ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 05月 08日

2018年4月29日、5月1日、4-5日、GWの小川山

 廻り目平にテントを張るか、植樹祭でGWを過ごすのか迷ったのですが、土曜日から入っているWTRさんの情報から、それほど混んでないようで廻り目平へ入ることにしたのでした。
 石灰岩で半年もの間、同じルートしかトライしていません。まずは簡単なルートで花崗岩馴らしから始めました。しかし、29日は暑かった。午前中に簡単なスラブで花崗岩に馴れて、午後から長年の宿題の雀卓スラブへ行こうと思っていたのですが、日なたは暑くていられません。あまりの暑さに居場所を求めて、そらまめスラブへ行ったのですが、ここも暑かったです。この日は、陽だまりになる屋根岩方面ははずれだったようです。
結局、この日以外は寒かった日も多かったです。小川山で合計4日ほど登りました。スラブ課題ばかり触っていました。課題のないGWは、のんびりできてよかったなぁ(笑)。

◇ 4/29(日)
(1) おむすび山スラブ・無名ルート(10a)、再登RP
(2) 無名ルート(10a)、再登RP
(3) ラベンダー(10a)、TR、再登WP
(4) そらまめスラブ・ロングロングアゴー(10b)、再登RP
・後半ランナウトが激しい。
(5) 甘食(10b)、再登RP

◇ 5/1(火)
 前日はカサメリ沢でハードなスラブカンテルートを探っていたので、どうしたものかと悩んでいたのでした。涼しそうな天気予報をもとに、RP狙いで愛情スラブのある妹岩へ行ったのでした。しかし、このルートは日が当たって暑かったです。TRで再WPすらできませんでした。昨シーズンにWPできたのは11月ですからねぇ。20度超えの炎天下では、ミッションインポッシブルでしたか。
(6) 屋根の上のタジヤン(9)、再登RP
(7) 愛情スラブ(12a)、TR
(8) 愛情スラブ(12a)、TR
(9) 愛情スラブ(12a)、TR

◇ 5/4(金)
 今日は涼しどころか寒い天気予報だったので、これまた長年の宿題の屋根岩へ行く予定でした。アプローチの途中で気が変わって、これまた25年来の課題を午前中だけでも触ってみるかなと寄り道したのでした。しかし、このルートだけで力尽きました。いや、指皮つきました。
(10) 屋根岩一峰下部・バイシクルダイク(11d)、TR
(11) 屋根岩一峰下部・バイシクルダイク(11d)、TR
(12) 屋根岩一峰下部・バイシクルダイク(11d)、TR

◇ 5/5(土)
 どこへ行くか散々迷ったのですが、ここなら指皮が痛くないだろうと最短のアプローチのこのエリアへ行きました。そして、触ってみました、HR田さん推奨のスラブランジ課題、YMO。できそうでできない、スラブランジ。なんともじれったい課題でした(笑)。
(13) 八幡沢左岸スラブ・トムといっしょ(10a)、再登RP
(14) ピンチ(10c)、×、TR掛け
(15) ピンチ(10c)、WP
(16) ピンチ(10c)、RP
(17) YMO(12a)、TR、ムーブ探り
(18) YMO(12a)、TR、ムーブ探り
(19) YMO(12a)、TR、ムーブ探り

スラブの特訓のようなGWでした。コンディションに左右されるスラブ、愛情スラブは自分の実力だと気温が10度ぐらいまで下がらないと難しいです。25年ぶりに触ったバイシクルダイクはシューズの進歩を感じました。スラブランジ課題のYMOは飛べませんでした。またやってみたいと思います。
花崗岩でスラブを少し頑張ってみる気になりました。ジリジリ系で修行を積まないと垂壁系の目標課題が見つからないことに気づきました。厳しいスラブは怖くて足痛くて、本当に修行感溢れますが、頑張りたいと思います。

〇 バイシクルダイク(11d)
・昔触った記憶だと前半核心のバイシクルステップトラバースは難しくなくて、後半核心がフリクション悪くて難しいというイメージだったのですが。もしかして出だしのホールド欠けた?
・前半のトラバースがめちゃくちゃ難しくて、後半はシューズの性能のせいで優しくなったみたいな感じでした。
・前半セクションと後半セクションは、リハーサルでそれぞれ繋げて成功できました。自分と岩のコンディションが良ければ登れそうな感じでした。
b0037220_22564951.jpg
〇 YMO(12a)
・12aのスラブなので警戒して取り付いたのですが、核心まで意外と登り易いです。核心の後も難しくないです。核心ムーブ、ランジ一発の課題です。
・しかし、そのランジは、引けるホールドがあれば飛ばないでしょう。乗り込めるフットホールドがあれば飛ばないでしょう。つまり、めちゃくちゃ飛び辛いです。潰れたオムレツ状ホールドへ飛びつくのですが、触りはするものの、後ろへ飛んで行ってしまって、止まる感じが全然しません。少しロープに引っ張られた状態で飛んでみたら、簡単に止まりました。やはり手前に引けないので難しくなっているようです。
b0037220_22591780.jpg
〇 愛情スラブ(12a)
・スラブのグレードって、よくわからないですよね。このぐらいの課題になると、ムーブが難しいかやりやすいかぐらいで、ムーブの難度はよくわかりません。
・そういう意味では、この課題は難しいムーブの数が多いから12aとか。
・出だしが登り辛く、また後半はずっと、難しい微妙なホールドが続きます。終了点直下のムーブが、今一つ簡単に解決できずに、凄く力のいるムーブになっています。
・陽当たり良すぎな場所にあります。晩秋まで、またないとRPは難しいかもしれません。
b0037220_08113473.jpg

きん


by Climber-Kin | 2018-05-08 13:54 | 小川山2017~2018 | Comments(0)


<< 2018年4月30日、5月6日...      2018年4月28日、またして... >>