ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 07月 22日

2019年7月21日、湯檜曽川・白毛門沢

 そろそろ、沢に入っておかないとまずいよねってことで、にわか雨が少し心配だったのですが、湯檜曽川の白毛門沢へ行くことにしました。白毛門沢出合までまで同じで、東黒沢からナルミズ沢へ入るルートは、ここ数年で3回ほど入っていますが、白毛門沢自体の遡行は30年ぶりになります。もちろん、その時の記憶は全くありません。天気の方は、朝のうちに少しパラパラっと雨が降ってきて心配したのですが、その後は岩が結露気味で滑りやす状況ではありましたが、終日曇り時々霧でなんとかなりましたと言った感じの天気でした。
 上越の沢は美しく、すばらしいです。磨かれたスラビーな沢底。癒されるナメ滝。今日の天気ではそこまでは言えないですが、自然へ解き放されたような解放感。それと、おっかないヌルヌル岩(笑)。白毛門沢は2級か1級上の難易度がついてますが、リーダーがいれば、初級者を導いてくれるでしょうけど、初心者だけでは厳しい感じでした。巻くか巻かないか、巻いた時のルートファインディング力とか。他の沢と比べて、2級はあるような気がしました。増水気味で岩が濡れていたからかもしれませんけど。そして、標高差は1,000mで、2級の沢とはいえ、ところどころ時間がかかって、お疲れの10時間行動でした。しかし、沢登りは疲れます。同じ標高差のハイキングの2倍はありそうな活動量で、予想以上に疲れて、下山はヘロヘロになってしまいました。こんなにヘロヘロになるのは、昨シーズンの沢登り以来です。ハイキングへ行って、帰りに、あ~疲れたと蕎麦屋で酒飲んで喜んでいてはだめですね(笑)。来週は梅雨明けの猛暑でしょう。体力トレ兼ビバーグ練習の予定です。

〇 装備とコースルート
・共同装備、8mm×20m(30mの方がよかった)、テープ、補助ロープ12m、カラビナ、ハーケン(5枚)、ツェルト、EPIセット。
7:40、白毛門登山口駐車場出発
8:30、ハナゲの滝
10:45、タラタラのセン(多分)
14:00~14:40、白毛門山
17:00、白毛門登山口

〇 ハナゲの滝
・何度見ても、堂々とした滝です。今日は水量が多くて、迫力を感じます。
・上がり過ぎました。中段あたりで左の巻き道に入った方が楽です。
b0037220_08432551.jpg
b0037220_08430168.jpg


〇 タラタラのセンの下段
・写真は先行パーティ。
・巻くと大変そうなので、右側を登りました。
・二ヶ所、残置ハーケンがありました。滝の落ち口に出るところで少し考えました。
・30mロープだったら、落ち口から反対側へ移れて、後続者も目視できて、ビレイがしやすいです。
b0037220_08441212.jpg
〇 タラタラのセン
・iPhoneケースが濡れて、ぼけちゃいました。
・左から巻きました。途中で急な支沢がでてきました。そのまま登っていったら、大高巻きになりそうで、上がらず、トラバースして沢へ戻る感じでした。

b0037220_08503947.jpg
〇 目印の大岩手前の20m大ナメ滝
・登れそうな感じではあったのですが、水量多くて、ヌルヌルっぽいので右側を巻きました。
b0037220_08513668.jpg
〇 最後のつめのスラブ帯?
b0037220_08534624.jpg



〇 松の木沢の頭からみる源頭付近
・ガスの中登っていたので、どのあたりを登ってきたかすら、よくわかりませんが、まぁ、頂上へ向かっていく溝を登ってきたのでしょう。
b0037220_08543485.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-07-22 08:55 | 沢登り | Comments(0)


<< 2019年7月28日、奥多摩・...      2019年7月13日、乾徳山ハ... >>