ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 06月 14日

2009年6月13-14日、有笠山、海賊船RP

「海賊船(13a)、終了点テラスで平泳ぎ!」

天気予報は冷たい寒気が入って、天候不安定という予報だった。有笠ならなんとかなるだろう。平日に梅雨入りしたのだが、本格的梅雨シーズン前の最後のチャンスかもしれないと土日で出かける。土曜日はお昼ゴロににわか雨。日曜日は、朝から、いきなり雷雨で、その後、時々薄日がさしながらも、やはり時々にわか雨だった。4時ごろは猛烈な雷雨となった。海賊船は、雨が降ると、カンテ沿いのホールドが湿っぽくなるのと、終了点テラスが濡れてしまう。どうなることやら。

(1) おいらの人生(10a)、再登
(2) ぼたもち(11a)、再登

(3) 海賊船(13a)、ヌン掛け
午後2時ごろから雨の予報。早め早めに行動して、10時半ごろには、ヌンチャク掛けを終了する。前回落とされた、海賊船オリジナル4p目からの遠い右ホールドのムーブを確認。平日にずっと考えていた通りだった。左手は変更しないで、あまり意識していなかった左足をカンテに当てて、上体を上げてから右手出しだ。これが最後の鍵だった。

(4) 海賊船(13a)、RP
午後2時ごろから降るはずだった雨が12時ごろから降り始めてしまった。少し様子を見る。しばらく降っていた雨はやんだので、予定時刻でスタートする。感謝の心パートが心なしか湿っぽい。結構ぎりぎりで終了点に到着する。感謝の心をこなせると、とりあえずホットする。このルートは何度やっても失敗しそうで辛い。なかなか息が整わない。しかも、終了点でレストしていると何やら雨の音が大きくなっている。とりあえず、海賊船核心手前のレストポイントまで進む。そして再び大レスト。すると、雨が激しくなってきてしまった。出るに出れない。終了点テラスは、雨で濡れると、ヌルヌルつるつるで絶対に越えられない。いつまでたっても雨はやまない。ここで何時間も待つわけにもいかないし、足も痛くなってきた。少し雨が弱くなるのを感じてスタート。ラインに戻って、一段上がって右足ヒールスメアで右手出し。左足掻き込みでガバへ左手出しと傾斜の強いカンテをこなして、オリジナル3p目をクリップ。右手アンダーサイド気味ガバへ戻して、左足高めのヒールスメアでぐぐっと固めて、左手サイドシカーで固めたホールド、上よりのよいところを握る。右足スメアで左足を所定のところにおいて、背筋測定ムーブ! 腰あたりの筋肉が毎回メリメリとなっているような気がする。うっ、苦しい! 右手チビ穴中継で浅い穴ホールド取って、左腰入れて、入れて、デッドで左手サイドアンダー気味ホールドへデッド。さらに右手を4p目クリップホールドへデッド。ここは、少し手前側の溝に指を当てた方が楽なようだ。左手クロスクリップ。ここからは先週落とされたところ。ヌン掛け便で確認した足位置へ。すると次のホールドが近い。右手止まった。こうなると、アドレナリン全開だ。決めたムーブで湿っぽいホールドに耐えながら5p目クリップ。遠い右手ガバも止まり、ヒールを決めなおして、終了点クリップホールドへ、うっ濡れている。だが、これは持ち易いガバだから大丈夫。そして、このルート、終了点テラスへ上がって終了することが明記されている。有笠は限定が多い。そして、右手をテラスリップへ。どひゃー、ビチョビチョ濡れ濡れのツルツルだー。あー、テラスに乗れずにここで落ちるのかー。そんな映像が頭をよぎった。そこからは、もうヤケクソだった。決めていた手順通り、ビチョビチョ濡れ濡れツルツルのホールドを右手で持って、左足フットホールド決めて、左手よせ。このホールドは乾いていても、いやらしいホールドだ。もう落ちるの覚悟で、右手をテラスリップの右端へ、左手フェイクで倒れこむように出した。落ちた!と思ったら、ずずっと右手ずれたけど、まだ落ちてなかった。そのまま左手テラス上のサイド引きへ。どひゃー! これもビショ濡れツルツルだ!。乾いていれば、左足ガバに上げて右手返して終わりなのだが、濡れ濡れツルツルで左手引けなくて左足が上がらないぞ! 反射的に上半身をテラスの上へかぶせた。後は死にものぐるい。左足は中に浮き。空中で平泳ぎ。手でテラス上の土をかきながら、10回ぐらい泳いだ。足蹴るごとに少しづつ体が前へ前進していった。左足が所定のガバに届いた。ウォー!雄叫びを上げて、テラスに立った。やったー!。下では、ルートに丁寧にお辞儀しながら登ってるとか、大笑いだったようだ。この状態で登れた自分を誉めたい。4日12便目。やったー! だけど、疲れました。

