ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2019年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2019年 04月 22日

アンパラレル・シリウスレース

 FiveTenがアディダス社に買収されて、1年?数年経つがついにアディダスファイブテンとして、スタートするようです。旧ファイブテンを扱っていたキャラバンさんからのアナウンスで、もうファイブテンはなくなるって感じの話は嘘のようで、アプローチシューズは、既に製品がリリースされているようです。期待のドラゴンレースは3月にリリースされるはずが、製造品質不可で6月末ぐらいになるようです。サッカーシューズを作ってきたアディダス社ですから、品質意識が高いのはウェルカムです。
 しかし、旧ファイブテンのドラゴンレースが販売中止となり、流通系在庫を買いだめしていたのですが、そのストックも、もう最後になってしまいました。新アディダスファイブテン・ドラゴンレースのリリースが遅れてしまったので、このシーズン最後の追い込みに使うシューズがなくなってしまっていて困っているのです。事前にそんな状況をにらんで、いつくものシューズを試してきました。ワイルドカントリ―、スカルパ・キメラ、アンパラレル・シリウスレースを購入していました。
 アンパラレル・シリウスレースは、アンパラレル社が旧ファイブテン社の足型を工場ごと買って、シューズを生産しているということで、ドラゴンレースとそっくりの作りを期待して、買ったのでした。どこにも試し履きできるところがなく、しかたなく、インターネット通販で、ファイブテンドラゴンレースと同じサイズをポチしたのでした。その大づくりな作りに違和感を感じながらも、アップルートで慣らしていきました。そして、本チャンルートで試してみたのでした。その結果です。

(1) つま先がいたるところで、引っかかる。
・先便はドラゴンレースでトライしてますから、そのつもりで足を上げると、とにかく、つま先が、いたるところで、ひっかかりました。
・つま先がポイントのようで、でっぱってますからね。
(2) ポイントがインサイドよりでなく、つま先寄りになっている。ドラゴンと全然違う!トゥポイントがハイアングルと同じ。
・見た目通りで、足の力のポイントが靴のつくりからつま先よりになっています。それ、ターンインの意味ないのではないでしょうか。
・柔らかいシューズでつま先に力が入るわけないと思うのです。ターンインしているシューズでは、力が入るポイントは、足の人差し指と親指の間だと思います。
(3) 土踏まずからグニャっと曲がって、ツブ足ホールドにのれない。ドラゴンレースは、足裏全体の力が、ソールが湾曲して、トゥに力を伝わる感じだった。
・アップルートで数回登っただけで、グニャグニャになりました。

 これ、全然、ドラゴンレースと違います。靴紐も何故、わざわざ斜めにするか、よくわかりません。ドラゴンレースの足型を使ったとのことですが、デザインは全然違いました。残念です。とりあえず、まずは全部真似すればよかったのに、工夫した点がすべて裏目に出ている気がします。どういうコンセプトでデザインしたのでしょうか。
 残念ながら、シリウスレースは、ドラゴンレースとは全く違うシューズでした。ドラゴンレースのつもりでシリウスレースは買うのは期待はずれになりました。シリウスレースは、それはそれでよい点があるのかもしれません。その評価は他のクライマーにゆずります。

〇 ドラゴンレースとシリウスレース(1)
・ターンインしきれていない。トゥのポイントが靴全体のバランスと会っていない。
・ドラゴンレースより、力入れるポイントが、1cm以上つま先よりになっている。
・間違えて、ハイアングルの真似をしたんじゃないなかぁと思わせます。
b0037220_21460929.jpg
〇 ドラゴンレースとシリウスレース(2)
・足裏見ると、よくわかります。シリウスレースはまっすぐです。ターンインしていません。
・ターンインしている靴型で何故、ターンインしていないシューズを作るのかなぁ。
・ゴム部分にスリットが入っているせいでしょうか、すぐにヨレヨレになってしまっていた。
ドラゴンレースも、1ヶ月の一足ぐらいで消費してしまっていました。Xグリップ2のキメラは、どうかでしょうか。次回、本気トライで試してみるかなぁ。ゴムが岩をはじくのは、慣れるかなぁ?ゆっくり置けばいいんだろうけど。粘りのあるソールで、ペタペタ速く登るのが好きなんですよねぇ。
b0037220_21464211.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-04-22 21:44 | クライミングの研究 | Comments(5)
2019年 04月 22日

