ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2018年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2018年 12月 25日

2018年のまとめ

 2018年も終わりに近づきました。今年の年末年始は、めずらしく海外へ行ってきます。海外出張も行かなくなって随分たちました。インドには友人に何度も誘われましたが、結局行かず。仕事でも、海外とメールやテレコンでやり取りは頻繁にしているのですが、インターネットがあるので、ここ10年ぐらいは海外へ行っていません。パスポートを取り直して、22年ぶりぐらいの海外旅行です。最後に行った海外旅行というのが、22年前のプラナーンだったような気がします。

 今年も、「振り返るな(フォーエバー)」から始まりました。昨年あたりから肩の調子がよくなり、久々にフィジカルルートと真っ向勝負ができるようになって、いいところまで詰められました。しかし、2月の南岸低気圧の雪とその染み出しに3月以降、悩まされて、結局、あと3手から進まず、登れませんでした。そして、今シーズンは2日目から、いきなり、いいところまで繋がって、今年中にRPだと期待が高まったのです。しかし、甘くありませんでした。悔しいです。でも、シーズンは始まったばかりで、まだまだチャンスがある!だけど、染み出しが早いこのルートは、チャンスは2月までと思っていた方がよいでしょう。年明けから再び頑張ります。
 今年も夏シーズンの目標ルートの選択は難しかったです。カサメリ沢、軍艦岩の「ブラッドライン(12d)」を狙っていたのですが、今年は5月から暑くて、コンディションがよくありませんでした。並行して、西面を向いている、カサメリ沢の「ロボ(12c)」も触っていました。お盆明けも、結局「軍艦岩」の状態は悪くて、結露していることが多く、乾いている「ロボ」を触る機会が増えていきました。そして、成り行きで、いつのまにか、ロボおじさんになっていました。しかし、このルート、かつてないほど、ムーブが微妙で核心が多く、難しかったのです。だけど、とても面白いルートなのです。自分にとっては、「力The大岩(12c?)」と同じぐらい、熱くなれるルートでした。それが、ついに登れてしまったのです。しかも、湿気湿気の日に。自分でもびっくりでした。ワンシーズンで登れるような気がしなかったルートを突然登れて、自分では、めちゃくちゃ、うれしかったです。
 一方、恒例の夏の沢登りの方ですが、どこへ行くか、今シーズンは散々迷いました。7月から沢登りを始め、いきなり、2泊3日も掛かる恋の岐沢へ行ったのでした。まだ、なんとか体力的に登れるようでした。そして、体力もないのに、黒部川・上ノ廊下から北アルプス裏銀座縦走という暴挙に出たのでした。天候不順でどうなることやら?その天候不順の2日の晴れ間で今年も上ノ廊下を突破できました。その後の悪天候の中の北アルプス・裏銀座縦走は、へとへとでした。

 今年も充実した年を過ごせました。新年も体力向上して、岩に沢に、山をエンジョイしたいと思います。

〇 クライミング
(1) ロボ(12c)、RP

〇 登山
(1) 奥多摩・水根沢
(2) 只見川・恋ノ岐川〜池ノ岳
(3) 湯檜曾川・東黒沢〜ウツボギ沢〜白毛門岳
(4) 奥多摩・花魁淵、敗退
(5) 黒部川上ノ廊下〜奥ノ廊下〜北アルプス裏銀座〜高瀬ダム

〇 新年の課題、行きたい沢
・クライミング
(1) 二子山・振り返るな(13a)
(2) 中里の岩場・神流のカンナ(13a)
(3) 瑞牆山・カンマンボロン・LOL(13a)
(4) カサメリ沢・メトロノーム(13b)
(5) カサメリ沢・マスターオブゲーム(12b)
(6) カサメリ沢・ブラッドライン(12d)
(7) カサメリ沢、鳳凰(13b)
(8) 小川山・修行僧(12b)(これ書きたくない。笑)

