ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 06月 25日

2012年6月23-24日、小川山

すっかり、梅雨時になってしまい、湿度が高くなってしまった。到達高度が下がり始めた。もう何度もこのパターンを経験しているが、ようはシーズンが終わっているということなのだ。RPフェーズの自分にとっては、これ以上通ってもあまり意味はないのだろう。もう梅雨まっさかり、そんなことを考えずとも、しばらくはトライに行けるチャンスはないだろうと思っていた。ところが、なんだか今週末の天気予報は良い感じだ。予想気圧配置をチェックすると、太平洋の高気圧は下がり、大陸側の高気圧に覆われる感じだ。もしかして湿度が低いかもと期待して、久々に泊まりで小川山へ向かったのだった。GWウィーク以来のお泊まりクライミングだった。だけど、やっぱり梅雨時なのですねと思い知ったのでした。

◇ 23日(土)
昨日までしっかり雨が降ったようだ。渡渉は増水で裸足で堰堤部分を渡った。アプローチ道は湿り気十分。マラ岩に到着すると予想通りの下部ヌルヌルの状態だった。昼ごろからお日様が照りだした。気温自体は低く、日陰にいると寒いぐらいなのだが、日の当たるマラ岩は例の岩から熱気を放出していて、モワモワと感じるような日だった。
(1) レギュラー(10c)、Tr、ロッキーロードセクションのヌンチャク掛け
このルートは何度登っても難しい。クラックにベースキャンプと中三週間あいたこともあり、久々の花崗岩フェースは踵が上がりまくる。
(2) ロッキーロード(12a)、Tr
まだまだ、シルク出だしが濡れているので、上部リハーサル練習。何だかクラック部分が緑色に見えた。光の加減か?いや本当に苔が生えていた005.gif

〇 シルクロードセクションのヌンチャク掛け

(3) 屋根の上のタジヤン(9)、再登
少し花崗岩慣れした方がよいかな。まだ、下部ヌルヌルだしと、もう一本アップしておいた。

(4) エクセレントパワー(13a)、×、シルク縦の核心手前でテンション
出だしヌルヌルということもあったが、三週間ぶりと言うより、ボルダーやり過ぎたのかも。力が入りまくり。シルク縦の核心手前で前腕が張ってしまった。

(5) エクセレントパワー(13a)、×、シルク縦の核心超えたが
前便よりはましだったが、岩の放射熱が辛い。何とかシルク縦の核心を止めて、7p目クリップしたのだが、もうこれ以上進める感じではなかった。

◇24日(日)
土曜日は夕方にもう一便だそうかどうしようかと迷っているうちに湿度がさらに高くなってきたので日曜日に期待しようと結局トライしなかった。土曜日はただの練習日になってしまった。土曜日の夜はピー&あやちゃんのお好み焼き攻めでお腹いっぱいになった。日曜日の朝はいつもなら一番早く起きるのに、一番最後まで寝てた。日曜日は曇り気味で土曜日より5度ぐらい気温は低かった。曇り気味なので、やはり湿度は下がってくれず。湿度計は終日70%-80%をさしていた。

(6-7) 屋根の上のタジヤン(9)、再登
一回はリードで、2回目はトップロープでずっと左のラインを登ってみた。

(8) エクセレントパワー(13a)、×、横の核心でフォール
どうも、左シューズが緩い。シューズストレッチャーで緩め過ぎたようだ。ただ単に岩の温度が高いせいなのかもしれないが、左足エッジが負ける感覚が終始つきまとう。このコンディションでも、昨日からの練習?で少しづつ順応できているのか。昨日より少し前進した。

