ちょっと早い気がしますが、退院しました。一昨日に左足のフル荷重OKをもらい、早々に歩き出しました。松葉杖で左足荷重の徐々に増やしていって、松葉杖なしでも歩けるだろうという感触はありました。しかし、少し歩くと、右足はすぐに浮腫みだして、左足も痛くなります。続けて歩くのは500mぐらいが限度です。もう少し入院して様子をみるのもよいかもしれませんが、やはり、退院したいですよね。歩き始めた日の翌々日に退院しました。
 退院して、5日経過しましたが、歩くと直ぐに痛くなるのは変わりません。痛くなくなる気配がありません。いつになったら、気持ちよく歩けるようになるのでしょう。

〇 さらば車椅子
・とても、お世話になりました。
2022年11月19日、退院、受傷後55日、右足術後52日目、左足術後44日目_b0037220_14120123.jpg
〇 右足
・なるほど、結構長いボルトが入ってるんですねぇ。
2022年11月19日、退院、受傷後55日、右足術後52日目、左足術後44日目_b0037220_14125305.png
〇 左足
・陥没してないことを確認。
2022年11月19日、退院、受傷後55日、右足術後52日目、左足術後44日目_b0037220_14131063.png

きん

# by Climber-Kin | 2022-11-23 14:00 | 怪我 | Comments(3)

 左足術後6週間になりました。左足は3分の1荷重からフル荷重OKになりました。これまで、松葉杖で左足の荷重具合を調整しながら、歩くイメージを高めてきました。毎日、松葉杖で病院の廊下を5キロ歩きました。左足フル荷重OKになれば、頭の中では多分歩けるだろうというイメージはできていました。前日に歩いちゃおうかなという衝動を抑えて、The Day、その日、術後6週目の朝です。松葉杖をおいて、歩きだしてみました。最初の一歩に戸惑い、迷い、そして違和感を感じながら、そっと歩き出してみました。右足足首は相変わらず朝は固くて痛いし、左足には荷重を加えてはいけないと、ずっと刷り込んできています。めちゃくちゃ、ぎこちないです。しかし、ついに歩き出すことができました。少しづつ、リズムがわかってきて、びっこな歩きですが、いきなり500mほど歩くことができました。
 その日は、午後にリハビリがありました。階段の歩き降り、片足立ちと日常生活で必要なことを確認しました。片足立ちは30秒ぐらいできれば、階段歩きも困らないだろうとのことです。階段下りでは、両足首が痛いです。しかし、ついに退院の目途が立ちました。

〇 二足歩行開始
・受傷後53日目、歩くところまで戻ってきました。
2022年11月17日、二足歩行開始、右足術後50日目、左足術後42日目_b0037220_14391284.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2022-11-17 14:39 | 怪我 | Comments(4)

 一昨日の左足術後4週目から左足荷重少しだけOKになりました。1-2日目の様子から左足陥没骨折部分には痛みがないということで、体重の3分の1まで荷重OKをもらいました。少しながらでも左足に荷重をかけられると、松葉杖歩きがとても、やりやすくなりました。右足の足首も少し楽になってきたこともあって、松葉杖で1キロぐらいは続けて歩けるようになりました。左足は術後6週目からフル荷重OKです。そこから歩く練習になります。退院へのシナリオが少し見えてきました。6週目までは、左足に無理な負荷をかけないで、骨を再陥没させないことです。調子にのってやり過ぎないように気を付けます。

〇 松葉杖歩行開始
・リハビリ時間中、青空の下を歩く私。リハビリのS藤先生に撮ってもらいました。
・左足荷重は少しで、右足はまだ脱臼のダメージで足首が痛いので、松葉杖で、スタスタとは歩けませんが、ノソノソと確実に歩けるようになりました。右足は、まだ装具つけてます。
・懸念事項の一つですが、松葉杖で歩き出すと、右足の甲の付け根が痛いです。骨ではなくて、筋が痛い感じです。歩き出して足が温まってくると痛みも緩みます。
2022年11月5日、左足荷重開始、右足術後38日目、左足術後30日目_b0037220_14345790.jpg
きん

