タグ:ルンルンしんすけ ( 19 ) タグの人気記事

2017年10月28日、有笠山

「ルンルンしんすけとの再会(2017年晩秋編)」

 きんブログが3週間も更新されなかったことは、今まで一度もないはずです。しかし、そんな危機を迎えました。この週末ごとにやって来る台風達のお陰で今週もベースキャンプになりそうでした。しかし、ここは、最後の頼みの有笠山ヘルケーブです。こんな状態で行っても、よい結果は生れるはずがないのですが、一日外で遊べれば、それでいいやってことで、久々に有笠へ向かったのでした。ヘルケーブには、そんな考えのクライマーが沢山来てました(笑)。
 そう、ここには因縁のルート「ルンルンしんすけ(12b)」があるのです。すいません、少し前に吐露した登れない12bシリーズには、このルートは思い出したくなくて意図的に書きませんでした。しかし、知っている人は、よ~く知っている、私は「ルンルンしんすけクラブ」の会長なのです。記録を調べてみると、 一生懸命トライしたのは、2008年のようです。トライ便全てワンテンで核心で落とされる。そんな週末を何回も過ごしていたのでした。何故、因縁かというと、その2008年11月末に私の母が亡くなり、この怒濤のトライが終わったのでした。その後の有笠山は反対側のエリアにある、お買い得で有名になってしまったハイグレードのルートを登ったりして、このルートから離れていってのでした。しかし、その後も、何年かに1度ぐらいで雨の日とかに思い出したように、たまに触ったりはしていたのでした。2011年ぐらいまでは、行けば1日でRPトライできるぐらいまでは、持っていけたような感じだったのですが、そんなことも徐々にできなくなってきていました。前回来た時は、3-4p間のムーブすら、よくわからなくなってしまっていたのでした。そして、さらに老いぼれて、体重が増えてしまった今、このルートを触るには少し勇気が必要でした。

(1) ルンルンしんすけ(12b)、ヌンチャク掛け
・アップルートが濡れていました。いきなり、ヌンチャク掛けしました。
・ヌメヌメで、めちゃくちゃ難しいです。よくヌンチャク掛けできました。

(2) ルンルンしんすけ(12b)、ムーブ探り
・前便ではヌンチャク掛けに精一杯でムーブ思い出しは全然できませんでした。実質一便目の思い出し便です。
・足が低いまま手が先行してしまって、パツパツムーブにして悪く登ってしまいます。
・3-4p間以外は雰囲気思い出してきました。

(3) ルンルンしんすけ(12b)、ムーブ探り、3テン
・目標、下から繋いで4p目クリップでしたが、3-4p間ができません。
・前回来た時と同様に3-4p間がしっくりきませんでした。あ~、左手ガバ持って両足で正対立ちして中継ホールド、それから左足ハングの天井スメアして右手飛ばしか。そういえば、そんな記憶がよみがえってきました。
・その後のムーブも足を上げてから手を出すで、結構いい感じになっていました。

(4) ルンルンしんすけ(12b)、×
・ようやくRPトライのつもりです。3-4p間は成功して、4p目ボルト下のホールドを持って、4p目クリップできました。しかし、そこまででした。
・あ~、4p目は左足ニーバ―でクリップしないと吸われちゃってダメですね。
・そして、今日は、もう指力が終わっていました。

 3-4p間のムーブは思い出せました。一応全ムーブはできるようです。しかし、全く繋がる気がしません。よいコンディションの時期に続けてトライすれば… 体重落としてからの前提ですけど。しかし、ここまで寝かしてしまったルートを再度トライするのはメンタル的に難しいです。たまに来て触ってみても、年々落ちるフィジカル力ではのぼれないです。悩ましいルートだ! まぁ、こんな雨の日にたまに来て筋トレ?じゃなくて、指トレする。それでも楽しいです。あ~、登れないまま終わりそうです(笑)。

〇 ルンルンしんすけ(12b)をトライする狼おじさん
・力あるクライマーは、すぐに登っちゃうでしょう。
・このルートは被った指持久力ルートなんですよねぇ。だから、体重重い奴は登れない(涙)。
・ホールドは第2関節ぐらいまでかかるけど、外傾気味なので疲れるんだと思います。どちらかと言うと、あまり大きな動きはなくて、正対でネチネチ登っていく感じのルートです。
b0037220_23333022.jpg
きん

by Climber-Kin | 2017-10-28 23:32 | 有笠山 | Comments(4)

2015年10月17日、有笠山

 朝起きたら、朝から本降りでした。南の方が雨が強い予報でした。小川山何とかなるかもとも思いましたが、関東甲信越地方は昼からの方が雨が降りやすいとのこと。無難に有笠山へ行くことにしました。久々に雨のルンルンでも触ってみるかな。


(1) はじめの一歩(10a)、MS、再登

(2) ルンルンしんすけ(12b)、ヌンチャク掛
・続けてトライしなくなって久しい。思い出せないというより、間違ったムーブを覚えていて苦戦する。

(3) ルンルンしんすけ(12b)、ムーブ探り
・まだ、思い出せなかった。疲れてしまった。

(4) ルンルンしんすけ(12b)、×××
・4p目クリップのニーバが抜けてきそうで、めちゃくちゃ右手に力がはいってしまって、そこで終わった。
・5p目近辺もいるだけで疲れる。核心ホールドははるか遠く彼方に見えた。

(5) ルンルンしんすけ(12b)、×××、ヌンチャク回収
・4p目までうまくいけたのだが、やはりニーバが抜けてきそうでNG。ここまでニーバ決まらないなら、やめた方がよいのか。

 たまに思い出すように、雨が降ったら会いに行くルンルンですが、ここまで触るインターバルが長くなると、自分の調子の確認にもなりませんでした。今日の結果が本当なら、めちゃくちゃ弱っています。指皮ない上に湿っぽかったせいでしょうか。それとも、本当にこんなに弱くなってしまったのでしょうか? そうするわけにはいかない、今日はなかったことにしましょう。

〇 今日のヘルケーブ
・フェアリーで登る、Mっちさんと雌豹さまとお会いしました。Mっちさん、手術から復帰とのことです。おめでとうございます。
・ヘルケーブには、ウチ猿くんパーティがやってきていました。猿ではなく、類人猿ネアンデルタール人だそうです。お一人は、チーウォール江戸川橋の常連で、H山さん、ムサシくんの知り合い、UNさん?
・ネアンデルタール人から、焼きギンナンもらいました。ごちそうさまです。
b0037220_23433057.jpg
きん

by Climber-Kin | 2015-10-17 23:44 | 有笠山 | Comments(0)

2014年9月20日、有笠山

「ルンルンしんすけ再び」

少し寒くなりました。そして、二週連続の天気を気にしなくてもよい予報でした。小川山?十石峠?とかも浮かんだのですが、指の調子のよくないパートナーさまとも相談して、有笠山へ向かったのでした。日月と小川山で久々に沢山トライして、水木と連荘ジムでした。指皮がなくてツリツリの上に疲労気味だったようです。眠かったです。久々に岩場で寝てしまいました。

