ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:沢登り( 40 )


2019年 08月 17日

2019年8月10日~15日、黒部川上ノ廊下(扇沢駅~黒部湖~奥黒部ヒュッテ~上ノ廊下~薬師沢小屋~雲ノ平山荘~北アルプス裏銀座~野口五郎小屋~烏帽子小屋~高瀬ダム)

 昨年に続き、黒部川・上ノ廊下から北アルプスへ入り、北アルプスを縦走する計画を立てていました。当初は、上ノ廊下~大東新道~高天原~雲ノ平小屋~双六小屋~西鎌尾根~槍ヶ岳小屋・槍ヶ岳~上高地という壮大な計画を経てていたのです。しかし、大東新道まで到達して見上げた、その登山道が上がるE沢は、疲れきった自分達には、とてもきつそうで、結局、薬師沢小屋で泊まり、雲ノ平山荘へ上がることにしたのでした。13日の雲ノ平山荘で、偶然雲ノ平行を計画していて、折立からアプローチしてくるM下家とあわよくば落ち合うことにしていました。両パーティとも無事13日に雲ノ平山荘で再会することができました。気になる台風10号の進路から木曜日中の下山が無難であろうと、計画をかえて、野口五郎小屋から烏帽子小屋経由で木曜日のうちに高瀬ダムへ下山する計画へ変更しました。
 8/9(金)のうちに扇沢入りしました。4時間ぐらいは睡眠を取ることができました。
 8/10(土)、今年は昨年の反省を生かして、事前にパッキングをしておいたお陰で、起床後すぐに出発することができて、臨時始発の06:30の電気バス(トロリーバスはなくなり、今年から電気バスになった)に乗ることができました。針ノ木雪渓は全く雪がありませんでした。もしかしたら、渇水かも?と期待したのですが、それは、後ほど期待はずれだったことがわかるのでした。今年は昨年より体調がよかったせいか、少しだけ楽にアプローチできたようです。今年も奥黒部ヒュッテのお風呂をもらって体を緩めることができました。上ノ廊下入りするパーティが多いようです。8パーティは登山届出していったと受付で聞きました。そろそろ、晩御飯でも食べようかとしていると、緊急ヘリがやってくるので、テントを片付けるように奥黒部ヒュッテのスタッフから指示されました。下の黒ビンガで腕を骨折してしまったそうです。ヘリは着陸せず、ホバーリングで怪我人と、そのパートナーをつり上げて去っていきました。気を付けよう。気持ちが引き締まりました。
 8/11(日)、入渓です。あっ、去年より水量が多い! 前回の増水敗退して再チャレンジで来ているパーティは、水が少ないと言っていましたが、増水で敗退した際の水量と比較しているので、当てにはならないと思っていたのですが、やはり、今シーズンの他の沢と同様で上ノ廊下も増水気味でした。まずは、最初の難所の「下の黒ビンガ」の右岸から左岸への渡渉です。昨年は簡単に突破できたのですが、今年は増水分だけ沢幅が広く15mのフローティングロープの長さが不足して、ロープに引っ張られて、1回目の泳ぎは失敗してしまいました。2回目は、ロープが足りなくならないように、パートナーさまに少し沢の中に入ってもらい、再びザックを背負って泳ぎだしました。しかし、またしても、フローティングロープで引っ張られました。だけど、今度はなんと足がつくところまでたどり着いたのです。ぎりぎりでフローティングロープに引っ張られて、岸に上がれません。流されそうでした。あわてて、パートナーにすぐにこいと指示して、なんとか岸に上がることができました。すぐに上流方向へ歩いて、流されていくパートナーさまを釣り上げました。ザックを背負ったまま、突破はできたものの、疲れました。体は冷えきりました。ガクガク震えて歩けません。少しの間、陽に当たって体が温かくなるのを待っていました。最初から40mロープを使って、空身で渡って、ザックとパートナーさまをひっぱればよかったと後悔したのでした。
 すると、単独の男性が下ってきました。口元のタルの核心は単独では厳しく、あきらめるそうです。この水量だと、口元のタルの核心は相当難しいだろう。我々も敗退するかもしれない。そんな不安を持ちながら、最初の核心、口元のタルのゴルジュへ向かったのでした。大阪から来ている、とても沢馴れた5人のパーティが突破中でした。若者が右岸をへつって、突破できたようです。歓喜の雄叫びが聞こえてきました。これまで、この核心は、足の着く間は沢の中央を進み、足がつかなくなったところで、左岸へ移り、右壁をへつって突破してきたのですが、今年は沢の真ん中はゴーゴーと水が流れ、左岸へ移れる感じは全くありませんでした。私も左壁をそのまま、へつってみることにしました。ザックは置いて、空身でトライしました。足は全くつきませんが、最初のうちは、なんとかホールドがあるので、進むことができました。しかし、あと少しというところで、ホールドがなくなりました。最後のホールドから、次のホールドを一生懸命探すのですが、流されそうになり、また、最後のホールドへ戻ることを何度も繰り返しました。まずい!このままだと、力尽きる。次のホールドを探しに行った時、足が何かを触りました。とっさに、その岩に足ジャムすることができました。その水中の岩に乗り込み、ギリギリで突破することができました。自分のザックとパートナーを引き上げました。激流に逆らって、引っ張り上げるので全力でロープを引きます。その都度、前腕がパンプしてしまいます。その後も、ゴルジュ帯の中での渡渉があり、体力をかなり奪われました。この難関を超えると、広河原帯が続き、少し安堵できました。とはいえ、半分流されながら、バランス崩したら、そのまま流されてしまうような緊張する渡渉は、体も精神心も疲労させられます。口元のタルの核心を突破できれば、上の黒ビンガまで行くことができます。上の黒ビンガは相変わらず素晴らしい景色です。絶景を見ながら大休止しました。次の核心は金作谷先のS字ゴルジュです。
 金作谷には、まだ5mぐらいの雪渓がびっしり残っていました。これでは水量が多いはずです。金作谷出合左側の高台で、4人パーティがビバーグするようです。我々は、もう一つ核心を超えてからビバーグします。その2つ目の核心の金作谷S字状ゴルジュも昨年の様相とは違っていました。とりあえず、昨年と同様にザックを背負って、フローティングロープを引いて右壁を進んでみましたが、すぐに足がつかなくなり、戻って来ました。ザックを置いて、40mロープを引いて空身でトライしました。アイスバイルを使って、へつりました。しかし、水流が強いです。ホールドがありません。ここまで来て敗退か?と頭をよぎりました。もがいていると左前の水中に足が届きそうな岩を見つけました。少し先から、真ん中が浅瀬になっていることがわかりました。よかった! 20mほどロープを引いて、ロープを置けそうな岩をみつけて、自分のザックとパートナーさまを引き上げます。そこから、再び足のつかないヘツリと泳ぎで見覚えのある岩に上がります。右岸へ渡るポイントです。ハーケンが打ってあります。ザックを上げて、ロープを整理して、対岸に向かって飛び込みます。ジャンプして流芯を超えます。頭の先まで水に沈みましたが、すぐに浮かんで対岸へ泳ぎつきました。あ~、よかった。少しだけ緊張が続くゴルジュ帯を超えたところで、大阪のエキスパート5人パーティがビバーグの準備をしていました。挨拶をして、我々は、その先200mほど行ったところにある、いつものビバーグ地に泊まれました。
 8/12(月)、まだ、3つ目の核心の「スゴの淵」が残っています。昨年は簡単に左岸へ移れましたが、今年は水が多いから苦戦するかもと、心配で夜中に何度も目を覚ましてしまいました。やはり、水量をみて、空身で左岸へ移ることにしました。雪渓のつまった金作谷を超えると、少しだけ増水加減が減ったような感じでした。スラブのトラバースもゴム底シューズなら安心です。昨年は雨で、沢中の2日目に増水して大変だったので、今年はむしろ後半は昨年より易しく感じました。スゴの淵から先は、ずっと左岸ぞいが正解のようです。昨年は、途中から右岸へ渡って、増水で高い場所に追い詰められて苦戦したのですが、左岸で通した方が全然早かったです。最後の5mの懸垂下降を下ると、大東新道を登る登山パーティが歩いていました。大東新道が大きくそれて、再び沢沿いになったところで、遡行を終了し、大東新道で薬師沢小屋へ向かいました。
 増水で敗退して再挑戦のパーティにとっては、水量が少ないと感じるのかもしれませんが、今年の水量は多めでした。薬師沢小屋でも、水量多いみたいですと言われました。25年前に遡行した時と同じぐらいかなぁと思います。前回、前々回よりも、かなり難しかったのですが、その分、充実できました。前回、前々回は、黒部川上ノ廊下を遡行してから、赤木沢、奥ノ廊下を上がりました。そして、今年は登山道で雲ノ平へ向かいます。
 翌朝、毎年落ちていく体力を感じながら、また「上ノ廊下」へ来られるかなぁ?と しみじみと上ノ廊下を振り返りながら、雲ノ平へ向かったのでした。

