ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 06月 24日

2019年6月23日、大岳山ハイキング、奥多摩駅~鋸山~大岳山~御嶽神社~御嶽駅

 今週も雨でした。今年の梅雨は久々に梅雨らしく雨が降ります。ここ数年は、梅雨に入っても、外岩クライミングや沢登りへ行けることが多かったのに、今年の梅雨は、週末が必ず雨です。今週の土曜日は、結果的には瑞牆方面で登れたようですが、雨が降るリスクが高いので土曜日はクライミングジム、ベースキャンプへ行って、日曜日は午後から雨予報だったので、午前中のうちに下山できそうなルートを選んで、再びハイキングの週になりました。
 土曜日のジムボルダーは、体が疲れていました。先週の日曜日のハイキングから、月曜日はレスト、火曜日はチーウォール、水曜日は、筋トレと軽いラン、木曜日は再びチーウォールでしたが、大胸筋と太ももが激しく筋肉痛でした。そして、金曜日はレストして土曜日にベースキャンプでしたが、体幹が疲れているような感じで全然登れませんでした。しかし、これぐらいを普通にしないと、体力向上はできません。と言うことで、頑張って今週も、日曜日はハイキングへ行ってきました。
 電車で行くハイキングは、帰りの呑みが楽しみです。それが目的になりつつあるように感じながら、今週も電車で出かけました。電車の場合の欠点は、トイレの機会が少なくて、しかも、電車待ち合わせの間のトイレは列ができていたりして、お腹の調子が悪い時が大変です。今回も青梅線で、もよおしてしまい、途中駅でトイレ下車して、一本遅れの電車に乗るかなぁと苦しんでいました。そろそろ限界というところで、途中駅で上りとの待ち合わせ6分と車内放送を聞こえてきました。戻ってこなかったら「次の電車で奥多摩駅ね」とパートナーさまに言い残して、ダッシュして駅のトイレへ駆け込んだのでした。セーフでした。発車に間に合いました。

〇 装備とコースタイム
・2名、共同装備、特になし。
・コース時間、(以下は適当です。)
07:30、奥多摩駅出発
10:00、鋸山
12:00、大岳山
13:30、御嵩神社
14:20、御嵩駅

〇 愛宕神社
・最初の核心です。笑。
・この階段、コケてて怖い。最後に角度が変わるし。
b0037220_11480681.jpg
〇 幻想的な登山道
・景色は何も見えません。幻想的な山の中を歩きます。
b0037220_11494947.jpg
〇 大岳山
・晴れていれば、富士山が見えるとか。
b0037220_11494080.jpg
〇 武蔵御嶽神社、天狗の腰掛け杉
・樹齢350年。確かに座れるような枝が。ガスっているので、より神秘的に感じます。
b0037220_11504523.jpg
〇 武蔵御嶽神社
・最後の核心でした。笑。
・鋸山までが急登で、その後は、なだらかな歩きだったのですが、しかし、足は疲れていたようです。神社への長~い階段が辛かったです。
・こちらのおいぬ様は、日本オオカミなのだそうです。日本武尊が道に迷った時に、白い日本オオカミが道案内して助けたそうです。
・こちらをお参りすれば、山で道に迷った時に助かります。沢で巻き道に迷った時、きっと、正しい方向へ導かれます。
・ケーブルカーでも行けますが、麓から歩いて上がってこそ、その御加護を授かれます。114.png
b0037220_11520162.jpg
きん



# by Climber-Kin | 2019-06-24 11:15 | ハイキングと登山 | Comments(1)
2019年 06月 17日

2019年6月16日、伊豆ヶ岳ハイキング、正丸駅~伊豆ヶ岳~子の権現~吾野駅

 先週は、出張準備と台湾出張のため登りに行けませんでした。と言っても、シケシケでどこも厳しかったようです。今週の15日(土)はベースキャンプで久々にボルダーらしいボルダー課題に打ちのめされてきました。2時間で体が終わってしまいました。ずっと同じルートばかりをトライして、体力温存を言い訳に、平日ボルダーも控え目で、ジムでランすら控えていました。体力低下が著しいです。こんなんで、今年の夏山は大丈夫か? とにかく歩き始めないといけない。でも、沢は増水してる。ということで、梅雨の合間に手ごろなハイキングへ行ってきました。しかし、ハイキングと言えど、なまった体には厳しかったです。下山のころには、体幹と足がヨレヨレでした。これから、少しづつアップしていかないと夏山、北アルプスは厳しいです。
 子の権現は、足腰守護の神仏です。登山者、クライマーは、ぜひ、お参りしましょう。車でも行けちゃいますが、麓から歩いて上がってこそ、その加護を受けられます。114.png

〇 装備とコースタイム
・メンバー、パートナーさま、きん、計2名。
・共同装備、特になし。・コース時間(以下は、適当です。)
08:00、正丸駅出発
10:00、伊豆ヶ岳
12:00、天目指峠(1時間休憩)
14:20、子の権現
15:20、吾野駅

〇 伊豆ヶ岳頂上
・それにしても、奥多摩や奥武蔵の山は視界がなかなか開けない。頂上もこんな感じです。
・でも、その分、日陰を歩けるってことなんです。
b0037220_12444431.jpg
〇 数少ない展望
b0037220_12461218.jpg
〇 子の権現
・足腰守護です。いつまでも、上部な足でいられますように。
b0037220_12452932.jpg
きん




# by Climber-Kin | 2019-06-17 11:01 | ハイキングと登山 | Comments(0)
2019年 06月 05日

2019年6月2日、シーズン初の花崗岩、カサメリ沢

 土曜日は、ヌンチャク回収後、後ろ髪惹かれながら、二股峠を15:00に出発しました。17:00にナナーズ川上に到着しました。十石峠ではなく、ブドウ峠経由で向かいました。1時間ちょっとぐらいで行けるかと思ったのですが、2時間ほどかかりました。十石峠経由よりは早くはなるのですが、それほどまでは短縮できないようです。中津川林道が復旧するとよいのですが、あれっ?その中津川林道ですが、
http://www.city.chichibu.lg.jp/7552.html
通行止めが解除される!
 植樹祭公園は、寒かったです。日曜日は曇りでした。時たま、上の方の岩がガスで見えなくなったりするような天気でした。カサメリ沢は寒かったです。10度台の前半ぐらいの気温でした。久々のカサメリ沢でしたが、ついこないだまで来ていたような感覚でした。数えきれないぐらい来てますから、頭の中では、いつもの場所って感じになっているみたいです。

(1) トータルリコール(10b)、再登
・久々の花崗岩ルート。フットホールド探しに、目が泳ぎます。
(2) 猫の手(10a)、再登
(3) トラパント(9)、再登
・どのルートも濡れてはいないのですが、しっとりしていました。
・トラパントは、相変わらず面白いルートでした。
(4) ブラッドライン(12d)、ヌンチャク掛
・あいかわらず、回り込んで上がるスタートのテラスが濡れてます。
(5) ブラッドライン(12d)、ムーブ探り
(6) ブラッドライン(12d9、ムーブ探り
・湿気湿気だったので、ブラッドラインはどうかなぁと思ったですが、湿気たカンテは何もできませんでした(笑)。
・最初のカンテの核心は、右手のフリクションが悪くて、体が上がりません。左手ダイク状サイド持ちホールドへ手が出ません。
・カリ下のクリップムーブができません。
・最後の一連の核心セクションは、すぐに思い出しましたが、ムズイ。

 やはり、軍艦岩周辺は特に湿っぽいですねぇ。この湿度でフリクション勝負のカンテルートは厳しいです。秋になれば、状態が良い日が多くなるんでしょうか。今シーズンは、このルートを狙うのか?秋しか勝負にならないとなると、どうするかなぁ。昨シーズンも、勝負になったのは10月になってからです。来週あたりから梅雨入りっぽいです。今年もクライミング再スタートはお盆明けからの予定です。梅雨前に、狙うルートが決まっていないのは、戦略的によろしくないですが、そうなってしまったのは仕方ないです。いろいろなルートを触ってみるつもりでいます。

〇 そそり立つ軍艦岩
・この時期の花崗岩の12b以上のルートは、何触っても、難しくって、登れる気がしてこないんですよねぇ。
b0037220_11185556.jpg
〇 中津川林道通行止め解除?
・小川山から中津川林道経由で帰るにはよいのですが。
・30キロ以上の渋滞情報でもない限り、瑞牆から中津川林道経由で、帰るのはチト微妙です。



きん



# by Climber-Kin | 2019-06-05 11:19 | カサメリ沢・不動沢 | Comments(0)
2019年 06月 03日

2019年6月1日、シーズン終了の二子山

 先週は猛暑でしたが、今週末は少し涼しくなる予報でした。火曜日は雨でしたが、木曜日は結構乾いてたとのことでした。金曜日の夜も少し雨が降ったようです。天気予報と相談しながら、今週末が最後のチャンスかなぁと思いながら、二子へ向かったのでした。

(1-2) ワーカーホーリック(10b)×2、アップ
(3) 振り返るな(13a)、×
・5p目のガバコルネが濡れていました。6p目クリップの右手穴ホールドが濡れていたようです。左手ドーンから厳しかったです。
・右手ワンツーから左指穴アンダークロスムーブは右手サイドが指先が濡れているせいで、ムニューと抜けてきます。引き付けられませんでした。
・ゴボウで上がり、核心セクションのホールドを確認しました。穴ホールドが全て湿っぽい上に、きーほるどの右足フットホールドが染み出していました。134.png
・まだ来週、チャンスがあるかも? とりあえず、ヌンチャクは回収しないで、降りてから考えることにしました。
(4) 振り返るな(13a)、ヌンチャク回収便
・今朝の天気予報で来週末の天気予報が悪天しました。梅雨前線が関東近くまで、北上してくるようです。
・ヌンチャク回収を決意しました。

 今年は冬に大雪が降らなかったために、シーズンが長かったです。徐々に高度を上げられて、今年は登れるかも、そんな予感もありました。そして、春先に、ついに8p目クリップまで到達できたのです。しかし、普通は落ちないところで、まさかの「やっちまった!」でした。ここまで来れたのだから、そのうち、すぐに登れるだろうと思っていたのですが、そうは甘くはなかったのでした。ぎりぎりで登れるか否か、そんなルートでは、コンディション、自分の体調、そして失敗しないで、とっても多い手数のムーブをこなす集中力、その3つの条件が一度にそろわないと登れないのです。そのころから急に暖かくなり、平均的な到達高度が徐々に下がって行ってしまいました。GW以降もトライし続けたのですが、フリクションが悪くなってくると、自分には、終了点まで抜け切るだけの持久力が足りません。何度かチャンスはあったのですが、もう、メンタルで負けていました。既に心が折れていました。ヌンチャク回収して、正直ほっとしています。「お前の戦いは終わった!」 しばらくの間、このルートから離れることができます。しかし、4ヶ月後ぐらいには、シーズンスタートです。来シーズンこそは、余裕で登れるように自分を変えて、次のシーズンを迎えたいです。

〇 ヌンチャク回収
・見た目は乾いているようにも見えるのですが、核心セクション周辺は、黒い斑点状の染みがあります。穴ホールドの中は、どれもシットリです。岩の裏側は、もうびっちょりなのではないでしょうか。
・心が折れて、闘争心がなくなったトライだと、ランナウトとフォール距離が激しい、このルートは恐怖心に襲われます。怖くなって、登りにますます力が入って、登れる気が全くしなくなってきてしまいました。
・最後のドラゴンレースも、もう、ヨレヨレでシューズが負けて、やたら滑ります。来シーズンは、新ドラゴンレースで挑戦予定です。
・岩場では、トライのたびに、沢山の声援をもらいました。ありがとうございました。めげずに来シーズンも頑張ります。
b0037220_13390013.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-06-03 13:34 | 二子山'18-'19 | Comments(6)
2019年 05月 28日

2019年5月25-26日、真夏日の二子山

 この週末は真夏並みの暑さの天気予報でした。下界は真夏日でした。弓状も27度、28度と気温が上がりました。一方、「振り返るな」ですが、見た目は、染み出しがなくなってはいたのですが、染み出してまでではないのですが、なにやら、ホールドの周りにある黒い斑点状のシミが気になりました。

◇ 25日(土)
(1-2) ワーカーホーリック(10b)×2、アップ
(3) 振り返るな(13a)、×
・穴ホールドの中が濡れていました。
・左指穴アンダークロスは、右手サイドが湿っぽくて引付けきれずに刺してから、体勢を整えようと引いたところで、スッポ抜けました。穴の中が濡れていました。

 昼前に、2便目を出すか迷ったのですが、穴ホールドが濡れていることもあり、少しは乾くだろうと、夕方まで待つことにしました。しかし、夕方になっても、全然気温が下がりませんでした。明日午前中便にかけることにしました。

◇ 26日(日)
(4-5) ワーカーホーリック(10b)×2、アップ
(6) 高く登れ(10b)、アップ
(7) 振り返るな(13a)、×
・穴ホールドが濡れていました。同じでした。
・右手ワンツーのサイド引きは、親指も使って、わしづかみでもって、左指穴アンダー刺しを最初から深くしようと試みたのですが、手首が固定されて可動域がせまくなって、いまひとつでした。
・しかも、ぬれていて、右手ドーンは失敗して、落ちました。
(8) 振り返るな(13a)、×
・11時に2便目を出しました。
・今度は、いつもの通り、指先をひっかけ持ちして、左指穴アンダークロスへ。しかし、右手サイドを持つ右手が濡れていて、引付けきれずに、フォールでした。
・調べてみると、6p目クリップの右手穴ホールドと右手ワンツーのワンで手が濡れたままで、右手サイドを持っているようです。

 日曜日は、夕方便は期待できないのとパートナーさまが調子が悪いので、お昼に引き上げました。穴ホールドが濡れている上に、この気温では勝算がありません。来週は今週よりは、少しは涼しくなるらしいです。しかし、週半ばに再び雨が...