(1) 始めの一歩(10a)
(2) ルンルンしんすけ(12b)、ヌンチャク掛け

(3) ルンルンしんすけ(12b)、3テン
・3p目クリップの態勢がよくない。
・4p目クリップホールド取り、ギリギり届いた。力使い過ぎた。
・ニーバーから左手出しはホールドに届かない。あっ、ニーバー少し緩めないとだめなのか?
・4p目から再スタートして1テンを目指すが、6p目クリップするまでで精一杯だった。

(4) ルンルンしんすけ(12b)、2テン
・今度は4p目クリップまで成功したが、やはり前半、めちゃくちゃな失敗している。
・ニーバーから左手クロス取りはなんとか届いたが、指先がかかっただけで動き出してしまった。オーマイガー!
・4p目から再スタートして1テンを目指すが、6p目超えて、核心の左手マッチは手を出せなかった。

(5) ルンルンしんすけ(12b)、2テン
・またまた、3-4p間失敗。うーん?
・4p目から再スタートして1テンを目指すが、やっぱり、指が力尽きた。

(6) ルンルンしんすけ(12b)、×、ムーブ修正便
・まだ元気なつもりだったのだが、指が思っている以上によれていた。
・3p目へんな形になってしまって、そこでテンション。
・もう指が終わっているのでムーブ修正便にした。
・3-4p間は、N礼さんがやっていた、左手アンダー気味サイドで左足上げて、右手出しはダメ。
・N礼さんに説明を聞いてみると、最後の右手出しの時に左足を上げるようだ。なるほど。基本的には同じなのね。でも、左足上げた方がいい。
・そして、最後の核心は、右手マッチして、右足ヒールフックしてから右手出しが楽らしいのだが?もう、指がヨレ過ぎて、わからず。

(7) 腕の見せ所(11b/c)、FLトライ、×、コピペ失敗
・パートナー様が再登狙いで触っていた。
・今週も、ムーブ・コピペフラッシュに挑戦。
・だが、このルート、ビレイポイントが岩の下過ぎて、クライマーの動きが良く見えていなかった。
・特に後半の方が全くどのホールド使っていたか見えなかった。
・おじさんは、出だしから手順変えたりして、指皮がなくなったヌメヌメの手で、かなり頑張って、一手づつ声が出た。
・3p目のボルトしたの水平ガバ取ればもらいだな!と右手出したら、ガバじゃなかった!オーマイガー!
・コピペ失敗でした。

先々週、久々の久々にトライした「ルンルンしんすけ」に再度トライしてきました。ボロボロでした。どうも、このルート右肩によくない動きが多いです。それをさけて、ムーブを変えているのですが、やはり余計な力を入れるのでしょうか?まだ、状態がいまひとつだから、指が抜けてくるだけ? それ以前に、このルートはやはり苦手です。指持久系です。5p目で全然休めないし。ヘビーな私には、12cを超えて、12dぐらいに感じます。前腕は張らないんです。指がヨレて落ちるんです。だけど、隙がない、楽しいルートです。また、来よう。

〇 今日の有笠山・ヘルケーブ
・今日は我々だけかなぁと思ったら、N礼さんチームが昼からやってきました。
・昨夜、雨が降ったのでしょうか?朝は、岩が少し、しっとりしていました。先々週よりは、全然コンディションはよいですけど。
・もう少し気温が下がるとフリクションよくなりそうです。
・今日は指皮がなかったから難しかったのでしょう。そういうことにしておきましょう。
・写真は、隠れ「ルンルンしんすけ倶楽部」のN礼さんのルンルントライです。おしかった。もう少し状態よくなったら、行けますね。ガンバです。
b0037220_23533827.jpg
きん

by Climber-Kin | 2014-09-21 00:22 | 有笠山 | Comments(2)

2014年8月30日、有笠山

「ルンルンしんすけとの再会(夏編)」

土日で小川山へ泊りで登りに行くつもりだった。だが、あまりにも天気予報が微妙で、金曜日のうちに、土曜日日帰りにすることだけは決めておいた。そして、土曜日の朝、天気状況とにらめっこしながら、30分以上の検討の結果、結露が少し心配で、この時期に行ったことがないので、いったいどうなっているのかよくわからないというリスクはあるものの、行ってみてダメだったら、ランボーへ行こうということで、有笠山へ行くことにした。登れるとしても、ヘルケーブの「ルンルンしんすけ」だけだろう。そう、このルートは、2008年に続けてトライしたのだが、登れなかったルートだ。その後は、今日のような雨で、これしか登れない日に、2009年6月14日、2009年7月4日、2009年9月12日、2011年6月11日たまに触っては、いつもワンテンで返されるという、とにかく長い付き合いのルートです。永遠の筋トレルート?になっています。ハッシーさんが退いた後、私が「ルンルンしんすけクラブ」の会長を務めています(笑)。

(1) ルンルンしんすけ(12b)、ヌンチャク掛け
・アップルートは濡れ濡れなので、いきなり、ヌンチャク掛けでした。
・忘却のムーブ多数、細かいところのコツも全然覚えていないは、状態悪いのもあって、びびってしまい、チョンボ棒を出す始末だった。

(2) ルンルンしんすけ(12b)、ムーブ探り
・3-4p間で落とされる。ここのムーブがどうもしっくりこない。
・核心ムーブの入りも厳しいし、核心最初の一手の右手出しがめちゃくちゃフィジカルだぞ?
・核心ムーブは右手飛ばしムーブに近年?変えたはずなのだが、できる気配がないので、マッチムーブでやってみた。
・おかしいなぁ。

(3) ルンルンしんすけ(12b)、××、2テン
・やっぱり、3-4p間で落ちてしまった。そこから繋げてみたが、次は6p目クリップして、さー核心で、足上げたら右手が負荷に我慢できなかった。
・うーん。かなり間違っているような。

(4) ルンルンしんすけ(12b)、××
・ワンテンにできると思っていたのに、また、3-4p間で落ちてしまった。あー!右手中継が1回少ないのか。
・そこから再スタートして、またまた、核心の入りで右手負荷が大きすぎて耐えられず。あー!フットホールドが違うのか。
・核心最初の右手出しは、右手マッチしてから出すのね?

