ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:二子山'17-'18( 31 )


2018年 05月 21日

2018年5月19日、シーズン終了の二子山、ヌンチャク回収

 平日の二子情報をモッチーからもらいました。ありがとうございました。先週は染み出しに流れ込みで酷い状態だったようですが、火曜日には流れ込みはなくなったようです。来週の天気予報の天気図を確認すると、梅雨前線が出てきていました。
 しかし、二子に到着すると凄い染み出しでした。午後にはある程度は乾いてくるだろうとは思いましたが、これまでの経験から、今シーズン終了と決意しました。ヌンチャク回収を決めました。

(1) バイパス(10a)、再登
・げっ、ポケットが水溜り。
(2) 高く登れ(10b)、再登
(3) 振り返るな(13a)、ヌンチャク回収

 2-3p間から染み出していました。フットホールドが濡れいました。3-4p間もびちょ濡れでした。後半は今シーズンに経験してるぐらいのいつもの染み出し程度ではありました。5p目付近のコルネは指の間から水が出てきます。
 来週から梅雨前線が天気図に出ていますが、また乾く可能性もあるでしょう。昨年は6月の空梅雨の冷たい空気で最高のコンディションがありました。今年はどうなるのでしょう。そして今年も暑いです。乾いていても、気温25度では難しいルートは厳しいです。空梅雨が今年も来るのか? いろいろ考えて、ヌンチャク回収して二子シーズン終了を決めました。
 今シーズンは、もう少しのところまでいけたのですが、3月からコンディションが悪くなり、また少し戻って、再度詰めてきては、また染み出しというパターンが続きました。安定したコンディションが1ヶ月ぐらい足りなかったような感じです。かなり悔しいです。しかし、めげないで、来シーズンも頑張ります。

〇 染み出し過ぎた振り返るな
・ヌンチャク回収たいへんでした。このルート、ランナウトしてて、濡れている前半部分がめちゃくちゃ恐い!
・来シーズンこそは登ってやるぜ! 待ってろよ!
b0037220_20181665.jpg


きん、


by Climber-Kin | 2018-05-21 20:16 | 二子山'17-'18 | Comments(2)
2018年 05月 08日

2018年4月28日、またしても染み出しの二子山

 今シーズンは、「振り返るな」をあと少しのところまで到達できています。例年ならGWから甲信方面へ舞台が変わるのですが、今年のGWは二子山からスタートでした。しかし、平日は水曜日に結構な雨が降ったのでした。「振り返るな」は、またしても染み出してしまったのでした。二子でトライした後、28日(土)の夜に廻り目平か植樹祭公園へ入る予定でした。

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×、途中棄権
・意味があるのかないのかわからないけれでお、忘れないために一便だけ出してみた。5p目付近はびしょ濡れで、6p目から核心ムーブの入りの右手は濡れてしまった。キーフットホールドが濡れていることを確認してテンションした。

 天気予報を見ると、2-3日レストして、4日に廻り目平から二子かなぁとは思いながらも、混雑の廻り目平にテント張ってしまったら、出てこれないだろうなぁとも思いながら、初めての浜平温泉・しおじの湯経由のぶどう峠で廻り目平へ入ったのでした。

〇 再び染み出した「振り返るな」
・次に乾いたと聞いたのは5/5(土)でした。5/4(金)が乾いていたのかは不明です。
b0037220_13504559.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-05-08 13:49 | 二子山'17-'18 | Comments(0)
2018年 04月 23日

2018年4月21-22日、一手を出せない二子山

 真夏日になるような天気予報でした。しかも、土日とも暑い予報でした。土曜日の1便目を出すころ、10:30には既に24度ぐらいになっていました。夕方まで待ちました。17:00過ぎに2便目を出したのですが、気温はまだ24度を切っていませんでした。日曜日は7時には岩場へやってきて、9時前に1便目を出しました。しかし、既に気温は21度でした。ちょっと前なら最高の季節のはずが、ここ数年、GW前後からクライミングには暑過ぎる、みたいな年が続いています。ついこの間まで、寒くて登れないと言っていたのに、もう暑くて登れないになっちゃうのか?

