タグ:振り返るな ( 76 ) タグの人気記事

2016年4月9-10日、おひとりさまの二子再び

「失われた3ヶ月」

 平日に結構な雨が降った。先週末の状態から、さらに雨となると今週末は水没だろう。今週でヌンチャク回収しようと、再びおひとりさまで二子へ向かったのだった。
 ところが!弓状に到着すると、何故か先週より全然乾いている。しかも、状態が悪くなりはじめてから、一番染み出しが少ないのではないかと思えるぐらい乾いていました。何年も通っているのに、二子の染み出しのロジックは未だによくわかりませんねぇ。

◇ 9日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
・アップはチエマオ家のお世話になる。
(2) 高く登れ(10b)、MS、再登
(3) バイパス(10a)、半MS、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
・ぜ兄ぃIC郎さんと組んだ。
・染み出しの面積は大幅に減っているが、5-6p間でまだ染み出していた。
・左手ドーンから右手サイド。そこから左指穴アンダークロスは、左指が深く入らず浅かった。体上がらず。
(5) 振り返るな(13a)、×、右手ドーン、3ヶ月ぶりに止まる
・4p目まで非常にいい感じで登れて、4p目で戻せた。4-5p間腰押しつけレストも、いつもよりしっかりはまった!
・5-6p間もかなり乾いてきた。濡れているのは2手ほどだ。
・6p目クリップで、久々に少し余裕があった。
・左指穴アンダークロスでしっかり左指が入り、右足をしっかりかきこんで右手ドーン。止まった!
・体勢整えて、右手送り! あれっ!あれれー? ホールドにひっかけた右手指が抜けてきて落ちてしまった。あー!
(6) 振り返るな(13a)、×××
・体がよれていた。よれると、4p目レストも辛い。5-6p間の傾斜にもやられて、体が下がり気味になってしまった。6p目クリップ穴アンダーが浅持ちになってしまった。
・3便目はやっぱり、ボロボロだった。

◇ 10日(日)
 完璧に乾いたわけではないのだが、久々に岩のコンディションがよくなった。3ヶ月ぶりに最高到達地点に戻れた。明日も天気はまーまーのようだ。当初は日帰りヌンチャク回収のつもりだったのだが、日曜日も登りたくなってしまった。下吉田が空いているようなら、明日も登ろうと電話をしてみた。泊まりは水戸組だけのようだった。

(7) ワーカーホーリック(10b)、再登
・おひとり様おじさん達でアップを開始。
(8) 高く登れ(10b)、MS、再登
(9) 振り返るな(13a)、×××
・今日もぜ兄ぃIC郎さんと組んだ。
・しかし、指皮が痛すぎだった。体幹がヨレヨレだった。背中が怠くて地獄の4p目レストだった。
・5-6p間の傾斜が辛い。6p目クリップからの左手ドーンが届かなかった。
(10) 振り返るな(13a)、×
・指皮痛すぎ、自分の指先が染み出してしまった。2便しか出せない。
・全力で頑張って、左指穴アンダーを刺せた!だがそこまでだった。浅刺しだった。
・フォールしたら壁へ戻れなくなってしまった。そのまま下まで降ろしてもらった。
・下まで降ろしてもらってから、Fixロープで二段岩壁へ上がっていけました。前腕張ってたら、ヤバイなぁと一手二手。あれっ?前腕は全然張っていない。あっ、いつもはフォールしてゴボウ登りで前腕が張ってるのか。
・体幹のヨレと指のヨレで落ちているのか。

 ヌンチャク回収のつもりでやってきたのですが、思いもよらない岩コンディションの好転で、久々に右手ドーンが止まりました。正月あたりから実に3ヶ月ぶりではないでしょうか。寒すぎたり、積雪。そして、染み出し。今シーズンは全く進展がありませんでした。コンディションがよくなって、ようやく3ヶ月前に戻りました。だけど、次の右手飛ばしで以前と同じように指先からホールドが逃げていきました。やはり甘くありませんでした。やはり、ここから、いつものように一手づつ伸ばしていくしかないようです。
 リハーサルで確認してみました。6p目からリハーサルすると、しっかり右足に乗り込み身体を張って、右手を飛ばしています。下から繋いで、ここまで到達した時は、右手飛ばしで下半身、それに身体の力が抜けてしまっているようです。そう、いつものやつです。そこだけやると無意識にできるのに、下から繋げて大きなストレス状態だと、無意識にできない。
 状態がよくなってしまったので、ヌンチャク回収はできませんでした。GWまで頑張ってみましょう。

