タグ:金メダル ( 1 ) タグの人気記事

2013年5月3-6日、小川山(GW後半)

GW後半も、前半と同様に小川山方面へ行くことになりました。初日は中央道の渋滞が激しそうでした。渋滞を避けようと、前夜発の予定でいたのですが、5/3の朝の川端下の予想気温がマイナス7度emoticon-0104-surprised.gif。またまた、ひるんでしまいました。前日になって、3日朝の出発に切り替えたのでした。何時出発しようか悩んでいる最中に、tsukaさんから連絡がありました。久々に泊りで登りに行けるとのこと。急遽お願いして、GW後半はtsuka小屋に久々にお世話になることになりました。

◇ 3日
初日は、まずは、GW前半に見つけた課題からスタートすることにしました。

(1) ダーククリスタル(9)、再登
かぶとむしのヌンチャク掛けのために登ったら、もうヌンチャク掛かっていた。トライする人は自分のルートをまずは確認するようにしましょう。

(2) エンドルフィン(13a)、ヌンチャク掛け
(3) エンドルフィン(13a)、×、その後練習
(4) エンドルフィン(13a)、×、その後練習
(5) エンドルフィン(13a)、×、その後練習
まだまだ、できるわけがないのだが、全便とりあえず下からトライ。勿論届かず。その後、3-4p間の怒涛のリハーサル。

右手出しの時の右手持つ場所を変えてみた。右手は左手に寄せて、持ちやすいところを使うことにしてみた。その方が飛びやすい。前日は、夜中に目が覚めてしまって寝れなかった。その上、いつもより1時間早い出発で睡眠不足。二峰とソラマメの間の往復に、怒涛のトライで帰るころは、ヘロヘロになっていた。疲れた~。それと、この日は危険なアクシデントが二つほど起きました。いずれも、グランドフォールでした。エンドルフィンで私が、働け!でtsukaさんが。たまたま、事なきを得ましたが、危なかったです。クライミングは危険がつきものです。気を付けないといけませんね。

〇 ダーククリスタルを登るtsukaさん
・いやー、二峰はすっきりしていて、きれいですね。まさに、ダイヤモンドスラブ。
b0037220_07998.jpg


〇 働けロッククライマー(12b)を触るtsukaさん
・半年ぶりの外岩と言うのに、出だしの核心を軽くスタティックに登っていました。
・まーさまは、前半に引き続き、二峰では、かぶとむしをトライ。ムーブは解決できて、後はつなげるだけというところまで詰めていました。
b0037220_22362674.jpg


◇ 4日
睡眠不足のせいで、初日からよく寝られました。tsuka小屋に感謝です。今日は課題探しの旅に出ました。この日はとても寒く、終日5度を超えることはありませんでした。しかも、霰が降ってきたりしました。

(6) ももちゃん(10c)、×、ホールドもげた!
このルートは2度ほど登っていて、2-3p間でちょっといやらしい上に落ちると棚に激突して危ないのと、岩がボロボロなのは知っていたので、登る気がしなかったのですが、パートナー様が登ると言いだし、しかも途中で岩がボロボロで恐くなって降りてきてしまいました。でっ、私が回収へ。そしたら、上部で、でっかいホールドもげて、私も一緒に落ちました。

(7) 金メダル(13a/b)、トップロープ掛け
インチキ棒で、ヌンチャク掛けながら、トップロープをかけた。このルート、長い!

(8) 金メダル(13a/b)、トップロープ
トップロープで触ってみました。

出だしの小核心はトライすると、トップロープが伸びて、グランドしそうなので、ちょいと省いて、その上からスタート。金メダルのようなフレークから中段のダイク取りのデッドまでは、ムーブ起こしながら、なんとかなりそうかなぁとテンションしながら登ってきたのですが、後半が難しいです。比較的大きな穴ホールドが散在するのですが、とても遠いです。フットホールドもたまによいホールドがあるにはあるのですが、その間に顕著なホールドがありません。これも超玄人向けですねぇ。みなは、睦月誕生で遊んでいましたが、私はレストへ切り替えて、じっと寒さに耐えていました。

〇 金メダル(13a/b)
・数ある13aのうち、自分向きの極少数の13aしか登れないだろうということは認識していて、そんな状況なのに、13a/bは、やはり無謀のようです。
・パートナーさまが、どこから聞いてきたのか、このルートを触らせたいみたいで、取りついてみましたが、13a/bとグレード付されているルートは、明らかに13aよりは難しいはずで、かなり厳しいです。
b0037220_22373912.jpg


◇ 5日
今日は暖かくなるという予報で、元気に二峰へ向かいました。が、昨日と打って変わって、二峰は暑過ぎたようでした。エンドルフィンは終日日陰で、探るには丁度よかったですが、やはり朝夕の涼しい時の方がフリクションはよかったです。

