タグ:穴のムジナ ( 36 ) タグの人気記事

2012年1月21日、二子山、穴のムジナRP

「ありがとう!林道マニア!」

大寒。暦通りの日になってしまった。土曜も日曜も同じような天気予報だった。日曜日の方が気温が上がるようなので当初日曜日に行くつもりでいた。ところが、諸般の事情で急遽土曜日に行くことになってしまった。金曜に積もったであろう林道の積雪が心配だった。ダメならベースキャンプへ行けばいいやといつもより30分遅れで二子へ向かったのだった。ところが、関越は事故渋滞。さらに30分以上遅くなってしまった。途中から下道を使った。皆野有料道路を超えるあたりから雪国だった。こりゃダメだと思いながら、誰か林道に入っていないかなぁ。さすがに今日は誰も来てないだろう。いや、誰々なら来てるかも?と殆どあきらめ気分で雪道を走って行った。そして、その二子の林道には2台ほどの轍が走っていた。おっ! だけど引き返してきたのかもと用心深く林道を上がっていった。轍は二股峠の駐車場を素通りして続いていた。林道マニアさんか。助かった。この雪で轍がなかったら、間違えなく林道に入らなかっただろう。そして、南岸を通過する低気圧による雪の日は、これまでの経験上、気温は終日0度ぐらい。放射冷却がないので岩はそれほど冷たくない。風はなく、湿度が高いので寒く感じないのだ。予感は的中した。まったくその通りだった。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
悪魔とこのルートぐらいしか、アップに使えるルートはない。

(2) ワーカーホーリック(10b)、再登
他にアップルートもないので、もう一度登った。

(3) 穴のムジナ(12c)、×、第1核心フォール
今日は昼から暖かくなるわけでもなし、アップが終わって一息ついてトライする。あっ、体が軽い。と思ったのもつかの間、第1核心で力を入れなかったのか落ちてしまった。

(4) 穴のムジナ(12c)、RP
1時間後に2トライ目を出す。うっすらと曇り空から太陽の光が見えた。晴れているわけではないが、明るくなった。雪のせいもあるのだろう。雰囲気は悪くない。先便で感じたが、今日は何故か体が軽い。登れちゃったりして。少し邪心がよぎってしまった。焼石をあっちっちに焼いて、靴はいて出発前に十分に指を温めてからスタート。足の感覚がないので、一度左足を抜いて足指の入り方を直して履き直した。第1核心は勢いで左手ガストン取れた。いつもだとこの後の足上げと4p目クリップホールドへの一手で力が入ってしまい疲れるのだが、今日は軽くいけた。第2核心手前で右手と左手を焼石で短時間で温めた。3秒ほどだが、指が熱いと感じるぐらい握りしめた。第2核心もリズミカルにこなせた。第3核心手前のクリップガバホールドへ、これまでになく元気に到着することができた。両指を焼石で温めること5回ぐらいづつ。そして第3核心は先週戻した、ど正対ムーブで。左手クロス、がっつり握れた。右手マッチでこのルートで一番小さいカチホールド。次のピンチ持ちホールドは遠く感じる。せーので左手出す。止まった!だが浅持ちだ008.gif。だけど、もう持ち直せない。右足寄せて左足上げて、そして右足をいつもの滑りそうなでっぱりに載せるが、左手浅持ちなために腰が落ちている。一か八かで右手を出したら、指が引っ掛かった。抜けそうなのを堪えながら、本来のムーブなら、終了点ホールドを左手で掴むのだが、体勢が崩れていて届かない。ホールドをあわてて探した。あった。なんとか体勢を整えて終了点ホールドを掴んで、終了点にクリップした。「ダァー!」雪の二子に思いっきり叫んだ。

(5) 任侠道(12d)、ムーブ探り
前回のムーブ探りで全然わからなくなっていた2-3p間の左足フットホールドを確認した。5pからの核心の入りのムーブを探った。6-7p間のムーブをインチキして次のピンにロープをかけて探った。いや、このルート?遂に、このルートをトライしなければならないのか?

今日は林道入れないだろうなぁと思っていたのですが、林道マニアが入っていてくれてました。ラッキーでした。それでも十分にリスクがあるのですが、そのリスクを冒した甲斐がありました。まさか、こんな日に登れるなんて。「穴のムジナ」は3シーズン前に、丸ワンシーズントライして遂に登れなかったルートです。再びトライしようか散々迷いました。シーズン始まる前に、雨で他の岩場で登れない日に二子へ来て、穴ムジを久々に触ってみました。もしかして、今シーズンは登れるかもと感じて、期待しました。そして、12月クリスマス寒波から二子今シーズンを始め、再度、この穴ムズのトライを開始しました。だけど、簡単には行きませんでした。ムーブは、3シーズン前のムーブから、第1核心と第3核心の2つフットホールドを変えただけでした。一度は前のムーブに戻したのですが先週、再び、今年のムーブに変更しました。今日は、こんな天候で岩も冷たかったのですが、何故か体が軽く、焼石を沢山握る余裕がありました。再挑戦してよかったです。3シーズンで少しだけ強くなった自分を感じることができました。一度挫折したルートを再挑戦し、そして登ることができて、はっきり言って「おいしいよ」を登れた時よりうれしいです。

