ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2017年 11月 26日

2017年11月25-26日、忘年会な二子山

 一昨日の休日(勤労感謝の日、木曜)から中1日で、再び二子へ向かいました。今週は第1回目のクライマー忘年会でした。天気の方も土日とも晴れ予報で、年末並みの寒気のようでしたが、少し緩むようで、岩場は暖かそうでした。土曜日は少し風があり、寒かったのですが、むしろ丁度よいぐらいで、日曜日は風がなく、暑すぎるぐらいでした。こんなに岩が熱いと上部のモニョモニョホールドが抜けてしまいます。

◇ 25日(土)
 一昨日に、やはりシューズはドラゴンレースでトライしようと決めたのでした。まだ、リハーサルできていないのが、腰押しつけレストでした。
(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、ムーブ確認
・4p目で、右行き過ぎだろうレストして、繋げてみました。しかし、腰押しつけレストは失敗。
・そして、腰押しつけレスト中に5p目クリップしようとヌンチャクを長いのと短いのを連結しておいたのですが、まだ、長さが足りませんでした。長いの2本にしておきました。
・各停でムーブを確認しました。
(5) 振り返るな(13a)、2カ所テン
・今度も繋いでトライしました。どこまで行けるかです。
・5p目の腰押しつけレストは、左足の押す場所が10cm高くて、はまらなかったようです。
・今度は、腰押しつけレスト中に5p目をクリップできました。あ~、60cmテープがいいか。
・しかし、腰押しつけレストは、実はなんちゃってレスト。相変わらず長居はできずにゴーでした。
・まだ、フットホールドを探すために、目がさまよいます。だけど、頑張りました。左手ドーンからフリで右手出して、送り、ステップ切って、左指穴アンダークロスへ入り、右手ドーンは、ホールド触りました。
・スタート地点につけました。

土曜日の夜は、おがのゲストハウスで、M下家とMOTさん&おKEIちゃん、パートナーさまとの6人で第1回目のクライマー忘年会でした。MOTさんとは同級生でEIちゃんとは同い年です。穴ムジRPしたおKEIちゃん以外は明日のことを気にして、お酒を控えていました(笑)。すき焼きでお腹いっぱいでした。下ネタ(下仁田)ネギ?がおいしかった。

◇ 26日(日)
 昨日、スタート地点に立てたので、張り切って行ってはみたものの、やはり二日目でした。しかも、木曜日も登ってるしって、この傾斜と長さは体と指皮へのダメージは大きいですね。

(6) 高く登れ(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 振り返るな(13a)、出血
・深くきれてしまって、血が止まりません。モニョモニョホールドに血のマーキングをしてしまいました。
・だけど、これで左手のテーピング仕様を思い出しました。
(9) 振り返るな(13a)、2カ所テン
・6p目クリップして左手ドーンまでは行けたのですが、左手の指が開いてきてしまいます。ヨレヨレでした。
・8p目にロープかけた状態で、6p目から、どこまで行けるかは、左手ビンタン取りで力尽きました。
・核心セクションをそこだけリハーサルでも、まだ、力足りません。
(10) ワーカーホリック(10b)、新靴慣らし
・もう、前腕がヨレヨレで痛いぐらいなので、難しいのでは遊べません。でっ、思いついたのが、あ~新しいドラゴンを慣らそう。

 こんなに何度もトライしていても、シーズン初めは、違和感満載で核心セクションはこんなに難しかったっけ?と不安の連続でしたが、なんとかシーズン3日目でスタート地点に立てたと思います。次は、右手ドーンを止めることです。今シーズン、少しは前進したいです。頑張ります。
 中一日で、足指が傷んだままで辛かったです。昨年から使っているドラゴンレースはヨレヨレになってきてます。剛性が弱すぎると、最後の最後の粒足が辛いです。そろそろ、次のシューズを作っていかないとね。

〇 今週の二子山
・ワタさんの任侠がおしかった。
・常連さんがそろってきてました。
・コブ&Y花さま夫婦も今年は二子?
・写真は、「おいしいいよ」をトライするMOTさん。
b0037220_23430019.jpg
〇 Oh!No!参上
・弓状で一番目立ってました。
b0037220_23434664.jpg
〇 今週の成果
・左手のテーピング仕様を思い出しました。
b0037220_23444347.jpg
きん



by Climber-Kin | 2017-11-26 23:44 | 二子山'17-'18 | Comments(0)
2017年 11月 24日

クライミングにおける乾燥手対策の研究(2017年)