2019年4月20-21日、敗戦色が濃くなってきた二子山

 今週末から、とても暑い天気予報になってしまいました。早出して、早い時間にトライするように作戦を変更しました。土曜日はアップしてから、すぐにトライしたのですけど、既に遅かったというか、もう、シーズン終了かっていうホールド感でした。まぁ、兎に角、トライするには気温が高すぎです。気温が高くて、シューズも負けてしまうのですが、指皮も柔らかくて、ホールドに負けてしまいます。余裕があるルートなら多少フリクションが悪くなっても、気温が上がって、体は動くようになってよいのですけどねぇ~。限界グレード超えトライでは、そうな風には行きません。フリクションの方が重要なんです。ここ数回トライの平均的な最高到達高度は下がっていく一方です。

◇ 4/20(土)
(1-3)、ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・11時に出したのだが、既に気温は15度を超していた。
・左手モニョモニョホールドの持ちが悪い。そのまま行くが、右手モニョカンテもニュルニュル感満載で頑張るが、コルネ右奥ピンチはつかめず。
(5) 振り返るな(13a)、×
・あまりに暑すぎて、日没近くまで待たないとダメだと思って、ずっと待つ。しかし、暑すぎる弓状で待っているだけで疲れてしまった。
・待ちにまって、17時過ぎにトライするが、ホールドが湿気湿気です。カリカリ感は全くなくて、握ったホールドがニュルーと出てくる、あ~、シーズンアウトですか?ってコンディションでした。

◇ 4/21(日)
(6-7) ワーカーホーリック(10b)×2、アップ
・朝からフリクションは終わっていた。
(8) 振り返るな(13a)、×
・9時台に出してみた。岩はヒンヤリしているのだが、やはり、指に岩が引っかかるフリクションは全くない。前半から力がいる。
・それでも、頑張ってトライ継続して、右手ドーンから飛ばしのところで、右足が負けて、不意落ちしてしまった。
(9) 振り返るな(13a)、×
・夕方便は期待できないので、12時台にヤケクソの2便目を出した。今度は右手ドーンから飛ばしもできて、左手モニョモニョも持ち直しながら、右手カンテモニョ飛ばして、右足ヒールは、とりあえずかけてから体勢整えようとしたけど、もう全体が崩れ過ぎていました。右足ヒールはずれてフォール。
(10) 振り返るな(13a)、×
・昼間に結構昼寝しましたが、全然。疲れは取れずに、夕方便を出しました。どうせダメなので、ドラゴンレースの替えに温めてきた、アンパラレルのシリウスレースでやってみました。このシューズ、残念ながらNGでした。アップでは大丈夫かなぁと思っていたのですが、本チャントライで使ってみないと、わかりませんね。

 今年こそは登れるかもと思っていたのですが。一か月前のトライの8p目クリップできて、そのあとのまさかの失敗が痛いです。限界越えルートのトライは、全ての要素がそろわないと完登は難しいです。トライしている平均的な最高到達地点が下がってきてしまいました。今年は登れるかもと期待したのですが...悔しいです。まだ染み出していませんが、この気温では、かなり難しいです。苦しいですが、乾いている限りトライします。今シーズンは完登できる気がしなくなってしまいましたが、もう少し頑張ります。

〇 混雑の弓状
・8人取り付いていたのかも?いや写真に見えないところ合わせて、9人同時トライ中?
・この温度と湿度では、小川山ですらダメだと思う。登っている最中に汗をかく時点で、もうシーズン終わっている。
・ここ数年、暑すぎる気がする。それでも、2年前には、GW最後の日と6月に奇跡のフリクションの日が2日だけ、あったんだけどねぇ。
・もう一回だけでもいいから、チャンスが来るといいなぁ。
・そんなシーズン最後の唯一のチャンスで登れたこともあるし、登れなかったことも多い。
b0037220_21043899.jpg

きん



by Climber-Kin | 2019-04-22 21:01 | 二子山'18-'19 | Comments(4)
2019年 04月 19日

2019年4月13-14、17日、悩ましい二子山

 今週末は暑くなく、コンディションは少しよかったです。週末の土日のトライに加え、さらに平日カードを切りました。とにかく、チャンスがある限り、数打つしかありません。平日カードを切っていることもあって、ブログを書く時間がなくなり、ブログアップが遅くなってしまいました。