〇 今日の二子
・去年までは雪が降っていても、みな結構やってきていたのですが、今年は雪が降るとこないのですね。
・晴天続きで、寒いのと乾燥して手がツルツルなこと以外は、すばらしいコンディションが続いていましたが、今回の大雪で今後どうなるか心配ですね。
b0037220_23324012.jpg


〇 穴のムジナ(12c)
・3つの核心があります。3つのムーブしかありません。
・普通のリーチなら、第1核心が一番難しいのですが、私は第3核心が狭っ苦しく。よれて苦手なムーブをこなさなくてはならない第3核心が苦手でした。3シーズン前もついに、この第3核心を超えられなかったのです。
・小さい人は第1核心、リーチのある人は第3核心が鬼門になると思います。
・そこだけリハーサルしても、第1核心は2回に1回は失敗する感じ。第2核心は4回に1回は失敗、第3核心は3回に1回ぐらい失敗する感じです。
・チーウォールボルダーグレードで表現すると、3級、4級、3-4級の核心ムーブといった感じでした。
・ルートとしては、異色でおもしろいルートだと思います。
b0037220_0354665.jpg


〇 ラッセル
・2年前の大雪よりは少ないですが、40cmぐらい積もっているような気がします。
・冬山みたいで、むしろ楽しいです。なんか、冬山やっていたころの感覚が少しして、とても懐かしい感じがしました。
b0037220_2333149.jpg


〇 林道
・帰りは道が広くなっていました003.gif。昼間に林道マニアが5台ぐらいは通ってくれたようです。帰りは心配なく戻れました。
・今晩も下の方はみぞれ、雨でしたが、二子は結構な雪でしょう。林道入れるか、来週も心配です。
b0037220_23333949.jpg


〇 駐車場
・車をUターンさせるのが大変でした。
b0037220_2334778.jpg


〇 ホワイト餃子
・帰りは、成果が出るまで食べるまいと誓ったホワイト餃子へ行ってきました。おいしいです。
b0037220_23342762.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-01-21 23:43 | 二子山'11-'12 | Comments(26)

2012年1月14日、二子山

「登れない穴ムズ、ムーブを戻す!」

寒そうな天気予報だった。弓状に到着した時の温度はマイナス4度だった。午前中は岩が冷えていたが、終日、雲もなく晴れていて、風もそれほどなかった。1便目は岩が冷たかったが、2便目と3便目はRPのチャンスがあるぐらいの温度まで上がってくれたのだが...

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登

(4) 穴のムジナ(12c)、×、第3核心でフォール
12時半過ぎまで待ったが、まだ岩は冷たかった。第2核心の左手ガストンから取る右手アンダーガバ?を持つ手が冷たくて、岩がスベスベで持っている感覚がなかった。落ちるかと思った。ランナウトしていてここで落ちたくない。フルパワーで耐えた。岩が冷たかったせいか?第3核心手前でかなりよれてしまっていた。第3核心ムーブへ入るが、指先にツルツル感があって、右手アンダーはいまひとつ浅持ちになってしまった。右足が滑ってフォール。腰が落ち気味のまま、バックステップ動作に入ってしまったのかもしれない。腰が下がっていると右手アンダー浅持ちになってしまうのだろう。

(5) 穴のムジナ(12c)、×、第3核心でフォール
15時半に2トライ目を出す。先便より余裕で第3核心手前に到着。今度こそと第3核心へ入るが、今度も腰が入りきる前バックステップ動作へ入ってしまった。全然ダメ。うーん。先日はこのムーブで左手クロスでガバ四角ホールドとれたのだが。第3核心だけリハーサルしてみるが失敗005.gif。やはり、このムーブは体の持って行き方が複雑で微妙。難しい。前のムーブでリハーサルしてみる。左足スメアで正対で上半身だけ捻る前のムーブの方がよいような気がしてきた。バックステップムーブは3シーズン前に登れなかったムーブだ。ムーブを戻すことを決意した。

(6) 穴のムジナ(12c)、×、第3核心でフォール
戻したムーブでトライしたくて、第3核心まで到達できないかもしれないけど、16時過ぎに、もう一便出すことにした。日没と同時にスタート。登れなくて元々の開き直りがよかったのかもしれない。動きが元気いい。第1核心と第2核心を超える。そして、第3核心を戻したムーブで!左手クロスはガバ四角ホールドを捉えたが勢いが少し弱かった。浅持ちは耐えられずフォール。残念。

うーん、穴ムズ登れません。普通のリーチなら第1核心が一番難しいのですが、リーチのある私は第3核心のサイズが合わなくて一番難しくなってしまっています。第3核心手前に余力がないのが一番の要因なのですが、第3核心のムーブを戻しました。もうムーブに迷わずにトライしたいと思います。それと失敗を恐れている嫌々便が一番いけないのでしょう。次回は失敗を恐れずノビノビと元気にトライしたいです。

〇 今日の弓状
・正月前後の空き空きの弓状から、普通の1月の越冬人数に戻りました。30人ぐらいです。
・M代っちのおいしいよは、今日は2便ともピンチ止めていましたが、6p目クリップまでは到達できず。それでも気持ちだけ前進したようです。問題点も見つけたようです。
・写真の遠くに見えるのはSVP(12b)を探っているJILL師匠です。
b0037220_2332663.jpg