 石灰岩のシーズンがやってきました。今年は、10月の週末ごとにやって来た台風に秋を持ってかれてしまったのですが、その後はいきなり冬になってしまいました。そして、冬と言えば乾燥です。もう、手のツリツリ対策を行わなければならない季節になってしまいました。
 オイルカットの「極水」がよいと思っていたのですが、「白潤(シロジュン)」がどうも、しっくりきます。微妙な成分の割合の違いだけなのですが。ヒアルロン酸が多すぎると、ちと、ヌルヌル感が長引きます。今年薬局を覗くと、「白潤プレミアム」が出ているではありませんか。思わず手が出てしまいました。パフはそのままぶら下げられるそうな大き目のパフを買ってみました。ハーネスの締めテープに簡単につけられそうです。

〇 乾燥手対策のアイテム
・「Bioreうるおい弱酸水しっとり」は少しヌルヌル感が強すぎます。買ってから減りませんでした。
・「白潤」は、いまのところイチオシです。今年も新しいのを買いました。
・「白潤プレミアム」は、少しヌルヌル度が高いかなぁ。
・ヘチマ水と思ったら、これレンズクリーナーでした(笑)。関係ありません。
・「極水」は、塗った後サラサラ感が強くて、グリセリンが多いのかなぁ、結局、あまり使いませんでした。
・中荒目#120、幅100m×3mの紙やすり。
b0037220_15210063.jpg
きん



by Climber-Kin | 2017-11-24 15:22 | クライミングの研究 | Comments(0)
2017年 11月 23日

2017年11月23日、雨のち晴れの二子山

 22日(水)から23日(勤労感謝の日)にかけて雨の予報でした。どれぐらい降るのかなぁ?でも昼から晴れの予報でした。今週末も土日に登る予定なのですが、晴れの休日に登らないというのも我慢できないので、二子へ向かったのでした。しかし、朝は凄い雨でした。7時に秩父を通りましたが、全然やみません。二子山二俣の駐車場に着くころにようやく雨はやんでくれたようでした。
 弓状に到着すると、湿めぽ~い。しかし、午後から晴れだし、適度な湿り気でフリクションがよかったり、もしかしたら、今シーズンは、これが最高のコンディションで、あとは乾燥してツリツリへ進むだけだったりと思ったのでした。

(1) 高く登れ(10b)、MS再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) ワーカーホーリック(10b)、MS再登
・アップは、ブースティックのリソースで登ってみた。やはり、石灰岩には固いかなぁ。
(4) 振り返るな(13a)、ムーブ確認
・いきなり、固いブースティックは怖いので、まずは、慣れたドラゴンレースで触ってみた。
・まだ、5p目付近のコルネが濡れていたので、4p目から各停でムーブを起こしながら、確認してみた。
・5p目クリップだが、短いヌンチャクを連結すれば、ロープの流れがよくなるし、腰押しつけレスト中にクリップできるかもしれない。降りる際に連結してみた。しかし、今日は確かめることはできなかった。
(5) 振り返るな(13a)、シューズ確認
・かなり不安だが、ブースティックのリソースで登ってみた。前半は思ったほど違和感はなかった。
・5-6p間の傾斜が強く、足が深くなるところのスメアで違和感を感じた。あっ、足先がはじかれそう。まぁ慣れれば大丈夫な感じだが。
・そして、期待していた、核心セクション入りの右足薄カチホールドの掻き込みは?
・掻き込み前の、まずは、スメアエッジっぽく右足押して上がるところで、ブースティックリソールだと固すぎて厳しいかもしれない。
・右足掻き込みながら、右手ドーンは? うーん、かえる足になって、ちっとも力が入らない。小川山修行僧で感じた載り込めない感触と同じような。

 ブースティックのC4リソース版。期待してたんですけどねぇ。そういう問題ではないようです。姑息なことは考えず、頑張れってことですね。今日の前進、5p目を長くしました。これ前進か? 次回、腰押しつけレスト中にクリップできるか? 二子はずっと、ドラゴンレースで登ってきました。浮気しないで、ドラゴンレースで頑張りましょう。今日の前進?は、もう一つありました。右手薬指の指穴対策パッドをあてる場所がわかりました(笑)。