久々に触ったルンルンは、やはり厳しかったです。チョークがうどん粉状ではあったのですが、このルートを触るインターバル期間が長くなるについれ、ムーブをどんどん忘れつつあるようです。今日は4回触れましたが、数年前にトライしていた時の最適化したムーブには、まだ、足りないところが沢山あるような気がします。前回までは、1日触っただけでも、2便目ぐらいにはワンテンにできて、おしいトライまでは持って行けたのですが。やはり右肩故障以来弱くなったのか? 単にコンディションのせい? とにかく、今年こそは秋に通って、ケリをつけるべきなのでしょうか。12cだったら、もっと熱くなれるのになぁ。このルート、絶対に12cだと思うのですけどねぇ。もっと楽しそうな隣のルートやその隣のルートを触ることがなかなかできません。

〇 今日の有笠山、ヘルケーブ
・この日の有笠は、ルンルンしんすけ以外は登れなかったでしょう。
・その、ルンルンしんすけに4名。二子のペトでお会いした深谷のS水さんと渋川のM川さんパーティ。
・写真は、ルンルンをいいトライするM川さん。
b0037220_23553475.jpg
〇 有笠山の帰りのおのがみ温泉・美人の湯
・いい湯です。つるつる温泉のような強烈さがないのがホットします。今日は特に空いていて、のんびりできました。
・しかも、410円。
b0037220_00400886.jpg
きん

by Climber-Kin | 2014-08-30 23:59 | 有笠山 | Comments(0)

2011年6月11日、有笠山

天気予報が芳しくない。当初は土日とも雨の予報だった。土日とも雨で、一日だけなら土曜日だろう(結局日曜日が正解だったのかもしれない)。そして、こん状況で登れるところはあそこかなぁと、多少結露の心配をしながらも、風邪は相変わらず停滞状態だが、一年半ぶりの有笠山へ向かったのだった。駐車場に着いてアプローチするころは、雨が小降りになってくれた。ヘルケーブに到着すると白い岩がまっていてくれた。アップにヌンチャク掛け便、それと1トライ目までは、お世辞にもコンディションがよいとは言えないまでも、トライできる状態だった。お昼ごろに青空がたまに見えるようになり、一時的にお日様が出たりしてきたのだが、これがよくなかった。急激な気温上昇で、あっと言う間に結露してしまった007.gif

(1) 始めの一歩(10a)、再登
おっ、あんまり濡れてない。

(2) ルンルンしんすけ(12b)、ヌン掛け、ムーブ確認
このルート、まだ登っていません。たまに思い出したように、今日のような、ここぐらいしか登れなさそうな日に来ては、毎回返されています。永遠のトレーニングルートのような存在になっています。そして、久々のルンルンは、核心あたりのおおざっぱなことは覚えているのですが、4p目あたりまではすっかり忘れていました。

(3) ルンルンしんすけ(12b)、×、ワンテン
半分思い出しながら、失敗しながらも、5p目まで到達する。だが、一手出すごとに、ホールドからヌメヌメと指がはきだせれてくる感触が。6p目クリップして、核心セクション手前までで精一杯。

〇 ルンルンしんすけ(12b)、ヌンチャク回収
風邪で体がだるい。少し昼寝をしていた。たまに日が出てきては明るくなったり、また曇ったり。暑くなるのかなぁ。夕方までチャンスないかなぁなんて思っていたら、壁に異変が!結露だ。ワントライはしてみるかなと取りついたのだが、二手出してみて、すぐに回収を決めました。が、その回収が大変でした。疲れた。

(4) 出前一丁(12a)、初トライ、ムーブ探り
登れそうな岩場へ移動した。フェアリーは深海の底のような暗~い雰囲気で、結露した岩は真っ赤になっていた。これならヘルケーブの方がましかも。MOTさん達が南国エリアへ上がっていったらしい。降りてこないのを見ると、登れるのかもと南国エリアへ向かってみた。右側の木が被っているあたりは全滅だが、出前一丁にはMOTさんのヌンチャクが掛かっていた(持ち主は不在)。遊びのつもりで触らせてもらった。核心手前までは、難しくない。10bぐらいだろうか。そして核心ムーブは????二手先取れれば、バーンで右手ガバなのだが。

(5) 出前一丁(12a)、ムーブ探り
やっぱり、核心ムーブがわからんなぁとハングドックしていると、ヌンチャクの持ち主のMOTさんが帰ってきた。ムーブを教えてもらった。なるほど、右手一手飛ばすのか。確かにそれだと、左手次へ出せる。なるほど。

因縁の「ルンルンしんすけ」は結露で敗退。岩場移動して、触ったことのないルートはムーブを自力で解析できず。不完全燃焼のような。だけど、ヌメヌメ、結露で濡れた岩を思いっきり握りつぶしたので、手のひらに妙なコリを感じます。なんだか疲れました。それでも、一日岩場にいられたし、久々に小野上温泉に入れたし、よしとしましょう。まぁ、梅雨なので。

〇 ルンルンしんすけ
前略、ルンルンしんすけクラブの皆様
皆様はお忘れでしょうか、このルートのことを。一時は完登すべく、雨の日も雪の日も熱いトライをしていましたね。だけど、その後は忘れてしまったのでしょうか。カリスマを登ったけれど、このルートは登れない。海賊船は登れたけれど、このルートは登れない。おいしいよは登ったのに、だけど、このルートは登れない。私は今日久々に再会してきましたが、冷たく結露であしらわれました。このルートとは、まだまだ長いつきあいになりそうです。ルンルンしんすけクラブの皆様、たまには思い出してみてください。
敬具 ルンルンしんすけクラブ一員より
b0037220_0442585.jpg


〇 今日の有笠山
・フェアリーには、I沢さんペア。Nレイさんペアがいました。
・Nレイさんから、饅頭をもらっちゃいました。ご馳走様でした。
・南国エリアに不在だったMOTさんとおKEIさんは、アドベンチャーエリアで登ってました。
・Mよっちは、ルンルンしんすけクラブへ入会後、風邪でダウンしていました。
・左の天狗の鼻は登りやすいらしい。二本狙いで来てもいいかも?はまったりして。
・写真は、出前一丁(12a)をRPするMOTさん。日曜日は、ルンルンしんすけトライするとのこと、どうだったかな?クラブ退会?
・ヌンチャクありがとうございました。ムーブはなんとなくわかったので、次回チャンスがあれば登っておきたいです。って次回のチャンスはあるのか?
b0037220_0445521.jpg


きん
by climber-kin | 2011-06-12 00:45 | 有笠山 | Comments(2)

2009年9月12日、雨の有笠山

天気がよければ、先週に引き続き、小川山ゴジラ岩へ行くつもりだったのだが、雨。しかも寒冷前線が通過する本降りの予報。雨となると、登れそうでずっと登れない例の因縁のルートということになる。2ヶ月ぶりに有笠山へ向かった。湿度80%ぐらいなのだろうか。大雨のお陰でかなり湿っぽいが、気温は多分20度をきっている。コンディションがよいとは言えないが、RPできてもおかしくはないぐらいのコンディションではあった。「ルンルンしんすけ」は大雨でも結露さえしていなければトライ自体はできるのだけれど。岩のコンディションは承知で来ているのだから、文句は言えないのだが…

(1) 始めの一歩(10a)、再登
東の石門エリアでアップするつもりだったのだが、朝から本降りになってしまった。しかたなく、ヘルケーブまで行って、このルートでアップするのだが、はっきり言ってアップにはならない。無理矢理クライムダウンして、少しはアップの足しにする。

