ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 04月 22日

2019年4月20-21日、敗戦色が濃くなってきた二子山

 今週末から、とても暑い天気予報になってしまいました。早出して、早い時間にトライするように作戦を変更しました。土曜日はアップしてから、すぐにトライしたのですけど、既に遅かったというか、もう、シーズン終了かっていうホールド感でした。まぁ、兎に角、トライするには気温が高すぎです。気温が高くて、シューズも負けてしまうのですが、指皮も柔らかくて、ホールドに負けてしまいます。余裕があるルートなら多少フリクションが悪くなっても、気温が上がって、体は動くようになってよいのですけどねぇ~。限界グレード超えトライでは、そうな風には行きません。フリクションの方が重要なんです。ここ数回トライの平均的な最高到達高度は下がっていく一方です。

◇ 4/20(土)
(1-3)、ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・11時に出したのだが、既に気温は15度を超していた。
・左手モニョモニョホールドの持ちが悪い。そのまま行くが、右手モニョカンテもニュルニュル感満載で頑張るが、コルネ右奥ピンチはつかめず。
(5) 振り返るな(13a)、×
・あまりに暑すぎて、日没近くまで待たないとダメだと思って、ずっと待つ。しかし、暑すぎる弓状で待っているだけで疲れてしまった。
・待ちにまって、17時過ぎにトライするが、ホールドが湿気湿気です。カリカリ感は全くなくて、握ったホールドがニュルーと出てくる、あ~、シーズンアウトですか?ってコンディションでした。

◇ 4/21(日)
(6-7) ワーカーホーリック(10b)×2、アップ
・朝からフリクションは終わっていた。
(8) 振り返るな(13a)、×
・9時台に出してみた。岩はヒンヤリしているのだが、やはり、指に岩が引っかかるフリクションは全くない。前半から力がいる。
・それでも、頑張ってトライ継続して、右手ドーンから飛ばしのところで、右足が負けて、不意落ちしてしまった。
(9) 振り返るな(13a)、×
・夕方便は期待できないので、12時台にヤケクソの2便目を出した。今度は右手ドーンから飛ばしもできて、左手モニョモニョも持ち直しながら、右手カンテモニョ飛ばして、右足ヒールは、とりあえずかけてから体勢整えようとしたけど、もう全体が崩れ過ぎていました。右足ヒールはずれてフォール。
(10) 振り返るな(13a)、×
・昼間に結構昼寝しましたが、全然。疲れは取れずに、夕方便を出しました。どうせダメなので、ドラゴンレースの替えに温めてきた、アンパラレルのシリウスレースでやってみました。このシューズ、残念ながらNGでした。アップでは大丈夫かなぁと思っていたのですが、本チャントライで使ってみないと、わかりませんね。

 今年こそは登れるかもと思っていたのですが。一か月前のトライの8p目クリップできて、そのあとのまさかの失敗が痛いです。限界越えルートのトライは、全ての要素がそろわないと完登は難しいです。トライしている平均的な最高到達地点が下がってきてしまいました。今年は登れるかもと期待したのですが...悔しいです。まだ染み出していませんが、この気温では、かなり難しいです。苦しいですが、乾いている限りトライします。今シーズンは完登できる気がしなくなってしまいましたが、もう少し頑張ります。

〇 混雑の弓状
・8人取り付いていたのかも?いや写真に見えないところ合わせて、9人同時トライ中?
・この温度と湿度では、小川山ですらダメだと思う。登っている最中に汗をかく時点で、もうシーズン終わっている。
・ここ数年、暑すぎる気がする。それでも、2年前には、GW最後の日と6月に奇跡のフリクションの日が2日だけ、あったんだけどねぇ。
・もう一回だけでもいいから、チャンスが来るといいなぁ。
・そんなシーズン最後の唯一のチャンスで登れたこともあるし、登れなかったことも多い。
b0037220_21043899.jpg

きん



by Climber-Kin | 2019-04-22 21:01 | 二子山'18-'19 | Comments(4)
Commented by JILL@ at 2019-04-22 21:49 x
こんばんh。お疲れさまでした。しかし、すごい混雑ですね。どこぞの有名ジムのようですね。
気温上がってしまいましたか。シューズの気温負けは痛いですね。まだこんな日もあるの?という日が来ますよ。
Commented by Climber-Kin at 2019-04-22 22:36
JILL師匠、7割ぐらいは常連です。3割ぐらい新しい人達ぐらいな感じです。新緑に覆われて、陽がさらに高くなり、岩は終日日陰になる5月。チャンスがあるのでしょうか?
5月に登れたのは、10年以上前にペトルシュカ(12b)。それ以外の5月残業は「おいしいよ」でやりましたが登れず。それ以外やっていないですねぇ。
Commented at 2019-04-25 23:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2019-04-30 19:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< アンパラレル・シリウスレース      2019年4月13-14、17... >>