〇 2019年の「上の黒ビンガ」
・今年は天気がよかったです。明るい!
b0037220_11554258.jpg
〇 装備とコースタイム
・メンバー、パートナーさま、きん、計2名。
・共同装備、8mm×40mロープ、15mフローティングロープ、テープ、カラビナ、カム小さめ5個、ハーケン、タープ、ツェルト、着火剤。
・個人装備、ライフジャケット、アイスハンマー、雨具、着替え、ハーネス等々。
・コース時間
- 8/10(土)(アプローチ)
5:40、扇沢駅切符売り場(始発の40分前から販売だが、既に長蛇の列)
6:30、扇沢駅発(電気バス)
6:45、黒部湖着
11:10、平の小屋着
12:10、平の渡し(黒四側)出発
12:20、平の渡し(針の木側)出発
14:30、奥黒部ヒュッテ・テント場着
- 8/11(日)
5:30、奥黒部ヒュッテ・テント場出発
15:30、金作谷出合先1692mの出合手前のビバーグ地着
- 8/12(月)
5:40、ビバーグ地出発
14:00、薬師沢小屋着

〇 扇沢駅切符売り場
・毎度の長蛇の列です。
・臨時始発便は6:30で、その40分前から当日券発売開始です。5:40には来たのですが、既に30mは並んでました。
・始発便に乗れました。
b0037220_11594821.jpg
〇 黒四ダムの放水
・観光放水らしいです。
b0037220_12030237.jpg
〇 ロッジクロヨン
・もう1時間も歩いたのに、ロッジクロヨンが、まだあんな近くにあります。そうなんです、湖岸道はいりくんでいるので、歩いても歩いても、なかなか進みません。
b0037220_12041860.jpg
〇 黒部湖
・ダム湖の水は少なそう。しかし、ダム湖の水量と現在の沢の水量とは関係ない。
b0037220_12054748.jpg
〇 平の渡し
・2艘使っていました。我々は2番目の舟だったので、途中で戻って来る一艘目とすれ違いました。
b0037220_12072489.jpg
〇 見え始めた上ノ廊下
・奥に見えるのは、五色ヶ原かしら?方向的に違う。スゴの頭?
b0037220_12094564.jpg
〇 奥黒部ヒュッテに到着
・行動時間が意外と長い初日、疲れました。さらに入渓して、沢を少し上がれる時間はあったのですが、ここには、ビールとお風呂があるので...
b0037220_12115551.jpg
〇 2日目、出発
・先行の東京パーティ。下の黒ビンガで抜きましたが、その後会いませんでした。
・最初は平凡な河原歩きになります。しかし、今年は少し水が多く、このあたりの渡渉も油断できません。
b0037220_12153440.jpg
〇 見えてきた「下の黒ビンガ」
・これが見えてくると、最初の核心が近くです。
b0037220_12201539.jpg
〇 下の黒ビンガの渡渉
・一発目、フローティングロープに引っ張られて、岸に届かず流される。必死に泳いで、失敗すると徒労感に襲われて、メンタル的にすごく消耗します。。
b0037220_12265118.jpg
〇 第1の核心、口元のタルのゴルジュ
・昨年のその前は対岸に渡って、へつって突破したのですが、今年は対岸に渡るのは無理そうです。
・左側をへつって突破しました。
b0037220_12291774.jpg
・ぎりぎりセーフ! 突破できました。あと10cmも増水してたら、無理でした。
b0037220_12311873.jpg
〇 「口元のタル」先の安堵
・「口元のタル」の最初の核心を過ぎると、しばし、安堵できます。
b0037220_12334544.jpg
b0037220_12343829.jpg
b0037220_12350169.jpg
b0037220_12413956.jpg
b0037220_12371882.jpg
〇 上の黒ビンガ
・今年もここまで来られました。しかし、まだ、ゴルジュが2つ残っています。緊張は緩みません。
b0037220_12352557.jpg
〇 続く癒しのセクション
b0037220_12390582.jpg
〇 金作谷
・随分、雪渓が残っていました。水量が多いはずですね。
b0037220_12430042.jpg
b0037220_12432579.jpg
〇 見えてきた金作谷先S字ゴルジュ
b0037220_12443817.jpg
〇 第2の核心、金作谷S字ゴルジュ
・まずは、ザックおろさず挑戦してみるも返される。
・写真見ると、もしかしたら、最初から真ん中いけば、容易だったのかも?
b0037220_12451331.jpg
・今度は空身で。抜けられました。
b0037220_12462243.jpg
・前半部分抜けられました。
b0037220_12473326.jpg
・さらに進みます。
b0037220_12482151.jpg
b0037220_12484099.jpg
・対岸へわたります。飛び込みました。ドボン!
b0037220_12490515.jpg
b0037220_12492639.jpg
b0037220_12494494.jpg
〇 まだ、泳ぐのか
b0037220_12505414.jpg
〇 ビバーグ地到着
・前回、前々回と同じビバーグ地です。
・このすぐ先にもビバーグ適地があります。
b0037220_12520863.jpg
b0037220_12524563.jpg
〇 3日目、出発
・まだ、3つ目の核心の「スゴの淵」が残っています。すぐそこです。緊張の出発です。
b0037220_12541540.jpg
〇 スゴの淵
・やはり、水が多そうです。念のため、空身で取り付きました。
b0037220_12553585.jpg
・対岸のヌルヌルホールドへ泳ぎます。
b0037220_12573629.jpg
・ビレイには、カムが良く効きます。
b0037220_12585713.jpg
・ザックとパートナーさまを引っ張ります。
b0037220_13003143.jpg
・スラブは、ゴム底シューズなら難しくありません。
b0037220_12592526.jpg
・トラバースが続きます。
b0037220_13005482.jpg
・しばらく左岸をトラバース。
b0037220_13020147.jpg
b0037220_13024617.jpg
・ずっと左岸です。
b0037220_13025985.jpg
・ここも左岸です。前回は、右岸に渡ってしまって、高い所へ追い詰められて、降りるのに苦労しました。
b0037220_13034766.jpg
〇 岩苔小谷の先の小ゴルジュ帯
・流れが少し緩やかになり、ここまでくれば、難しくありません。
b0037220_13053062.jpg
b0037220_13060513.jpg
〇 大阪のエキスパート5人パーティ
・殆どロープを出していませんでした。しかも、トレランのように凄い速さで進んでました。
b0037220_13062519.jpg
〇 立石奇岩
・登りたーいという気持ちになる奇岩ではなく、本当に、変な形という意味で、奇岩です。
b0037220_13071228.jpg
〇 大東新道と合流
・ここまで来れば、もう安心です。
b0037220_13091186.jpg
〇 薬師沢小屋に到着
・小屋を見つけると、ほっとします。今年も突破できました。
b0037220_13094065.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-08-17 10:23 | 沢登り | Comments(2)
2019年 08月 04日

2019年8月3日-4日、笛吹川水系・東沢・釜ノ沢東俣(2回目)