(2) ルンルンしんすけ(12b)、ヌン掛け
アップも兼ねて、各停ヌン掛け。相変わらず、かぶってるなぁ。

(3) ルンルンしんすけ(12b)、ワンテン
ヌンチャク掛けた後15分ほど休んでトライ便を出す。前回最後にムーブ修正した。そう、ずっと水平カチホールドのマッチで落とされているので、マッチしないムーブへ変更したのだった。そして、力のあるワントライ目。5p目クリップして行けるかもと思ったのだが、6p目クリップして次のホールドあたりから急によれがやってくる。核心ムーブ、右手はシカーで止めてある饅頭ホールド触って、握りこめずにフォール。おしかった。

(4) ルンルンしんすけ(12b)、×
5p目に到着した時点で指がよれてしまっていた。それでも核心へ突入する。寄せて寄せて右手出し!だが、右手饅頭ホールド止まらず。ちょっと先便とのインターバルが少なかったか。饅頭ホールド取りには、「寄せて寄せてハッ!」ではなく、タメ作って「せーので、ドリャー!」の方がいいことがわかった。そして、4p目のクリップムーブを変更することにした。以前は右手ガバ?で左足ニーバでクリップしていたのだが、あまりにニーバが決まる確率が悪いので、今の4p目ボルト下ホールドに指を引っ掛けてのクリップに変更していたのだ。しかし、今日のようなフリクションが悪い場合は、指がぬけてきそうで厳しい。ニーバのコツが何となくわかったような気がしたので前のニーバークリップへ戻してみようと考えた。4p目ヌンチャクの向きを替えて降りた。

(5) ルンルンしんすけ(12b)、×
4p目のニーバクリップはすんなりと決まり、前便よりも順調に5p目に到達できたような気がする。両手シェークして、大きな2手で進んで6p目クリップ。そして核心へ。今度は「せーので、ドリャー!」と右手を出す。距離十分だったのだが、握るタイミングが遅かった。またまた饅頭は逃げていった。このトライもおしかった。ホールド一手進めるだけで、チョークが全部とれてしまう。辛いなぁ。

(6) ルンルンしんすけ(12b)、×、回収
4時半に最終便を出す。雨がひどくなってきた。ムーブはかなりこなれてきた。今日の中では一番順調に5p目に到達する。今度こそいけるかもと甘い期待が頭をよぎる。そして、核心の一手へ。またまた、饅頭ホールドは右手から逃げて行った。これおもおしかった。饅頭握れれば終わりなのに、4回とも右手から逃げていった。

3ヶ月間の垂壁シーズンで弱くなっているのではないかと心配していたのだが、弱くなっては、いなかったようで安心した。どのムーブも以前より楽に感じたのだけど、相変わらず持久力がなーい007.gif。今日のムーブ修正の確認とクリップ方法修正で、ほんの少しだけ近づいたような気はしたのだが、このルート、いつになったら登れるのだろうか008.gif。帰りは、有笠恒例の小野上温泉によった。弱アルカリのいいお湯です。RPはできなかったけれど、雨に登れただけでも御の字だ。ムーブも完成できたようだし、よかった、よかった。と無理矢理締めくくっておこう。それにしても、この「ルンルンしんすけ」、まさに私の弱点をついた、いいルートだ。


〇 今日の有笠山
・フェアリーは暗~い。
・ヘルケーブとフェアリー間を4往復した。先週のゴジラ岩に比べれば、楽なもんだ!って言いたいんだけど、やっぱり疲れる。
・M代っちは、緋牡丹博徒(12a)に7便。ワンテン嵐。おしくもRPはならず。
・写真はフェアリーの緋牡丹博徒。
b0037220_23365915.jpg


〇 正対引き付け、ラ・ローズにスズメバチの巣が
・最後の核心部分のハング下に直径8cmぐらいのスズメバチの巣がありました。もろにライン上です。
・今日は大雨だったせいか、活動している蜂は見かけませんでした。ルンルン終了点から、4mぐらい左の3mぐらい上。
・蜂の巣を除去しないと、正対とラ・ローズのトライは無理かと思われます。晴れた日はルンルンのトライも危ないかもしれません。

きん
by climber-kin | 2009-09-12 23:37 | 有笠山 | Comments(6)

2009年7月4日、有笠山

梅雨前線が北上して朝まで雨。全般に昼は曇りのようだが、日本海側から低気圧が冷たい寒気をつれてきたおかげで、大気不安定で山沿いは昼からにわか雨の予報だった。甲信地方も曇りの予報だったが、傾斜のない岩場は雨が降ると終わりだ。雨が降っても登れる有笠山なのだが、有笠のこのパターンは結露のリスクがあるのだが、有笠山へ向かうことにした。関越で北上していると途中凄い雨となった。有笠山に到着するころにはポツポツ程度の雨にはなっていた。気温は高くないのに蒸暑い。南国エリアへ行くつもりだったのだが、途中フェアリーの様子を見てみる。うっすらと結露している。南国エリアへ行ってみた。霧がかかっている。上部からの流れ込みと結露だ。また、フェアリーへ戻ると結露が進んでいた。フェアリーが結露でヘルケーブが結露していないことは、これまでなかったんだよなぁと思いながら、念のためヘルケーブへ確認しに行く。東面は少し風が流れている。そして、ヘルケーブには少し風があたっていた。かなり湿気っぽいが、なんとか登れそうだ。そして、天気だが、予報通り、昼から、時々雨。夕方ぐらいからゴロゴロなりだし。午後6時ぐらいからどしゃ降りになってしまった。やみそうもないので、びしょ濡れになりながら下山した。

(1) 始めの一歩(10a)
下部が結露でビショ濡れだった。

(2) ルンルンしんすけ(12b)、ヌンチャク掛け
今日は南国エリアでのんびりと過ごすはずだったのだが、予定外にルンルンしんすけのトライになり、シリアスモードに急遽変更。だったら木曜にチーウォール行くんじゃなかった。かなり、湿っぽい。その上、岩に日が当たっていたせいだろう。岩が温かい。

(3) ルンルンしんすけ(12b)、ムーブ確認便
RPトライのつもりだったが、4p目クリップから次のスローパ右手、持つ場所間違えた。フォール。そこから、ムーブ確認しながら核心ムーブへ。左手マッチできるかどうか微妙な感じだったので、自らフォールした。落ちると指皮取られるので、マッチしようとしなかった。

(4) ルンルンしんすけ(12b)、×
多少ムーブに迷いながらも、少し余裕を持って、核心へ。右手マッチホールド止めて、いけるかもと思ったのだが、左手マッチしようとして、右手が抜けてフォール。うーん。

(5) ルンルンしんすけ(12b)、×
登るつもりでトライしたのだが、足ブラしてしまうし、失敗しまくりで核心で、フォール。左手マッチ止まれば、多分登れるんだけどなぁ。

