タグ:びんたマン ( 3 ) タグの人気記事

2015年4月29日-5月1日、GW1日目~3日目、小川山

 技術的な向上やフィジカルな向上以上に同じエリアへ通い続ければ、登りたい、あるいは頑張れば登れそうな、そんな対象ルートは、どんどん少なくなってしまいます。そんなおり、瑞牆山ガイドブックが出ました。しかし、瑞牆を登るには技術が必要です。少しづつNPの技術も得て、クライミングのレンジを広げたいなぁとGWを迎えたのでした。
 植樹祭公園をベースにするか廻り目平をベースにするか迷っていました。まずは廻り目平へ行ってみて、混んでいるようなら植樹祭公園へ戻ろうと思っていました。結局、廻り目平が空いていたので、今年も廻り目平キャンプ場をベースにGWを過ごすにとになりました。

◇ 4/29(兄岩)
(1) タジヤンⅣ(10a)、MS、再登
(2) グッダイマイト(10c)、MS、再登
(3) ピクニクラ(10b)、MS、再登
〇 めおとカンテ(13a)、Tr掛け
(4) グッダイマイト(10c)、再登
・なぜか再登することになる。
(5) めおとカンテ(13a)、Tr、ムーブ探り
・出たしは、そうか?離陸できた。指皮痛い。
・しかし、その後は相変わらず、厳しいなぁー。また、機会があれば、懲りずに触ってみよう。

◇ 4/30(砦岩前衛壁)
(6) お手伝いします(10a)、再登
(7) 小川山シャンツェ(11c)、MS、初トライ
・3p目まで頑張ったが、3-4p間ライン間違えた。そのまま左側か?
・その後は、どランナウトどスメアが続く。
・ランナウトでダイク乗り込みは、オシッコちびりそうだった。その後のランナウトは、カム黄色と青持って来れば、少し怖さがへりそうだが、今は持ってない。ビビりながら、何とかトップアウトできたが、怖くてボルト踏みまくってしまった。心が折れて、今日は、このまま回収した。
・クラシックな、フェーススラブの11cは、どういうものか想像していたけれど、全くもって想像通りだった。
・だけど、またやってみよう
(8) びんたマン(13b)、ムーブさぐり
(9) びんたマン(13b)、ムーブさぐり
・最初カンテより進み、右手だしマッチを2回。右手壁中チビカチで、左足ヒールで左手カンテへ。ドリャーと穴アンダーへデッド。ここでクリップか?
・左足ヒールで左手飛ばし、さらに飛ばして、左手かかり良いカチ。ここから、カンテのだんご状ガバ取りが不明。さらに、だんご状ガバからスラブ帯への入りが不明。それでも、少し右肩がましになったので、ほんの少しだけムーブ伸展。
・また、機会があれば取り付きたい。

◇ 5/1(屋根岩1峰)
(10) ヤッホー元気(10b)、MS、再登
(11) 力the大岩(12c)、ヌンチャク掛け
(12) 力the大岩(12c)、探り便
(13) 力the大岩(12c)、探り便、ヌンチャク回収
・1-2p間、右手クロスは右足アウトサイドで。
・2-3p間、左手出して、左足チビエッジに載せて左手一手送り。右足寄せて、左足一番悪いフットホールドへ送り、右手寄せてから左手送り、右手プッシュで右足上げ。右手アンダーに戻して、左足クリップホールドへ当てる。内側にあてられるとよいのだが。左手送り、右手寄せて、左手で怖いクリップ。
・3-4p間は、左手サイド一番下、もう一手送って、右足きざんで左足ハイステップで、左手デッドで送り。この時、右足は切らず右手アンダー力入れて滞空時間を増やすこと。その後右足を体の真下まで流して右手ガストン。
・中継使いながら左手遠い溝へ。一番良いとこ持って、右足クロスで振り体勢で4p目クリップ。
・右手右側取って、真下の補助足フットホールド使って、左足を一つ左側へ送る。右足寄せてから、右手マッチで、左手サイドへ送り。右足を遠い足に載せて、右手をスローパーガストンから少し下の右サイドへ切り返し。セーので身体も切り返して、右足を腰高カチ状へ上げて、左手リップ取り。左足開いてから右手溝の中を送り、そのまま左手頭上ホールドへ。右足腰高、左より上げて、左足ヒールで左手終了点穴溝取り。
・このルートも、右肩少しよくなって、ムーブがでこなせるようになってきた。楽しくなってきた。

