ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 10月 11日

2011年10月9-10日、小川山

太刀岡山を上がった後、ゆめみの丘でお風呂をもらい、外食で夕飯を済ませ、小川山へ向かった。土曜の夜に廻り目平に入るのは、駐車場もテン場も一杯なのではないかと心配して、町田市自然休暇村のキャンプ場を利用した。テントサイトは3つしかなかった。テントを張っているのは我々だけ。1つづつのサイトは大きい。それぞれのサイトに6張りぐらいは張れそうだ。キャンプ場は真っ暗でさびしい。向こうに見えるキャビンから暖かそうな光が漏れてきていて、うらやましかった。こちらはランタンに手を当てて暖を取っていた。マッチ売りの少女の気分だった。そして、連休二日目はロッキーロードを触るつもりだったのだが、どうもマラ岩は激混みの予感がした。誰かさんが、5峰へ行きたくてたまらないようだったので、マラ岩は空いてそうな3日目に当てることにした。

◇10/9、「こんにいわおっぱいでずっこける!」
日曜の朝は、予想通り、廻り目平は車で一杯だった。車を一台にしてやってきて正解だった。何とか1台分の駐車スペースを確保できた。少し後ろ髪ひかれながらマラ岩を背中に向けて歩き出した。ロッキーロードはまたRPトライフェーズではないし、前回1日触ったのだが、RPどころか、リードでトップアウトもできてない。二日目は二日目で楽しもう。そして、あのルートは核心ムーブさえできれば登れるかも?とあわよくばのスケベ心を持ちながら5峰へ向かったのだった。

(1) ギャオス(10b)
おー。岩がバリバリだ。

(2) こんにちわおっぱい(12b)、敗退
そんなスケベ心は吹っ飛ばされた。出だしの核心ムーブができない。記憶しているより狭い。ところが、一発だけ核心ムーブができたのだ。

(3) こんにちわおっぱい(12b)、敗退、ヌンチャク回収
もう一度、核心ムーブをリハーサルするが、もうできない。いったい何がポイントだったのか。散々トライして、最後に右足のフットホールドが違っていたのに気が付いた。指皮すり減らすだけで終わった007.gif

花崗岩の12bは甘くない。できそうでできない、こんにちわおっぱいの核心。また来年。キャンプ場への帰りに久々にスーパーヤマナカによって買い出しをした。おばさんは、お客としゃべってばかりで、レジを打つのが遅い。昔と変わらない。町田自然休暇村のお風呂をもらった。この施設、きれいで雰囲気がリッチだ。今度はキャビンか本館にとまってみたい。町田市民じゃないと、土日に予約するは難しいのかもしれない。3ヶ月も前に予定決まってるわけないし。

〇今日の五峰
・何故か、tsukaさん、たいちくん、T田ママ達も5峰へやってきていた。T田ママは、軽くおっぱいをRP。おめでとうございます。
・M代っちは、風姿花伝(11b)をフラッシュ!。やるなぁ。
・写真は、プラズマをトライするp-chan。昨年より確実に強くなってる。今年はパートナーのご機嫌さえ損なわなければ登れるかも(笑)。
b0037220_042453.jpg


◇ 10/10、「ロッキーロードで力尽きる」
3日目にしてマラ岩へ向かった。体中がバキバキしている。なんと言っても、指皮が全くないのが辛い。トップアウトもできていないので気楽に行こうとアプローチをテクテク歩いて行った。川の渡渉ポイントは何やら大きな岩が増えていて歩きやすくなっていた。

(4) レギュラー(10c)、再登、ヌンチャク掛け
まだ、岩が冷たいのだが、頑張って再登した。この時間は日が岩に当たって反射してフットホールドが見えなくなってしまう。何度もスタンスを確認しながら登った。

(5) ロッキーロード(12a)、Tr
ムーブがわからないのは二か所。クラックからダイクトラバースへ移る箇所と最後のスラブだ。リードでトップアウトできる自信がなかった。空いていることを幸いにトップロープでムーブを探ることにした。このルート怖すぎるからしかたない。最初の核心は一発でこなせて、クラックのレイバックもこなして、問題のクラックからダイクへ入るところのムーブを決める。うーん。いやらしい。そして、二つ目の問題の箇所。実はスラブの手前の大レストポイントからの一手目もできていないだ。おっこれか、グッドな方法がみつかった。そしてスラブへ入りも、右手ダイクスルーパー取ってから足踏みかえないで左足ヒールで左手サイドホールド取る方法を見つけた。よし。

