ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 07月 15日

2019年7月13日、乾徳山ハイキング

 今週こそは沢登りと思っていたのですが、まぁ無理をすれば、行けるのでしょうけど、寒そうで、午後から雨予報では行く気になれませんでした。今週もトレーニングという名目で、ハイキングへ行こうということになったのでした。当初、東北方面がよさそうなら、土曜日に会津田島の岩場で登って、日曜日に白根山とかの案もあがったのですが、金曜日の予報だと日曜日は本降りみたいなので、土曜日だけハイキングに至ったのでした。そして、どこへ行こうかということで、自分はどこでもよいのですが、パートナーさまから提案された、乾徳山へハイキングにいくことになったのでした。「かんとくさん」と読むのだと思っていて、検索したのですが、引っかかりません。グーグル先生に、もしかして、けんとくさん?と言われて、あ~、けんとくさんと呼ぶのかと知りました(笑)。
 標高差は1100mぐらいでした。登山道は歩きやすいです。草原があって、癒されます。頂上直下は鎖場になっていて、上り下りで、結構な渋滞になっていて、なかなか進めませんでした。山頂から展望は、ご来光でも人気なぐらいの絶景らしいのですが、曇りの日の登山、お決まりの展望のない山頂でした。道満尾根の下りは結構傾斜があって、足に来ました。雨で泥道となっていて、何度も滑りながら下りました。 
 中央道経由で行くより、1時間弱ぐらい余分にかかるのかもしれませんが、高速代をケチって、秩父~雁坂トンネル経由で行きました。雁坂トンネルは730円です。帰りは久々に大滝温泉によりました。来週も雨ですかねぇ?

〇 コースタイム

08:00~12:00、乾徳山登山口バス停~オソバ沢ルート~月見岩~乾徳山
12:30~15:00、乾徳山~月見岩~道満尾根ルート~乾徳山登山口バス停


〇 乾徳山
・今回は少しだけ景色が見えました。
・バリエーションルートがあるようです。1パーティが雨乞岩の脇から上がってきました。
b0037220_08490434.jpg
b0037220_08495491.jpg
b0037220_08535560.jpg
〇 草原が広がる月見岩周辺
・高原ヒュッテ(現避難小屋)の周りも草原でした。ビバーグ適地が沢山ありました。

b0037220_08504405.jpg
〇 頂上直下の鎖場
・榛名山黒岩のような、磨かれたツルツルの岩でした。
・この山は鎖場渋滞が発生します。最近登ったハイキングの中で一番多くの人を見ました。
b0037220_08510880.jpg
〇 道満尾根は赤松だらけ
・なぜ登山道に鉄条網が張ってあるんだろうと思ったのですが、もしかしたら、松茸?
b0037220_08563829.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-07-15 08:47 | ハイキングと登山 | Comments(4)
Commented by こーたろー at 2019-07-15 13:17 x
きんのアニキ
ハイキングだったんだな。沢かと思ってたんだけど寒ぃし仕方ねぇよな。
しかし梅雨が長ぇな、このパターンは初めてかもしれねぇぜ。
スカッと晴れたらもう真夏ってぇ事になりそうだ。
Commented by Climber-Kin at 2019-07-15 17:08
こーたろーの兄弟。このパターンは初めてだぜ。これまでは梅雨だ何だとか言ってても、もっと遊べたよな。今年の夏休みも、沢は厳しいかもなー。普通の登山も計画しておくよ。
Commented by JILL@ at 2019-07-15 21:53 x
お疲れさまでした。岩場はかなり岩登りな感じだったのを記憶しています。50肩で手が上がらないというご婦人を助けた思い出があります。しかし、梅雨がながいですね、
Commented by Climber-Kin at 2019-07-16 06:50
JILL師匠、頂上直下の鳳岩は鎖握らずに登る気には、ならなかったです。昔の梅雨は、こんな感じだったような気がします。異常の異常で普通の梅雨に戻ったような。


<< 2019年7月21日、湯檜曽川...      2019年7月7日、嵐の八ヶ岳... >>