〇 今週末の弓状
・HDKさんが、モダン焼をRPしていましたが、誰も「おめでとう」を言ってませんでした。登れて当たり前と思われると、もう誰もほめてくれません(笑)。私も先月に城山で12aをワンデイで登ってきたのですが、誰も一言も…話題にもしてくれません。
・日曜日は、MK畑さんがついに、「おいしいよ(12c)」をRPしていました。水戸組強し、水戸組チエさんが「火の鳥(12a)」をRP。メグさんが「ホテル二子(11c)」をRPしていました。おめでとうございます。
・ぜ兄ぃ。好色ワンテンおめでとうだぜ! 二日とも組んでくれて、すまねぇぜ。また頼むぜ!じゃぁな!
・写真は絶好調のペトをトライするH岩ダンナ。

b0037220_22244392.jpg
〇 「振り返るな」コルネ左手出し
・先シーズンは、右手クロスでコルネ首根っこ取りでしたが、今シーズンは左手コルネほっぺ取りのオリジナルムーブで固めています。ムーブは完璧なんです。後は繋げるだけなんです。って、繋げるのが大変。それが二子なんです。
・写真は先週の上部リハーサルシーンbyMR元さん。
b0037220_22275060.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-04-10 22:24 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2016年4月2日、真冬のような二子山

「我々は染み出しに惑わされている?」

 着いた弓状から見上げた岩場。染み出しは先週より、ましになったように見えた。先週の朝はコルネは氷漬けで、穴ホールドの中を掃除すると氷がでてきた。それに比べれば、少しよくなったように見えた。先週はそれでも、核心セクションの入り口まで到達することができた。状態がよくなったように見えた今日は頑張るぜーとアップを始めたのだった。しかし、うん?なんだか体が重い。おかしい? 今週も先週の土曜日から5日連続(二子、筋トレ、チーウォール、筋トレ、チーウォール)でトレーニング過剰だったとは言え、先週と同様に中2日レストで週末を迎えている。何故だ? あっ、水曜日に超苦戦しながら登った、男爵の課題か?あ~、それのせいかもしれない?

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 高く登れ(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
・2-3pの染み出しが進化していた。これで惑わされた。靴裏が濡れているような錯覚に陥った。力が入った。4p目レストで回復させるのが地獄だった。体幹がめちゃくちゃ疲れてしまった。
・5-6p間、体がよれていて、体が下がり気味だった。アンダーが効かない。右手濡れたままでは突っ込めなかった。
(5) 振り返るな(13a)、××
・2便目は状況がわかっているから、少し体の力が抜けた。
・しかし、なんだか背筋の腰あたりがやたらよれている。5-6p間で濡れた右手を拭う余裕がなくて、右手濡れたまま6p目クリップ、何とかできて、最初の左手ドーンも出せたけど、右手保持力が弱くて、左手持ち直せず。次の右手サイドガバは手を出せなかった。
(6) 振り返るな(13a)、×××
・夕方、さらに気温が下がったような気がした。もう、体もいやいやモードだけど、ワーク便のつもりで出した。しかし、その通りだった。体がヨレヨレで被ったセクションが辛い。
・被っていないセクションはなぜか楽にこなせて、6p-終了点まで繋ごうとしたが、ビビリが入って、自らフォールしてしまった。
・6p-終了点は、こなれて、どんどん楽になっているのですけどねぇ。6p目までいかに楽に到達するかが鍵だ。おおざっぱなルートなんだけど、あー、持久力ルートの典型だ~。

 今週は、染み出しに惑わされたわけではありませんでした。脳に騙されたわけでもありませんでした。自分のコンディションの調整に失敗したようでした。来週は天気が悪いようです。今日が最後のチャンスだったのかもしれません。今シーズンはこれで終わりになるのかなぁ?
 全ムーブはもう完璧なんです。繋げられないだけなんですが、その繋げられる可能性がよくわかりません。わからないから、悩ましいのです。持久系ルートは悩ましい。

〇 今日の弓状
・こんな状態ですが、リーチがかかっている人が何人かいます。しかし、今日はRPは出ませんでした。
・写真は、穴ムジトライのダンゴ姉ぇです。第一核心下からこなしてました。第二核心第三核心は軽く登れているので、今シーズンいけるかも?
・このルートも苦労したなぁ。「振り返るな」の核心セクションは、穴ムジの3つの核心を一挙に繋げたみたいな。それは言い過ぎか。二つをレストなしで繋げたぐらいかな。
b0037220_23470272.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-04-02 23:48 | 二子山'15-'16 | Comments(4)