〇 新緑に癒される二子山
・真夏の温度では、ホールドヌルヌルで、負荷が1、2割増えます。
・指皮が柔らかくなっていて、やたら、もっていかれて、指皮痛いです。
・誰もトライしないので、ムーブ探りには最高のようです。
b0037220_13193832.jpg
〇 「お前の戦いは終わった!」
 最近、ネットフリックスで「THE100/ハンドレッド」をみてます。核戦争が勃発した100年後の世界。地上には、戦う民「グラウンダー」が登場するのですが、戦って死ぬと、その仲間が「Your fight is over! (お前の戦いは終わった!)」と死んだ戦士に向かって言うのです。
 今シーズンは終わりですかねぇ。「お前の戦いは終わった!」 このシチュエーションだと、「北斗の拳」の「お前はすでに死んでいる!」も使えるかも(笑)。



きん



# by Climber-Kin | 2019-05-28 13:32 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 05月 21日

2019年5月18-19日、心が折れそうな二子山

 2日前の水曜日は、せっかくの平日カードを切ったのに、染み出していて満足なトライすらできませんでした。それから、2日経過しました。さすがに、もう乾いただろうと期待したのですが、湿度が高いのでしょうか?風がなかったのでしょう。土曜日は、水曜日と同じような状態でした。お日様は高くなり、ルートの殆どの部分には陽があたりません。陽があたらず、風がなく、湿度60%では、なかなか乾かないのは当たり前なのかもしれません。

◇ 18日(土)
(1-2) ワーカーホーリック(10b)×2
(3) 振り返るな(13a)、整備便
・5-6p間で、ホールドが3個連続で濡れていて、つっこむのはやめた。整備便にした。
(4) 振り返るな(13a)、×
・穴ホールドがかなり湿っぽいが、突っ込む気満々でスタート。
・しかし、左指穴アンダークロスが濡れていて、左手がスッポ抜けて、あっけなく終了。

◇ 19日(日)
(5-6) ワーカーホリック(10b)×2
(7) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョは、しっかり保持できず、体下がってしまって、右足トゥが抜けない。動揺して、トゥを抜いて落ちた。
(8) 振り返るな(13a)、×
・コルネ右奥ピンチをなんとか止めたが、体が下がっていたのか、持ち損ねていた。持ち直せずに、そのまま左手出したが、コルネホッペをはたいて落ちた。
(9) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョがヌルヌルだった。コルネ右奥ピンチは止まらなかった。

 土曜日の夕方は多少濡れていても、突っ込むぞと気合が入った登りだったのですが、濡れていた左指穴アンダークロスで、すっぽ抜けて、あっけなく終了でした。日曜日は土曜日よりは少し乾いたのですが、穴ホールドの中が湿ってました。気温も高くフリクションも、よくありません。週の初めに大雨が降る予報が出ていました。コンディションはよくないけれど、今日が最後のチャンスになるかもしれない。頑張りました。しかし、コルネホッペすら、つかめませんでした。何度も切れた気持ちをつなぎ直してトライを継続しています。それも、梅雨まであと2週間か3週間です。壁が真っ黒になるまで、行くしかありません。
 
〇 なかなか乾かない「振り返るな」
・陽は終日あたらない。風は吹かない。湿度高い。乾くわけないって?
b0037220_10401235.jpg
〇 二日目の昼の便かな?
・新緑がきれいです。二子じゃないような雰囲気です。
・写真 by Yきしまさん。ありがとうございます。
b0037220_10384744.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-05-21 10:35 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 05月 16日

2019年5月15日、二子山偵察

 火曜日は雨の予報が出ていました。調べてみると、小鹿野の降雨量は1.5mmでした。染み出していないのではないだろうかと期待して、また平日カードを切って、水曜日組に混ぜてもらい、二子へ向かったのでした。しかし、林道に入ると、雨の跡が目立つようになりました。そして、弓状につくと、がっかりでした。染み出していました。夕方まで、待ったのですが乾きませんでした。行けそうなら、そのままトライしてみるぐらいで、一便だけ偵察便を出しました。3p目で足が滑って弱気になり、5-6p間の核心の入りで3ヶ所続けて濡れていました。力を入れ過ぎて指を痛めそうなので断念して、整備便にしました。梅雨前線が天気図に出てくるようになりました。来週は火水木で雨予報が出ています。とりあえず、土曜日まで、ニワカ雨が降らないとよいのですが…

(1-2) ワーカーホーリック(10b)×2
(3) 振り返るな(13a)、偵察便

〇 三度染み出した「振り返るな」
・風がないと、なかなか乾かないですねぇ。
b0037220_10223095.jpg
〇 大丈夫な任唐
・コルネの中の状態はわかりません。
b0037220_10240886.jpg
〇 少し染み出した「おいしいよ」
・核心セクションは濡れていません。少し余裕があれば、大丈夫でしょう。
b0037220_10254522.jpg

きん


# by Climber-Kin | 2019-05-16 10:19 | 二子山'18-'19 | Comments(2)
2019年 05月 13日

2019年5月11-12日、ショックの二子山

 先週のGW最終日5/6(月)は、流れ込みと染み出しでトライできませんでした。それから5日間は雨は降らなかったと思います。染み出し始めてから2週間近く経過する。きっと乾いているに違いないと期待しながら、二子へ向かったのでした。その一方で、「振り返るな」とトライはGWを挟んで中2週間になります。さらに、夏日になる天気予報が出ていました。その状態で登れるのだろうか? 完登する以前に、勝負になるトライになるのだろうか、不安がいっぱいでした。
 そして、土曜日の朝に弓状に到着すると、なんと、まだ染み出していたのでした。なんてこったい!

◇ 5/11(土)
(1-3) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・濡れていたが、とりあえず、やってみた。
・5-6p間の背骨コルネ、6p目クリップの穴ホールド、6p目からの左手ドーンの次の右手ワンツー、そして、左穴アンダークロスの穴が濡れていた。
・それでも頑張って、右手ドーンから右手ガバカチへ飛ばしまでいけて、左手モニョモニョ取りで右手耐えられなくて落ちた。
(5) ワーカーホーリック(10b)、再アップ
(6) 振り返るな(13a)、×
・午後は、25度を越してしまい、弓状にいるだけで疲れてしまいました。
・乾くかどうかわからないのですが、それでも、夕方まで待ちました。おー!乾いたぞー!
・18:00まで待って1便だしました。まだ、温度計は23度ぐらいをさしていました。
・当たり前ですが、表面は乾いていたのですが、穴の中は濡れていました。それでも、何とか左手モニョモニョ取りまでこれたのですが、しかし、体勢が下がっていて、持ち直せずに右手カンテモニョをはたいて落ちました。

◇ 5/12(日)
 朝は再び染み出しているかもしれないのですが、日曜日は1時間早出して、涼しい時間にトライしてみようと思ったのでした。午前中に2便だして、午後早めに帰るかなと思っていたのですが、1便だした後、眠くてすっかり寝過ごしてしまって、暑くて目が覚めたのは午後1時で、2便目を午前中に出すタイミングを逸してしまい、夕方まで待つことになってしまったのでした。

(6-7) ワーカーホーリック(10b)×2、アップ
(8) 振り返るな(13a)、×
・まだ、6p目クリップの穴ホールドと右手ワンツーの核心の入りのホールドが濡れてますが、頑張りました。左手コルネホッペを掴んで、コルネこめかみへの飛ばしで落ちました。あ~。
(9) 振り返るな(13a)、×
・2日目の2便目、もうヨレている。また雨の予報が出ていて、今シーズンまともにできる最後のトライになるかもしれない。もう濡れているんだけど...
・4p目体幹トレーニングレストは、結構疲れていないくて早めに息が整えて出発できて、5p目腰押しつけレストは、相変わらずきつめの体幹トレーニングだが、前腕は休められた。
・こんなに温度が高いのに、進むにつれて指の感覚がなくなっていきます。
・自分の持久力が限界に近づき、頭の中が朦朧としながらも、左手コルネこめかみへの飛ばしは体で押さえつけるように必死で出しました。コルネこめかみをとらえた指がブニューと抜けていました。しかし、なんとか抑えて、右足ヒールフックをして、8p目クリップのコルネ頭取りへ! しかし、体は壁から離れ、腰が下がっていました。コルネ頭が遥か遠くに見えて届くところにありませんでした。修正できる余裕はありませんでした。フォールしました。

 日曜日の二便目の夕方のトライは、惜しかったです。コルネこめかみさえ止めれば、登れるつもりでいました。こんな状況なのに、そのコルネこめかみが止まったのです。しかし、コンディションが悪いせいなのか、二日目の2便目のせいなのか、指は感覚は薄くヌメヌメなのだけはわかります。もう、力尽きていました。体勢を修正できませんでした。左手コルネこめかみ取れたら、失敗しないはずだったコルネ頭取りの右手は出ませんでした。ショックでした。もしかしたら、今シーズン最後のチャンスだったのかもしれません。明日明後日あたりから、雨ばかりの予報です。ショックでした。
 しかし、まだチャンスが完全に消えたわけではありません。今シーズンは、ここまで詰められたのですから、染み出しと結露で真っ黒になるまでトライするしかないです。何度も心が折れそうになっていますが、もう少し、頑張ります。

〇 今週末の弓状
・染み出しが少ないので、まだまだ多勢来ています。
・パートナーさまの穴ムジは、いきなり繋がって、そのままRPかと思われたのですが、第4核心で落とされていました。実に惜しいトライでした。
・振り返るなの核心セクションにへばりついている私。写真by @YKしまさん。ありがとうございます。
b0037220_13200214.jpg
きん



# by Climber-Kin | 2019-05-13 13:12 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 05月 10日

2019年5月6日、再び流れ込んだ二子山

 GWは二子からスタートしましたが、東北ツアーを終えたあと、GW最終日に、また二子へやって来ました。GW中に大雨が何度か降ったので、岩の状態は流れ込みでNGかもしれません。体の状態もGWの登り疲れがたまっていて、奇跡がおきるような状態ではなかったのです。しかし、自分の目で状況を確かめたかったので、二子へ行くことにしました。
 そして、その流れ込みは先週より酷い状況でした。4/27(土)は濡れていてダメでしたが、4/28(日)には乾いて、トライできたのです。しかし、4/30(火)の大雨で再び流れ込んだようでした。GW中に二子へ来ていたクライマーに確認すると、どうも、それから乾いていないようです。「振り返るな(13a)」は、上部核心セクションから、3p目あたりまで、ラインに沿ってビチョ濡れていました。帰るころには、再びニワカ雨が降りだしました。明日から来週末までは天気は安定して、雨は降らなさそうです。来週末またトライできるとよいのですが…

