ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 09月 03日

2006年9月2-3日、小川山、烏帽子岩本峰西面

9/2-3、小川山

最初は、行くかもしれないというメンバが多かったのだが、結局M代っちさんと二人だけになる。二日とも晴れるという、本当に久々の雨の降らないクライミングだった。1日目は、ソラマメスラブから二峰へ回る。二峰にはtsuka応援団長率いるかぶとむしトライ隊が。そして初日は合計10本と登りまくった。ソラマメスラブで偶然、S木S一さんと会う。設定者のTもと?さんが今日メルトダウンボルトうち換えするとのこと。S木さんは初登以来25年ぶりに南稜神奈川を登るとのこと。2日目は、前から気になっていたロングルートがそろっている烏帽子岩本峰西面に行った。1日目は多くの知り合いに会ったのだが、2日目は知り合いどころか、誰とも会わない、それはそれはとても静かなクライミングだった。

■ 9/2
(1) 生木が倒れたよ(9)、再登

(2) 甘食(10b)、再登

(3) スラブの逆襲(11c)、敗退
みなは簡単だというのだが、このルートできる気がしない。

(4) ソラマメハング(10d)、再登
強引に登る。毎回手順が違うような気がするが、まぁいいか。

(5) ロングロング・アゴー(10b)、再登
終了点まで行く。上部でちょっとランナウトするが、長くて、とても気持ちがいい。

(6) 小暮大サーカス(10c)、再登
久々に登ったが、これ難しい。どうも核心は左側から入ると少し簡単になるらしい。直登したのだが、めちゃくちゃきわどかった。

(7) PTA(11b)、×
5月に1テンまで行った際に登っておくべきだった。今のフリクション、私の実力では登れない。10月までまとう。

(8) ちゃわんむし(11a)、初見、1テン
このルート、けっこうむづい。初見で探りながらは厳しい。最後のクリップ後、足の置き場がちょっと間違っていた。デッドでとろうかなと思ったが、みごとに曲がったRCCボルトが視線に入り、やさしくテンションしてしまった。勇気を出して一手出せばいけたかも。でも、出せなかった。

(9) ちゃわんむし(11a)、1テン
いけるかなぁと思ったのだが、足がつるり。

(10) ちゃわんむし(11a)、RP
やはり足がつるりとしたが、左手ガバとってからだったのでセーフ。

M代っちさんは、生木が倒れたよで苦戦したが、甘食をFLし、ソラマメハングをRPする。がんばりましたね。私は、どれもこれも宿題ルートが登れずに、どうなることかと思ったが、最後の最後に11aを一本登れて、満足。終わってみれば10本トライしていた。

■ 9/3
R&Sに掲載されたトポ図をたよりにアプローチする。出だしの旧林道への分岐で迷ったが、その後はマーキングに導かれ順調に岩場に到着する。キャンプ場より1時間ちょっとぐらいだろうか。終了点から見下ろす景色は最高。クライマーも、ここまでは、そう上がってこないだろう。静かなクライミングを期待できることは間違えなし。次回くる時は2P目もトライしてみたいですね。

(1) 森の天使1P目(10c)、MS/OS
25m。途中ルートファインディングに苦労しながらも、オンサイト成功。充実。ボルトが最低限の数しか打たれていないが、適所にうってあって、すばらしい。発表のコメントにあるように、一番岩が安定している。

(2) 森の天使1P目(10c)、回収、再登
回収便でもう一度登る。2度目は簡単に感じた。

(3) ウェストカンテ1P目(11a)、初見、×
28m。難しいところが2ヶ所ある。出だしからかんがえさせられる。ボルト間隔も結構遠い。最初の核心で行き詰まってしまった。カンテでデッドぽくなる。ちょっといやらしい。上部も少し迷うところあり。終始ルートファインディングで頭がフル回転。中段に大ランナウトあるが、ここはガバなので大丈夫。岩の脆さは気にならなかった。

(4) ウェストカンテ1P目(11a)、RP
長くて、ムーブを覚えられるず、不安だったが、無事2便でRPできた。いいルートだと感じました。

(5) エボシで日干し(11b)、初見、×、回収
25m。苦手なカチカチルートを果敢に挑戦したのだが、ホールドが全て脆い。いつはずれるか、とても恐ろしい。というか、登っている最中に何個もホールド壊しました。このルート登るのやめよう。

