ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:二子山'18-'19( 35 )


2019年 06月 03日

2019年6月1日、シーズン終了の二子山

 先週は猛暑でしたが、今週末は少し涼しくなる予報でした。火曜日は雨でしたが、木曜日は結構乾いてたとのことでした。金曜日の夜も少し雨が降ったようです。天気予報と相談しながら、今週末が最後のチャンスかなぁと思いながら、二子へ向かったのでした。

(1-2) ワーカーホーリック(10b)×2、アップ
(3) 振り返るな(13a)、×
・5p目のガバコルネが濡れていました。6p目クリップの右手穴ホールドが濡れていたようです。左手ドーンから厳しかったです。
・右手ワンツーから左指穴アンダークロスムーブは右手サイドが指先が濡れているせいで、ムニューと抜けてきます。引き付けられませんでした。
・ゴボウで上がり、核心セクションのホールドを確認しました。穴ホールドが全て湿っぽい上に、きーほるどの右足フットホールドが染み出していました。134.png
・まだ来週、チャンスがあるかも? とりあえず、ヌンチャクは回収しないで、降りてから考えることにしました。
(4) 振り返るな(13a)、ヌンチャク回収便
・今朝の天気予報で来週末の天気予報が悪天しました。梅雨前線が関東近くまで、北上してくるようです。
・ヌンチャク回収を決意しました。

 今年は冬に大雪が降らなかったために、シーズンが長かったです。徐々に高度を上げられて、今年は登れるかも、そんな予感もありました。そして、春先に、ついに8p目クリップまで到達できたのです。しかし、普通は落ちないところで、まさかの「やっちまった!」でした。ここまで来れたのだから、そのうち、すぐに登れるだろうと思っていたのですが、そうは甘くはなかったのでした。ぎりぎりで登れるか否か、そんなルートでは、コンディション、自分の体調、そして失敗しないで、とっても多い手数のムーブをこなす集中力、その3つの条件が一度にそろわないと登れないのです。そのころから急に暖かくなり、平均的な到達高度が徐々に下がって行ってしまいました。GW以降もトライし続けたのですが、フリクションが悪くなってくると、自分には、終了点まで抜け切るだけの持久力が足りません。何度かチャンスはあったのですが、もう、メンタルで負けていました。既に心が折れていました。ヌンチャク回収して、正直ほっとしています。「お前の戦いは終わった!」 しばらくの間、このルートから離れることができます。しかし、4ヶ月後ぐらいには、シーズンスタートです。来シーズンこそは、余裕で登れるように自分を変えて、次のシーズンを迎えたいです。

〇 ヌンチャク回収
・見た目は乾いているようにも見えるのですが、核心セクション周辺は、黒い斑点状の染みがあります。穴ホールドの中は、どれもシットリです。岩の裏側は、もうびっちょりなのではないでしょうか。
・心が折れて、闘争心がなくなったトライだと、ランナウトとフォール距離が激しい、このルートは恐怖心に襲われます。怖くなって、登りにますます力が入って、登れる気が全くしなくなってきてしまいました。
・最後のドラゴンレースも、もう、ヨレヨレでシューズが負けて、やたら滑ります。来シーズンは、新ドラゴンレースで挑戦予定です。
・岩場では、トライのたびに、沢山の声援をもらいました。ありがとうございました。めげずに来シーズンも頑張ります。
b0037220_13390013.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-06-03 13:34 | 二子山'18-'19 | Comments(6)
2019年 05月 28日

2019年5月25-26日、真夏日の二子山

 この週末は真夏並みの暑さの天気予報でした。下界は真夏日でした。弓状も27度、28度と気温が上がりました。一方、「振り返るな」ですが、見た目は、染み出しがなくなってはいたのですが、染み出してまでではないのですが、なにやら、ホールドの周りにある黒い斑点状のシミが気になりました。

◇ 25日(土)
(1-2) ワーカーホーリック(10b)×2、アップ
(3) 振り返るな(13a)、×
・穴ホールドの中が濡れていました。
・左指穴アンダークロスは、右手サイドが湿っぽくて引付けきれずに刺してから、体勢を整えようと引いたところで、スッポ抜けました。穴の中が濡れていました。

