ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 08日

2012年9月8日、小川山

あまり芳しくない天気予報だったが、当日の朝になって予報は好転した。久々に、めずらしく夕方までトライできた。気温はかなり低くなり、あと湿度も低くなってくれれば、よりチャンスが増えてくれるのだろう。それと、まだ日差しが強く、昼からは岩が温まってしまうのが辛いところだ。先週、フットホールドが欠けていた。シルク縦の核心の右足が低くなった。どうなることやら。

(1) レギュラー(10c)、Tr、ロッキーセクションヌンチャク掛け
〇 シルクセクションヌンチャク掛け
(2) 屋根の上のタジヤン(9)、MS、再登

(3) エクセレントパワー(13a)にならず、×、シルク縦の核心でフォール
涼しいうちにと、朝の9時に最初のトライ。まだ、体が動かなかったか?欠けた低くなった右足ホールドにまだ適応できていないのか。遠い右手は止まらず。

(4) エクセレントパワー(13a)、×、10pクリップたぐり落ち
シルク遠い縦の核心は、思い切って、だけど力まず。でっ、今度は止まった。手汗は出てなかった。何とか7p目クリップへ到達。そして横の核心へ。落ちそうな危ない動きだった。そしてタコレストは休めない008.gif。右足が我慢できなくなってところでゴー。8p目クリップしてから、ダイクハンドトラバース開始。フットホールドがない、この大きな動きは疲れる。そして、右手ガバカチからのきつい左手穴取りは何とかこなせて、9p目をクリップ。ここで休んるとよいのだが、足が悪い。どれだけの居ても、前腕の張りは停滞。いや、長居しすぎると余計に張ってします。ロッキーラインに合流して、最初の難関の10p目クリップ。なんとかできそうだと思った瞬間に左足が外れて、大フォール。あー!右足にしっかり立たず、腰が落ちたままだったか。

(5) エクセレントパワー(13a)にならず、×、シルクの本当の核心カンテ手前でフォール
1330ごろに3便目を出す。この便が余分だったか?再びシルクセクション7p目まで到達するが、もう足がヨレヨレ。タコレストが辛い。我慢できずに右トラバース開始。ダイクハンドトラバースをしながら、絶望的な前腕の張を感じる。所謂シルクの真の核心の右手ガバカチから左手穴取りは恐くて手を出せずに自らフォール。

(6) エクセレントパワー(13a)、×、ヌンチャク回収
途中までではあったが、力尽きてるまでのトライを2回は、厳しかったようで、シルク縦の核心で落ちてからは、もうボロボロ。気持ちが切れてしまったところもあり、必死のヌンチャク回収便にかわりました。日に3便かも。

右足が低くなったシルク縦の核心は、やはり通過できる確率が低くなったようです。シルクの右トラバース「ダイクハンドトラバース」は、どんどん腕が張ってきます。カンテは使わずの限定(所謂、シルクからロッキーを繋ぐなのでカンテにはでない)をしているので、この繋ぎ部分は腕が頭の上に上りっぱなしで、まったく前腕疲労が戻りません。そのままロッキー最初の核心へ突入するので、なかなか、ここを超えられません。だから、シルク横の核心でのタコレストは、ロッキー最初の核心抜けるまでの最後のレストポイントです。そこまで到達するには、やはり、7p目まで、もう少し楽に到着し、いや、前腕がパンプしないように到着し、タコレストで息を整える。そして、超ストレニセクションとなる7p-11p間の、ダイクハンドトラバースからロッキー最初の核心を超えるまでをしのぐシナリオしか見つかりません。秋になってフリクションよくなってもシルク縦の核心の難しさはあまり変わりませんが、シルク縦の核心までは、かなり楽になります。やはり、もう少しフリクションがよくなるのを待たないと厳しいのかもしれません。とにかくダイクハンドトラバースは足が全然なくて、とても力を使って疲れます。だけど、自ら選んだ初登ライン。日本初の13a、エクセレントなラインで頑張ります。

〇 今日のマラ岩
・最初の核心ムーブで迷走していた、よねひこさんが一便目でロッキーロードをRP。おめでとうございます。
・kbtさんのエクセレント、シルク縦の核心止めたら、いきなり、ロッキーロード核心まで繋げてフォール。いい感じになっていました。
・ピーは「またたび(14a)」、次には、もう登れそうだった。
・コンペ3位のオーミは、シルクを初トライ。結果は秘密037.gif
・写真は、エクセレントパワーをトライするkbtさん。
b0037220_235979.jpg


〇 シルクロード(12b/c)を触ったコータローさん
・今日はコータローの兄弟が、マラ岩へやってきたぜ。
・シルクロード触って、うれしそうだったぜ。
b0037220_0125118.jpg


きん

by Climber-Kin | 2012-09-08 23:57 | 小川山2011~2012 | Comments(4)
Commented by よねひこ at 2012-09-09 07:21 x
今回もお世話になりました。きんさんあとひと息ですね。ガンバ。遅ればせながらシルク仕切り直します。…kbtさんの写真、いい瞬間ですね!このポジションを目指したい!
Commented by Climber-Kin at 2012-09-09 09:33
よねひこさん、おめでとうございます。あとひと息なのか。まだまだ修行は続くのか。このルートはそうじゃないと期待していたのですが、結局持久力ルートになってしまいました。苦戦しています。ところで、岩場で話題になっていた、シルクのロッキーロード1p目にクリップしていいかどうかの件ですが、初登ラインだとダイクハンドトラバースでカンテへ出てるとのことで、するしないかではなく、ロッキー1pへクリップ自体ができません。ロッキーにエクセレント用長ヌンでもかかってれいればかけられますが。ということです。ダイクに上がってダイクを足でトラバースする新ラインなら、もともとの初登ラインではないので、クリップにこだわること自体必要ないことでしょう。顔の目の前のボルトをクリップしないのも不自然でしょうから。初登者や設定者が気づかなかったラインが後から見つかることは多いケースです。クリップ云々ではなく、ラインをどうするかの自分の判断とこだわりの問題のようです。
Commented by こーたろー at 2012-09-09 22:37 x
きんのアニキ 土曜日はありがとよ。おけげで2007年夏以来の"シルクロード"に触れる事ができたぜ。各駅だったけどその時よりは動けたかな。また、ぷらっとお邪魔させてもらうかもだぜ。その時はよろしく。じゃ、またな。

追伸.タイトルが4月だぜ、フリクションは今よりだいぶ良いだろうな。
Commented by Climber-Kin at 2012-09-10 07:58
こーたろーの兄弟、お疲れさん。9月に直したぜ。シルクはたまに触ってムーブ固めていくのも手かもな。じゃー、またな。


<< 「山梨県甲斐市中下条・中華料理...      「蒙古タンメン、中本」 >>