ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ハイキングと登山( 7 )


2019年 08月 17日

2019年8月10日~15日、雲ノ平・北アルプス裏銀座経由下山(扇沢駅~黒部湖~奥黒部ヒュッテ~上ノ廊下~薬師沢小屋~雲ノ平山荘~北アルプス裏銀座~野口五郎小屋~烏帽子小屋~高瀬ダム)

 今年も黒部川上ノ廊下を登ってきました。そして、北アルプスに入った後は続けて縦走です。行ったことのない雲ノ平、登ったことのない槍ヶ岳が目標でした。もちろん、槍ヶ岳は体力と相談してですが。まずは、薬師沢小屋から雲ノ平山荘へ上がりました。そのまま、槍ヶ岳経由で上高地へ降りる計画だと、土曜日に下山になります。しかし、台風10号の影響で木曜日の夜から雨です。木曜日の早いうちに下山しておいた方がよさそうでした。槍ヶ岳の野望は断念して、雲ノ平から北アルプス裏銀座経由で野口五郎小屋か烏帽子小屋まで行き、高瀬ダムへ降りることにしました。
 今年は上ノ廊下から雲ノ平へ入ろうと計画していたところ、何やら、M下家も北アルプスを計画しているとのことで、間近に詳細な計画を聞いてみると、折立から入り、13日に雲ノ平山荘に泊まるとのことでした。計画通り上ノ廊下を突破できれば、雲ノ平で会えるねと言っていたのですが、本当に実現しました。
 雲ノ平は噂通り、素晴らしいところでした。何が素晴らしいかって、庭園状の真ん中にあって、見渡すと、薬師岳、黒部五郎岳、三俣蓮華岳、祖父岳(鷲羽は見えない)、水晶岳と周りに囲まれて、絶景です。薬師沢小屋から雲ノ平山荘は近く、10時半には雲ノ平山荘につきました。もう、それから、テラスでウィスキーを飲みながらのんびり、何もかもが解放された気分で、最高に気持ちよかったです。

〇 コースタイム
- 8/13(火)
6:00、薬師沢小屋出発
10:30、雲ノ平山荘着
- 8/14(水)
5:30、雲ノ平山荘出発
10:30、水晶小屋
14:00、野口五郎小屋着
- 8/15(木)
5:40、野口五郎小屋出発
8:00、烏帽子小屋着
8:30、烏帽子小屋発
11:30、高瀬ダム着

〇 雲ノ平の木道を行く
・後ろには薬師岳。
b0037220_14391920.jpg
〇 雲ノ平から立山と赤牛岳
・遠くに見える立山?右手は赤牛岳ですね。
b0037220_14430650.jpg
〇 雲ノ平山荘へずっと続く木道
・この木道を維持するだけでも大変だ~。
b0037220_14435396.jpg
b0037220_14510729.jpg
〇 黒部五郎岳をバックにした雲ノ平山荘
・四方、八方を山に囲まれる雲ノ平。
b0037220_14493284.jpg
〇 おしゃれな雲ノ平山荘内
・本当のフローリング。窓から三俣蓮華が。
b0037220_14465078.jpg
b0037220_14473751.jpg
〇 おーい!
・M下家が上がってきました。
b0037220_14482568.jpg
b0037220_14500730.jpg
〇 三俣蓮華と笠ヶ岳
・笠ヶ岳は目立つなぁ。
b0037220_14520038.jpg
〇 祖父岳
・鷲羽は祖父岳に隠れて見えません。
b0037220_14522330.jpg
〇 黒部五郎岳
・横からみると、でかいなぁ。歩くと長そうだ。
b0037220_14525728.jpg
〇 北アルプス裏銀座へ向けて出発
・雲ノ平のテン場。すぐ後ろは祖父岳。雲ノ平山荘から25分かかります。
b0037220_14563014.jpg
〇 雷岩
・石の人が隠れてボルダーをしたという。
b0037220_14570458.jpg
〇 黒部川源頭
・小さな雪渓が残っていました。この雪渓が源頭の源頭でしょうか?
b0037220_14591654.jpg
〇 岩苔乗越から水晶岳
・ここまで来れば、水晶岳が近くに見えます。
b0037220_15005110.jpg
〇 東沢乗越からみた水晶岳
・読売新道は長大だ~。
b0037220_15021517.jpg
b0037220_15022681.jpg
〇 赤牛岳、読売新道
・牛が寝そべっているようにデカいから赤牛岳だそうです。
b0037220_15031371.jpg
〇 ガスり始めた北アルプス裏銀座
b0037220_15034741.jpg
〇 野口五郎小屋に到着
・今年もお世話になりました。天ぷらでご飯がすすみます。
b0037220_15043270.jpg
〇 8/15(木)出発、どこまで進んでも赤牛岳
・次回は赤牛岳行ってみるかねぇ。
b0037220_15062534.jpg
〇 雷鳥の親子連れと遭遇
・フィナーレに雷鳥を観れました。
b0037220_15071098.jpg
〇 烏帽子小屋到着
・おやつを買うつもりだったのに、売り切れでした。珈琲頂きました。温まりました。
b0037220_15074021.jpg
〇 高瀬ダム到着
・6日間の山旅も終わりました。
b0037220_15084423.jpg
b0037220_15085600.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-08-17 14:34 | ハイキングと登山 | Comments(0)
2019年 07月 15日

