ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 11月 10日

「エベレスト3D」

 久々に映画を見てきました。「エベレスト3D」です。ゴジラがいる歌舞伎町の映画館行ってきました。インターネットで予告編見たけど、主人公は助かる話かなと思っていたら、実話に伴う話で死んじゃうのね。その当時、ニュースでも話題になって、世界中からたたかれた高所登山ビジネス(それが主流になってしまうと何だかわけがわからなくなってしまうが、マイナーな世界のままであれば、当時は、それも1つの登山スタイルとしてありだったと私は感じる)、6万5千ドルの公募エベレスト登山。当時は円高だったろうけど、今の為替だと約800万円近いお金を出して、エベレストを登る。どのぐらいの体力が必要なんだろう。お金払えても、誰でもできるってものではないだろう。体力足りなかったら死ぬ。中途半端じゃ、申し込みできないよねぇ。難波やすこさんという人はどういう人だったんだろう?7大陸のうち6大陸の最高峰は登っているらしい。どうやって登ったんだろう?(追記、モンブランは加藤保男氏で、残り5座は長谷川恒男氏?がガイド?)
 映像見ると、ガイドが張ったFixロープがずっとあって、それを伝って登っていく。体力とお金さえあれば登れる?
 映画でも、グレイのままにしてあった、南稜基部に酸素ボンベがなかったとか、ヒラリーステップのFixロープが切れていたとか、冒頭で協力しあおうとしていた各国のチームのうち、南アフリカチームだけが不穏な動きで、それ以降でてきてなかったけど、こいつらだろう、察しろよって感じで映画に出てきてましたね。
 8,000m以上の世界で、Fixロープあったとしても、どのぐらいトレーニングしないといけない世界なんだろうと想像してしまいました。それが本当かどうかわからないですけど、ヒラリーステップの壁の映像がありました。難しそうでした。二子の二段岩壁のFixをマイナス40度?で手袋+アイゼンで登るみたいな。確かに、酸素少なかったら登れないかも。うーん。高所の苦しさは、想像はできるのですが、やったことがないから、よくわからないが、冬山はもうやらないだろうなぁとは思いました(笑)。

〇 iMAX 3D
・100円でレンタルできたのか。3D眼鏡、買っちゃったよ。
・前回観た、「クライマー彼方へ」よりは、かなり、面白かったです。
・次回は、山と関係ない、「スターウォーズ、フォースの目覚め」でも見るかな。
b0037220_23300171.jpg
きん



by Climber-Kin | 2015-11-10 23:52 | 日常の日記 | Comments(0)


<< 2015年11月14-15日、...      ブログ11周年、プロフィール変更 >>