 昼前に、2便目を出すか迷ったのですが、穴ホールドが濡れていることもあり、少しは乾くだろうと、夕方まで待つことにしました。しかし、夕方になっても、全然気温が下がりませんでした。明日午前中便にかけることにしました。

◇ 26日(日)
(4-5) ワーカーホーリック(10b)×2、アップ
(6) 高く登れ(10b)、アップ
(7) 振り返るな(13a)、×
・穴ホールドが濡れていました。同じでした。
・右手ワンツーのサイド引きは、親指も使って、わしづかみでもって、左指穴アンダー刺しを最初から深くしようと試みたのですが、手首が固定されて可動域がせまくなって、いまひとつでした。
・しかも、ぬれていて、右手ドーンは失敗して、落ちました。
(8) 振り返るな(13a)、×
・11時に2便目を出しました。
・今度は、いつもの通り、指先をひっかけ持ちして、左指穴アンダークロスへ。しかし、右手サイドを持つ右手が濡れていて、引付けきれずに、フォールでした。
・調べてみると、6p目クリップの右手穴ホールドと右手ワンツーのワンで手が濡れたままで、右手サイドを持っているようです。

 日曜日は、夕方便は期待できないのとパートナーさまが調子が悪いので、お昼に引き上げました。穴ホールドが濡れている上に、この気温では勝算がありません。来週は今週よりは、少しは涼しくなるらしいです。しかし、週半ばに再び雨が...

〇 新緑に癒される二子山
・真夏の温度では、ホールドヌルヌルで、負荷が1、2割増えます。
・指皮が柔らかくなっていて、やたら、もっていかれて、指皮痛いです。
・誰もトライしないので、ムーブ探りには最高のようです。
b0037220_13193832.jpg
〇 「お前の戦いは終わった!」
 最近、ネットフリックスで「THE100/ハンドレッド」をみてます。核戦争が勃発した100年後の世界。地上には、戦う民「グラウンダー」が登場するのですが、戦って死ぬと、その仲間が「Your fight is over! (お前の戦いは終わった!)」と死んだ戦士に向かって言うのです。
 今シーズンは終わりですかねぇ。「お前の戦いは終わった!」 このシチュエーションだと、「北斗の拳」の「お前はすでに死んでいる!」も使えるかも(笑)。



きん



by Climber-Kin | 2019-05-28 13:32 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 05月 21日

2019年5月18-19日、心が折れそうな二子山

 2日前の水曜日は、せっかくの平日カードを切ったのに、染み出していて満足なトライすらできませんでした。それから、2日経過しました。さすがに、もう乾いただろうと期待したのですが、湿度が高いのでしょうか?風がなかったのでしょう。土曜日は、水曜日と同じような状態でした。お日様は高くなり、ルートの殆どの部分には陽があたりません。陽があたらず、風がなく、湿度60%では、なかなか乾かないのは当たり前なのかもしれません。

◇ 18日(土)
(1-2) ワーカーホーリック(10b)×2
(3) 振り返るな(13a)、整備便
・5-6p間で、ホールドが3個連続で濡れていて、つっこむのはやめた。整備便にした。
(4) 振り返るな(13a)、×
・穴ホールドがかなり湿っぽいが、突っ込む気満々でスタート。
・しかし、左指穴アンダークロスが濡れていて、左手がスッポ抜けて、あっけなく終了。

◇ 19日(日)
(5-6) ワーカーホリック(10b)×2
(7) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョは、しっかり保持できず、体下がってしまって、右足トゥが抜けない。動揺して、トゥを抜いて落ちた。
(8) 振り返るな(13a)、×
・コルネ右奥ピンチをなんとか止めたが、体が下がっていたのか、持ち損ねていた。持ち直せずに、そのまま左手出したが、コルネホッペをはたいて落ちた。
(9) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョがヌルヌルだった。コルネ右奥ピンチは止まらなかった。

 土曜日の夕方は多少濡れていても、突っ込むぞと気合が入った登りだったのですが、濡れていた左指穴アンダークロスで、すっぽ抜けて、あっけなく終了でした。日曜日は土曜日よりは少し乾いたのですが、穴ホールドの中が湿ってました。気温も高くフリクションも、よくありません。週の初めに大雨が降る予報が出ていました。コンディションはよくないけれど、今日が最後のチャンスになるかもしれない。頑張りました。しかし、コルネホッペすら、つかめませんでした。何度も切れた気持ちをつなぎ直してトライを継続しています。それも、梅雨まであと2週間か3週間です。壁が真っ黒になるまで、行くしかありません。
 