◇ 21日
(1) バイパス(10a)、再登
(2) バイパス(10a)、他が込み合っていたので再度
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×
・右手ドーンは止まって、左手モニョモニョホールド取りは左足がフットホールドを正しくとらえていないくて踏み替えているうちに体が壁から離れて、左手取れませんでした。
(5) 振り返るな(13a)、×
・湿気っぽかった?自分が汗かいてた?右手ドーンで左指穴アンダーがスッポぬけました。
◇ 22日
(6) 高く登れ(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 振り返るな(13a)、×
・9時前に出しました。気温は21度を超えたぐらいでした。
・右手ドーンから左手モニョモニョ取り、そして右足トゥーフックで右手飛ばして、左足寄せて、右足ヒールへ。
・左手も右手もホールドを持てている気がしなくて、右手を最高到達の右奥ピンチホールドへ出せませんでした。そんな自分が情けない!
(9) 振り返るな(13a)、×
・さらに気温は上がって24度を超えましたが、昨日の経験から夕方は、さらに期待できないので、11時ぐらいに出しました。
・なんとか左手モニョモニョ取りまで来たのですが、左手しっかりもててなくて、腰が下がっていて、右足がトゥをする穴に入りません。あ~。
(10) 振り返るな(13a)、×
・16時過ぎに出しましたが、やはり気温は24度を切っていません。来週の練習のつもりで出しました。
・右手ドーンはなんとか止まったのですが、右手カンテがヌルヌルです。温かい。
・左手モニョモニョ取ったところで、動けませんでした。

 二日目の1便目は、もしかしたらチャンスがあったのかもしれません。自分の汗でヌルヌルになっているホールド、大丈夫保持できてるよって脳がだましてくれないものでしょうかねぇ。手を出してみても止まるかどうかはわかないのですが、トライ前に何が何でも手を出して落ちること、自ら絶対に落ちないことと、固く誓いながらスタートしています。しかし、いよいよのところ、保持できていないホールドの感触、よれてきている体、落ちたら体斜めに大フォールと、そんな状況でどうしても自分に負けてしまいます。観の目の境地になれません。手が出ません。降りてくると自ら諦めた挫折感が猛烈に自分を苦しめます。少しフリクションがよいとか。体のヨレが少ないとか、もう少しの余裕がないと難しいのでしょうか。それとも、これも意志の力でなんとかなると言うのでしょうか。意志力弱いです。苦しいトライが続きますが、次回も自分なりに頑張ります。

〇 灼熱の弓状
・この時間帯に、みんな、よくやるわ~。
b0037220_14202269.jpg
〇 難そうなホールドでペトを探る雌豹さま
・悩み楽しんでください。
b0037220_14211476.jpg
〇 エリーヌ?
・指が痛くても絶好調の狼おじさん。次は広場エリアを制覇か?
b0037220_14241062.jpg
きん




by Climber-Kin | 2018-04-23 14:07 | 二子山'17-'18 | Comments(2)
2018年 04月 14日

2018年4月14日、大きな1手前進の二子山

 当初は今週末も土日で登るつもりだったのですが、土曜日夜から日曜日のお昼にかけて何やら怪しい天気予報が出ていたので、土曜日の日帰りに変更しました。土曜日の帰りに天気予報をチェックしたら、日曜日の小鹿野方面は意外と降らないのかもしれません。日帰りへ変更したことを少し後悔しました。
 さて、水曜日の平日二子の帰りに、小鹿野で結構な雨に降られたので、染み出しは大丈夫かなぁと心配しながら弓状へやってきたのですが、染み出していませんでした。よかった~。朝は少し寒くて、岩が少し冷たかったです。お昼ごろは19度ぐらいまで気温が上がり、湿度も上がってヌメリ気味でした。夕方はさらに湿度が急に上がったのですが気温は急激に下がって11度ぐらいになっていました。