2016年3月21日、おひとりさまの二子山

「バック・トゥ・ザ・振り返るな(13a)」

 日曜日の城山敗退から、他の岩場案は距離的時間的になく、帰りがてら一番行きやすいベースキャンプへ向かった。ところが三連休の中日の昼間に道路は甘くなかった。新東名へ出るのに時間がかかった。新東名のってからは高速は順調だったのだが、入間ICを降りたら、アウトレットセンター?周辺の大渋滞にはまる。それでも、14時ぐらいには到着したのだが、こちら側は天気がよくて、何とも恨めし。このままジムで連休を終える?あっ、 今日は登らず明日二子へ行くか!グッドアイデア!
 三連休(私は四連休)最終日は、ゴン助先生とM元さんをあてにして、おひとりさまで二子へ向かったのでした。そして、弓場に到着し、いったいルートがどんな様子か、恐る恐る壁を見上げたのでした。あちょー! しかし、前日の話で聞いていた終了点からの流れ込みはなくなっていました。一便だして、そのままヌンチャク回収するかなぁ。まぁ、とりあえず、1便出してみよう。

(1) バイパス(10a)、MS、再登
(2-3) 高く登れ(10b)、MS、再登、Tr
(4) ワーカーホーリック(10b)、再登
(5) 振り返るな(13a)、様子見
・当然、2-3p間のコルネは濡れていた。
・4p目レストポイントからのぞき込むと、4-5p間のコルネの頭の大穴ホールドがびしょ濡れだった。うーん。とりあえず、5p目へ向かおうとしたが、コルネの頭の大穴ホールドが濡れているのは初めてのパターンで、ちょっと戸惑いテンションした。
・下から覗くと、ホールドが水で光っていて、ヌルヌルのように見える。恐る恐る進むと濡れてはいるが、意外とフリクションがある。表面がデコボコしているからだろう。そして、5-6p間は、5p目クリップするコルネとその手前、コルネから2手目の右手サイドアンダーから水が滴りおいていた。
・6p-終了点間は、出だしは湿っぽいのと、右手ドーンのキーフットホールドが濡れていたので、チョークで気持ち拭いておいた。
・このまま回収するかとも迷ったが、回収するとしても今日の最終便で回収すればよいか。
(6) 振り返るな(13a)、××
・4p目レストで結構戻せた。一手づつフキフキしながら、何とか6p目クリップして、核心セクションへ入ることができた。しかし、左指穴アンダークロスは指先が穴に触れたと同時に右手がすっぽ抜けた。
・6p目からは、いつものようにリハーサルできた。
(7) 振り返るな(13a)、××
・16時ちょっと前にスタートしたが、日が高くなって、岩には日が当たらなくなっていた。
・5p-6p間で、体幹がよれ気味で、手をしっかり拭く余裕がなくて、右手濡れたまま核心セクションへ入ったところで、テンションした。
・6p目から終了点まで繋ごうとリハーサルしたが、コルネホッペ取りからコルネコメカミ取り飛ばしに失敗。

 染み出していて厳しい状態ではあるが、不可能ではない状態でした。来週末に向けて、また南岸低気圧が2回接近するらしいです。コース次第では、また積雪だったり、南側を通ってくれれば、雨は降らないのかもしれません。どうなるかは予想不可能ですが、とりあえず、ヌンチャク回収はしませんでした。3月末までの二子と予定通り、来週ヌンチャク回収か?二子延長か?
 毎年、撤退時期が悩ましいです。ここ数年は、積雪で強制終了だったり、そのシーズンにRPの可能性を感じないパターンが多かったので、3月末できっぱりシーズン切ることができていました。今シーズンは、奇跡が起きないとまだまだ繋げられない状況なのですが、自分としてはムーブの完成度は高くて、奇跡が起きるのではないかと夢をみてしまいます。苦戦している右手ドーンが止まると、そこから傾斜がなくなり負荷が少し軽くなるんです。でも、これまでそんなことは一度も起きていないんです。一挙に6手前進はないよねぇ。よいコンディションの続く中で一手づつ伸ばしていくことしかできていません。やはりシーズン終了か。いや、来週考えましょう。

〇 今日の弓状
・HR岩ダンナがマイライフをRPして、クレーターまでRPしていました。二子で1人だけ成果出して、しかも2本も。感じ悪~(笑)。おめでとうございます。
・写真は「振り返るな」の染み出し。
b0037220_21401302.jpg

きん

by Climber-Kin | 2016-03-21 22:03 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2016年3月5日、暖かくならなかった二子山

