ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2017年 10月 28日

2017年10月28日、有笠山

「ルンルンしんすけとの再会(2017年晩秋編)」

 きんブログが3週間も更新されなかったことは、今まで一度もないはずです。しかし、そんな危機を迎えました。この週末ごとにやって来る台風達のお陰で今週もベースキャンプになりそうでした。しかし、ここは、最後の頼みの有笠山ヘルケーブです。こんな状態で行っても、よい結果は生れるはずがないのですが、一日外で遊べれば、それでいいやってことで、久々に有笠へ向かったのでした。ヘルケーブには、そんな考えのクライマーが沢山来てました(笑)。
 そう、ここには因縁のルート「ルンルンしんすけ(12b)」があるのです。すいません、少し前に吐露した登れない12bシリーズには、このルートは思い出したくなくて意図的に書きませんでした。しかし、知っている人は、よ~く知っている、私は「ルンルンしんすけクラブ」の会長なのです。記録を調べてみると、 一生懸命トライしたのは、2008年のようです。トライ便全てワンテンで核心で落とされる。そんな週末を何回も過ごしていたのでした。何故、因縁かというと、その2008年11月末に私の母が亡くなり、この怒濤のトライが終わったのでした。その後の有笠山は反対側のエリアにある、お買い得で有名になってしまったハイグレードのルートを登ったりして、このルートから離れていってのでした。しかし、その後も、何年かに1度ぐらいで雨の日とかに思い出したように、たまに触ったりはしていたのでした。2011年ぐらいまでは、行けば1日でRPトライできるぐらいまでは、持っていけたような感じだったのですが、そんなことも徐々にできなくなってきていました。前回来た時は、3-4p間のムーブすら、よくわからなくなってしまっていたのでした。そして、さらに老いぼれて、体重が増えてしまった今、このルートを触るには少し勇気が必要でした。

(1) ルンルンしんすけ(12b)、ヌンチャク掛け
・アップルートが濡れていました。いきなり、ヌンチャク掛けしました。
・ヌメヌメで、めちゃくちゃ難しいです。よくヌンチャク掛けできました。

(2) ルンルンしんすけ(12b)、ムーブ探り
・前便ではヌンチャク掛けに精一杯でムーブ思い出しは全然できませんでした。実質一便目の思い出し便です。
・足が低いまま手が先行してしまって、パツパツムーブにして悪く登ってしまいます。
・3-4p間以外は雰囲気思い出してきました。

(3) ルンルンしんすけ(12b)、ムーブ探り、3テン
・目標、下から繋いで4p目クリップでしたが、3-4p間ができません。
・前回来た時と同様に3-4p間がしっくりきませんでした。あ~、左手ガバ持って両足で正対立ちして中継ホールド、それから左足ハングの天井スメアして右手飛ばしか。そういえば、そんな記憶がよみがえってきました。
・その後のムーブも足を上げてから手を出すで、結構いい感じになっていました。

(4) ルンルンしんすけ(12b)、×
・ようやくRPトライのつもりです。3-4p間は成功して、4p目ボルト下のホールドを持って、4p目クリップできました。しかし、そこまででした。
・あ~、4p目は左足ニーバ―でクリップしないと吸われちゃってダメですね。
・そして、今日は、もう指力が終わっていました。

 3-4p間のムーブは思い出せました。一応全ムーブはできるようです。しかし、全く繋がる気がしません。よいコンディションの時期に続けてトライすれば… 体重落としてからの前提ですけど。しかし、ここまで寝かしてしまったルートを再度トライするのはメンタル的に難しいです。たまに来て触ってみても、年々落ちるフィジカル力ではのぼれないです。悩ましいルートだ! まぁ、こんな雨の日にたまに来て筋トレ?じゃなくて、指トレする。それでも楽しいです。あ~、登れないまま終わりそうです(笑)。