〇 穴ムズの第1核心のIK田さん
・Ik田さんのリーチで穴ムズ登れたら凄い。頑張りましょう。
b0037220_23324131.jpg


〇 秩父市パリー食堂
・マンネリ化している二子帰りの晩御飯ですが、インターネットで調べて行ってみました。
・超...超...昔からの定食屋さんでした。野菜炒めは、味の素たくさんの期待通りの味でした。餃子は焼き方がうまい。合格点でした。味噌汁もうまい。唐揚げは肉が淡白過ぎかも。
・くいしん坊!万才の梅宮辰夫と山下真司がここで食べている写真が飾ってありました。
・九時ごろまで営業。
b0037220_23332267.jpg


〇 ストーブに猫
・レトロなストーブが置いてありました。人馴れしたネコがこちらをジッと見ながらストーブに当たっていました。
b0037220_23334955.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-01-14 23:34 | 二子山'11-'12 | Comments(4)

2012年1月9日、二子山

中一日で再び二子山へ向かう。疲労は十分に回復しないし、指穴もふさがらず。雲が多そうな予報だったが、終日晴れ。しかも、6度まで上がる。1月とは思えない暖かい日だった。今シーズン二子へ来た日で一番暖かかった気がする。

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登

(4) 穴のムジナ(12c)、×、第3核心でフォール
12時半に一便目を出す。第1核心は右手しっくりこなかったが、何とかこなせた。問題の右手マッチからの足上げは、右足の踵を少し壁に垂直にしてから。うまくいった。第2核心は、左手ガストン取りの左足をインサイドエッジではなくアウトサイドエッジにすれば、右足上げが窮屈にならないだろう。当たりだった。そして第3核心は、一昨日修正した左足捻ってバックステップして左手クロス出し。ついに止まった! が、オーマイガー! 握りが浅かった002.gif。体を返しているうちに抜けてきてしまった。持ち方失敗したままで返せるほど甘くはなかった。

(5) 穴のムジナ(12c)、×、第1核心でフォール
足位置がおかしい気がして、思い切って左手出せなかった。

(6) 穴のムジナ(12c)、×、第2核心でフォール
次のI田さんが、すぐにやり直したらとトライを待ってくれた。ロープ抜いて、再度トライ。今度は第1核心は通過。だが、苦しい。第2核心は力入らずフォール。やはり第1核心ムーブのダメージは大きいようだ。すぐにやり直しても無駄ということがわかった。

(7) 穴のムジナ(12c)、×、第1核心でフォール
オーミー氏が早く降りてきてくれて、日没後にもう一便出させてもらったのだが、第1核心左手ガストンは止めたが、左足が切れてしまった。時間を譲ってもらったのに、ふがいない結果ですいません070.gif

今日は絶好のRPチャンスだったのに、完登できませんでした。しかし、ムーブ修正2ヶ所で、初めて第3核心の左手クロスが止まりました。だけど持ち損ねてしまいました。ホールド持ち損ねて登れるほど甘くありませんでした。やはり暖かいと到達距離が伸びるのでしょうか? 次回の暖かい日はいつでしょう。えっ2月?とりあえず溜り始めた疲れを取り、指の穴をふさぎたいです。次回も頑張ります。

〇 今日の弓状
・朔太郎氏がついに「即身仏(13c)」をRPしていました。おめでとうございます。
・M代っちのおいしいよは少し停滞。5-6p間、一か所ムーブ確認はできたようです。
・病み上がっていないてっちゃんは朦朧としながら唐獅子トライしていました。
・I田さんの激しい穴ムズトライは続く。
・オーミー氏への「おいしいよ」コンサルティングサービス。今日もワンムーブ伝授した。一度に沢山教えないのがこのビジネスのコツだ041.gif
・写真は、「任侠道(12d)」をトライする軽量速筋系のスズちゃん。
b0037220_2373934.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-01-09 23:07 | 二子山'11-'12 | Comments(6)

2012年1月7日、二子山

小寒。朝は冷え込んだ。いつも下吉田のコンビニに寄るのだが、ここは寒い。マイナス6度だった。なぜか、下吉田は極寒のコールドスポットなのだ。弓上に到着するとマイナス3度だった。岩も午前中はとても冷たく。今シーズンで一番辛いアップだった。ただ、風が比較的弱く、午後からは完登できてもおかしくないぐらいのコンディションだった(微妙な表現)。

(1) 高く登れ(10b)、再登
足先が冷たくて感覚がなかった。岩も冷たい。

(2) バイパス(10a)、再登
ここは風が強い。足先の感覚がまだ戻らない。寒い。

(3) ワーカーホーリック(10b)、再登
このころから日が当たりだし、我慢できるぐらいの寒さになっていた。

(4) 穴のムジナ(12c)、×、第3核心でフォール
まだ、岩が冷たそうだが、13時ちょっと前に嫌々トライ便をだす。第1核心は右手穴しっくりこなかったが、そのままムーブをこなす。右手マッチで超スローモーション状態になりながら足を上げて第2核心手前へ到達できた。第2核心は右足が何だか上げ辛く、何度も置き直した。落ちそうだった。手が冷たくて、ホールドがツルツルスベスベに感じる。やばいとフルパワーが入ってしまった。落ちずに第3核心手前に到着するが、右手が冷たくて感覚がない。それに張っている。第3核心は左手クロスはホールド掴んみかけたが、指だけ切って落とされた。出血007.gif