(6)ルンルンしんすけ(12b)、×
ちょっと指がよれていて、4p目クリップが苦しかったが、少し余裕を持って、核心へ。また、左手マッチでフォール。うーん。これだけの余裕では左手マッチできないのか。ふとっ思いついたムーブ。こちらの方がよいかもしれない。ここに来て、ムーブ修正か。

(7) ルンルンしんすけ(12b)、回収便
30分後の17:30。雷が鳴り出し、強い雨が降ってきた。スタートから指がよれていた。4p目クリップしようとして、指が開いてきてしまい、ヌンチャク握ってしまった。4p目から繋げて新しいムーブを試してみる。落ちてしまったが、こちらの方が全然自分らしいムーブだ。少し光が見えたような気がする。ついに、最後の鍵を見つけたのかもしれない。

意外にも、ルンルンしんすけをトライすることになった。結局登れなかったのだが、今日のコンディションで、うち2本はかなりおしい感じだった。だけど、核心左手マッチ止まりそうもないなぁと感じてしまった。そんな時に、新しいムーブ発見。何故今まで気づかなかったのだろうか。次回こそは期待したい。雷になったけど、何とか一日トライできて終日楽しみました。帰りは、小野上温泉による。いいお湯です。弱アルカリでお肌がツルツル。シャンプーにボディソープあり、露天風呂あり、休憩室あり、リニューアルしたばかりで清潔です。これで¥400円。沢渡温泉¥300円も風情があっていいけど。有笠の帰りは、やっぱり小野上温泉かなぁ。

〇 今日の有笠山
・今日は誰か来たのだろうか。少なくともヘルケーブには誰もやってこなかった。帰りの際にも、我々意外に車はなし。
・正対、ラローズの終了点リップからは水が滴っていた。
・M代っちも、今日はルンルンでトレーニング。コンディションが悪かったからだろう。前回よりも厳しく感じたようだった。
・写真は、下から見上げた「ルンルンしんすけ」。このルートは保持力課題でヘビーな奴には難しい。まだ登れていないのだが、12cぐらいに感じる。
b0037220_095464.jpg


きん
by climber-kin | 2009-07-04 23:59 | 有笠山 | Comments(6)

2009年6月13-14日、有笠山、海賊船RP

「海賊船(13a)、終了点テラスで平泳ぎ!」

天気予報は冷たい寒気が入って、天候不安定という予報だった。有笠ならなんとかなるだろう。平日に梅雨入りしたのだが、本格的梅雨シーズン前の最後のチャンスかもしれないと土日で出かける。土曜日はお昼ゴロににわか雨。日曜日は、朝から、いきなり雷雨で、その後、時々薄日がさしながらも、やはり時々にわか雨だった。4時ごろは猛烈な雷雨となった。海賊船は、雨が降ると、カンテ沿いのホールドが湿っぽくなるのと、終了点テラスが濡れてしまう。どうなることやら。

(1) おいらの人生(10a)、再登
(2) ぼたもち(11a)、再登

(3) 海賊船(13a)、ヌン掛け
午後2時ごろから雨の予報。早め早めに行動して、10時半ごろには、ヌンチャク掛けを終了する。前回落とされた、海賊船オリジナル4p目からの遠い右ホールドのムーブを確認。平日にずっと考えていた通りだった。左手は変更しないで、あまり意識していなかった左足をカンテに当てて、上体を上げてから右手出しだ。これが最後の鍵だった。

(4) 海賊船(13a)、RP
午後2時ごろから降るはずだった雨が12時ごろから降り始めてしまった。少し様子を見る。しばらく降っていた雨はやんだので、予定時刻でスタートする。感謝の心パートが心なしか湿っぽい。結構ぎりぎりで終了点に到着する。感謝の心をこなせると、とりあえずホットする。このルートは何度やっても失敗しそうで辛い。なかなか息が整わない。しかも、終了点でレストしていると何やら雨の音が大きくなっている。とりあえず、海賊船核心手前のレストポイントまで進む。そして再び大レスト。すると、雨が激しくなってきてしまった。出るに出れない。終了点テラスは、雨で濡れると、ヌルヌルつるつるで絶対に越えられない。いつまでたっても雨はやまない。ここで何時間も待つわけにもいかないし、足も痛くなってきた。少し雨が弱くなるのを感じてスタート。ラインに戻って、一段上がって右足ヒールスメアで右手出し。左足掻き込みでガバへ左手出しと傾斜の強いカンテをこなして、オリジナル3p目をクリップ。右手アンダーサイド気味ガバへ戻して、左足高めのヒールスメアでぐぐっと固めて、左手サイドシカーで固めたホールド、上よりのよいところを握る。右足スメアで左足を所定のところにおいて、背筋測定ムーブ! 腰あたりの筋肉が毎回メリメリとなっているような気がする。うっ、苦しい! 右手チビ穴中継で浅い穴ホールド取って、左腰入れて、入れて、デッドで左手サイドアンダー気味ホールドへデッド。さらに右手を4p目クリップホールドへデッド。ここは、少し手前側の溝に指を当てた方が楽なようだ。左手クロスクリップ。ここからは先週落とされたところ。ヌン掛け便で確認した足位置へ。すると次のホールドが近い。右手止まった。こうなると、アドレナリン全開だ。決めたムーブで湿っぽいホールドに耐えながら5p目クリップ。遠い右手ガバも止まり、ヒールを決めなおして、終了点クリップホールドへ、うっ濡れている。だが、これは持ち易いガバだから大丈夫。そして、このルート、終了点テラスへ上がって終了することが明記されている。有笠は限定が多い。そして、右手をテラスリップへ。どひゃー、ビチョビチョ濡れ濡れのツルツルだー。あー、テラスに乗れずにここで落ちるのかー。そんな映像が頭をよぎった。そこからは、もうヤケクソだった。決めていた手順通り、ビチョビチョ濡れ濡れツルツルのホールドを右手で持って、左足フットホールド決めて、左手よせ。このホールドは乾いていても、いやらしいホールドだ。もう落ちるの覚悟で、右手をテラスリップの右端へ、左手フェイクで倒れこむように出した。落ちた!と思ったら、ずずっと右手ずれたけど、まだ落ちてなかった。そのまま左手テラス上のサイド引きへ。どひゃー! これもビショ濡れツルツルだ!。乾いていれば、左足ガバに上げて右手返して終わりなのだが、濡れ濡れツルツルで左手引けなくて左足が上がらないぞ! 反射的に上半身をテラスの上へかぶせた。後は死にものぐるい。左足は中に浮き。空中で平泳ぎ。手でテラス上の土をかきながら、10回ぐらい泳いだ。足蹴るごとに少しづつ体が前へ前進していった。左足が所定のガバに届いた。ウォー!雄叫びを上げて、テラスに立った。やったー!。下では、ルートに丁寧にお辞儀しながら登ってるとか、大笑いだったようだ。この状態で登れた自分を誉めたい。4日12便目。やったー! だけど、疲れました。