 今週末は随分暖かくなるような天気予報でした。土曜日は昼過ぎあたりまで晴れてあとは曇り。暑くなり過ぎずに丁度良いと思っていたのですが。朝の岩は冷たい!陽がなかなか出てこない。出来てたと思ったらなんだか薄曇りみたいな天気でした。3便目の時間帯は気温は10度ぐらいあるのに、なんだか寒く感じて出すか出さまいか迷ってしまいました。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、MS、再登
(3) 高く登れ(10b)、MS、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
・2-3p間のアンダーコルネはいつものように濡れていて、5p目クリップのコルネがびしょ濡れだった。ズボンでフキフキして突入した。6p目クリップなんだかスッポぬけそうだった。そして、左手ドーンからの右手サイドは、あっ、手を拭き切れていない。引きつけようとしたら滑ってきてしまった。
・6p目から繋ごうとも思ったが、頑張ると疲れるので自ら途中でテンションいれて、2カ所テンで抜ける。
(5) 振り返るな(13a)、×××
・何だか前便のトライで疲れてしまったのか?体幹がよれてる。ますます、右手が濡れていしまって、6p目クリップして、すぐにテンションしてしまった。
(6) 振り返るな(13a)、×、ムーブ改良便
・体がよれていた上に右手濡れたまま6p目へ。テンションして、ムーブ改良便にした。
・6p目クリップは前にやってたように、両足を張ってオポジションアンダーに戻すか?いやいや、今の右手アンダーの下に入り込む方が楽に感じる。あっ、右足ヒールできる。ヒールすると、右手が抜けそうな時にかえって力を入れてしまうような気もするが、そもそもそんな時は完登などできまい。採用。

 正月前後に右手ドーンが2,3度止まって、これから上へ伸ばしていこうと目論んでいたのですが、積雪やら染み出しやら、なんだか翻弄されて、到達高度が上がるどころから、下がってきてしまっています。毎回鍵を見つけてはいるのですが、右手ドーンまでいけません。今日はその前の左指穴アンダークロス刺しすら到達できませんでした。何かムーブが間違っているのかなぁ?と疑ってしまいます。いやいや、状態が悪いだけ。今シーズン、あと4日ぐらいはトライできると思います。頑張ります。染み出し止まるといいなぁ!
 今日の気づいたポイント
① 6p目クリップは、次回右足ヒールを試してみる。
② 6-8p間、コルネホッペとってから、コルネコメカミの三角形カチへの左手飛ばしは左手を面で抑えると落ちてこない。ビンタする感じ。

〇 今日の弓状
・ヨッシーが「ノースマウンテン日本一(12b)」を二撃していました。
・振り返るなの最初の4本のヌンチャクは、SK部さんのヌンチャクと判明しました。SK部さん強いなぁ。このコンディションでコルネ頭まで、おしかった!
b0037220_23111949.jpg

きん

by Climber-Kin | 2016-03-05 23:05 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2016年2月27-28日、久しぶりのお泊りの二子

 久しぶりで土日で登ることになった。二子に積雪があってから、すっかりペースを乱されて、週末泊まりで登らなくなっていた。それに、積雪があってから、トライ中のルートの進展も止まってしまっていた。泊まりと言っても、当初は土曜日は二子で日曜日は「中里の岩場」へ様子を見に行くつもりだったのですが、いろいろな状況から中里行はパートナーさまから却下されて、二日とも弓状へ行くことになりました。

〇 27日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 振り返るな(13a)、××
・5p目クリップのデカコルネが氷漬けになっていました。ビビリながらも凍っていない裏面を手探りで探して、手を拭き拭きして進みます。6p目クリップホールドも濡れていました。スッポ抜けそうで、自らフォールしました。
(4) 振り返るな(13a)、××
・今度は状況は分かっているので、落ち着いて?進みます。6p目クリップして左手ドーン、右手サッサッでサイドからステップして左指穴アンダーは取れず。手が冷たいのか?ホールドが湿っぽいのか?

〇 28日(日)
(5) バイパス(10a)、MS、再登
(6) 高く登れ(10b)、再登
(7) 振り返るな(13a)、×、作戦失敗
・昨夜、温泉の湯舟の中で思いつきました。あれっ?なんで右手ドーンで、すぐ上のサイドを中継しないんだ?中継したら、胸前で両手クロス状態から空間作れるから楽になるじゃん!ってことで、このアイデアをいきなり、ぶっつけ本番に適応してみた。
・しかし、この右手サイド中継取れるぐらいなら、そのまま右手ドーンと穴ホールド出せるじゃん!あれっ、これ前に確かめているかも?
(8) 振り返るな(13a)、×
・やはり、今落ち着いているムーブが一番のようだってことで、迷わずゴー!あっ、疲れてる。
・6p目クリップは湿っぽい右手ホールドがスッポ抜けそうで怖い。左手ドーンから右手サイドホールドからステップして、左指穴アンダーは刺せた!右手ドーンは?なんだか出し辛い。出してはみたが届かず。
・あっ、もしかして、左指アンダーは指の方向か?いつの間にか、左方向に引いて、右手ドーン止まってから右方向へ持ち直すイメージになってきていた。ここで、最初から右方向気味に人差し指と中指を刺さないとダメなんだ。なるほど~。