(1) バイパス(10a)、再登
(2) 高く登れ(10b)、再登
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×
・いい感じで核心に入って、右手ドーンは止まったのですが、その次の右手飛ばしで右足がはずれてしましました。右手ぶら下がり状態から何とかリカバリして左手モニョモニョホールドとって、ステップして右足トゥーフックから右手さらに飛ばしたところで頭の中が真っ白になってしまいました。
(5) 振り返るな(13a)、×
・少し暑いと思いながらも、今度も右手ドーンは止まって、右手飛ばしから左手モニョモニョホールド取りは、右手カンテがヌメヌメながら、なんとか成功。
・さらに右足トゥーから右手飛ばして、左足寄せて、右足ヒールで右奥ピンチ掴みホールドへ。触ってフォール。前回までの最高到達地点には触れました。
(6) 振り返るな(13a)、×、左手コルネほっぺをはたいて落ちる、最高到達地点更新
・日帰りなので、ダメ元の3便目。温度は11度ぐらいまで下がって、湿度が急に高くなっていました。ルート前半登って、これはダメかなと思ったのですが、4p目レストで背骨をまっすぐにしてレストしていたら、何故か気持ちが開き直りました。とにかく、全力を尽くそう。自ら落ちないで、手を出して落ちよう!
・左指穴アンダーは少し時間をかけてねじ込んで右手ドーンが止まりました。落ち着いて、右手カンテへ飛ばしは一発で真ん中を取りました。左手モニョモニョホールドも少し時間をかけて持ち直しました。右足トゥーでさらに右手飛ばし。右手がヌルヌルした感触でしたが、勇気を出して、左足寄せて、右足ヒールして左足で立って!右手出したら、なんと、右奥ピンチ掴みホールドをつかめてしまったのです。150.png
・思いの他、こんなところまで来れてしまって少し焦りました。目の前にコルネほっぺが見えました。慌てて左手を出してしまいました。しまった! 重心を右へスライドしてから出すんだった!134.png リハーサルでは、それでも取れる時もあるのですが、よれている左手はコルネほっぺをはたいただけで、ビューンと3p目あたりまで落ちていきました。あ~。

 染み出しが乾いてから3日目のトライでしたが、この場におよんで再度、最高到達高度を更新することができました。この1手は自分にとっては、とても大きな前進です。RPトライフェーズになってから日に3便トライを出すことはなかったのですが、先日水曜日の平日二子から日に3トライ出してみました。今日は、その3便目に最高高度を更新とは自分でも驚きです。やはり、私は「脳に騙されていた」のかもしれません。そして、その落ちたムーブ、腰を右足ヒールの上へスライドさせて重心を完全に右足側に載せてからの左手出しは、リハーサルで何度も練習しています。しかし、ここまで繋げて初めて到達して、そんな微妙な重心シフト動作は、いきなりできませんでした。そんなムーブのコツは頭の中から全く吹っ飛んでいました。これも下から繋いで来るとできない。繋いで来て初めてわかる意識しないとできない動き、ムーブのポイントなのでしょう。仕方ないです。8p目クリップのコルネ頭取りまで、あと2.5手、前回より1手前進できました。
 今シーズン、再びコルネ取りまで来ることができるのでしょうか。不安だ~。今、外は凄い風が吹いてます。雨降らないで~! 今シーズンの二子はすでに、とっても長いのですが、もう少し頑張ります。

〇 左手ドーンから右手ワンツー
・ここから左指穴アンダークロスムーブへ入ります。
b0037220_23245119.jpg
〇 右手カンテから左手モニョモニョホールド取り
・気温が高いと、この右手がヌルヌルになります。
b0037220_23245720.jpg


by Climber-Kin | 2018-04-14 23:25 | 二子山'17-'18 | Comments(2)
2018年 04月 11日

2018年4月11日、後退の平日ヌルヌル二子

 水曜日の夕方からと週末は雨予報でした。もしかしたら、もうチャンスがない?とう強迫観念にせまられ、ぜ兄ぃの悪魔のささやき「俺水曜日休みだよ」に負けて、今週も水曜日に二子へ行ってしまいました。「予期せぬ急用」という理由で会社を休んだのでした。雨が降って、また染み出すかも?その通りで私にとっては「予期せぬ急用」でした。114.png そして、少し気温が高目ながらも曇りの予報は、もしかしたら最高のコンディションになるかもと期待してやってきたのでした。しかし...

