ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 07月 01日

2019年6月30日、川苔山ハイキング、川苔橋~百尋ノ滝~川苔山~鳩ノ巣駅

 今週も雨でした。土曜日は小川山で登れたようですが、運次第で、行ってみないとわからないようなパターンでしたね。土曜日は、沢山の雑用をこなして、夕方チーウォールで少し登りました。日曜日の天気予報ですが、ウェザーニュースは、午前中雨で午後から曇りの予報でした。天気.jpは、9時まで雨で、9時から曇りの予報でした。もちろん、天気.jpの予報に賛成で、沢も無理やりいけば登れる沢もあるんでしょうけど、今週もハイキングへ出かけたのでした。少しづつ、高低差をつけて、今回は川苔山ハイキングでした。徐々に小雨もやんできたのですが、歩いていると濡れた葉っぱでびしょ濡れです。湿度も100%で、雨具をきていようが着ていまいが、内側からも汗びっしょりでした。
 川苔山と言えば、何年か前に川苔谷・逆川の沢登りに来ていますが、廃道のウスバ林道からトラバースして、下山してしまっているので、川苔山は踏んでいませんでした。川乗林道は、昔昔その昔に川苔の岩場で登ったり、沢登りのアプローチだったり、3年ほど前の雨の日に、聖沢の偵察をしたりと、意外と来ている林道でした。聖滝偵察の時に対面の林道から覗き込んだけど見えなかった「百尋ノ滝」は、落差15mぐらいの立派な直瀑でした。この登山道は、終始、沢沿いに歩くので、道の片方が常に切れ落ちていて、ちょっとスリリングなハイキング道でした。お決まりのガスで何も見えない山頂だろうと思っていたら、ガスは晴れていて、奥多摩の景色を見渡すことができました。下山は、本仁田山経由でビールが飲めそうな奥多摩駅へ降りようかとも思ったのですが、すでに足がガクガクでした。時間も余計に2時間ぐらいはかかりそうなので、鳩ノ巣駅方面へ降りました。そしたら、なんと、鳩ノ巣駅前の「さんらく」というお店で生ビールを飲めたのでした。大汗かいて、足がつりそうになるぐらいの水分不足状態だったせいで、生ビールがめちゃくちゃうまかったです。
 三週連続のハイキングでしたが、足が疲れます。足が疲れていないうちは、少し心拍数が上がって、ここちよい、歩きごこちなのですが、足が疲れてくると苦痛です。登りでは、ハムストリングが疲れてきます。下りでは、太ももの前とフクロハギが疲れてきました。レッグカールとスクワットですねぇ。その二つの筋肉の強化ができれば、楽になるんでしょうけど、頑張って筋トレしましょう。
 それにして、夏休みが近くなってきました。そろそろ沢登りにも行って、足慣らしと水慣らしをしないとまずいです。来週はいけるか?

〇 コースタイム
07:40、川苔橋出発
08:20、細倉橋、登山道との分岐
09:00、百尋ノ滝
11:00、川苔山
12:00、川苔山出発
15:00、鳩ノ巣駅着
 
〇 川苔橋
・奥多摩駅、7:27のバスにのって、やってきましたが、渓流釣りの方が1人と我々だけでした。そして、川苔橋で下車したのは我々だけでした。さすがに、こんな天気予報では誰もこないか。
・バスの車掌さんに気をつけてと声をかけてもらいました。
・聖滝の聖穴の遭難プレートは、はがされていました。長い捜索で、ようやく遺体が見つかったからでしょう。
b0037220_14141528.jpg
〇 百尋ノ滝
・15mぐらいかなぁ。登山道から少し降りてみていきます。登山道に戻って、ハイキング再開です。
b0037220_14153448.jpg
〇 川苔山
・景色が見えました。ここだけ、風が吹いていて、少し寒かったのですが、気持ちよかったです。
・鳩ノ巣駅側からピストンで来ているハイカーが8名ほどいました。
b0037220_14155989.jpg
〇 鳩ノ巣駅前「さんらく」
・なんと、生ビールを売っていました。つまみに、ピーナッツくれました。新ジャガのふかしたオヤツをいただきました。ご馳走さまでした。もしかしたら、食べログに載っていないから、最近開いたお店なのかもしれません。
・そして、3週連続の蕎麦屋で日本酒に向かうのでした。
b0037220_14172555.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-07-01 14:17 | ハイキングと登山 | Comments(0)


<< 2019年7月7日、嵐の八ヶ岳...      2019年6月23日、大岳山ハ... >>