(1) ワーカーホリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 高く登れ(10b)、再登
(4) 悪魔のエチュード(10a)、Tr、再登

〇 先週より酷い流れ込みの「振り返るな(13a)」
・4月以降は雨が多くなります。
・2段岩壁の内部はツツ状になっているようで、そこが雨水の通路になっていて、雨が降った直後に染み出したようになります。
・本格的な染み出しではないので、再び乾くことに期待したいです。
b0037220_09160367.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-05-10 09:16 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 05月 05日

東北クライミングツアーのレスト日、上杉神社と亀岡文珠

 最初に入った二子山から「田島の岩場」への移動は遠かったです。花園ICから関越へ北関東道と通り東北自動車道へ入りました。宇都宮から日光、鬼怒川を抜けて南会津へ入りました。雨の日を使って、さらに南会津から山形へ移動しました。南会津「田島の岩場」でワンクッション入れたのは正解でした。東北は蕎麦がおいしいです。会津、米沢、山形の蕎麦ツアーでもありました。蕎麦の写真はインスタグラムの方へ上げます。

〇 上杉鷹山
・雨の米沢で、上杉神社によりました。
・J.F.ケネディが尊敬した人。
・そう! マインド! マインドが重要なんです。

なせば成る
なさねば成らぬ
RP
成らぬは人の
なさぬなりけり

・耳が痛いですが、頑張りましょう。すべては自分次第です。
・上杉と言えば、上杉景勝と直江兼続の銅像もありました。
b0037220_19594958.jpg
b0037220_19585483.jpg
b0037220_10211551.jpg
〇 亀岡文珠と智恵の水
・丹後(京都)の切戸の文珠、大和(奈良)の安倍の文珠とともに、日本三文珠の一つ。
・三人寄れば文殊の知恵。
・しかし、建物、仏像、等々、かなり古いなぁ。江戸時代よりは遥か昔だろうとは思ったが、調べてみると、設置、大同2年(807年)。古いはずだ。
・智恵の水で知恵をつけました。
b0037220_10122136.jpg
b0037220_10122732.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-05-05 20:06 | クライミングの研究 | Comments(0)
2019年 05月 05日

2019年5月4日、会津田島の岩場、再び

 山形・山寺の岩場から撤退してきて、再び「田島の岩場」によりました。気持ちは元気だったのですが、体の方は既に終わっていたようです。GW始まってから、連荘しては1日のレスト&移動に、さらに移動して難しいルートを触ってみたものの、指皮は限界、体幹もヨレヨレでした。

(1) 白河ルート(7)、〇、MS/OS
・昨日のホールドもげの後遺症で、怖かった。ホールドを何度も確かめながら登った。
(2) せもりた(9)、〇、MS/OS
・これも超怖かった。もげそうなホールド多数。
(3) 特急列車鉄仮面(12d)、×、ヌンチャク掛&ムーブ探り
・アダカメモリアルルートからわかれて右へ上がるが、オリジナルになる穴ホールド近辺がなんとも狭難しい。
(4) 特急列車鉄仮面(12d)、×、ムーブ探り
・やはり、穴ホールド近辺のムーブが解決できない。
(5) 特急列車鉄仮面(12d)、×、ムーブ探り
・あー、左足を掻き込むようにすれば左手だせるのか?しかし、アンダー取りは辛いので左上のチビホールドもって、右手アンダーに持ち替えて、上のガバ取りか。
・6p目は長テープにして、下からクリップできるようにしないと、クリップできなさそうだ。
・また、トライしてみますかね。

 山寺の岩場から戻ってくると、ここの傾斜はきつい!ますます、よれた体幹にききます。昼から陽があたって、難しいルートのトライは不可ですね。早々に渋滞の東北道を覚悟で引き上げました。蕎麦はうまいし、温泉付きの「きらら289道の駅」が快適です。また来たいです。

〇 特急列車鉄仮面(12d)
・きんちゃんお薦めルートでしたが、それほど甘くないです。でも持久系でなく、パワー系なので、自分にも登れるかも、今回は体が新鮮でなかったので難しかったです。次回、新鮮な体の状態で再トライしたいです。
b0037220_18240769.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-05-05 18:26 | 南会津田島の岩場 | Comments(0)
2019年 05月 05日

2019年5月1-3日、初めての山寺の岩場

 GWの中盤です。二子で二日登り、二日目は早上がりで移動して、南会津・田島の岩場の登りました。その翌日の雨をレスト&移動日として山形へやってきたのでした。山寺の岩場はもちろん初めての岩場でした。到着したら誰もいませんでした。その後、地元クライマーのLZRさんが上がってきて、いろいろなルートを教えてくれたのでした。いろいろなルートが交錯していて、初めてだとちょっとわかり辛いです。山寺の岩場の二日目と三日目は地元クライマーHRMさん、それに北海道チームと東京からチカちゃんチームが来ていました。二子と違って(笑)、山形クライマーさん達はとてもフレンドリーでした。
 山寺の岩場は、あの有名な山寺直下の岩を登るのではありません(笑)。その観光地の山寺を過ぎて、4キロほど林道を走ります。GW中は山寺近辺で大渋滞するので、早めに入らないとたどり着けなくなるので寝坊はしない方がよいでしょう。雨上がりの初日はブヨにやられました。二日目と三日目は強風でとても寒かったです。この時期にして、ブヨ対策と防寒対策の両者が必要です。「天童温泉道の駅」はGW中は激混みでした。車中泊に利用する場合は、早めの場所取りが必要です。GW中の温泉宿は日帰り入浴できませんが、道の駅から歩いて5分ほどのところにある「ふれあい荘」は、入浴料金100円で入れる温泉でした。そのわりには、きれいで快適でした。道の駅から温泉街まで歩いていけるので、居酒屋で晩御飯が可能なのですが、どの店もGW中は予約でいっぱいでした。結局、観光客であふれている「水車生蕎麦(板蕎麦と鳥中華がうまい)」は並んで少し待てば必ず入れるので、ここに2回もお世話になってしまいました。

(1) 逃げまくってしまいました(10a)、×、MS/OS
・大行進11dへ入ってしまったようで、LZRさんから指摘されて、戻るが既に遅し、テンションしてしまった。
・迷いまくってしまいました!
(2) 壱番(11b)、×、MS/OS
・2-3p間の最初の核心でテンション。その後各停でムーブを解析。
(3) 壱番(11b)、RP
・前半の核心をこなして、ニーバレストで戻せれば、登れるかも?3分の2ぐらいは戻せたかも?なんとか、テラスまで逃げ込んで、2撃。
(4) おっとっと(10c)、〇、MS/OS
・めちゃくちゃ警戒して、トライしたが、妥当なグレードに感じてオンサイトできた。
◇ 2日
(5) キャラメルママ(11a)、×、MS/OS
(6) キャラメルママ(11a)、〇、RP
・前半こなして、レストできると思ったら、戻せなかった。そのまま中盤核心をこなして、ギリギリで左トラバースをこなして、大レスト。カンテ沿いのヘンテコなバランスのムーブをこなして何とか2撃。疲れた~。
(7) 洛陽(11a)、×、OS
・LZRさんが、ヌンチャクをかけていたのでトライさせてもらったが、これ休めません。3分の2で力尽きました。

◇ 3日
(8) 逃げまくってしまいました(10a)、〇、MS/RP
・今度はラインがわかっていたので登れました(笑)。
(9) 大行進(11d)、×、ホールド欠損、フォール
・TK口さんのルートなので触ってみたかったのですが、たどりつけず。

 山寺の岩場は、どのルートも長いです。持久系ルートが多いです。グレードが辛いと言われているようですが、ここへ到着した時点で既にかなりのお疲れ状態だったのと、それを評価できるほど高いグレードのルートは登っていないので、何とも言えません。11aと11bのルートを登りましたが、持久的な要素がグレードに加味されていないような感じでした。二子みたいに、1つか2つグレードが辛いかなぁという感じでした。12台のルートが少ないので、何度も訪れる遠征クライマーは少ないのかもしれません。周りのクライマーも行ったことがあるクライマーは多いですが、やはり1度か2度ぐらい訪問したクライマーが多いようです。私には、11台でも充実できるルートが多いようだし、温泉と蕎麦があるので、また行きたいなぁと思いました。

〇 壱番(11b)
・好ルートです。前半と後半でタイプが変わります。複数のルートと交錯しているので、オンサイトでラインを読むのはかなり難しいのですが、その中で、一番の弱点をラインにしているルートです。最後の終了点へのトラバースは岩馴れしていないとどうやって登るのかわからないかもしれません。
・LZRさんに核心ムーブを教えてもらって、中段でのニーバ―レストを教えてもらったので2便で登れましたが、それを聞いてなかったら、さらに何便かかかっていたような気がします。体感11cぐらいはあります。
b0037220_18173951.jpg
〇 ヌードシアター(11a)を登るLZRさん
・理不尽なムーブが続く11aです。登るのみていて、登る気がしませんでした。
b0037220_18183121.jpg
〇 みちのく広場、キャラメルママ(11a)
・キャメル(11c)が難しそうだったので、こちらから触ってみました。薄被りで長くて、これも持久系要素が強かったです。
・ギリギリで2撃できましたが、11bぐらいには感じました。
b0037220_18214995.jpg
〇 洛陽(11a)
・まぁ、ガバなんですが、左側にフットホールドが見当たりません。疲れます。
・最後にランナウトするし、2便出せば登れたのかなぁ???
b0037220_18221797.jpg
〇 大行進(11d)
・10aと共通部分なのですが、アンダーガバホールドが剥がれました。ホールドを顔にぶつけて眼鏡破損して、裂傷作りました。バクテン状にフォールして、背中を岩にぶつけて打撲でした。ひっくり返って、レッグループで墜落ショックを受けたので、太腿内側に内出血つくりました。
・戦意喪失して下山して、山形を去りました。
b0037220_18273438.jpg

きん


# by Climber-Kin | 2019-05-05 18:22 | 山寺の岩場 | Comments(0)
2019年 05月 05日

2019年4月29日、初めての南会津田島の岩場、アダカメモリアルルートRP、猿戦争RP

 二子山を後にして、花園ICから関越道へ。さらに北関東自動車道から東北道へ入ります。矢板あたりが渋滞していたので、日光・鬼怒川経由で会津田島へ入りました。きらら289の道の駅の営業時間に到着できそうになかったので、湯西川道の駅で温泉に入りました。とっても良い湯でした。ここの温泉は昔昔?入ったような記憶があります。通称「そば街道」途中に閉店間際の「つち屋」という蕎麦屋さんで晩御飯して、きらら289で車泊しました。二子山からだと結構遠かったです。
 きらら289道の駅から出発しようとすると、E川夫妻とばったり会って、なんだか知りあいの多くが田島の岩場にいるようでした。岩場に到着すると、マッキーさんに、OGS夫妻に久々のミキティとか。関東勢が多勢でした。

(1) 和泉?魚店(7)、アップ
・午前中は寒いようで、まだ誰もいません。
(2) アガタメモリアルルート(12a)、×、〇、RP
・先にパートナーさまがトライしたので、FL狙いでいきましたが、出だしであっさりフォールでした。
・2手目ピンチ持ちで体振って左手水平ホールド取りが成功して、そのままRPでした。
(3) Monkey Warfare「サル戦争」(12b)、×
・出だしの左手アンダー取って右手寄せができません。その後のランジ?とかの右手大ガバが遠いです。そこはリーチ有利で何とかなりそうでした。その後の1p分もちょっとムーブ固めておかないとまずいかもな感じでムーブを固めました。その上は大丈夫そうでした。
(4) Monkey Warfare「サル戦争」(12b)、×
・出だしで苦戦します。どうしても、左手アンダーから右手アンダー寄せが、できません。
・あの手この手で、いろいろ試しますが、できません。こうなったらランジか?
(5) Monkey Warfare「サル戦争」(12b)、RP
・作戦変更で、右手寄せはやめて、そのままランジに変更してみました。1回失敗しましたが、パートナーさまの助言で右足位置変えてランジしたら、右手がガバに、ついに止まりました。そのまま、本当の核心っぽいムーブもこなせて、そのまま登れました。

