ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 12月 27日

備忘録:エクセレントパワー

(1) 1pまで
・左足ハイステップで左手手だして、右手に足で、フレーク取り。
・キャメロットグレイを決める。これはマスターカムへ変更予定。
・左足と右足上げて、右手で長ヌンにクリップ。長ヌンは、60cm+短いヌンチャク。
・クライムダウンして、カムからロープを抜くこと。

(2) 1-2p間
・レストポイントから一段上がって、右手を親指プッシュで左足をカムの刺さったフレークをプッシュしてバランスを取って、左手チビアンダーホールド刺す。
・右足踏み直して、左足右足で右手サイドホールド。
・左足極小エッジに載せて左手デッドっぽくサイド。
・右足上げて、右手一段上のサイドへ。
・左足に乗り換えて左手ガバサイドへ。
・さらに右足を上げて、フリのバランスで右手カチガバのミニフレークへ。
・左足を小さな穴ホールドに置いて、右足ミニフレークに載せた状態で、2p目をクリップ。

(3) 2-3p間
・右足ヒールで左手シェーク。
・右手スローパー気味ホールドもって、左足結構高めで右手ガバアンダー取り。(ちょっと曖昧)
・左手プッシュでバランス取って、いい体勢になる。
・穴ガバで3p目クリップ。
・しっかりレストすること。

(4) 3-4p間(出だしの小核心)
・左手ガバガストンから右手サイドアンダーよいところへ。
・ステップして、左手をガストンからサイド引きへ。
・ステップして、右手をサイドアンダーの一番上へ。
・マーキングしている右足チビでっぱりに載せて、左足手に足でガバ穴に入れて、勢いよく立ち上がり、左手えぐれホールドを保持。我慢して右手マッチして、右手と入れ替える。
・左手、一本指穴と右手で交互にレスト。
・右足をハイステップして、体を上げて、左足をチビホールドにあてて、安定させてから、左手アンダーへ逆手もち。
・右手寄せて、左足を上げて、4p目クリップ。

(5) 4-5p間
・右足を少し右側へ移動させると、左足も移動させて、両手順手で少しレストできる。
・右手掘れたホールドへ出して、右足上げて、左手はあまり持ちやすくない。右手の傍のホールドで、左足ステミング状態で左手出し。ここでシェークできる。
・右手よいところに持ち直して、左足スメアで右足上げて、右手右足で左手をガバへ。
・足をガバ足に上げて、シェークできる。
・もう一つ左手出して、右手サイドホールドで5p目クリップ。

(6) 5-6p間
・3つのホールドで交互レスト。
・右足をあまり上げず、右手サイドへ。左足上げて、6p目クリップ。

(6) 6-7p間(シルクの核心)
・6p目クリップしたら、左手あまり高くない位置のサイド引きもって、右足を左足と入れ替える。
・左足はガバ足より少ししたのチビホールドに載せる。
・左手をガバサイドから、もう一つ上のサイドへ上げる。
・左足をガバ足に上がる。右足はいいところに踏みかえること。ここで左手シェークできる。
・左手を一段上のサイドへ上げて、左足で立ちながら、右足を少しくぼんでいるあたりにスメア押しして安定させて、右手を核心の持ちづらい丸っぽいホールド。
・右足を所定のえぐれているスメア立ちができるホールドへ移動させて、左手を核心の縦ホールドへ。
・右足スメアで、左足核心のポチホールド載せて、体を右へ、ぐぐっとシフト(重要)。
・そして左足にしっかり乗りながら、右足はサイドホールドを掻き込みながら、左足にしっかり立ち上がる。
・右手を遠い例のホールドへ。
・左手をゴミカチホールド拾い、左足を少し乗れるチビホールドにあてて、体を左上へジリジリ上げていき、届きそうなところで左手デッドで7p目クリップホールドへ。
・左足は核心の左手ホールドにのり、右足は水平フットホールドに乗り、7p目クリップ。

(7) 7-8p間
・足そのままで、右手サイド持ち。背伸びしながら、左手ガストン気味頭の上のホールドもって、左足上げる。縦の核心ホールドの穴までは上げず、その少し下のホールドに載せて、右手をガストンへ出す。
・親指で持ち、少しガストン気味にして、右足にしっかり体重載せて、左足を縦の核心ホールドの穴へ移す。
・右手を倒れこむガバホールドプッシュ。手の首側を壁側(逆手状)に向ける。レスト。
・右手を順手に戻して、左手をクラックに刺して、おっとっとで倒れこむ。
・すかさず、フットホールド確保して、右手をガバの上のサイドを持って、体を右手へ倒しこみ、左手の肘が伸びた体勢にして、8p目をクリップ。8p目は連結。ゲート左向きが必須。