(9) エクセレントパワー(13a)、×、繋ぎ部分直前でフォール、トップアウト、ヌンチャク回収
ヌメり気味のホールドを昨日から頑張って持ち過ぎているせいだろう。疲れを感じたままヌンチャク回収便。雨が降ってくる気配もあったので、雨時ヌンチャク回収対策のためにロッキートライしたH山さんにロープ抜かずに脇によけておいてもらった。ありがとうございました。ヨレヨレながらも、何とかシルク縦の核心が止まって、シルク横の核心へ入るが、タコレストはヨレていると戻せない。このまま突っ込むと繋ぎ部分手前あたりで大フォールだなと思いながら、必死の形相で横トラバース開始。予想通り、繋ぎ部分直前で大フォールした007.gif。今日は二日目、足の激痛に我慢できない。少しシューズを脱いでレストしてからロッキーセクションへ向かうが、もうヨレヨレ。殆ど各停で進みながら、何とかトップアウト。疲れた。降りてきて湿度計見たら80%だった005.gif

エクセレントパワーはトライするたびに難しくなって来ています。もうシルクセクションすらなかなか超えることができなくなっています。そろそろ、別のルートでも触るかなぁと思いながらも、じゃ何やるんだ?そもそも、外岩登れる時期じゃないのだから、今日はラッキーでした。トライできたことに感謝しないといけないです。疲れている二日目の最後に、しかも湿度80%のコンディションで、よく、あそこまで行けたもんだと前向きに考えましょう。自分で言うのも何ですが、よいトライでした。

〇 今週のマラ岩
・もう少し湿度が低いことを期待したのですが、もう梅雨です。
・梅雨の中休みのエクセレントラインは結構な人がトライしていました。土曜日は6人。日曜日も6人。
・写真は初トライで核心まで迫るすずちゃん。
b0037220_2347440.jpg


〇 ロッキーロードの謎(備忘禄)
・ロッキーロードのクラックからダイクへ上がるムーブ。何故か、簡単に上げれる時とできない時がある。できない時は必ずロープが股の間に入る。何故かなぁとずっと思っていた。ただのヨレの違いかなと思い込んでいた。
・今日、kの嬢にそのあたりのムーブを聞いてみたら、なるほど004.gif。右のコーナー側に体を入れてしまうと難しくなってしまうのか。確かに、体が右に入ってしまう右手肘が上がってしまうためか。謎はこれだったのかも、結果の違いには必ず原因がある。これが最後の鍵になるかも。次回ヌンチャク掛けの際に確かめてみよう。
・写真は、必至の形相でここまで繋いだ私。写真by H山さん。この後、大フォール。
b0037220_94273.jpg


きん

by Climber-Kin | 2012-06-25 00:05 | 小川山2011~2012 | Comments(6)
Commented by 鈴木牧え at 2012-06-25 05:58 x
昨日はヌンチャク、ムーヴのアドバイスなどありがとうございます。またよろしくお願いします。
Commented by H山 at 2012-06-25 09:34 x
日曜はロッキーのQD、ありがとうございました。いやーロッキームズいです…。もうちょっと湿度が低いとよかったのですけどこればかりはどうしようもないですね。またよろしくお願いします!
Commented by Climber-Kin at 2012-06-25 11:13
鈴木牧えさま、お疲れ様でした。出だし小核心は序の口ですよ。後半はもっともっと楽しめますよ。昨日はまわりがよく見えている人たちばかりだったのでよかったです。混んでるラインで、上と下に通しのトライ者あり、スケジュールしながら、効率よく回せるとよいですね。
Commented by Climber-Kin at 2012-06-25 11:17
H山さん、お疲れ様でした。雨対策用にロープ残しておいて頂いたおかげで、最後の便は心配しないでトライできました。ありがとうございました。この時期、トライできただけでもラッキーだったのでしょう。あと、写真ありがとうございました。記事に使わせていただきます。
Commented by こーたろー at 2012-06-25 18:02 x
きんのアニキ お疲れ。湿度計前々から気になってんだけどアニキの記事を見る限り、数値を見て気持ちが萎えそうだな。
Commented by Climber-Kin at 2012-06-25 18:40
こーたろーの兄弟、そうなんだよ。湿度高い状態から低くなってくるば元気づくんだが、逆に高くなるとな。ちなみに、これ100円ショップで買った温度計だぜ。


<< 2012年6月26日、AKBビパン      2012年6月20日、T-WA... >>