 パートナーさまも、モリアルルート(12a)をRPして、早め上がりで、キララ289の道の駅へ向かいました。道の駅で、温泉入って、生ビールに会津の日本酒飲んで、蕎麦食べて早めに睡眠でした。道の駅の食堂なのに蕎麦がうまかったです。小さな岩場ですが、まだまだ、トライしたいルートがあるので、また来たいです。キララ289道の駅ベースで快適なクライミングが待ってます。

〇 会津田島の岩場の全貌
・田島ドライビングスクールのトイレを借りるにあたり、いろいろとルールがあるようです。
・アプローチ0。フラットで居心地満点?といいたいですが、国道の車がうるさいです。これはどうしようもありません。
b0037220_18063612.jpg
〇 アガタメモリアルルート(12a)とサル戦争(12b)
・「アガタメモリアルルート(12a)」は出だしが核心です。マッキーさんに教えてもらって、右手ピンチ持ちにフリで左手水平ホールドで、右手サイドガバ取って3p目クリップが正解のようです。そこから5手ほど、核心セクションが続きます。リーチがあれば、11dぐらいに感じるかもしれませんが、リーチがないと12aぐらいに難しい気がします。
・「サル戦争(12b)」も出だしとその次が核心です。私には、出だしの左手アンダーから右手寄せがどうしてもできませんでした。右手よせずにランジで上のガバを取りました。これはリーチがあると、出だしが難しく、核心が簡単になります。リーチがないと、出だしはすんなりいくけど、核心が遠いみたいな。ちょっと癖が強いかもしれません。そんなに簡単ではないです。
b0037220_18070643.jpg
きん



# by Climber-Kin | 2019-05-05 18:07 | 南会津田島の岩場 | Comments(0)
2019年 05月 05日

2019年4月27-28日、流れ込んだ二子山

 GWへ突入でした。迷いに迷いながらも、やはりチャンスがあるならトライしたい、前日の雨が気になりながらも、GWは二子山からスタートしました。しかし、激しい雨は「振り返るな」の上部に流れ込んでいました。ここは我慢で乾くまで待ちます。しかし、27日はチャンスがありませんでした。だけど、明日には乾きそうな感じでした。27日はアップだけして、結局トライしませんでした。
 28日は暑くなるだろうと、早めに弓状へ入りました。流れ込みがあったので、乾いたとしても埃っぽくなっているだろう。それにマーキングが消えてちゃっているだろう。整備便を出しました。その後、9時台に一便目を出しましたが、右手カンテガバカチがヌルヌルで左手モニョモニョホールド取りに失敗してしまいました。再度頭を整理して、右手カンテガバカチは、もっと上側が持ちやすいはず、そこを取るまで何度でも右手を送ってみようと作戦を立てて3便目を12時過ぎに出しました。今度は右手カンテガバカチをしっかり持てて、そのために左手モニョモニョも、最近で一番しっかり持てました。久々にコルネ右奥の右手ピンチが止まりました。さらに、左手コルネホッペ取りも成功しました。そして、左手コルネこめかみへの送りは、握れませんでした。あ~、惜しかった。何度も繰り返す失敗。しかし、少し戻ってから再度高度を上げていくと、また同じ失敗をしてしまいます。これまでもそうでしたからねぇ。今日は、午後からは温度が上がり過ぎてダメでしょう。もう3便出しちゃったし、後ろ髪引かれながらも、再びチャンスが来ることを祈りながら二子を後にして、GW東北ツアーへ向かったのでした。

◇ 27日
(1) ワーカーホーリック(10b)、×
(2) バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ?
◇ 28日
(3) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、整備便
(5) 振り返るな(13a)、×、左手モニョモニョ取れず
(6) 振り返るな(13a)、×、コルネこめかみ取れず
・再びコルネこめかみ取りまで到達した自分にびっくりでした。そして、これ止まっていればなぁ~。がっくし。

〇 流れ込みで真っ黒な「振り返るな(13a)」
・あ~、ついに、こんな時期になってしまったのですね。いや、これまで、普通にトライできていた方が奇跡です。
・これまで何度もチャンスがあったのに登れなかったのは、自分のせいです。

b0037220_17563000.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-05-05 17:59 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 04月 22日

アンパラレル・シリウスレース

 FiveTenがアディダス社に買収されて、1年?数年経つがついにアディダスファイブテンとして、スタートするようです。旧ファイブテンを扱っていたキャラバンさんからのアナウンスで、もうファイブテンはなくなるって感じの話は嘘のようで、アプローチシューズは、既に製品がリリースされているようです。期待のドラゴンレースは3月にリリースされるはずが、製造品質不可で6月末ぐらいになるようです。サッカーシューズを作ってきたアディダス社ですから、品質意識が高いのはウェルカムです。
 しかし、旧ファイブテンのドラゴンレースが販売中止となり、流通系在庫を買いだめしていたのですが、そのストックも、もう最後になってしまいました。新アディダスファイブテン・ドラゴンレースのリリースが遅れてしまったので、このシーズン最後の追い込みに使うシューズがなくなってしまっていて困っているのです。事前にそんな状況をにらんで、いつくものシューズを試してきました。ワイルドカントリ―、スカルパ・キメラ、アンパラレル・シリウスレースを購入していました。
 アンパラレル・シリウスレースは、アンパラレル社が旧ファイブテン社の足型を工場ごと買って、シューズを生産しているということで、ドラゴンレースとそっくりの作りを期待して、買ったのでした。どこにも試し履きできるところがなく、しかたなく、インターネット通販で、ファイブテンドラゴンレースと同じサイズをポチしたのでした。その大づくりな作りに違和感を感じながらも、アップルートで慣らしていきました。そして、本チャンルートで試してみたのでした。その結果です。

(1) つま先がいたるところで、引っかかる。
・先便はドラゴンレースでトライしてますから、そのつもりで足を上げると、とにかく、つま先が、いたるところで、ひっかかりました。
・つま先がポイントのようで、でっぱってますからね。
(2) ポイントがインサイドよりでなく、つま先寄りになっている。ドラゴンと全然違う!トゥポイントがハイアングルと同じ。
・見た目通りで、足の力のポイントが靴のつくりからつま先よりになっています。それ、ターンインの意味ないのではないでしょうか。
・柔らかいシューズでつま先に力が入るわけないと思うのです。ターンインしているシューズでは、力が入るポイントは、足の人差し指と親指の間だと思います。
(3) 土踏まずからグニャっと曲がって、ツブ足ホールドにのれない。ドラゴンレースは、足裏全体の力が、ソールが湾曲して、トゥに力を伝わる感じだった。
・アップルートで数回登っただけで、グニャグニャになりました。

 これ、全然、ドラゴンレースと違います。靴紐も何故、わざわざ斜めにするか、よくわかりません。ドラゴンレースの足型を使ったとのことですが、デザインは全然違いました。残念です。とりあえず、まずは全部真似すればよかったのに、工夫した点がすべて裏目に出ている気がします。どういうコンセプトでデザインしたのでしょうか。
 残念ながら、シリウスレースは、ドラゴンレースとは全く違うシューズでした。ドラゴンレースのつもりでシリウスレースは買うのは期待はずれになりました。シリウスレースは、それはそれでよい点があるのかもしれません。その評価は他のクライマーにゆずります。

〇 ドラゴンレースとシリウスレース(1)
・ターンインしきれていない。トゥのポイントが靴全体のバランスと会っていない。
・ドラゴンレースより、力入れるポイントが、1cm以上つま先よりになっている。
・間違えて、ハイアングルの真似をしたんじゃないなかぁと思わせます。
b0037220_21460929.jpg
〇 ドラゴンレースとシリウスレース(2)
・足裏見ると、よくわかります。シリウスレースはまっすぐです。ターンインしていません。
・ターンインしている靴型で何故、ターンインしていないシューズを作るのかなぁ。
・ゴム部分にスリットが入っているせいでしょうか、すぐにヨレヨレになってしまっていた。
ドラゴンレースも、1ヶ月の一足ぐらいで消費してしまっていました。Xグリップ2のキメラは、どうかでしょうか。次回、本気トライで試してみるかなぁ。ゴムが岩をはじくのは、慣れるかなぁ?ゆっくり置けばいいんだろうけど。粘りのあるソールで、ペタペタ速く登るのが好きなんですよねぇ。
b0037220_21464211.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-04-22 21:44 | クライミングの研究 | Comments(5)
2019年 04月 22日

2019年4月20-21日、敗戦色が濃くなってきた二子山

 今週末から、とても暑い天気予報になってしまいました。早出して、早い時間にトライするように作戦を変更しました。土曜日はアップしてから、すぐにトライしたのですけど、既に遅かったというか、もう、シーズン終了かっていうホールド感でした。まぁ、兎に角、トライするには気温が高すぎです。気温が高くて、シューズも負けてしまうのですが、指皮も柔らかくて、ホールドに負けてしまいます。余裕があるルートなら多少フリクションが悪くなっても、気温が上がって、体は動くようになってよいのですけどねぇ~。限界グレード超えトライでは、そうな風には行きません。フリクションの方が重要なんです。ここ数回トライの平均的な最高到達高度は下がっていく一方です。

◇ 4/20(土)
(1-3)、ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・11時に出したのだが、既に気温は15度を超していた。
・左手モニョモニョホールドの持ちが悪い。そのまま行くが、右手モニョカンテもニュルニュル感満載で頑張るが、コルネ右奥ピンチはつかめず。
(5) 振り返るな(13a)、×
・あまりに暑すぎて、日没近くまで待たないとダメだと思って、ずっと待つ。しかし、暑すぎる弓状で待っているだけで疲れてしまった。
・待ちにまって、17時過ぎにトライするが、ホールドが湿気湿気です。カリカリ感は全くなくて、握ったホールドがニュルーと出てくる、あ~、シーズンアウトですか?ってコンディションでした。

◇ 4/21(日)
(6-7) ワーカーホーリック(10b)×2、アップ
・朝からフリクションは終わっていた。
(8) 振り返るな(13a)、×
・9時台に出してみた。岩はヒンヤリしているのだが、やはり、指に岩が引っかかるフリクションは全くない。前半から力がいる。
・それでも、頑張ってトライ継続して、右手ドーンから飛ばしのところで、右足が負けて、不意落ちしてしまった。
(9) 振り返るな(13a)、×
・夕方便は期待できないので、12時台にヤケクソの2便目を出した。今度は右手ドーンから飛ばしもできて、左手モニョモニョも持ち直しながら、右手カンテモニョ飛ばして、右足ヒールは、とりあえずかけてから体勢整えようとしたけど、もう全体が崩れ過ぎていました。右足ヒールはずれてフォール。
(10) 振り返るな(13a)、×
・昼間に結構昼寝しましたが、全然。疲れは取れずに、夕方便を出しました。どうせダメなので、ドラゴンレースの替えに温めてきた、アンパラレルのシリウスレースでやってみました。このシューズ、残念ながらNGでした。アップでは大丈夫かなぁと思っていたのですが、本チャントライで使ってみないと、わかりませんね。

 今年こそは登れるかもと思っていたのですが。一か月前のトライの8p目クリップできて、そのあとのまさかの失敗が痛いです。限界越えルートのトライは、全ての要素がそろわないと完登は難しいです。トライしている平均的な最高到達地点が下がってきてしまいました。今年は登れるかもと期待したのですが...悔しいです。まだ染み出していませんが、この気温では、かなり難しいです。苦しいですが、乾いている限りトライします。今シーズンは完登できる気がしなくなってしまいましたが、もう少し頑張ります。

〇 混雑の弓状
・8人取り付いていたのかも?いや写真に見えないところ合わせて、9人同時トライ中?
・この温度と湿度では、小川山ですらダメだと思う。登っている最中に汗をかく時点で、もうシーズン終わっている。
・ここ数年、暑すぎる気がする。それでも、2年前には、GW最後の日と6月に奇跡のフリクションの日が2日だけ、あったんだけどねぇ。
・もう一回だけでもいいから、チャンスが来るといいなぁ。
・そんなシーズン最後の唯一のチャンスで登れたこともあるし、登れなかったことも多い。
b0037220_21043899.jpg