・沢登り
(1) 南アルプス、尾白川本谷
(2) 北アルプス、双六谷打込み谷
(3) 南アルプス、赤石沢
(4) メンバー集まれば三重泉川

〇 振り返るな
・自分にはフィジカルな課題。逃げ切りタイプのルートなのですが、未だ逃げ切れません。
b0037220_22343918.jpg
〇 東黒沢〜ウツボギ沢
・ナルミズ沢。釣れない!今年も釣れませんでした。だって魚影がないんだもん。魚影だらけだった恋ノ岐川に竿持ってかなっかたのが悔やまれます。
b0037220_22341547.jpg

〇 恋ノ岐川
・体力的には辛いですけど、思ってたより、こじんまりした癒し系の沢でした。
b0037220_22325067.jpg
〇 黒部川・上ノ廊下
・何度行っても素晴らしい!また、行こう!
b0037220_22352454.jpg
〇 北アルプス・裏銀座縦走
・つかの間の晴れ間。この数時間後から大荒れが2日続きました。
b0037220_22360934.jpg
〇 カサメリ沢・ロボ(12c)
・オタク系。素晴らしいルートです。
b0037220_22422411.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-12-25 22:30 | 目標と成果 | Comments(2)
2018年 12月 24日

2018年12月22、24日、二子登り納め

「左手モニョモニョホールドの謎!」

 今年最後の二子は、3連休の土曜日とクリスマスイブの月曜日で登りました。土曜日は曇り空ながらも湿度が高めで気温10度でRP日和だったのかもしれません。月曜日は冬型の晴れでした。終始風が吹いて寒い一日でしたが、午後から少し緩みました。
 先週謎が解けたつもりになった、左手モニョモニョホールドの持ち方でした。登る気満々で迎えた週末だったのですが...

◇ 22日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 高く登れ(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョうまく持てない。5秒ほど、左手モニョモニョ持ち直そうとモジモジしましたが、うまく持てませんでした。
・フォールして、長~いゴボウ登りして確認してみました。あ~、いきなり小指側から取ろうとしてもダメなのね。まずは、人差し指側をひっかけてから、小指側ね。
(5) 振り返るな(13a)、×
・やはり、左手モニョモニョホールドがしっくりこない。気になりだしたら、何度も持ち直してしまいます。
・あきらめて、しっくりこないまま、右足トゥーで右手送り。さらに、左足寄せて右足ヒールで、右手だしはホールド触って落ちました。
・一応、今シーズンの最高到達地点と同じところです。

◇ 24日(月)
(6) ワーカーホーリック(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 高く登れ(10b)、再登
(9) 振り返るな(13a)、×
・これが今年お最後のチャンスだろう! しかし、左手モニョモニョホールドは何度持ち直しても、うまく持てませんでした。
・めちゃくちゃ中途半端な持ち方で次のムーブへ入りますが、できませんでした。
(10) 振り返るな(13a)、××
・左手中指の指穴が痛いです。薬ケースのビニルを切った指パッドをあててテーピングしてトライしてみましたが、これが大失敗で、指がホールドとの間で、うにゅうにゅしていて、次のムーブを起こせずにフォールでした。今年最後のトライは、あっけなく終わりました。
・長~いゴボウ登りして確認してみました。ピンチ持ちではなく、サイド持ちすると、これまで通りの動きだと、左手の持ち感が悪いようです。左足でフットホールドを強めに押して、体を右側へシフトさせると左手サイド持ちが効いてくるようです。なるほど。

 ホールドは変えていないのですが、ホールドの持ち方を変えてみました。しかし、ホールドを持ち方を変えると体の動きも変えないといけないようです。なかなか、一発では自分のもになりません。テンションかけてからやると、なんでもできるのですが、繋げてくると、うまくいきません。繋げる難しさです。謎が解けたと思ったのですが、甘くありませんでした。
 左指穴アンダーから右手ドーンでのムーブで、左手中指の穴が痛くて、ムーブを起こす時に不快です。左手に凄い力が入ってしまいます。左手モニョモニョホールドがしっくりこないのは、単に、このムーブで指が力尽きているだけなのかもしれません。諸事情で次回の二子は新年あけて12日になりそうです。それまでに、指穴を直しておきたいです。新年からも頑張ります。

