロスで右足は例の核心入りのキーホールドへ。だが、右手が濡れててスッポぬけそうで、左手離せない。ここまでか。
・7p目にインチキしてロープかけて、核心セクションリハーサル。先便終わった後、パートナーさまが、私の不甲斐ない左手モニョモニョ取りムーブに疑問を持ち、イッチーに聞いたのだった。「デッドじゃダメでしょう!」って。イッチーのムーブは知っている。ジンさんも、そうしたらしい。M子さんもそうしてた。しかし、それは私には狭そうなのと、踏み替えが2回発生してしまうので、なんとなく思い込みで敬遠して、やっていなかったムーブだ。ムーブ改良のネタがつきていて、そろそろ試してみようとは思っていたのだった。それで、やってみた。あれっ。踏み替えはあまり悪くない。しかも、左手モニョモニョホールドを安定して掴めるじゃん!
・そのまま核心セクション後半を繋げてみた。左手コルネ出し、取り損ねた。うーん。実は、これもNGとか。右手コルネ出しに戻したらどうだろう?とりあえず、左手コルネ出しを散々リハーサルしてから、降りた。
・降りる途中、最近パスしている、4-5p間の腰押しつけレストを練習してみた。あれっ、もしかして、ぶらぶらさせていた右足をトゥーフックさせたら楽?次回、腰押しつけレストを復活させてみるかなぁ。

 ずっと懸念だった、核心セクションの左手モニョモニョホールド取りは、いきなり解決されました。しかし、その先も今のムーブが適切なのか、とっても疑問になってます。そして、下から繋げてきて、やはり、左手指穴アンダークロス取りから右手出しは、閾値が高く、ここを超すのが大変そうですが、これを超えれば、あと5手ぐらい進めそうです。次回、コルネ裏側に穴ホールドも乾いているのを期待して、腰押しつけレストも復活させて、頑張ってみます。

〇 今日の弓状
・T氏がSVP(12b)をRP。T田さんがペトルーシュカ(12b)をRP。富山のTK田さんが、真珠入り(13a)をRPしていました。おめでとうございます。
・パートナーさまは、私生活をインチキしないでトップアウトしていました。
・写真は、任侠、ババージュ、即身仏をトライするクライマー。ホイッ、ウォー、ホイッ、ウォー、ホイッ、ウォーと任侠とババージュで呼応しあっていました。
b0037220_23075474.jpg
〇 今日の確認
① 4-5p間腰押しつけレスト
・左足高めで右腰をコルネへ捻りながら奥へ入れ込んで、左足をスメアに下げる。右足膝を開いてトゥーフックをかけてみる。右脇を右へ曲げる感じ?
・7手分の回復なので、30秒いればよい。
・出る時は、左足を上げて、左手は持ちやすいところで、すぐに右足バックステップに上げられるところから出ること。
② 6-8p間
・核心最初の右手サイドカチから左指穴アンダー取りで、左手離せない場合は、左手マッチで中継してみて、両手で引きつけて腰を上げてから左手出してみる。この時に、まだ右足を極薄ホールドに当てる必要はない。どこでもよいからスメアして振られをとめればよく、左手指穴アンダーさしてから、右足を所定の場所に置けばよい? いや、右足極薄輪っかホールドの向こう側押して左手穴アンダー刺してから、右足カキコミへ移すだ。
・右手穴出しの後の右手送りは上側がよいのか、持ちやすいフラット面がよいのかは、ちょっとわからなくなった。多分持ちやすい方でよいと思うが、要確認。
・まずは二軸で左手サイドカチへ送ってから、左足をスメア気味ちょっとでっぱりホールドへ踏み替えて左手モニョモニョホールド取り。再度右足へ踏み替えてから、左足ステップに右足トゥーフックで右手飛ばし。
・左足チビ三角溝ホールドにのせて、右足ヒールだが、下側のかかりやすいところにかけること。左足はまだ背伸びしなくてよい、しっかりのせること。
・右上サイド引き穴ホールド取れたら、右足踵へさらに重心を移し、左足はつま先立ち、寄って寄って、手だけだしで、左手コルネほっぺへ。届いたら親指をかけること。
・次の左足上げは、右足ヒールままでよいが、左手だけで引こうとせずに、両手で寧ろ右足にのるように上体を上げてから左足ステップをツブ足へ上げること。
・ツブ足に上がったら、右足ヒールをはずしてスメアで左手コルネこめかみのチビカチへ飛ばす。
・右足窪みにヒールして、右手寄せ、さらに、右手コルネ頭取り。そのまま8p目クリップ。
③ 8p-終了点
・右手コルネ頭に、左手コルネ鷲掴み?左の方にホールドあるかも?要確認。ここで、右足ステップするフットホールドがほしいところ。スメアでもなんとかなる?要確認。
・左手次のコルネの下の方を持って、右足左足とスメアで上げて、右足をコルネ首根っこにヒールして、右手サイドガバへ。右足上げて、左足をコルネこめかみのチビカチにのせて、左手次のコルネの上部側良いアンダーへ。右足をコルネ頭にのせて、右手ガバクラックへ。コルネ頭に左足をのせて終了点にクリップ。右足ハイステップで立ちこんで終了。
④ テーピング
・右手薬指の第一関節すぐ上と第二関節すぐ上に巻くこと。

きん

# by Climber-Kin | 2015-12-05 23:09 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

2015年12月1日、平日二子

 土曜日の二子から中2日で久々の平日クライミングです。コンディションが気になりましたが、二子山へ行ってきました。染み出しは一度始まると、なかなか止まらないのですが、土曜日から雨が降っていないのでコンディションは少し期待していました。がっ、ガーン! 染み出しの面積自体は減っているのですが、コルネからは消えてません。まだ、水が滴ってます。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) 高く登れ(10b)、再登

(3) 振り返るな(13a)、×××
・2-3p間の右トラバース後のコルネの染み出しは少し減ってきていたが、やはり、びしょ濡れだった。手も濡れるが、足裏も濡らしてしまった。調子が狂う。
・4p目右ズレレストに到着するも、なんだか戻りが悪い。
・5p目へ突っ込んでみたが、ここから、5手目から水が滴っている。6p目までなら行けそうではあるが、頑張る意味を感じられなく、5p目クリップしてテンションした。
・5p目から6手目で6p目クリップだが、そのうち5手が濡れている。まだ、水が滴っている。まぁ、6p目まで行って、核心セクションの練習でもしますかねと6p目まで進む。
・7p目取ってからリハーサルするも、右手サイドカチと左手指穴アンダーホールドが湿気湿気で腰が落ちて、ギリギリ右手穴、飛ばしの右手サイドガバカチ。そして、前回修正の右足高め上げて左手モニョモニョ取りはなんとか取れて、さらに右手送りで、右足ヒールして右手出しは、左足が濡れていて膝が曲がってる。届くわけなし。
・フォールして再度リハーサルするが、ゴボウ登りですっかり指皮の水分油分が全くなくなってしまって、ホールドツルツル感覚になってしまった。全ムーブ2つぐらいづつ難しくなってしまって、散々リハーサルしましたが、全然できません。これで疲れ切りました。あー、乾燥した冬の二子シーズンになってしまったのね。

(4) 私生活(12c)、ムーブ探り
・「振り返るな」にもう1便出すつもりでロープを二段の上に置いてきてはみたものの、少し昼寝したら闘争心が消え失せてしまった。また、気楽に取り付ける私生活のムーブ探りへ行ってしまった。
・あれっ?なんか体が重いというか、指皮と腕がやられてる。2p目クリップ取り体勢へもいけなかった。まぁ、ムーブ確認で。
・2-3p間は、YWTムーブを試してみた。一発でできるほど易しくはない。右手抱え込みアンダーで左足を高く上げて左手サイドカチ取り。右手持ち直してから、左足下げて、右足ヒールで右手アンダーカチ取り。右足左足と上げて、左手猿の頭蓋骨ホールド取りか!
・3p目から先のムーブはRP済のマイライフのムーブでよいはずなのだが、そのムーブをうる覚えなのか? できなくなったのか? やたら、このセクションが厳しく感じる。マイライフRPしたのは9年前だよ。覚えてるわけないか。キンブログ検索して、ムーブ確認してみよう(笑)。
・そして上部核心は。レイバックムーブで試してみるが、そこから2手目左手マッチが全然できる気配がない。再度H田ムーブを試してみたら、あっ、もしかしたらできるかも?いや、その改良版か? で全然ホールド持てなくなったところで終了。

 せっかく、平日二子へ行ったのですが、何も進展せずでした。いやっ、私生活の最初の核心のムーブはできたかな。染み出しにも困ったものですが、どうも、自分の調子がよくありませんでした。乾燥肌で、いきなり今回からホールドツルツルになってしまいました。それと前日に酒飲み過ぎ?登る日の前ぐらいは少し控えましょう。
 染み出しは乾きつつありました。この調子でいけば、今週末には乾きそうです。しかし、木曜日が雨のようです。どうなることやらです。それと、今年は暖冬予報が出ています。大雪とツララパターンなのでしょうか。

〇 今日の弓状
・平日はいいなぁ。人が少なくてのんびりできます。
・チーウォール東村山のリタイヤ組が来ていました。
b0037220_22272372.jpg
〇 朝の任侠
・夕方にはかなり乾いていたのですが、2-4p間のコルネは、夕方でも、まだ染み出していました。
b0037220_22291387.jpg
〇 朝のおいしいよ
・染み出しが少ないラインなのですが、下部に染み出しがありました。昼過ぎにはかなり乾いてきました。まぁ、午後からなら何とかなるでしょう。
b0037220_22292278.jpg
〇 朝の火の鳥
・下部が凄いことに。私生活も、スタートのアンダーホールドが濡れていました。
b0037220_22293806.jpg
〇 夕方の弓状
b0037220_22300729.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-12-01 22:28 | 二子山'15-'16 | Comments(4)

2015年11月28日、二子山、季節外れの染み出し

 11月とは思えない暖かさと雨が続いていた。先週あたりから、コンディション悪くなって来ていて、これ以上雨が降ると、まずいかもと思っていたのだが、予感は的中してしまった。晴れているのに何故か弓状に雨が降る、みごとに染み出しが始まってしまった。念のため自分の目で確かめるため、4p目まで行って、中間部を覗いてみた。繋げるフェーズには意味があるトライができるとは思えない状態だった。昼から乾くかもしれないと期待しながらも、最後まで別のルートで遊んでしまった。結局、染み出しは止まらなかったようだ。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 振り返るな(13a)、4p目までで敗退

(4) 私生活(12c)、ムーブ探り便
・出だし、みながやっている左手アンダーからキョンで右手出しは、手首が固いのとサイズが合わない二重苦で、できる気配がない。
・左手をアンダーから、ミミズホールド中継してデカガバ首のスリットホールドへ出してみた。パツパツだけど、届いた。これか?
・上部核心は、レイバックで探ってみるが???