〇 14日(日)
夜は降っていなかった。地面が暖かく快適な夜だったのだが、朝、目を覚ますと、目の前にあるはずの有笠山がない。霧で見えないのだ。朝ごはんを食べているとゴロゴロと鳴り出した。そして、強烈な雷雨がいきなりやってきた。昨夜、西登山口へ入っていった車は早々に引き上げていった。我々は、感謝の心に残置ヌンチャクがあるので、迷うことなくアドベンチャーへ向かった。そう、土曜日はM代っちが、感謝の心を怒涛のトライ。それ止まれば終わりなのにーで終わってしまっていたのだった。アドベンチャーに到着すると、被っているルートは、まだ濡れていなかった。

(5) しお豆(10a)、再登
今度は正しいラインでのぼれたかも。
(6) 感謝の心(12a)、ルート整備
新しいはぶらしで作ったブラシで、ルート整備した。そして、M代っちは次の会心のトライでみごとにRP。おめでとう。このルートは苦労したね。

(6) ルンルンしんすけ(12b)、ヌン掛け
今日は昨日より天候不安定で雨が降りやすいという予報なので、アドベンチャーを後にして、ヘルケーブへ向かう。久々のルンルン。久々のヌン掛け。難しいじゃん。

(7) ルンルンしんすけ(12b)、左手マッチでフォール
久々に触ってみたのだが、チャンスはこの2便目だけだろうなぁと思いながらトライする。ヌン掛けに一生懸命でムーブを思い出すまでには至らなかった。最初から間違えながら、ぎこちなく、5p目には到着。6p目は昨年最後にわかった左足ホールドで決めて、いけるかもと思っていたのだが、核心左手マッチでやっぱり落ちてしまった。

(8) ルンルンしんすけ(12b)、核心フォール
ここで、思わぬアクシデント。強烈な歯痛に襲われた。M代っちからもらったせんべいに入っていた黒糖がスィートスポットにヒットしてしまったようだ。しあらく痛みに耐えて我慢。時間が来たのでトライ。集中力欠いて先便よりたくさん手順間違えてしまった。失敗多過ぎ。

(9) ルンルンしんすけ(12b)、核心フォール
動きはこなれて、スムーズになってきたのだが、またまた失敗の連続。それでも核心マッチまではこれたのだが。

(10) ルンルンしんすけ(12b)、核心フォール、ヌンチャク回収
再び歯痛が。そうこうしていると、大雨が降ってきてしまった。とりあえず核心までは到達するのだが、指がよれよれ。右手は指3本しかかかっていなかった。ここは4本かけないと、持ち方を確認してヌンチャクを回収した。明日は歯医者へ行こう。すぐにやみそうもない大雨の中を下山した。

海賊船、なんとか登れました。とても楽しいルートでした。梅雨でタイムアウトかなと思っていたのですが、こんなコンディションで登れた自分が一番びっくりしています。その後、ついでに「ルンルンしんすけ」のお持ち帰りをたくらんだのですが、このルートはやっぱり難しいです。片手間には登らせてくれませんでした。とりあえず、有笠山春の陣は終了です。成果が出て、一安心しました。

〇 土曜日のアドベンチャー
・松島パパと松島ママ。K原さんにともこさんがやってきた。
・写真は、海賊船の核心へ向かう松島パパ。
・海賊船の核心は、写真だとあまり被っていないように見えますが、120~130度ぐらい被ってます。
b0037220_23344942.jpg


〇 探検隊(12a)を登るK原さん
・実は、この前にともこさんがマスターでRP。大プレッシャーの中でK原さんが登る。
・謎のルートだ。
b0037220_23352598.jpg


〇 冒険大賞(12d)を初トライするともこさん
・ホールド欠けてグレード不明。探検隊途中から左へわかれて、オリジナル部分は3pだが、その分岐した1-2p間の岩がなくなって、一段上から入るのか?ラインがよくわからない。
b0037220_2336169.jpg


〇 海賊船(13a)
・スタートは3-4級のランジ。(「感謝の心」の核心)
・2p目クリップしてから、3p目クリップを挟んでガバまでが3級。
・ガバから終了点まで、10d-11aぐらい。ここまでで、12a難しめか12a/bぐらいに感じる。
・感謝の心終了点で大レスト。
・いやらしい4級程度のムーブで海賊船オリジナルの2p目までクリップして、再び大レストポイントへ。
・ラインへ戻って、被ったカンテ3手目の左手ガバで3p目クリップ。
・ここから、4p目クリップまでが核心ムーブで、2級易しめか2-3級の4-5手フルパワームーブ(きん曰く、背筋測定ムーブ)。
・4p目から一手難しくて、パワームーブ5手で5p目クリップして、終了点テラスまでが11dぐらいのど根性セクション。
・終了点テラスへの乗り越しは乾いていれば問題ないが、雨が降っていると、平泳ぎになります。
・後半は、肩の力が必要。肩の強い私には向いていたのだと思う。
・ボルダー得意なクライマーにとっては、12a/b+12c/dぐらいで、登り易い13aではないでしょうか。

*ボルダーグレードはTW東村山

きん
by climber-kin | 2009-06-14 23:36 | 有笠山 | Comments(28)

2008年11月22-23日、有笠山

11/22-23、有笠山、ヘルケーブ

「タイムアウト007.gif。ルンルン登れませんでした」

決めてに欠けたまま、ずるずるとルンルン通いが続いている。少しづつは前進しているのだが。後一手、がんばればなんとかなるかもしれないと甘い期待も持っていた。今週末は、かなり冷え込む予報が出ていた。陽のあたらないヘルケーブ、厳しいだろう。二子かなぁという考えもよぎったが、泣いても笑っても今シーズンの区切りをつけなければと泊まりで有笠へ向かったのだった。土曜日は予報通りの厳しい寒さ。朝は雪のかたまりがたまに舞い落ちてきていた。一つ向こうの山は真っ白だ。それでも、ヘルケーブには、我々のほかに、ZCCのはっしーさん、まっきーさん、motさん達がやってきた。KY田さんも遅れてやってきた。

(1) 始めの一歩(10a)、再登
この時期のヘルケーブは、実は朝ほんの少しだけ朝日があたるのだが、今日は不運にも、その貴重な時間も雲にさえぎられてしまった。

(2) ルンルンしんすけ(12b)、×、1テン
今日はM代っちがヌンチャクをかけてくれた。最初から本気便を出せる。だが、岩は冷たいし、動きも固い。6p目クリップすらできなかった。

(3) ルンルンしんすけ(12b)、×
やはり、指が冷たい。6p目クリップ、よれよれながら何とかできたが、核心右手出し、ホールド触るが、握りこめない。フォール。そのまま降りる。