 ライフワークのように取り付いている、「めおとカンテ(13a)」、「びんたマン(13b)」、「力the大岩(12c)」を今年も触ってみました。各各少しだけ進展がありましたが、「力the大岩」では大きな進展がありました。連休中に、まう一回触りたいかなぁ。ピクニクラは再登ですが、適度な緊張感があって、NPの練習にもなって、とても満足できました。

〇 今シーズン初の小川山(4/29)
・今年のGWは天候に恵まれました。

b0037220_23452887.jpg
〇 兄岩(4/29)
・昼間は暖か目なのですが、毎晩20時以降は急に寒くなりました。
b0037220_23451949.jpg
〇 砦岩前衛壁、「びんたマン(13b)」(4/30)
・まだまだ、謎が多い課題です。
b0037220_23561667.jpg
〇 屋根岩1峰、「力the大岩(12c)」(5/1)
・このルート、めちゃくちゃ面白いです。傑作です。
b0037220_23542133.jpg

きん
by Climber-Kin | 2015-05-06 23:57 | 小川山2015~2016 | Comments(6)

2014年9月14-15日、小川山、しらかばFL、帰ってきた開拓王RP

久々に天気を気にしなくてもよさそうな週末です。しかも三連休です。がっ、突然の佛が入ってしまいました。会社の大将の父上で、大往生の長寿まっとうとのことですが、自分の母親が亡くした時に来てくれたので、やはり行くしかないですね。ということで、土曜日は佛で、日曜日と月曜日の小川山でした。土曜日は駐車場が大混乱で大変になっているとのことでしたが、当然日曜日の朝も大混乱でした。ichi-geki氏の車の横に無理やりいれさせてもらって、何とか駐車することができました。テントの場所も見当たらず、そのまま登りに行ってしまったのでした。結果的には、日曜日の夕方には、かなりのキャンパーが帰っていったようで、よい場所にテントを張ることができました。

◇ 14日(日)
夏の日に一度触った、あのルート。状態よくなったら、何かできるかもと、前日にクレイジージャムを登って、超ご機嫌のヨッシーと砦岩前衛壁へ向かいました。

(1) お手伝いします(10a)、MS、再登

(2) びんたマン(13b)、ムーブ探り
・夏の暑い日に触って、何もできなかったルート。少し状態よくなれば、何かできるかもという思いで再びやってきた。
・出だしで翻弄され、被った部分ではヌンチャクがけで一生懸命。

(3) びんたマン(13b)、ムーブ探り
・核心セクションの出だしは、まーなんとかなるでしょう。でっ、右手穴ガバ取りまでの3手のムーブ解析。
・右手チビカチ持って、左足ヒールで左手上の方のスローピーホールドへがなかなかできない。
・左手上スローピーホールド取れたとして、右手出せるのか?うーん。

(4) 砦岩・下の岩場・しらかば(11b)、コピペ・フラッシュ
・できないムーブを何十回もやってても、楽しくない。
・パートナー様がトライしているルート、RPしたら、フラッシュ狙いでトライしてみようと思っていた。
・パートナー様が2撃できなかったら、トライするつもりはなかった。登る前に登っちゃったら後が恐いからねぇ(笑)。
・でっ、パートナー様が2撃したので、フラッシュトライ。1度目のトライと2撃便でしっかりムーブをコピーしていました。
・忠実に、再現しながら、2ヶ所ほど粗悪コピーだったかな。レストもしないで、行け行けで、最後前腕張り出してあぶなかったけど、コピペ・フラッシュ!
・一撃されて、RPの価値が下がったとやっぱり怒られた。

(5) びんたマン(13b)、ムーブ探り
・再び、びんたマンのムーブ探りへ戻る。松茸風味を3撃したヨッシーにムーブ解析を頼んだ。前半はなるほど!後半はやっぱり不明みたい。
・結局、6p目?のクリップ方法とそこからの後半唯一出てくる左手カンテのガバまでの1mが完全なるブランクセクションのまま終わりました。
・びんたん100回?指皮が全くなくなってしまいました。指先から汁がでてきます。オーマイガー! そして、これが明日の苦戦を強いることになるとは。