(5) 私生活(12c)、ムーブ探り便
・振り返るなを1便だけでも出そうかなぁと思いながらも、いやいや意味ない意味ないどころか、悪い癖と悪い印象がつくだけだと自分に言い聞かせながら、濡れた振り返るなより断然取りつきやすいこちらのルートを選んでしまった。
・前便で見つけたムーブで最初の核心へ入るが、全然できねぇ。
・さっき届いた時とは違って、深キョンになってしまっている。何か違う。
・YWTさんに違うムーブを教わる。なるほど、これだと自分にも、できるかもしれない。
・全便のムーブは、深キョンにならない、左足デカホールドの上側に置いていたのかも?再度確認してみたい。
・上部核心は、HR田さんに教わった正対ムーブを試してみるが、右手超チビカチ取りはできるのだが、その次の強引左手出しが、できる気配がない。

 「振り返るな」が気になって仕方ありませんでしたが、「私生活」のムーブ探りをしました。まぁ、何年かかるかわからない「振り返るな」、ゆっくり行きましょう。そして「私生活」ですが、このルート、ムーブが難しいです。前半核心は、YWTムーブ。後半核心は、レイバックムーブですかねぇ。次回機会があれば、その方向でムーブ探りを深めたいと思います。まだRPトライフェーズではないのですが、来週は平日カードを出す予定です。少しは乾くとよいのですけどねぇ。

〇 今日の弓状
・M金さんがノースマウンテン(12a)をRP。8年振りにリード再会したNDさんが怪人ダンス(13c)を3撃。ISMくんが私生活(12c)をRP。おめでとうございます。
・写真は、振り返るなを探るコビッキー。核心セクション後半は乾いていたようで、核心のムーブ探りはできたようです。しかし、 核心セクションへの入り部分は、終日びしょ濡れのようでした。
b0037220_23423267.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-11-28 23:42 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2015年11月23日、二子山

 中1日で再び二子へ向かった。土月のクライミングは、日曜日に酒を飲み過ぎてしまって、どうも、このパターンはよくない。午前中に喪中ハガキとかの雑用はすべて済ませてしまって、昼の2時から飲みだしてしまった。中1日レスト作戦失敗?
 日曜日は終日ミスト状態の上に寒かったようでしたが、日曜日も来た人に聞いた限り、日曜日よりは今日の方がコンディションがよかったようです。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登

(2) 高く登れ(10b)、再登

(3) 振り返るな(13a)、×××
・2p目右トラバース先のコルネがびっしょりで調子が狂った。
・4p目右ズレレストをするが、戻りが悪い。
・5p目クリップのガバホールドがびちょぬれで心が折れた。
・先日思いついた沢山の改良項目を確認することにした。試行し過ぎて右手に力が入らなくなってしまった。

(4) 振り返るな(13a)、××
・もうやめようかと思って、ロープを二段岩壁から下してきてはいたが、やはり、もう1便出してみることにした。
・4p目右ズレレストで今度は結構戻せて、ゴー。5p目クリップのガバホールドが濡れているは、その先の穴ホールドは染み出し直前でヌルヌル。でも、進む。
・6p目クリップする時も、右手すっぽ抜けそうだった。怖い。そこから左手大穴ホールド取れて、持ち直しもできて、右手サイドカチは、右手が濡れていて、右手がコルネを3回滑って、あきらめた。

 日曜日は、かなり状態が悪くなったということでしたが、それを知ったのは家を出る直前で、そのまま二子へやって来てしまいました。コルネや穴ホールドで染み出しがはじまってしまってはいましたが、露出しているホールドのフリクションは悪くはありませんでした。まだRPトライには程遠い自分にとっては、ムーブ確認ができて意味のある一日にはできました。曇り空で気分が全然盛り上がりませんでしたが、なんとか奮起してトライした甲斐がありました。

〇 今日の確認
① 2-3p間
・前回下降中に思い出した、右トラバースからの足は左足高めは当たりだったが、今日はその右側コルネがびしょ濡れで楽にはならなかった。
② 4p目
・右ズレレストは、左足つま先立ちで頑張って、ある程度戻せたら、あとは普通にのけ反りレストでも大丈夫みたい。
③ 4-5p間
・腰押しつけレストのコルネ取りは左足溝高めだと左手テーピング不要でムーブもほんの少しだけ楽だった。バックステップではなく、正対かな。
④ 6-8p間
・6p目クリップから最初の左手は、左足少し上のダンゴ足載せて、右足で右壁押しは正解。左足左側ガビガビ載せて、左手持ち直しも正解。そこからフリで穴アンダーガバ中継で、核心最初の右手コルネサイドカチ取り。
・左手指穴アンダーからの右手出しは、腰を右へシフトしてからも正解。
・左手モニョモニョ取りは、右手はサイドでなく、ガバカチ上よりの少し下方向へ引ける部分を持つこと。右足を右手すぐ下のえぐれたガバ足を押すこと。右足を高めに上げることで左足が浮かないで、右足は体はがれない方に押せる。
・左手モニョモニョホールドの持ち方は、まだ要研究。
⑤ 8p-終了点
・想像していた通り、コルネ頭を右手ラップ持ち状態から、左足をツブ足にハイステップから左手ガビガビコルネアンダー気味。右足左足スメアで左足上げて、右足をコルネ首根っこ部分にヒールして、右側ガバが取れることが判明。こっちの方がリスクが少ない。

まだまだまだです。振り返るなは、結局持久力系なのです。ようやく、先シーズンぐらいにはなってきました。8p目クリップのコルネ頭まで、あと10手。問題はここから一手づつ伸ばしていけるかどうかです。

〇 今日の弓状
・お昼過ぎぐらいまでは、ガスもなく、ちょっと寒いだけって状態だったのですが、3時過ぎからガスの中になりました。
・濡れている場所以外はフリクションがよかったです。
・イッチーが多少?の濡れをものともせず、振り返るなをRP。ダンゴ姉ぇがヌンチャク掛かっているチャンスを逃すことなく、ヒロセカウンターをRP。浜松の女性がペトルーシュカをRP。おめでとうございます。
・パートナーさまは、私生活(12c)の上のムーブを解決できたようで、ご機嫌でした。
・今週も、今晩と水木あたりに、また雨が降るみたいだ。染み出しが心配です。
b0037220_22304143.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-11-23 22:45 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

まとめて食べログ、11/23~12/14

〇 ドミニカ・カリビアンクィーン、珈琲優、12/14
・この豆はしばらくは入らなさそう。
・酸っぱくもなく、苦くもなく、うまい。

b0037220_22553279.jpg
〇 上海やきそば、春雷、小鹿野、12/13
・うーん、これは期待はずれだった。あんかけは甘目で、からしと酢をかけると絶妙な味になるはずが?
b0037220_22570814.jpg
〇 麻婆定食、まるも、東村山、12/11
・久々に、まるもで金飯。
・生ビールがうまくなかったのがNG。
・歯が痛くて、かまなくてよい、麻婆を頼んだ。
b0037220_23185205.jpg
〇 タコライス、琉球ぼうず、小川駅、12/10
・凄くうまいのではないかと期待したのだが、普通でした。まぁおいしいのです。
・野菜も刻んでおいた方がよいような。
b0037220_22585488.jpg
・ついでにピーナッツ豆腐、これまったりでおいしいです。
b0037220_23001186.jpg
〇 沖縄やきそば、琉球ぼうず、小川、12/8
・お通しで、泡盛のんで、直球で沖縄やきそば。
・油そばみたいな太い麺。量は多かった。残してしまった。
b0037220_23163514.jpg

〇 焼き餃子、ホワイト餃子、日高ハナガサ店、12/5
・最近、この店、おいしくないです。作り方変えた?人が変わった?
b0037220_12394117.jpg

〇 餃子&ビーのち野菜炒め定食、喜楽、小川、12/4
・あんかけで、野菜熱々がいいです。
・もう少し、味つけが濃い方がよいかも。自分で胡椒とかラー油とかかければいい?酢とからしか?
b0037220_12392950.jpg

〇 グァテマラ・サンタロッサハニー、珈琲優、要町、12/2
・ちょっと酸っぱかったような。あれ?評価見ると苦味が3か?
b0037220_12384673.jpg

〇 餃子&野菜炒め定食、春雷、小鹿野、12/1
・普通の肉野菜炒めって、食べているうちにさめちゃうんだよねぇ。
・まぁ、いいか。その一つのソリューションがあんかけなのだが。あんかけにすると、野菜の味がぼける。まぁ、しかたないけど。
b0037220_12381342.jpg

〇 ギンナンでビー&日本酒のち牛焼肉定食、八海食堂、小川、11/30
・塩+日本酒がうまい。
・牛焼肉、毎回、肉の質が違い過ぎる。今回は固かった。
b0037220_12315951.jpg

b0037220_12320384.jpg

〇 餃子&ピーマン豚肉炒め定食、春雷、小鹿野、11/28
・うーん、中華系より和食系がうまいかも。
b0037220_12350401.jpg
〇 ゴボウフライでビー&ギンナンで日本酒「越後で候」のちカツ丼、八海食堂、小川、11/27
・ゴボウフライが思いのほか、量が多かった。
・ギンナン向きながら、日本酒飲んでたら、めんどくさくなってしまい、何故かカツ丼たのんじゃいました。
・越後で候、うまいです。

b0037220_12230691.jpg
〇 泡盛&ソーキそば、琉球ぼうず、小川、11/26
・また来ちゃいました。今度こそ、ソーキそば。
・でっ、お通しと泡盛飲んで、ソーキソバ。うーん。まぁ、おいしいのだけれど。晩御飯としては微妙だなぁ。
b0037220_12212686.jpg