〇 14日(日)
夜は降っていなかった。地面が暖かく快適な夜だったのだが、朝、目を覚ますと、目の前にあるはずの有笠山がない。霧で見えないのだ。朝ごはんを食べているとゴロゴロと鳴り出した。そして、強烈な雷雨がいきなりやってきた。昨夜、西登山口へ入っていった車は早々に引き上げていった。我々は、感謝の心に残置ヌンチャクがあるので、迷うことなくアドベンチャーへ向かった。そう、土曜日はM代っちが、感謝の心を怒涛のトライ。それ止まれば終わりなのにーで終わってしまっていたのだった。アドベンチャーに到着すると、被っているルートは、まだ濡れていなかった。

(5) しお豆(10a)、再登
今度は正しいラインでのぼれたかも。
(6) 感謝の心(12a)、ルート整備
新しいはぶらしで作ったブラシで、ルート整備した。そして、M代っちは次の会心のトライでみごとにRP。おめでとう。このルートは苦労したね。

(6) ルンルンしんすけ(12b)、ヌン掛け
今日は昨日より天候不安定で雨が降りやすいという予報なので、アドベンチャーを後にして、ヘルケーブへ向かう。久々のルンルン。久々のヌン掛け。難しいじゃん。

(7) ルンルンしんすけ(12b)、左手マッチでフォール
久々に触ってみたのだが、チャンスはこの2便目だけだろうなぁと思いながらトライする。ヌン掛けに一生懸命でムーブを思い出すまでには至らなかった。最初から間違えながら、ぎこちなく、5p目には到着。6p目は昨年最後にわかった左足ホールドで決めて、いけるかもと思っていたのだが、核心左手マッチでやっぱり落ちてしまった。

(8) ルンルンしんすけ(12b)、核心フォール
ここで、思わぬアクシデント。強烈な歯痛に襲われた。M代っちからもらったせんべいに入っていた黒糖がスィートスポットにヒットしてしまったようだ。しあらく痛みに耐えて我慢。時間が来たのでトライ。集中力欠いて先便よりたくさん手順間違えてしまった。失敗多過ぎ。

(9) ルンルンしんすけ(12b)、核心フォール
動きはこなれて、スムーズになってきたのだが、またまた失敗の連続。それでも核心マッチまではこれたのだが。

(10) ルンルンしんすけ(12b)、核心フォール、ヌンチャク回収
再び歯痛が。そうこうしていると、大雨が降ってきてしまった。とりあえず核心までは到達するのだが、指がよれよれ。右手は指3本しかかかっていなかった。ここは4本かけないと、持ち方を確認してヌンチャクを回収した。明日は歯医者へ行こう。すぐにやみそうもない大雨の中を下山した。

海賊船、なんとか登れました。とても楽しいルートでした。梅雨でタイムアウトかなと思っていたのですが、こんなコンディションで登れた自分が一番びっくりしています。その後、ついでに「ルンルンしんすけ」のお持ち帰りをたくらんだのですが、このルートはやっぱり難しいです。片手間には登らせてくれませんでした。とりあえず、有笠山春の陣は終了です。成果が出て、一安心しました。

〇 土曜日のアドベンチャー
・松島パパと松島ママ。K原さんにともこさんがやってきた。
・写真は、海賊船の核心へ向かう松島パパ。
・海賊船の核心は、写真だとあまり被っていないように見えますが、120~130度ぐらい被ってます。
b0037220_23344942.jpg


〇 探検隊(12a)を登るK原さん
・実は、この前にともこさんがマスターでRP。大プレッシャーの中でK原さんが登る。
・謎のルートだ。
b0037220_23352598.jpg


〇 冒険大賞(12d)を初トライするともこさん
・ホールド欠けてグレード不明。探検隊途中から左へわかれて、オリジナル部分は3pだが、その分岐した1-2p間の岩がなくなって、一段上から入るのか?ラインがよくわからない。
b0037220_2336169.jpg


〇 海賊船(13a)
・スタートは3-4級のランジ。(「感謝の心」の核心)
・2p目クリップしてから、3p目クリップを挟んでガバまでが3級。
・ガバから終了点まで、10d-11aぐらい。ここまでで、12a難しめか12a/bぐらいに感じる。
・感謝の心終了点で大レスト。
・いやらしい4級程度のムーブで海賊船オリジナルの2p目までクリップして、再び大レストポイントへ。
・ラインへ戻って、被ったカンテ3手目の左手ガバで3p目クリップ。
・ここから、4p目クリップまでが核心ムーブで、2級易しめか2-3級の4-5手フルパワームーブ(きん曰く、背筋測定ムーブ)。
・4p目から一手難しくて、パワームーブ5手で5p目クリップして、終了点テラスまでが11dぐらいのど根性セクション。
・終了点テラスへの乗り越しは乾いていれば問題ないが、雨が降っていると、平泳ぎになります。
・後半は、肩の力が必要。肩の強い私には向いていたのだと思う。
・ボルダー得意なクライマーにとっては、12a/b+12c/dぐらいで、登り易い13aではないでしょうか。