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) ワーカーホーリック(10b)、再登
(3) 振り返るな(13a)、×
・6p目クリップして左手ドーンからの右手ワンツーのツーのサイド持ちから左指穴アンダーのクロスムーブで、何故か右手がヌルヌル気味で体がホールドの正面に入りません。左指穴アンダーは半分ぐらいしか刺さりませんでした。右手ドーン出しましたが、落ちました。あちょー。
(4) 振り返るな(13a)、×
・今度は右手ドーンは止まって、右手カンテへ飛ばし、そして左手モニョモニョホールド取りは右手がヌメヌメで抜けてしまいました。
(5) 振り返るな(13a)、×
・雨がポツポツ降り出したのですが、凄い湿気でした。やはり、左指穴アンダーのクロスムーブで右手がヌルヌルで引き付けられませんでした。
・その後核心上部をリハーサルしてみましたが、もうヌルヌルでホールド持てませんでした。

 今日は何をしてもダメの日だったのでしょうか。温度低めの湿度高めを望んでいたのですが、温度高めの湿度高めは、もう夏のような感じでした。指がぬる~とホールドからずれてくる感じでした。今回もコンディションに翻弄されました。帰るころは小鹿野で結構な雨が降っていました。週末は日曜日が大荒れのようですね。4月いっぱいは二子の様子を見るつもりでいます。

〇 今日の弓状
・好色1名。おいしいよ1名。任侠道3名。唐獅子1名。振り返るな1名の合計7人でした。
・おいしいよをトライするTGさんは初対面でした。平日カードで任侠探るっているのは誰だ?(笑)
b0037220_21465842.jpg
〇 振り返るなの核心セクションへはいっていく私
・染み出しはなかったのですけどねぇ。気温と湿度が高過ぎました。
・写真by kwnさん。ありがとうございます。
b0037220_21471191.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-04-11 21:53 | 二子山'17-'18 | Comments(2)
2018年 04月 08日

2018年4月7-8日、0.5手前進の二子山

 水曜日に平日カードを切ったのですが、染み出しカードの上に灼熱カードまで付いてきてしまいました。しかし、水曜日は夕方に強風が吹いて、壁の表面が突然乾いたのでした。期待してトライ便出しました。しかし、右手がヌルヌルで全然だめでした。まだ穴の中の染み出しが乾いていなかったのか?自分の汗のヌメリなのか?わかりませんでした。中2日で、再び土曜日に弓状へやってきました。予想通り、染み出しは止まっていませんでした。土曜日は15時ぐらいまで待って、慣らしのつもりで一便だけ出してみたのでした。

◇7日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) ワーカーの右(5.9)、TR
(3) 振り返るな(13a)、×、最高到達地点に復帰
◇8日(日)
(4) バイパス(10a)、再登
(5-6) 高く登れ(10b)、再登+TR
(7) ワーカホーリック(10b)、再登
(8) 振り返るな(13a)、×、最高到達地点更新
(9) 振り返るな(13a)、×、トゥフックで右手カンテ飛ばしまで

 土曜日は5-6p間で染み出していましたが、ヤケクソで1便出しました。5p目から一手進むごとに手をパンツで拭きながら進んでいきました。左指穴アンダーになかなか指が入らない。しかし、もがきながら時間をかけて指を穴につっこんで、右手ドーンが止まりました。一手づつ声を出しながら、なんと1ヶ月ぐらい前に到達できた最高到達地点の右手カンテ飛ばしまで、意外にも到達できてしまったのでした。しかし、久々に最高到達地点に来たところで、頭の中が真っ白でした。次になにやるかわからなくなっていました。あれっ?このぐらいの染み出しなら。いけるのか?というか、このぐらいの染み出しならトライ継続するしかないのかなぁという気持ちになったのでした。
 土曜日の夜は風が吹いていました。そして、日曜日は寒の戻りで寒くて乾燥していました。なんと染み出しが乾いていたのでした。はやる気持ちを抑えて、ゆっくりした動作で登りました。最高到達地点まで到達できて、さらに右足ヒールをかけて右手を出すことができました。しかし、左足が伸びて立っていませんでした。腰が落ちていました。次の右手ホールドは一瞬止まりましたが、引き落とされるように落ちていきました。ここで落ちたら恐いだろうなと予想はしていましたが、その通りで体が斜めのまま落ちていきました。しかし大丈夫でした。疲れてきていた次の便でも右手カンテまで到達できました。しかし、もう動けない?今度は自ら落ちてしまいました。自分に負けました。「観の目」の境地になれませんでした。いや、またしても、脳に騙されました!
 最高到達地点を1足と0.5手更新できました。しかし、そこで精いっぱいなのです。このルートを登れる力が今の自分にあるとは確信できていません。しかし、このルートをここまで詰められたチャンス、自らはあきらめないで、もう少し頑張ってみます。そうそう、太刀岡山のカリスマの最後の核心の右足ヒールで右手カンテ取りのヨレ具合もこんな感じだったよなぁと思い出したのでした。しかも、ムーブも同じじゃん! あの頃よりは弱くなってるけど、あの時のように再び頑張ろう!