〇 クリスマスイブの弓状
・寒いと体へのダメージが大きいのでしょうか。中一日でのトライでしたが、1便しか力を出せませんでした。しかも、失敗。
b0037220_22220344.jpg
〇 えぐられた左薬指
・指穴にホールドが当たっている状態でグリグリ回すので、指穴が閉じません。痛くて不快でムーブを起こすのが苦痛で、薬ケースの底で作った指パッドを当ててトライしてみました。
・そしたら、その指パッドがさらに指穴の淵に食い込んで、指皮がめくりあがってしまって、酷いことになってしまいました。痛い!
b0037220_22225330.jpg

きん


by Climber-Kin | 2018-12-24 22:27 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2018年 12月 16日

2018年12月15-16日、寒かった二子山

「寒い!停滞。しかし、気持ち的には少し前進。」

 今週も寒い週末予報でした。土曜日は晴れで日曜日は昼から曇りです。土曜日に期待でした。土曜日の朝は冷え込み、朝のうちは冷たい風が吹いて、これはダメかなと思ったのですが、昼から寒さも緩んで、岩は少し冷たかったかもしれませんが、トライできる状態になりました。日曜日の朝はさらに冷え込んで、小鹿野町でマイナス5度まで冷え込みました。気温は低いのですが、風がなく、むしろ土曜日よりましのような気もしたのですが、雲が増えてきて、完全な曇りではないものの、陽射しが弱く、風が吹き上げてくる、かなり寒い弓状でした。

◇ 15日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 振り返るな(13a)、×
・コルネの裏側が冷たそうだったけど、時間です。
・岩は冷たくてツルツルだけど、体が元気で、結構楽に右手ドーンまで到達できました。右手ガバカチへ飛ばすも指が冷えているのかツルツルなのか2回持ち変えました。結構しっくりきて、左手モニョモニョ取りへ。
・左手モニョモニョは随分時間をかけて、まぁまぁ持てたような感じが少し浅持ちかなぁ。と思いながらもこれ以上持ち直せず、右足トゥで右手モニョカンテ取り。左足寄せて、右足は?トゥが抜けない!もう一度やっても抜けない。焦りました。3度めにトゥは抜けて、右足ヒールしようとしたところで、腰が下がってしまっていました。あ~。
(4) 振り返るな(13a)、×
・今度は、左手モニョモニョが全然持てていなくて、右手モニョカンテ取りは、はたいて落ちました。

◇ 16日(日)
 20時半には就寝しました。長い夜でした。シュラフで汗かいて目が覚めて、シュラフを開いて、明け方は寒くて目が覚めて、それでも目覚ましはならず、尿意で、もう我慢できなくなるころに目覚ましが鳴りだしました。車中泊の撤収は、マイナス5度で冷たい鉄の塊を素手で何度も触って、手が冷たくて激痛でした。今日は寒そうな予感がしました。セブンイレブンで少しゆっくりしてから二子山へ向かいました。

(5) ワーカーホリック(10b)、再登
(6) 高く登れ(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 振り返るな(13a)、×
・寒くて、まだ出したくないのですが、時間です。少し陽が出てきました。もう少し待つと強い日差しが?来るわけないよね。準備してスタートしました。
・昨日の夕方には、あまり疲れていない気がして、これなら翌日は大丈夫だと思っていたのですが、体幹の疲れはとれていないようでした。まぁ、いつもそうなんです。前腕の疲れは翌日に回復できても、体幹の疲れは残るんです。特に、このルートは体幹使ってレストしているので仕方がないです。
・今日は一便しかチャンスがないと頑張ったのですが、またしても左手モニョモニョのフリクションがありません。何故だ?右手モニョモニョカンテをはたいて落ちました。
(9) 振り返るな(13a)、×、探り便
・とりあえず、RPトライでスタートしたのですが、最初から、ダメダメでした。体幹がよれていると、フラッギングする足がさがります。腕で引き上げて登ってしまいます。5p目腰押しつけレストも決まらず、拷問でした。5-6p間で落ちそうでした。あきらめて、探り便にしてみました。10人中10人?がサイドカチ持ちするという左手モニョモニョを確認しよう。
・ホールドをじっくり観察して、触って確かめました。疲れていたけど、久々に、しつこく探ってみました。あれっ?もしや?
・ピンチ持ちとかサイドカチ持ちとかの話じゃなくて、指のはめ方がわかっていなかった。
・指をはめる順番が間違っていたのか。