〇 ルンルンしんすけ(12b)をトライする狼おじさん
・力あるクライマーは、すぐに登っちゃうでしょう。
・このルートは被った指持久力ルートなんですよねぇ。だから、体重重い奴は登れない(涙)。
・ホールドは第2関節ぐらいまでかかるけど、外傾気味なので疲れるんだと思います。どちらかと言うと、あまり大きな動きはなくて、正対でネチネチ登っていく感じのルートです。
b0037220_23333022.jpg
きん


by Climber-Kin | 2017-10-28 23:32 | 有笠山 | Comments(4)
2017年 10月 09日

2017年10月8-9日、再び夏の小川山

 体育の日の三連休でした。しかし、金曜日の夜から土曜日の朝にかけて、結構な激しい雨でした。睡眠不足も溜まっているので、土曜日はレストで日月で小川山へ向かいました。しかし、この土曜日レストというのは苦手です。結局早めから酒を飲んでしまって、早すぎる就寝となります。その早すぎる就寝だと、夜中に目が覚めて寝付けなくなってしまって、結局、睡眠不足で岩へ出かける、いつものパターンになってしまいました。

◇ 8日(日)
 先週、ようやく、TRで核心出だしが2回できたので、今シーズン一度ぐらいはRPトライをしてみようかと砦岩前衛壁へやってきたのでした。実は、もう一つ理由があったのですが、それは秘密です。しかし、今週は先週と違って、また暑くなってしまいました。
(1) お手伝いします(10a)、再登
・下部が濡れてました。
(2) 修行僧(12b)、TR掛け
・うわ~、湿っぽい。
(3) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り
(4) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り
(5) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り
 結局暑くて何もできない、いつもの修行僧へ逆戻りでした。核心出だしムーブは下からでもリハーサルでも止まりませんでしたが、核心出だしから先のムーブは、かなり修正できて、ヌメヌメの状態でも、そこから終了点まで繋ぐことができました。少し寒くなってから、再度来てみたいと言う気持ちが少しわいてきました。まぁ、RPトライすると核心出だし止まらないのでしょうけどねぇ。悩ましい!
 夜は、あやちゃんがテントへやってきたので、おしゃべりしてました。テントのお隣さんは、あの声は?と思ったら、やはり、元気くん達で、さかもっちんにISMくんパーティでした。酒はウィスキーボトル1/4に抑えましたよ~。

◇ 9日(月)
 目標課題のない我々は二日目も悩みます。パートナーさまが、再度「愛情スラブ(12a)」を触ってみたいということで、それなら、じゃぁ「あれ!」触ってみるかなということになり、妹岩へ向かったのでした。
(6) 屋根の上のタジヤン(9)、再登
・今日はブースティック使いそうなので、それでアップしたら、あっ、硬い! 寒くなって、ゴムが硬くなったみたいです。
(7) ニンポー(12d)、TR掛け
・ここまで来たものの、本当にやるのか迷いましたが、やはり再度さわってみることにしました。
・ムーブは全然できませんので、インチキ棒でTR掛けました。
(8) ニンポー(12d)、TR、ムーブ探り、回収
・ボルト3本しかないので、TRもすぐに掛けられます。そのまま、ムーブ探りをしました。
・1-2p間は、右手モニョモニョ中継して、右足上げて、水平ホールドへ飛ばしと妄想していたのですが、全然できません。
・2-3p間は、右手ガストンから左手サイド引き取って、左手左足から妄想していた足踏み替えは狭くてできず、そのまま体を二軸で水平にして、右手中継出しは?…
・うーん。H山さんからは、3p目までは何とかなりそうと感じると言われたのですが、それすら、なんもできません。
・これで、O岩・ハードショート・シリーズ終了でしょうか?
(9) 雨あがりの夜空に(12a)、ヌンチャク掛、ムーブ探り
・昔昔、一度だけ触ってみて、すぐにヌンチャク回収したルートですが、思い出して再度触ってみることにしました。
・1-2p間は相変わらず謎でしたが、2p目からは何とかムーブがわかりました。
(10) 雨あがりの夜空に(12a)、×、ムーブ探り
・2p目までいけるムーブを妄想して、そのままRPのつもりでしたが(笑)、妄想ムーブにはリーチが足りませんでした。
・何度も探って、1-2p間なんとかできそうなムーブを見つけて、次のトライに期待です。
(11-13) 雨あがりの夜空に(12a)、×、詰め甘
・出だしムーブ、2回ほど失敗したのですが、ホールドをブラッシングしたら、3回目に成功!そのままRPのはずが!
・中間のムーブ忘れて固まってしまいました。あちょー! ビレイヤーからの落ちろ光線もすさまじかった!

