タグ:金銀砂子 ( 1 ) タグの人気記事

2014年6月21日、所謂、あきる野の岩場

どうにも忙しい一週間の上に右肩の調子もよくない。しかも週末の天気予報もよくない。天気予報では土曜日の雨は夕方から登れるかもぐらいの予報だった。何となく、東京近辺は降らない感じがした。雨が降っていない時にジムで痛い肩を気にしながら登っても楽しくないだろう。土曜日の岩場行きが決まったのは、金曜日の夜9時過ぎだった。そして、こーたろー氏に非公開のあきる野の岩場へ連れて行ってもらうことになった。聞いていた岩場の話の様子から、そして奥多摩と言うことで、てっきり石灰岩だと思い込んでいたのだが、実はチャートだった。びっくり。チャートを登るなんて、いつ以来だ? そして、着いた岩場は、足場もよく、いごこちのよい岩場だった。今週もトップロープで登って様子を見ては、できそうならRPトライするつもりだった。

(1) No.1ルート(9)、Tr、WP
・右肩をギクッとしないように慎重に登った。力入るなぁ。
(2) No.1ルート(9)、RP
・短いながらも、ちょい被りのチャートらしいルートだった。

(3) No.2ルート(10a)、Tr、WP
・またまた、右肩をギクッとしないように慎重に登った。さらに力が入るなぁ。体がガチガチ。
(4) No.2ルート(10a)、RP
・期待を裏切らないガバルートだった。

(5) No.8ルート(12b/c)、ムーブ探り
・コータロー氏にヌンチャクを掛けてもらった。こちらの看板ルートは、被っているのでTrでは難しい。
・雨が降ってきそうで湿度が上がり、ヌルヌルだった。
・出だしから、右肩が痛いムーブが続いて厳しい。
・ライン取りを考えながら、最後はコータロー氏に聞きながら。なるほど。
・最後のリップ取りは、初登の方法とは違う、デッドの方法を聞いてやってみたが、やはり、右肩が痛くて、はでに落ちて終わった。
・このルート楽しい。チャンスがあれば、肩が元気な時に、また触ってみたい。

(6) No.3ルート(11a)、敗退
・まー様がトライしていて、核心のムーブはわかったので、いきなりリードで、もちろん登るつもりでトライしたのだが。
・できねぇ。なんだか、ホールドが欠けたような跡があるが、ちょっとバランスが悪くて、デッドで右手、細い水平スリット状、カチへ出すのだが、左手の保持方向と体があまってしまって、超デッドになってしまう。3回トライしたができなかった。
・あー、左手さらに保持し辛いが、バランスのよくなる、ホールド使った方がよいかも。
・今にも雨が降り出しそうだったので、コータロー氏に回収便を出してもらった。

多勢がおしよせてしまうと、あっと言う間に登攀禁止にされてしまう岩場。駐車スペースが少なく、沢山の車が来てしまうと、登攀禁止になってしまう岩場。難しい問題ですね。開拓者様(二子でお会いして以来、ご無沙汰しております)、そんな岩場を登らせて頂き、ありがとうございました。
雨で少し早く上がった帰りは近くの「瀬音の湯」によりました。湯船でゆっくり肩を回して、右肩をほぐしました。腕をねじるとよいとのことで、無重力の水の中でいろいろな角度へ腕を伸ばして、腕をくりくり捻ってみました。これは、よいかもしれません。帰りの運転でハンドル切るのが苦痛じゃなくなりました。

〇 あきるの岩場(No.2ルート)
・岩場の写真は公開禁止とのこと。
・ここまで、どアップしておけば、どこかわからないから大丈夫でしょう。
b0037220_22342875.jpg

きん

by Climber-Kin | 2014-06-21 22:34 | 所謂あきる野の岩場 | Comments(2)