 今週も停滞でした。寒いと一便ごとのダメージが大きいようで、2日目の2便目は今週は何もできませんでした。それで、探り便にして気になっていた左手モニョモニョホールド取りを確認してみました。私は、この左手モニョモニョ取りをスタティックにとるために、わざわざ、微妙なフットホールドで足の踏み替えしているのです。静かに左手モニョモニョを持つために。殆どの人は右手右足の二軸ムーブで左手モニョモニョをバーンと取っていますが、私には少し狭いので、踏み替えています。かつ、その次の右足トゥフックへ右足を上げる際に左手手前引きができる方が、よかろうとピンチ持ちしているのです。もう一度、頭をリセットしてリハーサルしてみました。やはり、右手右足で左手飛ばしは自分にもできるのですが、残念ながらサイズが少しあっていません。これが楽なら、たまに失敗する微妙なフットホールドでの踏み替え2回がなくなるのですが...
 そして、その左手モニョモニョですが、人差し指と中指をくっつけ、薬指と小指をくっつけ、その間を開いてホールドにあてて、親指ピンチという複雑なことをしています。これを先に人差し指中指側をホールドにあててから、親指をピンチ持ちして、あとから薬指小指側をホールドにあてるということをしていたのです。これが間違えだったようです。それがいつも、ここでゴチャゴチャやってる理由です。そして、これだと、薬指側が所定の場所に届かないようです。今日始めて理解しました。そんなこと気にしないでやってました。だから、たまたま薬指側が先にホールドにフィットすると、今日は持てた。先に人差し指側がホールドに引っかかると、薬指側はいいところに当たらずに、しっかり持てなくて、今日は自分にはフリクションが悪かった。良く持てる時と持てない時に違いが全然わかりませんでした。岩の状態ではなく、その原因は自分にあったのです。辻褄があいます。薬指小指側からはめて、後から人差し指中指側をあてるとうまくいくようです。親指を広く持ってピンチ持ちしても、狭く持ってカチ持ち気味にしても同じような感じで、どちらも次のムーブは起こせました。次回、ここで少し迷いがでるかもしれません。親指狭くしてカチ気味に持つかな。これが最後の鍵になるかも。最後じゃないかも(苦笑)。いくつ鍵が必要なんだよ~。次回も頑張ります。

〇 夕陽が沈んだ後もトライが続く弓状
・土曜日は午後は、風がなくなり、いい感じになり、RPが出ていました。
・パートナーさまは、「火の鳥12a」再登してました。
b0037220_22353139.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-12-16 22:35 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2018年 12月 09日

2018年12月8-9日、暖かったり寒かったりの二子山

「失敗で停滞。」

 いよいよ冬型気圧配置で寒波が南下して寒くなるという予報の週末でした。土曜日は朝は冷えましたが、風もなく昼から暖かくなり二子日和でした。陽は強めで自分としてはフリクションはいまひとつでした。日曜日は朝から曇りで最高気温が3度ぐらいだったのではないでしょうか。寒くて体の動かない日でした。15時ごろにようやく太陽が出た時は、既に体が終わっていました。