〇 なかなか乾かない「振り返るな」
・陽は終日あたらない。風は吹かない。湿度高い。乾くわけないって?
b0037220_10401235.jpg
〇 二日目の昼の便かな?
・新緑がきれいです。二子じゃないような雰囲気です。
・写真 by Yきしまさん。ありがとうございます。
b0037220_10384744.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-05-21 10:35 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 05月 16日

2019年5月15日、二子山偵察

 火曜日は雨の予報が出ていました。調べてみると、小鹿野の降雨量は1.5mmでした。染み出していないのではないだろうかと期待して、また平日カードを切って、水曜日組に混ぜてもらい、二子へ向かったのでした。しかし、林道に入ると、雨の跡が目立つようになりました。そして、弓状につくと、がっかりでした。染み出していました。夕方まで、待ったのですが乾きませんでした。行けそうなら、そのままトライしてみるぐらいで、一便だけ偵察便を出しました。3p目で足が滑って弱気になり、5-6p間の核心の入りで3ヶ所続けて濡れていました。力を入れ過ぎて指を痛めそうなので断念して、整備便にしました。梅雨前線が天気図に出てくるようになりました。来週は火水木で雨予報が出ています。とりあえず、土曜日まで、ニワカ雨が降らないとよいのですが…

(1-2) ワーカーホーリック(10b)×2
(3) 振り返るな(13a)、偵察便

〇 三度染み出した「振り返るな」
・風がないと、なかなか乾かないですねぇ。
b0037220_10223095.jpg
〇 大丈夫な任唐
・コルネの中の状態はわかりません。
b0037220_10240886.jpg
〇 少し染み出した「おいしいよ」
・核心セクションは濡れていません。少し余裕があれば、大丈夫でしょう。
b0037220_10254522.jpg

きん


by Climber-Kin | 2019-05-16 10:19 | 二子山'18-'19 | Comments(2)
2019年 05月 13日

2019年5月11-12日、ショックの二子山

 先週のGW最終日5/6(月)は、流れ込みと染み出しでトライできませんでした。それから5日間は雨は降らなかったと思います。染み出し始めてから2週間近く経過する。きっと乾いているに違いないと期待しながら、二子へ向かったのでした。その一方で、「振り返るな」とトライはGWを挟んで中2週間になります。さらに、夏日になる天気予報が出ていました。その状態で登れるのだろうか? 完登する以前に、勝負になるトライになるのだろうか、不安がいっぱいでした。
 そして、土曜日の朝に弓状に到着すると、なんと、まだ染み出していたのでした。なんてこったい!

◇ 5/11(土)
(1-3) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・濡れていたが、とりあえず、やってみた。
・5-6p間の背骨コルネ、6p目クリップの穴ホールド、6p目からの左手ドーンの次の右手ワンツー、そして、左穴アンダークロスの穴が濡れていた。
・それでも頑張って、右手ドーンから右手ガバカチへ飛ばしまでいけて、左手モニョモニョ取りで右手耐えられなくて落ちた。
(5) ワーカーホーリック(10b)、再アップ
(6) 振り返るな(13a)、×
・午後は、25度を越してしまい、弓状にいるだけで疲れてしまいました。
・乾くかどうかわからないのですが、それでも、夕方まで待ちました。おー!乾いたぞー!
・18:00まで待って1便だしました。まだ、温度計は23度ぐらいをさしていました。
・当たり前ですが、表面は乾いていたのですが、穴の中は濡れていました。それでも、何とか左手モニョモニョ取りまでこれたのですが、しかし、体勢が下がっていて、持ち直せずに右手カンテモニョをはたいて落ちました。

◇ 5/12(日)
 朝は再び染み出しているかもしれないのですが、日曜日は1時間早出して、涼しい時間にトライしてみようと思ったのでした。午前中に2便だして、午後早めに帰るかなと思っていたのですが、1便だした後、眠くてすっかり寝過ごしてしまって、暑くて目が覚めたのは午後1時で、2便目を午前中に出すタイミングを逸してしまい、夕方まで待つことになってしまったのでした。