〇 泡盛&カリカリサラダ、琉球ぼうず、小川、11/24
・泡盛の名前は忘れちゃった。今日こそソーキそば食べようと思ったけど、サラダでお腹いっぱい。
b0037220_12193845.jpg
b0037220_12194215.jpg

〇 餃子&大粒カキフライ定食、春雷、小鹿野、11/23
・季節もの、やはり、この時期は牡蠣食べないと。メニュー通り、熱々の大粒牡蠣でした。おいしい。
b0037220_12184055.jpg
b0037220_12183211.jpg

きん

# by Climber-Kin | 2015-11-23 12:26 | 食べログ | Comments(0)

2015年11月21日、二子山

 晩秋の三連休、いろいろ考えましたが、日帰りベースで二子山になりました。二日連続で登っても、指皮が痛くなってしまって、あまり効率がよくありません。月曜日は天気が悪そうですが、土月の予定です。そして、土曜日は二子へ行ってきました。弓状は今シーズン一番の混雑でした。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) 高く登れ(10b)、再登

(3) 振り返るな(13a)、×××××
・とりあえず、5-6p間の腰おしつけレストはやってみたが、はまらず。あわてて進んで6p目クリップしてテンション。
・核心最初の左手穴アンダークロスは、右手出した瞬間に腰が落ちて、うっとなる。そのままリハーサル続けたが、左手モニョモニョホールドがうまく持てない。うーん?

(4) 振り返るな(13a)、××××
・4p目右ズレレストでヘッドレストで結構戻せて、今度は腰押しつけレストしないで突撃。
・6p目クリップして、左手大穴ホールドは取れて、その後右足ヒール?はNGになったムーブだった。あー、先シーズン固めた手順をようやく思いだせたかも。
・やっぱり、6p目から繋ぐと、左手モニョモニョホールドでいっぱいになってしまう。何かおかしい。

(5) 振り返るな(13a)、×××
・今度も腰押しつけレストはなしで突撃。先便で思い出した6p目回りの修正で、核心セクションへ入るが、右手サイドガバは、自分の指皮から指汁出ていて滑って保持できず。

 前回、いろいろ見直しましたが、いくつかは当たりで殆どは、はずれでした。さらに今日確認できなかったことも入れてまとめてみました。

① 2-3p間
・右トラバースからの足は、左足高め(コルネ溝の左側上にある)でフリで取ること。
・どうもおかしいと思っていたが、ようやく気が付いた。
② 4p目
・右ズレレストは左足つま先立ち気味でヘッドレストすると少し戻せる。
③ 4-5p間
・左足高めから左手ガストンして腰押しつけレストコルネ取りしたら、左手人差し指のテーピングは不要でした。何故?かは不明。
④5-6p間
・ 腰押しつけレストは当面なしで突っ込んでみる。
⑤ 6-8p間
・6p目クリップ後、左足を10cm上のダンゴホールドに上げて、右足を右壁にスメアして左手大穴取り。
・左手大穴取りとったら、左足は左の方ガビガビホールドに載せて、左手位置を上側の持ちやすい場所へ移動。
・その後、右足上げてフリで中継アンダー後右手サイドガバへ。
・核心最初の左手指穴アンダーから右手出しは、腰背骨を右方向へスライドさせてから右手出し。スライドさせないで右手出すと、うっと腰が落ちる。
・右手穴からガバカチへ飛ばした後、左手中継。そして、左足スリットに右足スメアだが、この時に左足スリットは水平手前側で重心を左足上までシフトさせてホールドに載ること。シフトさせないと、右手右足で左手モニョモニョ取りになるので、必ず持ち損ねる。
・左手モニョモニョホールド取っ手からのポイント変更はなし。
⑥ 8p-終了点間
・8p目クリップ後、左手をコルネに添えて、右足ヒールのまま左足ハイステップして左手を上ガビガビコルネ取り。ツブへ右足上げて、左足を腰高ホールドへ。右足切って左手送りだが、右足切らなくてよい方法はないだろうか?

 まだまだです。当面、腰押しつけレストはなしで突っ込んでみようと思います。鍵は核心セクション入りのムーブで腰が落ちないようにすること。左手モニョモニョホールド取りまでの4手のようです。

〇 今日の弓状
・今週は晩秋の三連休ということもあって、常連さんではなく、遠征組が目立ちました。
・群馬のSSKさんが「振り返るな」をRP。おめでとうございます。
b0037220_23191880.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-11-21 23:29 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

2015年11月14-15日、雨の二子山

 天気予報を気にする前に、下吉田キャンプ場に予約しちゃいました。あー、今年も営業を継続してくれたのですね。今シーズンも宜しくお願いしますと電話でおじさんに伝えました。そして、週末が近づくと天気が悪いことが判明しました。まぁ、土曜日は雨でも登れるでしょう。土曜の夜から日曜朝にかけて激しく降るみたい。しかも、日曜日は20度まで気温が上がるとか。もしかしたら結露かも?と思いながらも、予定通り土日で出かけたのでした。
 土曜日は少々寒いのとガスが終日かかっていて、気持ちが全然盛り上がらない感じでした。日曜日は朝は結露っぽかったですが、昼からは晴れてきて、午後からトライできる状況になりました。結局、二日とも、よいコンディションとは言いませんが、登れるコンディションではありました。こんな天気でも登れることに感謝したいです。

◇ 14日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登

(2) 高く登れ(10b)、再登

(3) 振り返るな(13a)、探り便
・6p目クリップの右手穴ホールドに指4本つっこんでみた。ハズレ!指が痛いは、かえって動き辛くなってしまう。
・6p目からどこまで行けるかは、怖くて、7p目クリップしてから試行。左手モニョモニョ取ってから右足穴トゥーして右手送り、さらに左足上げて右足ヒールで右手出し、そこからコルネ顎掴みは、取れず。
・もう1回そこだけ、あー! 右足ヒール側へ体重シフトしてから左手出すんだった。
・そのまま進んで、右手コルネ頭取りは、左手チビカチホールド飛ばして、右足ヒールで右手寄せ。そのまま足変えずにコルネ頭取りして、左足をツブ足に上げてからクリップしようとしたら、右手の負荷が強すぎて、クリップできない。8p目ヌンチャク掴んでしまった。
・8p目クリップ、低い左足の右足ヒールのままクリップだ!

(4) 振り返るな(13a)、×
・4p目右ズレレストが、右へずれてもなんだか休めない。モヤモヤとしたまま腰押しつけレストへ。落ち着かない。6p目クリップまではいけたが、そこまでだった。
・7pクリップしてから、6-8p間リハーサルするも、左手モニョモニョホールド取って動けなかった。少しでも腰が外に出てると、負荷が猛烈に増えて全力ムーブになって、2,3手で終わってしまう。

◇ 15日(日)
(5) ワーカーホーリック(10b)、×
・結露していて、岩の色が違うぞ。
・何とかなると思っただが、中段の右手フリクションに耐えるムーブがNGだった。
・右手がニュニューと出てきて、やめた。

(6) 振り返るな(13a)、×
・朝は核心セクションが全面水光りしていたので、今日は誰もいないババージュでも触ろうかと思って、二段へ上がろうとしたら、コビッキーが雑巾がけをしてくるという。それなら、待ちますか。
・晴れてきて、急激に乾いてきた。振り返るなをトライすることにした。
・2-3p間のコルネがびしょ濡れであわてる。
・4p目右ズレレストも、いまひとつだったが、4-5p間腰おしつけレストはやらないで、突っ込んでみた。6p目クリップして、左手穴取りは5cm届かず。4p目から繋げて核心突入はやっぱり、ちょっと厳しいかなぁ。
・そして、7p目クリップした状態での6p目からどこまでいけるかは、下向き穴左手二本指アンダーがヌルヌルだった。いや、右足が濡れていたのかも。右手飛ばしで足滑って落ちた。そしたら、5mぐらい落ちて、壁に戻れなかった。
・そこから脱出するのが大変だった。早めに降りればよかった。これで力尽きた。ゴボウし過ぎで、手のひら真っ赤になってしまった。

(6) 振り返るな(13a)、×、ムーブ探り
・指皮痛くて、力が入った。
・4p目右ズレレストもなんだかなぁ。5p目クリップして、コビッキーのコルネ股ばさみレストを試みてみた。全然できそうもない。
・もう指皮痛くて、いやいや便。早々に降りた。

 いやー、はまってます。と言うか、このルートは私には無理なのかしらと思えてきます。6-8p間はムーブを変えてから繋がり始めてはいるのですが、その6p目到達までが全然楽になりません。昨シーズンよりひどい状態です。これだけ出して、ワンテンRPトライ態勢にできなかったルートは初めてです。ワンテンRP態勢にはすぐになるけど、そこから長いがいつものパターンなのですけど、どうも今回は勝手が違います。まぁ、少し考えてみると、元々被ったガバの長いルートを楽に登るのが一番苦手な私ですから、当然だったのかもしれませんけど。一旦封印というのが頭を過りますが、じゃー二子でなにやるのって、もう少し、頑張ってみます。

① 4p目から6p目間はかなり登る。やはり、腰押し付けレストが出来ないと厳しそうだ。引き続き、腰押し付けレストは試行する。もしかして、ハーネスより上側を押し付けると、よいとか?腰押し付けレストから出発は、先に左足上げて決めてから腰外そう。
② 4p-5p間の腰押し付けレスト用コルネ取りは、右足穴に刺して正対で取りに行っているが、バックステップの方が楽とか?
③ 6p目クリップの右手穴は、やはり指3本。右手薬指の第1関節と第2関節の間にテープを貼って痛みを和らげる。
④ 6p目クリップ時は、腰伸ばせ!
⑤ 7p目クリップしないで、6p目-8p間をリハーサルすること。怖いけど、やるしかない。
⑥ 核心セクション、左手モニョモニョホールドはピンチでなく、親指はずしてカチる。持ち直す必要なし。で、やってみよう。となると、左足下さなくて、右手右足の2軸のまま、左手モニョモニョ取りでもよかったりして。ふた足ムーブが減る。元々左手ピンチ持ちに持ち直すためにふた足増やしてたような。
⑦ ヒールは右手出しも左手出しも腰入れろ-。
⑧ コルネ頭取りは、右足ヒール外さないで。左足そのままでのパツパツで8p目クリップ。左足をつぶ足に上げて乗り込みは、もっと右手がキツくなる。