〇 日曜日の振り返るな
・久々に染み出しが乾きました。そのチャンスを生かして、MCDさんが余裕のRPをしていました。おめでとうございます。
b0037220_23345362.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-04-08 23:34 | 二子山'17-'18 | Comments(6)
2018年 04月 05日

2018年4月4日、平日二子に成果なし

 3月初旬からの雪、先々週の大雨で、先週(3/24-25)は染み出しが酷くてトライすらできませんでした。そして一週間が経過しました。平日の間はずっと晴れていたので、4/7-8は乾いていてほしかった。しかし、染み出しは止まっていませんでした。そして、今週末は金曜日から土曜日にかけて前線通過の予報がでています。さらに、来週は雨予報が続いています。チャンスは週末の雨が降る前に染み出しが乾いてくれていれば、それが4月の最後のチャンスになるのかもしれません。平日カードを切りました。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) 班長やめてください?(9)、Tr
・ルート名これでしたっけ、S司くんが登ったので、そのままTrで登らせてもらった。
(3) 振り返るな(13a)、×
・6p目クリップから、右手ワンツーで、左指穴アンダークロスムーブは、右手が濡れていて、右手サイドがしっかり持てていませんでした。体がホールドの正面へ回らず、左指が穴に入らず。
(4) 振り返るな(13a)、×、右手ドーン止まらず
・6p目クリップから、右手ワンツーで、やっぱり、右手がヌルヌルでした。左指がしっかり入りませんでした。
・登っているうちに汗が噴き出てきます。
・右手ドーンは一瞬止まりましたが、腰が下がっていて、そこから動けませんでした。
・染み出しで濡れたのか?暑さで自分がヌメッていたのかすらわかりませんでした。

 先週から、まだ晴れが続いていたのですが、染み出しは未だ止まっていませんでした。運の悪いことに、さらに初夏並みの暑さでした。朝の10時には20度を超えて、13-14時ごろには24度になっていました。染み出しは乾く雰囲気がありませんでした。13時に1便出しました。暑さもあって、とにかく待機でした。すると、15時ぐらいから強風が吹きだしたのです。染み出しの表面は一瞬で乾きました。まだ暑かったのですが、16時に2便目を出しました。しかし、岩の表面は強風で乾いていたのですが、穴の中はまだ染み出したままでした。オーバイガー!またしても、右手濡れたまま核心セクションへ入りました。もがきながら、何とか右手ドーンは出して止まったのですが、左指は穴アンダーにしっかりはいっていませんでした。腰が下がり切っていて、これ以上動けませんでした。あ~。
 一手づつ近づいてきたところで、振りだしに戻された気持ちです。何が原因だろうが、一度後退すると、そこから、一手づつしか進んでいかないんですよねぇ。嘆いていても仕方がないです。なんとか気持ちだけは切らずに(実はもう切れているのかも)、もう少し頑張ります。
 金曜日から土曜日の朝にかけて降る雨の量が心配ですね。

〇 振り返るなをトライする私
・KWNさん、MSKさん、HR野さん、S司くんと合計5人の弓状でした。
・写真by KWNさん。
b0037220_16285709.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-04-05 16:22 | 二子山'17-'18 | Comments(0)
2018年 04月 01日

2018年3月31日-4月1日、染出に翻弄される二子山

 先週の流れ込み染み出しによる一回休みから一週間の間、雨は降らなかった。そろそろ乾くんじゃないかなぁと期待してやってきたのでした。しかし、染み出しは止まっていませんでした。されど、右手ドーンから上にあるホールドは乾いているので可能性はゼロではない状態です。そうは言っても、乾いていても、なかなか登れないというのに、濡れている状態で果たして完登ができるものなのだろうか。濡れている「おいしいよ」の時は6月までトライ継続したけれど、ダメだったなぁと思い出しました。濡れているのに自分のボーダーラインルートをRPできた実績はないのですが、手を拭きながら行けば、まーまー進めてしまう状態でした。結局、日曜日も他の岩場へ浮気はしないで、土日とも、二子へやって来たのでした。