びんたマンを再び探ってみましたが、解決の糸口さえ見つかりませんでした。まー、とりあえず、前回、全く何もさせてもらえなかった状態から、前半一手づつはムーブらしき動きができて、やるべきことは何となくわかって、左側の岩はなしでムーブができそうなことぐらいはわかってきました。問題は核心後半というか、そこが核心なのでしょう。ムーブ系13b、難しいですねぇ。今年2回触っても全く可能性を見出せませんでしたが、また、機会があったら触ってみたいと思います。夜は、ichi-geki氏&akikomwさんペアにキムチ鍋ご馳走になりました。翌朝は巨峰と桃のデザートまで頂いちゃいました。ごちそうさまでした。廻り目平にも入れず、下に車止めて歩いて兄岩へ行ってきたコータローの兄弟が夜に合流。N子姐ぇも、少し登れるようになって、よかったぜ。じゃぁ、またな。ではなくて、翌日も続きます。

◇ 15日(月)
雀卓スラブの11aのスラブ、「宝探し」を午前中にRPしてから力ザか?と思いながらも、先週触って、2回ともスラブでやられた開拓王か?ということで、先週ちょっと悔しかったので、コンディションよくなって、今度はスラブで落とされないだろうと。少しトラウマ気味になっている開拓王を先に落としておこうとマラ岩へ向かったのでした。でも、何だか、飲み過ぎたのか、アプローチがとても苦しかったです。

(6) 川上小唄(8)、開拓王のヌンチャク掛
・あれっ? 何だか動きがガサツだ。嫌な予感が。
・まだ、酔いが残って頭も回っていないのか、川上小唄を登っていた関西の方と、旨くコミュニケーションが取れなかったのか?文句を言われてしまった。

(7) 帰ってきた開拓王(11c)、×
・もちろん、一発で登るつもりでスタート。まだ、指汁がでていない。フリクションもよい。さー! あれっ? 届かない。しもうた。足間違えた。

(8) 帰ってきた開拓王(11c)、×、ムーブ固め
・すぐに降りてきて、ロープ結び直して、再トライ!あれっ?足順あってるのに? まだ何か変だ?3-4p間できなかった。
・もう一回やり直すか迷ったが、再度ムーブ固めしておこうと、登って行った。
・よかった。最後のスラブがリハーサルしても全然できなかった。左カンテに足かけて左手出しのムーブを作った。
・それにしても、カンテのフリクションが悪すぎる。昨日のびんたマントライで、指皮が全然なくなっていて、指先から汁が~。

(9) 帰ってきた開拓王(11c)、RP
・A枝さんのエクセレントパワーのトライを見ていたら、落ちてこないでRPしてしまった。飯も食わないで50分ぐらい観戦してしまった。おめでとうございます。
・我に返って、開拓王へ向かったのだが、体は冷え切って、体カチコチになってしまった。
・マラ岩、南面から東面へ向かう途中で体を動かしながら無理やりアップ。
・あれっ、やっぱり調子悪いのか? 3-4p間落ちそうになって、右手やけくそでデッドしたら止まった。
・決めたムーブとか微妙に違う、無理やりムーブの連続でも、何とか角取り成功して、スラブセクションへ。前腕張ってしまった。
・カンテに跨いで休んでいたら、膝の裏にあざができてしまった。
・そして、問題のスラブセクションへ! あれっ? 前回よりフリクションがいい?
・よかったー。登れました。ふー!

(10) 雨あがりの夜空に(12a)、××
・以前から、ルート名が気になっていた、このルートを触ってみた。
・いつぞやのGWに、RCサクセッションの清志郎が亡くなった。そのGWにI川さんがこのルートRPしたらしく、KBさんにルート名つけてくださいで、この名前がついた。
・いい機会だったので、触ってみたのだが?出だしムーブ不明?岩に微妙に苔が張っていて、足が滑りまくり。テンションかけてる岩ごと落ちてきそうで、怖くなってしまった。ど敗退です。