(5) 穴のムジナ(12c)、×、第3核心でフォール
全便で岩が冷たいのに頑張りすぎてしまったか、前腕がなかなか回復しない。ムーブ探り中のI田さんに先に出してもらった。15時半に2便目を出す。第3核心手前で、前便よりは、ほんのちょっとだけ余裕を残せたが、50歩100歩。よれていて、「うっ!」という最後の力を出せなかった。左手クロスはホールド保持できずフォール。

第1核心と第2核心で力を使い過ぎている。第2核心がギリギリになってしまい、第3核心に到達した時点で、最後のムーブをこなせる余力が残っていない。要は第3核心到着時にいかに余力が残っているかなのだが、第3核心のムーブを変えることにした。今シーズンは左足スメア気味で右足はフジ壺ホールドで正対で左手クロス出しだったのだが、左足を一つ上のかかりのよいフットホールドへ戻して、バックステップへ捻りながら、左手クロス出しへ変更してみようと思う。余力があれば、どちらのムーブでもできるのだが。帰りの車でよ~く考えた末、バックステップ捻りの方が大きな力は使わない(弱い力になる分、少し長い時間力を入れることになる)だろう。これなら、少しよれていても、できるのではないかと期待したい。そうそう、その肝心な第1核心は右手マッチしてから少し右足に重心を移してから左足を上げれば少し楽に足上げできるのではないだろうか。めげずに次回も頑張ります。

〇 今日の弓状
・新潟から多勢の学生さん達がやって来ていて、にぎやかでした。
・N礼さんがSVP(12b)をRP。おめでとうございます。
・穴ムズが大人気?I田さんにダンゴ姉ぇ。合計3人もトライしていました。
・M代っちのおいしいよは、今日も2回ともピンチを止めていました。これは本物?のようです。残念ながらロープに足がからみそうになり、ビビッてフォール。6p目クリップの穴ホールドはとれませんでした。
・写真は穴ムズをトライするダンゴ姉ぇ。
b0037220_2332427.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-01-07 23:32 | 二子山'11-'12 | Comments(4)

2012年1月4日、二子山

山の方は午後から荒れる天気予報だった。朝の気温は多少下がっていたが、風がなく、午前中はお日様ものぞいていて、このままいけば、いいトライ日になりそうな感じだった。しかし、天気予報は当たっていた。昼過ぎあたりから、雲がわきだし、雪もたまにチラチラ。2時をピークにどんどん気温が下がっていきました。下山の時は猛吹雪になっていました。

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登

(3) 穴のムジナ(12c)、ヌンチャク掛け
ちょっと、アンダーガバの裏側が冷たいぞ008.gif

(4) 穴のムジナ(12c)、第1核心でフォール
午後から天気が崩れるということで、少し焦っていた。第1核心は右手穴はしっくりこない、なんとか左手クロスは止めたが、少し体勢を崩されていたか。右手マッチして左足を上げようとしたところで、右足がはずれてしまった。足ブラで何とかしようとしたが、右手スッポ抜けてフォール。

(5) 穴のムジナ(12c)、第1核心でフォール
雪雲が流れ始めていた。集中力がなかったのだろうか。第1核心、今度も右手穴はしっくりこなかった。左手クロスはガストン掴むが止められなかった。うーん。

(6) 穴のムジナ(12c)、第2核心フォール
今度はしっくり右手穴を保持して左手クロスが決まる。右手マッチして、左足を上げようとしたところで、力が入りすぎて右足が浮いてしまった。なんとか、左足右足と上げて、第2核心手前のクリップへ。ところが右足がロープの内側へ入ってしまった。ここは落ち着いて、クリップして素早く右足をロープが抜いた。だけど、これでリズムが狂ってしまったか? 第2核心は左手もしっくりこない。右足もしっくりこない。もちろんフォール。今日はダメだ。

(7) 任侠道(12d)、ムーブ探り
気温は急激に下がってきた。穴ムズをトライする集中力が切れてしまったので、今日は誰も取りついていなかった任侠を触ってみた。2-3p間は全然フットホールド覚えていません。3-4p間は何となく思い出す。5p目からの核心の入りは昨シーズンもできていない。核心ムーブは、もう手が張ってしまっていて、全然できませんでした。

先日、いい感じだったので、気負ってしまった? 調子は悪くなかったのですが、とにかく、ズッコケました。気持ちの持ち方に問題があるように感じます。穴ムズはいやらしいルートです。12aの核心ムーブだけが連続3回あるような感じです。失敗しないようにすると、動きが小さくなり、益々失敗してしまいます。気負い過ぎると、手に力が入りすぎて、足が切れてしまったり。どうすれば、無心で集中してトライできるのでしょうか。後退してしまうのは気持ち的に何とも辛いです。早く終わらせてしまいたいという気持ちが一番いけないのでしょう。頭をリセットして無心でトライ。次回は邪心抜きでがんばります(予定039.gif)。

