ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 11月 03日

2009年11月3日、黒山聖人岩

今日は寒そうだ。12月なみの寒さのようだ。小鹿野あたりのピンポイント予報を見ると、最低気温4℃。最高気温11℃。北西の風が5~6m。風の通り道の中里の天狗岩は寒いだろうなー。朝集合場所で、キズパワーパッドを3日ぶりにはずして、指穴を様子を見るが、パッドの上からでも明らかだったのだが、まだまだ大きな穴があいたままだった。M代っちと相談して、聖人岩へ指穴休めに行くことにしたのだった。

(1) おっとりマミちゃん(9)、再登
うっ。このルート登りずらい。

(2) コーヒータイム(10b)、再登
うっ。なんだか難しいぞー。

(3) 風の子カンテ(10a)、再登
これは、3本のなかでは一番登り易かった。

(4) ピクルス(12b)、初トライ、×××
パルチザンとピクルス、どちらを触ろうか迷ったのだが、グレード的にピクルス登れなくて、パルチザンはないだろうと先にピクルスを触ることにした。だが、これは間違えだったと後で思った。出だし、全然わからん。とりあえず全体象は把握するために上を探る。3p目からはいろいろと探って、中盤はこなせて、最後リップ取りは左手だしたら、左手薬指の穴ふさぎテープが取れてしまった。とりあえず、降りる。

(5) ピクルス(12b)、ムーブ探り
ここは聖人岩。当然、左側の岩は限定に違いないと、左岩使わずに探っていたのだが、やっぱり出だしがわからないと悩む。すると、クライマーH氏から限定はなくて、2-3p目ぐらいまで左岩使って登って、右へトラバースしていくのだと聞く。そうなんですか~。とりあえず、中盤と上部のムーブを固めておく。中盤以降はなんとかなりそうだ。問題は前半だ。

(6) ピクルス(12b)、ムーブ探り。
TWALL東村山で顔見知りのMKOハタさんが助言をくれた。3p目まで左岩側からクリップして、ノブホールド右手でクロスでカチとって、ボルト右のサイドホールドへ。そして、足ブラで足を右へとのこと。その通りやってみる。だが、ボルト右サイドホールドへ、全く手が出せない。すると、さらにMKOハタさんが、右足をキョン気味にして出すみたいですよと、さらに助言をくれた。早々にやってみる。確かに届きそうだ。もう一度、すると右手届いた。足ブラしたら、右肩にロープが引っかかったので足ブラから次のムーブは起こせなかった。とりあえず、ムーブはできたと喜んで降りる。

(7) ピクルス(12b)、×××、回収
かなり、ヨレヨレだが、一応RPトライのつもりで挑んだ。3p目クリップして、核心スタート。ロープが絡まないように右手でロープを回しこんで出っ張りホールドを持って、左手クロスで持ちづらいカチへ足決めて、右手届いた。さぁー。あれっ。ポトっと落ちた。えー!。核心は、この足ブラ止めなの?前便はロープが肩に絡んだから止まったのか。何回かリハーサルするが、ついに足ブラは止まらず。よれよれで回収。全体像が全然つかめてなかった。

ピクルス手強し。テーピングだらけの指先でフリクション悪くて、どのホールドも指が抜けてきて苦しかったです。指穴休めのはずが、さらに、右手薬指第2関節を痛めてしまった007.gif。なんてこったい。パルチザン触ればよかったと後悔しても後の祭りだった。週末のトライは大丈夫か008.gif?聖人岩で登るのは5年ぶりだった。あのころは、クライミング復活して、ようやく11bをRPしだしたころだったなぁと、随分昔に感じてしまった。そして、少し懐かしかった。

〇 今日の聖人岩
・半分ぐらいは知った顔。半分ぐらいは知らない人だった。
・久々にヨシエさんとお会いした。今年の夏はtsuka小屋がオープンしてなかったので、会わなかったね~と。生涯2日目の石灰岩を楽しまれていた。
・クライマーH夫妻からケーキをもらった。ありがとうございます。おいしかったです。それと、海賊船RPおめでとうございました。
・ツッチーさんペアもいらしていた。
・M代っちは、貂が見ていた(11b)を3便でRP。2便目もリップ取ってからクリップしてればねー。そして、ルミちゃんは気がはやい(11a)を2撃。これは凄い。やるなー。
・写真は、パルチザンを探るクライマーH氏。
b0037220_21401075.jpg