◇ 12/8(土)
(1) ワーカーホリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 振り返るな(13a)、×
・右手ドーンからガバカチへ右手飛ばし、さらにいいところへ軽く送るが深持ちできずに、そのままムーブを起こしたが、左手モニョモニョは取れず。
(4) 振り返るな(13a)、×
・今度は左手モニョモニョは取れて、足踏み替えて左足右足トゥーで右手カンテモニョは止まったのだが、左手が抜けそうで、動けず。
(5) 振り返るな(13a)、×
・フリクションがよくなった夕方に3便目を出す。今度は降りションがよい。登りもいい感じで核心へ入って、右手ガバカチもしっかり持てて、左手モニョモニョホールドも、時間をかけて持った。再度踏み替えようとしたら、足が外れた。不意落ち。あ~。

◇ 12/9(日)
 日曜日の朝は冷え込みました。フロントガラスがバリバリに凍りました。寒い!昨日も朝は雲が出ていたらから、すぐに晴れ出すだろうと思っていたら、晴れ出したのは15時過ぎでした。今シーズン一番寒い二子になりました。日曜日は久々に「ぜ兄ぃ」と組みました。
(6) ワーカーホーリック(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 高く登れ(10b)、再登
(9) 振り返るな(13a)、×
・陽が出ていなくて、2度?めちゃくちゃ寒いですが、11時半に出しました。
・岩は冷たいけど、フリクションはよいです。息が上がらないように、ゆっくり登らなければいけない前半ですが、寒くて登りが速くなってしまいます。
・結構いい感じで核心へ入っていけました。今度は失敗しないで左手モニョモニョ取り態勢になれたのですが、指が冷えていて指先がうまく動きません。時間をかけて、何とか所定の持ち方にして、次のムーブへ入りました。右手カンテモニョ取りは腰落ちていて止められずフォールでした。5p目腰押しつけレストで長居し過ぎて体がよれたか?寒くて力入り過ぎで指力つきたか?
(10) 振り返るな(13a)、×
・15時、ようやく陽がでてきて、気持ちが入ります!しかし、登っていくにつれ、どんどん辛くなってきました。よれよれと左手ドーンから右手ワンツーなんとか取れて、左穴指アンダークロスを指して、もう力が入りませんでした。

 先週、今シーズン最高到達地点を更新できて、やる気満々だったのですが、土曜日は気負い過ぎたのでしょうか。ここぞという時に失敗でした。期待の日曜日の一便目は曇りで寒くて、右手カンテモニョ取りで力尽きました。自分のコンディションと岩のコンディション、何度かに一度ぐらいで失敗する少し微妙なムーブの成功。この三つのタイミングが噛み合いません。
 いよいよ寒くなってきました。水曜日あたりに雪の予報が出ています。本格的に寒くなる前、年内にチャンスがあるとよいのですが。それは、自分ではどうしようもありません。とにかく体調を整えて次の週末を迎えましょう。

〇 土曜日の二子
・自分には土曜日の夕方が唯一のチャンスでした。しかし、失敗してしまいました。
・写真は、空中遊泳するAY部さん。
b0037220_22482329.jpg
〇 寒々しい弓状(日曜日)
b0037220_22494087.jpg
きん



by Climber-Kin | 2018-12-09 22:51 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2018年 12月 02日

2018年12月1-2日、よく晴れた初冬の二子山

「2足、0.5手の微速前進」

 今週末も頑張って、土日で二子山へ行ってきました。月が変わり、南の方へ移っていった方も多かったようで、少しクライマーが減りました。それでも、両日とも結構な賑わいでした。両日とも朝は寒かったのですが、昼間は暖かくなりました。土曜日は暑すぎるぐらいでした。日曜日は空気が少し冷たくて、3時過ぎると結構冷えてきました。

◇ 12/1(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) 高く登れ(10b)、再登
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×
・テーピングするか迷ったけど、しないでいったら、指皮ベロンチョ、三ヶ所。オーマイガ!
・指皮穴が痛くて、これ以降のトライがどれも苦痛のトライになってしまいました。
(5) 振り返るな(13a)、×、今シーズン最高到達地点
・靴がよれていて、右手ドーンがちょっと出し辛くなった。
・風が吹いていたせいか、左手モニョモニョのフリクションがよかった。左足上げて右足トゥーフックで右手モニョカンテ取り。
・すかさず、左足上げて、右足ヒールかけられた。右手飛ばしは? 指がかかったが落とされる力が強かった。あ~!左手モニョモニョ親指外して、サイド引きにして体を壁に入れるんだった。このぐらいのヨレ感じでも右手出しできるのか。ようは自分の気持ち次第なのかも。
・一ヶ所テンで抜けようとしたら、ツブ足に靴が負けて、落ちてしまった。そろそろシューズ替え時かと感じた。