 正月前後についに右手ドーンが止まったのですが、その後、積雪とか翻弄されたのか進展していませんでした。今週も進展したわけではないのですが。二つの鍵を確認できました。
① 核心セクション入りの右手サイドは親指を当ててピンチ持ちすること。その後はステップしながら、右肘を引き付けて体を上げていくこと。
② その次の左指穴アンダーは最初から右方向引きに刺すこと。
 今シーズンも二子は3月までと決めています。登れそうな雰囲気があれば、延長しますけどね。笑。もう少し頑張ります。

〇 今週末の弓状
・土曜日の朝は気温が下がり、なかなか岩が温かくなりませんでしたが、47哲のM井さんが「穴のムジナ(12c)」をRPされていました。ヨッシーは「モダン焼き(12c)」をお持ち帰り。おめでとうございます。
・日曜日は暖かくなる予報を裏切られて、風が強くて寒かったです。UR野さん余裕で「龍勢(13a)」をRPされていました。おめでとうございます。
・弓状と下吉田キャンプ場には、久々にSTMちゃんが登場しました。二子から忽然と消えた本人から意外な名前と面白い話を聞けました。
・写真は、私生活(12c)のYWT専務。あと少しで行けそうです。ガンバです。
b0037220_22340973.jpg
〇 マイライフ(12a)をトライするH岩ダンナ
・伸び盛り。マイライフも軽~く。行ってください。来週ぐらいには登っちゃいそうでした。
b0037220_22343007.jpg
〇 終に任侠道(12d)をトップアウトするM元さん
・メンタルが強い!このぐらいの執念があれば、なんでも登っちゃいそうです。
b0037220_22355259.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-02-28 22:36 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

2016年2月21日、嵐の後の二子山

 今週末は、また低気圧通過にぶち当たってしまった。雨が降り出すのは土曜日の午後からだが、太陽のない二子は辛すぎる。日曜日は低気圧が抜けて猛烈に発達して、北風が強そうだが、それでも晴れてくれそうな日曜日にいくことにした。アプローチは毘沙門水側から入った。坂本側からでも4駆なら入れるらしい。ヨッシーがXトレイルで上がってきたようだが、無難に帰りも合角ダム側へ降りた。
 そして岩場の状態は? 思ったより濡れていなかった。しかし、「振り返るな」は5-6p間から核心へ入るあたりまでが真っ黒だった。今日は陽があたり風もあるので夕方へ向かってよくなってはいくのだろうけど、夕方までは待てないなぁ。ということで、「私生活」のムーブ探りをして、忘れないように、夕方に「振り返るな」を1便だすことにした。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登
(2) バイパス(10a)、再登

(3) 私生活(12c)、ムーブ探り
・最初の核心は前回ywt専務に教えてもらったムーブで入るが、細かいところを覚えていなくて、いや、それ以前の入り方がガバアンダー持ち替えできず。行き詰まる。
・足が高すぎたか?でっ、ヒールで右手アンダー取れて、そのあとも失敗。
・最後の核心は、やはりムーブ解決できなかった。

(4) 私生活(12c)、ムーブ探り
・最初の核心は難しい。中段は疲れる。最後の核心は、まだムーブ決まらず。難しい。
・このルート、振り返るなより可能性を感じない。

(5) 振り返るな(13a)、××
・朝の真っ黒から茶色ぐらいには乾いてきていた。結局、5p目クリップホールドのコルネとそこから2手目のアンダーが濡れていた。もちろん核心セクションの穴アンダー群の中は湿っぽいけど。
・「私生活」のムーブ探りで疲れていても、多少ホールドが濡れていても、それでも、6p目クリップまでは行けて、右手アンダーサイドからの左穴指アンダー取りまで行けて落ちる。ようするに、私にとって、このムーブが狭ッ苦し過ぎて、やたら負荷が高いのです。

 久々に「私生活」のムーブ探りをしてみましたが、何の進展も作れませんでした。このルートは傾斜が強いのですが、ホールドは大きいです。しかし、全てガバと言うまで方向がよくありません。動きが限られて、ストレスが溜まりました。難しいです。多少濡れてても、振り返るなをトライすべきなのでしょう。今シーズンの天気は荒れ模様です。この先どうなるかわかりませんが、再度乾いてくれることを祈りながら、もう少し頑張ります。

○ 今日の弓状
・T氏が、「おいしいよ(12c)」をRPしていました。鍛えてる人は違います。任侠もすぐ登れるのでは?
・「火の鳥(12a)」でも、松本チームの方がRPしていました。
・だんご姉ぇは「穴のムジナ(12c)」の第1核心、下から繋いで成功していました。
・パートナーさまは「私生活(12c)」下からマイライフ終了点まで繋いでいました。
・みなさん、おめでとうございます。
b0037220_22362389.jpg
〇 二段岩壁
・「振り返るな(13a)」5-6p間で、まだ染み出しています。
・写真は「サバージュ(13a)」をトライするマッシー。
b0037220_22363579.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-02-21 22:36 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