2019年7月13日、乾徳山ハイキング

 今週こそは沢登りと思っていたのですが、まぁ無理をすれば、行けるのでしょうけど、寒そうで、午後から雨予報では行く気になれませんでした。今週もトレーニングという名目で、ハイキングへ行こうということになったのでした。当初、東北方面がよさそうなら、土曜日に会津田島の岩場で登って、日曜日に白根山とかの案もあがったのですが、金曜日の予報だと日曜日は本降りみたいなので、土曜日だけハイキングに至ったのでした。そして、どこへ行こうかということで、自分はどこでもよいのですが、パートナーさまから提案された、乾徳山へハイキングにいくことになったのでした。「かんとくさん」と読むのだと思っていて、検索したのですが、引っかかりません。グーグル先生に、もしかして、けんとくさん?と言われて、あ~、けんとくさんと呼ぶのかと知りました(笑)。
 標高差は1100mぐらいでした。登山道は歩きやすいです。草原があって、癒されます。頂上直下は鎖場になっていて、上り下りで、結構な渋滞になっていて、なかなか進めませんでした。山頂から展望は、ご来光でも人気なぐらいの絶景らしいのですが、曇りの日の登山、お決まりの展望のない山頂でした。道満尾根の下りは結構傾斜があって、足に来ました。雨で泥道となっていて、何度も滑りながら下りました。 
 中央道経由で行くより、1時間弱ぐらい余分にかかるのかもしれませんが、高速代をケチって、秩父~雁坂トンネル経由で行きました。雁坂トンネルは730円です。帰りは久々に大滝温泉によりました。来週も雨ですかねぇ?

〇 コースタイム

08:00~12:00、乾徳山登山口バス停~オソバ沢ルート~月見岩~乾徳山
12:30~15:00、乾徳山~月見岩~道満尾根ルート~乾徳山登山口バス停


〇 乾徳山
・今回は少しだけ景色が見えました。
・バリエーションルートがあるようです。1パーティが雨乞岩の脇から上がってきました。
b0037220_08490434.jpg
b0037220_08495491.jpg
b0037220_08535560.jpg
〇 草原が広がる月見岩周辺
・高原ヒュッテ(現避難小屋)の周りも草原でした。ビバーグ適地が沢山ありました。

b0037220_08504405.jpg
〇 頂上直下の鎖場
・榛名山黒岩のような、磨かれたツルツルの岩でした。
・この山は鎖場渋滞が発生します。最近登ったハイキングの中で一番多くの人を見ました。
b0037220_08510880.jpg
〇 道満尾根は赤松だらけ
・なぜ登山道に鉄条網が張ってあるんだろうと思ったのですが、もしかしたら、松茸?
b0037220_08563829.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-07-15 08:47 | ハイキングと登山 | Comments(4)
2019年 07月 07日