〇 午後から晴れた弓状
・午前中は、染み出しが濡れていましたが、午後は結構乾いてきました。
・適度なお湿りでフリクションがよかったです。このフリクションは、これから4ヶ月間の中で最高になるかも(苦笑)。
b0037220_22042216.jpg
〇 今日の成果
・指穴対策パッドをあてる位置がわかった!
b0037220_22050933.jpg
きん


by Climber-Kin | 2017-11-23 22:02 | 二子山'17-'18 | Comments(0)
2017年 11月 19日

2017年11月19日、いきなり寒かった二子山

「振り返るな(13a)との再会」

 前日は、754くんとコビッキーの結婚式&披露宴でした。お似合いのお二人でした。末永くお幸せにね。当初は酒飲み過ぎて辛いだろうと、日曜日は外岩へ行かないつもりだったのですが、晴れの天気予報を見て、やはり外岩へ行きたくなってしまい、なんとなくT氏に声をかけたのでした。初めての待ち合わせで、ちょっと失敗というか、思いのほか朝は寒かったようで、スクーターで飯能まで来たのは大変だったようです。ご苦労様でした。
 さて、先週不意に二子へ来たものの、私のルートには、まだ染みだしがあって、触らなかったのです。今日は大丈夫かなぁ?

(1-2) 高く登れ(10b)、MS再登+TR早登り
(3) バイパス(10a)、MS再登
(4) 振り返るな(13a)、ヌンチャク掛け
・いや~、緊張するなぁ。どことどこが、マスターだと遠いんだっけ?と反芻する。1、2、4pの前半殆どが遠い。
・怖いので、ガビガビホールドを力一杯握りながら、ヌン掛けした。前腕張った!
・終了点直下の背骨コルネが泥だらけだった。泥落としたら、そのまま細かい岩が落ちてしまった。コルネが痩せたしまった146.png
(5) 振り返るな(13a)、ムーブ思い出し便
・これだけの便数をだしているのだから、覚えているものだ。
・核心セクションも一カ所忘れていたが、すぐに思い出した。
(6) 振り返るな(13a)、ムーブ練習便
・日没が早い!
・4p、5p、6pでテンション入れて、8p目にロープ入れて、核心セクションリハーサル。先便はできたのに、今度は失敗。
・T氏がまだ、真珠入りの探り便を出すようなので、そこで降りた。

 「振り返るな」と再会してきました。核心セクションは記憶より随分強度が強かったです。相変わらず狭厳しいです。でも、久々に触るので、新鮮でした。頑張りましょう。腰押しつけレストのリハーサルは、まだできませんでした。だって、4-5p間の真ん中でクリップしないで変なところでやらなきゃならないから、怖いんだよ~。
 ルートに少し慣れてきたら、C4にリソールしたブースティックでトライしてみたいと思います。核心のチビ足とヒールフックが楽になるかも? でも、その他のところでは登り辛くなってしまったり。リソールしても。ソールが曲がらなくて固いんだよねぇ。どうなることやら。

〇 乾いてきましたね~
・6p目クリップの右手アンダー穴ホールドは濡れていましたが、他は大丈夫そうです。
・ところどころ、泥だらけでした。落としても落としても、キリがありませんでした。
・少しづつ、落としていきましょう。
b0037220_22433084.jpg
〇 おいしいよを探るMOTさん
・おじさん二人がムーブ探りで盛り上がっていました(笑)。
・おKEIちゃんの「穴ムジ」はおしかった。最後、指がよれるんだよねぇ。次回こそRPでしょう。
b0037220_22440977.jpg
〇 おそろいムーブ
・何故か?おそろいのムーブ!
・手前はぜ兄ぃか?
b0037220_22443639.jpg


きん


by Climber-Kin | 2017-11-19 22:45 | 二子山'17-'18 | Comments(2)
2017年 11月 12日

2017年11月12日、予期せぬ二子山

「青い目のセリーヌ(12c)との再会」

 今日も中里の岩場まで行ったのですが、林道終点に着いた時の温度は4度で風がビュービュー! この寒さは、無理かと即座に決断し、林道を降りました。途中、中里へ向かうmot号と出会い、寒くて撤退と告げて、二子へ向かったのでした。登り飽きているはずのアップルートを新鮮な気分で登って、「振り返るな」にヌンチャク掛けするために二段岩壁に上がったのですが、よ~く見ると、核心セクションへの入りのコルネから水が滴っているのが見えました。あ~! 来週は来れるかどうかわからないので、無理してヌンチャク掛けするのはやめようと思ったのでした。でっ、何をやろうか。あ~、久々にあれ触ってみるかな。