 今年の梅雨は久々に梅雨らしい梅雨で、しかも長ったです。おかげで、あまり、沢登りには出かけられず、ハイキングが多くなってしました。そして、ようやく、梅雨明けとなった初めの週末でした。どこへ行くか迷いましたが、どこの沢も増水気味でしょう。多少増水していても遡行できる易しい沢、そして沢泊に慣れるため、泊まれる沢ということで、釜ノ沢へいくことにしたのでした。自分は西俣に入るつもりでいたのですが、パートナーさまは東俣でしょ!帰りが近いもんとのことで、頼んでおいたトポのコピーも東俣のガイドでした。西俣の登山計画書をポストしておいて、東俣を登ることになったのでした。
 心配していた増水ですが、前回よりは増水していますが、前々回よりは、はるかにすくない増水量でした。よかった。しかし、昼から激しい雷雨が降るかもと天気予報がでていて、凄く湿度が高いのと、朝から空の様子が曇ったり、晴れたりを繰り返す怪しい感じでした。案の定、昼ぐらいから雨が降り出し。また止んで。ビバーグ地に到着してタープを張った直後に激しい雷鳴がとどろきだしたのでした。セーフ!焚火をしようとしていたところで、焚火は中断でした。まだ時間は早いし、やることもなく、ウィスキーのんでいたら、あっという間に酒がなくなってしまいました。2時間ぐらいしたところで雨がやみ、焚火再開しました。着火剤の威力は協力で、濡れてしまった焚き木でも、なんとか火をつけることができました。酒もなくなり、やることもなく、19時には就寝でした。早く寝たので、翌日は、早起きでした。5:30にはビバーグ地を出発して、ルートには殆ど迷うことなく、8:30には甲武信小屋に到着できました。
 釜ノ沢は相変わらず美しかったです。大増水していなければ、苦労は少ないです。易しめの沢なのに、こんなに見どころ満載で美しい沢は、なかなかありません。開放感、快適なビバーグ地、そして、体力的にめちゃくちゃ充実する激しい下山道は期待を裏切りません(笑)。
 しかし、何年か前に千畳のナメのすぐ上部で大規模な崩壊がありました。もう千畳のナメへ土砂が流れ込んでしまっているかもと心配していたのですが、まだ流れ込んでいませんでした。しかし、土砂は目と鼻の先です。大雨が降ると、すぐに流れ込んでしまうかもしれません。千畳のナメが見れなくなるまえに、また来たいです。

〇 装備とコースタイム
・8mm×20mロープ(使わず)、8mm×12m補助ロープ、アイスハンマー各、ハーケン4枚、カム小さめ4個、テープ類10本、簡易テント、タープ。
・コース時間
-1日目
7:30、西沢渓谷駐車場
8:30、ネトリ橋、かつてあった登山届ポストがなくなっていた。西沢渓谷ゲートまで戻って登山届をポストした。
12:00、釜ノ沢出合
13:00、両門の滝
14:00、ビバーグ地着
-2日目
5:30、ビバーグ地出発
8:30、甲武信山荘着
9:15、甲武信山荘出発
13:00、西沢渓谷駐車場

〇 東沢つり橋から見える鶏冠山と甲武信ヶ岳
・多分、正面が鶏冠山で、その右肩に見えるのが、甲武信岳ではないだろうか。
・もしかして、右肩に見えるのは木賊山で、甲武信は見えないのか。
・午後から雷かも?の天気予報。霞がかかっている。降らないとよいのだけれど。
b0037220_09311859.jpg
b0037220_22183498.jpg
〇 鶏冠谷出合
・今日の水量だと、濡れずに渡渉できなさそうなので、ここで沢支度です。
・沢登りの姿の2パーティほどが、鶏冠尾根に向けて登りだしていましたが?もしかして釜の沢? 山の神までの旧登山道の入り口がわからないのか?近くにいるのだから、声をかえて聞いてくれればよいのに?その後、そのパーティは見なかったのですが、どうしたのかな?
b0037220_22204485.jpg
〇 ホラの貝ゴルジュの入り口
・少し水量多いかな?今日は難しそうです。
・翌日、西沢渓谷駐車場でホラの貝ゴルジュを登ってきたパーティがいたので、聞いてみました。やはり、水が多かったそうです。
b0037220_22232333.jpg
〇 乙女の滝
・凍っていれば、登れるのでしょうけど、夏だとヌルヌルで登れる雰囲気がしない。なぜ、乙女なんだろう?
b0037220_22252809.jpg
〇 ビンガ
・ビンガ!ビンガ!ビンガ!と口ずさみながら通過します。そう言えば、ビンガって、スペイン語か何かのスラングだったような。
・日本では岩壁の意味だよ~。
b0037220_22263852.jpg
〇 東のナメ沢
・この東のナメ沢、かつて登っているのですが、ブログ記事に昔の写真をアップしています。
・今日の濡れ具合だと怖くて登らないよね。
b0037220_22303492.jpg
〇 スラブトラバース
・東のナメ沢のすぐ先にある、スラブトラバース。
・ゴム靴だと、全然大丈夫なのですが、フェルトシューズだと、結構厳しいです。全面濡れていたら、まずドボンです。過去に私も2回ともドボンしてます。私はゴム靴なので、軽く突破できました。
・パートナーさまはフェルトシューズです。しかし、お~!突破してきました。写真は、核心のヌルヌル部分をにらんでいるところ。
b0037220_22345484.jpg
〇 西のナメ沢
・こちらは、乙女の滝より傾斜が緩い。乾いていれば登れそうな?プロテクションないか。
b0037220_22360023.jpg
〇 魚止めの滝
・釜ノ沢出合から釜ノ沢に入るとすぐに魚止めの滝です。
・左側を登りますが、そこは簡単です。落ち口付近へ行って、落ち口で沢を横切るところが、ヌルヌルで、ゴム底だと、滑りそうで怖いです。
・全般的に全体が前回よりヌルヌルな気がいます。雨が多かったせいでしょうか?
b0037220_22375420.jpg
〇 千畳のナメ
・魚止めの滝を超えると、千畳のナメが続きます。釜ノ沢の一番癒されるところです。
・ここも、ゴム底で流れの中をあるいていると、ヌルヌルで、ツリツリと少し滑ります。
・水がいつも流れているところは、あまりヌルヌルなことはないので、今日は、やはり少し増水気味で、いつもは水が流れていないところを水が流れていて、そこがヌルヌルなのだと思います。
b0037220_22393571.jpg

b0037220_22400706.jpg

〇 千畳のナメ上の崩壊現場
・何年か前に千畳のナメのすぐ上で崩壊があって、千畳のナメはそのうち、この土砂に埋もれてしまうだろうと言われていました。
・確かにすごい量の土砂が左側の崩壊から流れ込んでいました。確かに大雨ごとに、この土砂が千畳のナメへ流れていくような気がします。埋まる前にまた、行きますかね。
b0037220_22403778.jpg

b0037220_22421578.jpg

b0037220_22423512.jpg

〇 両門の滝
b0037220_22432679.jpg

〇 今日のビバーグ地
・両門の滝を超えて、1時間ぐらい歩いたところ、広河原の真ん中あたりでビバーグしました。
・午後3時ぐらいから雷が降り出して、焚き木が濡れてしまいました。午後5時から焚火を再開。着火剤のお陰でなんとか火がついてくれました。
b0037220_22493572.jpg
b0037220_22504349.jpg
〇 木賊谷出合30mのナメ滝?
・今回は迷いませんでした。
b0037220_22460821.jpg

〇 最後のつめのナメ滝
・ここも、ヌルヌルでした。
b0037220_22463814.jpg

〇 甲武信小屋
・あいかわらず、いい味だしています。
b0037220_22531724.jpg
b0037220_22531006.jpg
〇 徳ちゃん新道
・急で長~い、徳ちゃん新道を降りていきました。
・日曜日は空気が乾燥していて、今日は雷大丈夫かもね。そのかわり、日が照っていて、めちゃくちゃ暑いです。
b0037220_22532570.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-08-04 22:18 | 沢登り | Comments(0)
2019年 07月 27日