追伸、
6p目ヌンチャクですが、短いので、自分の長めヌンチャクと交換しました。交換した赤い短いヌンチャクは、少し下の登られていないラインにかけてあるヌンチャクにぶら下げておきました。

〇 ガスの中、唐獅子(13b)をRPするY野氏
・日曜日も、IMIさんが龍勢(13a)をRPしていました。
・おめでとうございます。
b0037220_23365315.jpg
〇 中腹は紅葉の盛り
・日曜日の朝、林道から撮影。
b0037220_23370761.jpg
きん



# by Climber-Kin | 2015-11-15 23:34 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

「エベレスト3D」

 久々に映画を見てきました。「エベレスト3D」です。ゴジラがいる歌舞伎町の映画館行ってきました。インターネットで予告編見たけど、主人公は助かる話かなと思っていたら、実話に伴う話で死んじゃうのね。その当時、ニュースでも話題になって、世界中からたたかれた高所登山ビジネス(それが主流になってしまうと何だかわけがわからなくなってしまうが、マイナーな世界のままであれば、当時は、それも1つの登山スタイルとしてありだったと私は感じる)、6万5千ドルの公募エベレスト登山。当時は円高だったろうけど、今の為替だと約800万円近いお金を出して、エベレストを登る。どのぐらいの体力が必要なんだろう。お金払えても、誰でもできるってものではないだろう。体力足りなかったら死ぬ。中途半端じゃ、申し込みできないよねぇ。難波やすこさんという人はどういう人だったんだろう?7大陸のうち6大陸の最高峰は登っているらしい。どうやって登ったんだろう?(追記、モンブランは加藤保男氏で、残り5座は長谷川恒男氏?がガイド?)
 映像見ると、ガイドが張ったFixロープがずっとあって、それを伝って登っていく。体力とお金さえあれば登れる?
 映画でも、グレイのままにしてあった、南稜基部に酸素ボンベがなかったとか、ヒラリーステップのFixロープが切れていたとか、冒頭で協力しあおうとしていた各国のチームのうち、南アフリカチームだけが不穏な動きで、それ以降でてきてなかったけど、こいつらだろう、察しろよって感じで映画に出てきてましたね。
 8,000m以上の世界で、Fixロープあったとしても、どのぐらいトレーニングしないといけない世界なんだろうと想像してしまいました。それが本当かどうかわからないですけど、ヒラリーステップの壁の映像がありました。難しそうでした。二子の二段岩壁のFixをマイナス40度?で手袋+アイゼンで登るみたいな。確かに、酸素少なかったら登れないかも。うーん。高所の苦しさは、想像はできるのですが、やったことがないから、よくわからないが、冬山はもうやらないだろうなぁとは思いました(笑)。

〇 iMAX 3D
・100円でレンタルできたのか。3D眼鏡、買っちゃったよ。
・前回観た、「クライマー彼方へ」よりは、かなり、面白かったです。
・次回は、山と関係ない、「スターウォーズ、フォースの目覚め」でも見るかな。
b0037220_23300171.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2015-11-10 23:52 | 日常の日記 | Comments(0)

ブログ11周年、プロフィール変更

気がついたらブログ開設から11年過ぎてました。
何かしなきゃと考えて、プロフィールがずれてきていたので、プロフィールを更新しました。

「終に大台50を超えてしまって、さらに数年。その中年親父が体力と気力の衰えを感じながらも、13を10本!そのうち1本ぐらい13b登りたいなぁを目標にがんばっている日々を綴るクライミング日記」

どんどん弱くなっている状況で、あと2本。そのうち1本は13bとか。13aのお買い得は沢山あったのですが、13bのお買い得はないようです(笑)。まぁ、とにかく、山と自然を楽しみながら頑張りましょう。目標を持って、人生を楽しむことが目的ですよね。岩場やジムでこのおじさんみたら、優しく応援してください。

きん

# by Climber-Kin | 2015-11-09 23:55 | 目標と成果 | Comments(10)

2015年11月7日、二子山

 暖かくて晴れの予報だったら、今シーズン最後の小川山へ行く予定でした。気温は高めではあるけれど、朝から曇り、または薄曇りっぽい感じの天気予報でした。落葉した小川山で太陽がでないのは辛い。ひよって、二子へいくことにしました。
 予報通り、朝から雲が出て、雰囲気は寒々しいのですが、気温は高く、湿度が高い一日でした。ホールドは結構しっとりしていて、ヌメーと指がずれてくるような。そんなコンディションでした。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) 高く登れ(10b)、再登

(3) 振り返るな(13a)、探り便
・先シーズン最後に修正したムーブを先日さらに改良させたので、確認便です。しかし、ムーブができません。何故?
・上からロープのTr状態で、新ムーブは無理やりなんとかできたのだが、テンションムーブか?
・6p目から終了点まで繋げられるのではないかと、ウキウキしていた期待はシュンとしぼみました。

(4) 振り返るな(13a)、探り便
・もう一度確認。核心セクション、左コルネへの左手出しは、右足ヒールフック側へ体をシフトして、ぐっぐっと寄ってから左手だしか。なるほど。
・その時の右足ヒールは高めだと狭くなっているので滑る。下側の幅広部分にヒールした方がいい。
・コルネ頭取りは、取った直後に足ブラしてしまう。左足はもう一つ上のツブ足か?

(5) 振り返るな(13a)、××
・下から繋げて、どこまで行けるか、やってみることにした。
・ラインから外れて美しくないと批判の右ズレレスト。私はこだわりません。いや、持久力ないから、こだわれません。デブは右ズレレストしないと登れないでしょう。
・4-5p間の腰レストも少し決まった。
・5-6p間は、なんだか、いまひとつ、10のうち7ぐらい残っていた余力がいきなり2ぐらいになってしまう。
・やはり、6p目クリップ回りは改良要だ。
・6p目クリップして、左手大穴ホールドはとらえて、右手高~いサイドは、取り損ねてフォール。あー、左手かかり良いところに持ち直さないとダメかも。
・7p目を先にクリップしておいて、6p目からどこまでいけるかは? 左手モニョモニョホールド取って、動けなかった。左手所定の持ち方へ持ち直しているうちに吸い取られてしまった。左手モニョモニョホールドは、2本と2本の指のガチャ持ち+親指でピンチだったが、コルネ右手出しをやめた今のムーブだと、振られ止めのためのピンチ持ちは必要はないかもしれない。一発で取ったままひっかけカチ持ちのまま次の動きへ入ってもよいのかもしれない。

 少し進展がありました。先シーズンは、核心セクションでコルネ首根っこ右手クロス取りでやっていたのですが、右肩が痛いわ、取れてもバランス悪くてドアオープン状に振られて留められませんでした。特に、この振られる時の右肩の痛みが苦痛で、どうもよくありませんでした。そこで、シーズン最後にコルネ左手出しへ変更してみたのでしたが、ムーブを詰め切れていませんでした。まだ弱冠の修正は必要そうですが、今日の修正で、ようやくムーブが落ち着いてきたかもしれません。次に問題なのは、6p目クリップ回りの修正のようです。この部分でいっきに余力を吸い取られています。次回確認項目は、
① 6p目クリップ回り
・指3本穴刺しでやっているのですが、3本だとどうも力が入りません。小指を俵状にして4本入るといいなぁ。
・左足の位置。クリップした後、左へ行き辛いです。もう少し右側にしたいのですが。または、右足を右側へ出してみる?
② コルネ頭取りまで
・コルネ顎横とってから、左足は、もう一つ左側のツブ足にすれば、次の右足はもう少しよいツブ足にのせられそう。
・その後、右手をコルネ頭へドンではなくて、右足疑似キョンムーブで試行してみる。

 とにかく、6p目から終了点まで繋げられること。6p目までもっと楽に行けること。この二つなのですが、なかなか進みませんが、継続して頑張るしかありません。

〇 今日の振り返るな
・今日は3人でした。3便トライできました。もう少し早く回せば、3人とも3便だったのでしょうけど、このルートは都度、2段岩壁に上がって降りてこなければならないオーバーヘッドがあるので、なかなか効率が上がりません。パートナーのトライの順番待ちとビレイもあって、こちら側の都合ばかりにも合わせられません。3人で3便回しが限界?だと、ちと厳しいね。
・今日の写真ではありません。今日撮った写真はピンボケしてました。下は、11/3の写真です。クライマーはノースを登るダンゴ姉ぇ。
b0037220_23091049.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-11-07 23:11 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

カリスマRP映像

 随分前の映像です。めずらしいRPムービなのですが、公開していませんでした。写真はそれなりにありましたが、映像は公開していませんでした。ヘビークライマーきんは、こんな登り方していますって、初公開です。
 2分10秒でカリスマを駆け抜けています。5p目中段で、10秒レストのつもりが、5秒ぐらいでしたね。スーパーラットを登った時は、ちゃんと10数えました。笑。
 「踊るクライマー」と言うには失敗が多く、動きが洗練仕切れていないのが残念です。日が眩しくて、フットホールトが見づらかったと記憶してます。ムーブ自体はほぼ最適に近く流れてるとは思います。速筋系典型の登り方ですね。ご参加までです。(追記)

カリスマRPムービー

2012年4月21日の映像記録です。

きん

# by Climber-Kin | 2015-11-04 20:58 | 太刀岡山 | Comments(4)

2015年11月3日、二子山、シーズン初

「振り返るな(13a)との再会」

 昨日は結構な雨でした。こうなると登れるところは限られます。飛び石連休の休みということもあって、渋滞も避けられる二子へ行くことになりました。パートナーさまは、どのルートを触るか迷い気味でした。ブロースト?触るなら私も便乗しよう。私生活?触るなら、私はやっぱりあのルートだよね。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) 高く登れ(10b)、再登