きん



# by Climber-Kin | 2019-04-22 21:01 | 二子山'18-'19 | Comments(4)
2019年 04月 19日

2019年4月13-14、17日、悩ましい二子山

 今週末は暑くなく、コンディションは少しよかったです。週末の土日のトライに加え、さらに平日カードを切りました。とにかく、チャンスがある限り、数打つしかありません。平日カードを切っていることもあって、ブログを書く時間がなくなり、ブログアップが遅くなってしまいました。

◇ 4/13(土)
(1-3) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・コルネ右奥ピンチをつかみ、コルネホッペ止まった!
・しかも余裕がある。左足を所定のツブ足に置こうとすると、そこにはロープがのっていた。あちょー。ロープをよけて、フットホールドにつま先をのせてみたが、何だか、のっているようなのっていないような。右足ホールのまま左手をコルネこめかみへ送ろうかと思ったが、どうみても距離が足りない(それが届くなら、元々そうしているだろう)。ゴチャゴチャやっているうちに、頭は真っ白。知らないうちに落ちてしまった。あ~。
(5) 振り返るな(13a)、×
・コㇽネホッペをつかんだが、左腕が伸びきっていて、引き寄せられなかった。

◇ 4/14(日)
 左腕が伸びきって?いや、左腕の伸びあがろうとするのが、そもそも間違っていて、右手右足の力で、右よりに上がって、左腕の余裕ができてから、左腕で引き付けるはずだった。再び、そこに到達できたら、右手右足で上がれ!!! 肝に銘じて、就寝したのでした。

(6-8) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(9) 振り返るな(13a)、×
・そして、コルネホッペを再びつかんだ! 右手右足で上がれ! 今度は左足を上げられた! 左手をコルネこめかみへ飛ばしは? つかめなかった~137.png
(10) 振り返るな(13a)、×
・体の疲れを感じて、最初から心が折れ気味でした。5p目腰押しつけレストは入れ直しました。6p目クリップして、左手ドーンで右手薬指のテーピングきれてしまったところで、心が折れました。

◇ 4/17(水)
 仕事の方も、かなり溜まっているのですが、自分のせいではありません。仕事が多すぎるのです。水曜日に二子へ行かなかったら、必ず後悔する。ということで、平日カードを再び?三度?いえ、6枚目を切ったのでした。
 気温は高め、曇り気味の天気でした。だけど、ちょっと湿度が高かったかもしれません。

(11-12) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(13) 振り返るな(13a)、×
・うっ、ニュルニュルするホールド感。粘土を触っているような例の感触。でも、抜けそうな左手モニョモニョは我慢して、右足ヒールしようとしたところで、右手がカンテモニョが抜けてしまいました。
(14) 振り返るな(13a)、×
・さらに、ホールド感が悪くなっていて、左手モニョモニョ取りで、右手カンテガバカチがぬけてしまいました。この状態じゃ~、どうしようもない。

 コンディションに左右されています。翻弄されています。先週は失意のトライでした。到達高度が下がる一方でした。しかし、今週は少し寒かったようです。土曜日の一便目は惜しかったです。力十分だったような気がするのですが。しかし、コルネ握って、そのまままっすぐ上がってしまったために、左足を置く、ツブ足ホールドの上にロープがのってしまいました。少しあがきました。ロープを少し踏みながらも、左足はわずかながら、フットホールドにのっているような気もしたのですが、頭が真っ白になってしまいました。パニックしていつのまにか落ちていました。勝負弱いです。コンディション的に、これが今シーズン最後のチャンスうだったりして。そして、平日カードまで切ったのですが、今度は暑くて湿度が高すぎたようです。話になりませんでした。今シーズンは、ここまでつめられました。今シーズンのうちに登っておきたいです。気持ちばかりが焦ります。

〇 任侠をトライするダンゴ姉ぇ
・この時期に残っているクライマーは、みな、おしいトライが続きます。
b0037220_13340794.jpg

〇 カラピーをトライするモッチー
・完璧なムーブを繰り返すモッチー。2度核心止められたそうですが、その上で落ちてしまったとのこと。同じく、今シーズン中に登りたいよねぇ。頑張ろう!
b0037220_13330104.jpg

きん


# by Climber-Kin | 2019-04-19 13:29 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 04月 08日

2019年4月6-7日、苦しい二子山

 今週末は、風がないと、ちょっと厳しいかもと思わせる、暑くなる予報でした。土曜日は少し風があって午前中はよかったのですが、午後から暑くなってきてしまいました。日曜日は、穏やかな曇りから雨が降ってきて、いきなり寒くなったかと思ったら、再び穏やかな雲がある晴れみに戻るみたいな翻弄される日となってしまいました。

◇ 4/6(土)
(1-3) ワーカーホリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョ、バルカン持ちにはならず、3本1本になっていて、いつもは持ち直すだが、3本1本でも行けるかもとやってみたのですが、ダメでした。左指が抜けてきてしまいました。
(5) 振り返るな(13a)、×
・今度は、左手モニョモニョは、それなりに保持できて、右奥ピンチ取り成功。そして、コルネホッペ取りは? つかまえられず。

◇ 4/7(日)
(6-8) ワーカーホリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(9) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョホールドが抜けてきてしまった。
(10) 振り返るな(13a)、×
・またしても、左手モニョモニョホールドが抜けてきてしまった。

 コルネホッペ取り失敗が続いています。パートナーさまの目撃証言によると、どうも、腰が壁から少し離れているようで、それで、腰を右へ十分にスライドできないのかもしれません。次回コルネ右奥ピンチ取る時は、腰を壁にくっつけることを意識したいと思います。しかし、そのコルネ右奥ピンチまで、たまにしか行けなくなってしまっています。
 そして、日曜日は再び左手モニョモニョホールドが持てなくなってしまいました。日曜日は曇り気味でしたが、土曜日より気温が高くて風が弱かったせいかもしれません。無風のうえに気温が15度を超えると、フリクションがとても悪くなるような気がしています。せっかく暖かくなってきたのに、岩が冷たい時間帯にだすのは嫌だけど、早めの時間と夕方にトライ便を出した方がよいのでしょうか。考えます。

〇 荒れる天気
・自分の心の中では、いよいよ、シーズン終盤の雰囲気が漂ってきました。フリクションが悪くなってきていて、今シーズンこそは登れるかもと思っていたのですが、敗戦色が濃くなってきたかなぁ。
・土曜日はミスターが振り返るなをRPしていました。日曜日は、ヨッシーがついに、龍勢をRPしていました。うまい酒を楽しんでください。
b0037220_14040554.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-04-08 14:04 | 二子山'18-'19 | Comments(2)
2019年 04月 02日

2019年3月30-31日、失意の二子山

 今週末の天気予報も微妙でした。土曜日は、曇りと言えど、もう少し暖かくなるかと期待したのですが、風が吹いて寒くて全く元気のでない日でした。真冬なら、それほど寒いとは感じなかったのかもしれませんが、一度暖かい環境になってしまった後では、体と気持ちが寒さに適応できませんでした。陽が出て暖かくなりそうな日曜日にかけたのでした。

〇 3/30(土)
(1-3) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・5p目腰押しつけレストで左側の広背筋がツリそうになってしまいました。
・そのまま、6p目クリップして、左指穴アンダークロスムーブへ入ったのですが、背中につっぱりを感じて、やめてしまいました。

〇 3/31(日)
 土曜日は、どんどん寒くなってきて、二便目は出さずに、日曜日のトライにかけたのでした。
(5-7) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(8) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョホールドからカンテ右奥ピンチは取れたのですが、腰が右側へシフトしきれませんでした。左手をコルネへ出したのですが、コルネホッペは逃げていきました。
(9) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョホールドを持ち直したら、浅持ちになってしまいました。修正できずに、そのまま進んだら、案の定、左手抜けてしまいました。
(10) 振り返るな(13a)、×
・1時間のインターバルで、生産停止中のドラゴンレースの最後のストックを慣らすために、3便目を出してみた。
・RPトライのつもりで、頑張った。
・しかし、カンテ右奥ピンチを取れた後、同じように腰の右スライドができずに、左手をコルネに出して、コルネホッペはたいて落ちた。
・ゴボウで登り返して、確認してみたが、腰を右側へスライドさせて、めいっぱい腰を入れるには、右手ピンチを引き付ける必要があるようです。引き付ける力が残っていませんでした。

 心が折れそうになっています。でも、今週もなんとか頑張りました。だけど、コルネ右奥ピンチ取ったところで精一杯です。今の持久力で再度8p目クリップに到達するには、岩のコンディションと自分のコンディション、その上にメンタル、その全てがそろわないと難しいことを実感しました。今シーズン中に、再度、そんな時が来るのだろうか? とても苦しいです。トライするのがプレッシャーでとても辛く感じます。逃げ出したくなります。いっそのこと染み出してくれたら楽になれる。そんな考えが頭をよぎります。どんどん弱気になってきています。どうすれば、強気になれるのでしょうか? しかし、逃げるわけにはいきません。チャンスがある限り頑張り続けるしかないです。

〇 寒かった土曜日の弓状
・土曜日の天気がよさそうで、早退多数でした。
b0037220_09355854.jpg
〇 日本代表の唐獅子RP
・日曜日は久々に激混みでした。
・うちの娘ぐらいの歳か? あのリーチでも核心届くのか!
b0037220_09362571.jpg
きん



# by Climber-Kin | 2019-04-02 09:33 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 03月 25日

2019年3月23-24日、寒の戻りの二子山

「バルカン人はコルネホッペを取ると金縛りになった!」

〇 3/23(土)
(1-3) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョホールドがしっくりこなくて、コルネ右奥ピンチ取り失敗。
・うん? 二週前に戻ってしまった? あっ、指を当てる場所を間違えた。ポイントを忘れてた。
(5) 振り返るな(13a)、×、コルネホッペ取れたが足が上がらない!
・左手モニョモニョホールドのバルカン持ちは、再び思い出して、今度はコルネ右奥ピンチは取れた。
・腰を右へスライドして左手、コルネホッペ取りは成功。
・しかし、左手に力が入らない。左足をツブに置くが、体が上がらない。落ちてしまった。

〇 3/24(日)
 土曜日は、ぜ兄ぃの好色一代男RP祝いで、みんなで両神荘に泊まりました。お腹いっぱい。でも、酒は控え目でしたよ。

(6-8) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(9) 振り返るな(13a)、×、コルネホッペ取れたがまたしても足が上がらない!
・二日目のチャンスは1便目だけだろう。
・5p目腰押しつけレストがいまひとつだったが、順調に核心セクションをこなしていき、バルカン持ちは成功して、コルネ右奥ピンチも取れた!
・腰スライドさせて、左手はコルネホッペ取り成功!しかし、左手がツルツルでもっている気がしない。左足が上がらない~~。
・金縛りにあったように動けなくなってしまった。もがいているうちにフォール。あ~
(10) 振り返るな(13a)、×、ムーブ探り
・体が疲れているようで、ホールドにぶら下がって登ってしまって細かい失敗を沢山してしまいました。先便でやってしまった。指皮ベロンチョがガバホールドに当たって痛いです。5p目腰押しつけレストがうまく行きませんでした。入れ直して、もがいて、進みましたが、5-6p間でも体が下がっていて、ホールドを正しく持てませんでした。あ~。気持ちが切れてテンションしてしまいました。

 悪夢のウィニングランフォールから一週間経ちました。まだ、気持ちのリセットができず、たまに頭の中をかすめますが、つべこべ言わずにトライするしかありません。左手モニョモニョホールドの謎が解けた今、頑張れば、コルネホッペ取りまで行けるようです。しかし、次の左手コルネこめかみへの飛ばしのために、そこから体が上がりませんでした。そこで力尽きてしまいました。岩のコンディション、自分のコンディション、そして気持ち、この3つがそろわないと核心セクションを超えられません。ここで、あと少しだけ力が残ればよいのですが。気持ちを切らずに頑張り続けるしかありません。それと、体の疲れを取らないいけないようです。しかし、染み出しが迫ってきています。焦ります。

〇 今週の弓状
・土曜日は寒すぎたのですが、日曜日はほどよい寒さ?で、高難度ルートでRPがでました。
・城ヶ崎人トシくんがバスター(13b?)をRP。おさるさんHR田さんが「Firmamento(8b+/c?)」をRP。おめでとうございます。
b0037220_12423423.jpg
〇 ご祝儀ブラシ
・好色一代男RP祝いに頂いちゃいました。名付けて「好色ブラシ」。後ろは、両神荘、本日のおしながき。
b0037220_12430039.jpg
〇 久々に指皮ベロンチョ
・テーピングして登っているのですが、いつもと違うところで、アンダー穴ホールドを指グリグリしちゃいました。左指穴アンダークロスムーブの左指です。
b0037220_12432315.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-03-25 12:35 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 03月 20日

2019年3月20日、暑すぎた平日二子

「バルカン人は暑さに弱かった!」

 21日(木)は、春分の日で休みなのですが、木曜日に登ってしまうと中一日で週末になってしまいます。そこで、5枚目の平日カードを切ってしまいました(苦笑)。
 小鹿野で18度になる予報でした。その通りで、弓状も20度になってしまいました。風も殆どありませんでした。夕方になっても、全然気温が下がりませんでした。練習!練習!