*ボルダーグレードはTW東村山

きん

by climber-kin | 2009-06-14 23:36 | 有笠山 | Comments(28)
Commented by 無名のK at 2009-06-15 02:36 x
完登おめでとうございます。やはり我らヘビー派はストレニュアス系よりは、しっかりレストしたあとのワンポイントボルダーのほうが得意なのではないでしょうか。
Commented by tmb at 2009-06-15 05:21 x
おめでとうございます!トップガンに続いて快進撃ですね。岩場に通い続けるには難し時期になりました。来週からはどちらに行かれますか?
Commented by おまき at 2009-06-15 06:25 x
すごいすごーい。
トップガンはおめでとーカキコのタイミングを外してしまっていましたが、立て続けですねー♪

しゅばらしいっ♪
Commented by 鈴木牧え at 2009-06-15 06:25 x
やっぱり、今週で行けましたね。
おめでとうございます。
K原氏が探検隊のムーヴを
どう解決されたか知りたいものです。
M代さんは熱き心封印でしょうか?
Commented by こーたろー at 2009-06-15 07:16 x
きんのアニキ やったな。めでてぇ。祝いのスコッチは何だい?
Commented by MOT at 2009-06-15 08:08 x
きんさん絶好調ですね。
うらやましですよ。
Commented by Climber-Kin at 2009-06-15 12:25
k師ありがとうございます。大レストポイントから終了点までで、クリップ入れて25手でした。なんとか逃げ切れました。核心ムーブが最初に出てくるので登り易かったのだと思います。
Commented by Climber-Kin at 2009-06-15 12:31
tmbさん、ありがとうございます。トップガンはかなり特殊なルートだと思っていたのですが、海賊船もランジありの、どっかぶりカンテのフルパワーボルダームーブとこのルートでしか味わえないような濃い内容でした。このグレードは、どのルートも強烈な特徴があるんだなぁと思いました。来週から、どうしますかねぇ。雨でも登れるとなると限られちゃうのですが、今週末は天気持ちそうな。また、メールください。
Commented by Climber-Kin at 2009-06-15 12:34
まっきーさん、ありがとうございます。マッキーさんこそ、遅ればせながら、カリスマRPおめでとうございます。ビデオ見ましたよ。めちゃくちゃカッコイイですね。それにクラックとフェース両方はすごいです。蜘蛛の糸なんて登れちゃったら最高にカッコいいですね。
Commented by Climber-Kin at 2009-06-15 12:36
鈴木牧え様、ありがとうございます。めずらしく、すんなりと。いや、テラスで悪戦苦闘の末RPできました。いやー、よかったです。探検隊のK原さんムーブは激悪でした。止まらなかったみたいです。RPしたともこさんムーブはk原さんはできないとか言ってました。謎のルートのままです。
Commented by Climber-Kin at 2009-06-15 12:38
こーたろーの兄弟、ありがとよ。コンビニで買った「余市」飲みすぎたぜ。朝の雷雨に濡れて酔いがさめたぜ。
Commented by Climber-Kin at 2009-06-15 12:40
MOTさん、自分に向いてそうな、できそうなルート選びが2回続けて当たったみたいです。既にコンディションが厳しい時期になりましたが、MOTさんもがんばってください。
Commented by よねひこ at 2009-06-15 16:58 x
「13」も2本目となると、いよいよ本物の(?)「13クライマー」ですね。やはり苦労しながら厳しいルートで鍛えぬいてきた成果が、ここにきて一気に出てきた感じです。「海賊船」はたまたま有笠に訪れた時、やっている若者がいて、ランジを飛ばして果敢に攻めていました。非常に厳しいルートに見えましたが…。なんかきんさんが遠くに行ってしまったようで寂しい…てのはウソ。私も負けずにがんばりますぞ~。
Commented by Climber-Kin at 2009-06-15 17:38
よねひこさん、コメントありがとうございます。自分の得意そうなルートをムーブ系から(持久系でなくムーブ系)選んでトライして、たまたまムーブが自分にぴったりしていたので、2本とも登れたという感じです。どちらかと言うと日ごろのボルダートレーニングの成果とは言えるかもしれません。もちろん、これまで積上げてきた力がベースになっているのですけど。登れない12台は山ほどあるし、細かいホールドは全然だめだし、体重vs保持力に弱点もあります。まだまだ、真の12クライマーにも、ほど遠いです。まだまだがんばりますよー。お互いがんばりましょう。
Commented by Mっち at 2009-06-15 19:11 x
