ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 07月 31日

2005年7月31日、小川山

7/31、小川山

今日も引き続き、小川山。せっかくここまで、やってきたので、tsuka小屋に泊めて頂き、今日も登れることになった。昨日と同じメンバーだ。今日は、水晶スラブから1峰へ行くことになる。水晶スラブには、長年課題シリーズの一つノイズ(11a)がある。そして、RPしたことがあるにもかかわらず登れない例の10cがある。そして、今日は、その初登者といっしょに登ることになる。廻り目平に着くと、顔見知りがたくさん。すこしづつあいさつと立ち話をする。最近週末クライマーになったS川君も来ていた。あいさつする。

○水晶スラブ

(1) アバタもエクボ(10c)、敗退
あぁ滑る。手順が、いや足順が違う。

(2) アバタもエクボ(10c)、敗退
靴先に穴があいてしまった。どうも前の登りからへんだと思った。足順は決まったので、次回は登るぞ。tsukaさんは今日の2便目でしっかりRPされた。さすが。S原さんは、右側のルートからやってきて核心部分をすたすた登っていってしまった。うまい。

(3) ノイズ(11a)、×
じつは、このルートも10年ほど前に触って敗退している。出だしは1テンかけたが、フットホールドを決めれば、なんとかなるようである。中段のランナウトも下から見たほど恐くはなかった。しかし、やはり核心がムヅイ。最初の穴ホールドに右足、次の穴ホールドを左足にしないとつながらないのだが、最初の穴に右足を入れるムーブが見つからなかった。帰りの車の中で思いついた方法がある、次回試してみよう。このルート、最後のボルトから終了点まで7-8mほどある。おちついて行けば問題ないのだが、雨がふりそうな時は要注意である。

○純情岩へ移動
tsukaさんとU沢さんが5.9のNPをトライする。その間、あやしい奴(12a)をオブザベーションする。いつか触ってみよう。

○ 屋根岩1峰
ムーランルージュ(11c)を触りに来たのだが、1ピン目があまりに高い。5m程度か。足場も悪いので、どうするか考える。雨も降ってきそうな雰囲気だ。左手レイバックから右足をステミングして水平ガバへ、そこから足を上げてフレークへと思ったが、下からみているほど簡単ではない。突っ込む勇気はわかない。2mほどクライムダウンして戻ってくる。どうも、左側クラックをそのまま登って、フレンズを決めてから、そのフレークを取り、もう一本フレンズ。そこからアンダーフレークを持ち、左足をフェースにおいて、クリップといった感じのようだ。まずは、ヤッホー元気を登って、そこからムーランルージュの終了点へいけるか、振り子して1ピン目ボルトにクリップできるか確認してみることにする。

(4) ヤッホー元気(10b)、×
以前、一撃しているのだが、一手目がめちゃくちゃ遠い。そして、途中右側のホールドに惑わされてしまいテンションかけてしまう。上まで行ったところで、雨がぽつぽつ。こちらの終了点からムーランルージュの終了点までフレークが走っていて、途中、細いかん木が生えている何といけるかもしれないが岩がもろうそうでこわそうだ。1ピン目まで振り子で何とかできるかもしれないが疲れそうだ。うーん次回どうしたものか。

昨日、「今日はNo fallだ!」なんて言ったものだから、今日は天罰がくだされた。スラブは厳しい。しかも、T-Rocksを駄目にしてしまった。新しいステルスは、ゴム質がフリクションを重視するあまり、柔らかくしすぎてゴムが削れすぎなのかもしれない。確かに、水晶スラブで同じ場所(アバタのエクボの核心とノイズの穴ホールド)を何トライもした時、あっという間に、フットホールドがゴムで黒くなって、ブラッシングを何度もした。夏の花崗岩、スラブでは、あまり使わない方がよいかもしれない。

