ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 05日

2018年6月3日、久々のカンマンボロン

 日曜日は、アヤ嬢とカンマンボロンへ行くことになりました。このエリアは、12aを登ってしまうと、スポーツルートは12dとか13aになってしまいます。以前2度ほど触ったことのあるLOLのムーブを探ってみることにしました。

(1) LOL(13a)、TR掛け
(2) LOL(13a)、TR、ムーブ探り
(3) LOL(13a)、TR、ムーブ探り
(4) LOL(13a)、TR、ヌンチャク回収

 誰もいないカンマンボロンは静かでした。自分達だけで、クライミングに集中できて楽しかったです。帰りがけに南面に、もう1パーティいたと思ったら、ゆかりさんとユッキーさんでした。
 LOLの最初の核心3-5p間は、今日はぶつ切り状態でしかムーブできませんでしたが、指皮が元気だったら、なんとなりそうな感じでした。一方、後半の核心?はというか、このルートは実は後半が核心なのではないでしょうか?前半は2級ぐらいのボルダーで、この暑さだと、後半だけで12ノーマルぐらいありそうな感じでした。後半が核心になりそうです。今日はただ状態が悪かっただけ? 次回はよい季節に触ってみたいです。うん?よい季節になってから触りだしても遅いって?

〇 LOLを探る私
・後半のランナウトは、私はまだリードではできません。TRでも、できる気配がありませんでした。
・スローピーなクラックはレイバックで登るのでしょうけど、ヌルヌルで全然保持できませんでした。
b0037220_22421148.jpg
〇 カンマンボロン
・「大日如来・不動明王」と読むそうです。弘法大師が霊場に選定しようとしたが、その条件の八百八谷には不足して挫折したそうです。「増富歴史探検隊より」
・弘法大師はクライマーだったようです。この梵字の左上のところにハーケンが打ってありました。
・(追記)最近流行りのパワースポットになっているみたいです。一般訪問者に見つかる前に、このハーケン抜いた方がよくない?
b0037220_23422319.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-06-05 22:42 | 瑞牆山 | Comments(0)


<< 2018年6月9日、梅雨入り後...      2018年6月2日、梅雨入り前... >>