(1) 高く登れ(10b)、MS再登
・陽が当たっていて、めちゃくちゃ明るいところで、マスターで登るのは久々だった。これ、ボルト、やば過ぎないか!
(2) バイパス(10a)、MS再登
・力入るな~。
(3) 青い目のセリーヌ(12c)、ムーブ探り
・前半何もできない。
(4) 青い目のセリーヌ(12c)、ムーブ探り
・結局前半何もできなかった。
・降りてきて、ぜ兄ぃから、正解らいしいムーブを聞いた。なるほど、確かにそれが正解かも。
・今日の感覚では、それもできるとは思えないが、できるとしたら、そのムーブしかないかもしれない。
・また、いつか触ってみよう。

 予期せぬ、突然の二子になりました。岩の状態は、ところどころ染み出してはいるものの、「振り返るな」以外は、トライできる状態になったようです。再来週から二子通いでしょうか。体重を落とせぬまま二子入りか~。オーマイガー!

〇 青い目のセリーヌ(12c)
・左手アンダーから右手クロス気味で遠いサイド取りかと思っていましたが、左手アンダーから右側のサイドとってから右足上げて、右手右足でドーンと次のランジ気味ムーブの比較的よい左手ホールドを一気にとるのか。なるほど。
・これも、また挑戦しよう!
b0037220_23564164.jpg
〇 任侠道(12d)をRPするISMくん
・最近、私「失敗しないので~」
・うーん。ずっこけなくなった。
b0037220_12491481.jpg
〇 穴のムジナ(12c)をトライする、おKEIちゃん
・いきなり来て、第一核心をこなしてた。強い!
b0037220_12495966.jpg

きん



by Climber-Kin | 2017-11-12 23:55 | 二子山'17-'18 | Comments(5)
2017年 11月 12日

2017年11月11日、中里の岩場、今シーズン最初で最後?

「神流のカンナ(13a)との再会」

 土曜日は明け方雨が降るような天気予報でした。でも、そんなに降らないだろうという予想から、久々に中里の岩場へ向かったのでした。中里の岩場は日陰で、特に天狗岩の方は風通しよがくて、寒いです。理事長岩も日陰です。でも、ムーブを思い出しておきたいと、久々にあのルートを触りに向かったのでした。瑞牆方面からの帰りとか寄ってみては、林道が通れないことが何年も続きました。今年は10月に林道が通れることは確認していました。まだ、二子は染み出しが残っているという情報もあって、もうシーズンアウトなのですが、忘れ切らないように行ってみたのです。

(1) セレナーデ(10a)、再登
(2) 神流のカンナ(13a)、TR掛
・ステルスC4にリソールしたブースティック履いて、ヌンチャク掛。あっ、この靴ステルスラバーにしたとは言え、このルートには合わない!
(3) 神流のカンナ(13a)、×
・核心は、何もできません。ホールドが粉っぽくてスベスベ。
・まぁ、何となーくな雰囲気は思い出してきたのですが。
・核心セクション後半の右手小指指ジャムしてムーブリハーサルしたら、1回目は体上がったけど、2回目からは、もう指が痛くて力入りません。
(4) 神流のカンナ(13a)、×
・あ~、そうか、リーチを生かして、パツパツで遠いホールド掴んで頑張るのか!
・なんとな~く、思い出して来た。
・そうそう、唯一できていなかったムーブ、下からパツパツで小指指ジャムから体を上げてサイド引きへ持ち直すムーブ。そこの解析までは、たどりつけませんでした。

 久々に、「神流のカンナ(13a)」に会って来ました。相変わらず難しかったですが、とりあえず、最後に触った時のムーブ近くまでは思い出せましたが、そこまででした。短しいです。このルート。でも、このルートは、私のためのルートだと思うんですよ。また、来たいです。

〇 神流のカンナ(13a)
・核心は上部のカンテの右側なので、この写真ではわかりません。
・核心でフォールすると激突するまで育ってしまった木は、なくなりました。
・その時のブログの写真と比べるとわかります。
・それでも、終了点直下で落ちると、凹状の出っ張った岩に激突しそうです。ボルダーマット持ってきたのですが、ボルダーマットをセットするような状況にはなりませんでした。
b0037220_23155597.jpg
〇 懐かしい「ラウマー(12d)」と「カチの特訓(13a)」
・これまで見た中で一番乾いていました。でも、もうシーズン終了ですね。
b0037220_23170681.jpg
きん