(3) 振り返るな(13a)、ヌンチャク掛
・結局こちらのルートになりました。ということはパートナーさまは?
・下から見上げると、ヌンチャクが掛かっていました。ラッキー!と思ったのですが、情報をいろいろ集めると上部は掛かってないらしい。
・今の実力で核心セクションにヌンチャクなしで、きっとヌンチャクかかっていても、お助けヌンチャクなければ抜けられないだろう。まぁ、ミニチョンボ棒で掛けらないなら、今日はそのあたりを遊んで終わるかな。
・4p目まで、手順うる覚えながらも、到達できた。しかし、力入りまくりでパンプ寸前でした。
・4-5p間は、あーこーだった。当たり。腰押しつけレストの練習はせず。
・5-6p間は、あっ、先シーズンよりは右肩が痛くない。
・7p目からヌンチャクが掛かっていない。7p目は6p目から掛けられる。
・8p目はミニチョンボ棒使っても駄目かなぁと思ったら、ギリギリ届いた。
・8p-終了点は、こんな感じか。

(4) 振り返るな(13a)、ムーブ探り
・先シーズン改良して終わった核心セクションの確認に重点を置く。
・核心セクションも先シーズンよりは右肩痛くない。
・あれー?できないぞ。記憶違いか?テンションムーブだったのか?
・散々リハーサルして、記憶とは違って、右足ヒールムーブの祭の左足はコルネ脇ではなく、それより、30cm右側の小さな台状のフットホールドがよい。これだと、次の次、左手出しも、この足でできることが判明。
・右足ヒールから右手 出しは記憶通り、ちょっと上の穴ホールド。
・そこから、左手出しはコルネ顎鷲掴みではなく、コルネ左側のダンゴなら取れた。
・そこから、左足上げて、左手はチビカチホールドへ飛ばしで、右足上げて再度ヒールで右手寄せ。ここは、もしかして、右手寄せなくてもできるのかも?要確認。
・右足左足と左足をコルネ左側フットホールドに乗せてから、右手をコルネ頂点取りだ。

(5) 私生活(12c)、2-3p間敗退
・振り返るなは今日は二人だった。しかし、そのもう一方のクライマーさんが、15時ぐらいにスタートした。待ってると日没かなっと思って、違うルートを触ることに。パートナーさまは、おめぇも、これの2-3pできねぇだろう。と触らせたいようで。
・でっ、みんなのムーブできませんでした。ちょっと狭いですが、みんなのホールドが正解でしょう。他にないようです。ちょっと工夫が必要そうです。

 二子は8ヶ月振りになるのでしょうか。今年は夏に沢登りとか、いろいろなことをしていたので、今年は本当に久しぶりって感じでした。振り返るなは相変わらず登り辛いルートですが、核心セクション少し進展したような、やはりテンションムーブのような。まぁ、頑張りましょう!

〇 今日の弓状
・二子山の紅葉は盛りのようでした。
・この時期は登山客で溢れるものだとおもっていたのですが、登山口にも二股の駐車場にも車は少なかったです。
・この時期の二子はめちゃくちゃ混む記憶があったのですが、適正人数でした。
・写真は、振り返るなをトライするトスコのお友達のコンペクライマーさん。名前聞くの忘れた。
b0037220_00082835.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-11-04 00:08 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2015年11月1日、カサメリ沢

 土曜日は小川山だった。土曜日の夜に植樹祭公園へ移動して、翌日の日曜日はカサメリ沢で先週触った「ブライダルシャワー」って? えっ寒くないか? と思いながら植樹祭公園でキャンプでした。テントの中にあった鍋の水に氷が張っていました。テントから外へ出たら、雪が降ったのって思うほどの、一面霜だらけでした。

(1) トータルリコール(10b)、MS、再登
・しっかり焼石して登りました。
(2) 鳳凰(13b)、ヌンチャク掛
(3) 鳳凰(13b)、Tr、ムーブ探り
(4) 鳳凰(13b)、Tr、ムーブ探り

 パートナーさまが今日は登らないと言い出したので、ブライダルシャワーは中止で、日が当たって暖かそうなオランジュ岩のルートでも触ろうとあの!「鳳凰」を触ってみました。でも、この時期のオランジュ岩の取り付きは昼過ぎでも、なかなか日があたりませんでした。寒いのなんのって、登りだせば温かくはなるのですけど。
 そして、初めて触ってみた鳳凰ですが、このルート登った人凄い!浜ちゃん凄い!

〇 鳳凰(13b)
・まさか、このルートを自分が触ることがあるなんて、考えてみませんでした。まぁ、触って、全くNGと言うのも、意味があると言うものです。
・これまで、触ってはみた難しいルート達。このルートやるなら、まだあのルートの方がましだって(笑)。
・傾斜がどんどん強くなってきます。
・ちょっとだけ凹角になっているので両足張って上がっていくのでしょう。
・一番被ってるところは、右回りで行くのでしょうか?
・左上にがばホールドがあるのですが、ちょっと左寄り過ぎのような。それに、そのガバホールドへ行くには、凹角から凸角を横切らないといけない。
・幅4mぐらいで、チョークが残っていて、先人も悩みまくっているのがわかります。
b0037220_23270509.jpg
〇 雪が降ったような、みごとな霜の植樹祭公園
・H山さん、kの嬢、Y神さん達、マユさまも旦那を連れて、我々のすぐ後に不動沢駐車場へやってきました。
・先日、有笠山でお会いしたのはY神さんだったのね。
b0037220_23271096.jpg
〇 ギャラクシアン(12a)
・松本ナンバーの方が今日もトライされてました。全トライおしかったです。最後に登れたかな?
b0037220_23273075.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-11-01 23:36 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(2)

2015年10月31日、小川山、紅葉終了

 廻り目平は先週が紅葉の盛りでした。そして、今週末は日曜日の朝がピークで寒くなると天気予報が出ていました。寒いかなぁ、辛いかなぁと思いながらも、これが最後にしようという決断のないまま今週も小川山へ向かったのでした。今週末には落葉するに違いないと思っていたら、やっぱり落葉していた廻り目平キャンプ場でした。

(1) ヤッホー元気(10b)、MS、再登
・何故このルートのクラックはいつも湿気てるように感じるのか?
・何故このルートは、何十回登っても登り辛いのか?
(2) 力The大岩(12c)、ヌンチャク掛
(3) 力The大岩(12c)、×、ムーブリハーサル
・久々に1-2p間が止まった。がっ、全くもって右手が結晶穴にしっかり入っていない。なんとか2p目クリップして強引に行こうとしたが、動けなかった。
(4) 力The大岩(12c)、×、ムーブリハーサル
・またまた、1-2p間失敗。ここの成功確率を何とかしない限りはRPはあるまい。このルート、もうやめた021.gif!と叫んでしまった。
・パートナーさまに宥めすかされ、再度ムーブ探りをしたのだが、これまで散々探ってきていた、すでに探りつくした感が強い007.gif
・まずは、左足を変えてみようと、3ヶ所あるミリふっとホールドを上や下に変えてみる。やっぱりバランスが劇悪いというか、この足意味がない。意味がない?
・いっそ、好きな場所にスメアしてみたら? あれっ、結構右足は載れてるからすぐにおちてこない027.gif
・これまでの左足より、ずっと左の少しこちらを向いている面にスメアしてみた。あれ~!スタティックに右穴とれちゃうじゃん004.gif! 今まで何やってたの!
(5) 力The大岩(12c)、×、最高到達地点
・1-2p間安定して通過。
・しかし、2-3p間が繋げられた場合にこなれていなかった。強引に3p目へ突入。わっせ!わっせ!とアンダースローパートラバース成功。
・そして、3p目クリップも、何故かすんなりできてしまった005.gif。この便でいくしかない!
・ゴー! 出し辛い左手は体勢がよいのか、これもすんなり出せて、右足上げて左足ハイステップ。そして、左手飛ばそうとしたら、右足滑って落ちた。あ~。力み過ぎたか。なんてこったい002.gif。せっかくのチャンスを。
・3p目から終了点までは何度も繋げて成功していた。足滑らなかったら登れてたかも?やっぱり、よれて登れていなかったかも?
(6) 力The大岩(12c)、×××、ヌンチャク回収
・2時過ぎから急激に岩の温度が下がりはじめていました。
・1-2p間今度も通過できたのですが、指皮が終わっていて、2p目クリップがあまりに激痛で、心がぽきりと折れました。

 朝は氷点下近くまで気温が下がっていたのではないでしょうか。ルートクライマーはいきなり居なくなりました。紅葉終わるとこなくなるのですね。そりゃ日向のルートしかできないですものねぇ。
 これまで、成功率が極めて低くて苦しんでいた1-2p間ですが、これまで何をやっていたのでしょうか。いつもの早とちりでした。自分のムーブがありました。ようやく見つけました。あ~、無駄便沢山うっちゃいましたねぇ。5日ぐらい無駄にしてそうです。もう少し早くに気が付いていれば。そして、懸念の3p目クリップも何とかできました。下から繋いでできたのは2回目です。どれもこれも、1-2p間でめちゃくちゃ難しいことをやっていたせいでしょう。まー、やってれば、そのうち登れるだろうという気にはなれたようです。
 残念ながら、今シーズンはこれで終了? いや、11月は暖かいとか。でも、11時ぐらいから日陰になってしまう、このルート。悩ましいです。

〇 紅葉終了の廻り目平
・2/3ぐらいの葉っぱが落ちてました。
・でも、また来週から暖かくなるそうです。11月は暖かいそうです。悩ましい。
b0037220_23104765.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2015-11-01 23:11 | 小川山2015~2016 | Comments(2)

2015年10月27日、ベースキャンプ

 出張帰り。禁煙の副作用で眠くて、鬱気分。やる気が出なかったのですが、1時間仮眠してからベースキャンプによりました。あっ、正面の壁がデカホールド壁になってる。おもしろそー。昔の国分寺B-PUMPみたいな壁になってました。

〇 デカホールド壁
・5級とか4級とか登りすぎて、2時間もたず。指皮がヒリヒリになって終わってしまいました。
・4級までは、だいたい一撃できて、3級は2本ほど登れました。
・前回より、さらに甘目になっていたような気もしますが、このぐらいのグレーディングが適切ではないでしょうか。
b0037220_20204805.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-10-27 20:23 | ベースキャンプ | Comments(0)