〇 今日の二子山
・ダメダメな私とは正反対にいい登りをしていたのはM代っちでした。「おいしいよ(12c)」一便目から、ぶっつけ本番で修正ムーブをこなし、いい動きでピンチを0.01秒保持027.gif。その次の便ではついに下から繋いでピンチをとめていました005.gif。ヘビー系はここからが勝負だ。だけど、下からピンチを止められる力があれば、絶体に登れるはずだ。ガンバだ!
・今日は薬師の湯は早閉まり。星音の湯は今日は混んでいないかもしれないけど、一昨日に嫌な思いをしたので行きたくない。ふと、今日なら小鹿荘入れてくれるかも? 当たりでした。いいお湯でした。
・20時ごろ、299号を通過したのですが、大変なことになっていました。ところどころアイスリンク化していて、いたるところでクラッシュした車や動けなくなった車が何台もありました。
・正丸トンネル超えて、もう大丈夫かなぁというところの吾野あたりのバンクのある大きなカーブ。気温は一度ぐらいだったのですが、川からの風あたりが強いのかそこだけ、ツリツリでした。軽がスピンして歩道に乗り上げ動けなくなっていました。数台が止まっていて、ゆっくり対向車線を通って抜けているうちに、対向車がやってきました。止まってくれたのですが、その車へ次々と後続車がスリップして何台も追突していました。ガチャガチャと何度も凄い音がしていました。299号は怖いです。
・写真はペトをトライするJILL師匠。
b0037220_22314374.jpg


〇 穴ムズの第1核心へ入る私
・今日はこの右手穴がしっくりきませんでした。体が壁から少し離れていたのでしょうか?体幹が疲れていたから?持ち直す際に左を向いてみますかね。
・撮影はよねひこさん。写真撮影とご送付ありがとうございました。
b0037220_13392117.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-01-04 22:45 | 二子山'11-'12 | Comments(6)

2012年1月2日、登初め、二子山

前線が日本海を昼ごろ通過。昼から冬型の気圧配置になっていくが、午後からは晴れる予報だった。しかし、それは小鹿野の予報だった。山の天気は違った。暖かくなると期待していたのだが午後からは雪が降り出す始末だった。寒くて寒くてトライ便をなかなか出す気になれず、嫌々トライするみたいな。寒いって辛いです。今年のクライミングも厳しい初日から始まりました。

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登

(3) 穴のムジナ(12c)、ヌンチャク掛け
第1核心はパスして、第2核心はこなさないとヌンチャク掛けできない。第3核心もリハーサルしておいた。相変わらず第2核心は股のあたりがスースーする。

(4) 穴のムジナ(12c)、第3核心フォール、ワンテン
寒くてなかなか出せず、晴れ間を待っていたのだが、晴れるどころか雪が降り始めてしまった。嫌々トライ便を出す。第1核心は通過。第2核心も通過。岩が冷たくて力が入り過ぎたか。指がしびれるような感覚がするが、焼け石で温める。ちょっと前腕が張り気味か?第3核心へ突入するが、うっと力を入れられず、取る気なしのフォール。

(5) 穴のムジナ(12c)、第3核心フォール
一瞬太陽が出たと思ったらすぐに隠れて、また雪が降り出す。3時を回ってしまった。またまた嫌々トライ便を出す。今度も第1核心通過。第2核心はもち損ねかけたがなんと通過。第3核心は手前で5回ほど交互にシェーク。右手を焼け石で丹念に温めるがしびれ気味だ。そして第3核心へ突入する。右足がなかなか決まらなかったが、なんとかホールドに乗せて。最初から声を出そうと思っていた。「うっ!」左手クロス止まった!体返そうとする前に右足が滑ってしまった002.gif。ホールド掴んでた左手の人差し指を思いっきり切ってしまった。

寒くて寒くて、嫌々トライ便をだした割には、少しだけ進展がありました。徐々に力を入れるポイントとかで力を入れられるようになってきました。力抜くポイントでは全然力抜けませんけど。いよいよ、本格的な厳冬期に入ってしまったようですが、めげずに次回も穴ムズがんばります。

〇 今日の二子山
・この寒いのに遠征組の方々からはRP続出してました。火の鳥に振り返るなは二名。振り返るな1名は裸族で登っていました005.gif。信じられん。種族が違う?
・薬師の湯は正月休みだったので、星音の湯によってみました。予想を上回る激混みでした。
b0037220_2320188.jpg


きん
by Climber-Kin | 2012-01-02 23:59 | 二子山'11-'12 | Comments(6)

2011年12月29日、二子山、登納め

少し寒さが緩んだ。アップを済ませた時点で0度になっていた。朝のうちは放射冷却で岩はとても冷たかったのだが、午後からは岩が冷たいから登れないと言い訳できないような、この時期にしてはとてもましな日でした。もうこんな日は二月まで待たないと来ないのではないだろうか。そして、今日は今年最後の登りでした。寒さが緩むというし、あわよくばと邪心の固まりとなって二子へ向かったのでした。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
先週、異常に登り辛かったのは、寒さのせいだったのか。
(2) 高く登れ(10b)、再登
(3) バイパス(10a)、再登