 ニンポーを再び探ってみましたが…どうも、シリーズ終了のようです(涙)。私ごときの保持力では話にならないようです。
 KBさん開拓の「雨あがりの夜空に(12a)」を思い出したように触ってみました。前回触った時は意味不明でしたが、探ってみれば何とかなりそうなムーブを見つけました。RCサクセッションファンとしては、このルートは登らないとねぇ。またトライしてみます。
  そして、来週末の天気予報を観ると元気出ない週になりそう。季節外れの秋雨前線かよ。がっくし。

〇 悩ましい修行僧(12b)
・悩ましい!ルート。
・核心出だしの右手ポンが止まったら、左足スメアエッジで左手頭上の指穴二つをVサイン形持ちで右足きざんで左足を核心出だしの左手ホールドに載せて、左手をダイクのジャガイモ角切ホールドで右足スメアして右手スローピーガストンへデッドで、左足乗り込んで、左手ダイクスプーンカットホールド取り。
・クリップは腰クリップになっちゃうかも!
b0037220_23203737.jpg
〇 愛情スラブ(12a)
・クラシックの愛情物語(8)の右側にある、新しく開拓されたスラブルートです。
・今日のコンディションで、できる気がしないのでパスしました。
・前回触った印象から、カンマンボロン・太陽の塔1p目より、スラビーで難しいような。
b0037220_23213120.jpg
〇 雨あがりの夜空に(12a)
・イエロークラッシュ(12a)の左下にある、KBさんのルートです。
・登りずらい! 出だしが12aとは思えない超理不尽ムーブです。今日は、カンテがヌメヌメで、フリクション悪くて苦戦しました。でも、おしかった。
・ムーブがあって、面白くて人気ルートになってもよいと思うのですが、キジ場の真ん中にあるのが玉にきずか。
・お願いです。ボルトが打ってあるルートの真下だけは、ウ〇〇しないでください。
b0037220_23221903.jpg
きん