by Climber-Kin | 2017-11-12 23:20 | 中里の岩場 | Comments(0)
2017年 11月 06日

2017年11月5日、十石峠の岩場

 三連休の最終日、しかも、米国の大統領が来日していて交通規制の影響が読めませんでした。そこで、二日間小川山で登って、最終日は朝早めにテント回収して、久しぶりに十石峠の岩場へ向かったのでした。郷土館で、前日に連絡してきた元気くんと待ち合わせしました。ここ寒い! しかし、岩場は陽だまりでポカポカで快適でした。前回この岩場へ来たのは2014年で結構最近でした(笑)。その前は、なんと2006年です150.png。我々の他に、もう1パーティ来てましたが、今では静かにクライミングを楽しめる、よい岩場になっています。終了点のテープはそろそろ替えた方がよいかもしれません。

(1) アンバランス(10b)、再登
(2) かえる(12b)、ヌンチャク掛
(3) かえる(12b)、ムーブ探り
・核心までは、ホールドが遠いが、まぁ、何とかなりそうでした。しかし、その核心ムーブがわかりません。
・とりあえず、何とかできたのですが、これを繋げてきて、できるのか?
(4) かえる(12b)、ムーブ探り
・核心ムーブですが、探りに探るも、やはり、微妙なレイバック風ムーブしか、ありませんでした。
・最後のフットホールドないセクションも、左足高くして、どりゃーとはるか上のカチホールドへ!
・うーん、ムーブは全てできたと言えば、できたのだが…

 十石峠の岩場は、アプローチの足場が悪くて、岩場の下が斜めっていて、居心地はあまりよくないのですが、陽だまりで、紅葉が美しい。小川山帰りに、たまに来るには、良い岩場です。かえる(12b)はムーブを解決できたようです。また、いつか来たいですね。

〇 かえる(12b)をトライする私
・このルートは、持久系のファイブオーとホロンとは違い、ボルダーチックなルートです。
・ある意味、自分向けのルートなので登っておきたいです。また、来よう。
b0037220_00121681.jpg
〇 10dかな?
・パートナーさまが、オンサイト!かな?
b0037220_22534999.jpg
〇 ファイブオー(12a)
・新人パパさんの元気くんは、ファイブオー(12a)をMSオンサイト。ホロン(12a)もオンサイト。かえる(12b)をFL。
・オンサイト&FL、おめでとうございます。じゃなくて、出産おめでとうございます。
・登った後は、一目散に妻子の元、トスコの実家へ帰って行きました。
b0037220_22545237.jpg
〇 ホロン(12a)
・まさか、これもオンサイトするとは。
b0037220_22553564.jpg

きん


by Climber-Kin | 2017-11-06 00:12 | 十石峠 | Comments(3)
2017年 11月 05日

2017年11月3-4日、小川山、雨あがりの夜空にRP、愛情スラブWP

 4週ぶりの週末の晴れになるのでしょうか。しかも、「文化の日」で金土日の三連休でした。土曜日に天気が少し崩れる予報でした。それと土曜日の夕方から冷え込むとの予報でしたが、金土で今シーズン最後の小川山のつもりで廻り目平へ向かって出発したのでした。久々の晴れの上に三連休初日は、少し早めに渋滞し始めていた中央道でした。

◇ 11/3(金)
 さぁ、どのエリアへ行くかと悩ましかったのですが、パートナーさまと共通の課題がある妹岩へ向かったのでした。私は、4週前に2便出して登れそうで登り損ねた「雨あがりの夜空に(12a)」です。金峰川は増水していました。裸足になって渡渉したのですが、足が冷え切りました。

(1) 屋根の上のタジヤン(9)、TR
・渡渉で足指が猛烈に冷えてしまいました。足の感覚がありませんでした。1p目かけて降りてきました。
・TRで登りましたが、足指感覚がなくて、怖かった。
(2) 雨あがりの夜空に(12a)、ヌンチャク掛&ムーブ確認
・うっ、出だしがムーブが入りが??? 2p目からのムーブも簡単ではない。うーん。カンテがヌメヌメで、状態悪いぞ。
・結構時間をかけて、出だし以外はムーブを固めた。
(3-4) 雨あがりの夜空に(12a)、RP
・カンテがヌメヌメだった。出だし失敗。あ~。やり直し。
・今度は、ぎりぎりで、成功。そこからも、カンテがヌメヌメで苦戦するが、力づくの無呼吸登攀で4p目に到着するが、前腕張ってきて危なかった。
・ゼーハーゼーハー言いながら、何とか完登。よかった~。