2019年7月28日、奥多摩・増水の水根沢はスリル満点

 今週末は、もう梅雨明けしていて青空の下、泊まりで沢だ~と思っていたのですが、突然台風6号が出現してしまいました。しかも、上陸するとか、今週末も散々な天気予報となってしまったのでした。刻々と二転三転していく天気予報とにらめっこをしながら、沢登りに限らず、登山、ハイキング含めて、いけそうなところをずっと考えたのですが、土曜日の午後から天候不安定になりそうなので、こんな時の「困った時の水根沢」が頭にうかんだのでした。しかし、明け方に結構な雨が降ったようです。もうしかして、増水して苦戦するかも?という予感は、全くその通りで、いつものとは一味も二味も違う水根沢を楽しめたのでした。
 水根沢には何度も来ているのですが、誰とも会わなかったのは今回が初めてでした。今日の水根沢は、これまでで一番難しく、エキサイティングでした。午前中だけで満足しました。空模様も怪しいので、今回も途中の半月の滝までで切り上げて、早々に下山して、珍しく、とても空いている「もえぎの湯」経由で帰着しました。

〇 装備とコースタイム
・8mm×20mロープ、12m補助ロープ、ハーケン4枚、カム小さめ4個、アイスハンマー各、テープ10本ぐらい、カラビナ10本ぐらい、エイト冠。
・コース時間
8:30、水根沢駐車場出発
11:00、半月の滝
11:40、半月の滝出発
12:20、水根沢駐車場着

〇 最初の難所
・ゲゲチチ! 入渓ポイントの増水加減より、ずっと増水している。
b0037220_20094962.jpg
〇 やば~
・しかし、巻きはもっと悪そう。いくか~。
・サラシに吸い込まれそうで怖い。足届いた!
b0037220_20112530.jpg

〇 昨年と比較
・昨年の写真と比べると、めちゃくちゃ増水しているのがわかります。
b0037220_20053629.jpg
・昨年(2018年7月8日)の同じ場所
b0037220_20070058.jpg
〇 あ~、なんとか突破
b0037220_20120677.jpg
〇 あ~、斜瀑のところ
・行くてを阻まれたと思ったのですが、ここは多分斜瀑のところ少し水際を進むと、右上へ逃げられるところに行けました。
b0037220_20131668.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-07-27 20:13 | 沢登り | Comments(0)
2019年 07月 22日

2019年7月21日、湯檜曽川・白毛門沢

 そろそろ、沢に入っておかないとまずいよねってことで、にわか雨が少し心配だったのですが、湯檜曽川の白毛門沢へ行くことにしました。白毛門沢出合までまで同じで、東黒沢からナルミズ沢へ入るルートは、ここ数年で3回ほど入っていますが、白毛門沢自体の遡行は30年ぶりになります。もちろん、その時の記憶は全くありません。天気の方は、朝のうちに少しパラパラっと雨が降ってきて心配したのですが、その後は岩が結露気味で滑りやす状況ではありましたが、終日曇り時々霧でなんとかなりましたと言った感じの天気でした。
 上越の沢は美しく、すばらしいです。磨かれたスラビーな沢底。癒されるナメ滝。今日の天気ではそこまでは言えないですが、自然へ解き放されたような解放感。それと、おっかないヌルヌル岩(笑)。白毛門沢は2級か1級上の難易度がついてますが、リーダーがいれば、初級者を導いてくれるでしょうけど、初心者だけでは厳しい感じでした。巻くか巻かないか、巻いた時のルートファインディング力とか。他の沢と比べて、2級はあるような気がしました。増水気味で岩が濡れていたからかもしれませんけど。そして、標高差は1,000mで、2級の沢とはいえ、ところどころ時間がかかって、お疲れの10時間行動でした。しかし、沢登りは疲れます。同じ標高差のハイキングの2倍はありそうな活動量で、予想以上に疲れて、下山はヘロヘロになってしまいました。こんなにヘロヘロになるのは、昨シーズンの沢登り以来です。ハイキングへ行って、帰りに、あ~疲れたと蕎麦屋で酒飲んで喜んでいてはだめですね(笑)。来週は梅雨明けの猛暑でしょう。体力トレ兼ビバーグ練習の予定です。

〇 装備とコースルート
・共同装備、8mm×20m(30mの方がよかった)、テープ、補助ロープ12m、カラビナ、ハーケン(5枚)、ツェルト、EPIセット。
7:40、白毛門登山口駐車場出発
8:30、ハナゲの滝
10:45、タラタラのセン(多分)
14:00~14:40、白毛門山
17:00、白毛門登山口

〇 ハナゲの滝
・何度見ても、堂々とした滝です。今日は水量が多くて、迫力を感じます。
・上がり過ぎました。中段あたりで左の巻き道に入った方が楽です。
b0037220_08432551.jpg
b0037220_08430168.jpg


〇 タラタラのセンの下段
・写真は先行パーティ。
・巻くと大変そうなので、右側を登りました。
・二ヶ所、残置ハーケンがありました。滝の落ち口に出るところで少し考えました。
・30mロープだったら、落ち口から反対側へ移れて、後続者も目視できて、ビレイがしやすいです。
b0037220_08441212.jpg
〇 タラタラのセン
・iPhoneケースが濡れて、ぼけちゃいました。
・左から巻きました。途中で急な支沢がでてきました。そのまま登っていったら、大高巻きになりそうで、上がらず、トラバースして沢へ戻る感じでした。

b0037220_08503947.jpg
〇 目印の大岩手前の20m大ナメ滝
・登れそうな感じではあったのですが、水量多くて、ヌルヌルっぽいので右側を巻きました。
b0037220_08513668.jpg
〇 最後のつめのスラブ帯?
b0037220_08534624.jpg



〇 松の木沢の頭からみる源頭付近
・ガスの中登っていたので、どのあたりを登ってきたかすら、よくわかりませんが、まぁ、頂上へ向かっていく溝を登ってきたのでしょう。
b0037220_08543485.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-07-22 08:55 | 沢登り | Comments(0)
2018年 08月 20日

2018年8月15-16日、北アルプス裏銀座経由下山((扇沢駅~黒部湖~奥黒部ヒュッテ~黒部川上ノ廊下~薬師沢小屋~黒部川奥ノ廊下~三俣山荘~北アルプス裏銀座~野口五郎小屋~烏帽子小屋~高瀬ダム)

 当初は、黒部源流から水晶小屋で泊まって烏帽子小屋小屋のつもりだったのですが、黒部源流についた時はもう足が上がりません。一番近い三俣山荘へ向かいました。三俣山荘は何もかも快適でした。夕方には、雨も止んで、北アルプスを一望できました。展望食堂で食べたラーメンがうまかったです。
 8/15(水)、翌日は、野口五郎小屋まで予定でしたが、余裕があれば、烏帽子小屋までと思いながら、のんびり、裏銀座を縦走していたのでした。水晶小屋へ到着して地図を見たのですが、28年前上ノ廊下から水晶岳を登って東沢へ下った記憶だったのですが、その東沢乗越の位置から、28年前に水晶岳へ行っているわけがないと理解しました。時間調整も兼ねて、水晶岳をピストンしました。しかし、この1時間のせいで後ほど酷い目にあったのでした。突如暴風雨と化して、1時間ほど、大雨に打たれながら野口五郎小屋に到着しました。
 8/16(木)、下山の日も激しい風雨でした。途中動けないぐらいの暴風にあいながらも、6時間の下山なので、行ってしまおうと下山しました。途中、登ってくるパーティが何パーティもいました。大丈夫かなぁと思いながらすれ違いました。高瀬ダムへ到着したのは、12:30ごろでした。トンネルを超えるとタクシーが待っていてくれました。扇沢まで乗せてもらいました。8200円でした。


〇 鷲羽岳から見る三俣山荘
b0037220_21185622.jpg
〇 これから行く先
b0037220_21295599.jpg
b0037220_21302161.jpg
〇 水晶小屋
b0037220_21333502.jpg
〇 水晶岳へ向かう途中から見える黒部川奥ノ廊下
b0037220_21344136.jpg
〇 裏銀座方面
・昼頃までは天気よかったのですけどね。
b0037220_21353129.jpg
〇 ところが午後から暴風雨
・14時ごろから雲がもくもく上がってきて、天気は急変しました。稜線は風で動けない時があるくらい荒れました。
・これ以降写真を撮る余裕もありませんでした。
b0037220_21370216.jpg
〇 最終日はひどい天気
b0037220_21471068.jpg
b0037220_21474244.jpg
b0037220_21481668.jpg
b0037220_21485160.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-08-20 21:08 | 沢登り | Comments(0)
2018年 08月 19日