2019年7月7日、嵐の八ヶ岳編笠山ハイキング

 土曜日の方が天気予報がよさそうでしたが、お疲れ気味で土曜日はジムで日曜日にハイキングへ行こうということなりました。土曜日はチーウォール東村山で登り、先週大怪我をした友人のお見舞いに行ってきました。いろいろとあって大変ですが、早く回復して、仕事と遊びに復帰してもらいたいです。日曜日は奥多摩地方は全滅な天気予報でした。上越か~。巻機山とか、遠いなぁ。天気予報でマイポイントになっている北杜市は?6時ごろに雨が上がり、その後は終日曇りの天気予報でした。あ~、八ヶ岳の編笠山なら日帰りハイキングができそうだ。ということで、二日連荘のジムも指皮痛いし、思い付きで編笠山を登るために、久々に中央道に乗ったのでした。小淵沢ICから登山口の観音平はすぐ近くでした。車を停めて、登り始める準備を始めるとポツポツ来だしたのでした。予報は曇りでも、ここは既に標高1,300mの山です。北杜市の天気予報とは違いました。結局、しばらくは小雨か曇りでしたが、山頂近くまで行ったころから雨が強くなり、山頂に立つころには、暴風雨なみの悪天候となってしまいました。多分、気温は10度ぐらいでしょう。山をなめていました。軍手で登ってきた手は感覚がなくなるぐらい冷えてしまいました。慌てて降りて、青年小屋へ逃げ込んだのでした。それから、1時間以上は酷い暴風雨で、その中を下って来たのですが、登山口に近づいてくると雨がやみました。1番良いところが嵐で、少し悔しかったです。まぁ、景色は少しだけしかみれなかったけど、30年ぶりに編笠山を登れたことだし、小淵沢まで来て正解だったということにしましょう。
 来週末は土日とも曇りの40%の天気予報です。そのままなら、来週こそは簡単な泊まりの沢へ行けるかな~。

〇 コースタイム
7:30、観音平出発
11:00、編笠山到着
11:20、青年小屋
12:00、青年小屋出発
13:50、観音平着

〇 編笠山
・何年前だろう?就職して、すぐのころだから、30年前かなぁ。山登りやってる新入社員同期の5人ぐらいで、美濃戸口から入って、硫黄岳、横岳、赤岳、権現岳、編笠山と縦走したことがあります。その時に編笠山は踏んでます。秋だったかな?
・先週は、川苔山、1,363mでした。今週は、いっきに森林限界を超えた、2,523mです。しかし、スタートの標高は既に1,570mですからねぇ。あれっ?標高差1,000mない。どうりで、下山時の疲労感が軽いはずだ。そろそろ、体力ついてきたのかなと思っていたのに105.png
b0037220_20481079.jpg
〇 たまに広がる景色
・山頂までの行程で2度ほど下界の景色が見えました。
b0037220_20484658.jpg
〇 遠い居酒屋、青年小屋のラーメン
・あまりに寒くて、小屋へ逃げ込みました。カップヌードル持ってきたのですが、雨でお湯をわかせません。小屋でラーメンを注文しました。
・多分、チャルメラかな? まぁ、インスタントラーメンでも、山で食べるラーメンはうまいです。チャーシューとコーン、ネギ、わかめと海苔までついてます。
b0037220_20491073.jpg
〇 延命の湯
・小淵沢ICのそばの道の駅にあります。帰りに温泉もらいました。
・もうダメだというところから、さらに命を延ばすという意味の言葉が多いせいでしょうか。延命処置、延命治療、延命策、等々。
・このネーミングに違和感あるなぁ。最初、もしからしたら、仏系のどこかの宗教団体が経営しているのかなぁと思ってしまいました。
・意味はわかるのですが、感覚的には、温泉につけるなら「長寿の湯」とかの方が普通でしっくりくるなぁ。まぁ、個人的な意見です。
b0037220_20500724.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-07-07 20:50 | ハイキングと登山 | Comments(0)
2019年 07月 01日