2016年2月13日、残雪の二子山、雪崩編

 自分の車では心配なゴン助先生を合角ダムでピックアップして二子林道へ入った。2日前より随分融雪が進んだようだたった。最後の500mも登れそうではあったが、ちょっとリスクがありそうなので、林道16.5kmのポイントに車を駐車した。
 時折薄日が射す終日で暖かくなりすぎたり、丁度よかったりの一日だった。コンディションも湿度が高くよい条件のはずだったのだが、私のトライするルートは染み出しで湿り気あり過ぎでした。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登

(3) 振り返るな(13a)、××
・先日の木曜日に、その兆候を見ていて嫌な予感がしていたのだが、その通りになってしまった。染み出しが始まっていた。
・2-3p間右トラバースした後のコルネアンダーの染み出しは、これは何とかリカバーできるもの。
・3p目付近のレストポイントの染み出しは、あまり長いしたくなくなるのと再スタートする時に左手が濡れている。
・4p目レストは頭へ水滴が3秒ごとに落ちてくる感じ。
・5p目クリップホールドのコルネはびちょ濡れで、5-6p間入る際に右手のチョークアップ+ズボンでフキフキを強要される。
・5-6p間の2手目の右手サイドアンダーとその次の左手アンダーは湿り気たっぷりで、6p目クリップの右手穴アンダーは染み出し斑点状態だった。それでも、頑張る。
・6p目クリップして頑張るも、核心セクション最初の右サイドも湿り気たっぷりで、引きつけられねぇ!

(4) 振り返るな(13a)、×
・染み出し始めた先日は晴れていて2便目の方が乾いていたのだが、今日の薄曇りでは状態は一緒だった。
・それでも頑張って、核心セクションへ入るが右手サイドはすっぽ抜けて落ちた。
・6p目からワンテンを狙うが、コルネ取りでフォール。

(5) よーこそTウォール(13a)、初触り途中まで
・日が長くなった。でも、もう1便、振り返るなはないかな。かといい、「私生活」にお邪魔するには、このライン帯はトライ者が多くて空気がピリピリしているので、今日はゴン助せんせしかトライしていなかった、このルートを触ってみた。H野さんヌンチャクお借りしました。
・もちろん途中で力つきて、核心セクションまで到達できず。

 染み出しが始まってしまいました。明日も雨が降るようです。雨どころか岩が結露で真っ黒になりそうな雰囲気の天気のようですけど、また乾くとよいのですけどね。進展のないトライが続きます。
 今日の忘れていたこと、改善したこと。
① 核心セクション入りの左手穴アンダークロス
・左手穴アンダーに刺す前は右足押しでよい。そうしないと体が右側へ流れてしまう。
・左手穴アンダー刺してから、右足はかきこみすること。
② テーピング
・6p目クリップで作る右手の甲の穴は、ケアリーヴ絆創膏Mサイズがとれなくてよかった。
・同じく6p目クリップで作る右手薬指にできる穴は、第2関節の少し上に細テーピングすること。
・核心の左手穴アンダーが濡れてくると作る左手中指第1関節はしばららく細テーピングしておいた方がよさそう。

〇 雪崩れる林道
・二股駐車場へあと300mの登坂。ここは積雪がまだ深く。これの手前に車を置きました。
・帰り道、斜面から雪崩が起きていました。暖かったものねぇ。
・二股駐車場まで車を上げた3台の方々、除雪ご苦労様でした。それとも強引に突っ込んだ?
・この暖かさで雪が緩み過ぎて、帰りの林道も危険個所多数でした。轍側が融けて深くなっちゃうパターンもあるのね。
・明日は20度超えるとか、岩は結露で真っ黒、この雪は洪水になってしまうのでは?
b0037220_00000212.jpg
〇 今日の弓状
・ヨッシーがついに、即身仏(13c)をRPしていました。
・YWT専務がついに、私生活(12c)をもう登れそうな雰囲気でワンテンにしていました。
・M元さんが任侠6p目に到達していました。
・M井さんが穴のむじな、第一核心をこなしていました。
・みなさん、おめでとうございます。
b0037220_00001071.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-02-14 00:16 | 二子山'15-'16 | Comments(4)

2016年2月11日、残雪の二子山、林道編

 合角ダム側からジムニー以外が入ったという情報がヨッシーから流れてきた。後になって思ったのだが、それって、TKさんとこのラングラー?
 今日の弓状は25人ほどでした。積雪後、徐々に人も増えてきました。今日は祭日なので日曜日パターンなのかもしれません。朝はキーンと冷え込みながらも、昼は暖かくなる予報でした。ちょっと乾燥し過ぎで、自分にはいまひとつ状態はよくなかったです。