2018年8月14日、黒部川奥ノ廊下(扇沢駅~黒部湖~奥黒部ヒュッテ~黒部川上ノ廊下~薬師沢小屋~黒部川奥ノ廊下~三俣山荘~北アルプス裏銀座~野口五郎小屋~烏帽子小屋~高瀬ダム)

 当初は増水してて日数かかるだろう予想で、上ノ廊下で2泊で3泊目に祖母谷あたりでビバーグのつもりだったのですが、沢中1泊で2泊目は今回も薬師沢小屋のお世話になりました。混んできたら、一枚布団に二人という恐怖もありましたが、一人一枚布団で泊まれました。しかし、疲れているのですけど、興奮してて、あまり眠れませんでした。
 奥ノ廊下は赤木沢出合までにゴルジュが一つありますが、それも巻けて(2年前は巻かずに登って時間かかった)、あとは平穏な河原が続きます。沢登りするなら、後半は赤木沢の方が断然おもしろいと思います。魚影は最後の最後までありました。源流は三俣蓮華の手前で左へ向かって水晶岳の方へ向かいます。徐々に北アルプスの稜線が見えてきて、後ろにはでっかい薬師岳の全貌が見えます。登山道と交差するところで遡行は終了です。これ以上入るなと訴えているトラテープが引いてありました。沢道は登山道と並行するので、もう入るなと言うことでしょう。三俣山荘へ向かう道に入ると、黒部源流の碑がありました。ここで黒部源流の旅は終了のようです。ここから、雨の登山道を三俣山荘まで登って行きました。
 はっきり言って、奥ノ廊下は上ノ廊下に比べて、なんでもない平凡は流れです。黒部の源流をつめる以外は意味はありません。こだわりがないなら、これまた、完成された赤木沢を遡行して折立へ降りた方が楽しいと思います。次回上ノ廊下を再び挑戦して突破できた時は、大道新道から最後の楽園、雲の平へ上がりますかねぇ。

〇 薬師沢小屋出発
・雨、雨、雨で登山者からは雨への文句が多かったです。
・夜中に雨が降っていて、増水してそうでしたが、奥ノ廊下は大丈夫でしょう。赤木沢へ登るパーティの後から出発です。
b0037220_22104315.jpg
〇 最後のゴルジュ
・奥ノ廊下、多分最後のゴルジュだと思います。この後な平凡な河原歩きが最後まで続きます。
b0037220_22114517.jpg
〇 赤木沢出合
・赤木沢の出合は狭いです。その奥は、とてつもなく広がっています。だから、雨が降ると、ここで、せき止められるように増水してしまうのですかね?
b0037220_22130330.jpg
〇 最初で最後の滝
・黒部川上ノ廊下、奥ノ廊下を通して、唯一の滝?

b0037220_22191826.jpg

b0037220_22143772.jpg

b0037220_22135243.jpg

〇 稜線の山
・沢中から三俣蓮華が見えてきました。
b0037220_22200907.jpg

〇 三俣山荘へ行く途中にある黒部川源流の碑
・なぜか三俣山荘へ行く途中にありました。水晶岳方面へ向かったら、これ見ないよ。
b0037220_22212381.jpg

〇 三俣山荘から見る鷲羽岳
・三俣山荘に到着して、しばらくすると、雨がやんでくれました。
b0037220_22265334.jpg


きん


by Climber-Kin | 2018-08-19 22:16 | 沢登り | Comments(0)
2018年 08月 19日

2018年8月11日~16日、黒部川上ノ廊下(扇沢駅~黒部湖~奥黒部ヒュッテ~黒部川上ノ廊下~薬師沢小屋~黒部川奥ノ廊下~三俣山荘~北アルプス裏銀座~野口五郎小屋~烏帽子小屋~高瀬ダム)

 今年も沢登りの最後に北アルプスの沢を登ってきました。どの沢から稜線へ上がるのか散々迷いましたが、28年前そして2年前に行った、すばらしい黒部川上ノ廊下を再度行ってみようという結論に至ったのでした。前回は赤木沢をつめたので、今回は奥ノ廊下を登り黒部源流をたどることにしました。さらに、登ったことのない鷲羽岳、(水晶岳、確か28年前に登ったはず?)、野口五郎岳、烏帽子岳と北アルプス裏銀座を縦走しようと自分達の体力を無視しして、壮大な計画を立てていたのでした。
 8/10(金)の20:30に出発して扇沢へ入りました。夜中に現地に到着すると雨でした。天気予報もよくありませんでした。とは言え、別のプランもなく、奥黒部ヒュッテまで入って、場合によっては、東沢谷から裏銀座へ入ろう。さらに場合によっては、気が進まないが読売新道から裏銀座を縦走しようとは思いながら、殆ど寝てないまま、黒部立山アルペンルートの切符売り場に並びました。
 8/11(土)、今日は、お盆休み初日の土曜日のアルペンルート、切符発売開始時間前から列ができていました。それでも、2本目の臨時0700便に乗れて黒四ダムへ上がれました。しかし、そこは雨でした。雨の中、平の渡しへ向かいます。アップダウンの激しい湖岸道を1200の渡しに間に合うために、急ぎます。しかし、荷が重くて足が進みません。こんなんで、この先大丈夫か?と不安に思いつつも、何とか1140に平の小屋に到着できました。登山客は多かったです。10人定員の平の渡しの1200便は3回往復していました。そして、さらにアップダウンの激しい、平の渡し~奥黒部ヒュッテの2時間で疲労困憊、既に体中バリバリになってしまったのでした。どうも大汗をかいて水分不足に陥ったようでした。ツェルトを張って、一息ついていると筋肉が冷えだして、下半身を激しく攣ってしまいました。金縛りにあったように動けません。さらに不安がたちこめました。これじゃ明日から入渓なんて無理だよ~と思っていたところ、お風呂があると、隣のテントの方から聞きました。こんなところで風呂に入れるとは助かりました。小さな湯舟ですが、そのお陰で、疲労がとれました。これで何とか明日は入渓できそうです。これ以降、水分不足を気を付けて、まめに水を取ったおかげで、これ以降、足を攣ることはありませんでした。
 8/12(日)、いよいよ入渓です。昨夜の雨の影響はなかっのか?平水のようでした。何故平水かと言うと、2年前より水が多いことと、黄色のヌルヌルコケラインと水線が一緒だからです。まずは、広河原を歩きます。先日知り合った、11日のうちに入渓していた浜松の3人パーティへ手を振りながら、そのビバーグ地を通りすぎて、下ノ黒ビンガへ至ります。先行パーティが左側をトラバースしていました。我々の方は、いつものごとく、フローティングロープを引いて、できる限り左手上流側から対岸へ泳ぎました。ストックを握りながら泳ぎ出したのは失敗だったと思いながら、ぎりぎり対岸の岩にしがみついてセーフでした。その次は、第2の核心、口元のタル沢出合先のゴルジュです。2年前はゴルジュ出口のところに直径2m級の石が数個あって、それを利用して突破したのですが、今回は、そんな巨岩が見当たりません。いつかの増水で流れてしまったのでしょう。それでも平水だったので、空身でロープを引きながら、中央の浅瀬から右壁へ移り、壁沿いにへつって、そのまま突破できました。下ノ黒ビンガで追い越したパーティが見当たらなくなり、てっきり高巻したのかと思っていたら、その2日後奥ノ廊下ですれ違いました。口元のタル沢を遡行して、上から上ノ廊下を下降するとのこと奥ノ廊下ですれ違った際に聞きました。
 平水だったので、上ノ黒ビンガまで問題なく通過しました。そして、その上ノ黒ビンガですが、なんと、クライマーが取り付いていました!びっくり!30cm級の落石しながら登っていました。自然に帰ってというより、最初から自然の岩でしょうからねぇ。順調に金作谷S字ゴルジュも超えて、2年前にも泊まった、1692mの少し手前のビバーグ地を今夜の宿と決めました。
 8/13(月)、夜に結構な雨が降りました。タープに雨水が溜まっていました。起きた時は、まだ雨が降っていました。まだ後半の核心がのこっています。出発するころには雨がやんでくれました。すぐに雨が降ってきそうで、緊張しながら出発したのでした。その予感は当たっていました。泳いで対岸のスラブトラバースあたりで、雨が降ってきました。濡れたスラブはパートナーさまのフェルトシューズには厳しく、雨激しい中、短くピッチを切って、こなしました。そこから増水気味となりました。なんで、あんなところに残置ハーケンがあるのかなぁ? 増水になって、理由がよ~くわかりました。渡渉するところで、増水で渡渉できず、高いところまで追い込まれるのですね。なるほど~。緑茶色に増水した上ノ廊下でした。随分時間が掛かってしまいましたが、何とか逃げ切れて薬師沢小屋に到着できました。今回も、上ノ廊下を突破することができました。当初は天候悪く撤退だろうと思っていたですが、何とか突破できました。よかった!よかった!
 今回は工程が長かったので、記事を3つにわけて、「黒部川上ノ廊下」、「黒部川奥ノ廊下」、「北アルプス裏銀座から下山」と記事を分けました。