結局今日も15:00過ぎごろから降りだした。7月終わりは一番天気が安定するはずなのだが。tsukaさんたちと別れを告げ、16:30ごろ後ろ髪引かれながら、小川山を後に。信州峠超えで須玉へ、韮崎-須玉間で事故渋滞4km。孫女岩まで引き返し、明野経由で韮崎ICから中央道にのる。小仏トンネル-中野トンネルで20kmの渋滞。途中上野原から降りて、五日市経由で帰る。上野原IC降りてから五日市駅の前を通りすぐりまで約45分。家まで1時間45分程度で着く。上野原から渋滞をぬけるのに50分とあったが、それが正しいとすると、少しだけ下から行くのが早いのかも。大先生たち、tsukaさん、U沢さん今日もありがとうございました。

Heavy Climber-Kin

by Climber-Kin | 2005-07-31 22:43 | 小川山2005~2006 | Comments(9)
Commented by こーたろー at 2005-08-01 07:53 x
2日目は厳しかったですね。前夜飲み過ぎですか?(苦笑)
Commented by Climber-Kin at 2005-08-01 10:00
どきっ。早く上がったのと、ここちよいtsuka小屋でくつろいでしまって、ビール4缶、ウィスキー1/4ぐらいかな、まぁ、そんなに飲んではいないんですが、ちょっとバテ気味でしたね。それより、真夏の直射日光のスラブはグレードが一つぐらいあがりますね。
Commented by fujifuji7777 at 2005-08-01 12:10
T-Rocks穴が開いたと言うことで、A井さんも穴あき組みですな。確かソールはC4ではなかったでしたっけ?
ムーランルージュは1本目が遠いんですね。なんか怖そう。別ルートにするかどうか考え中です。DVD買って登りを見ると言うのも手かもしれませんね。カムに慣れるまで隣から登って1本目のボルトからスリングで下に垂らすという作戦はどうでしょう?
Commented by Climber-Kin at 2005-08-01 12:46
ビデオはB-PUMPで聞いたんですが、古くて、DVDはなくて、VHSとのことです。スリングで下に垂らすというぐらいの距離ではないですね。だから、ボルトわずか3本のルートです。感覚で言うと、5峰のおもいコンダラの1ピン目と同じぐらいだと思います。ガバガバで全然問題ないようにも見えますが、少しバランスが悪いようにも見えます。足場に岩が出ていて気になりますね。ザックで、岩をかくしておけば、少しは気がまぎれるかもしれないです。下部の登りを一度リハーサルができれば、行けるようになると思うのですが。
Commented by こーたろー at 2005-08-02 12:43 x
ジャック中根氏曰く米国ではonyxソールの評判はどうも?で、同じ靴でC4とonyxを選択できるようになっているとの事です。ジャック氏自信も履いた靴(ガリレオ)がでかめなのかやわらかい印象がありC4の方が好みだと言ってました。
Commented by こーたろー at 2005-08-02 12:51 x
それとkin様、飲みすぎです。
Commented by こーたろー at 2005-08-02 13:07 x
ソールの話に戻りますが、現在主に履いているクツはC4とHFのソールです。
HFは暑いとヘロヘロのヨレヨレで全然ダメですが寒いときにはどっかぶり(私は全然上りませんが)でなくても良いですね。吸い付きます。
Commented by Climber-Kin at 2005-08-02 13:57
そうですか、やはり飲みすぎですか。花崗岩で靴が硬くて、ゴムが柔らかいと、細かいエッジで、ねばっと、ずれてくる感触がありますね。今回は、ゴムが柔らかくなっている状態で、落ちる際につま先部分を岩に磨りながら、何度も滑り落ちて(フリクションがはずれて落ちると自然とそうなってしまう?)、急激に削ってしまったような気がしています。いずれにしろ、夏の炎天下、直射日光のスラブは靴を減らすし、難しくなるので、やるなら朝夕ですね。
Commented by こーたろー at 2005-08-03 07:42 x
バラバラにコメントすいません。いろいろなクツを試しましたが足型に合うクツが一番だなと最近感じます。ただ「いつでもどこでもモカシム」の由佳ちゃんやT師匠みたいな人もいます。結局こんな薀蓄を書いているようでは未熟なんでしょうね、私は。弘法筆をなんとかです。


<< 2005年8月2日、B-PUMP      2005年7月30日、小川山 >>