(1-2) ワーカーホーリック(10b)、MS再登+Tr

(3) 振り返るな(13a)、××
・あっ、2-3p間のコルネが染み出している。
・4p目右ズレレストは上からポタポタと水が落ちてきて顔に当たって冷たい。
・核心セクションは、思い温めていた(前回忘れていただけだが)、ステップしながら右腕引き付ける作戦で左指穴アンダーは刺せた!だが、なんだかそこから動き辛い。右手ドーンは出してみただけフォール。
・6p目クリップ穴ホールドの中が濡れだしてた008.gif

(4) 振り返るな(13a)、×、作戦大失敗。
・前便で右手甲に8mm角の穴をあけてしまった。毎回開ける穴で、前回の後がかさぶたになっていたのだが、前便トライでかさぶたごと取れてしまって、出血してしまった。そうだ、一度試してみようと思っていた、クラック手袋試してみよう!クラック手袋していれば、手の甲の傷に岩角があたらない。もしかしたら、フリクション増して楽になるかも。
・6p目クリップして核心セクションへ!あちょー、クラック手袋の指ワッカゴムがホールドと挟まって、グネグネしてる。作戦失敗。

 今日の振り返るなの核心セクションはそこだけやっても、とっても難しく感じてしまいました。結構楽に6p目から8p目までリハーサルできる時もあれば、やたら難しく感じる日もあります。何故だろう? 今日は乾燥し過ぎ? いや、何か気づいていないポイントがあるのでしょう。考えつくした改良つぐ改良で、ムーブはできるようになりました。後は繋げるだけです。だけど、もう改良のネタがなくなりました。基本的にフィジカルに持久力が足りないです。染み出してきているし、今シーズンの完登は厳しい状況になりつつあります。でも、もう少し頑張ろう。

〇 まだまだヤバイ状態の林道
・車高の高い、デフロックできる4駆なら大丈夫ですが、MPVのような偽4WDはまだまだ危険です。
・最後の300mの登りでスタックしてしまいました。バックでヒヤヒヤで下ってきたのですが、車を留められそうな場所がありません。Uターンしようものなら、そのままスタック間違えなし。行くしかないようです。
・Oh! 適切なスピードがあるようです。焦ってスピード出し過ぎると轍から外れる可能性が高くなります。焦らず、ゆっくりめだけど、とまらずのようです。
・しかし、自分で作った乱れた轍にまた吸い込まれて、マズイ!と沈黙の数秒。あ~抜けられた~。
・今日の二俣の駐車場には、私のMPVを入れて5台が到達できたようです。その5台の中で、私の車の車高が断然低いです。よく上がってきた074.gif。じゃなくて無帽だったかも。
・次回は、手前500mぐらいから歩くかな。普通車には、最後の坂は、まだちょっとリスク高過ぎます。
・写真は危険地帯を降りてきてから撮った写真です。危険地帯はこのカーブのもう一つ先です。
b0037220_21592081.jpg

〇 今日の弓状
・「振り返るな」は、染み出しがテンパってます。
・チーウォール常連のヨーコさんが「ペトルーシュクァ(12c)」をRPしました。おめでとうございます。
・パートナーさまは、久々の「私生活(12c)」を2テンで抜けていました。いい感じだったようです。
b0037220_21593609.jpg
きん


by Climber-Kin | 2016-02-11 22:08 | 二子山'15-'16 | Comments(0)

2016年2月6日、残雪の二子山

 二子へのアプローチはジムニーにチェーンなら群馬側から二股まで入れるらしいのだが、普通車は下から歩くしかないですね。天気も曇りの予報に変わった。それにパートナーさまも病欠だったりして、行くか行くまいか、かなり迷ったのだが、2週連続開けるという不安もあり、坂本から登山道を登るつもりで行ってみることにした。
 民宿裏の登山道入口側林道へ入ると、立派な轍が付いていた。もしやと思い、車で進んでみた。途中で少しヒヤリするところもあったがトンネルまではたどりつけた!トンネルより先はもちろん積雪で車が入れる状況ではなかった。しかし、ここまで来られれば、M田新道がある!今日来るはずのヨッシーに電話をかけて、トンネルで待っていることを伝えた。後から上がってきた、コビッキーとジュニアと4人でM田新道を上がることになった。結局行きは1時間。帰りは30分。尾根へ上がる沢での、壺足の急登がきつかった。クラストした表面が割れると50cmぐらい沈む。疲れた。体がヨレてしまった。下から上がるのと同じような疲労だった。私としては、時間的には殆ど変わらないけど、標高差が断然少ないこちらからアプローチしてもよいけど。帰りはこちらの方が断然楽だろう。
 M元さんに声をかけておいたのだが、H岩パーティが3人だった。MKH田さんと1430まで組んでもらうことにした。