〇 2018年の上ノ黒ビンガ
・何度来ても、美しい。この光景を見るためにチャレンジしているんだと思う。これほど完成された自然の景色は珍しい。
b0037220_11000713.jpg
〇 装備とコースタイム
・メンバー、まーさま、きん、計2名。
・共同装備、8mm×40mロープ、15mフローティングロープ、テープ、カラビナ、カム小さ目4個、ハーケン、テント、タープ、着火剤。ライフジャケット各、アイスハンマー各。その他雨具、着替え、ハーネスなど各。
・コース時間
-1日目(アプローチ)
5:40、扇沢駅切符購入(混雑)
7:00、扇沢駅トロリーバス出発
7:20、黒部湖着
11:40、平の渡し着(小屋でゆっくりしていたら3便目になってしまった)
12:20、平の渡しの出発(船は10人乗りで10人づつピストンしてくれます)
12:30、平の渡しから出発
14:30、東沢出合、奥黒部ヒュッテ着
-2日目
6:00、奥黒部ヒュッテ出発
14:30、金作谷先1692mの出合手前着、ビバーグ
-3日目
5:50、ビバーグ地出発
15:00、薬師沢小屋着

〇 朝の扇沢駐車場
・8/10(金)の24:00ぐらいに到着した時点で、市営無料第一駐車場は既に満車でした。我々は市営無料第二駐車場に車を停めました。こちらはまだ空いていましたが、翌朝出発する時は満車状態でした。やはり、前夜発が正解のようです。
・有料駐車場は06:00ごろでも、また空いていました。上部の第一と第二が12時間1000円。下部の第三と第四が24時間1000円のようです。空いているはずです。
b0037220_11055338.jpg
〇 立山黒部アルペンルート扇沢駅6時頃の様子
・始発は6:30で、その40分前から切符販売開始ですが、既に長蛇の列でした。5:50に並んだのですが、購入まで40分ぐらいかかり始発0630には乗れませんでした。臨時の0700便に乗れました。
b0037220_11031636.jpg
〇 黒四ダム通過
・少し降ってます。
・「おばさ~ん!ザックが傾いてますよ~!」
b0037220_11115237.jpg
〇 黒四ダムの遊覧船
・これ載せて行ってもらって、バックウォーターまで行ってくれないのかなぁ。
b0037220_11131334.jpg
〇 平の渡し
b0037220_11142554.jpg
b0037220_11145836.jpg
〇平の渡し~奥黒部ヒュッテ
・上ノ廊下が見えだしました。
b0037220_21203784.jpg

〇 奥黒部ヒュッテ
・いい味出してます。
b0037220_21213864.jpg
b0037220_21214957.jpg
〇 緊張の出発
b0037220_21222398.jpg
〇 広河原
・最初は平穏な河原が続きます。
b0037220_21230063.jpg
〇 あっ、下の黒ビンガ
b0037220_21241089.jpg
〇 下の黒ビンガ、渡渉後
・先行パーティを追い越しました。先行パーティは泳ぐの嫌いみたいでした。我々は最初から泳ぎました。
b0037220_21253205.jpg
〇 口元のタル出合先ゴルジュの突破
・空身でロープを引いて右壁へ移り、ヘツリました。
・ロープで自分のザックとパートナーさまを釣り上げました。
・2年前にあった、3m級の巨岩達は、ここから、すっかりなくなっていました。この2年の間に、いったい、どんな大増水があったのか? 想像するだけで恐ろしい!
b0037220_21275956.jpg
〇 上ノ黒ビンガ
・美しい! この光景を見るために来たようなものです。
b0037220_21312439.jpg
〇 上ノ黒ビンガを登るクライマーパーティ
・古の上ノ黒ビンガの岩場を登攀! 凄い!
b0037220_21580223.jpg


〇 金作谷先S字ゴルジュ
・右側をへつって行き詰った後対岸左へ泳ぎます。2年前は岩に立ってから飛び込んだはずですが、今年はその岩はヌルヌルで上がれませんでした。
b0037220_21334114.jpg
〇 安堵のビバーグ地
・ここ砂地でよいです。立石までいっちゃうと、ここまで平地で快適なビバーグ地はないでしょう。
b0037220_21373064.jpg
〇 一抹の不安を覚えながらスタート
b0037220_21403438.jpg
〇 二日目の核心の始まり、スラブトラバース
・泳いで渡るですが、大きな石が沢の中にあって、渡渉は難しくありません。
・このスラブのトラバースはフェルトシューズにとって核心になります。ゴム底だと快適で、全然問題ありません。



b0037220_21493434.jpg

b0037220_21422316.jpg



〇 美しい沢景
・まだまだ、水は多いです。
b0037220_21404620.jpg

b0037220_21461781.jpg

〇 4m懸垂
・記憶がない? 前回は沢沿い行ったのか?勘違いか?
b0037220_21470529.jpg

b0037220_21505909.jpg

〇 薬師沢小屋到着
・あっ、見えた。
b0037220_21532746.jpg

きん


by Climber-Kin | 2018-08-19 10:43 | 沢登り | Comments(0)
2018年 08月 04日

2018年8月4日、三条新橋~おいらん淵(8回目は敗退)

 小河内ダムの水がこんなに満たされているを初めて見ました。なんだか嫌な予感がしました。その通りでした。増水してました。先週の台風。昨夜も凄い雷雨だったなぁと思い返せば、そりゃそうだよねぇ。これが8回目の花魁淵でした。これまで増水していても花魁淵まで到達できていたのですが、今回はちょっと... 水濁ってるし。
 昼前に、のめこい湯に到着して、お風呂入って、手打ち蕎麦食べて、2時間昼寝して帰着しました。夕方にチーウォール東村山で2時間登りました。あっ、体疲れてる。

〇 今日の最高到達地点
・先の方に見えるのが手取淵です。
・白泡(いつもはここまで泡はない)のあたりを横切り対岸をマントルで上がるのですが、失敗すると、もみくちゃにされながら、今超えてきた滝の下まで流されてしまいそうで、ここで心が折れました。今なら、まだリスクが低い。引き返せる。
b0037220_23291484.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-08-04 23:29 | 沢登り | Comments(0)
2018年 07月 23日

2018年7月21日-22日、湯檜曽川・東黒沢~ウツボギ沢~白毛門

 どこへ行こうかと散々迷いました。トレーニングと言う意味で、もう少し難しめの沢か、暑いので泳ぎの多い沢の方がよかったのかもしれませんが、下調べ不足で時間切れでした。今週も癒し系の1泊2日の沢へ行くことにしたのでした。しかし、今週というか、今年の夏は暑過ぎでしょう。沢で下半身が涼しくても、上半身は暑くて汗をかきます。たまらず、たまに、自らドボンして、体を冷やしながら、遡行しました。丸山乗越から下降して、ナルミズ沢ウツボギ沢に到着したのは、まだ14:30でした。しかし、ビバーグサイトは灼熱地獄のような暑さでした。タープを張って、昼寝しました。今回はテンカラ持ってきました。しかし、ナルミズ沢には魚影が全く見えませんでした。暑すぎか!
 早々にあきらめ、酔っ払いの化したのでした。暑すぎて、焚火する気もせず、焚き木を集める労働もなく、昼寝しながら、涼しくなるのをただ待っていました。