(4) 穴のムジナ(12c)、ヌンチャク掛け
先週、ミッキーがRPしたので、今日はヌンチャク掛け。

(5) 穴のムジナ(12c)、第3核心でフォール、ワンテン
先週にフットホールドとイメージを修正した第1核心は一発で決まる。第2核心もなんとかこなした。第3核心手前で前腕の張りを感じた。息を整えて、焼石で指を温めて第3核心へ突入する。右手アンダー、左足上げて、右足上げて、ドリャーと言う前に左足が滑って落ちた。うーん。躊躇せずに、セーノで左手出せばよかった。タメ作って、勢いよく左手出せば、左足は滑らないのだろう。左足蹴るぐらいの勢いで左手クロス出さないと届かないのだから。下から繋いで、いざという場面でどうしても、うっと言う力を出せない。ここが勝負強い人との違いなのではないだろうか。自分が情けない。

(6) 穴のムジナ(12c)、第1核心でフォール
左足決めるのにまごついた。少しが腰が下がったまま左手クロス出しは少し下側だったか?右手を添えようする前に右手が穴からスッポ抜けた。

(7) 穴のムジナ(12c)、第2核心でフォール
20分後にもうワントライした。今度は第1核心を成功させたが、うっよれてる。第2核心手前のクリップもちょっとまごついて、焼石握ろうと右手をチョークバックへ入れようとしたら、チョークバックをはずしてしまった。意図的にちょっとベルトを緩めて下目にチョークバックを下げていたのだった。第2核心はなかなか右足が決まらず、左手ガストンの持ちが浅かった。フォール。

穴ムズ、難しいです。だけど、第1核心のコツは掴めたかもしれません。それと第3核心まで到達できました。先週より前進はしました。だけど、3年前と同じで狭っ苦しい第3核心は、やはり私には鬼門です。今日は任侠ライン比較的空いてました。うーん。だけど、穴ムズにはケリを付けておきたい。逆にケリをつけられるかも? これからの1ヶ月は寒くてなかなか厳しそうです。それなら任侠のムーブ探りをした方がよいかも。悩ましいまま、年を越すのでありました。とりあえず、一年間大きな怪我もせず無事終了しました。よかったよかった。

〇 今日の二子
・火の鳥でRPが出ていました。あまり寒くなかったわりには完登があまり出ませんでした。みなさん邪心に満ちてしまったのでしょう(笑)。
・写真は「おいしいよ(12c)」をさぐるヨネヒコ氏。楽しそうでした。
b0037220_0241985.jpg


〇 ペトをトライするJILL師匠
・強い登りでレストもせずに終了点のコルネの一番下を何度も掴んでいるのに。惜しいトライが続きます。
b0037220_23461097.jpg


〇 今年のシメは?
・RPではなくホワイト餃子でした。
b0037220_23472640.jpg


きん
by Climber-Kin | 2011-12-29 23:44 | 二子山'11-'12 | Comments(6)

2011年12月23-24日、二子山

今週から、寒い太刀岡山から逃げてきて二子へ向かったのですが、クリスマス寒波になってしまいました。それでも、いるだけで疲れてしまう先週までの太刀岡よりはまだましだったのですが、二子は二子で今週から成果がでない暗黒の厳冬期シーズンに入ってしまったようです。それでも強い人は登れてしまうのですけど。金曜日は太陽は出ていましたが風が冷たかった。土曜日は午前中は力強い太陽が出ていて今日は岩が温かくなるのではと期待したのですが午後から雲が太陽をずっと隠し続けてしまい、気温も下がる一方でした。日の当たらぬ、気温1度の中でのクライミングになってしまいました。寒002.gif

◇23日(金)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
岩の冷たさよりもホールドのツルツル感と違和感でなんだか登りづらかった。

(2) バイパス(10a)、再登
出だしの割れたホールドがはずされていた。出だしは少し登り辛くなった。

(3) 穴のムジナ(12c)、ムーブ思い出し便
久々なので岩が冷たいうちにリハーサル便を出す。自分的にはもうムーブは固まっているのだが、下から繋げると第1核心が全然できません。

(4) (5) 穴のムジナ(12c)、×××
下から繋ぐと第1核心が止まらない。第1核心手前からだと第3核心のクロスまで行けるのだが。2トライ目は第1核心、左手クロス出しムーブへ入ることができたのだが、左手空振り。足さばきに一生懸命でホールド位置を見失っていた005.gif

◇24日(土)
日は当たっているのだが気温はなかなか上がらない。ノースの前は午前中から陽だまりになっていて暖かいのだが、ホールドはまだまだ冷たいようだ。今日は二便だけだそうと思ってのんびりしてたら雲が出てきてしまった。結局午後は岩が温まることもなく気温も上がらず。まさに水風呂に入っているような感じだった。

(5) 高く登れ(10b)、再登
(6) バイパス(10a)、再登
(7) ワーカーホーリック(10b)、再登

(8) 穴のムジナ(12c)、第1核心フットホールド変更
やはり第1核心で落とされる。右足を所定の場所に置くのがとても難しい。右足をスメアで左手クロス出しをするムーブでトライしているのだが、その右足を置くのがとても微妙で難しい。みながやっている、その上のホールドでリハーサルする。こちらの方が狭くなり右手で引く力が余分にいるのだが、変えてみるかな。リハーサル成功。少し下してもらって、3手手前からリハーサル成功した。