2019年6月30日、川苔山ハイキング、川苔橋~百尋ノ滝~川苔山~鳩ノ巣駅

 今週も雨でした。土曜日は小川山で登れたようですが、運次第で、行ってみないとわからないようなパターンでしたね。土曜日は、沢山の雑用をこなして、夕方チーウォールで少し登りました。日曜日の天気予報ですが、ウェザーニュースは、午前中雨で午後から曇りの予報でした。天気.jpは、9時まで雨で、9時から曇りの予報でした。もちろん、天気.jpの予報に賛成で、沢も無理やりいけば登れる沢もあるんでしょうけど、今週もハイキングへ出かけたのでした。少しづつ、高低差をつけて、今回は川苔山ハイキングでした。徐々に小雨もやんできたのですが、歩いていると濡れた葉っぱでびしょ濡れです。湿度も100%で、雨具をきていようが着ていまいが、内側からも汗びっしょりでした。
 川苔山と言えば、何年か前に川苔谷・逆川の沢登りに来ていますが、廃道のウスバ林道からトラバースして、下山してしまっているので、川苔山は踏んでいませんでした。川乗林道は、昔昔その昔に川苔の岩場で登ったり、沢登りのアプローチだったり、3年ほど前の雨の日に、聖沢の偵察をしたりと、意外と来ている林道でした。聖滝偵察の時に対面の林道から覗き込んだけど見えなかった「百尋ノ滝」は、落差15mぐらいの立派な直瀑でした。この登山道は、終始、沢沿いに歩くので、道の片方が常に切れ落ちていて、ちょっとスリリングなハイキング道でした。お決まりのガスで何も見えない山頂だろうと思っていたら、ガスは晴れていて、奥多摩の景色を見渡すことができました。下山は、本仁田山経由でビールが飲めそうな奥多摩駅へ降りようかとも思ったのですが、すでに足がガクガクでした。時間も余計に2時間ぐらいはかかりそうなので、鳩ノ巣駅方面へ降りました。そしたら、なんと、鳩ノ巣駅前の「さんらく」というお店で生ビールを飲めたのでした。大汗かいて、足がつりそうになるぐらいの水分不足状態だったせいで、生ビールがめちゃくちゃうまかったです。
 三週連続のハイキングでしたが、足が疲れます。足が疲れていないうちは、少し心拍数が上がって、ここちよい、歩きごこちなのですが、足が疲れてくると苦痛です。登りでは、ハムストリングが疲れてきます。下りでは、太ももの前とフクロハギが疲れてきました。レッグカールとスクワットですねぇ。その二つの筋肉の強化ができれば、楽になるんでしょうけど、頑張って筋トレしましょう。
 それにして、夏休みが近くなってきました。そろそろ沢登りにも行って、足慣らしと水慣らしをしないとまずいです。来週はいけるか?

〇 コースタイム
07:40、川苔橋出発
08:20、細倉橋、登山道との分岐
09:00、百尋ノ滝
11:00、川苔山
12:00、川苔山出発
15:00、鳩ノ巣駅着
 
〇 川苔橋
・奥多摩駅、7:27のバスにのって、やってきましたが、渓流釣りの方が1人と我々だけでした。そして、川苔橋で下車したのは我々だけでした。さすがに、こんな天気予報では誰もこないか。
・バスの車掌さんに気をつけてと声をかけてもらいました。
・聖滝の聖穴の遭難プレートは、はがされていました。長い捜索で、ようやく遺体が見つかったからでしょう。
b0037220_14141528.jpg
〇 百尋ノ滝
・15mぐらいかなぁ。登山道から少し降りてみていきます。登山道に戻って、ハイキング再開です。
b0037220_14153448.jpg
〇 川苔山
・景色が見えました。ここだけ、風が吹いていて、少し寒かったのですが、気持ちよかったです。
・鳩ノ巣駅側からピストンで来ているハイカーが8名ほどいました。
b0037220_14155989.jpg
〇 鳩ノ巣駅前「さんらく」
・なんと、生ビールを売っていました。つまみに、ピーナッツくれました。新ジャガのふかしたオヤツをいただきました。ご馳走さまでした。もしかしたら、食べログに載っていないから、最近開いたお店なのかもしれません。
・そして、3週連続の蕎麦屋で日本酒に向かうのでした。
b0037220_14172555.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-07-01 14:17 | ハイキングと登山 | Comments(0)
2019年 06月 24日