禁煙の試み

 禁煙した方がクライミングのためになるとは思いながらも、クライミングのために、禁煙しだしたわけではないです。ずっと、いつかは禁煙しよう。だけど、体重落としてからって言い訳してたんですが。毎年受ける人間ドックも、ずっと問題はなかったのです。ところが前回8月に受けた人間ドックのオプション検査の結果で大きなポイントに初めて引っかかってしまいました。これは禁煙するしかないかなぁと即座に思いました。いろいろな面から、今回が禁煙する機会だろうと強く思いました。即実行しました。
 最近は、ニコチンパッチでなく、新しい薬で禁煙するの方法があるようでした。調べてみると、ちょっと副作用がありそうでしたが、煙草を吸いたくなくなるって言葉につられて、思い切って開始しました。
 9/30(水)から禁煙プログラムスタート。10/7(水)から完全禁煙開始。今日で、4週目です。一番厳しい1週目は越しました。ここにきて、禁煙効果を調べています。禁煙のモチベーションを維持するためです。禁煙はいいことばっかり、頑張ろう!
 実は、週末のカサメリ沢のルートで、パンプしちゃって、大ガバレストだけど、回復しないだろうなぁと思っていたら、回復しちゃった。禁煙効果かも? そんなことを信じて、禁煙頑張ろう!みんなも応援してね。

〇 チャンピックスの副作用
・眠いです。普通に活動していると別に感じないのですが、活動しない時間帯になると、眠くてたまりません。いくら睡眠しても眠いです。
・鬱症状が出ます。ただし、これは禁煙による副作用かもしれません。
・夢を沢山みます。夢って、見るなら、つじつまのあわないのが多く、覚えていると、やはり悪夢になります(笑)。

〇 禁煙の副作用
・鬱気味になります。チャンピックスの副作用か禁煙の副作用かよくわかりません。
・太ります。平均で2kg増だそうです。平均3kg増ぐらいになってましたが、抑えて1kg増で停滞しています。
・チャンピクスのせいか、酒のテーストが変わりました。水割りウィスキーはまずく感じます。角の水割缶がめちゃくちゃまずいです。そのかわりに、日本酒がうまいです。

〇 禁煙の効果
・歯磨き後の吐き気がなくなりました。
・ほっといても、5%~15%の持久力向上があるそうです。まだ、実感なし。禁煙後3ヶ月から半年後か?
・筋肥大が増進されるとのことです。
・ご飯がおしくなるはずなのですが、何故か最近は、舌先が火傷したみたいで、相変わらずテーストはにぶいです。

〇 チャンピックス
・最初の一週間は慣れフェーズです。煙草吸ってもよいと医者から言われます。どうせ吸ってもまずいですよって。
・確かに、いきなり煙草がまずくなります。私は朝晩の2本づつ吸って。最終日はこれが最後かと5本ほど吸いました。
・一週間目から、完全禁煙開始です。それほど苦労せず、最初の峠を越えられたみたいです。
・副作用多いから、もう煙草吸わなくて大丈夫そうだから、チャンピックス飲みたくないなぁと思いながら、まぁ、3ヶ月だから、医者の薦めに従いますか。
・まだ、ご飯食べた後に吸いたくなります。時間が空いた時に吸いたくなります。チャンピックスのせいで、肉体的には吸いたくないけど、頭の中で、ここで吸えばうまいよねぇと頭に刷り込まれているせいです。だから、ここで吸えばおいしいかもって、過去の刷り込みを克服すれば。このメンタル的にプレッシャーを越せれば、やめられそうです。
b0037220_20445268.jpg
〇 禁煙手帳
b0037220_20362067.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-10-26 20:45 | 目標と成果 | Comments(2)

2015年10月25日、カサメリ沢

 土曜日の夕方に紅葉の小川山をあとにして、植樹祭公園へ向かいました。午後から風が出だして急に寒くなりました。夜中に強風が吹いて、テントの外張りがはずれてしまいました。風でテントが揺れて押されて何度も起こされました。明け方は、瑞牆山登山者さん達のハイテンションな声に起こされました。やはりこの季節。登山者が多いですね。
 日曜日の朝は冷え込みました。風が冷たかったです。カサメリ沢へ向かったのですが、途中で車を停めて考えました。H山さん、kの嬢、まゆさまの車がカサメリ沢へ入っていきました。寒そうで終日辛いかも、あっ、暖かそうな甲府幕岩へ行こうとUターンして幕岩方面へ向かったのでした。少し進んだところで、待てよ、この時期、この天気だと、幕岩は激コミの予感がしました。やっぱり、寒くても静かなカサメリ沢にしようと、再度カサメリ沢へ向かったのでした。コートダジュールのさらに奥、ドーム岩にあるブライダルシャワーへ向かいました。きっと、オランジュ岩のように日が当たり暖かいに違いないと期待して。ところが…

(1) トータルリコール(10b)、MS、再登
・焼き石しちゃいました。

(2) ブライダルシャワー(11d)、Tr、ムーブ探り
・アプローチを間違えて、少し彷徨してしまいました。ロボ岩から右上へ上がって行くのではなく、水平移動してから、踏み跡を上がるです。たどり着いた取り付きは寒い!大きな杉で終日日陰でした。不動沢が見えるぐらいだから、尾根筋だからでしょう。風の通り道でした。
・終了点直下のムーブが難しいらしいとあったのと、寒くて積極的になれないところもあって、トップロープです。
・そしたら、3-4p目からはまり。ガビガビアンダー持ち替えて下側からいこうとしたら、これは小さい人ムーブみたいで全然できず。でかい奴は、左手ガビガビアンダーから頭の上の薄いガストン右手で、左手遠い水平カチのクリップホールド取りか。パツパツ。左手取ってからも、ステップして体勢作るのに、ちょっと苦しい。
・4-5p間から、左手はガバ、右手はポケットなのだが、フットホールドが乏しくなる。足滑ったら、指なくしそうなぐらい、ホールドがとがっていて、そこに指をチョックしてるんですけど。怖い。
・8p目クリップしてから、その核心は待っていた。散々探って、右手アンダーから核心の左手穴ホールド?取り。右足普通において、正対で右手モニョモニョホールド取りか?それ取れれば左手クロスでガバで終了点に上がれる。

(3) ブライダルシャワー(11d)、Tr、1テン?
・中盤に自信がなかった。と言うより、ここ寒すぎ。取りつきが大きな杉の木に囲まれていて、日が当たらない上に風の通り道で今日は寒すぎる。トップロープでWPすればいいやぐらいの気持ちだった。
・とは言え、おじさんは頑張って、出だしの核心は超えて、中盤の指落としそうなダイナミックな地帯も超えて、核心へ。ウォー前腕張っちゃった。でも、核心手前でレストして回復できた。登ってやるぜー!って頑張ったですが、核心ムーブで右手届いたのですが、その瞬間に左手スッポ抜けました。

 あまりに寒いと指皮がイヤイヤ状態なので、少し早めに引き上げました。オランジュ岩あたりまで降りてきて、あまりの暖かさにびっくりしました。このあたりは陽だまりになっていて暖かいのですね。100m離れただけで、これだけ違うとは。
 ブライダルシャワーは、とてもおもしろいルートでした。自分のムーブを見つけるのにパズルのような前半。レストできずに、そのままストレニっぽく、大きな動きの中盤。パンプしてしまいます。そして、終了点直下に現れる核心。その核心は瑞牆ガイドブックの通り難しかったです。指先が入るポケットホールドで、日が当たってると難しいかなぁ。でも寒い日は辛いエリアです。おもしろいルートなので、また、来たいです。

〇 ブライダルシャワー1pt目(11d)
・午後から日が当たる角度なのですが、杉の大木が太陽を遮っています。でも核心には日が燦燦と当たっています。
・終了点直下の核心手前までで、11ノーマルぐらい? レストはさんでの核心ムーブは3-4級ぐらいか? グレードは12aでもよいような気がしました。そしてら、人気ルートになるとか。
b0037220_23074206.jpg
〇 ドーム岩から見たロボ岩
・ロボ岩上部はあんなに大きな岩なのか?「明日があるなら(12a)」はスラビーで難しそう!
b0037220_23093453.jpg
〇 夕日に染まるオランジュ岩をトライするクライマー
・クライマーはMOTさん。
b0037220_23084814.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-10-25 23:09 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(0)

2015年10月24日、小川山、紅葉

 久々の紅葉真っ盛りの小川山へ来ました。この時期も小川山に来ていたのは、デリウスをトライしていた年とエンドルフィンをトライした年だったかなぁ。デリウスはその年に登れたけど、エンドルフィンは12月まで通って、そのシーズンには登れなかったなぁ。エクセレントトライの年はこの時期の前に登れたんだっけなぁ。今より強かったころを思いだしながら、小川山へ向かったのでした。

(1) ヤッホー元気(10b)、MS、再登
(2) 力The大岩(12c)、ヌンチャク掛
(3) 力The大岩(12c)、ムーブ確認便
(4) 力The大岩(12c)、×
(5) 力The大岩(12c)、××、ムーブ探り便
(6) 力The大岩(12c)、ヌンチャク回収

 廻り目平の紅葉はすばらしかったです。たぶん真っ盛りだったのでしょう。来週とかは、全部落葉してそうです。

きん





でっ、力THeは?
 いやー、全ムーブの確率が悪過ぎて、全然進展しません。と言うより後退してます。相変わらず1-2p間がおかしくなってます。思いっきりがたりないだけのような気もするのですけど。今日も3p目から終了点までは2回繋げられています。だから、1-2p目クリアできて3p目クリップできれば… と言う状態なってから、もう随分トライしてるんですけど…
 パートナーさまも、3p目クリップ以外はムーブが固まって、私と同じフェーズになってきて?しまいました! しかも1-2p間はスタティックに取れてるし。これ、もしかしてサイズイシュー? まぁ、来シーズンも、このルートで楽しみましょう。えっ、今シーズン、もう1回?