◇3/31
(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 振り返るな(13a)、×
・手を拭き拭き核心に入るが、右手ドーンは止まらず。
(4) 振り返るな(13a)、×
・夕方16時過ぎに出したが、染み出しがまた多くなったような。
◇4/1
(5) 高く登れ(10b)、再登
(6) バイパス(10a)、再登
(7) 振り返るな(13a)、×
・右手ドーンは止まったが次の右手飛ばしでホールド滑ってフォール。
(8) 振り返るな(13a)、×
・左指穴アンダークロスで右手サイドの手が濡れていてサイド引きになってしまった。左指穴に入らず。
・16時過ぎに出したが、染み出しがまた多くなったような気がする。15時ぐらい? 一番染み出しが乾いているのかもしれない。
・穴ホールドの中は結露しているような湿り気を感じました。これは染み出し寸前状態?

 手を拭きながら核心へ入っていくので、一番被りが強いあたりの滞在時間がいつもより大幅に増えます。穴ホールドは濡れていなくても、湿っぽいです。しかし、頑張りました。二日目の1便目は右手ドーンを止められました。だけど、次の右手飛ばしで、濡れた手がカンテを滑って落ちました。いずれにしろ、ここで殆ど力尽きていました。状態がよくても、登れるか否かはわかりませんが、もう一回だけでも、よい状態でトライして二子シーズンを終えたいです。お日様の高度が上がり、6p目までは終日陽が当たらなくなって来ました。しかし、肝心のモニョモニョホールドは終日お日様が当たっていて、どうも15時ぐらいをピークにホカホカになりつつあります。私しか使わない右手ホールドもなんだかヌメってしっかり持てません。二日目の2便目では上部をリハーサルしたのですが、左手モニョモニョホールドが持てず、ここだけリハーサルなのに苦戦しました。ピンチ持ちしてるからか? もしかすると、このルートは暑くなるとRPが難しくなるのではないだろうか?とりあえず、今回は疲れていて指皮がなかったからということにしておきましょう。

〇 土曜日に濡れた「振り返るな」を触るMCDさん
b0037220_23140728.jpg
〇 「私生活(12c?)」いい感じになってきたゴン助先生
・あと2手?
b0037220_23144328.jpg
〇 秩父ゲストハウス錦
・おがのゲストハウスがイベントでクライマーは泊まれなかったので、ゲストハウス錦に泊めてもらいました。
・いい味したゲストハウスでした。
・三峰神社のお札の日の前日で、めちゃ込みしていました。朝起きると、三峰神社まで、まだ20kmもあるのに、既に動かない渋滞が出来てました。ここから三峰神社まで歩いて片道7時間ぐらい? ゲストハウスで会った人たちは無事に「氣の守」をもらえたのでしょうか?知る方法はありません。
b0037220_23153359.jpg
きん




by Climber-Kin | 2018-04-01 23:10 | 二子山'17-'18 | Comments(5)
2018年 03月 25日

2018年3月24日、水没した二子山

 春分の日前後に激しい雨が降ったのですが、山の方は積雪があったようです。しかし、気温はもう春なので、林道の雪はすぐに溶けてしまいました。しかし、山の斜面に積もった雪はジワジワと融けているようで、二子は流れ込みと染み出しが止まっていませんでした。殆どのルートがびしょ濡れでした。唐獅子と広場だけがまともなトライができるような状況になってしまいました。

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 大バカ犬(11d)、×、再登狙い
・昼過ぎまで乾かないかなぁと待ったのですが、全く乾く気配はありませんでした。パートナーさまとマチコちゃんが触っていたこのルートを再登狙いで触ってみるものの難しい!

