ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 12月 17日

2012年12月17日、T-WALL

朝起きた時に、おやっ?二日酔いまではいかないが、少し、ぼーとした感覚があったので、変だなぁと思っていたのですが、家に帰ってきて、わかりました。昨日買ったボトルを見たら、半分なくなっていました005.gif。なんてこったい。日曜日は自分の書斎の掃除やら整理やら買い物やら、雑用が終わったのが、夕方の4時過ぎで、もう暗くなり始めていました。時間があれば、プールへ行くつもりだったのに、なんとなーく、黄昏時の条件反射で酒が恋しくなってしまいました。今日はまーいいかなと早めから飲み始めてしまいました。気持ちよーくなったところで、BSの平清盛がスタート。酒のみながら見ていたら、知らぬうちに酒が進んでしまったようです。夕飯食べて、9時には夢の中でした。よく寝たのに、酒が残っているとは、どれだけ飲んだのかと思っていたのですが。これは飲み過ぎでした。登らない日曜日はとっても危険です。だけど、夕方にはすっきりして、元気よくジムへ向かいました041.gif

〇 後半戦、オージ@T-WALL、[3~4級のページ」、2012.12.11
・先週の残りの課題をトライする。
・黄緑3-4Qは、この写真の解像度だと見えずらい。狭っ苦しいスタートから右手ガバ穴アンダー。狭っ苦しいまま左手を青スローパで赤ハリボテを右手で取る。左手マッチして、右手送り、小さなカチ左手でハイステップで、右手ガバホールド。左手アンダー側へマッチして、右手ゴール取り。出だしと中盤で要リハーサルで4便ぐらいかかる。
・紫3Q-は、三手目の三日月状器ホールドからムーブがわからず、悩んでいたが、右足を黄緑デカホールドにトゥーフックを見つけるまで時間がかかる。下から繋いで、ガバアンダーへ一発で掴んで、そのまま完登。
・ピンク3Qは、出だしが恐ろしく遠い。しかもスタートホールドが持ち辛い。若様とk沼くんにお手本見せてもらったけど、まだできない。苦節40分。スタート時に左手親指をしっかり当てて、左手でもひきつけながら体上げてから左手ランジ気味で足ブラか。でっ止まって、もらいと思ったら、左手の緑穴ホールド外して落ちる。あちゃー。だけど、スタートのコツは掴んだ。次は左手の緑穴ホールド止めて、右手ガバへ取った瞬間に左手が抜けてフォール。チキチー!根性で次の便で完登。動的なムーブで次のホールド取りの瞬間にデッドポイントを作らないといけないムーブは難しいです。
b0037220_23171472.jpg


三つ目の課題にやられました。体が終わってしまって、キン3Q課題は今日も登れず。最後に黒4と黒7を登るが黒7は登れず。土曜日の二子で背中の張りを感じていたのですが、増幅されました。

ところで、冒頭に書いた、NHK大河ドラマの「平清盛」は視聴率低迷のようですが、私はとても、「おもしろー、おかしく」、見ています。この時代の歴史って、あまり把握できていませんでしたが、源平から平氏、そして平家へ。頼朝の源氏再興と北条政子。あー、そういうシナリオだったか。清盛がどんどん悪者になっていく。それに反して、清いイメージの頼朝と悪女と呼ばれる北条政子は、ずいぶん、かわいく描かれています。いいですねぇ。この時代に武士の時代が作られ、やがて戦国時代へ突入していく。面白いです。そして、平家物語の「おごれる者も久しからず」ですね。謙虚な心が大切ですね。クライミングも。

きん

by Climber-Kin | 2012-12-17 23:32 | T-WALL東村山 | Comments(2)
Commented by H山 at 2012-12-18 00:30 x
自分も平清盛を毎週楽しんで見てます。去年の大河と比べてこちらの方がはるかに面白いと感じます。残念ながら次回が最終回。放送第一回目の冒頭の光景と頼朝の一連の台詞に収斂していくのですよね。うーん、名残惜しいです。
Commented by Climber-Kin at 2012-12-18 09:51
H山さん、お疲れ様でした。画像が汚いとお年寄りには不評のようですが、これ、1,000年前の話ですからねぇ。私はリアルでよいと思うのですが。あと1回で終わりですね。来週も酒進みそうです。それと、この時代から、関ケ原の合戦まで、まだ450年もあるんですよね。そこからさらに江戸時代が300年。日本の歴史は凄い。


<< 2012年12月19日、T-WALL      2012年12月15日、二子山 >>