◇ 12/2(日)
 小鹿野のスーパーオギノの左横のドラッグストアへ寄ったら、ピュアレンEXを見つけました、これとボルタレン湿布を買いました。アリナミンEXでもよいのですが、ピュアレンEXは安いのと、これ飲んで結構2日目の回復を実感してます。しかし、夜は暑かったのか?シュラフの中で汗をかいて、夜中に何度も目が覚めてしまいました。
(6) ワーカーホーリック(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 高く登れ(10b)、再登
(9) 振り返るな(13a)、×
・とりあえず、今使っているシューズでトライしたが、右手ドーンを取った後、右足がはずれてしまって、不意落ちでした。
(10) 振り返るな(13a)、×
・新しいと言っても、ここ1ヶ月アップに使っていたシューズへ替えました。
・右手ドーンはちょっと、右足決めるのに戸惑ったが、そのままムーブをこなせ、左手モニョモニョホールドはしつこく握り直したが、フリクションがなった。右手モニョカンテはたいて落ちた。
(11) 振り返るな(13a)、×
・やけくその2日目3便目。
・ヨレヨレながら、スイッチが入ったのだが、左手モニョモニョから右足、左足トゥーで右手モニョカンテは取れたけど、ギリギリで体が下がってしまっていた。しかし、もう2足頑張れたかも。

 初日に、2足0.5手伸ばせました。日曜日の1便目に期待したのですが、シューズがよれきっていて、右足はずれて、まさかの不意落ち。新しいシューズへ替える決心がつきました。2日目の2トライ目は核心セクション後半でフリクション悪くて、全然だめでした。そして、日没後に出したヤケクソの2日目の3便目は岩冷たいけど、フリクションはよくて、結局、今シーズン最高到達地点あたりで力つきました。
 このルートを長くやり過ぎています。頭の中で、登れないだろうという暗黙の意識が頭の奥の方に刷り込まれているようです。ここで意識チェンジが必要です。絶対登るぞ!って意識へ変えないと!指皮穴ベロンチョで指のどこもかしもこ痛いです。まずは、指穴をふさいで、次回も頑張ります。パートナーさまから「観の目」なんて言ってるんじゃねぇ。死に物狂いで登ってこい!と脅迫、いや助言を受けてます。その通りです。頑張ります。

〇 青い空、白い石灰岩
・二子は美しいです。
b0037220_22395652.jpg
〇 前腕は戻るけど体幹がよれる腰押しつけレスト
・前腕は休められるけど、体に力が入ったままで、息が整いません。今シーズン全然はまりません。先シーズンは3回に1回ぐらいははまったのに。我慢できなくなって、ゴーのパターンが多いです。
・写真byMCDさん。ありがとうございます。
b0037220_21271723.jpg

〇 左指穴アンダークロスから右手ドーン
・右手ドーンは殆ど止められるようになったのですが、その先がまだ不安定です。
・登れるのかなぁ。いやいや、「絶対に登るぞ!」。このルート、自分にはとても長くて、一本一本疲れて、毎度のフォール距離が長大です。そのストレスとプレッシャーに打ち勝つ強い意志が今の自分には必要です。もう落ちる距離は同じだよ~。ネガティブな自分とポジティブな自分の戦いだ~。とにかく、ひるむな!脳に騙されるな!自分を乗り越えたい。
・写真byツヨポンさん。写真ありがとうございます。
b0037220_22493633.jpg
b0037220_22495454.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-12-02 22:50 | 二子山'18-'19 | Comments(2)