〇 屋根岩1峰から長尾山方面の景色
・土曜日の午前中は、この時期にしては暖かったです。
b0037220_23054370.jpg
〇 屋根岩1峰から金峰山を望む
・午後から日陰になり風が出てきたら、寒かった~。
b0037220_23055131.jpg


きん

# by Climber-Kin | 2015-10-25 23:06 | 小川山2015~2016 | Comments(0)

2015年10月21日、T-WALL東村山

 昨日もチーウォール行こうかなとは思ったのだが、指皮がすり減り気味なので、残業&飲みに行ってしまった。とは言え、1日では指皮は育たない。こんな指皮のままで冬壁突入するとツリツリなんだよなぁ。って、毎年のことか。

〇 「For a Better」、ナベ@T-WALL、2015.10.19
・あと1本でcomplete!だったのだが、水色4Qが増えていた。でっ、増えた課題から。右手持ちにくい紫ホールドから左手オレンジガバ取りが核心。右肩痛いながらも、何回かトライしたら止まった。そのまま完登できた。
・緑3Q、前回登れなかった課題。右手を緑サイドカチで左手サンマホールド添えて、左手出しか。2トライ目で右手緑サイドカチ取れたら、そのまま完登できた。
・おー!ナベファイル課題、complete! めずらしい!
b0037220_23224250.jpg
〇 「のり手焼き大丸」、ナベ@T-WALL、2015.10.10
・水色4Qは、3手目飛ばしかなと思ったらあたりで、マッチして左手出し。中盤は狭いかもと想像していたが、手前に引けた。一撃。
・水色3Qは、左壁に両足スメアで紫スローパー取りね。これ登れるかも?次の便で奮闘的に完登。
b0037220_23234147.jpg
 この後、正面壁ナベ課題の3-4Qを一撃。一昨日に引き続き、3Qを2本。3-4Qを1本。4Qを2本完登。登れ過ぎ! 新壁になってからのサービス課題か? でも、このグレーディングが適正でしょう。

きん

# by Climber-Kin | 2015-10-21 23:23 | T-WALL東村山 | Comments(0)

まとめて食べログ、10/16~11/21


〇 ロース生姜焼き定食 wt 餃子、春雷、小鹿野、11/21
・何度目になるが、中華でなく、良い食材を使っているようで、普通の定食がおいしい。
・豚肉おいしいから、普通のとんかつもおいしいかも。
・それと、ここの餃子が小鹿野で一番おいしいです。
b0037220_12254733.jpg
b0037220_12255194.jpg

〇 アグー餃子&オリオン生ビール&ゴーヤちゃんぷる&泡盛ニコニコ太朗、琉球ぼうず、小川、11/19
・何年か前?からオープンしていたが、初めて入ってみた。あっ、おいしい。泡盛が100種類がぐらいある。
・満腹になってしまって、ソーキソバもラフテーも食べられず。また、行くかな。
b0037220_12232681.jpg
b0037220_12233084.jpg
b0037220_12233439.jpg
〇 ファイヤーネギ醤油ラーメン、むってぽう、池袋西口、11/19
・ずっと豊洲に出張だったのだが、久々に池袋による機会があった。
b0037220_12263406.jpg
〇 焼き餃子、ホワイト餃子、はながさ店、11/15
・11月いっぱいは、ホワ餃禁止!
b0037220_12281290.jpg
〇 麻婆豆腐丼、喜楽、小川、11/13
・甘い麻婆豆腐。翌日ひどい下痢だった。
b0037220_12284506.jpg
〇 みんみん餃子、吉祥寺、11/12
・有名なみんみん餃子を初めて食べる。皮が厚くて、中はジューシーな野菜。これは、うまいです。
・小川の喜楽の餃子は、見た目の焼き方と皮はいまひとつですが、身はジューシー野菜だったなぁと思い出す。
・宇都宮のみんみん餃子との関係は不明。
b0037220_12294458.jpg
〇 味噌ラーメン、ど・みそ ららぽーと豊洲店、11/11
・口コミ評価3.52に、花田と同じぐらいうまいという口コミを期待したのだが、普通の味噌ラーでした。
b0037220_12324731.jpg
〇 銀だこ&生ビー、11/10
・新宿歌舞伎町で、映画見る前に。ほくほく、たこ焼きにビールは癖になりそうです。
b0037220_12330117.jpg
〇玉ねぎラーメン、立川商店、東大和市、11/8
・冬タイヤ交換中に検索したら、口コミ3.55の店が意外と近くにあった。
・玉ねぎと言えば、八王子ラーメン。見た目おいしそうなので、頼んでみた。まぁまぁかな。次回はネギラーメンにしてみよう。
b0037220_12343276.jpg
〇 肉丼、喜楽、小川、11/6
・肉残しちゃったなぁ。
b0037220_12350555.jpg
〇 フライドポテト、牛焼肉定食、八海食堂、東村山、11/2
・フライドポテトは、モスバーガー風。
・調理する人が二人ぐらいいるようで、作る人によって、随分味付けが変わるみたい。っていうか違うメニューみたいな。
b0037220_12372840.jpg
b0037220_12502611.jpg
〇 モチと豆腐の揚げ出し、豚焼肉定食、八海食堂、東村山、10/30
・ここは、静かで落ち着いて食べられる。
b0037220_12400736.jpg
b0037220_12494843.jpg
〇 焼き餃子、ホワイト餃子、はながさ店、10/27
・出張帰りの遅いランチによってしまいました。今日はからっと揚がっていておいしかったです。
・満腹のお腹でベースキャンプへゴー。
b0037220_20270434.jpg

〇 カキフライ定食、孫悟空、双葉、10/25
・小川山瑞牆の帰り、ネタもないまま、無料券になったサービスカードを持って「ゆめみの丘」へよって孫悟空へ。
・ラッキー、季節もの、カキがありました。満足です。
・葡萄のお見上げまでもらっちゃいました。
b0037220_23573051.jpg
〇 餃ビー&ニラ肉丼?、餃子の満州、東村山、10/23
・今日も八海食堂か迷ったのですが、久々に?餃ビーもいいかなって、満州へ。
・季節メニューのニラ肉丼?肉ニラ丼?味が濃いようで濃くなかった。アンかけものはお腹膨れますね。
b0037220_00002670.jpg

〇 餃ビー&あんかけ焼きそば&麻婆豆腐定食、火麒麟、一橋学園、10/18
・食い過ぎた。餃子が余分だったかな。餃子はいまひとうだけど、料理は基本まーまーです。
・今回は祭りの打ち上げの方々が凄い人数で来ていて、落ち着きませんでした。
b0037220_21053325.jpg
b0037220_21053079.jpg
b0037220_21053719.jpg
〇 味噌かつ定食(ロース)、とんかつ梅乃家、吾妻町原町、10/17
・当初はチエちゃん推奨のはら沢行くはずだったけど、岩櫃温泉そばにあった、こちらへ入った。あっ、この店、なかなかです。出てくるもの、全部おいしいです。
・岩櫃温泉のすぐそばです。温泉は小野上温泉の方がよいけど、小野上温泉まで行っちゃうと食べるところが限られるから、岩櫃温泉で妥協して、このあたりでごはん食べるのも選択肢の一つかも。このあたり開けていて店多いです。
b0037220_21035750.jpg
〇 餃ビー&肉野菜炒め定食、みゆき食堂、清瀬、10/16
・店がうるさかったかな。生ビールがないのはマイナス。餃子もいまひとつ。野菜炒めは、こんな感じだろうけど。野菜ゆでといった方がよいかも。静かな店だったら、よいのだけれど。
b0037220_21024439.jpg
b0037220_21024031.jpg

# by Climber-Kin | 2015-10-19 21:15 | 食べログ | Comments(0)

2015年10月19日、T-WALL東村山

「一本だけは登れないお買い得ファイル課題達」

〇 「無名」、黒岩男爵@チーウォール、2015.10.9
・緑5級は、何とか一撃。
・ピンク5級は、薄い水平ホールドから右手出しで左手滑って落とされた。手順違うのかとリハーサル打ったが、やはり、薄い水平ホールドから右手出しみたい。3便出して完登。
・黒4-5級は、後半手順間違えた。2便出して完登。
・紫4級は、ゴール取りの右足滑って、2便出して完登。出だしはデカピンクホールドマッチしないで飛ばしてしまった。
・赤3-4級は、わからなかった。
b0037220_20462221.jpg
〇 「For a Better Day」、ナベ@T-WALL、2015.10.19
・ピンク5Qは、あれっ、易しいじゃん。一撃。
・紫3-4Qは、やらせたいことがすぐにわかった。出だしの足は手前側で左手ガストンで右手スタートホールドプッシュして、右足上げて、右手だしね。3便ほどかけて完登。
・赤3Qは、黄色デカホールド取ってから、飛び気味で白ホールド左手届く。一回届いて、体伸びきって右足あげられず。次は、左手微妙に届かず。次の便で完登。
・青3Qは、2手目が遠い。ちょうど、黄色はりぼてのところに左足スメアすれば届く、フットホールドじゃないけど、面を押すってことで、最後左手緑ホールド持ち辛かったので、右手取ってから、左手マッチして声だして、右手だしたら止まった。そのまま完登。
・緑3Qは、これちょっと難しい。ムーブはわかったのだが、こなせない。
b0037220_20471632.jpg
 たまに誕生する、ナベちゃんの易しめの営業課題。このぐらいのグレーディングが普通だと思うけど。まぁいいや。沢山登れたけど、指皮、またまたスベスベ、テカテカです。

きん


# by Climber-Kin | 2015-10-19 20:58 | T-WALL東村山 | Comments(0)

2015年10月17日、有笠山

 朝起きたら、朝から本降りでした。南の方が雨が強い予報でした。小川山何とかなるかもとも思いましたが、関東甲信越地方は昼からの方が雨が降りやすいとのこと。無難に有笠山へ行くことにしました。久々に雨のルンルンでも触ってみるかな。


(1) はじめの一歩(10a)、MS、再登

(2) ルンルンしんすけ(12b)、ヌンチャク掛
・続けてトライしなくなって久しい。思い出せないというより、間違ったムーブを覚えていて苦戦する。

(3) ルンルンしんすけ(12b)、ムーブ探り
・まだ、思い出せなかった。疲れてしまった。

(4) ルンルンしんすけ(12b)、×××
・4p目クリップのニーバが抜けてきそうで、めちゃくちゃ右手に力がはいってしまって、そこで終わった。
・5p目近辺もいるだけで疲れる。核心ホールドははるか遠く彼方に見えた。

