ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2018年 03月 25日

2018年3月25日、十年ぶりのチャート北川

 日曜日はどこへ行くか迷いましたが、いろいろと情報を集め北川なら乾いているとのことで、記録を見ると北川は実に10年ぶりの訪問のようです。かつ、それは、10年ぶりにチャートを登ると言うことになるようです。そして、ここには、10年前に登り損ねている「秋葉大権現(12b)」があるのです。

(1) 七夕(8)、多分再登
(2) 秋葉大権現(12b)、ヌンチャク掛け
(3) 秋葉大権現(12b)、ムーブ探り
(4) 秋葉大権現(12b)、ムーブ探り

 岩場では薄っすらと電波が入るので、きんブログの最後の秋葉トライの記事で復習したのでした。出だしは何とかわかってできたのですが、その後の2-3p間ができません。3p目からはブツ切れなら各ムーブはできるのですが、4p目のクリップが解決できませんでした。後から、きんブログ読み返したら、最後の秋葉トライの記事の前のシーズン終了の記事に詳しくムーブメモがありました。あちょー!これ見ておけばよかった。できなかった最初のハングの乗越から4p目クリップまでのムーブが書いてあった。オーマイガー!また行くかな。

〇 秋葉大権現をトライするマチコちゃん
・12bの強度じゃーないよね。
・記録見ると、このあたりの手前で、9回連続で落ちているようです。しかし、10年前に継続トライして登っておくんだった。もう、こんな難しいの登れないかも。
・静かで、よかったです。しかし、これからシーズンで静かでなくなるのかも。
・二子登った翌日に行く岩場の候補の一つになりました。
b0037220_22375464.jpg
きん



by Climber-Kin | 2018-03-25 22:41 | 北川の岩場 | Comments(4)
2018年 03月 25日

2018年3月24日、水没した二子山

 春分の日前後に激しい雨が降ったのですが、山の方は積雪があったようです。しかし、気温はもう春なので、林道の雪はすぐに溶けてしまいました。しかし、山の斜面に積もった雪はジワジワと融けているようで、二子は流れ込みと染み出しが止まっていませんでした。殆どのルートがびしょ濡れでした。唐獅子と広場だけがまともなトライができるような状況になってしまいました。

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 大バカ犬(11d)、×、再登狙い
・昼過ぎまで乾かないかなぁと待ったのですが、全く乾く気配はありませんでした。パートナーさまとマチコちゃんが触っていたこのルートを再登狙いで触ってみるものの難しい!

 来週末まで天気は良いようです。来週末までに乾いてくれるとよいのですが。

〇 お話にならない濡れぐらいの「振り返るな」
・これでは、忘れないように一便出すとかいう気にもならないですね。
b0037220_22200945.jpg
〇 中里の岩場のアプローチ
・日曜日のために中里の岩場を見に行ってきたのですが、根っこが土の中に残っていてどかせません。ダメだこりゃ。
・来週も二子が濡れていてい、ここ来るなら電動ノコ持参か。
b0037220_22204495.jpg
〇 ありゃりゃ
・299号で軽が挟まっていました。
・春分の日の雪の際に滑っちゃったんでしょう。これ恐かっただろうなぁ。お気の毒です。
b0037220_22233626.jpg
〇 自棄酒
・こんな状況だと、おがゲスでは酒へのブレーキが利きません。
・AVクライマーともちん、(ブラック)マチコちゃん、パートナーさまの4人で寄せ鍋を食べまくりました。
b0037220_22265806.jpg
b0037220_22453019.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-03-25 22:19 | 二子山'17-'18 | Comments(2)
2018年 03月 18日

2018年3月17-18日、染み出しにめげるな!二子山

 先々週の大雨で先週末は染み出してしまった「振り返るな」でした。今週は晴れの日が続いたので乾くと期待してきたのですが、染み出しは完全には乾いてくれませんでした。途中で手が濡れてしまう箇所がいくつかありながらも、トライは可能な状況でした。二日間とも頑張りました。

◇17日(土)
(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×
・左指穴アンダークロスから右手ドーンで右手触ったが、体が下がっていたか?
(5) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョからトゥフックで右手カンテ取ったが動けず。勢い余って、右手が奥へ行き過ぎた。
・何したらよいのか頭がパニック。この状況でいつもと違うことはできません。
◇18日(日)
(6) 高く登れ(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 振り返るな(13a)、×
・左指穴アンダークロスから右手ドーンで左指穴アンダーがスッポぬけた。今週最後のチャンスがオーマイガー!
(10) 振り返るな(13a)、×
・ヨレヨレだけど、頑張って頑張って、左手モニョモニョとって、フットホールド踏み替えて右足トゥは上げられず。