(9) 穴のムジナ(12c)、××、第2核心でフォール
気温は0.5度に下がったようだ。日も陰ったまま。嘆いていても仕方がない。淡々とトライするしかあるまい。焼石を十分に熱くして、指を温めてからスタートした。先便で変更した右足で核心ムーブへ入る。左手クロスが止まった!右手マッチしてスローモーションで左足スメアに右足上げて、さらに左足掻き込みで第2核心手前のクリップホールドを取る。うっよれてる。ここでレストすると体幹がさらによれる。すぐに出発した方がよかったかも。第2核心はフットホールドしっくりこないまま、左手ガストン取って、右足所定の場所に載せて。腰が壁から離れていた。右手届かず。

寒い二日間でした。例年だと正月前後までは、ここまで冷えなかったのですが今年はちょっと一足早く厳冬期へ突入のようです。越冬組以外はもう来ないでしょう。私の穴ムジはようやく第1核心止まりましたが、すぐに第2核心で落とされました。任侠を横目で見ながら、もう少し穴ムジトライしてみるつもりです。絶望的な寒さになって、RPトライの人が減ってから任侠のムーブ探りかなぁと思っています。以前トライしていた時よりは強くなっていると信じて、今シーズンは登れるかもと期待をしているのですが、穴ムズは難しいです。三つのムーブしかないのですが、今のチーウォールのグレードで言うと第1核心が一番難しく3級。デカい私は超狭苦しいです。順に4級、3-4級ぐらいの感じです。第3核心は自分にとっては持久力的な要素が入ってしまって、繋げていくととても難しく感じます。年末もまたまた天気予報が芳しくありませんね。今年は夏も冬も条件が厳しいですね。

〇今週の二子
・この寒いのに、イッチーが「よーこそチーウォール(13a)」をRP。よねひこさんが強い登りで「ぺトルーシュカ(12b)」をRP。エンさんが「SVP(12b)」をRPしていました。おめでとうございます。強い人達はどんなに寒くても登れます。M代っちのおいしいよは、何かつかんだようです。最後は穴ムジ触って、3本目の12cのお触りと喜んでいました。
・オーミー氏に、「おいしいよ」コンサルティング。高いよ。インボイス送ります。
b0037220_0145672.jpg


きん
by Climber-Kin | 2011-12-24 23:49 | 二子山'11-'12 | Comments(10)

2011年11月19日、雨、紅葉の二子山

土日とも雨の予報から土曜大雨で日曜晴れの予報に変わっていた。日曜日に太刀岡山へ変更するかなとも迷ったが、このパターンのコンディションはどうかなーと確実に登れそうな土曜に二子にした。1ヶ月ぶり、今シーズン2度目の二子はやはり雨でしたが、終わりかけた紅葉を少し楽しむことができました。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
新しいドラゴンレースを慣らすためにおろしてみた。何だか登りにくいぞ。石灰岩への違和感と新しいシューズへの違和感とダブルだからか。

(2) 高く登れ(10b)、再登
同じ10bでも、こちらのルートは登りやすい。

(3) バイパス(10a)、再登
出だしのガバホールドが動いていて落ちそうだ。テーピングで×ってんしてある。このホールド使わないとなると結構出だしが難しくなる。無理やりムーブで落ちそうになった。

(4) 穴のムジナ(12c)、ムーブ探り
穴ムジにヌンチャクが掛かっている。このキワモノ?ルートに残置ヌンチャクする奇特な人は誰だろう? ミッキーだった。ヌンチャク掛け便をださなくて済む。ありがたい。で、早々にムーブ探り便を出す。第3核心はムーブ改良できたのだが、第1核心ムーブがまだ思い出されてこないのだ。第1核心が難しい。3シーズン前は何十回もこなしていたのに、おかしい。指がよれてきてしまったので、第1核心ムーブが終わったところから上部を繋いでみる。第3核心で落とされた。

(5) 穴のムジナ(12c)、ムーブ探り
とりあえず、下から繋げてみたのだが、第1核心で落ちてしまった。右手持ちづらくて力が入らない。少し右手穴を触っていた。そうか、持ち方が違っていたのか。少し下からリハーサルしてみた。できた004.gif。なるほど。

(6) 穴のムジナ(12c)、××、ツーテン
下から繋いでみる。第一核心止まるとおもったのだが、少し腰が壁から離れていた。もう少し左足で立ってから、右足左足バックステップか。それと、ここは「うっ!」と力を入れないといけない。第1核心少し下からリハーサルしてみた。第1核心は一発でできた。さらにムーブを繋げてみた。第2核心は左手抜けそうだったが何とかこなせて、第3核心手前のレストは前腕張っていなかった。第3核心もこなせるかもとムーブを起こしたら左足が滑って落ちてしまった007.gif

(7) 穴のムジナ(12c)、×××
4便目は指と体幹が終わっていた。

登れることは登れるのだが、時たまガスに覆われたりと、コンディションはいまひとつだった。しかし、そんな言い訳がましいことが通じないような、みごとな完登がいくつもあった。強い人は登れるのだ。そして、今シーズンの二子ですが、まだまだ通い始めるわけではないのですが、太刀岡山が雨でNGな日に、まめに二子へ行っては、12月一杯までは穴ムジをトライしてみようと思っています。寒くなってRPトライ者が減る1月を任侠道のムーブ練習にあてたいと思っています。その穴ムジですが、前回と今回の触りで、第3核心の左足フットホールド変更で、もしかしたら今年は登れるかもしれないという淡い期待を少し持ちだしたのでした。ただの妄想かもしれません。