2019年6月23日、大岳山ハイキング、奥多摩駅~鋸山~大岳山~御嶽神社~御嶽駅

 今週も雨でした。今年の梅雨は久々に梅雨らしく雨が降ります。ここ数年は、梅雨に入っても、外岩クライミングや沢登りへ行けることが多かったのに、今年の梅雨は、週末が必ず雨です。今週の土曜日は、結果的には瑞牆方面で登れたようですが、雨が降るリスクが高いので土曜日はクライミングジム、ベースキャンプへ行って、日曜日は午後から雨予報だったので、午前中のうちに下山できそうなルートを選んで、再びハイキングの週になりました。
 土曜日のジムボルダーは、体が疲れていました。先週の日曜日のハイキングから、月曜日はレスト、火曜日はチーウォール、水曜日は、筋トレと軽いラン、木曜日は再びチーウォールでしたが、大胸筋と太ももが激しく筋肉痛でした。そして、金曜日はレストして土曜日にベースキャンプでしたが、体幹が疲れているような感じで全然登れませんでした。しかし、これぐらいを普通にしないと、体力向上はできません。と言うことで、頑張って今週も、日曜日はハイキングへ行ってきました。
 電車で行くハイキングは、帰りの呑みが楽しみです。それが目的になりつつあるように感じながら、今週も電車で出かけました。電車の場合の欠点は、トイレの機会が少なくて、しかも、電車待ち合わせの間のトイレは列ができていたりして、お腹の調子が悪い時が大変です。今回も青梅線で、もよおしてしまい、途中駅でトイレ下車して、一本遅れの電車に乗るかなぁと苦しんでいました。そろそろ限界というところで、途中駅で上りとの待ち合わせ6分と車内放送を聞こえてきました。戻ってこなかったら「次の電車で奥多摩駅ね」とパートナーさまに言い残して、ダッシュして駅のトイレへ駆け込んだのでした。セーフでした。発車に間に合いました。

〇 装備とコースタイム
・2名、共同装備、特になし。
・コース時間、(以下は適当です。)
07:30、奥多摩駅出発
10:00、鋸山
12:00、大岳山
13:30、御嵩神社
14:20、御嵩駅

〇 愛宕神社
・最初の核心です。笑。
・この階段、コケてて怖い。最後に角度が変わるし。
b0037220_11480681.jpg
〇 幻想的な登山道
・景色は何も見えません。幻想的な山の中を歩きます。
b0037220_11494947.jpg
〇 大岳山
・晴れていれば、富士山が見えるとか。
b0037220_11494080.jpg
〇 武蔵御嶽神社、天狗の腰掛け杉
・樹齢350年。確かに座れるような枝が。ガスっているので、より神秘的に感じます。
b0037220_11504523.jpg
〇 武蔵御嶽神社
・最後の核心でした。笑。
・鋸山までが急登で、その後は、なだらかな歩きだったのですが、しかし、足は疲れていたようです。神社への長~い階段が辛かったです。
・こちらのおいぬ様は、日本オオカミなのだそうです。日本武尊が道に迷った時に、白い日本オオカミが道案内して助けたそうです。
・こちらをお参りすれば、山で道に迷った時に助かります。沢で巻き道に迷った時、きっと、正しい方向へ導かれます。
・ケーブルカーでも行けますが、麓から歩いて上がってこそ、その御加護を授かれます。114.png
b0037220_11520162.jpg
きん