 期待通りに乾くまでいかず、染み出しで一部ホールドが濡れている状態でしたが、トライは可能でした。しかし、濡れた手を拭ったり、やることが増えるのには閉口します。湿っぽいホールドには力が入ります。6p目クリップの穴ホールドが湿っぽくて嫌でした。それでも、やっていると馴れてくるもので、苦しいながらも、ほぼ最高到達地点に戻すことはできたのでした。しかし、右手ドーンが止まったトライで最後は、ヨレヨレの自分に耐えられなくなり、自ら落ちている自分に気づきました。なんだかとても悔しいです。このヨレヨレの中で頑張るしかないんです。
 私のムーブでは、同じフットホールドで足の踏み替えを行うので、左手モニョモニョは手前引きの力がいるのです。それで、ピンチ持ちに保持しなくてはなりません。そのピンチ持ちが、肘が上がって、なんだか苦しく感じさせているのです。しかし、それは足の踏み替えムーブのためだけに必要なのです。もうダメだからやめなさい!って脳が命令するのです。まだ余力があるのに危険を感じると脳は嘘をつくのです。


 右足へ踏み替えて左足を置いて体を右へシフトしてやれば左手ピンチ持ちはサイド引きとなり、楽になるはずです。そして、さらに左足を寄せて立って右足ヒールをはめれば、腰が入って、すっと楽になる。限界で手を出して、この距離をフォールするのは勇気がいります。しかし、自らあきらめないで、「観の目」境地でムーブを続けよう!これまで、そうやって、難しいルートをいくつも登ってきました。脳に騙されるな!頑張ろう!

〇 染み出し気味の「振り返るな」左指穴アンダークロスクロスムーブの私
・湿っぽ~い!
・写真byKT川さん。ありがとうございます。松本組のみなさん、おがのゲストハウスでは仲間にいれて頂き、ありがとうございました。寂しい夜でなく楽しい夜になりました。
b0037220_22542963.jpg
〇 よーこそTウォールをトライするマチコちゃん
久々の弓状登場。
・朝からマチコちゃんのモノマネで盛り上がっていました。
b0037220_22561249.jpg
きん




by Climber-Kin | 2018-03-18 22:54 | 二子山'17-'18 | Comments(2)
2018年 03月 11日

2018年3月10-11日、失望の二子山

 金曜日に大雨が降りました。間違えなく流れ込むでしょう。しかし、流れ込みはすぐに乾きます。問題は染み出しです。金曜日の雨が雪だったかもしれないので、土曜日は念のため合角ダム側から上がりました。夜中に少しだけ雪になったようです。しかし、100mm級の雨が降っては、弓状もただではすいませんでした。二段岩壁ではあちこちで流れ込みが見られました。真珠入り上部とSVPの上部も流れ込みがありました。そして、私の課題の「振り返るな(13a)」は5p目あたりのいつもの染み出しと上部流れ込みと思われるシミで核心セクション右手カンテがびっしょり濡れているように見えました。

◇ 10日(土)
(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 振り返るな(13a)、左指穴アンダークロスムーブ前まで
◇ 11日(日)
(4) 高く登れ(10b)、再登
(5) バイパス(10a)、再登
(6) 振り返るな(13a)、微塵の可能性もなし
(7) 私生活(12c)、ムーブ探り