〇 ピクルス(12b)
・足ブラ止めに耐えるのが核心。ジムにありそうな核心。
・左岩から3p目クリップ。リップ取ってから4p目クリップすると、核心で一度もクリップしないルートになります。まさに、ボルダールート?
・TW東村山の登りずらい方の2級ぐらいなのでしょうか。
b0037220_2140441.jpg


〇 文化の穴
・朝、キズパワーパッドをはずしたところです。
・薄い皮が育ってきましたが、依然大穴があいたままです。これで、カチの特訓トライしたら、間違えなく破けるでしょう。テーピングして登れる気もしないしな~。
b0037220_2141253.jpg


きん

by climber-kin | 2009-11-03 22:00 | 黒山聖人岩 | Comments(8)
Commented by 無名のK at 2009-11-03 23:44 x
私は、本体岩と三角岩の間のクラックに右足をジャムして、身体が裏返るくらいのダイアゴナルで右手を取りに行きました。右足ジャムは出来るだけ上に決めました。下のほうにジャムすると、解除したとき壁から剥がされる力が強くなります。つい逆に考えがちですが。
Commented by H.yokogawa at 2009-11-04 08:49 x
クライマーHの横川です。きのうはお疲れ様でした。
ピクルスは、一年前に一度さわったきりで、その時はとても登れないなぁという感じでした。パルチザンは、きのうの感じでは、まだ可能性が見えません・・・、予想していたよりも難しかったです。RPを狙うには、もうちょっとボルダー力を鍛える必要がありそうだと思いました。
私にとっては、どちらも厳しいルートです・・・。
Commented by Climber-Kin at 2009-11-04 09:14
k師、助言ありがとうございます。確かに、右足バックステップで体が壁の中に入ってしまうと、足ブラ時体がかえって、外へ飛び出ていく方向へ振られてしまうので落とされてしまうようです。次回また触るチャンスがあったら、右足高めジャムで体を壁中へ入れないようにしてやってみます。
Commented by Climber-Kin at 2009-11-04 09:17
クライマーHさん、お疲れ様でした。登り易いとか言われるルートは、だいたいボルダームーブルートで、ボルダー強い人にとっては簡単に感じるパターンが多いように思います。12後半以降は、やっぱりボルダー力がベースですよね。13からは、さらにボルダー力だと思う今日このごろです。もっともっとボルダー力をつけたいですね。がんばりましょう。
Commented by まさよ at 2009-11-04 23:42 x
指穴休みとか言うわりには、回収も危うくなるくらいヨレヨレになるまで頑張ってましたね、笑。さすがです。ピクルスみたいなルートは、どうしたら解決できるんだろうって思いながらビレイできるから、とても楽しいです。今度こそ、ほんとに指休めて、週末ガンバです!
Commented by climber-kin at 2009-11-05 00:17
まさよさん、お疲れ様でした。中里はやっぱり寒かったようですね。貂が見ていた(11b)、ルミちゃんは気がはやい(11a)の3撃、2撃おみごとでした。ピクルスみたいな実質7~8手のボルダールートは何故か熱くなりますねぇって。カチの特訓も7~8手じゃねぇかって。久々にコンドロイチンを投入しました。週末までに効果があるとは思えませんけど。鎮痛剤はバンテリンからボルタレンへ替えました。指が喜んでいるような気もします。自分のコンディションは最悪ですが、全力を尽くして、最後のチャンスに挑みます。泣いても笑っても、あと一二回のチャンス。がんばりま~す。
Commented by こーたろー at 2009-11-05 22:07 x
きんのアニキ 聖人岩だったんだなぁ。ピクルスってぇ体を真横にするヤツだよな。シロクロさんのトライを見た事があるぜ。オイラには無理無理無理ってぇ印象だったけどな。カチの特訓ガンバだぜ。
Commented by Climber-Kin at 2009-11-06 10:56
こーたろーの兄弟、応援ありがとよ。結果がどうなろうとも、がんばってくるぜ。ピクルスは、8手のミジカシイ系典型だな。ジムだと1-2級、外岩だと1級-初段ぐらいだと思うけどな。これに、11のアプローチがつけば、13aだよ。そういうルートって、12cなのか12dなのか13aなのか、どれがついても微妙なんだけどな。カチの特訓とかは、そんなパターンのルートだな。それと、カチの特訓は、兄弟に向いてると思うぜ。核心はそれほど被ってねぇぜ。今度やってみるといいぜ。


<< 2009年11月7日、中里の岩場      2009年10月31日、中里の岩場 >>