〇 装備とコースタイム
・メンバー、パートナーさま、きん、計2名。
・共同装備、8mm×20mロープ(使わず)、テープ、補助ロープ12m、カラビナ、ハーケン5枚(使わず)、ツェルト、タープ、EPIヘッド1、EPI缶1。
・コース時間
◇ 1日目
8:00、白毛門登山口出発
9:00、二股
12:30、丸山乗越
14:30、ナルミズ沢ウツボギ沢出合
◇ 2日目
7:00、幕場出発
10:00、笠ヶ岳下稜線
11:30、白毛門山頂
14:30、白毛門登山口

◇ 21日(土)
 三度目の東黒沢です。白毛門沢出合までなら、4度目というのが正しいです。何度来ても、この沢の出だしは美しいです。雪に磨かれたスラブ滝がとにかく美しいです。白毛門沢とわかれ、東黒沢を登っていくと、若干樹林の覆われながら、遠慮がちな平ナメが延々と続きます。難しいところは一つもありません。藪漕ぎもなく丸山乗越へ出ます。乗越のあたりは笹が深いですが、方向を間違えず、適当に進めばやがて溝になり水溝になり、水がでてきます。途中2mぐらいのクライムダウンの滝がいくつか出てきますが、すぐにウツボギ沢へ降りることができました。それにしても、暑い。沢登りしているとは思えないぐらい暑かったです。水に浸らないと体温が上がってしまいます。そして、ビバーグ地に上がったら、平地と同じような暑さだったのでしょう。すぐにタープ張りましたが、35度ぐらいあったのではないでしょうか。こんなに暑い沢登りは初めてです。

〇 東黒沢の最初
・歩きだすともう暑い!
b0037220_21213088.jpg

〇 美しいナメ
・美しいナメがいきなり続きます。

b0037220_21224945.jpg

b0037220_21240124.jpg

〇 はなげの滝
・多分、「鼻毛の滝」ではなくて「花華の滝」ではないかと思うのですが、どうなんでしょう?
b0037220_21245777.jpg

〇 はなげの滝上部
b0037220_21260721.jpg
〇 ナメ滝の連続
・ナメ滝が続きます。

b0037220_21271974.jpg

〇 癒しのナメ
・白毛門沢出合を超えると渓相が変わります。
・平ナメがとにかく続きます。岩は茶色になり、滑りやすくなてってきますが、気になるようなヌメヌメではないです。
b0037220_21281129.jpg

b0037220_21290733.jpg

b0037220_21293097.jpg

b0037220_21301499.jpg

b0037220_21304269.jpg

〇 源頭の様子
・結構最後まで水が流れています。コルへ向かって登からでしょう。
・丸山乗越の藪は幅50mぐらいではないでしょうか。凄い藪ではないです。軽く突破できます。
b0037220_21312313.jpg

〇 ナルミズ沢でテンカラ
・魚影が全く見えません。相当根性をだして、魚を探さないと難しいでしょう。
b0037220_21324026.jpg
〇 ビバーグ地
・一等地なのですが、日陰がありません。我々はタープを持っていたので、ここに張りました。しかし、オレンジ色のタープは直射日光だと、中も暑いです。
b0037220_21381590.jpg

◇ 22日(日)
 珍しくラジオを持ってきました。明日は今日以上に暑くなるとのことです。早く稜線にでて、暑くなり過ぎる前に下山しようと、早起きしたのですが、計画通りにはいきませんでした。午前中から既に暑かったです。水に浸っている間はまだよかったのですが、水が枯れてから、笹薮の中は気温がぐんと上がります。稜線でたころから既にバテ気味でした。白毛門山頂からの下山は暑さと疲労で?いや、暑さにバテたというのが正しいでしょう。体全体が疲れて、やられたような感じでした。やっぱり、今週もヘロヘロでした。

〇 ウツボギ沢の出だし
・ゴロゴロの沢。このままゴーロで終わってしまうのか?
b0037220_21385690.jpg
〇 徐々にナメ
・少しづつナメが出ていました。
b0037220_21393545.jpg
〇 くの字15m滝
・ガイドブックにトポを見つけられずアドリブで登りました。
・最初、左手の水溝から、まこうとしたら行き詰りそうで、降りて、右側から巻きました。
・ガイドブックにもトポありました。ここは、やはり右側から巻くようです。右側の壁を中段まで登って上部は小さく右側から巻きました。

b0037220_21400413.jpg

〇 稜線が見えてきました
・短いようで、意外と長い。やはり、標高差500mはそんなに早くは登れない。
b0037220_21411259.jpg
〇 稜線へ
・藪漕ぎは殆どないぐらいです。間違えなければですが。
b0037220_21422117.jpg
〇 稜線へ
・上がると一の倉沢が迎えてくれました。

b0037220_21420337.jpg
〇 白毛門の下りは辛い!
b0037220_21433955.jpg
 先週の恋ノ岐川よりは、行動時間で比較すれば、かなり楽なはずだったのですが、今週は先週以上の暑さでバテました。沢登りで、こんなに暑いのは、初めてです。沢登りながら汗が出ていました。今年は泳ぐ沢へ行った方がよさそうです。しかし、なかなかないんですよね~。今度はどこの沢行きましょうか?悩ましいです。


きん




by Climber-Kin | 2018-07-23 20:57 | 沢登り | Comments(0)
2018年 07月 16日

2018年7月14~16日、只見川・恋ノ岐川〜平ヶ岳

「恋ノ岐橋~恋ノ岐川~池ノ岳~(平ヶ岳ピストン(時間切れ断念))~玉子石~中ノ岐林道~雨宮橋~恋ノ岐橋」

 好天が見込まれる三連休でした。しかも、めちゃくちゃ暑くなる天気予報でした。こんな状況で沢登りへ行かないわけにはいきません。しかし、どこへ行くか、なかなか良い案が生まれませんでした。どこか記憶の奥にあった、あの沢。難しくなく、ただ、行くまでの距離が遠い。1泊2日は難しそうな。今回は3連休だし、行ってみますかと決めたのが、平ヶ岳・恋ノ岐(こいのまた)川でした。
 しかし、この沢は中途半端な長さでした。かつ、鷹ノ巣登山口まで下山するには結構な時間があり、その途中にある水場は夏は殆ど涸れているようでした。それに、鷹ノ巣登山口から入渓ポイントの恋ノ岐橋までは10kmあります。会社にある折り畳み自転車を持って帰り、これを鷹ノ巣登山口にデポするかとも検討したのですが、そのチャリを電車で運ぶにはケースがない。こいで自宅まで持って帰るには、あまりに暑すぎるし、凄い労力です。2日目に池ノ岳から時間があれば平ヶ岳往復して、中ノ岐林道入り口へ降りれば、平ヶ岳沢渡渉ポイントで水がありそうです。よくよく調べてみると、平ヶ岳渡渉ポイントのすぐ先が中ノ岐林道登山口で、水もトイレもあるらしいという情報を得たのでした。
 金曜日は、2030に前夜発したのでした。恋ノ岐橋に到着したのは、25時過ぎでした。いつもの通り、1日目は寝不足でスタートです。毎度のことながら、どうなることやらです。

〇 装備とコースタイム
・メンバー、パートナーさま、きん、計2名。
・共同装備、8mm×20mロープ(使わず)、テープ、補助ロープ12m、カラビナ、ハーケン5枚(使わず)、ツェルト、タープ、EPIヘッド1、EPI缶1。
・コース時間
◇ 1日目
7:50、恋ノ岐橋
16:00、オホコ沢出合
16:30、BP(ビバーグポイント)着
◇ 2日目
6:50、幕場出発
14:30、稜線
15:00、池ノ岳
17:00、中ノ岐登山口
◇ 3日目
6:50、中の岐登山口出発
10:00、雨宮橋(荷物デポ)
11:30、恋ノ岐橋着

