タグ:マイコプラズマ ( 1 ) タグの人気記事

2015年4月4日、木古里岩

曇りだが暖かい日の予報だった。日曜日も曇り。そして来週はまた天気が悪くなるような予報だった。暖かくなってきたので、土日ででかけたのだった。そして、向かった先は、事前情報から、このルートは私のためにあるようなルートに違いないと期待感いっぱいで、二子を通り過ぎて、中里の岩場は木古里岩へやってきたのでした。結局、天気は小雨が降ったりやんだりの一日でした。ビレイヤーは雨の中でちょっと大変で、多少湿っぽいところがありますが、この程度の雨ならなんとかなることがわかりました。

(1) ハンマーヘッド(10c)、オンサイトに近いんだけどFL
・トポにのっている特徴の岩の位置が違っているようだ。見た目から、このルートだろうとアップに使ってみた。
・結構難しい。だけど、なかなか面白いルートだった。確かに、トポに書かれているように掘り出しものかもしれない。

(2) マイコプラズマ(13a)、ヌンチャク掛け
・出だしは雨で濡れているので、慎重に登った。壁は乾いていた。
・アプローチ部分の11cぐらいのセクションだが、左足がなくて結構悪い。少しランナウトしている。まだ、右足首が恐くて、落ちて壁激突はいやなので、ムーブ探りは、はしょった。
・核心セクションの手前はノーハンドレスト可能だ。
・そして、最初の1級ぐらいと言う、ランジ気味ムーブ先のホールドはトポにあるようにシカーで固めてあった。
・その後のミリカチムーブはなるほど。これがミリカチか? ミリカチって、1cmに満たないカチのことを言うのね。
・実質終了と思われるガバから、もう一つクリップして、最後はランナウトしているが、濡れてさえいなければ大丈夫そうだったが、今日は濡れてて、とても恐かった。

(3) マイコプラズマ(13a)、探り便
・雨が心配でトップロープでムーブを探ろうとしたのだが、終了点でロープがクロスしていて、ロープが重い。断念して、リードスタイルで探る。
・ランジムーブは飛ぶ体勢にするのに一工夫必要だったが、飛びだせるようになった。その先のホールドは少し横を向いていて、振られ止めが難しそうだ。だけど、やっていれば、そのうち何とかなるかも。
・問題は、その先の3級ぐらいというセクションだった。
・右手に左足をその飛びついたホールドでクリップなのだろうけど、かなり悪い。そこからミリカチは簡単に届くのだが、その後の左足上げ位置が高い。ハングで切れているので、左足をかなり高く上げなければならない。
・いろいろと違うムーブを探ったのだが、長年の雨で岩がナメナメになっていて、ホールドが極めて限られている。やはりミリカチ持って、左足を上げて、左手縦ゴミホールド取るしかなさそうだ。
・うーん。このムーブは、私にはできないかも?残念。とりあえず、封印かな~?

(4) となりのタトロ(12a)、×、探り便
・パートナーさまがトライしていた、こちらのルートを探ってみた。
・核心までは、11aぐらいか?だが、そこから、いきなり、難しいムーブと言うか、ムーブ不明?
・右サイドガバをアンダーっぽく持って、左手そのうち壊れそうな三角形水平3cm平方ぐらいのホールド持って、右手ゴミカチ。そして、左手水平ホールド?
・その右手ゴミカチ取りのフットホールドがな~い?
・これ難しくない?

木古里岩は、随分昔、ラウマーやカチの特訓を登りに来た際に、偵察に来たことはあったのですが、登るのは初めてでした。雨水で丸められたホールドの中に、チビカチがところどころにあって、そのあたりが核心みたいな。石灰岩ですが、ちょっと独特な感じでした。期待満々で触ってみたマイコプラズマでしたが、私のルートではなかったような?1回触ったぐらいではわかないのですが、直観的に自分には登れなさそうな印象でした。課題との出会いは難しい。

〇 今日の木古里岩
・雨が降ったら、居場所がないかもと心配していましたが、ドンがばちょの下で雨宿りできそうです。
・ビレイヤーはビレイする時濡れちゃいますが、小雨なら、なんとか登れるようです。
・次来る時は、バックドラフトでも触ってみようかと思ったのですが、マイコプラズマより難しいって?え~!そうなの?
・この岩場、辛目のようです。
・写真は、となりのタトロ(12a)です。
b0037220_23173369.jpg
きん
by Climber-Kin | 2015-04-05 23:18 | 中里の岩場 | Comments(2)