ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 02月 04日

2012年2月4日、二子山、大バカ犬RP

「任唐ラインは満員御礼005.gif

移動性高気圧に覆われて暖かくなるはずだったのだが、終日、たまに猛烈な風が吹き荒れていた。空は快晴。温度は少し緩んでいましたが、風が強いせいか岩は冷た目でした。風のせいで荷物がジャリジャリになりました。岩場自体は空いているのですが、任唐ラインだけが、めちゃ混みでした。11人?12人?5番目で1便目は12時に回ってきましたが、2便目は4時を過ぎるだろうと諦め、他のルートを触りました。

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) 高く登れ(10b)、TR
(3) バイパス(10a)、再登
(4) ワーカーホーリック(10b)、再登

(5) 任侠道(12d)、探り便
ムーブをできていないセクション、6-7p間を探る。やってみる度に大フォール。ごぼうで登り返すのに前腕がパンプしてしまう。温めていたアイデアは違っていた007.gif。どうも多くの人は上側の穴を使うらしい。探っている最中に真珠入りをトライする朔太郎氏から。下に降りてからも、いろいろな方々からアドバイスをもらった。なるほど。まず、アンダー差す前の左手ホールドの持ち方が違うのね。左足がみなのように高く上がらないはずだ。左足が低いから左手が上側の穴にしっかり入らない。なるほどー。ありがとうございます。

(6) 大バカ犬(11d)、×、ムーブ探り
2便目が回ってきたとしても5時ぐらいだろうと思って、こちらのルートを触ってしまった。結局4時ぐらいに順番が回ってきたみたいだけど、その時はビレイしていたし。先週3p目クリップしてから、デッドでガバ取りまでの核心の6手は固めたつもりだった。しまった。3p目クリップの前のムーブは思い出していなかった。多分こうだろうなーでうまくできて、3p目クリップし、いざ核心セクションへ。狭いアンダーからの左手は止まり、手に足ヒールからの右手出しも止まる。そこからデッドの左も止まった!だが、右手寄せはヒール外すんだっけ?とあいまいな状態で右手を寄せたら落ちてしまった。右足ヒールのまま右手寄せてからヒール外してデッド態勢になるんだった。

(7) 大バカ犬(11d)、×
20分後にもう一便だした。右手が少しよれていたのだが、今度は右足ヒールのままで右手寄せ成功。左足決めて右足決めてというか、フットホールドはスメアしているだけ。殆どキャンパシングに近い。一つ目の左手デッドは止まったが、もう右手の感覚がなかった。次の一手を出す勇気がなかった。落ちればグランドすれすれだから。

(8) 大バカ犬(11d)、RP
1時間ほど空けてから再度トライ。もう5時近い。日が長くなったものだ。だが、岩が急激に冷たくなってきている。前腕もダメージでピシピシ痛くなっていた。登っちゃいたいなー!でも難しいかも。動きがこなれたか前腕ダメージありながらも、スムーズにムーブをこなせて、正面の壁に入ってから一つ目のデッド。これは止まった。だが、右手の感覚が薄い。右足スメア場所上げて、二つ目のデッドは一瞬出すかどうか迷ったが出すことができた。止まった!!!左手寄せて、次のガバへ手を出そうとしたら、届かない。一度右手を戻す。ここから落ちるとヤバイ。グランドするかもしれない。渾身の力でもう一度右手を出した。届いたー!よかったー。

任侠道(12d)、いまだムーブが一か所解決できていません。今日こそは解決するぞと思っていたのですが、妄想はハズレでした。だけど、いろいろな方の助言で次回試すことは決まりました。目から鱗な話ばかりでした。いろいろな謎が解けました。そして、先週、大バカ犬(11d)をムーブ探りして、今日再トライしました。ギリギリで何とか登れましたが、このルート、グレードの割に、めちゃくちゃ難しいです。愛しのエリー(12a)より難しい気がします。だけど、ムーブは面白いです。tmbさんがボルトを打ちかえてくれて生き返ったルートです。ボルダー力に自信のある方はぜひトライをしてみてください。任侠道を1便か2便、その後広場のパターンが続きそうです。

〇 大バカ犬(11d)
・弓状が濡れている時に暇つぶし的に触ってみたのですが、このルート激しくて手強くて、おもしろいです。たまに触ってみてはいたのですが、なかなか登れずにいました。核心と言われている3p目クリップ直後の狭いアンダーからの遠い左手穴取りと手に足ヒールからのさらに遠い右手出しは難しく、昨年に一度だけこなせたのですが、最後のガバへのデッドで落とされてしまいました。それからは、なかなか、その遠い右手が止まらず苦戦していました。ところが、カンテ向こう側の縦スリットホールドがあることが判明しました。これで少し楽になりました。その右手縦スリット取までは楽に行けるようになれましたが、そこからの後半も簡単ではありませんでした。遠いキャンパシングやっているようなデッドにデッド。ガバ取った後も次のガバがなかなか届かず、落ちそうになりました。ここで落ちたら、ちょっとやばかった。直接グランドはないでしょうけど、ビレイヤ―が上がり、デリウスみたいに地面に着地だったと思います。愛しのエリー(12a)より少し難しい気がします。
・1日に1便しかトライしなかった日が半分ぐらいですが、結局6日15便かかりました。チーウォール東村山の2-3級ぐらいです。無理やりデシマルにすると、「愛しのエリー(12a)」と同じく体感12bぐらいに感じました。広場のルートはどれも手強いです。

〇 今日の二子山
・林道は車がたくさん入ったために轍がツルツル、カチカチになっています。
・この状況にしては、20-30人ぐらいだったでしょうか。その半分ぐらいが任唐ラインでした041.gif
・写真は任侠道を洗練された登りでトライするU子さん。
b0037220_003087.jpg


〇 遠くのサバージュにぶら下がるミッキー
・頑張れ、ミッキー!
b0037220_013286.jpg


きん

by Climber-Kin | 2012-02-04 23:55 | 二子山'11-'12 | Comments(2)
Commented by こーたろー at 2012-02-05 07:38 x
きんのアニキ アニキのブログにたまにお目見えする「大バカ犬」完登めでてぇ。
しかし、凄ぇ行列だな。1トライできただけでも御の字ってぇところだな。
Commented by Climber-Kin at 2012-02-05 12:23
こーたろーの兄弟、ありがとよ。このルート、11dとグレーディングされているが、かなり手ごわいぜ。登れてちょっとうれしいぜ。任侠は、かなり難しいぜ。その上に、あまりトライできないようじゃ、オイラの実力じゃー、完登は不可能に近い気がしてきているぜ。現実的な期間で登れるぐらい実力つけてから、トライした方がよさそうな気がしてきてるが、まー、もうちょっと触ってみて感触を確かめてみるぜ。


<< 2012年2月6日、T-WAL...      2012年2月1日、T-WAL... >>