(6) ロッキーロード(12a)、初トップアウト、ワンテン
恐ぇなー。トップロープでムーブを探っておいても、やはり、リードは怖い。ボルト足元下であの手順をこなせるかなぁ。心を落ち着ちくのを待ってからトライする。今度も出だしの核心はこなせた。足のだるさが我慢できる範囲でレストして、クラックへ入る。何か所がガバじゃないところが辛い。そして、核心は、何とか、ダイクに左足が上がったのだが、テープで伸ばしたヌンチャクが2m下に見えた。この立ちこみはこんなにバランス悪かったっけ?恐怖心が勝ってしまった。ヌンチャクをつかんでしまった。もう一度核心を確認してダイクトラバース。そして、スラブ帯へ。こちらは問題なかった。ワンテンで抜けられた017.gif

(7) ロッキーロード(12a)、敗退
ワンテンになってしまった。邪心で頭の中が一杯になる。いかんいかん。3日目の最後の登りの時間だった。あー、これが初日だったら。せめて昨日トライしていればと頭をよぎる。夕日を見ながら集中力を高めてスタートした。今度も出だしの核心は超えられた。レストしてからクラックへ入る。うっ。だが、さっきより、体がよれている。レイバックムーブは、体幹のよれを如実に感じてしまう。そして核心は懐のスペースを作れず、左足に踏みかえられない。しかたないので左足スメア気味にして、右足を右壁の小さなダイクに上げた。右手持ち替えて、あれ、左足なんとか上げようと動く前に左足のスメアが滑ってしまった。残った力で渾身のトライをした。もう体に余力がなかった。よれよれで、テンション状態からも、もう核心ムーブはこなせず、敗退した。インチキ棒を持って、再度登り返し、なんとかトップアウトしてヌンチャクを回収できた。あー、なんか、トラウマ作っちゃったような。

ロッキーロード、怖いです。ダイクへ入るところがとても難しいです。エクセレントへの道は険しいです。まぁ、エクセレントのためには、ロッキーロード沢山触っておいた方がよいしと前向きに考えます。三連休の三日とも全力トライで充実できました。体は疲れ切りましたが、楽しかったです。小川山の混雑も今週が最後でしょう。寒いけど、これからが一番いいシーズンです。今シーズン、あと、2、3日来たいなぁ。それと、一度だけでもエクセレントラインを下からトライしてみたいです。シルクロード、忘れないように今シーズン中にもう一度ぐらい触っておきたいし。ロッキーロードRPしていないけど、先にエクセレントライン触ってみるかなぁ004.gif

〇 今日のマラ岩
・私とH岡さんだけのエクセレントラインでした。
・M代っちは、JECC(10d)を3便でRP。今日も成果を出していた。
・写真は、エクセレントパワーをトライするH岡さん。シルク核心は軽くこなしています。あと少しですね。ガンバです。
b0037220_062474.jpg


きん

by Climber-Kin | 2011-10-11 00:07 | 小川山2011~2012 | Comments(2)
Commented by こーたろー at 2011-10-11 15:54 x
きんのアニキ 3連休しっかりと登ったみてぇだな。こんにちはおっぱい、風姿花伝、、、そういえばパンキンプンクンも宿題だ。
来年は5峰の宿題片付けシーズンにでもするかな。
Commented by Climber-Kin at 2011-10-11 17:19
兄弟、頑張りすぎたぜ。指皮ツルツル。体はバキバキ。フォールして、しこたま、ローキーのカンテに体をぶつけたぜ。ひざの裏は打ち身。足首もフォールの時に少しひねっちまった。腕は擦り傷だらけだぜ。
宿題?後ろは振り向かないことだぜ。前進あるのみだぜ(笑)。


<< 2011年10月12日、T-W...      2011年10月8日、太刀岡山 >>