(6-7) ワーカーホーリック(10b)×2、アップ
(8) 振り返るな(13a)、×
・まだ、6p目クリップの穴ホールドと右手ワンツーの核心の入りのホールドが濡れてますが、頑張りました。左手コルネホッペを掴んで、コルネこめかみへの飛ばしで落ちました。あ~。
(9) 振り返るな(13a)、×
・2日目の2便目、もうヨレている。また雨の予報が出ていて、今シーズンまともにできる最後のトライになるかもしれない。もう濡れているんだけど...
・4p目体幹トレーニングレストは、結構疲れていないくて早めに息が整えて出発できて、5p目腰押しつけレストは、相変わらずきつめの体幹トレーニングだが、前腕は休められた。
・こんなに温度が高いのに、進むにつれて指の感覚がなくなっていきます。
・自分の持久力が限界に近づき、頭の中が朦朧としながらも、左手コルネこめかみへの飛ばしは体で押さえつけるように必死で出しました。コルネこめかみをとらえた指がブニューと抜けていました。しかし、なんとか抑えて、右足ヒールフックをして、8p目クリップのコルネ頭取りへ! しかし、体は壁から離れ、腰が下がっていました。コルネ頭が遥か遠くに見えて届くところにありませんでした。修正できる余裕はありませんでした。フォールしました。

 日曜日の二便目の夕方のトライは、惜しかったです。コルネこめかみさえ止めれば、登れるつもりでいました。こんな状況なのに、そのコルネこめかみが止まったのです。しかし、コンディションが悪いせいなのか、二日目の2便目のせいなのか、指は感覚は薄くヌメヌメなのだけはわかります。もう、力尽きていました。体勢を修正できませんでした。左手コルネこめかみ取れたら、失敗しないはずだったコルネ頭取りの右手は出ませんでした。ショックでした。もしかしたら、今シーズン最後のチャンスだったのかもしれません。明日明後日あたりから、雨ばかりの予報です。ショックでした。
 しかし、まだチャンスが完全に消えたわけではありません。今シーズンは、ここまで詰められたのですから、染み出しと結露で真っ黒になるまでトライするしかないです。何度も心が折れそうになっていますが、もう少し、頑張ります。

〇 今週末の弓状
・染み出しが少ないので、まだまだ多勢来ています。
・パートナーさまの穴ムジは、いきなり繋がって、そのままRPかと思われたのですが、第4核心で落とされていました。実に惜しいトライでした。
・振り返るなの核心セクションにへばりついている私。写真by @YKしまさん。ありがとうございます。
b0037220_13200214.jpg
きん



by Climber-Kin | 2019-05-13 13:12 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 05月 10日

2019年5月6日、再び流れ込んだ二子山

 GWは二子からスタートしましたが、東北ツアーを終えたあと、GW最終日に、また二子へやって来ました。GW中に大雨が何度か降ったので、岩の状態は流れ込みでNGかもしれません。体の状態もGWの登り疲れがたまっていて、奇跡がおきるような状態ではなかったのです。しかし、自分の目で状況を確かめたかったので、二子へ行くことにしました。
 そして、その流れ込みは先週より酷い状況でした。4/27(土)は濡れていてダメでしたが、4/28(日)には乾いて、トライできたのです。しかし、4/30(火)の大雨で再び流れ込んだようでした。GW中に二子へ来ていたクライマーに確認すると、どうも、それから乾いていないようです。「振り返るな(13a)」は、上部核心セクションから、3p目あたりまで、ラインに沿ってビチョ濡れていました。帰るころには、再びニワカ雨が降りだしました。明日から来週末までは天気は安定して、雨は降らなさそうです。来週末またトライできるとよいのですが…

(1) ワーカーホリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 高く登れ(10b)、再登
(4) 悪魔のエチュード(10a)、Tr、再登

〇 先週より酷い流れ込みの「振り返るな(13a)」
・4月以降は雨が多くなります。
・2段岩壁の内部はツツ状になっているようで、そこが雨水の通路になっていて、雨が降った直後に染み出したようになります。
・本格的な染み出しではないので、再び乾くことに期待したいです。
b0037220_09160367.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-05-10 09:16 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 05月 05日