 土曜日は日曜日の方が乾くだろうと、2時半ぐらいに1便だけ出しました。濡れている部分はアドリブでムーブ修正で5p目前後は手を拭きながら進み、結構順調に6p目まできました。左手ドーンから右手ワンツー。そして左指穴アンダークロスへ入ろうとすると、右手がビショ濡れで抜けそうなのに気づきました。右手が濡れてる!どうするか迷いましたが、キーの右足フットホールドも黒く塗れているので、無理をせず自分からテンションしました。右手ワンツーの中継穴アンダーホールドがビショ濡れでした。最初からわかっていれば飛ばすこともあったのですが、仕方ありません。右手カンテが上部からの流れ込みでまっ黒になっていますが、わかっていれば何とか掴めるぐらいのようです。難度が1割ぐらいは上がっていますが、何とかトライはできそうな感じでした。夕方にもう一便出すか迷いました。結局日曜日の可能性にかけることにして、トライしませんでした。
 しかし、日曜日に弓状へ上がってくると、オーマイガー!明らかに昨日より悪化していました。日も出ないし寒いし、岩が乾きそうもありませんでした。迷いましたが、2時前ぐらいに1便だしてみました。前半も染み出しの濡れが広がっていましたが、ギリギリセーフぐらいで、一部フットホールドを変えて改良した4p目レストへ。5p目腰押しつけレストもうまくいって、濡れた手を拭きながら鏡餅ホールドから右手アンダーは濡れているわりにはフリクションはよいのですが、その後の状況も考えて、自らテンションしました。何とか6p目クリップして上部を探りましたが、流れ込みじゃなくて、これは染み出しじゃないか? 右手ドーンの輪っか状キーフットホールドは中が凍った状態でビショ濡れでした。右カンテは2つのキーホールドがビショ濡れで、これでは話になりません。RPの微塵の可能性もありませんでした。濡れたホールドを力いっぱい握りこんで指が痛いです。まだ、岩の中は凍っているようです。ここまで暖かくなると一旦、岩の中の氷が融けないと染み出しは止まらないかも?
 今週は暖かい良い天気が続くとのことなので、来週に期待です。上部は乾くかもしれませんが、染み出しは徐々に下方へ下りていくので、穴ホールドと5p目前後、それと前半が染み出しているかも~。

〇 今週の弓状
・土曜日は暖かくて空いていたのですが、日曜日は予想外に寒くなったのですが、久々に盛況な弓状をみました。
・この右手アンダーを握って、トライする気持ちが萎えました。ここで自らテンションしました。
b0037220_23412193.jpg
〇 振り返るな染み出しの様子
・左穴指アンダークロスの下あたりから始まる染み出しが5p目の染み出しまで繋がってしまいました。
b0037220_23423404.jpg

きん



by Climber-Kin | 2018-03-11 23:21 | 二子山'17-'18 | Comments(2)
2018年 03月 05日

2018年3月3-4日、停滞続く二子山

 水木の大雨は雪ではなかったようで、積雪は増えず林道で股峠まで上がれました。SNDさん情報で「振り返るな」に雨が流れ込んでしまったようでしたが、土曜日には乾いていました。週末はGWごろぐらいに暑くなる予報が出ていましたが、日曜日はその通りになってしまいました。日陰のない弓状でのぼせてしまいました。

◇ 3/3(土)
(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 振り返るな(13a)、×
(4) 振り返るな(13a)、×
◇ 3/4(日)
(5) 高く登れ(10b)、再登
(6) バイパス(10a)、再登
(7) 振り返るな(13a)、×
(8) 振り返るな(13a)、×

 日曜日は暑かったとは言え、土曜日はチャンスがあったのです。5p目腰押しつけレストが結構はまったのに、左指穴アンダークロスムーブの失敗が続いています。左指がうまく入らないのです。日曜日は、それを調整したはずでしたが、まだ持ち方が正しくなかったようです。なんとか右手ドーンは止めたものの、崩れた体勢を戻すために、余計な力を使って、左手モニョモニョもしっかり持てず、右手カンテをはたいて落ちました。2日目の2便目は暑さにやられてしまったのか、スタートから体が重く、全然ダメダメでしたが、その便で1ヶ所修正できて、二ヶ所確認できました。

① 4p目レストは右足を下す
・何をいまさら見つけているのか。自分にあきれる。
② 左手ドーンからの右手ワンツー親指の位置
・左指穴アンダークロスムーブで失敗している理由がわかりました。親指の位置がいつの間にか、下がっていました。それで体が右へ行かず、左指を刺し辛くなっていたようです。きっと。
③ 左手モニョモニョの親指の位置
・親指がはずれてしまうことが多くなっていました。
・これも、いつの間にか間違ったところを使っていました。それで、体が上がらないのか。きっと。

 ここに来て、鍵をまた見つけました。しかし、一つ気にするポイントが増えると、前の気にすべきポイントを忘れてしまう。モグラたたき状態になっています。自分のためにおさらいしておきたいと思います。次回も頑張ります。この月曜日に大雨降りました。そろそろ染み出しが心配です。