(8) 8-9p間(ロッキーへ繋ぎ)
・8p目をクリップしたら、右手持ち替えの遠いホールドをすかさず取る。この時は一番いい場所取ってよい。後から持ち替えられる。左足を手に足ヒールして左手リップ取って、体勢を整える。
・左足ヒールのまま、右足を少し右側へスメアでフラッギングしながら、左手マッチで持ち替える。
・右足穴ホールドでスメアしながら右手を40cm右のホールドを拾い、体勢を整えて、デッド気味に右手を比較的よいところへ飛ばす。
・すかさず、左足をよいフットホールドへ上げる。
・さらに、左手マッチして、よいところと持ち替える。
・右手を遠いサイドガバへ。
・スメアで足を送り、右足を穴ホールドに刺す。押すのではなくて、真下に載ること。
・左手穴を取って、右手サイド。さらに右側のブルースのカンテは限定だ。・左手持ちづらいガストン向きのホールドでなんとかこらえて、左足を外傾ダイクへのせて立ちこみ、右手サイドカチをとる。ここで、9p目クリップ。(ちょっと曖昧)

(9) 9-10p間(ロッキー核心入り)
・左手ガストンで、右足はダイクより少し上のエッジに乗り込み、右手サイドカチへ。
・左足を右足のすぐ傍のダイクにスメアして、右足をポケットホールドに刺して体勢を整える。
・左手は一度左側ロッキーの核心入りホールド持つが、ここで右手をロッキーと同じく、頭の上のスローパーへ移動させてからロッキー核心入りがよいのだが、その手順はまだ探れていない。
・このまま状態で核心へ入ると、お尻が落ちてしまい、難しくなる。多分。一度左手を頭の上のスローパーへ出して、右手マッチして左手を戻せばよいと思われる。
・左足スメアで右足をかなり高め、お尻の下にサイドエッジで立ち上がって、右手ガストン取り、左足をそっと押しながら、10pをクリップ。

(10) 10-11p間(ロッキー核心)
・右足を左へ送り、右足をダイクの一番右側の一番載せやすい場所にハイステップ。
・右手ガストンのまま、左手を遠いガストンへ飛ばす。
・そのまま、がんばって、右足を30cm?上げる。右手アンダーっぽいホールドもって、左足を30cm左へ移す。右手マッチして、体を左へ倒していき、左手左側ホールドもって、左足で立つ。
・いい足位置作って、11p目クリップ。

(11) 11p-(カム)-12p間
・11p目クリップ後、50cm上がる。この上がる際もバランスがいまひとつなので注意。
・またまた、レスト。
・レイバックセクションは出だしの3手目あたりが悪い。
・カムはキャメロット赤でなく、マスターカム#5だと歩かないかもしれない。
・カムにクリップして、凹角は左足よいところに立つと12p目にクリップできる。

(12) 12-13p間
・ここから、いったん左壁に出て、左足スメアで左手水平カチ、右手水平カチ、左手壁側エグレホールドで、右足カンテ右側のエッジに左足を同じくカンテ右側の乗れるホールドで頭の上の持ちづらいホールド取り、右足上げて、ロープ内側からすくって、左足ダイク角は乗れるところがある。13p目にクリップ。

(13) 13-14p間
・右手カンテの方をラップもちに持ち替えて、すくっと立つ。
・立った後、右足クロスでダイクへ。左足を抜く。
・あまり手を先行させずに、左足送って、右足寄せるを繰り返し、左手ガバへ手を伸ばす。
・握ったら、振られ気味にぶら下がり、すかさず、ガバレストに立ち上がり、14p目をクリップ。

(14) 14-15p間
・右手ガストン。左足は腰高あたりにフットホールドあり。左手でアンダー?取って、少しいやらしいバランスで足さばきして、一段あがりガバアンダー沿いに登り、15p目をクリップ。

(15) 15p-終了点間
・左手ガバアンダーから、フリで右手ダイクのスローピーなホールドもって、左足をヒールフックで左手をデッドでサイドカチへ。
・左足を1回スメアで歩いて、右足もスメアで左足フットホールドに載せて、右足を右上の高いホールドへ。
・右手いいところ、左手今一つのホールドを持って、左足をダイクまで上げると左手ガバが取れる。
・ガバをつかんで、足を上げて、立てば終了点に立てる。

健闘を祈る。

きん

by Climber-Kin | 2011-12-27 14:23 | ムーブメモ | Comments(0)


<< 2011年12月29日、二子山...      備忘録:カリスマ >>