ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 09日

2018年6月9日、梅雨入り後のカサメリ沢

 関東甲信越地方は梅雨入りしました。台風まで発生してしまって、日曜日から荒れるみたいです。金曜日の夜のうちに雨が降りました。しかし、土曜日は予定通り、今週もNDDへ向かうHR岩家に居候で、カサメリ沢でした。ナイト・ディジィ・ダンスは凄い人気です。土曜日は最大8人だったみたいです。コロッセオ周辺となれば、私はまたブラッドライン探りです。この気温と湿度でカンテルート&坊主頭は厳しかったのですが、頑張りました。

(1) トータルリコール(10b)、再登
(2) ブラッドライン(12d)、ヌンチャク掛け兼ムーブ探り
・カンテがヌルヌルだったけど、とりあえず、トップアウトできた。
(3) ブラッドライン(12d)、ムーブ探り
・下から繋ぐと、まだ最初の核心セクションがつながりません。岩が柔らかいです。じゃなくて、湿っぽくて暑いので指皮がふにゃふにゃに柔らかくて、ホールド自体が柔らかく感じてしまいます。指皮ごっそりもっていかれます。
(4) ブラッドライン(12d)、ムーブ探り
・先便よりは少し状態よくなったけど、両足挟んで左手デカ結晶ホールドは止まらず。
・4p目右の右手ホールドは掴まないようにして、フリクションだよりで左側へ体を倒せば、引きと押しのオポジションバランスになって、左足ハイステップ掻き込めて左手デカ結晶ホールド取れそうです。
・4p目から始めると、最初の核心は通過できて、6p目まではいけたが、7p目クリップ方法がまだ決められず。長テープで下からできるかもと期待したが、のけぞり過ぎて無理。
・8p目クリップは靴が抜けそうな右足ヒールでできて、シカーで固めたホールド使った狭いアンダークロスムーブじゃなくて、少し左側から抜けられそうです。
・最後も坊主頭を挟むみたいに足上げてデッドデッドの四股ムーブか。

 少しづつムーブを作れつつありますが、まだまだ問題が多いです。
① 繋げて最初の核心通過するには、もう少しフリクションが必要そう。
② 6p目付近のレスト方法がいまいち。ここで殆ど戻せないと完登は難しそうだ。
③ 7p目クリップ方法。ルーフしたの左手引きで凹角に狭キョンしてクリップかも。
④ 終了点アンカー付近のホカホカの坊主頭処理は、この気温と湿度では厳しい。
 これらの問題は時間(秋になって気温が下がりフリクションがよくなれば)が解決してくれるのだろうか? 梅雨入りしましたが、今週も外岩で登れました。来週も登れるとよいですね。カンテと坊主頭に頑張り過ぎて、今日はなんだか、めちゃくちゃ疲れました。右手首を少し痛めました。ガーン。

〇 ブラッドライン(12d)の坊主頭にしがみつく私
・カサメリ沢のルート名、N藤さんの開拓したルートのいくつか、マスターオブゲーム(ゲームの達人)、明日があるなら、ブラッドライン(血族)。あ~、開拓当時の時代に大ヒットした超訳と言う言葉を生んだ「シドニー・シェルダン」の小説名からとったのですね。それと、ギャラクシアンは当時流行っていたナムコのゲーム名だ!
b0037220_20573671.jpg

〇 上部最後が核心
・この手のルート共通事項で、デカいやつのハング越えは超えた後が必ず狭くて厳しい。
b0037220_20544860.jpg

きん


by Climber-Kin | 2018-06-09 23:05 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(6)
Commented by rieko at 2018-06-11 08:21 x
金曜に小川山に行きました。やはり平日は静かですね。旦那さんが風邪気味で寒気がするのでとろろも1回だけ、私は自然薯を登り、近くの道の駅。夜にかなりの雨が降りましたが、カサメリも登れたんですね。運転が心配なので朝早くに家に帰りました。またお会いできるかもしれません。ゴールデンウィークは、河又の帰りに、祠により登ってました。まだ状態も良かったです。もう被った弓状は登れません^^
Commented by Climber-Kin at 2018-06-11 08:38
reikoさま、小川山でしたか。朝はホールドが湿っぽかったですが、遊べました。今年のカサメリ沢はクライマー多くて賑やかです。
Commented by つよぽん at 2018-06-14 14:08 x
きんさん、こんにちわ
ブラッドライン、雨後は下部の棚のアプローチも怖いし、カンテも濡れ濡れでトライできなくなりますよね。
きんさんって身長どれぐらいでしたっけ?
上部カンテをのっこすところは、自分の身長171、リーチ177ぐらいだと、ガバとガバを使えて楽でした。
ただのっこすところは、若干狭いと感じたので、きんさんだとかなり狭いのかもしれませんね。
アンダーを使わずに左上に上がるのもありますが、アンダー使うよりもムーブが厳しくなる印象です。
Commented by Climber-Kin at 2018-06-14 16:38
つよぽんさん、こんにちわ。「ブラッドライン」面白いですね。助言ありがとうございます。
身長は178cmです。狭いの苦手です。多分みんなは、右手穴状をサイド引きで、左手クロスでシカ―で固めたアンダーガバとって体返して立ちこんでクリップして、右上のホールド取りですよね。しかし、その切り返す時に自分は狭くて腰が落ちちゃってるんで、できる気がしなかったです。左上に行くムーブは右手少し甘めのサイド引きで、左足がボルト下あたりでスメアでカンテ向こう側の左上の小さな穴を取りに行きますが、確かに少しキワドイです。しかし、できないよりはよいかと、とりあえずこのムーブで固めつつあります。また、アンダー使うムーブも試してみます。
Commented by つよぽん at 2018-06-14 20:19 x
腰が落ちる部分ですが、自分も最初はそうだったんですが友達のアドバイスで、腰が落ちなくなって、左手クロスが出来るようになったんですよ。

アドバイス不要かもしれませんのでこれ以上はここでは書かないですが、必要とあれば、言ってくださーい。
インスタとかのDMとかにでも!
Commented by Climber-Kin at 2018-06-14 23:12
つよぽんさん、あ~、正面のフレークから右手穴状サイドだと、腰が下がってしまうのかもしれません。左上へ抜けるムーブで見つけた左手デカ穴から右手穴状ホールドサイド取りなら、腰が上がった状態で左手アンダークロスからの切り替えしムーブができるのかも。いろいろ試してみます。行き詰ったら、また助言お願いします。


<< 2018年6月17日、梅雨の合...      2018年6月3日、久々のカン... >>