〇 5P目腰押しつけレスト
・これがなかなか決まらない。決まっても、体幹がどんどんよれてきてしまう。長居したくないレスト。
・写真by狼おじさん。ありがとうございます。
b0037220_14330333.jpg
〇 核心セクションスタート
・8p目クリップホールド、コルネ頭取りまで、18手。
b0037220_14333358.jpg
〇 6p目クリップホールド取り
・このあたりが一番傾斜を感じるところ。
b0037220_14343392.jpg
〇 左手ドーン
・バランスが悪くて、左手を出し辛い。この一手も力がいる。
b0037220_14345187.jpg
〇 右手ワンツー
・右手からホールドがツルッツルッと逃げていくことが多い。
b0037220_14350711.jpg
〇 左指穴アンダークロスムーブへ入るステップ
・徐々に体を上げていくはずなのだが、左手が低いので、あまり体が上がらない。
b0037220_14354659.jpg
〇 左指穴アンダークロスムーブ
・特徴的な指穴アンダークロスムーブ。フットホールドがどちらも、よろしくなくて、腕で引き付けるパワームーブになる。
b0037220_14361124.jpg
〇 右手ドーンから飛ばし
・指穴アンダークロスムーブが失敗して、壁からはがされてしまっている。
・無理やりムーブを継続するが、左指にダメージを与えてしまう。
b0037220_14364871.jpg
〇 左手モニョモニョ取って足踏み替え
・ホールドの持ち方失敗で、動いているうちに、親指がはずれてしまったところ。
・これでは、体が上がらないからカンテはたいて落ちるはずだ。
b0037220_14374149.jpg
〇 お決まりの大フォール
・「あちょ~」
b0037220_14375335.jpg
〇 あ~、今日も登れなかったと思いながらトップアウト
・写真byMCDさん。ありがとうございます。
b0037220_15155310.jpg

〇 気を付けるポイント(まとめ)
① 1p目クリップ左手は小指切らないように
② 腰を壁につけて、足でゆっくり登ること
③ 4p目レストは右足下した方が楽。十分にレストすること
④ 4-5p間、左手ガストンは、人差し指切らないように気を付ける
⑤ 5p目腰押しつけレストは、目視して腰を入れ込む
⑥ 鏡餅ホールドはラップ持ち、左足もフットホールドのせて、右手アンダーは小指側からはめること
⑦ 6p目クリップホールドへのクロスムーブ、左指アンダーは人指し指と中指を一番深いところに刺すこと
⑧ 6p目クリップ穴ホールドは、しっかり指を奥まで入れて、腕を伸ばし切ること、知らぬ間に曲がっているので注意
⑨ 左手ドーンは、右足フラッギング忘れず、それと、いきなりアンダーに握ろうとせずに、まずはサイド引きでつかんでから足寄せてからアンダーへ持ち直すこと
⑩ 右手ワンツーは、左足フラッギングで安定させて、足で立つこと
⑪ 右手ワンツーサイドは、右手小指から3本を奥の溝に入れること、親指は少し高めの少し出っ張っているところに当てること
⑫ 左指穴アンダーは、胸元でしっかり引き付けて、十分に刺すこと
⑬ 右足掻き込み気味に踏み直して、もう一度、体を上げ直してから左指穴アンダーを引きながら右手ドーン
⑭ 左足を蹴り足へ寄せて、右手ガバカチへ飛ばしは、まずは、下側の面部分を取ってから、ガバカチ部分へ小さく送る
⑮ モニョモニョ取りへの足踏み替え時は体が壁から離れないよう落ち着いて
⑯ モニョモニョホールドは、親指位置上よりの部分、注意
⑰ 足踏み替えて左足決めて、右足トゥーフックは左足伸ばして、立って立って! ここで腰が落ちていると右足トゥーは決まらない
⑱ 左足寄せて、右足ヒールも左足立つこと、立って立って!
⑲ 右足ヒールは少しガニって、寄って寄って、右手飛ばしホールドは近いはず、思い切って右手出せ~!
⑳ 左手コルネホッペ取りは、腰を右足へ載せて載せて、手だけだし
㉑ 両手で右足ヒール側に体を寄せながら左足をツブホールドへ
㉒ 右足少しへこんだ場所に当てて、コルネこめかみホールド目視してドリャー!
㉓ すぐに右足ヒールして、思い切って8p目クリップのコルネ頭取り
㉔ 頑張!

きん


by Climber-Kin | 2018-03-05 22:00 | 二子山'17-'18 | Comments(2)