「海賊船5.13a」RPおめでとうございます!!!
今まで蓄積されて来たものが、一気に成果として現れている感じですね。
最高に素晴らしいです。
週明けに,元気いっぱいのブログを読ませて頂き、
最後のドラマチックな部分など、その頑張りに私までワクワクしてしまいました。
あぁぁぁぁぁぁぁ~
オイラも早く外岩行きてェェェ~
です!
Commented by JILL@ at 2009-06-15 20:12 x
すばらしい。すごい。おめでとうございます。メンタルの強さをいただきたいです。ワンシーズンに2本も13とは。うらやましいなあー。
Commented by climber-kin at 2009-06-15 22:33
Mっちさん、ありがとうございます。最後の平泳ぎの印象が強すぎて、このルートの核心は最後のテラス乗っ越しになっちゃってます。やけくその一手。なんとかなるもんですねぇ。今でも、よくあの濡れ濡れの終了点テラス登れたなぁと自分でも感心しています。Mっちさんのリハビリは順調に進んでいるみたいですね。焦らずガンバです。
Commented by climber-kin at 2009-06-15 22:41
JILL師匠、ありがとうございます。JILL師匠は私より全然強いですよ。チャンスが来れば、例のルートは、絶対に登れますよ。気持ちのテンション切らさずにトライしてください。お互い、がんばりましょう。
Commented by ○べ at 2009-06-15 22:42 x
二本目の13、おめでとうございます。日々の努力の成果がでてますねー
私のほうは今年はまだ一回も外岩に行ってません・・・こないだロープは
買ったんですけどねぇ・・・トホホ
Commented by まさよ at 2009-06-15 22:46 x
改めておめでとうございます。いやあ、もう映像として残っているのは、最後の平泳ぎだけです。強々13クライマーのギャラリーは、あー、もうあそこまでいきゃあ、何しても落ちない、落ちないなんて言ってるんだけど、数々の失敗を見てきてるから、そんなことわからないんだ~よぅ~、きんさんにはーーー。って感じでビクビクしてました。終了点クリップしてから足がなかなかいつもの場所にあがらなくて。膝も腹も使えるフリクションは何でも使って必死にもがく姿は、RPを祈りながらも、握ってるロープが震えるくらい笑ってしまいました。。。
1週間くらいは余韻にひたり、また地道にコツコツ、頑張りましょー。
Commented by ちびC at 2009-06-15 23:30 x
海賊船RPおめでとうございます!!あっという間に2本目の13もゲットしてしまいましたね。凄すぎです!次なるターゲットは???楽しみにしてますよ~!
Commented by Climber-Kin at 2009-06-16 08:58
○べちゃん、ありがとうございます。○べちゃんも2本目の12a狙いたいよね。今年は、コンディションよくないから、ロープの出番がなかったのかな?
Commented by Climber-Kin at 2009-06-16 09:09
まさよさん、ありがとうございます。どのぐらいの時間泳いでたんでしょうね。前腕の内側が擦り傷だらけです。この強烈な記憶は頭から当分消えそうもないです。まさよさんも感謝の心登れてよかったですね。あの状況、プレッシャーの中で会心の登りができるとは凄いです。前に向かって、引き続き、がんばりましょう。
Commented by Climber-Kin at 2009-06-16 09:20
ちびCさん、ありがとうございます。次は、どうしましょうねぇ。心燃える次の課題を定めたいのですが、これからのシーズンはコンディションが。悩ましいですね。
Commented by スーさん at 2009-06-16 18:55 x
おーーーー、おめでとうございます。記録を見ていて、ワクワクしました。ぜひ、登ってみたいと思いました。
Commented by climber-kin at 2009-06-16 23:07
スーさん、ありがとうございます。海賊船は三ツ星の、強烈なムーブ満載の楽しいルートですよ。ぜひ触ってみてください。
Commented by きんたろう at 2009-06-17 07:58 x
真の13クライマーになっちゃいましたね!
おめでとうございました。しかも4日で…。

今度は、甲府あたりかな???
Commented by Climber-Kin at 2009-06-17 08:56
きんちゃん、ありがとうございます。プロファイルにある「真の12クライマー」とは、殆どの12台を現実的な便数で登ることができて、得意な13も登れる。まさしく、きんちゃんのことですよ。私も少しだけ近づけたかなとは思ってます。

甲府の手前の方は秋ですかね。甲府の奥の方で一日だけ遊んでくるかも。


<< 2009年6月16日、T-WA...      2009年6月10日、T-WA... >>