 記憶を見ると、「雨あがりの夜空に(12a)」は、2014年9月に一便だして、全くムーブがわからず、すぐにヌンチャクを回収しています。4週間ほど前に2度目のニンポー触って絶望して撤収し、思い出したように触ってみました。今度は、ムーブがわかりました。核心の出だしをこなして、そのまま登るつもりが、登り損ねてしまったのでした。そして、3週末連続の台風を挟んで、今シーズンの締めのつもりで、再度トライにやってきたのですが、状態が悪く、返り討ちに合うところでした。危ない、危ない。何とか登れました。

◇ 11/4(土)
 二日目も、どこへ行くのか迷いましたが、前日に「愛情スラブ(12a)」をホワイトポイント(WP、Trで完登)したパートナーさまが、シーズン最後に再度トライしたいということで、再び妹岩へ行くことになりました。私も、その、どスラブをやってみることになりました。

(5) 屋根の上のタジヤン(9)、再登
・今度は、ミウラXXですが、硬~い靴でリードしました。
(6) 愛情スラブ(12a)、TR、ムーブ探り
・ルート名、「愛情のないスラブ」の間違えじゃない?
・こんなのリードできないと言いながらも、ぶつ切れながらも何とかムーブはこなせたのか?今日はフリクションがよい?
(7) 愛情スラブ(12a)、TR、WP
・TRなのに、最初から声が出ました。4-5p間こなせたら、スイッチが入りました。
・前便のリハーサルムーブの隙間にアドリブ入りましたが、何とWPしちゃいました。
(8) 愛情スラブ(12a)、TR、ヌンチャク回収
・ISM君のエクセレントパワーのRPトライみてから、リードでトライしようと準備を始めたら、ポツポツ降り出してしまいました。
・リードはやめて、トップロープで回収へ。途中で、ホールド濡れてきて、最後はゴボウで何とか回収しました。

 暑い時期に触ってみたものの、何もできなくてすぐに回収した「愛情スラブ(12a)」でしたが、状態が良ければ、全然違うルートでした。WPできてしまった自分にビックリです。しかし、神様はいじわるでした。突然に嵐のような雨になってしまって、RPトライさせてくれませんでした。こんな寒い時期しかチャンスがないような。もう、そんな機会はないような気がします。

 三週連続の台風のお陰で、小川山の紅葉シーズンは終わっていましたが、まだ、黄葉はしていて、晩秋の雰囲気を楽しめました。小川山の難しいルートをトライしていたころは、11月に入っても来ていたのですが、こんな寒い小川山は久々でした。そんな寒い廻り目平のキャンプも楽しめました。来シーズンの小川山はどうなりますかねぇ?来シーズンまで、さよーなら!

〇 雨あがりの夜空に(12a)
・イエロークラッシュのすぐ下にあります。キジ場の中のルート。笑。しかし、手強く、面白いです。
・いつぞやのGWに、RCサクセッションの清志郎が亡くなった年でした。そのGWにI川さんがこのルートRPして、KBさんにルート名つけてくださいと頼んだところ、この名前がつきました。ルート自体はもう少し前に開拓されていたと思います。
・3p目まで、ムーブを見つけるのが難しく、12aにしては、理不尽なボルダーチックなムーブが連続して、とても面白いルートです。
・翌日登った、さかもっちんも面白いと絶賛していました。
・イエロークラッシュが混んでいる時とか、シルクロードに疲れてしまった方(笑)とか、ぜひトライしてみてください。

b0037220_23263443.jpg
〇 愛情(のない)スラブ(12a)
・このルート、難しいです。
・核心セクションが長いです。
・でも、指力ルートです。悪いフットホールドをスメアで指力に頼って登ります。そういう意味で、靴フリクションで登る、どスラブではないです。
・声出して登るスラブです(笑)。
・パートナーさまは、2つ目の核心こなしたら、もう、そのまま登ってくれ~と祈りました。みごとRP。よかった、よかった。
・続けて私もWPできたので、ヌンチャク回収しようとしたら、いつぞやのカサメリ沢のリトルサンシャインと同じパターンで、RPしろと司令が下りました。でも、雨降ってきて、トライすらできませんでした。ついてないのか?ラッキーだったのか?笑。
b0037220_23533934.jpg
〇 エクセレントパワーをRPするISMくん
・シルクの核心から全く危なげなく完登。おめでとうございます。
b0037220_00020764.jpg
きん


by Climber-Kin | 2017-11-05 23:20 | 小川山2017~2018 | Comments(2)