登りまくった二日間だった。二日目は5本だったが、全て25m以上のロングルートでとても充実した。アプローチも充実したけど。スラビーなのには、相変わらず弱いのだが、逃げずにがんばりたい。とても楽しくて充実した二日間でした。M代っちさん、ありがとうございました。そして、「11台以上100本まで、あと18本!」

○ リマークス
18:16に廻り目平を出発し、中津川林道へ向かう。19:40にダート終了。20:30に秩父ガッテン寿司着。23:00に帰着。所要時間は約4時間弱。土曜日なら中央道。日曜日は中津川林道経由が得策か。

○ 登れないスラブの逆襲
・右手でサイドカチもって、左足に乗り込み、左手高い位置のカチをとり、ダイクに右足をあげるんだろうけど、左足への乗り込みが私には狭く、腰が伸びない。それとも違うムーブがあるのか?
b0037220_2332215.jpg


○ エンドルフィン核心のホールドをバーナーで乾かすKY田さん
・ソラマメスラブでKY田さん夫妻とお会いした。最近、このルートトライしている人がやたら多い気がする。
b0037220_23325591.jpg


○ 登れないPTA
・出だしすらできなくなってしまった。ようやく、出だしはできるようになったのだが、やはり中段のスラブ帯で、足がずれていく感覚に耐えられない。Tロックスおろしてトライするか?
・ステルスラバー。おろしたてはエッジがきくんだけど、へたってくるとエッジが逃げるようになる気がする。
b0037220_23343716.jpg


○ 森の天使1P目
・ルートファインディングが面白い。
・その上の12aも興味があるけど、ビレイしてもらうのがたいへん。
b0037220_2336363.jpg


○ ウェストカンテ1P目
・充実の28m。この手のルートを2便で登れるようになったとは、少しはうまくなったのかなぁと思う。
・写真は傾斜がないように見えるけど、もっと傾斜は立っています。
b0037220_23372051.jpg


きん

by climber-kin | 2006-09-03 23:32 | 小川山2005~2006 | Comments(8)
Commented by まさよ at 2006-09-04 01:25 x
きんさん、どうもありがとうございました。スラブの厳しさに打ちのめされた2日間でした。森の天使は、泣き言恨み言をたくさん言ってしまいましたが、自分に足りないものを率直に言い当ててくれるいいルートでした。
ウエストカンテも長い&冒険系で楽しそうでしたね。11触れる時がきたら(来るのか?)、やってみたいです。また、よろしくお願いします。

Commented by こーたろー at 2006-09-04 08:25 x
きんのアニキ、小川山か。いいねぇ。気候はどうだい、少しは涼しくなってきたかい?
Commented by Climber-Kin at 2006-09-04 08:27
まさよさん、お疲れ様でした。たくさんの便数、そして、長時間のビレイありがとうございました。スラブは私も苦手です。いっしょにがんばりましょう。それにしても、本当にクライミングを楽しんだ二日間でした。これだけ多くのルートを登ったのは久しぶり。次回は、また、いつものパターンに戻るのかなぁ。
Commented by Climber-Kin at 2006-09-04 08:28
こーたろーさん、日景は昼間でも寒いぐらいになりました。朝晩は10℃近くで、とても寒いです。そろそろ、登り易くなりそうですね。
Commented by シロクロ at 2006-09-04 20:49 x
ご無沙汰しております。
なるほど、もう小川山は急速に秋に向かってるようですね。
こちらは昨日は有笠に行ってました。やはり空気がうっすらと秋の匂いになってきてます。これからのシーズンが本当に楽しみですね!
Commented by climber-kin at 2006-09-04 21:20
シロクロさん、どうもです。クラックや穴ホールドは湿っていましたが、直射日光でも耐えられるぐらいに感じました。有笠そろそろとは思っていましたが、コンディションどうでしたか?非常に気になります。
Commented by シロクロ at 2006-09-04 21:44 x
小川山、やはりまだホールドが湿気っているところがありますか。
有笠(サンダンスエリア)のコンディションですが、昨日に関しては全然問題なかったように思います。
Commented by climber-kin at 2006-09-04 21:53
情報ありがとうございます。今週末は台風が湿った空気をもってきそうなので、どうしたもんですかね。小川山はへこんだところは湿っぽいですが、普通のホールドは大丈夫ですよ。フリクションはもうちょっとかなぁ。みずがき方面はやはりクラックは湿っぽかったとのことです。このところのコンディションと比較するととてもよいので、贅沢はいえません。


<< 2006年9月5日、B-PUMP      2006年8月31日、B-PUMP >>