by Climber-Kin | 2017-10-09 23:22 | 小川山2017~2018 | Comments(4)
2017年 10月 03日

ブログ十三周年

 この10月で、きんブログは13周年を過ぎて14年目に入ります。ブログを長い間継続していると慣れてきますので、文章を書くこと自体には苦労はありません。週末のクライミング記事だと「水戸黄門」のように同じパターンなので、短時間に書けるのです(笑)。また、楽しく記事を書くには、小さくてもよいです。ネタが必要です(笑)。はっきり言って、どんなルートでも完登できた時の記事を書くのは楽しいし、登れなかった時の記事を書くのは、あまり楽しくありません。あてもなく課題探しに彷徨した時に書く記事は辛いです(笑)。さて、年末のまとめは、その年のまとめとして、また書き綴るとして、もう少し長いレンジでの話をこの機会に書き下そうと思いました。
 一部の方に、ヘビークライマーきんは、「狙ったルートはあきらめない!」、「トライ始めたルートは全て登る!」とか思われていますが、半分当たっていて、半分は誤解です。少し正確に表現すると私のクライミングガイドラインは「頑張れば登れるかもしれないルートをトライし続け!終には登る!」なのです。ですから、そんなルートと出会うことが核心なのです。そして、そんなルートと出会うことが、どんどん難しくなってきています。それは、毎週通いやすいエリア内で、登って行けば、登れないルートばかりが残ってしまうのは自明です。いろいろな難しいルートに手を出しています。しかし、どれも、難し過ぎ!苦手ムーブ!等々で、「頑張れば登れる!」の可能性を見出すことができないのです。継続トライに踏み切れないのです。そんな風に感じながらも、ここ数年は、最後の頑張れば登れる!を感じた「力The大岩」を毎年継続してトライして、終に完登できました。その後に「磁力」までおまけについてきて、今シーズンは既に最高の成果を得てしまいました(笑)。そして、問題は次の「頑張れば登れる!」課題を見つけることなのです。さらに、二子の「振り返るな」は頑張っても登れないルートになりそうです。私のクライミング歴は、ずっと持久力に苦しめられているのです。その持久力のなさで登れる気がしない「振り返るな」ですが、3年前の禁煙から体重が増えてしまって、さらに登れる気がしなくなっているのです。きんブログの14年目は、ダイエットと次の課題探しがメインになりそうです。
 一方、ここ数年は沢登りを復活させて、夏は沢登りが定着してきました。一昨年の「双六谷~九郎衛門沢」、昨年の25年ぶりに「黒部川上ノ廊下」、今年は、「双六谷~小倉谷~笠ヶ岳」を登ってきました。小倉谷は素晴らしい沢でした。沢登りというか登山はクライミングとは違って、行ってくれば必ず充実できるのです(笑)。来ジーンズも、6月か7月から準備を始め、8月に大きな沢に入りたいです。南アルプスの赤石沢はいつか行きたいです。甲斐駒の方は遡行したことのある黄連谷ではなくて尾白川本谷の方かなぁ。来シーズンは、恋ノ俣沢あたりも行ってみたいです。誰か誘って、泳ぐ三重泉沢とかもいってみたいです(誰か参加して~、二人だと厳しい)。次回の夏は、再び「黒部川上ノ廊下~奥ノ廊下~裏銀座」とかも考えてます。よくわからない沢へ行くよりも、再び上ノ廊下行った方が充実できるでしょう。まだ未定です。
 秋~春はクライミング、夏は沢登りで登山を継続していきたいと思います。そのために、より体力を向上させたいと思います。その記録を残すブログも継続していきます。岩場や山でみかけたら、声をかけてください。今後とも、きんブログを宜しくお願いします。

〇 黒部川上の廊下遡行後の赤木沢にて
b0037220_21565283.jpg
きん


by Climber-Kin | 2017-10-03 09:00 | 目標と成果 | Comments(2)
2017年 10月 01日

2017年9月30-10月1日、秋っぽくなった小川山

 ようやく秋っぽい週末になりました。私は土日で登れるのですが、パートナーさまは仕事で日曜日のうちに現地入りとのことで、土曜日はパートナーさまのトライのサポートで、日曜日はHR岩一家のお世話になったのでした。でも、まだ、ちょっと湿度が高かったかな。寒くなったけど、日向のルートは、あと5度ぐらい寒い方がコンディションがよいような。まだ、15時以降は湿気湿気でした。もう少しすると、昼間は乾燥気味でツルツルで夕方が丁度よくなる時期になるのでしょう。そろそろ、念のため焼石を持っていく時期ですねぇ。

◇ 30日(土)
(1) お手伝いします(10a)、再登
〇 修行僧のTR掛け&一張羅のヌンチャク掛け
(2) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り
(3) 修行僧(12b)、TR、ムーブ探り、2テン
・核心の出だし、そこだけリハーサルでようやく止まった。もう1回やってみた。そこだけリハーサルは2回できた。
・やはり、右足は小壷ホールドさして、左足は体真下のフットホールドに載せて、立って立って立って、かつ、左手は5時の方向に引く。そして、少し捻りっぽく体をさらに壁に入れる感じか?
・そのまま続けて、その上の本当の核心で再度落ちるが、左足は足切ってスメアじゃなくて、しっかりホールドに載せて、ここは右手中継を入れれば確率が上がるようだ。
・さらに核心は続いて、左手カンテを使うムーブでやっているが、正面から上がれない。
(4) 修行僧(12b)、TR、再び多テン
・うっ、雲がかかってきて、湿度が上がった。WPするつもりが、ボロボロ。やはり、このルートは状態に左右されやすい。