(1-2) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(3) 振り返るな(13a)、×、コルネ右奥ピンチ取れず
・気温は高いのだけれど、湿度は低く乾燥している。左手モニョモニョホールドのフリクションは?いいわけないよ!
・左手モニョモニョホールドは動くたびに左手が外れてくるパターンで、コルネ右奥ピンチは取れず。
(4) 振り返るな(13a)、×、コルネ右奥ピンチ取れず
・夕方4時過ぎ、このルートの前半は日陰になる時間帯に二便目を出した。
・結局、左手モニョモニョホールドは一便目と同じような感じで、右足ヒールまでは行ったが、コルネ右奥ピンチは取れず。

 暑すぎて雰囲気がマッタリしていたのと日曜日のショックからも、まだ立ち直り切れていないようでした。緊張感が足りませんでした。しかし、今日のコンディションでは、自分には、ちょっと難しいかなぁと思いました。しかし、右奥ピンチさえ止まれば、RPの可能性がでてきます。この左手モニョモニョとコルネ右奥ピンチが唯一フリクションに左右されやすいホールドなんです。これから暑くなってコンディションは悪くなっていくと推測します。このぐらいのホールド感だともうダメだとか、勝手に刷り込まれてしまっている気がします。ネガティブにならず、気持ちを再度リセットして、次回は、左手モニョモニョホールドの感触が多少が悪くても必死で頑張りたいと思います。

〇 今日の振り返るな(1便目のトライ)
・右手カンテモニョを取ったところです。ここから右足ヒールして、コルネ右奥ピンチを取りに行きます。
・右足トゥーフックが抜けなくて、少し焦っているところだと思います。
・写真は、たまに水曜日組の佐久のNao嬢からもらいました。
b0037220_22504062.jpg
〇 今日の弓状
・明日が春分の日だからか、12名ほどと少なかったです。オーストラリア代表くん?が任侠をオンサイトしていました。
・写真は、乾杯をトライする「ふにゅ太郎」くん。
b0037220_22263578.jpg
〇 20度!
・4月から5月上旬の気温? この気温になるとRPできる気がしません。ということは、4月以降は難しくねぇか。曇りを待てって?
b0037220_22315574.jpg
きん



# by Climber-Kin | 2019-03-20 22:49 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 03月 18日

2019年3月16-17日、悪夢の二子山

「やっちまった!」

 土曜日も日曜日も、上空を前線が通過したり寒気が入ったりするようで、不安定であまりよくない天気予報でした。とは言え、このフェーズでは、チャンスがある限り、土日ともトライするつもりでした。結局、土曜日は天気予報は外れ、曇りがちではあったが、思ったよりは暖かい日でした。当初の予報では日曜日の方がましだったのですが、日曜日は朝から雪が降りだして、終日、降ったりやんだり、時には激しく降る一日でした。

◇ 3/16(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(2) バイパス(10a)、アップ
(3) 振り返るな(13a)、×、コルネホッペ取れたが次のコルネこめかみ取り失敗、最高到達地点更新
・岩はまだ冷たいのですが、フリクションがよかった。
・5p目腰押しつけレストは、少しポイントがわかったようで、うまくはまった。
・一連の核心セクションは、いつもの通りに力を使いながらも、こなせて、右奥ピンチを再び止めることができた。
・今度は失敗しないように、腰を十分に右側へスライドさせて、コルネホッペ取り! ついにコルネを掴んだ!
・そして、左足粒足にあげて、右足スメアで、左手コルネこめかみへの飛ばしは? あ~、指からコルネが逃げていきました。
・そうだ!ここまで来たら、指はヨレヨレ、つまみに行っちゃだめだった。体全体で抑え込まないと、だめだった。
(4) 振り返るな(13a)、×、再びコルネこめかみへの飛ばしでフォール、最高到達地点
・二便目は、先便で力を出し尽くしていてダメかと思っていた。
・今度も5p目腰押しつけレストはうまくはまって、核心セクションへ入れた。再び右奥ピンチ取りに成功した。
・落ち着いて、腰右へスライドさせて、左手コルネホッペ取りは!また、止まった!
・左足粒足に上げて、右足スメアで再びコルネこめかみ取りは? しかし、今回は体がヨレヨレで、最初から取れる感じがしなかった。コルネはたいて、これまでにない、大フォールだった。
・リハーサルで確認したが、しっかりと足に立ってから体全体で抑えるようにデッドだよ。あ~。

◇ 3/17(日)
 今日の明日、早く寝て、回復に努めました。朝も少しだけ寝坊しました。

(5) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(6) バイパス(10a)、アップ
(7) 高く登れ(10b)、アップ
(8) 振り返るな(13a)、×、8p目クリップ成功、しかし、やっちまった
・雪が降っている中スタートしました。
・アプローチ部分の前半はあまりフリクションがよいとは思わなかった。むしろ、体のつかれを感じてしまった。
・今回も5p目腰押しつけレストがはまってくれた。
・そこからは、相変わらず一手一手苦しいが、一手一手進めていく。靴のヨレを気にしながら、右手ドーンから右手ガバカチカンテへ飛ばして、左手モニョモニョホールドはフリクションが良かった。
・躊躇なく、右足ヒール体勢になって右奥ピンチ取は成功して、腰右へスライドさせて、左手コルネホッペ取りは再び成功した。
・左手のフリクションが良かった。左足を粒足にのせて、壁に近づいて、左手コルネこめかみ取りは、止まった!
・右足を小さなくぼみにヒールフックして、コルネ頭取りは必死だった。ラップ持ちは少し浅持ちだったが、ついに8p目をクリップした。
・すかさず、左足を粒ホールドにハイステップして、上に繋がる左手取ったコルネは、いつもより少し低めだった。いつもとちょっと体の位置関係が違った。次の右足フットホールドを探すのに目が泳いでしまった。左足を所定のフットホールドにスメアするが、足裏の感覚がなく何度も踏み直してしまった。そして、右足ヒールフックが全くはまっていない。右足あたりが良く見えない。きっと止まるだろう、これで終わりだと、次の右手ガバへ手を出した途端に右足が滑った!あ~~~。
・「やっちまった!」
(9) 振り返るな(13a)、×
・雪が降ってるし、前便の失敗からの落胆から、気持ちを奮い立たせるのが大変だった。
・体が覚えているうちに奇跡が起きることを期待した。
・しかし、体はヨレヨレだったが、右奥ピンチまでは到達できた。腰を右へスライドさせている途中で右足ヒールがはずれてしまった。
・リハーサルで確認しました、左足でスメアで立って、体を少し右側へ倒して、足元を確認する余裕がなかったようです。上から見て探っていたので、コルネの一番したの、奥にある所定の場所が見えなくて、コルネの所定の場所より上の方にヒールをかけてしまったようです。あ~。悔しいを通り越して悲しい過ぎです。

 ついに8p目クリップのコルネ頭どりまで到達して、核心セクションを抜けることができました。8p目クリップも右足ヒールを効かせて安定してクリップできました。しかし、残った余力は極めて少なかったです。次の左手取りでは、右手の引付け力が弱く、体も下がってしまっていて、リハーサルとは全然違う感じにムーブになっていました。だけど、右足が所定のヒール場所にはまっていさえすれば...あ~、あとの祭りでした。核心セクションを超えてから落ちるとは、なんとも自分らしいですが。ナイトディジィダンスでも核心セクションを超えてから2度落ちました。「エクセレントパワー」でも、最後のダイク左トラバースでやっちまいました。「おいしいよ」もバケツホールド取れてから2回やってしまいました。「力The大岩」では、終了点リップ取りで落ちて、シーズンアウトで完登は翌年になってしまいました。翌年?、そっ、それだけは、なんとしても避けたいです。
 二段左側のルートで、染み出しが始まったようです。心配だ~。そして、また、あそこまでたどり着けるのだろうか? 心配だ~。月曜日はしょぼんとして電車に乗って通勤しました。次回は、どんなマインドでトライすればよいのだろう... やってしまったことは忘れて淡々と「最高到達地点大幅更新、次回こそ頑張ろう!」しかないですよね。

〇 寒かったけどフリクションがよかった弓状
・みんな、いい感じでしたが、最後は岩が冷たかったせいか、完登は少なかったです。
・よーこそチーウォールでRPが出ていました。おめでとうございます。
・写真はバスターをトライする「城ヶ崎人」トシくん。
b0037220_09032804.jpg
〇 振り返るな、コルネの右奥ピンチ取り
・多分、私しか使っていないホールドです。
・ちょっと悪いけど、このホールド取れれば、次のコルネホッペ取りは腰を右スライドさせるだけのバランスで取れる。
b0037220_14142876.jpg


きん



# by Climber-Kin | 2019-03-18 09:05 | 二子山'18-'19 | Comments(2)
2019年 03月 14日

2019年3月13日、悔し過ぎた平日二子

「逃げて行ったコルネホッペ!」

 またまたまた、また、切ってしまいました平日カード。3/13(水)は、とても暖かくなる予報でした。しかし、日本海側の寒気が流れ込んでしまったようでした。朝は雪がチラツキました。終日、強風が吹いていました。大きな雲に太陽が遮られて、たまにしか陽があたらず、寒かったです。しかし、厳冬期のような厳しい寒さはありません。チャンスはあるぞと信じてトライするだけです。

(1-2) ワーカーホーリック(10b)×2、アップ
(3) 振り返るな(13a)、×
・登る前から前腕が張っているし、風がビュービュー吹いてて寒い。陽も当たっていない。殆ど、あきらめ気分でスタートしました。
・冷たくなった指を4p目レストで温め、腰は上げ過ぎずに押しつけて、5p目腰押しつけレストはまぁまぁ決まりました。
・そして、核心セクションへ。右手ドーンから右手ガバカチカンテは冷たくていま一つ感覚がよくなかったのですが、左手モニョモニョホールドがこれまでになく、フリクションがよいかったのです。風のせい?
・楽に右足ヒールを決められて、腰を入れて、コルネ右奥ピンチへ。止まった!
・腰を右へスライドさせて、左手コルネホッペ取りは? 腰スライドが十分でなかったか? 逃げていきました!あ~! チキチー!
(4) 振り返るな(13a)、×
・さらに寒くなって、指がツルツルでした。右手ワンツーでホールドがスベスベで、左指穴アンダークロスは、体が下がってしまって、ギリギリで右手ドーンは止まりましたが、左手モニョモニョホールドはツルツル逃げていき、落ちてしまいました。

 久々にコルネ右奥ピンチが止まりました。昨シーズンに1回、今シーズンは2回目です。しかし、またしても次の右手コルネホッペ取りに失敗してしまいました。力のいるムーブではないのです。右足ヒールのまま腰を右側へスライドさせればバランスがとれて、右手を出せばコルネホッペを握れるムーブなのです。まさか、ここまで到達できるとは思っていなかったからか、腰のスライドが十分ではないまま右手を出してしまいました。触ったコルネホッペは手に感触を残したまま逃げていきました。あ~、めちゃくちゃ悔やまれます。
 また、この高さまで到達できることはあるんだろうか? 不安です。染み出さないことを祈りながら、とにかく頑張ります。