(4) ルンルンしんすけ(12b)、×、1テン
4時。今日の岩は冷たすぎる。登れる気がしない。明日の方が暖かいらしい。今日は力を温存して明日にかけたい。だが、何かしらゲインしておきたい。みなさんのトライをみて、いくつか確認したいことがでてきた。もう1便出すことにした。ニーバクリップで3p目クリップしてみた。こちらの方が楽だ。4p目のニーバークリップをやめてみた。ニーバするが、クリップしないで、そのまま左手4p目ヌンチャク下のホールド取りへ。クリップにもたつくが、そのまま5p目へ向かう。いつもより楽に到着できた。そして、5p目レスト。はっしーさんの使っているフットホールドを真似してみた。気持ちレストできる。いつもより多くシェークする。そして、6p目クリップはいつもの通り、吸い取られるが、これまでで一番楽に到達できた気がする。そして、核心の右手出し。しっかり止った! のだが、右指の感覚がない。もう一度握り直すが、全く力を入れられない。フォール。うーん。

みなさんに明日のために有笠山荘泊まったらと奨められたが、テントで泊まった。山荘泊まって登れればいいが、登れなかったら、さらに精神的ショックが大きくなってしまう。前腕の疲労が気になる。冷たい岩で力一杯、何度もパンプさせてしまったので前腕がピシピシ痛い。有笠山荘のお風呂でマッサージした。味噌煮込みうどんで暖かくてうまかった。9時ごろ就寝。明け方寒くて目がさめる。テントの中はマイナス2度。キャンプ場の水道が凍結してしいた。山荘へ水をもらいに行く。日曜日は朝から快晴。ヘルケーブにも朝日が当たっている。岩が暖かくなるかもと少し期待がもてる。氷ついたテントをたたむのが冷たかった。

(5) 始めの一歩(10a)、再登
指が疲れてる。前腕も力がない。あー。やっぱりダメかも。冷たくて指の感覚ないのに頑張っちゃうと、こうなっちゃうんだよね。

(6) ルンルンしんすけ(12b)、×、1テン
今日は、1本か2本だろう。3便目はない。11時半に1便目を出す。気温は8度になった。昨日より2度ほど高い。期待ほどは暖かくなってくれなかった。トライ開始。昨日変更した。3p目ニーバクリップ。そして、4p目ニーバクリップなしで行く。だが、岩は冷たい。昨日改良したフットホールドで、5p目レスト。だが、レストすればするほど、指が冷えてくる。岩のくぼみは特に冷たい。6p目はなんとかクリップしたが、そこでやめる。ダメだー。

(7) ルンルンしんすけ(12b)、×、1テン
最後のチャンスだろう。2時半に出す。昨日改良した手順でなんとか6p目まで到達するが、6p目クリップで残りの全てを吸い取られてしまう。今シーズンは終わった。そう、一番しっくりしていないのが、この6p目クリップ。余力が少しあれば、何とかできるのだが、その余力を全て吸い取ってしまう。最初は、みんながおいてる棚に左足でやっていたのだが、あまりに窮屈だったので、15cm程下のフットホールドでクリップしていたのだが、まだ窮屈だった。さらに、40cm下のフットホールドで試してみると、こちらの方が全然楽なことがわかった。気づくのが遅すぎた。

(8) ルンルンしんすけ(12b)、回収便
気持ちのテンションが切れた回収便は辛い、だけど自分に鞭打って、一つづつ変更した手順を確認しながら登った。

「ルンルンしんすけ」登れませんでした。NDDを登って、少し気が緩んでいたというか、少し、このルートを舐めていたような気がします。ムーブ改良をしないまま、がんばれば何とかなるさみたいな。最初に決めたムーブ、手順をずっと繰り返して、それでも、少しづつ前進していたので油断していたのだと思います。いつもの解析と改良ということを怠ってしまいました。昨日今日で5つの修正をしました。
①3p目クリップは左足ニーバ
②4p目ニーバクリップしない
③4-5p間は素早く通過
・右足ヒールで右手休めて、右手右足ヒールで左手休めてましたが、それは休めているようで殆ど停滞。ゆっくり登るのは私には似合いません。何故か、この手順がいいような気がして、続けていました。
④5p目レスト。フットホールドを替える試みをしいませんでした。
⑤6p目クリップ。左足をさらに40cm下げる。
・この6p目クリップが一番しっくりきていませんでした。
・何度か余力持って、ここまで到達できたことがある。だが、その余力も全てこのクリップに吸い取られた。4p目テンションからだと終了点までいける。そんな微妙な吸い取られ方。この4p目からだと行けてしまうことが、4p目ニーバクリップとニーバレストでなんとか戻そうと、こだわってしまった。
・実は、そのニーバクリップが右手を疲れさせる要因だったようだ。
なんで今更5箇所も修正点あるんだ008.gif。あと2日ほど早く気づいていれば、展開も変わっていたかもしれません。残念です。だけど、これは敗北ではないです。来シーズン。また、このルートに挑戦し、登りたいと思います。「悔やチー!」。M代っちもルンルントライ。最後の核心ムーブはこなしていたけど、そこから終了点まではムーブ解決できず。確かにリーチないと厳しいかも。M代っちは5p目レストできるようだ。このルート、リーチがないと5p目レストできるけど、核心が遠い。みなに平等なのかもしれません。

