ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 11月 12日

2017年11月11日、中里の岩場、今シーズン最初で最後?

「神流のカンナ(13a)との再会」

 土曜日は明け方雨が降るような天気予報でした。でも、そんなに降らないだろうという予想から、久々に中里の岩場へ向かったのでした。中里の岩場は日陰で、特に天狗岩の方は風通しよがくて、寒いです。理事長岩も日陰です。でも、ムーブを思い出しておきたいと、久々にあのルートを触りに向かったのでした。瑞牆方面からの帰りとか寄ってみては、林道が通れないことが何年も続きました。今年は10月に林道が通れることは確認していました。まだ、二子は染み出しが残っているという情報もあって、もうシーズンアウトなのですが、忘れ切らないように行ってみたのです。

(1) セレナーデ(10a)、再登
(2) 神流のカンナ(13a)、TR掛
・ステルスC4にリソールしたブースティック履いて、ヌンチャク掛。あっ、この靴ステルスラバーにしたとは言え、このルートには合わない!
(3) 神流のカンナ(13a)、×
・核心は、何もできません。ホールドが粉っぽくてスベスベ。
・まぁ、何となーくな雰囲気は思い出してきたのですが。
・核心セクション後半の右手小指指ジャムしてムーブリハーサルしたら、1回目は体上がったけど、2回目からは、もう指が痛くて力入りません。
(4) 神流のカンナ(13a)、×
・あ~、そうか、リーチを生かして、パツパツで遠いホールド掴んで頑張るのか!
・なんとな~く、思い出して来た。
・そうそう、唯一できていなかったムーブ、下からパツパツで小指指ジャムから体を上げてサイド引きへ持ち直すムーブ。そこの解析までは、たどりつけませんでした。

 久々に、「神流のカンナ(13a)」に会って来ました。相変わらず難しかったですが、とりあえず、最後に触った時のムーブ近くまでは思い出せましたが、そこまででした。短しいです。このルート。でも、このルートは、私のためのルートだと思うんですよ。また、来たいです。

〇 神流のカンナ(13a)
・核心は上部のカンテの右側なので、この写真ではわかりません。
・核心でフォールすると激突するまで育ってしまった木は、なくなりました。
・その時のブログの写真と比べるとわかります。
・それでも、終了点直下で落ちると、凹状の出っ張った岩に激突しそうです。ボルダーマット持ってきたのですが、ボルダーマットをセットするような状況にはなりませんでした。
b0037220_23155597.jpg
〇 懐かしい「ラウマー(12d)」と「カチの特訓(13a)」
・これまで見た中で一番乾いていました。でも、もうシーズン終了ですね。
b0037220_23170681.jpg
きん


by Climber-Kin | 2017-11-12 23:20 | 中里の岩場 | Comments(0)


<< 2017年11月12日、予期せ...      2017年11月5日、十石峠の岩場 >>