ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 11月 16日

2014年11月15-16日、二子山

先週、ついに、ペトルーシュクァの8-9p間の最初の核心を超えることができて、10p目に到達できた。そして、その10p-終了点間の最終的な足のステップの確認もできた。期待感でいっぱいになっていた。しかし、今週は仕事で重いノートPCをずっと背負っていたのが気になった。水曜日ぐらいから背中に張りを感じていた。そして、今週末は土日とも晴れの予報だった。土曜日は二子、日曜日はパートナーの宿題に柴崎ロックの予定だったが、この気温じゃぁ、終日日陰の柴崎ロックは厳しいだろうと、土日とも二子へ向かっただった。一方、天気の方は今週から一挙に冬になってしまった。しかも、コンディションがよくなったので、多勢のクライマーに賑わう二子になっていた。コンディションの方は、土曜日は、岩がツルツルだった。日曜日は、何故か、土曜日よりフリクションがよくなった。日曜日の方が弱冠湿度が高かったのだろうか。そして、頭の中が期待と不安でいっぱいのまま、週末を迎えたのだった。

◇15日(土)
(1-2) 高く登れ(10b)×2、再登
(3) バイパス(10a)、再登

(4) ペトルーシュクァ(12c)、×
・岩が冷たい。11時過ぎに、焼石を持ってスタートした。
・やはり、岩は冷たくて、ツルツルだった。それでも、元気な一便目。8p目を超えて、最初の核心へ突入する。あー!体幹がよれてる!
・ポイントの右ガストンは何とか止まった。左足ニーバして、右手マッチの左手出しは、コルネのハンマーヘッド状の良いところに届かなかった。ニーバで体がロックされていて、左手が伸びない。ニーバを外して、デッドで左手を5cm飛ばそうとしたら、はずしてしまった。フォール。

(5) ペトルーシュクァ(12c)、×
・7p目の「だっこちゃんレスト」で、背中と腹筋が怠くて、たまらない。我慢できずにゴー!
・8p目超えるのに精いっぱいだったが、今度も第1核心へ突中できた。しかし、またしても、左手コルネのハンマーヘッド状ホールドには届かず。ニーバをはずして、デッドで左手出したら、またしても、空振り。あー!

(6) ペトルーシュクァ(12c)、×
・なんとまったく同じ結果だった。まったく同じパターンを3回繰り返してしまった。

(7) ペトルーシュクァ(12c)、×
・今度また、左手ハンマーヘッド状ホールドに届かないなら、そのままで、右手ガバ取りしようと心に決めて、インターバル30分で泣きの4便目は、やっぱり、体よれていて、今度は第1核心最初の一手の右手ガストン出せず。あー。

オーマイがー!朝から背中の疲れを感じて、1便目に失敗。嫌な予感が的中してしまった。4便出して、9p目に到達できず。あ~後退だ~。

◇16日(日)
柴崎ロックは、この寒さでは厳しいだろうと、今日も二子へ行くことになった。前夜は例の薬を飲んで、21時には就寝した。9時間半熟睡できた。そして、16日のコンディションは、昨日と同じく快晴なのだが、今日は何故かホールドが持てる!土曜日と日曜日のコンディションが逆だったらよかったのにと、どうしようもないことを思いながら、まー、全力を尽くすだけと、今日もクァのトライを開始したのだった。

(8-9) 高く登れ(10b)×2、再登
・日曜日は混んでいた。アップルートがどこも順番待ちだった。あきらめて、ストレッチと上り下りの歩きで体を起こした。

(9) ペトルーシュクァ(12c)、×、最高到達地点、3足2手伸ばすが
・昨日の教訓で、体幹がよれ気味の時は第1核心で左手コルネはハンマーヘッド状の良いところは持てないことがわかった。ホールド飛ばそうとしないで、そのままゴー!だ。
・そして、その通りに左手コルネは良いところに5cm届かず。だが、今日はフリクションがよい。左手悪いまま、右足すべすべホールドに搔き込みで右手ガバ出しは、体がはがれて落ちそうだったが、指先がガバ穴のヘリに引っかかった。よっしゃー。
・9p目クリップ。ここで、完全に回復させて、最後の核心をこなしたいところなのだが、そのレスト体勢は足が低いのだ。どうしても腕に負荷がかかる。ここで到着すると、丁度、前腕はパンパンになってしまうタイミングなのだ。どこまで回復させられるのだろうか。
・自分では凄く長い時間レストしているように感じた。気持ち、少しパンプがとれてきた。だが、もう少し我慢だ。
・うん?なんだか体が辛いぞ。体幹がさらによれてきてしまったようだ。まずい。と思って、あわてて再スタートした。
・10p目クリップ。先週の修正に、昨日修正した通り、右足フットホールドを少し下げたおかげで、左足は上がった。
・そして、右手カンテカチへ。だが、前腕はパンプしていた。右手しっかり持ててなくて、左足がぜんぜん上がらない。オーマイガー!

(10) ペトルーシュクァ(12c)、×
・9p目レストで、あまり長いしないことだ。そして、最後の右手カンテチビカチとってから、一挙に左足上がるのでなく、左足右足と刻んで、左足あげるんだ。多少パンプしてても、行けるよ! よし、スタート。
・だが、第1核心は最初の右手ガストンすら止まらなかった。

(11) ペトルーシュクァ(12c)、××
・不思議なもので、いつもそうだが、2便目より3便目トライ開始時の方が前腕のモヤモヤが少ないのだ。意外と3便目に良い時が多い。2日目の7トライ目だが、あきらめるな! そんな期待をして、スタート!
・7p目で、結構戻せた。第1核心セクションへゴー!
・今度は、右手ガストンとれて、右足あげて左足ニーバ。そして、右手マッチの左手出しは、やっぱり良いところではないが、届いた。右足を上げて、搔き込みは~、3回足がフットホールドを空振りをしたところで、気持ちが折れてしまった。あ~。

ペトルーシュクァ、このルート、デブには厳しいです。9p目の大レストで前腕を戻せません。今日はoh!no!さんが海外遠征から帰ってきていたので聞いてみたのですが、やはり、9p目到達してから、1ヶ月かかったそうです。は~。そうですか~。それを聞いて溜息がでてしまいした。本当に寒い厳冬期まで、あと一か月。何とか登りたいなぁ。パンプは少しほぐれているが、前腕がモヤモヤ~とした状態で、最後の核心をこなせるのだろうか。悩ましい日々が続きそうです。

〇 今週末の弓状
・土曜日はまぁまぁ人手。日曜日は混雑でした。
・日曜日は、朔太郎氏がついに、「美しき流れ」をRPしていました。凄い!おめでとうございます。
・写真は、土曜日のおしいトライの写真です。
b0037220_23024599.jpg
〇 モダンラブ(12a)をトライするヤーコ姐ぇ
・おー!完登しそうと、あわてて、まーさまがシャッターを切りましたが、この後フォール。おしい。
b0037220_23025797.jpg
〇 よーこそチーウォール(13a)をトライするオーミ
・オーミもおしかった。実質終了とも思える右手止まったのに、その後、足を滑らして落ちてきました。
・あそこで、しゃべらなかったら登れたよ~(笑)。そこがオーミらしい。まぁ、次は登れるでしょ。ガンバ!
b0037220_23030739.jpg
きん

by Climber-Kin | 2014-11-16 23:04 | 二子山'14-'15 | Comments(0)


<< 2014年11月19日、平日二子山      2014年11月8日、二子山 >>