〇 ルンルンしんすけ(12b)をトライするまっきーさん
b0037220_033191.jpg


〇 ルンルンの核心マッチできたけど、最後の最後で痛恨のフォールのはっしーさん
b0037220_034813.jpg


〇 ラ・ローズ、自らフットホールド欠いて、ムーブ組直しのKY田さん
b0037220_0353068.jpg


〇 ルンルン、力強いmotさん
b0037220_036548.jpg


○ 次回のトライのために
・「ルンルンしんすけ」、私のムーブ
スタートは、目の前の水平ホールドに右手、その左上方に左手。左足岩がえぐれているところの小さな皿状ホールドにおいて、右足を右方プッシュ気味に右手ガバへ。左足置換えてフリで左手上ガバ。右足上げて、左足スメア気味、なるべく左手引き付けないで、肩捻りながら右手水平穴ガバへ。左足ガバ足に掻き込み気味にのって、右足切って左手レスト。右足ヒールフックして、2p目クリップ。交互に一度づつシェーク。右足ヒール外して、右手一手戻して、左手を先ほどの右手ホールドへ、右足一段上げて、乗り込みながら右手サイコロ状岩手前中継して、奥へ。左足を水平気味にニーバーで固めて3p目クリップ。2p目ヌンチャクが臍の前で、ロープ出しづらいので注意。チョークアップしない。両手サイコロ状岩を持って、一度左足にニーバから外して、左足を寄せてから右足を右側少し上向きの面へスメアへ出すと左手でサイコロ状岩をサイド気味に持ちやすくなる。手で引くのではなく右へ回転するようにしっかり足にのって、腰を伸ばして、右手中継チビカチホールド。さらに体勢整えて、右手斜めガバへ送り。右足棚ガバにのせて、左足を棚ガバで左へ傾いているあたりにのせてニーバ。ニーバは左手の内側から入れて奥へ入れること。しっくり入らなかった場合は、左手をサイドカチへ一旦中継して、ニーバ体勢を整えること。次は、ニーバをはずしながら、左手、4p目ヌンチャクしたの狭カチへ出す。4本指で俵持ち。右足をガバ棚でサイドステップ、フリ体勢で、4p目クリップ。4p目は左向きゲートがいい。右手シェークしてから、右方スローパー気味水平部分へ。棚ガバで左足に踏み変えて体勢を低くして、左手シェーク。左手を目の前の少しかかりがいい三角形部分に乗せ、右足水平クラック状フットホールドにのせて、できれば右手シェークしてから、右方のあまり引けないチビカチへ。左足を3-4p間の中継チビカチホールドに丁寧にのせて、左手上方穴ガバへ。その時右足は切らない方がよいが、右手もやもやしている場合は右足切る。右足ヒールして、右手シェークしながら、右上穴ガバを取る。(一度左足を下ろして、右足ヒールでレスト。右手右上穴ガバとって、右手右足ヒールで左手レストしていたが、これはやめる。)右足を一段上のハイステップホールドにのせて、右手5p目下の水平棚のホールドへ。左足を4p目クリップ時の狭カチにのせて、体勢を下げたまたシェークしながら、5p目クリップホールドを取る。右足を決めて、5p目クリップ。足そのままで、右手レスト。右手ジャムして、左手レスト。左手戻して、左足上げて、アンダーホールドへ持ち直して、右足を一段上げて掻き込み気味にして、右手シェーク。6p目クリップホールドを取って、左足を水平棚から60cm程下のチビカチ(これ重要。変更した)にのせて、右足はリップの大岩プッシュで6p目クリップ。遠い左手をシカーホールドへ先に出して、右足を水平棚へ戻し、左足を水平棚に上げて、右足をハイステップホールドにかけてから、右手もマッチ。右手を一番いい場所になるようにする。タメ作って、せーので勢いよく、右手を水平カチマッチホールドへ出す。左足流して、左手マッチ。すかさず、右手リップのシカー止めボール状ホールド取る。左足を6p目クリップホールドの上のスタンスにサイドステップでのせて、思い切って終了点右向きのガバへ一挙に手を出す。すかさず、右足で膝あたりのホールドを押して、左足を少し左にある水平な出っ張りにおいて、右手リップ向こうのガバへ。左足を水平カチマッチホールドにのせて、右足リップ棚に乗る。しっかり立って、終了点クリップ。

きん
by climber-kin | 2008-11-23 23:53 | 有笠山 | Comments(12)

2008年11月15日、有笠山

11/15、有笠山、ヘルケーブ

「エンエンしんすけ、登れません」

今週末は寒さが緩むと予報が出ていた。ちょっと南からの湿っぽい風が吹いたり、2時ごろにパラパラと雨がふってきたりした。少々湿っぽかったが悪くはないコンディションだったと思う。寒くはないのだが、やはり岩は冷たく、今日も焼石が大活躍だった。今日のヘルケーブは、ZCCのハッシーさん、motさん、ゆうこりんさん。そして、もうひとりのきんちゃんは7匹の犬をつれてやってきた。それとYS江さんペアがフェアリーからやってきた。M代っちあわせて、合計8人。そのうち6人がルンルンにトライするという、ルンルン大人気の日だった。

(1) 始めの一歩(10a)、再登
朝のうち陽があたっていたからか、それほど冷たくはなかった。

(2) ルンルンしんすけ(12b)、ヌン掛け
4p目クリップのニーバを確認する。左手の内側から膝を入れるのが正解。しかも奥へ面であてるようにする。手前の窪みにかけるのは間違えだったようだ。

(3) ルンルンしんすけ(12b)、1テン
本気1便目はやはり動きが固い。6p目はなんとかクリップできて、左手シカーホールドから、右足ハイステップ。右手プッシュ気味に押しながら左手ロックし、タメ作って、さらに、エイヤーなのだが、水平カチマッチホールドはたいて落ちる。核心右手出しは、右手マッチして、左足水平棚状。右足ハイステップでインバランスのポジションからセーノで行った方がいいように思えてきた。ムーブを戻そう。

(4) ルンルンしんすけ(12b)、1テン
12時半ごろに3便目を出す。今度は4p目ニーバもそれなりに決まり、前便より楽に4p目からスタート。一手づつ丁寧にシェークしながら、6p目に到達。クリップもいつもより楽に感じて、前便で修正した、核心右手出し。止ったー!だが、指の感覚がない。指が開く。肘が上がる。マッチしようとした瞬間にフォール。右手止ればいけるかなぁーという甘い期待は見事に裏切られ、悪い予感通りにマッチで落とされる。

(5) ルンルンしんすけ(12b)、×
2時半に4便目。5p目に到達した時点で前回よりかなりよれてきているのがわかる。どうせならとギャンブルに出て、右足ハイステップでクリップ&レストしてみようと試みたが、クリップは中途半端な右足で無理クリしてしまった。それから、右足ハイステップでシェークしてみる。が、やっぱり楽にならない。こうなったらと、さらにギャンブルにでる。6p目クリップを左手シカーホールドでやってみる。右足ハイステップ。クリップできん。テンション。

(6) ルンルンしんすけ(12b)、1テン
4時に5便目。指がよれている。つかれるてくると、何故か4p目ニーバがスカスカになってしまう。無理クリしてテンション。ここからどこまでいけるか最後に確かめよう。すると、終了点まで落ちずにいけてしまった。4p目でよれていないと5便目でも終了点までいけるのか。やはり、4p目までにいかに指を疲労させないかということが鍵なのか。

前のムーブに戻したり。もう、改良のネタがつきてきた「ルンルンしんすけ」。今のムーブで、あとはがんばるだけか。とりあえず、今日は核心で初めて右手止まったので前進と言えば前進なのだが。3p目クリップがちょっと腹筋が辛いのだが、ハッシーさんの左足ヒールを次回試してみるかなぁ。M代っちは、「腕のみせどころ(11b/c)」を本日2便目でRP。その後、ルンルントライ。5p目直前から中フォールを2回。楽しめたようだ。

〇 ルンルンしんすけ核心のハッシー@ZCCさん
・私と全く同じように右手止まって、左手マッチで落ちてきた。
・もうひとりのきんちゃんは、1テンまで詰めていた。最後の方のトライ便は下部がいい感じになっていて、そのまま登れそうな雰囲気だったが、やはり最後の核心が厳しいようだ。
・motさんもルンルン楽しかったようだ。
・ゆうこりんさん暗闇の中のパスファインダートライお疲れ様でした。
・YS江さんはBlast-offのオンサイトを惜しくも逃す。半年振りの外岩とのこと。悔しいでしょうねぇ。もちろん二撃。
・YS江さんと言えば、十数年前「岩と雪」にタイ・プラナーンの記事を投稿されていた。それを見て、私はタイへ登りに行ったのだった。
b0037220_22292125.jpg



きん
by Climber-Kin | 2008-11-15 22:46 | 有笠山 | Comments(12)