ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 04月 02日

2011年4月2日、太刀岡山

暖かくなる天気予報だった。今日は体が動くのではないかと期待してやってきた。いつもの時間で岩場に到着した。現地ではヨネヒコさんが後から合流した。月も変わり、続々とクライマーが上がってきた。小川ロックには8パーティほどやってきていた。3月は2度太刀岡山へ来たのだが、岩場では全く人と出会うことはなかった。今日は予報通り暖かくて、久々に人の居るにぎやかな岩場だった。

(1) バーボン片手に(10b)、カリスマヌンチャク掛け
よれ気味のドラゴンレースで登ってみた。傾斜のない岩にはドラゴンはないなと思い知る。

(2) モダン30(10c/d)、MS/OS
うーん。このルートも怪しい。3p目までがいやらしそうに見える。4p目のボルトが下から見えない。はまるかなぁと思いながらも取りついた。ホールドを探しながら、ムーブを考えながら、ギリギリ登れるぐらいだった。上部は結構ランナウトが怖かったけど頑張りました。前腕張りました。傾斜のない壁は落ちそうでなかなか落ちない。ライン取りを見つけるのがおもしろいルートだと思います。Valentaine Eve(10b/c)よりは登りやすいと思います。

(3) カリスマ(13a)、×××××
モダン30のダメージがまだ前腕に残っているのが気になるが、早めに一便目をだしてみた。まだ岩が冷たくて、はじかれる。3-4p間で落ちてしまった。4-5p間は一発でリハーサル成功。5-6p間リハーサルはしっくりこないが、無理やりこなして6p目をクリップできたが、前回と手足ともホールドは同じはずなのに、バランスが悪い。うーん何故だ?

(4) カリスマ(13a)、×××××
回転が早い。まだ前腕の張が取れないが取りつく。またまた、3-4p間で落とされてしまった。3-5p間を繋いでみようとしたが、右トラバース核心はできず。ヨネヒコさんに教えてもらった6p目クリップ方法、右足トゥーフックを試してみるができない。サイズがあわないかなぁ。6p-終了点は三角形ホールドの持つ位置が間違っていた。上の方を掴んで親指をしっかりかけないといけない。

(5) カリスマ(13a)、××××
岩の温度が上がってきた。風が吹き出したが暖かい風で気持ちがよい。今度は3-4p間は通過できた。4p目クリップして持ち替えから第一核心ムーブへ右手フワッと浅穴二個ホールドを取りに行ってしまった。3cm程目標をはずした。あー。ここは固めて、「うっ」とホールド取るところだった。5-6p間の左トラバースの途中で左手ガバの右足ハイステップで右手シェークして、右足下して右手クロス出しはホールドを持ち損ねてしまった。

(6) カリスマ(13a)、×××、ヌンチャク回収
4便目の回収便を出す。指ヒリヒリで辛いが一番体が動いた。今度も3-4p間をこなせて、右トラバース第一核心は今度は体固めて、右手浅穴二個ホールドを取れた。左足上げて、左手中継ホールドは掴んだがはがされた。うーん。ここも、もっと体を固めないといけない。5p目を下からクリップして、どこまで行けるかゴー。だが、左トラバースで、またまた右手クロスはホールド持ち損ねてしまった。右足が低いのが原因だ。右足はわざわざ下げずに、ハイステップのままで右手クロス出しが正解のようだ。6p-終了点間は、左足が低くて、リップ手前の左手ミニ穴ホールドが遠い。さらに左足を10cm上にスメア気味で左手出しだ。3テン。なかなかここから進みません。

1便と2便目は体が全然動かずに、いずれも3-4p間で落とされてしまいましたが、3便目と4便目は、体が動いてきたのか、ホールドにはじかれなくなったのか、少しづつ到達距離を伸ばしていけました。数出せばこなれていく兆候を感じなくもないのですが、このルートはとにかく安定して5p目まで行けるようにならないと話になりません。まだまだそれ以前です。逆に5p目クリップまで安定して行けるようになれば可能性が見えてくるように感じます。それに、ムーブの細かい修正はできつつあるようですが、ホールドは同じでも、重心の位置まで最適化して体に覚えこませる必要があります。