 来週末まで天気は良いようです。来週末までに乾いてくれるとよいのですが。

〇 お話にならない濡れぐらいの「振り返るな」
・これでは、忘れないように一便出すとかいう気にもならないですね。
b0037220_22200945.jpg
〇 中里の岩場のアプローチ
・日曜日のために中里の岩場を見に行ってきたのですが、根っこが土の中に残っていてどかせません。ダメだこりゃ。
・来週も二子が濡れていてい、ここ来るなら電動ノコ持参か。
b0037220_22204495.jpg
〇 ありゃりゃ
・299号で軽が挟まっていました。
・春分の日の雪の際に滑っちゃったんでしょう。これ恐かっただろうなぁ。お気の毒です。
b0037220_22233626.jpg
〇 自棄酒
・こんな状況だと、おがゲスでは酒へのブレーキが利きません。
・AVクライマーともちん、(ブラック)マチコちゃん、パートナーさまの4人で寄せ鍋を食べまくりました。
b0037220_22265806.jpg
b0037220_22453019.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-03-25 22:19 | 二子山'17-'18 | Comments(2)
2018年 03月 18日

2018年3月17-18日、染み出しにめげるな!二子山

 先々週の大雨で先週末は染み出してしまった「振り返るな」でした。今週は晴れの日が続いたので乾くと期待してきたのですが、染み出しは完全には乾いてくれませんでした。途中で手が濡れてしまう箇所がいくつかありながらも、トライは可能な状況でした。二日間とも頑張りました。

◇17日(土)
(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×
・左指穴アンダークロスから右手ドーンで右手触ったが、体が下がっていたか?
(5) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョからトゥフックで右手カンテ取ったが動けず。勢い余って、右手が奥へ行き過ぎた。
・何したらよいのか頭がパニック。この状況でいつもと違うことはできません。
◇18日(日)
(6) 高く登れ(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 振り返るな(13a)、×
・左指穴アンダークロスから右手ドーンで左指穴アンダーがスッポぬけた。今週最後のチャンスがオーマイガー!
(10) 振り返るな(13a)、×
・ヨレヨレだけど、頑張って頑張って、左手モニョモニョとって、フットホールド踏み替えて右足トゥは上げられず。

 期待通りに乾くまでいかず、染み出しで一部ホールドが濡れている状態でしたが、トライは可能でした。しかし、濡れた手を拭ったり、やることが増えるのには閉口します。湿っぽいホールドには力が入ります。6p目クリップの穴ホールドが湿っぽくて嫌でした。それでも、やっていると馴れてくるもので、苦しいながらも、ほぼ最高到達地点に戻すことはできたのでした。しかし、右手ドーンが止まったトライで最後は、ヨレヨレの自分に耐えられなくなり、自ら落ちている自分に気づきました。なんだかとても悔しいです。このヨレヨレの中で頑張るしかないんです。
 私のムーブでは、同じフットホールドで足の踏み替えを行うので、左手モニョモニョは手前引きの力がいるのです。それで、ピンチ持ちに保持しなくてはなりません。そのピンチ持ちが、肘が上がって、なんだか苦しく感じさせているのです。しかし、それは足の踏み替えムーブのためだけに必要なのです。もうダメだからやめなさい!って脳が命令するのです。まだ余力があるのに危険を感じると脳は嘘をつくのです。


 右足へ踏み替えて左足を置いて体を右へシフトしてやれば左手ピンチ持ちはサイド引きとなり、楽になるはずです。そして、さらに左足を寄せて立って右足ヒールをはめれば、腰が入って、すっと楽になる。限界で手を出して、この距離をフォールするのは勇気がいります。しかし、自らあきらめないで、「観の目」境地でムーブを続けよう!これまで、そうやって、難しいルートをいくつも登ってきました。脳に騙されるな!頑張ろう!

〇 染み出し気味の「振り返るな」左指穴アンダークロスクロスムーブの私
・湿っぽ~い!
・写真byKT川さん。ありがとうございます。松本組のみなさん、おがのゲストハウスでは仲間にいれて頂き、ありがとうございました。寂しい夜でなく楽しい夜になりました。
b0037220_22542963.jpg
〇 よーこそTウォールをトライするマチコちゃん
久々の弓状登場。
・朝からマチコちゃんのモノマネで盛り上がっていました。
b0037220_22561249.jpg
きん




by Climber-Kin | 2018-03-18 22:54 | 二子山'17-'18 | Comments(2)