〇 寒々しい弓状
・今週の水曜日は、水曜日組に平日カード組で土日のように、にぎわっていました。
b0037220_14214654.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-03-14 14:20 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 03月 10日

2019年3月9-10日、取り残された二子山

「バルカン人はコルネ右奥ピンチ取りで毎回力尽きた」

 土曜日は朝のうち少々風があって、岩が冷えていましたが午後から緩みました。日曜日は午前中は晴れで午後から曇りの予報だったのですが、朝から曇りでした。岩は冷たいのですが、湿度があってフリクションはよかったです。平日カードを切ったのに、到達高度が下がってしまいました。ただの失敗ならよいのですが、疲れがたまって来ていたらと考えると、ちょっと心配でした。

◇ 3/9(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(2) 高く登れ(10b)、アップ
(3) バイパス(10a)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョはバルカン人持ち成功して、右手をカンテモニョへ送り、さらに右足ヒールで右奥ピンチは一瞬持ったが、体が引き離されて落ちた。
・水曜日の不調が続くのではないかと不安だったが、疲れは、秘策で結構取れたようだった。
(5) 振り返るな(13a)、×
・1500の二便目はフリクションが悪かった。右手ガバカチカンテヘ送ったが持ち直さず左手モニョモニョ取りしようとしたら、右手が抜けてしまった。あ~。
(6) 振り返るな(13a)、×
・1700ちょっと前に三便目をだしてみた。岩は冷たくなってきているが、この時間は、やはりフリクションが少しよい。右奥ピンチ取りまで進んだが、タッチして後ろにはがされた。

◇ 3/10(日)
(7) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(8) バイパス(10a)、アップ
(9) 高く登れ(10b)、アップ
(10) 振り返るな(13a)、×
・疲れを感じながらも、核心セクションをこなせて、右奥ピンチ取りは、握りかけたが、後ろにはがされてフォールだった。
(11) 振り返るな(13a)、×
・もう、ヨレヨレだったけれど、頑張って、左穴指アンダークロスから右手ドーン。右手ガバカチカンテは取れて、左手モニョモニョ取りはバルカン持ちに時間がかかって、右手モニョカンテ取りは取れずにフォールでした。

 平日カードから中2日で完全とはいいがたいですが、良いレストになったようです。実は、回復系の薬やサプリを取りました。そして、懸念の左手モニョモニョホールドのバルカンサリュート持ちは成功できて、3回、コルネ右奥ピンチ取りまで到達できました。しかし、そこで、3回とも同じように力尽きて落ちました。
 ストレニアスな持久力が足りません。8pクリップホールドのコルネ頭まで、あと3.5手です。もう、策はありません。今日は体が軽い! フリクションがいい! そんな奇跡が起きることを信じて、頑張るしかありません。

〇 真っ青な空
・土曜日は暖かく、日曜日は湿度が高くて、両日ともRP日和でした。
・この土日はRPが多数でました。バルカン人は、そんなビッグウェーブに乗れずに取り残されました。
b0037220_23074349.jpg
〇 バルカン人のホールドの持ち方(バルカンサリュート)
・スタートレックを知らない人は殆どいないと思いますが、バルカン人を知らない人のために説明しておきます。スタートレックという米国のテレビシリーズドラマ(映画化もされている)に登場する、人類とファーストコンタクトした異星人です。
・「長寿と繁栄を!」(Live long and prosper!)
・左手モニョモニョホールドは薬指と小指をつけて、人差し指と中指をつけて、間をあけてホールドします。写真の手の形でホールドを持ちます。
https://www.cultofmac.com/318475/how-to-unlock-ios-8-3s-secret-spock-emoji/より。
b0037220_23102031.jpg
きん




# by Climber-Kin | 2019-03-10 23:06 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 03月 06日

2019年3月6日、お疲れの平日二子

 雨の予報が多くなってきました。今度の週末までに2度雨が降る予報です。日曜日も雨の予報です。焦っています。しかし、体はどんどん疲労が溜まってきているような気もします。でも、行ってしまいました。またまた、また、切ってしまいました平日カード。

(1) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(2) 振り返るな(13a)、××
・5p目腰押しつけレストがはまりません。仕方なく、すぐにスタートしました。
・あれっ?しかも、フリクションがよくないぞと思いながら、手を出した左手ドーンで、体が岩から離れて、そこからヨレヨレでした。
・何とか右手ドーンは止まりましたが、その次の右手カンテガバカチへの飛ばしで落ちてしまいました。
(3) 振り返るな(13a)、×、ムーブ探り
・今度も5p目腰押しつけレストが決まりません。左足がニュルニュル抜けそうで怖いです。やり直してみたのですが、さらに腰が、はまらなくなってしまいました。
・仕方なくスタートしたのですが、なんかホールドが湿気っぽいです。もしや染み出しの前兆の水蒸気の噴き出しかもしれません。
・核心セクションへ入る前にテンションしてしまいました。
・核心セクションのリハーサルをしましたが、ホールドが湿気っぽくて、凄く難しくなってました。

 結局、本日は岩のコンディションも体のコンディションもよろしくなかったようです。染み出しの前兆っぽい、岩の表面から水蒸気が出てきてるような岩の感触が少しありました。 微妙な岩の変化を感じる繊細さより、多少冷たかろうが湿気ていようが気にならない鈍感さが欲しいです。
 繋いできてからの小指側から取る左手モニョモニョホールド持ちを試してみたかったのですが、そこまで到達できませんでした。体の疲労というか、体幹が疲れているようです。5p目腰押しつけレストで全然レストできませんでした。ザックを持ち上げるのが怠いです。週末までに快復させないといけません。どうやって? マッサージか?

〇 水曜日組
・今日の平日カードは私だけでした。今日の弓状は10人で、とても静かでした。
b0037220_22055180.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-03-06 22:07 | 二子山'18-'19 | Comments(2)
2019年 03月 03日

2019年3月2-3日、バルカン人になれなかった二子山

「左手モニョモニョホールドの謎?」

 土曜日は晴れの予報でしたが、少し風がありました。日曜日は午後から曇りの予報になっていました。それでも、寒かった1月や2月に比れば、寒さの厳しさはかなり、やわらいでます。来週から雨が多くなりそうです。染み出しが心配です。もしかしたら、今週末が最後のチャンスになってしまったり。日曜日は多少天気が悪くても二子へ行くかなと思いながら、週末を迎えたのでした。

◇ 3/2(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、×
・右肩裏下の広背筋がつりそうになった。直ぐに降りる
(2) 高く登れ(10b)、アップ
(3) バイパス(10a)、アップ
・右上腕二頭筋を引き付けると、広背筋が痛い。
(4) 振り返るな(13a)、×
・6p目クリップして、左手ドーンで、右足フットホールドが外れて足ブラになってしまった。そのまま両足戻して行こうかと思ったが、やめた。テンション。
・本番に使い始めたドラゴンレースだが、もうヨレヨレで粒足フットホールドに負けてしまう。本番トライシューズを次のドラゴンレースへ変えることを決意した。
(5) 振り返るな(13a)、×
・ちょっと、馴らし不足のドランゴンレースで、登りがぎくしゃくしてしまった。
・しかし、声を出しながら頑張って核心セクションをこなして、そして、左手モニョモニョホールドは? 本人は、モジモジしながら時間をかけて、バルカン持ちしたつもりなのだが、右足へ踏み替えから左足上げて、右足トゥーフックで、どんどん左手が抜けてきてしまい、右手カンテモニョ取りではたいて落ちてしまった。
・うーん。おかしいなぁ。何故?左手モニョモニョが持てないんだ?

◇ 3/3(日)
 土曜日の夜、日曜日に本当に二子へ行くのか、かなり迷いました。しかし、ジムへ行ってしまったら、RPの可能性はゼロです。もしかしたら、来週から染み出しが始まって、明日が最後のチャンスになるかもしれないのです。体調もよくなく、天気も悪いけど、日曜日も二子へ行くことにしました。
 日曜日の天気は、当初は午前中晴れで午後から曇りで気温は高めの予報だったのですが、結局朝から曇りで、9時ごろから雪がぱらつく天気になってしまいました。いつもより2時間ほど寝坊をして、9時半過ぎに二股峠に到着しました。雪が降っていて本当に帰ろうかと思ったのですが、左手モニョモニョホールドの確認だけでもしようと頑張って雪の中を弓状へ上がっていったのでした。

(6) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(7) 振り返るな(13a)、×
・6p目クリップ時には、もう体がヨレヨレで、一手一手必死で手を出す。なんとか、左手モニョモニョ取りまで行くが、やはり、バルカン持ちがしっくりこない。同じように、右手モニョカンテをはたいて落ちてしまった。
(8) 振り返るな(13a)、×、ムーブ探り
・二段岩壁に上がるところで既に体の疲労を感じてしまう。5p目腰押しつけレストもはまらず。6p目クリップしてテンションして、ムーブ確認というか左手モニョモニョ確認することにした。
・うーん?「長寿と繁栄を!」の時の手の形のバルカン持ちだが、薬指と小指側が2段になっていて、下から繋げてくると手前側を保持してしまっているのか?そこだけリハーサルしてみて、そっと人差し指側から合わせこむと、中指と薬指の開きが悪くて、薬指と小指側は手前の段差に引っかかって、安定してしまう。しかし、それは、所定の場所ではなく、その少し奥側が掛かりがよいのだ。下から繋げると、薬指小指側が間違ったところを抑えていて、でも、それは偽物バルカン持ちになっていて、次のムーブへスタートを切ってしまう。だけど動いていくと、左指が抜けてくる。そういうこと?
・それじゃ、正しく持つには?勢いよく、薬指と小指を先に所定のところにひっかけて、あとから、薬指と人差し指を調整するのか?

 左手モニョモニョホールド取りの鍵が見つかったのかもしれません。まだ勘違いかもしれません。少なくとも、もう少し余裕をもって、左手モニョモニョ取りまで到達することが必要ですが、その左手モニョモニョ取りは薬指小指側から距離充分で勢いよく手をだして先にひっかけることのようです。確かに、そこだけリハーサルだと、腰が結構高目に上がっていて、意識しなくても余裕で指が回り込むから、しっかり持てるようです。
 今シーズンもダメかなぁという感じがして来ていたのですが、もう少し頑張ります。しかし、染み出しが今週末にも来そうです。


〇 土曜日の弓状
・日曜日の天気が怪しいこともあって、少し混んでいたした。
・「ペト」と「任侠道」でRPが出ていました。おめでとうございます。
・写真は、「振り返るな」を探るNZくん。強い人はムーブが決まれば、すぐ登れるでしょう。
b0037220_16335213.jpg
〇 日曜日の弓状
・気温は3度ぐらいでしたが、湿度が高くて、フリクションはよいです。
・ついに、YM根くんが「よーこそチーウォール」をRPしていました。おめでとうございます。
・夕方に少しガスが出てきました。そんなに降らないでね~。雪積もらないでね~。
b0037220_16340746.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-03-03 23:00 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 02月 24日

2019年2月23-24日、少し春っぽくなってきたけど前進しない二子山

「伝染する、岩がツルツル!」

 土日とも晴れました。土曜日は冷たい風が吹いて、少し寒かったです。岩が冷たかった気がします。日曜日の朝は冷え込み、岩が冷え切りましたが、昼過ぎには緩んでくれました。誰かが「岩がツルツル!」と言い出すと、みんなに伝染するようです(笑)。
 

◇ 2/23(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(2) バイパス(10a)、アップ
(3) 高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・1便目は必ずと言ってよいほど、右手ガバカチカンテと左手モニョモニョの感触が悪い。
(5) 振り返るな(13a)、×
・右奥ピンチ取りで力尽きた。