2019年4月27-28日、流れ込んだ二子山

 GWへ突入でした。迷いに迷いながらも、やはりチャンスがあるならトライしたい、前日の雨が気になりながらも、GWは二子山からスタートしました。しかし、激しい雨は「振り返るな」の上部に流れ込んでいました。ここは我慢で乾くまで待ちます。しかし、27日はチャンスがありませんでした。だけど、明日には乾きそうな感じでした。27日はアップだけして、結局トライしませんでした。
 28日は暑くなるだろうと、早めに弓状へ入りました。流れ込みがあったので、乾いたとしても埃っぽくなっているだろう。それにマーキングが消えてちゃっているだろう。整備便を出しました。その後、9時台に一便目を出しましたが、右手カンテガバカチがヌルヌルで左手モニョモニョホールド取りに失敗してしまいました。再度頭を整理して、右手カンテガバカチは、もっと上側が持ちやすいはず、そこを取るまで何度でも右手を送ってみようと作戦を立てて3便目を12時過ぎに出しました。今度は右手カンテガバカチをしっかり持てて、そのために左手モニョモニョも、最近で一番しっかり持てました。久々にコルネ右奥の右手ピンチが止まりました。さらに、左手コルネホッペ取りも成功しました。そして、左手コルネこめかみへの送りは、握れませんでした。あ~、惜しかった。何度も繰り返す失敗。しかし、少し戻ってから再度高度を上げていくと、また同じ失敗をしてしまいます。これまでもそうでしたからねぇ。今日は、午後からは温度が上がり過ぎてダメでしょう。もう3便出しちゃったし、後ろ髪引かれながらも、再びチャンスが来ることを祈りながら二子を後にして、GW東北ツアーへ向かったのでした。

◇ 27日
(1) ワーカーホーリック(10b)、×
(2) バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ?
◇ 28日
(3) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、整備便
(5) 振り返るな(13a)、×、左手モニョモニョ取れず
(6) 振り返るな(13a)、×、コルネこめかみ取れず
・再びコルネこめかみ取りまで到達した自分にびっくりでした。そして、これ止まっていればなぁ~。がっくし。

〇 流れ込みで真っ黒な「振り返るな(13a)」
・あ~、ついに、こんな時期になってしまったのですね。いや、これまで、普通にトライできていた方が奇跡です。
・これまで何度もチャンスがあったのに登れなかったのは、自分のせいです。

b0037220_17563000.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-05-05 17:59 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 04月 22日

2019年4月20-21日、敗戦色が濃くなってきた二子山

 今週末から、とても暑い天気予報になってしまいました。早出して、早い時間にトライするように作戦を変更しました。土曜日はアップしてから、すぐにトライしたのですけど、既に遅かったというか、もう、シーズン終了かっていうホールド感でした。まぁ、兎に角、トライするには気温が高すぎです。気温が高くて、シューズも負けてしまうのですが、指皮も柔らかくて、ホールドに負けてしまいます。余裕があるルートなら多少フリクションが悪くなっても、気温が上がって、体は動くようになってよいのですけどねぇ~。限界グレード超えトライでは、そうな風には行きません。フリクションの方が重要なんです。ここ数回トライの平均的な最高到達高度は下がっていく一方です。

◇ 4/20(土)
(1-3)、ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・11時に出したのだが、既に気温は15度を超していた。
・左手モニョモニョホールドの持ちが悪い。そのまま行くが、右手モニョカンテもニュルニュル感満載で頑張るが、コルネ右奥ピンチはつかめず。
(5) 振り返るな(13a)、×
・あまりに暑すぎて、日没近くまで待たないとダメだと思って、ずっと待つ。しかし、暑すぎる弓状で待っているだけで疲れてしまった。
・待ちにまって、17時過ぎにトライするが、ホールドが湿気湿気です。カリカリ感は全くなくて、握ったホールドがニュルーと出てくる、あ~、シーズンアウトですか?ってコンディションでした。