〇 今日の太刀岡山
・カリスマラインには、最大6人。いきなり混み始めました。いよいよ、シーズンですね。
・知っているパーティでは、朔太郎夫妻とGAID氏&Ichi-Geki氏パーティが来ていました。カサメリ、兜岩でお会いした関西弁のペアさん。長野からのペアさん。あと、もう一組。
・昼過ぎから強い風が吹き出しましたが暖かい春の風でした。
・先週、あれっ?前から落ちてたっけと足元に落ちていた、剥離した大きな岩(30cm×50cm。厚さ10cm級?が2個)は、パンクスインザダークの岩でした。3/4(土)にM代っちがRPした時は、その剥離したガバアンダーはあって、3/5(日)に来た時は既に落ちていたとのこと。夜から未明の間に崩落したようです。登っている最中に剥離していたら?恐ろしい。
・パンクスインザダークとVOGELは、どちらも難しくなったようです。
・写真は、カリスマをトライするヨネヒコさん。いい感じに仕上がってきていました。とても強くてうまい登りでした。お気遣いのワインありがとうございました。後日「お酒」カテゴリーに載せますね。
b0037220_2344430.jpg


〇 おさがわせします(11d/12a)を探るM代っち
・出だしと4-5p間の二か所に核心があるようです。かなり難しそうです。M代っちは出だしの核心は解決できたものの、二つ目の核心で苦戦していました。
・右は、カリスマトライ中の朔太郎氏。私の4便目のビレイ、ありがとうございました。
b0037220_23445952.jpg


〇 次回のカリスマ(忘備録)
・2p目クリップして、右側でのレストは、座らない方がよいようだ。たまに座って右手もレストすること。
・2-3p間は、左手を浅穴にガビガビ部分にしっかり皮膚をひっかけて、左足を壁の下側へ回り込むぐらい体を壁にくっつけてクリップ体勢を作ること。
・3-4p間、3p目クリップしてからの右手エグレ穴取りは、右手でカチを中継して補助すること。
・4-5p間、4p目クリップホールド持ち替えは左手V字状の一番下にジャムっぽく持つこと、核心穴二つポケットへの右手だしは、「うっ」と声を出して体をロックすること。核心の左手中継ホールド取りは、寄せて寄せて右足を壁にしっかりあててから手だけだしのイメージ。5p目クリップホールド持ち替えは右手を左手下側から出してクロスマッチすること(上からクロスしようとすると上体が動いて左足がはずれる)。
・5-6p間、5p目クリップ穴のシェークで左手休ませること。3手目左手で、右足ガバ穴に差して右手シェークで右手を少し休ませること。トラバース右手クロス出しは、右足ハイステップ気味のままで、右手は左端を親指かけてしっかり掴むこと。左手アンダー送ってからの6p目クリップは体落として、右足荷重でバランスを安定させること。
・6p-終了点間、右手三角ホールドは上の方持ってしっかりピンチ持ちすること。左足は一つ上にあげてから左手チビ穴ホールドへ出すこと。
・次回は5p目クリップまで繋げられるとよいのだが。

きん

by climber-kin | 2011-04-02 23:45 | 太刀岡山 | Comments(6)
Commented by よねひこ at 2011-04-03 14:40 x
お世話になりましたp(^^)q。今回パートナーが見つからず「頼みの綱」で、きんさんにご連絡したところ快くサポートを請け合っていただき感謝ですm(__)m。昨年秋に「ラット」をRPして前半の登りは完成してるはずなのにうまくいきません。こうなれば根競べです。がんばりましょう(^0^)/。
Commented by climber-kin at 2011-04-03 17:39
よねひこさん、お疲れ様でした。ラットを登れる力があるのですから、すぐに戻りますよ。私はまだ一度も5p目まで到達できていないので、ラットにも到達できていないということですね。まずは、5p目到達です。お互い、がんばりましょう。また岩場でよろしくお願いします。
Commented by 無名のK at 2011-04-03 21:38 x
2箇所の穴もちかえはクロスですか。やる人みんなちがいますね(笑)。佳境に入ったら、撮影隊を同行させてください。
Commented by climber-kin at 2011-04-04 09:20
k師、おはようございます。やりずらい持ち替えムーブとかは、まだ仮決めの段階ですねぇ。少しづつ直しながら、進歩が感じられる間は、トライ継続してみたいと思います。いつになったら佳境に入れるやら。
Commented by まさよ at 2011-04-04 23:32 x
お疲れ様でした~。そのツルツルな指カワ週末までになおしてくださいね。
K師、ちょうどうわさしてましたー。撮影隊なんて言わず、一緒に登りましょ~。たまにはヒモも新鮮でいいですよ。
Commented by climber-kin at 2011-04-05 00:09
まさよさん、お疲れ様でした。ツルツル指皮は定常状態です。これが普通と思って、登ってます。冷たい岩では、やたらはじかれ。熱い岩ではヌメヌメなのは、この指皮のせいなのか?


<< 2011年4月4日、B-PUMP      2011年3月30日、ベースキャンプ >>