ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 07月 02日

2018年7月1日、瑞牆山ハイキング

 土曜日の真夏になってしまったクライミングは暑い上に湿気湿気でした。日曜日は易しめルートかなぁと思いながらも、この気温ではなぁ~と思っていたのですが、ひらめきました。登山だ。歩こう。週に1,2回でランニングマシンで少しばかりは走っていますが、昨年の夏休み以来、まともに歩いていません。不動沢も見たことないし、瑞牆山も登ったことがないので、今日はハイキングにしようと朝食取りながら思いついたのでした。

〇 装備とコースタイム
・メンバー、パートナーさま、きん、計2名。
・共同装備、特になし。
・コース時間
08:40、植樹祭公園出発

09:40、不動滝着

11:15、山頂着

13:20、富士平小屋着

14:30、植樹祭公園着


〇 不動滝
・本流にかかっているわけではないのですね。立派な急なナメ滝だ。
・大きな岩が沢山ありました。クラックは少なく、スラブ壁が多いんですね。
b0037220_23493666.jpg

〇 きっとこれが大やすり岩
・山頂からの展望です。凄い登山客数でした。
・山頂で、カップ蕎麦を食べるのが楽しみだったのに、コッヘル忘れました。オーマイガー!
b0037220_23501050.jpg
〇 天鳥岩
・右側の指のような形をしたのが天鳥岩でしょうか。
b0037220_23510532.jpg
〇 富士見平小屋方面から見上げる瑞牆山
・大ヤスリ岩のクラックラインを赤いTシャツのクライマーが登っていました。
b0037220_23515004.jpg
 富士見平小屋から植樹祭公園へ向かう登山道からカンマンボロンと大面岩を正面から見ることができました。残念ながら、樹林が邪魔していて写真を撮れる場所はなかったです。目視で全貌を確認するには十分できました。
 たった6時間の行動時間でしたけど、疲れました。下りで休んでいて体を冷やしたら、腿の内側が両方でつってしまいました。あ~、がに股気味で内側の筋ばかりに負担をかけた歩き方をしてしまったようです。歩き方すら忘れていたようでした。

きん


by Climber-Kin | 2018-07-02 23:54 | 瑞牆山 | Comments(0)


<< 2018年7月8日、困った時の水根沢      2018年6月30日、梅雨明け... >>