# by Climber-Kin | 2022-11-05 14:35 | 怪我 | Comments(4)

 27日に転院しました。両足とも抜糸が終わり、外科的施術は基本的には、もうないそうなので、リハビリが充実している病院へ転院することになりました。入院したのは、救急救命病院ですので、ある程度回復した患者は提携病院へ転院していくのは既定路線とのことです。
 転院後、直ぐにリハビリテーションを始めてもらえました。担当のリハビリの先生は室内ではクライミングしたことがあるそうです。ロッククライミング中の怪我ということで、興味をもってくれたようで、コミュニケーションもうまくいき、円滑にスタートできました。左足の方は、術後3週間です。まだ、陥没する可能性があるので荷重禁止です。右足だけ使う松葉杖歩行を始めました。右足一本でバランスを取ろうとすると、足首周りに力が入ります。すぐに、足首周りが痛くなってきました。我慢するのが辛い痛みです。リハビリのT口先生が丁寧に説明してくれたのですが、脱臼のせいで、小さな筋、リンパ腺や毛細血管がブチブチに切れたので、力を入れると、それらが鬱血するので痛いのだそうです。だから、右足装具を緩めると痛みはとたんに緩みます。よくあることとのことです。なるほどと理解しながらも、筋力もまだ十分あるし足首の稼働域も狭くないので、骨がくっつけば直ぐに歩けるものだと思い込んでいたのですが、骨以外にも大きなダメージがあったとは、大きなショックとともに、がっかりしました。そのうち慣れてきて、我慢できるようになるとのことです。しかし、少し負荷かけるだけで、右足首痛いわー143.png。めげるー145.png
 左足は来週(術後4週目)から荷重OKになります。術後6週目からフル荷重OKとなります。入院治療計画書では、推定される入院期間が2ヶ月と記載されていました。何とか、1日でも早く退院できるよう、リハビリに頑張ります。しかし、やることは単純で面白くないんだよねぇ。セルフリハビリのモチベーションは低下してます。

〇 リハビリ室
・向こうの方にワイヤー型のプルダウンがある。
・自由に使えればいいんだけど、そうはいかない。
2022年10月27日、転院、右足術後29日目、左足術後21日目_b0037220_14540689.jpg

〇 シーネのとれた両足
・左足は距骨の陥没骨折で、足首の関節は折れていないので捻りよけの装具はつけないようです。
・しかし、荷重をかけると、陥没する可能性がるので、絶対にまだ荷重をかけるなと指導されてます。
2022年10月27日、転院、右足術後29日目、左足術後21日目_b0037220_08550783.jpg

〇 ベッドからの風景
・なんか、この曲が思いつくなぁ。「小さな窓から見える この世界が僕の全て空の青さはわかるけど 空の広さがわからない」
・このあとは、「こんなに天気が良~いのに、私は遊べない。恨めしや~」と続きます。
2022年10月27日、転院、右足術後29日目、左足術後21日目_b0037220_09244623.jpg
〇 メトリウス緑の#6番
・神流川・橋倉川本谷で残置されてしまっていたカムですが、病院にいる持ち主へ戻ってきました。
2022年10月27日、転院、右足術後29日目、左足術後21日目_b0037220_14554569.jpg
〇 カフェロッソ
・病室にカフェロッソが? 入院中は珈琲消費が激しいです。助かります。
2022年10月27日、転院、右足術後29日目、左足術後21日目_b0037220_15184383.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2022-10-27 22:00 | 怪我 | Comments(2)

 右足術後27日目にして、突如、右足に荷重OKがでました。早々にリハビリで歩行器を使って、荷重開始しました。右足用の装具をもらいました。足首を捩じらないよう、捻らないように保護するためです。車椅子から立って、右足に荷重しました。痛くありません。片足屈伸を試みましたが、右足首の装具が邪魔なのと、潜在意識が拒否しているようで、あまり曲げられません。しかし、荷重をかけて、右足首をそれなりに曲げてみました。すると、右足内側のクルブシに痛みが走りました。痛い! ショックでした。まだ直ってないのか!(当たり前だろって?) 歩行器で進むにも、まだ、左足に荷重してはダメなので、歩行器に肘を当てに体重をかけて、左足を浮かせて、右足だけを荷重します。しかし、これだと、足のトレーニングではなくて、上半身のトレーニングになっちゃいます。ずっとマントルしてるような負荷です。翌日、上腕三頭筋が激しく筋肉痛になりました。笑。
 歩行器よりは、その場で片足立や片足屈伸の方が効果がありそうです。右足くるぶしの痛みは、まだ骨がくっついていないのでしょうか? ボルトの周りに骨がくっついていない? 癒着している? 多少痛くても、曲げててもよいものなのか? 先生への質問がいっぱいです。右足の片足立ちが苦にならないようになるのが次の目標でしょうか。片足立ちすると、足首でぐりぐりとバランスを調整しようとするので、右足首がまだ耐えられません。

〇 右足装具
・右足は、シーネ固定から装具へ変わりました。荷重OKですが、まだ、捻りはNGです。
2022年10月25日、右足荷重開始、受傷30日目、右足術後27日目、左足術後19日目_b0037220_17040186.jpg
〇 歩行器
・新しいタイプの漕ぎやすい歩行器は、全て老人が使ってしまっています。写真のような、漕ぎ辛い、かなりの年代物しか残っていません。
2022年10月25日、右足荷重開始、受傷30日目、右足術後27日目、左足術後19日目_b0037220_17034684.jpg
〇 歩行器でトボトボ歩く私
・「立った!立った!クララが立った!」
・左足には荷重かけちゃダメなんですけどね。少しだけつま先よりにかけると、両足で歩けます。
2022年10月25日、右足荷重開始、受傷30日目、右足術後27日目、左足術後19日目_b0037220_17035496.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2022-10-25 21:00 | 怪我 | Comments(0)