 気温が下がって、少しフリクションがよくなったら、そこだけリハーサルでムーブできました。しかし、これ下から繋いでできるのか?って、私にとっては、シルクロードより全然難しいです。だって、シルクロードだと下から繋いで、1/2ぐらいの確率で止まってたし、そこだけリハーサルなら100%成功していました。修行僧はそこだけリハーサルしてもほとんどできません。パートナーさまのサポートがあったので、このルート探っていましたが、この日RPしたので、ここへ来る必要はなくなりました。このルート、どうしますかねぇ。そのパートナーさまですが、時間があまったので、RP済みの修行僧をTRで遊んでいましたが、いとも簡単に核心出だしムーブをこなすではないですか?チキチー! ご機嫌のパートナーさまを信濃川上駅へ送ってから、ナナーズで買い出しをして廻り目平へ戻りました。ナナーズにはUS帰りのYI花ちゃんとコブくん夫妻と会いました。ラブラブ臭をお店中にまき散らしていました。廻り目平では、平なところに車を駐車できて、HR岩一家のテントにお邪魔しました。目標のないオヤジは案の定飲み過ぎました。

◇ 1日(日)
 二日酔いです。ナナーズで買ったジョニーウォーカー赤のボトルが半分以上なくなっていました。いや、まだ気持ちがよくて、二日酔いではありませんでした。マラ岩へのアプロ―チは酒臭くてしんどかったです。呼気にアルコールが入っているからでしょう。喉が渇いてしかたありませんでした。朝ホロ酔い気分で準備していたら、ノリノリ師匠とH山さんと会いました。ニンポーの情報を仕入れました。元気くんがマラ岩へやってきたので、ニンポーのビレイをしてもらいました。

(5) 屋根の上のタジヤン(9)、酔登
・気持ちがよくて脳天気な登りでした。
(6) ニンポー(12d)、ヌンチャク掛け
・チョークバック忘れました。ここまで上がってくるの大変で、そのままヌンチャク掛けです。
・いきなり、インチキ棒を背負って忍者です。
(6) ニンボー(12d)、TR、ムーブ探り
・プリクリップしないで落ちたら、そのまま奈落の底へ転がっていきます。
・1pにぶら下がった状態で、いきなり15mぐらいにいるみたいな。不安です。
・1-2p間は右足ガバで右手出したいのですが、左手ホールドの向きが悪くて、できない。スメアエッジでフリで右手出しか?しかし、その右手が悪い。
・その次の水平スリットホールドは持てて、2p目クリップはできそうで、そこから、右手ガストンで体水平にして左手ホールド取り。足踏み直して次の右手ホールドだろうけど? どこへ行けばいいのか?
・あ~、ここがH山さんが言ってた核心あたりか?ホールドっぽいホールドがない!ガチャガチャホールドばかりだ。そして、その次の左手ホールド?っぽいサイド?は、はるか彼方。
・終了点が見えなくて、終了点まで行けないんじゃないかと心配したのですが、終了点はリップのすぐ上でヌンチャクは回収できました。

 とりあえず、ニンポー触ってみましたが…ボルト3本。O岩ハードショートシリーズは進めば進むほど、ルートがどんどんチ〇ケになっていきます(笑)。特に、このルートはロケーションが…何と言ったらよいのか。他の2本は、初日に「あっ!」もしかしたら?という感触があったのですが、このルートは… 体重が10kgぐらい落ちたあかつきには、再度触ってみますかねぇ。

〇 ロッキーロードをトライする水戸のチエちゃん
・パートナーさまは、砦岩前衛壁「一張羅(12d)」をみごとRPでした。
・HR岩一家の狼おじさんは土曜日にシルクロード(12b/c)をRPしたとのことです。
・水戸のチエちゃんは最終便でロッキーロード(12a)をRP、来週からシルクロードとのことです。
・みなさん、おめでとうございます。
・NDDをRPして絶好調のHTさんもシルクロードのムーブは全て解決していました。
・マチコちゃんとアヤちゃんは、ブラックホール(12b)やってました。このルートも????だよね~。ロッキーとかシルクとかエクセレントとか、ノーマルなルートをトライしている人達がうらやましい(笑)。
b0037220_22465216.jpg
〇 一張羅(12d)をトライするパートナーさま
・こっそりと、花崗岩で、グレード更新。
b0037220_16590100.jpg

きん


by Climber-Kin | 2017-10-01 22:47 | 小川山2017~2018 | Comments(2)