◇ 7/14(1日目)
 出発時に雨がパラパラと降ってきて心配しましたが、午前中早めの時間は曇り気味ながらも10時ごろからは炎天下となりました。釣り屋さんが先行していましたが、追い抜かせてもらいました。先行パーティはいないと思っていたのですが、先行パーティが一組いてオホコ沢出合で幕営していました。我々はその先のあるともないとも、わからないビバーグ地を探すことになったのでした。かなり焦りました。その30分後になんとか止まれそうなBPを見つけて、ホットしました。しかし、焚き木もなければ、狭くて焚火ができるスペースではなかったです。やることもなく、疲れ切っていて暗くなる前には就寝したのでした。しかし、簡易ツェルトテントの下には岩があって、エビぞり状態で一晩を過ごすこととなりました。夜中に何度も目が覚めては、声を出して寝返るという苦しい夜になりました。

〇 恋ノ岐橋手前の駐車スペース
・10台ぐらい停められそうですが、釣り師も沢山はいるので、前夜のうちに入っておいた方が無難そうです。
b0037220_22214340.jpg
〇 入渓直後の様子
・沢幅は狭くて、結構水は多いです。
b0037220_22245065.jpg
〇 ヘツリで超える
b0037220_22261909.jpg
b0037220_22272050.jpg
〇 一見悪そうなトラバース
・見た目ほど難しくありません。
b0037220_22291429.jpg
b0037220_22275791.jpg
〇 2段10mの美滝
・右側を登れます。
b0037220_22301365.jpg
b0037220_22314291.jpg
〇 美しい平ナメ
・デコボコしてますが、長いナメを気持ちよく進みます。
b0037220_22322918.jpg
b0037220_22332081.jpg
〇 ポットホール、ナメ滝8m
b0037220_22374069.jpg

〇 幅広2条6m滝
・陽に照らされて眩しい滝
b0037220_22393415.jpg
b0037220_22352172.jpg
b0037220_23201951.jpg
◇ 7/15(2日目)
 前日、オホコ沢を超えてから30分ほどで、唯一見つけたBP(ビバーグポイント)でした。オホコ沢手前には何カ所もビバーグ適地があったのですが、オホコ沢から先は全く見当たりませんでした。「奥利根・谷川連峰の沢」の遡行図に記載されている1個目のBPとC2(キャンプポイント)は見当たりませんでした。我々がビバーグしたのは、2つ目のBPと記載されているところだった思われます。
 出発する前、最後の最後にテンカラ持っていくか迷ったのですが、多分余裕がないからと持っていかなかったのです。しかし、BPの少し高台からイワナの影が沢山見えました。しまった!竿持ってくるなら今回だったか!と思いながらも、ここ狭すぎて、焚木も見当たらないし、焚火するスペースもないじゃん。釣りを楽しむなら、オホコ沢にテントを張り、上流で釣りを楽しみ、テントへ戻り、翌日オホコ沢を登って帰るってのがよいのかもしれませんね。魚留の滝の上でも魚影が沢山ありました。どれも30cm未満ぐらいだったでしょうか。一匹だけ30cm越えぐらいのを見かけました。
 2日目はすぐに稜線へ出られるものと思っていたのですが、攀じって登る小滝がこれでもかって現れて、途中でお助けロープを出すこと数回でした。50mの大滝を超えても、お助けロープを出すところが2回も出てきました。ヌメヌメ登りたくない黄色い滝がでてきて、その巻き道っぽい水溝を上がったのですが、パートナーさまがこのまま左へ上がれば10分で稜線へ出られると言いだしたのでした。そう? 行ってみますか。としばらく登ると、激しい藪漕ぎになりました。すぐにやめればよかったのですが、あと10分というなら頑張ろうと猛烈な藪漕ぎを泳ぎ続けました。笹は竹のように立派に育ち、蔓のような切れない草に足を取られ、10分の藪漕ぎのはずが1時間20分の猛烈な藪漕ぎの末、ようやく稜線にたどり着くことができたのでした。これで、平ヶ岳往復はなくなりました。私は25年前に利根川本流遡行した時に平ヶ岳は踏んでます。パートナーさまも登っているとのことで、池ノ岳から中ノ岐登山口へ降りていきました。

〇 オホコ沢出合30分先のBP
・この沢は多勢のパーティで入るとビバーグ地に困りそうです。
・多勢の場合は、オホコ沢出合手前でビバーグした方が良いかもしれません。よい場所がありました。しかし、その場合翌日長くなります。
b0037220_22441730.jpg
〇 続く攀じる小滝たち
b0037220_22454584.jpg
〇 幻想的な光景
・源頭が近くなってきました。まだ、イワナの魚影があります。
b0037220_22460756.jpg
〇 青空に稜線
・今日も10時を過ぎると、雲一つない青空になりました。
b0037220_22464685.jpg
〇 50m大滝手前の3段10m滝
・50m大滝は意外と悪い。ヌルヌルのツルツルでした。まけば簡単なのか?水際登るなら、ロープ持って行った方がよいように思いました。
b0037220_22470968.jpg
〇 猛烈な藪漕ぎの後稜線へ
・稜線へ向かって早めに左上したら、とんでもないことになりました。
・きんブログ誌上、かつてないほどに酷い藪漕ぎでした。竹のような熊笹に体中傷だらけです。
b0037220_22545915.jpg
〇 池ノ岳・姫ノ池
・山頂に、こんな池があるとは、癒されます。
b0037220_22562881.jpg
〇 平ヶ岳
・すでに、15:00を過ぎていました。ここから平ヶ岳往復は1時間半か。今回は無理だね。
b0037220_22571447.jpg
〇 玉子石
・本当は来る気なかったのですけど、中ノ岐林道への分岐を通りすぎてしまって、玉子石まで来てしまいました。
b0037220_23000396.jpg
〇 中ノ岐登山口到着
・ウォッカが50ccぐらいしか残っていなくて寂しかったところでした。
・平ヶ岳沢を登ってきて、これから下山するという4人パーティさまから余りもののジムビームを頂いちゃいました。ありがとうございます。
b0037220_23003979.jpg

◇ 7/16(3日目)
 昨日1700に到着した中ノ岐登山口は、水も引かれていて、トイレも3器もある平な快適なテント場でした。しかし、それはテン場ではなくて、マイクロバスの停留所でした。朝4:50に目覚めて、ゆっくり朝ごはんを食べようとしていたところにエンジン音がしてきました。マイクロバスが5:00に上がってきました。「バス4台来るから、すぐにテント撤収してください。」と言われました。どけとは言われなかったので、テント(ツェルト)たたんで、脇の方に移動しました。停まったバスの横でご飯食べてました。バス4台とワゴン2台でした。ワゴン2台はガイドさんつきで、バス4台は送迎のみのようでした。バス運転手さん達に挨拶して林道を降りていきました。銀山平に泊まって、ここまでバスで来て、平ヶ岳を登山するツアーみたいです。たまに来る沢登りへ横柄な口をきく人たちではなかったです。沢登りかいって聞かれました。熊に気をつけてなと。声をかけられました。
 中ノ岐林道はいったい何時間で雨宮橋まで到達できるのか、推測できませんでしたが、我々の遅い足で3時間でした。雨宮橋から恋ノ岐橋までは、行きの車で測ってみて、6kmぐらいかなぁとおもっていたのですが、6.5kmありました。空身で歩いて、1時間20分でした。恋ノ岐川遡行下山ルートとしては、中ノ岐林道経由で正解だったような気がします。ご参考までです。

〇 中ノ岐林道
・途中、凄い、平ヶ岳沢の磨かれた沢底が見れます。
・登れそうな、ルート作れそうな岩壁が沢山あります。
・凄い勢いで落ちてくる滝沢とかが沢山見られるので、あきることはありませんでした。
・ただ、疲れた足は最初の1時間しかもたず、2時間目以降はつらかったです。
b0037220_23022160.jpg
〇 滝の沢
・中ノ岐林道ゲートのちょっと手前。花崗岩の、このえぐれ具合は、なかなかすごい。
b0037220_23040022.jpg
〇 恋ノ岐乗越
・ここまで来たら、あとは下り。
b0037220_23053646.jpg
 昨シーズンは、徐々に高度を上げていったのですが、今年は2回目の沢で、いきなり、体力的にハードは2泊3日の沢を決行しました。疲れ切りましたが、まー、何とかなるものです。夏休みまで、一か月切ってしまいました。間髪いれずに、また沢登りで体をつくっていなかいといけません。頑張ります。

きん


by Climber-Kin | 2018-07-16 21:55 | 沢登り | Comments(0)