◇ 4/21(日)
(6-7) ワーカーホーリック(10b)×2、アップ
・朝からフリクションは終わっていた。
(8) 振り返るな(13a)、×
・9時台に出してみた。岩はヒンヤリしているのだが、やはり、指に岩が引っかかるフリクションは全くない。前半から力がいる。
・それでも、頑張ってトライ継続して、右手ドーンから飛ばしのところで、右足が負けて、不意落ちしてしまった。
(9) 振り返るな(13a)、×
・夕方便は期待できないので、12時台にヤケクソの2便目を出した。今度は右手ドーンから飛ばしもできて、左手モニョモニョも持ち直しながら、右手カンテモニョ飛ばして、右足ヒールは、とりあえずかけてから体勢整えようとしたけど、もう全体が崩れ過ぎていました。右足ヒールはずれてフォール。
(10) 振り返るな(13a)、×
・昼間に結構昼寝しましたが、全然。疲れは取れずに、夕方便を出しました。どうせダメなので、ドラゴンレースの替えに温めてきた、アンパラレルのシリウスレースでやってみました。このシューズ、残念ながらNGでした。アップでは大丈夫かなぁと思っていたのですが、本チャントライで使ってみないと、わかりませんね。

 今年こそは登れるかもと思っていたのですが。一か月前のトライの8p目クリップできて、そのあとのまさかの失敗が痛いです。限界越えルートのトライは、全ての要素がそろわないと完登は難しいです。トライしている平均的な最高到達地点が下がってきてしまいました。今年は登れるかもと期待したのですが...悔しいです。まだ染み出していませんが、この気温では、かなり難しいです。苦しいですが、乾いている限りトライします。今シーズンは完登できる気がしなくなってしまいましたが、もう少し頑張ります。

〇 混雑の弓状
・8人取り付いていたのかも?いや写真に見えないところ合わせて、9人同時トライ中?
・この温度と湿度では、小川山ですらダメだと思う。登っている最中に汗をかく時点で、もうシーズン終わっている。
・ここ数年、暑すぎる気がする。それでも、2年前には、GW最後の日と6月に奇跡のフリクションの日が2日だけ、あったんだけどねぇ。
・もう一回だけでもいいから、チャンスが来るといいなぁ。
・そんなシーズン最後の唯一のチャンスで登れたこともあるし、登れなかったことも多い。
b0037220_21043899.jpg

きん



by Climber-Kin | 2019-04-22 21:01 | 二子山'18-'19 | Comments(4)
2019年 04月 19日

2019年4月13-14、17日、悩ましい二子山

 今週末は暑くなく、コンディションは少しよかったです。週末の土日のトライに加え、さらに平日カードを切りました。とにかく、チャンスがある限り、数打つしかありません。平日カードを切っていることもあって、ブログを書く時間がなくなり、ブログアップが遅くなってしまいました。

◇ 4/13(土)
(1-3) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・コルネ右奥ピンチをつかみ、コルネホッペ止まった!
・しかも余裕がある。左足を所定のツブ足に置こうとすると、そこにはロープがのっていた。あちょー。ロープをよけて、フットホールドにつま先をのせてみたが、何だか、のっているようなのっていないような。右足ホールのまま左手をコルネこめかみへ送ろうかと思ったが、どうみても距離が足りない(それが届くなら、元々そうしているだろう)。ゴチャゴチャやっているうちに、頭は真っ白。知らないうちに落ちてしまった。あ~。
(5) 振り返るな(13a)、×
・コㇽネホッペをつかんだが、左腕が伸びきっていて、引き寄せられなかった。

◇ 4/14(日)
 左腕が伸びきって?いや、左腕の伸びあがろうとするのが、そもそも間違っていて、右手右足の力で、右よりに上がって、左腕の余裕ができてから、左腕で引き付けるはずだった。再び、そこに到達できたら、右手右足で上がれ!!! 肝に銘じて、就寝したのでした。

(6-8) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(9) 振り返るな(13a)、×
・そして、コルネホッペを再びつかんだ! 右手右足で上がれ! 今度は左足を上げられた! 左手をコルネこめかみへ飛ばしは? つかめなかった~137.png
(10) 振り返るな(13a)、×
・体の疲れを感じて、最初から心が折れ気味でした。5p目腰押しつけレストは入れ直しました。6p目クリップして、左手ドーンで右手薬指のテーピングきれてしまったところで、心が折れました。

◇ 4/17(水)
 仕事の方も、かなり溜まっているのですが、自分のせいではありません。仕事が多すぎるのです。水曜日に二子へ行かなかったら、必ず後悔する。ということで、平日カードを再び?三度?いえ、6枚目を切ったのでした。
 気温は高め、曇り気味の天気でした。だけど、ちょっと湿度が高かったかもしれません。