開拓王の下に荷物置こうとしたのですが、人が多かったので、いつものマラ岩南面に荷物を置いたのですが、そのおかげで、終日歩きまくりで、足が疲れました。帰りは予想を反して、渋滞が長かったです。渋滞距離の割に、いつもより時間がかかりました。まー、疲れましたが、久々に11台のルートを2本登ることができました。よかった。よかった。開拓王は、季節にもよるかもしれませんが、難しかったです。もしかして、イエロークラッシュより難しいのでは? そして、今年は小川山で、ついに打ち込むべき課題を見つけられませんでした。クライミングの核心は、頑張れば登れるかもしれないルートと出会うことです。もう、そんなルートは小川山に残っていないのかしら。どれもこれも、自分には難しすぎます。来週は有笠山か?それとも、新天地を求めて違う岩場か?やっぱり暑そうで小川山か?迷走がしばらく続きそうです。


〇 松茸風味(11c)をRPするヨッシー
・本当は、もう一枚、もっといい写真があったのですが、顔写っていたので使えませんでした。
・このルート、夏はとっても難しいけど、秋に登るのは反則だ~!
b0037220_00375929.jpg


〇 しらかば(11b)をRPするまーさま
・以前に何度も前を通り、登り易そうだなぁとチェックしていたルート。
・見た目通り、登り易かったです。
b0037220_00314135.jpg
〇 ビンタまんに遊ばれてる私
・核心は短いです。
・ルート名通り、ビンタンの連続です。
・ビンタン100回!指皮がなくなって、指先から指汁がでてきました。
b0037220_00321764.jpg
〇 しらかば(11b)をコピペ・フラッシュする私
・完全コピペには失敗しました。
・中盤最初のオオガバアンダーあたりが、意外にフットホールドなくて、高足で前腕に負担が!
・レストもせずに、つっこんで行ったら、最後の最後、細かいじゃん。目の前にあったアンダー使って、ごまかせました。
・下の2人が、ムーブ完全コピペで、腹を抱えて笑っていたそうです。見たか!私のムーブコピペ能力を!
b0037220_00333607.jpg
〇 ばんざいジャムにはさまるヨッシー
・昨日の大成果を帳消しにするような宿題が二つ。
・もう一つのルート(びんたマン)は触っていないことにしてくれとのことです。
b0037220_00342995.jpg

〇 エクセレントパワーをRPするA枝さん
・おみごとです。おめでとうございます。やはり、このルートは凄いです。
・登るの見てて、よく、こんなルート、自分に登れたなぁと感心してしまいます。
b0037220_00282969.jpg
〇 復帰を果たしたAK2さん
・墜落事件で、もうシルクはパスして、直接エクセレントパワーかと思っていたら、トラウマはなかったようです。
・今シーズン中に!ガンバです!
b0037220_00352298.jpg


〇 雨上がりの夜空に(12a)
・足がツリツリ滑って恐いです。GWあたり、回りの木が落葉している時に、もう一回触るかなぁ。
・愛し合ってるか〜い!イェー!GWに、もう一度会おうぜ~!
b0037220_00284120.jpg
〇 帰ってきた開拓王(11c)
・川上小唄のスタートの少し下からトラバースして、ルートに取りつきます。ビレイは下からやってもらいます。出だしの1p目取るところで失敗すると、大事故になるので、手前の木の根っこにテープでランナー取ってから1p目にヌンチャク掛けました。
・実は、川上小唄を登って、向う側へローワーダウンすれば、ヌンチャクを掛けられると最近になって知りました。このルート、マスターで下からトライには、少し敷居が高いです。3-4p間がランナウトしていて、かつ、お尻にぶちささりそうな切り株があって怖いです。ビレイヤーは3-4p間で注意が必要です。
・3-4p間のカチが第1核心。狭っ苦しくて、私は苦手でした。4-5p間が第2核心で、左手リップ一手送ってから、手に足乗り込みで壁の中にあるガストンを取り、左手リップへ軽いデッド。右手リップ取って、左手送り、右手デッドで角取りでした。
・そして、本当の核心は、その上のスラブです。季節によるとは思いますが、暑いとカンテがヌルヌルでとてつもなく悪かったです。ここまで登ってきて、このスラブで落とされること数回。めちゃくちゃ悔しい思いをします。スラブは両カンテを使って、足を高めにすることと、左足ヒールフックが楽にしてくれます。
・難しかったです。11dぐらいはあるのではないでしょうか。イエロークラッシュより、登り辛いように感じました。
・ルートとしては、多彩なムーブ。変化のあるライン。かなりの名ルートです。登っておくべき、価値あるルートだと思います。