(1-2) ワーカーホーリック(10b)、再登+Tr
(3) 振り返るな(13a)、××
(4) 振り返るな(13a)、×

 アプローチで体幹がヨレてしまったのか、岩が冷たかったからか、中二週だったせいか。2トライとも6p目クリップした時点でヨレヨレだった。だけど、核心セクションの左穴指アンダークロスムーブは、右手サイドを取ってから、左足右足左足とステップ切りながら足の力で体を上げていき、肘を引き付ける体勢へもっていくことがポイントのようだ。忘れていた。肘伸ばしたままステップして最後に引きつけだと大きな力が必要で引きつけられない。それと今日は新しいドラゴンを外岩に下した。あっ核心ムーブ掻き込める。6p目から8p目にかけては結構いい感じだった。もうちょっと頑張ろう!

〇 トンネルを抜けると…
・こちからからのアプローチ、しばらく車は無理そうです。
・ここから、道を確認しながら50分ぐらいです。今日は壺足辛かったのですが、踏み跡つけたので次回は少し楽に登れるでしょう。
b0037220_23221808.jpg

〇 今日の弓状
・この寒いのに、M元さんが「おいしいよ(12c)」をRP!落ち着いた登りでした。
b0037220_23202022.jpg
〇 ノースでもRP
・H岩さん、RPです。特にコンディションが良いというより、お日様弱くて寒いのに。みんな強すぎ。
b0037220_23292850.jpg

きん

by Climber-Kin | 2016-02-06 23:21 | 二子山'15-'16 | Comments(2)

2016年1月23日、二子山、積雪

 数十年に一度の寒さらしい。それなら、どこへ行っても寒いだろう。下から登山道なら入れると情報があった。たまには登山も兼ねて体力増進もよかろうと、二子山へ入ってみました。もしかしたら、金曜日に誰か林道にはいってくれたかもと期待して。
 そして、林道へ入ると、あっ轍がある! そのまま林道を上がっていくと、轍は50mで途切れていました。やはり、下から登ることになりました。2年前の大雪に比べれば、積雪は全然少ないです。しかし、来週末も南岸低気圧が通過する予報のようです。どうなることやら。
 晴れのち雪の予報が朝には変わっていて、終日曇りになっていました。日の差さない、ずっと氷点下の一日かと思ったら意外と風は穏やかで薄日が暖かく、弱弱しいながらも陽だまりになって、お昼ごろには1度まで上がってくれました。しかし、2時を過ぎるとお日様は雲に完全に隠れ、あっと言うまに氷点下2度になってしまいました。ということで、2便目出す気が起きずに遅上がりの早上がりになってしまいました。

(1-2) ワーカーホーリック(10b)、MS、再登、Tr
(3) 振り返るな(13a)、×
・結構焼石を焼いて、二段へ上がったのですが、気温が低いせいで、4p目でレストしているうちに冷めてきてしまいました。よれ気味でそろそろ新しいシューズにしようと思っていたドラゴンレースはゴム底が冷えるのか滑ります。
・いつもより力が入っての核心セクション突入は、全然だめです。
・得られたことは、①核心セクション入りの右手サイドは内側の溝へ指が直角の角度で持つこと。下から斜めに指が入っていると体を上げられない。

 随分遅く弓状へ上がってきたとはいえ、二便ぐらいは出すつもりだったのですが、日が陰って寒くなってしまいました。でも、せっかくだから、無理便だして何か得るものがあるかも? 5-6p間修正するか?とも思ったのですが、寒すぎて体が動かないので、やはり何も得られないような気がしてきて、気持ちが萎えてしまって、早退してしまいました。下吉田泊まり、そして翌日は風強くて寒そうなので、ベースキャンプへ行ってしまいました。

〇 今日の弓状
・登山口に停まっていた車は、習志野ナンバーに水戸ナンバー。誰が来たかすぐにわかってしまい、笑ってしまいました。
・我々を含んて6人上がって来てました。
・YMNさんは、「任侠道(12d)」を初ワンテン、おめでとうございます。
・パートナーさまは、これがチャンスとばかりに「任侠道」を初触りして、喜んでいました。
・写真は、「おいしいよ(12c)」を探るウッチーJr。ウッチーと言うと大御所がいるから、ウッチーJrだ。いや、ジュニア(Jr)にすれば?
b0037220_22321087.jpg
〇 下山
・林道には、結構大きそうな車がチャレンジした轍があったけど(帰り)、200mで挫折していました。
・登りは、私の足で、休憩入れて1時間15分ぐらいです。普通の人なら休憩いれないで50分ぐらいで到着できるでしょう。
b0037220_22324316.jpg
きん

by Climber-Kin | 2016-01-24 22:33 | 二子山'15-'16 | Comments(2)