◇ 2/24(日)
(6) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(7) バイパス(10a)、アップ
(8) 高く登れ(10b)、アップ
(9) 振り返るな(13a)、×
・右奥ピンチ取りまで行けたが、左手モニョモニョに力が入りません。抜けてきて、右手猫パンチして落ちました。
(10) 振り返るな(13a)、×
・なんだかヨレヨレで、右手ドーンで体が落ちていた。右手ガバカチカンテへ飛ばせませんでした。
(11) 振り返るな(13a)、靴試し便
・ワイルドカントリが出したシューズ「MESHUGA」。メシュガと読むのかしら。
・ミシュラン製ゴムと履いてみた印象から、ドラゴンレースの替わりにならないかしら?と買ってみました。
・前便から1時間も経過していませんが、試してみました。
・使えることは使えるけど、やはり、石灰岩には硬いかなぁ。
・アディダスファイブテンからドラゴンレースが来月あたりに出るらしい。やはり、ニュードラゴンに期待したい。

 水曜日のように岩を触る感覚がおかしくなるほど暑くはなく、少し暖かくなってきたのですが、全然状況がかわりません。コルネ右側奥のピンチ取りで落ちてきます。少し暖かくなれば、体が動くようになり、そこまで楽に到達できて、右奥ピンチが止まるのではないかと期待していたのですが、どうも指がヨレているような気がしてきました。左指穴アンダークロスから右手ドーンのムーブで力を使い過ぎているのかもしれません。いやいや、5p目スタートしてから、ずっと力が入っているか? 6p目クリップしてからの左手ドーンから声が出てますからねぇ。声を押し殺しながらムーブしても同じでしょうけど。
 もう少し、力が抜けるのかなぁ。力を抜くと体幹の力まで抜けてしまって、腕だけ力抜くのは難しいですが、ちょっと意識してやってみます。
 二週連続して、平日カードを切りましたが、少し背中に疲労が出てきたので、三週目は行きません(笑)。

〇 今週の弓状
・任唐ラインが非常に混んでます。
・任侠をトライするKT川さん。
b0037220_22575979.jpg
〇 WildCountryのMESHUGA
・靴として、よくできてます。作りはしっかりしています。冬の石灰岩に使うにはちょっと固いです。花崗岩にフリクションがよさそうなソールですが、そこまでは剛性が強くなく、垂直の花崗岩用って感じはしません。被った花崗岩とかはよさそうな感じです。凝灰岩あたりにも良いのかもしれません。ジム用?
・ミシュランラバーです。ミシュランマークがついてます。
・秘密兵器にはなりませんでした。
・エッジ&ソファーのサイトから写真を持ってきました。
b0037220_14332722.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-02-24 22:59 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 02月 20日

2019年2月20日、またまた平日カードの二子山

 週末の天気予報がよろしくないです。そして、20日(水)の予報は、15度の曇り予報でした。いくか?行っちゃうか。二週連続平日カードを切りました。しかし…

(1) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(2) バイパス(10a)、アップ
(3) 振り返るな(13a)、×
・陽が当たって、背中が暑いです。左手ガバカチカンテで、右手が抜けてきてフォールしました。
(4) 振り返るな(13a)、×
・15時ちょっと前、曇ってきました。久々に焼石なしで出しました。
・ホールドはヌメリ気味ながらも頑張って、右奥ピンチ取りは、あれっ!また右足トゥーフックが引っかかって抜けない。もたつきながらトゥーフックを抜いて(怖!)、右足ヒールをかけたところで、左手が抜けました。左手モニョモニョがうまく持ててな~い。というか、長い間、モジモジしているから抜けてきたのか?

 寒いと岩がツルツルでフリクションが悪い。早く暖かくなれと思っていたのですが、今日いきなり、暖かいを通り越して、暑いぐらいの状態が突然やってきました。すると、シューズのゴムが柔らかくなって、ニュルーと逃げていく感覚に違和感がして思わず上半身に力が入ります。ツルツルだった指皮は、かなりシットリ気味で、今度はニュル~と、これまたフリクションが悪いではないですか。突然暑くなると、気持ちが付いていけなくて戸惑います。寒過ぎてもダメだけど、暖かくてもダメなのか? それでも、いつもの場所、右奥ピンチ取までは到達できたことが救いでした。状態は神頼み、頑張るだけですね。策はないのかなぁ?

〇 暑い弓状
・そんな中でも、「任侠道」でRPが出ていました。おめでとうございます。
・水曜組でなくて、平日カードが4名いました(笑)。
b0037220_22521709.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-02-20 22:52 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 02月 17日

2019年2月16-17日、全く進まない二子山

 ついにチャンスは来たかと思われる週末の天気予報でした。土曜日の朝は暖かく、雲もなく平穏に時が進むかと思いきや。午後から雲が出てしましました。ようやく、15:00から晴れ間がでてくれて、絶好のチャンスとなったのですが、しかし...
 日曜日はさらに暖かくなると期待したのですが、朝は放射冷却で今シーズン一番ぐらいに岩が冷たかったです。しかし、お昼ごろから空気が緩み、岩は冷たいながらも、午後から絶好のコンディションになったのでした。しかし...

◇ 16日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(2) バイパス(10a)、アップ
(3) 高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・結構いい感じで核心セクション前半をこなせて、後半へ。しかし、左手モニョモニョを取るころには岩が冷たくて手の感覚が薄くなっていました。それでも、いつもよりは少しだけ余裕があるような感じでした。右足ヒールで右手ピンチ取りは?一瞬握ったのですが、落ちていきました。
・左手スッポ抜けたような?いや、右足ヒールに全然力がはいっていなかったような。
(5) 振り返るな(13a)、×
・雲が出てきて日陰になってしまいました。お日様が出るまで待ちました。1500にようやく出てきたところでスタートしました。
・左指穴アンダークロスで失敗してしまいました。ミスでした。オーマイガー!もう一便!には遅すぎる時間でした。
・最近、持ち方が悪いのかと再び疑いだした左手モニョモニョホールド。私は、人差し指と中指をくっつけ、薬指と小指をくっつけ、それを広げてホールドの形状にあわせて持っています。スタートレックのバルカン星人の「長寿と繁栄を!」の時の手の形です。以前は親指を大きく回してピンチ持ちっぽく保持していたのですが、最近は親指を浅めにカチ持ちっぽくもっています。最近全然しっくりこないので、間違えかなぁとまたまた疑いだしたのでした。歴史は繰り返されます。しかし、フリクションがよいと、しっくりきます。単によれていて、指が冷えていて、ツルツルで、しっくり来てなかったようです。

◇ 17日(日)
(6) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(7) バイパス(10a)、アップ
(8) 高く登れ(10b)、アップ
(9) 振り返るな(13a)、×
・またしても、左指穴アンダークロスで失敗でした。
(10) 振り返るな(13a)、×
・今度は、失敗しないように、これでもかって、左指穴アンダーねじ込んだら、指皮切れました。
・そして、右足ヒールで右奥ピンチは、またしても、はたいてフォールでした。

 右足ヒールで右奥ピンチ取りで、ずっと停滞しています。まぁまぁの状態でも、あまりよくない状況でも、状態に関係なく停滞しています。本人は、ここで力尽きた感じがしています。疲れていてる二日目の2便目でも、ここまで到達できてます。おかしい! ここで落ちることが刷り込まれています。また、脳に騙されているのでしょうか? 5p目の腰おしつけレストから始まる一連の核心セクションですが、一度もシェークアップできません。その上、コルネの裏や穴ホールドばかりです。デッド、デッドの連続です。それで、指先がどんどん冷えてきて、左手モニョモニョの持ち感がしっくりこないようです。左手モニョモニョを取って、右手をカンテモニョに送って、核心セクションの5分の4ぐらいです。残りは、あと5分の1です。そこだけやると、8p目クリップホールドまで、チーウォール6級ぐらいの3手です。しかし、繋げてくると、それができない。なんだか、カリスマの最後の核心の状況に似ています。右足ヒールってとこまで似てます。とにかく頑張るしかないですね。

◇ 今週の弓状
・RP祭りでした。うらめしや~。
・写真は、「おいしいよ」をRPするeiちゃん。
b0037220_22552609.jpg
〇 左手モニョモニョ取りの持ち方
・バルカン人の「Live long and prosper !(長寿と繁栄を)」。
・右手だと簡単にできるのですが、左手はちとやり辛い。それで、いつも、モジモジしてます。
b0037220_22480237.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-02-17 22:56 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 02月 13日

2019年2月10日、13日、厳寒の二子山に平日カードの二子山

「平日二子に成果なし!」

 2月の三連休は天気に恵まれませんでした。北海道地方は猛烈な寒気に襲われていて、本州側も厳しい寒さでした。土曜日は一番寒くて、日曜日はたまに曇りながらも、やっぱり寒かったです。冷たい風が吹いて、終日岩が冷たいままでした。当初は土月のつもりが、日月になり、結局月曜日も寒そうな予報だったので3連休は日曜日だけの登りでした。月曜日の登りをあっさり、やめたのは、実は、13日(水)の平日チームに混ぜてもらう魂胆からでした114.png。しかし...

◇ 2/10(日)
(1) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(2) バイパス(10a)、アップ
(3) 高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・一便目は岩が冷たいです。左手モニョモニョ取りで手が冷たくて、うまく持てません。右手モニョカンテへ飛ばせんませんでした。
(5) 振り返るな(13a)、×
・今日は岩が冷たいです。それでも先便よりはましで、左手モニョモニョはあまり持てていませんが、そのままムーブを繋げました。右足トゥーフックから左足寄せて、右足ヒールへ!あれっ、トゥフックが取れません。足が抜けずに、頭から落ちていくような気がして、焦りました。何とかトゥフックが取れたら、安心してフォールしてしまいました。

 多少曇り気味でも、月曜日も登るつもりだったのですが、偶然ひ帰りのKW名さんと両神荘で一緒になって、水曜日に登るって情報を入手しました。温泉を上がって水曜日の天気予報を確認しました。混ぜて~。ということで、帰りながっているパートナーさまもいるので、月曜日はレストにして、水曜日に平日カードを切ることにしたのでした。

◇ 2/13(水)
(1) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(2) 高く登れ(10b)、アップ
(3) バイパス(10a)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・いつもと同じで、一便目は岩が冷たくてツルツルです。結局、寒さが厳しくなってから同じパターンが繰り返されます。一便目は左手モニョモニョしっかり持てず、次の一手がでませんでした。
(5) 振り返るな(13a)、×
・またしても、寒さが厳しくなってから同じパターンの2便目は、左手モニョモニョの感触が悪いながらも、右足ヒールから右手ピンチ取りは取れずに大フォールでした。
・8p目クリップのコルネ取りの真珠玉5個ぐらいの左足フットホールドが3個ぐらいになっていました。日曜日に、あれ?と思っていたのですが、やはり欠けていました。途中からのリハーサルで、8p目クリップしている最中に左足が外れました。真下に押し辛くなって、靴が逃げていました。オーマイガー! このままでやるか? 小さいが下の押せる10cm上のホールドにするのか?悩ましい!

 停滞が続きます。コルネ手前の右手ピンチ取りで、また落ちました。今の状況だと、ここで完全に力尽きています。そのうち、岩ツリツリでない日が来ることを祈りながら、頑張るしかありません。一方でフリクションが、よくなったら果たして登れるのか?とても不安です。それと、フットホールド欠けたのが気になります。仮にそこまで到達できた時は、まずはこれまで通りのフットホールドでやるしかないかなぁと考えています。左足がホールドから外れても、右足ヒールで安定しているので、ぶら下がった状態から、いきなり落ちることはないのですが。余力があればの話ですけど。ホールドが欠けるのは、これまでも何度もあったし、自然の岩なので、仕方ないですねぇ。
 ところで、「平日二子に成果なし!」とか「平日カードに成果なし!」とか、このブログに書いたのは、10年以上前のことです。出し抜くように、平日に会社休んで、こっそり二子行っても、神様は見てるよ~。成果はでないよ~。みたいな意味で書いたのです。でも、実は私、「おいしいよ(12c)」は平日カードでRPしています(笑)。

〇 平日の二子
・週末には会わない方々にお会いします。チーウォール東村山で彼の課題は登ったことがあるフニュ太郎くんに初めて会いました。
・KBYSくん@チーウォールが「即身仏(13c)」をRPしていました。任侠道でもRPが出ていました。おめでとうございます。
・元々、平日に来る人は、平日カードって言わないよね。
・写真は、「任侠道」をトライするKW名さん。
b0037220_21525673.jpg
きん


# by Climber-Kin | 2019-02-13 21:53 | 二子山'18-'19 | Comments(2)