〇 砦岩・下の岩場・しらかば(11b)
・砦岩前衛壁へのアプローチの途中、補助ロープがある急登を登ったところから、右上に見える岩です。森林エスカレータから下を見て、少し左下30mぐらいのところにあります。砦岩前衛壁から歩いて1分ぐらいです。
・見たからに登りやすそうな、癒し系ガバルートです。休めるところも多く、オンサイト向きです。
・難しいルートばかりの砦岩前衛壁に疲れたら、登ってみてください。きっと、癒されます(笑)。

きん
by Climber-Kin | 2014-09-16 00:30 | 小川山2013~2014 | Comments(4)

2014年7月26日、暑い小川山

梅雨明けした途端に、猛暑が続く。陽のあたるところは暑くて熱くて登れないだろう。午後から日陰になる砦岩前衛壁へ向かった。しかし、このエリアのルートは夏に触るには厳しいルートばかりだ。そして、いつもの静かな前衛壁とは思えないぐらい人が多かった。と言っても、4パーティですけど。そして、ついに、あのルートに触ってみたのですが…

(1) お手伝いします(10a)、MS、再登
・上部の岩が触り続けると低温火傷するぐらい熱くなってた005.gif

(2) びんたマン(13b)、前傾部分ヌンチャク掛け
・ムーブ探りするつもりが、傾斜に圧倒されて、ヌンチャク掛けだけに必死になってしまった。

(3) びんたマン(13b)、ムーブ探り
・まだ、カンテに陽があたっているが、午前中に一便だしておく。
・中段斜めテラスから、3手は進めたが、その後が???右側に使えそうなホールドがない。
・左側だけでバランス悪く、二手ほど進めて、右手薄~いカチ取って、左足ヒールで左手リップ寄せではないだろうか?がっ、今日の状態では止まる気配がない。
・左手リップからだと、右手穴ガバへ届くかも?
・右手穴ガバ取れたとしても、左足を右面側へ持って行ってはダメなのね。左足リップ向こう側にヒールで左手送りのような気がする。
・まだ、左手カンテ側に陽が当たっていて、コンディション、めちゃ悪し。降りる。

(4) びんたマン(13b)、ムーブ探り
・カンテヌメヌメ分を差し引いて、ムーブができずとも想像しながら進める。
・途中にRCCボルトがあるが、RPトライの時はRCCにはクリップできないような気がする。
・その次にクリップ自体とそこからがさらに悪そう。

こんな時期に触ってみてもという気持ちもありました。それに、これまで、砦岩前衛壁はこの時期にいろいろなルートを触ってきましたが、どのルートも何もできませんでした。やっぱり、その通りでした。でも、少しだけ、全体像がわかりました。また、体調とコンディションがよくなった時に触ってみたいと思います。昔、夏に一張羅触った時も、その時は酷いもんでしたが、GWに触ったら、全く感じがかわりました。あー、やっぱり、この時期は難しいルートを触っても、あまり意味がないのかもと再び考えさせられました。

〇 今日の砦岩前衛壁
・何故か、先週に引き続き、うち猿くん&K門さん&トモちゃん?(いろんなところでお会いするが、誰も紹介してくれないんだよね)パーティがやってきてました。夏の修行僧やスラブルートにやられてました037.gif
・AndoさんとN代っちさんがワイドを登りにやってきてました。
・もう1パーティの方もワイドでした。
・写真は、びんたマン(13b)。季節と肩がよくなったら、また触るぜ!
b0037220_00152608.jpg
〇水晶スラブ下ボルダー、入口岩
・降りてきて、まだ時間があったので、ボルダーを少し。すでに指皮痛くて、真っ赤だった。
・この時間帯は、ボルダーも湿気湿気ですね。
・夕方遊んでいたら、ボルダーから帰ってきた、兼ゴン一家とお会いしました。
b0037220_00150732.jpg
きん

by Climber-Kin | 2014-07-27 00:16 | 小川山2013~2014 | Comments(0)