by Climber-Kin | 2019-06-24 11:15 | ハイキングと登山 | Comments(2)
2019年 06月 17日

2019年6月16日、伊豆ヶ岳ハイキング、正丸駅~伊豆ヶ岳~子の権現~吾野駅

 先週は、出張準備と台湾出張のため登りに行けませんでした。と言っても、シケシケでどこも厳しかったようです。今週の15日(土)はベースキャンプで久々にボルダーらしいボルダー課題に打ちのめされてきました。2時間で体が終わってしまいました。ずっと同じルートばかりをトライして、体力温存を言い訳に、平日ボルダーも控え目で、ジムでランすら控えていました。体力低下が著しいです。こんなんで、今年の夏山は大丈夫か? とにかく歩き始めないといけない。でも、沢は増水してる。ということで、梅雨の合間に手ごろなハイキングへ行ってきました。しかし、ハイキングと言えど、なまった体には厳しかったです。下山のころには、体幹と足がヨレヨレでした。これから、少しづつアップしていかないと夏山、北アルプスは厳しいです。
 子の権現は、足腰守護の神仏です。登山者、クライマーは、ぜひ、お参りしましょう。車でも行けちゃいますが、麓から歩いて上がってこそ、その加護を受けられます。114.png

〇 装備とコースタイム
・メンバー、パートナーさま、きん、計2名。
・共同装備、特になし。・コース時間(以下は、適当です。)
08:00、正丸駅出発
10:00、伊豆ヶ岳
12:00、天目指峠(1時間休憩)
14:20、子の権現
15:20、吾野駅

〇 伊豆ヶ岳頂上
・それにしても、奥多摩や奥武蔵の山は視界がなかなか開けない。頂上もこんな感じです。
・でも、その分、日陰を歩けるってことなんです。
b0037220_12444431.jpg
〇 数少ない展望
b0037220_12461218.jpg
〇 子の権現
・足腰守護です。いつまでも、上部な足でいられますように。
b0037220_12452932.jpg
きん




by Climber-Kin | 2019-06-17 11:01 | ハイキングと登山 | Comments(0)
2018年 07月 02日

2018年7月1日、瑞牆山ハイキング

土曜日の真夏になってしまったクライミングは暑い上に湿気湿気でした。日曜日は易しめルートかなぁと思いながらも、この気温ではなぁ~と思っていたのですが、ひらめきました。登山だ。歩こう。週に1,2回でランニングマシンで少しばかりは走っていますが、昨年の夏休み以来、まともに歩いていません。不動沢も見たことないし、瑞牆山も登ったことがないので、今日はハイキングにしようと朝食取りながら思いついたのでした。

〇 装備とコースタイム
・メンバー、パートナーさま、きん、計2名。
・共同装備、特になし。
・コース時間
08:40、植樹祭公園出発

09:40、不動滝着

11:15、山頂着

13:20、富士平小屋着

14:30、植樹祭公園着


〇 不動滝
・本流にかかっているわけではないのですね。立派な急なナメ滝だ。
・大きな岩が沢山ありました。クラックは少なく、スラブ壁が多いんですね。
b0037220_23493666.jpg

〇 きっとこれが大やすり岩
・山頂からの展望です。凄い登山客数でした。
・山頂で、カップ蕎麦を食べるのが楽しみだったのに、コッヘル忘れました。オーマイガー!
b0037220_23501050.jpg
〇 天鳥岩
・右側の指のような形をしたのが天鳥岩でしょうか。
b0037220_23510532.jpg
〇 富士見平小屋方面から見上げる瑞牆山
・大ヤスリ岩のクラックラインを赤いTシャツのクライマーが登っていました。
b0037220_23515004.jpg
 富士見平小屋から植樹祭公園へ向かう登山道からカンマンボロンと大面岩を正面から見ることができました。残念ながら、樹林が邪魔していて写真を撮れる場所はなかったです。目視で全貌を確認するには十分できました。
 たった6時間の行動時間でしたけど、疲れました。下りで休んでいて体を冷やしたら、腿の内側が両方でつってしまいました。あ~、がに股気味で内側の筋ばかりに負担をかけた歩き方をしてしまったようです。歩き方すら忘れていたようでした。

きん


by Climber-Kin | 2018-07-02 23:54 | ハイキングと登山 | Comments(0)