〇 今日の二子山
・紅葉のピークは少し過ぎたか。晴れていればハイカーがたくさんきたのでしょう。
・雨になると二子へやってくるパーティが何組も来ていました。
・カランバのA山さんのお連れの方がペトをRP。ポップS木さんがSVPをRPしていました。おめでとうございます。
・M代っちのおいしいよは、指が故障中なのに、今シーズン初トライでいきなり初のワンテンに持ち込んでいました。前進です。ガンバ!
b0037220_23541746.jpg


〇 唐獅子核心の一手のぜ兄ぃだぜ!
・何故か赤いTシャツを着たぜ兄ぃが三人登ってるぜ037.gif
・写真は、唐獅子の核心のぜ兄ぃだが、いい感じでタメ作ってるぜ。
b0037220_2353449.jpg

・体が少し壁から離れたか。ぜ兄ぃ、参考にしてくれ。って、ブログ見てねぇか。
b0037220_11321365.jpg


〇禁断のホワイト餃子
・ホワイト餃子、はながさ日高店。8ヶ月ぶりに行ってしまいました。
・お店の近所に住んでいるイッチーが興味を持っていました。
・うまい。これで太っても本望。明日からダイエット再開だ!説得力なーい。
b0037220_2352961.jpg


きん
by Climber-Kin | 2011-11-20 00:00 | 二子山'11-'12 | Comments(10)

2011年10月15日、雨、二子山

土曜日雨の天気になってしまった。日曜日にカリスマトライ中のM下さんにビレイお願いして太刀岡という案もあったが、いろいろ考えて、やはり予定通り土曜日にした。そして、多分大丈夫だろうと、最近乾いてきたという二子山弓状へ行ってみることにした。朝から本降りだったが、こんな時は日曜日よりむしろ土曜日の方がよいだろう。弓状に到着すると噂通りとはいかないまでも、ところどころ染み出しはあるがなんとか登れそうなルートも多い。しかし、朝の雨と昼間のガス、湿度が高いせいだろう。午後からは穴ホールドは濡れ始め、少し染みだしてきた。岩がどんどん黒くなってきていた。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
暖かいと、とても簡単に感じる。このルート、やはり10bなのだろうか。

(2) 穴のムジナ(12c)、ヌンチャク掛け
任侠は濡れていて、ヌンチャク掛けには勇気がいる。一番状態のよさそうな穴ムジを触ることにした。

(3) 穴のムジナ(12c)、ムーブ思い出し
第1核心ムーブ自体はすぐにできたのだが、核心への入り方が?だった。第2核心は相変わらずバランスがいやらしい。第3核心はやっぱり狭~い。うーん。第3核心は何か変えないと、このルートやっぱり登れる気がしないなぁ。

(4) 穴のムジナ(12c)、×、ムーブ修正
出だしでいきなりアクシデント。一手目濡れていることを知らずにスタートしたら、すっぽ抜けてしまって、グランドフォール。いろいろなところに傷を作ってしまった。左足カカトを少し痛めた007.gif。気を取り直して再スタート。だが、第1核心ムーブの体勢にも入れず。リハーサルして、そのまま第2核心と第3核心を繋いでみたが、やっぱり、第3核心は繋いできて成功できる可能性を感じない。散々考えて、左足10cm下でスメア気味にしてリハーサルしてみたのだが、これが正解かもしれない。

(5) 穴のムジナ(12c)、×
第1核心の右手穴ホールドが濡れていてスッポぬけてしまった。第2核心と第3核心を修正したフットホールドで繋いでみた。でけた017.gif

8ヶ月ぶりの石灰岩は、フットホールドがよく滑ります。湿度が高かったせいか、ホールドは粘土のような感触でしたが、久々の石灰岩を楽しみました。やっぱり、石灰岩って被っていて厳しいですが面白いです。そして、久々にトライしてみた穴ムジですが、こいつも相変わらず難しいです。まだ、二子に通うわけではありません。今日は登れそうな岩場が二子しかなかったからです。成行き次第ですが、今シーズンは12月中ぐらいからでしょうか。

〇 今日の弓状
・oh!no!さん&k藤先生ペア、イッチー&U子ちゃんペア、昨年も、この時期いらしていた相模ナンバーのお二人、N森?さんだっけなぁ?そして我々の4パーティ8人の静かな二子でした。
・ペトは下部が濡れているがトライはできそうでした。穴ムジ、トライ可能です。おいしいよ、3-4p間の穴ホールドは濡れているのと5p目クリップの足が滑りそうな感じ。SVPとホテル二子は登れそうです。任侠は核心より上は乾いているのですが前半の状態はいまひとつです。唐獅子は厳しいかなぁ。ノースはなんとか登れそうですが、二子フリークあたりは濡れています。愛藍、オーララーOK。二段岸壁はOKという感じでした。
・ただし、この日の雨で明日以降どうなるかわかりません。二子を知っている人はわかると思いますが、岩が黒いです。所謂、染み出しリーチ状態です。
・写真は、穴ムジで遊ぶoh!no!さん。
b0037220_013242.jpg


きん
by Climber-Kin | 2011-10-16 00:04 | 二子山'11-'12 | Comments(9)