(11-12) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(13) 振り返るな(13a)、×
・うっ、ニュルニュルするホールド感。粘土を触っているような例の感触。でも、抜けそうな左手モニョモニョは我慢して、右足ヒールしようとしたところで、右手がカンテモニョが抜けてしまいました。
(14) 振り返るな(13a)、×
・さらに、ホールド感が悪くなっていて、左手モニョモニョ取りで、右手カンテガバカチがぬけてしまいました。この状態じゃ~、どうしようもない。

 コンディションに左右されています。翻弄されています。先週は失意のトライでした。到達高度が下がる一方でした。しかし、今週は少し寒かったようです。土曜日の一便目は惜しかったです。力十分だったような気がするのですが。しかし、コルネ握って、そのまままっすぐ上がってしまったために、左足を置く、ツブ足ホールドの上にロープがのってしまいました。少しあがきました。ロープを少し踏みながらも、左足はわずかながら、フットホールドにのっているような気もしたのですが、頭が真っ白になってしまいました。パニックしていつのまにか落ちていました。勝負弱いです。コンディション的に、これが今シーズン最後のチャンスうだったりして。そして、平日カードまで切ったのですが、今度は暑くて湿度が高すぎたようです。話になりませんでした。今シーズンは、ここまでつめられました。今シーズンのうちに登っておきたいです。気持ちばかりが焦ります。

〇 任侠をトライするダンゴ姉ぇ
・この時期に残っているクライマーは、みな、おしいトライが続きます。
b0037220_13340794.jpg

〇 カラピーをトライするモッチー
・完璧なムーブを繰り返すモッチー。2度核心止められたそうですが、その上で落ちてしまったとのこと。同じく、今シーズン中に登りたいよねぇ。頑張ろう!
b0037220_13330104.jpg

きん


by Climber-Kin | 2019-04-19 13:29 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 04月 08日

2019年4月6-7日、苦しい二子山

 今週末は、風がないと、ちょっと厳しいかもと思わせる、暑くなる予報でした。土曜日は少し風があって午前中はよかったのですが、午後から暑くなってきてしまいました。日曜日は、穏やかな曇りから雨が降ってきて、いきなり寒くなったかと思ったら、再び穏やかな雲がある晴れみに戻るみたいな翻弄される日となってしまいました。

◇ 4/6(土)
(1-3) ワーカーホリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョ、バルカン持ちにはならず、3本1本になっていて、いつもは持ち直すだが、3本1本でも行けるかもとやってみたのですが、ダメでした。左指が抜けてきてしまいました。
(5) 振り返るな(13a)、×
・今度は、左手モニョモニョは、それなりに保持できて、右奥ピンチ取り成功。そして、コルネホッペ取りは? つかまえられず。

◇ 4/7(日)
(6-8) ワーカーホリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(9) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョホールドが抜けてきてしまった。
(10) 振り返るな(13a)、×
・またしても、左手モニョモニョホールドが抜けてきてしまった。

 コルネホッペ取り失敗が続いています。パートナーさまの目撃証言によると、どうも、腰が壁から少し離れているようで、それで、腰を右へ十分にスライドできないのかもしれません。次回コルネ右奥ピンチ取る時は、腰を壁にくっつけることを意識したいと思います。しかし、そのコルネ右奥ピンチまで、たまにしか行けなくなってしまっています。
 そして、日曜日は再び左手モニョモニョホールドが持てなくなってしまいました。日曜日は曇り気味でしたが、土曜日より気温が高くて風が弱かったせいかもしれません。無風のうえに気温が15度を超えると、フリクションがとても悪くなるような気がしています。せっかく暖かくなってきたのに、岩が冷たい時間帯にだすのは嫌だけど、早めの時間と夕方にトライ便を出した方がよいのでしょうか。考えます。

〇 荒れる天気
・自分の心の中では、いよいよ、シーズン終盤の雰囲気が漂ってきました。フリクションが悪くなってきていて、今シーズンこそは登れるかもと思っていたのですが、敗戦色が濃くなってきたかなぁ。
・土曜日はミスターが振り返るなをRPしていました。日曜日は、ヨッシーがついに、龍勢をRPしていました。うまい酒を楽しんでください。
b0037220_14040554.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-04-08 14:04 | 二子山'18-'19 | Comments(2)