(9) エンドルフィン(13a)、ヌンチャク掛け
(10) エンドルフィン(13a)、×、その後練習
(11) エンドルフィン(13a)、×、その後練習
(12) エンドルフィン(13a)、×、その後練習

今日は、シューズをミウラ紐からミウラVSへ変えてみました。あたりでした。右手が穴ホールドに届く確率が高くなりました。だけど、右手取った後、降られて落とされます。手が届きだすと、この手のルートのいつものパターン。出血開始です。届いたとして、振られところからのリハーサルもしてみました。左手で振られを抑えられれば、片手でぶら下がった状態から終了点までいけました。もう少し指が奥まで入らないとダメなのか?今の保持しているぐらいの浅さで大丈夫なのか?悩ましい日々が続きそうです。

〇 GWの二峰
・セレクションには行列ができていました。
・待っているのは、codaさんパーティです。
b0037220_2242270.jpg


〇 あぶらむし(12a)のcodaさん(特別出演)
・セレクション登った後、渋いルートをトライしていました。
b0037220_22403694.jpg


〇 エンドルフィン(13a)
・右手穴には、それなりの確率で届くようになって、最長保持時間1秒ぐらいになりました。
・腰が折れ曲がってますが、傾斜が強いのと、左手と右手の位置関係と次の穴ホールドの位置から、これ以上腰を伸ばすのは難しですが、もう少し足が伸びるまで頑張るのかなぁ。足位置変えて試してみるかなぁ。今の右足位置に左足で、右足をキョン気味とか?この傾斜では無理か?
・右手届いて、ぶら下がったままで、体がブワーン。このルート、肩にとっても悪いです。肩痛いです。
・この手のルートは、必ずこうなります。
・穴の中は、石英の結晶だらけです。
b0037220_17384095.jpg


◇ 6日
楽しかったGW後半も最終日になってしまいました。5日の夕方に、親戚会が急遽中止になり時間ができたあやちゃんがtsuka小屋へやってきました。最終日は、みなで睦月誕生で遊ぶことになりました。そして、この日も再び危ないアクシデントが発生しました。あやちゃんが、睦月誕生の核心ムーブを起こしているとき、腰のあたりから、ヌンチャクが落ちてきました。???あれ、ボルトからヌンチャクが落ちました。みなが指摘して、落ち着いていたあやちゃんは、自分のヌンチャクをボルトにかけて、ロープをクリップし直して、事なきを得ました。そのまま、核心ムーブに入っていたら、大変なことになっていたかも。私が登る際に、ボルト側を安全環つきカラビナへ変えました。

(13) 睦月誕生(12b)、Tr
(14) 睦月誕生(12b)、リード、核心敗退
(15) 睦月誕生(12b)、Tr
(16) 睦月誕生(12b)、Tr

睦月誕生ですが、あわよくば一日でなんて甘い期待も少しあったのですが、核心ムーブができませんでした。みなの左足上げムーブは私には不可能で、自分用のオリジナルムーブを見つけるはめになりました。まー、いつものことなんですが。自分にできるムーブをようやく見つけて、左手ガストンから右手カンテ穴取りはできるようになったのですが、その前の右手クラックから上のクラックへの飛ばしがどうしても解決できないでいました。これも、もう少し左側にあるホールド使えば、できることが最後の最後に判明しました。とりあえず、一通りのムーブができたところまでで今日は精一杯でした。次回、チャンスを作って、またトライしてみたいと思います。このルート、おもしろいです。
 あっという間にGW後半が終わってしまいました。久々のtsuka小屋は快適でした。久々の外岩でいきなり完登したtsukaさんが、とてもうれしそうでよかったです。私は、梅雨までは、エンドルフィントライかな。がんばります。4日間、難しいルートを触り続けて、指皮も体もぼろぼろです。まずは回復させないと。

〇 睦月誕生(12b)をRPするtsukaさん
・先日のトライで、もうあと一手のところで落ちていたtsukaさんですが、今日は確実にRPでした。おめでとうございます。半年振りの外岩と言うのに、12bをいきなりRPととは、さすが花崗岩の達人です。
・まーさまも、4日連続の最終日に、ワンテンで抜けていました。次回、ムーブ忘れていなかったら登れちゃいそうでした。
b0037220_22324411.jpg


〇 睦月誕生をトライする、あやちゃん
・この次の便でRP。グレード更新とのこと。グレード更新を1日で登っちゃうとは、まだまだ、やってるグレードが低すぎるのでは?
・この人も、花崗岩の達人です。一日で登っちゃうだろうと、みなで噂していましたが、その通りになりましたね。
b0037220_2234052.jpg


きん
by Climber-Kin | 2013-05-06 22:36 | 小川山2013~2014 | Comments(4)