(5) ルンルンしんすけ(12b)、×××、ヌンチャク回収
・4p目までうまくいけたのだが、やはりニーバが抜けてきそうでNG。ここまでニーバ決まらないなら、やめた方がよいのか。

 たまに思い出すように、雨が降ったら会いに行くルンルンですが、ここまで触るインターバルが長くなると、自分の調子の確認にもなりませんでした。今日の結果が本当なら、めちゃくちゃ弱っています。指皮ない上に湿っぽかったせいでしょうか。それとも、本当にこんなに弱くなってしまったのでしょうか? そうするわけにはいかない、今日はなかったことにしましょう。

〇 今日のヘルケーブ
・フェアリーで登る、Mっちさんと雌豹さまとお会いしました。Mっちさん、手術から復帰とのことです。おめでとうございます。
・ヘルケーブには、ウチ猿くんパーティがやってきていました。猿ではなく、類人猿ネアンデルタール人だそうです。お一人は、チーウォール江戸川橋の常連で、H山さん、ムサシくんの知り合い、UNさん?
・ネアンデルタール人から、焼きギンナンもらいました。ごちそうさまです。
b0037220_23433057.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-10-17 23:44 | 有笠山 | Comments(0)

2015年10月12日、カンマンボロン、太陽の登2pt目RP

「意外な完登」

 日曜日は明け方から雨が降り出しました。雨ダスで雨雲の範囲を確認すると11時ぐらいには雨は上がりそうでした。昼からなら、露出のよいマラ岩か5峰ぐらいなら登れるかもと思いながらも、タープなしの2人用テントの居心地の悪さに我慢できず。雨が止む前に行動開始して、さっさっと、滝見の湯へ出かけてしまいました。雨の上がった植樹祭公園ので早いうちから酒飲み過ぎて、19時には就寝していました。
 そして快晴の月曜日はカンマンボロンへ向かいました。パートナーさまは、前回登り損ねている太陽の塔1pt目狙い。私は何箇所もムーブ解決できていない2pt目。全然完登の目処が立たない、また、あの長いのやるのかと少し気が重かったです。

(1) 太陽の登2pt目(12a)、ヌンチャク掛け&探り便
・いやいやヌンチャク掛け便。2p目を長くしないと、上部でロープ重くなるんだけどなぁ。だが、3p目クリップ方法がまだ固まっていない。恐くてヌンチャク長くできなかった。
・3-4p間は、前回わかった両手離して立ちこみができた。だが、4p目クリップがヌンチャクかかっていないと、ダイクを一歩トラバースしないとヌンチャクをかけらられない。指かかるホールドが全然ねぇよ。あ~怖かった。
・中段の核心、右手遠い結晶穴ガバ取りは、普通の人はここまで足上がるんだろうけど私には高すぎる。これも前回なんとか見つけたパツパツムーブで何とかとれたのだが、繋げてできるのか?これ超えられても、まだ半分来ていない。
・そして、前回できなかった最後の核心は、右足結晶にのって、背伸びに背伸びをして何とか左側の指穴に届いた。伸びきった右腕状態からスメアでテケテケ上がって、ポチホールドに左足のせて立ちこみか~。右肩痛ぇぞ! この激しいムーブ、ここまで繋げて来て、できるのか?

(2) 太陽の登2pt目(12a)、RP
・グレイな事項が沢山。3p目クリップは、スタートする際によーく見ると、ダイクにヒールフックかかりそうなところがあった。あれにヒールしてクリップしてみよう。ロープの内側からヒールしてしまって、テンションしようとも思ったが、なんだか安定しているぞ。クリップして、ロープを整理して、左足のヒールはずして、片足立ち込み。腿がつりそう。
・そこから、いやらしいスメアレイバック帯を超えて、左へ右へ。そして、中段の最初の核心は、1回目指が届かず戻ってきて、左足スメアが抜けそうとおもながら、超背伸びムーブで指先がかかった!体少し上げて、持ち直し。取れた! だが、この時、右手薬指の先をぐっさりと結晶で切ってしまったようだった。出血した。チョークで拭っても、血がにじんでくる。
・そこから、すべてのホールドに血のマーキングをつけてしまった。すいません。
・途中、何か所かで失敗しかけて危なっかしいところもあったが、何とか最後の核心手前までたどりついた。前腕張っては、レストして、また張ってレストを繰り返すと、だんだん戻らなくなってくる。ここまで頑張ったんだけどなぁ。やっぱり駄目かもと、核心へ入る。登りだす前に思いついたこと。右足をスメアですり足しながら、左上へ体を上げていけばできるかも。その思いつきは当たった。左足ツブ足に、見事に立ち込めて、左手がガバに届いた。
・ここから、さらに2pあるが、ここは落ち着いていけば大丈夫。しかし、ロープがめちゃくちゃ重い。終了点のカラビナにロープ掛けるのに、ロープが重くて、3度もやり直した。
・岩の海の中の終了点だった。「うぉー!」久々に雄たけびを上げた。

 登れてしまった本人が一番意外でした。登る前にネガティブ発言ばかりしていたので、パートナーさまも、まさか登るとは思っていなかったようです。いつもなら、今度こそ登るぞと核心ムーブを確認しながら登りだすのですが、はっきりしない箇所が多すぎて、ルートが長すぎて、気が重くて、この触ってしまったルートと、これからどう向き合うのかとちょっと暗くなっていました。でも、クライミングって、たまに思いもよらないことが起きるんですねぇ。登れてしまって、自分でもびっくりしました。

〇 太陽の登2pt目(12a)
・太陽の登1pt目も難しかったのですが、2pt目も難しかったです。
・1pt目の終了点にロープをかけて、途中ゴボウして端折りながら、2pt目スタート地点に到着するのですが、そこからスタートして、30mと長いです。そして、ロープが重い。小川山マラ岩のエクセレントパワーより、ロープを出す距離は長いです。
・だけど、岩の海の中を弱点を探しながら登っていく。このルートは面白いです。岩も安定しています。
・そして、まだまだ、はっきりしないムーブだらけだったのですが、なんだか、登れてしまいました。久々に本気モード。しかも、とっても長い間。こんな真剣レストも久々です。精根尽きましたが、燃えました。そのまま、登れてよかったです。
・1pt目も2pt目も質が高いルートでした。2pt目終了点から見る景色は最高です。お薦めです。
・強い人なら、1pt目と2pt目を繋いで続けて登れるでしょう。

〇 太陽の登2pt目をスタートする私
・涼しい午前中はパートナーさまのトライ優先でした。ヌンチャク掛けに続く、怒涛の連続2トライで無事、太陽の塔1pt目をRPしていました。
・茨城組ウッチーくんも、太陽の登1pt目を夕方前にRPしていました。花崗岩で初12aだそうです。おめでとうございます。
・そして、私のトライはお昼から。暑う~。
b0037220_23495110.jpg
〇 豆粒になって進む私
・このあたりが核心です。
・力がいる箇所が何か所も出てきます。前腕張り気味なっては、レスト。それを繰り返す。あ~。こんなの久々だ~。徐々に必死になっていきます。
b0037220_23500715.jpg
〇 瑞牆山の紅葉
・写真は、日曜日の雨が上がった午後の写真です。この光景を見ながら飲んだ酒がうまかった。
b0037220_23511195.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2015-10-12 23:51 | 瑞牆山 | Comments(2)

2015年10月10日、小川山

 秋本番の晴れ晴れの三連休とは行かず、中日の日曜は雨予報でした。二日目は瑞牆山方面の予定だったのですが、土曜夜から雨予報だったので、瑞牆方面は月曜日にしようと朝のうちに廻り目平にテントを張りました。凄い車の量の割にはテントの数は少なく見えました。家族キャンプが多かったのかな? 今年は早目に感じる紅葉ですが、来週ぐらいがピークでしょう。
 そして、小川山に来るとなると、再び、このルートです。それにしても進歩がありません。

(1) やっほー元気(10b)、MS、再登
・足が痛くて登れない病対策に、スカルパブースティックの緩め版を急遽入手した。早速に試してみた。
・慣れない新品の靴に登り辛い、このルート。奮闘してしまった。

(2) 力The大岩(12c)、ヌンチャク掛

(3) 力The大岩(12c)、×、ムーブ確認?
・1-2p間、右手クロスは入ったかに思えたが、浅カカリ。2p目クリップはなんとかできてテンション。
・2-3p間は、フルパワーで3p目クリップはヌンチャクへデッド。
・3-4p間も、心が折れて、先にヌンチャクつかんでTR状態でリハーサル。
・4-5p間は、右肩痛いなぁ。このムーブ。

(4) 力The大岩(12c)、×、2テン
・1-2p間、右手クロスは浅かったが、少しだけ深く持ち直せた。
・2-3p間入ろうとしたら、左足滑って落ちる。
・2-3p間、3p目クリップは、やっぱりヌンチャクつかんでしまった。
・3p-終了点は、一発でこなせた。

(5) 力The大岩(12c)、×、ムーブ確認
・ノグーさんの3p目クリップ方法を見て、思いつく、もしやと思って試してみたが、うーん。


 相変わらず、1-2p間の確率の悪さと3p目のクリップができず、まったく進展しません。もう気持ちを決めて、今の手順のまま、あとは叫んで頑張るしかないようです。1-2p間落ちたらすぐ降りて、やり直す。1-2p間成功したら、恐怖に打ち勝って、3p目クリップだ~! 頑張れ自分。

〇 力The大岩、上位をリハーサルするノグーさん
・他の人の上部のムーブを初めて見ました。
・明日雨で登れないだろうと、パートナーさまも、力Theに参戦していました。
・写真は、最後の核心を探る、Mr. スラブマスターのノグーさん。
b0037220_23463178.jpg
〇 紅葉する廻り目平
・先週より、また紅葉が進んでいました。
b0037220_23482016.jpg

きん

# by Climber-Kin | 2015-10-12 23:48 | 小川山2015~2016 | Comments(2)