◇ 4/13(土)
(1-3) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・コルネ右奥ピンチをつかみ、コルネホッペ止まった!
・しかも余裕がある。左足を所定のツブ足に置こうとすると、そこにはロープがのっていた。あちょー。ロープをよけて、フットホールドにつま先をのせてみたが、何だか、のっているようなのっていないような。右足ホールのまま左手をコルネこめかみへ送ろうかと思ったが、どうみても距離が足りない(それが届くなら、元々そうしているだろう)。ゴチャゴチャやっているうちに、頭は真っ白。知らないうちに落ちてしまった。あ~。
(5) 振り返るな(13a)、×
・コㇽネホッペをつかんだが、左腕が伸びきっていて、引き寄せられなかった。

◇ 4/14(日)
 左腕が伸びきって?いや、左腕の伸びあがろうとするのが、そもそも間違っていて、右手右足の力で、右よりに上がって、左腕の余裕ができてから、左腕で引き付けるはずだった。再び、そこに到達できたら、右手右足で上がれ!!! 肝に銘じて、就寝したのでした。

(6-8) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(9) 振り返るな(13a)、×
・そして、コルネホッペを再びつかんだ! 右手右足で上がれ! 今度は左足を上げられた! 左手をコルネこめかみへ飛ばしは? つかめなかった~137.png
(10) 振り返るな(13a)、×
・体の疲れを感じて、最初から心が折れ気味でした。5p目腰押しつけレストは入れ直しました。6p目クリップして、左手ドーンで右手薬指のテーピングきれてしまったところで、心が折れました。

◇ 4/17(水)
 仕事の方も、かなり溜まっているのですが、自分のせいではありません。仕事が多すぎるのです。水曜日に二子へ行かなかったら、必ず後悔する。ということで、平日カードを再び?三度?いえ、6枚目を切ったのでした。
 気温は高め、曇り気味の天気でした。だけど、ちょっと湿度が高かったかもしれません。

(11-12) ワーカーホーリック(10b)、アップ
(13) 振り返るな(13a)、×
・うっ、ニュルニュルするホールド感。粘土を触っているような例の感触。でも、抜けそうな左手モニョモニョは我慢して、右足ヒールしようとしたところで、右手がカンテモニョが抜けてしまいました。
(14) 振り返るな(13a)、×
・さらに、ホールド感が悪くなっていて、左手モニョモニョ取りで、右手カンテガバカチがぬけてしまいました。この状態じゃ~、どうしようもない。

 コンディションに左右されています。翻弄されています。先週は失意のトライでした。到達高度が下がる一方でした。しかし、今週は少し寒かったようです。土曜日の一便目は惜しかったです。力十分だったような気がするのですが。しかし、コルネ握って、そのまままっすぐ上がってしまったために、左足を置く、ツブ足ホールドの上にロープがのってしまいました。少しあがきました。ロープを少し踏みながらも、左足はわずかながら、フットホールドにのっているような気もしたのですが、頭が真っ白になってしまいました。パニックしていつのまにか落ちていました。勝負弱いです。コンディション的に、これが今シーズン最後のチャンスうだったりして。そして、平日カードまで切ったのですが、今度は暑くて湿度が高すぎたようです。話になりませんでした。今シーズンは、ここまでつめられました。今シーズンのうちに登っておきたいです。気持ちばかりが焦ります。

〇 任侠をトライするダンゴ姉ぇ
・この時期に残っているクライマーは、みな、おしいトライが続きます。
b0037220_13340794.jpg

〇 カラピーをトライするモッチー
・完璧なムーブを繰り返すモッチー。2度核心止められたそうですが、その上で落ちてしまったとのこと。同じく、今シーズン中に登りたいよねぇ。頑張ろう!
b0037220_13330104.jpg

きん


by Climber-Kin | 2019-04-19 13:29 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2019年 04月 08日

2019年4月6-7日、苦しい二子山

 今週末は、風がないと、ちょっと厳しいかもと思わせる、暑くなる予報でした。土曜日は少し風があって午前中はよかったのですが、午後から暑くなってきてしまいました。日曜日は、穏やかな曇りから雨が降ってきて、いきなり寒くなったかと思ったら、再び穏やかな雲がある晴れみに戻るみたいな翻弄される日となってしまいました。

◇ 4/6(土)
(1-3) ワーカーホリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョ、バルカン持ちにはならず、3本1本になっていて、いつもは持ち直すだが、3本1本でも行けるかもとやってみたのですが、ダメでした。左指が抜けてきてしまいました。
(5) 振り返るな(13a)、×
・今度は、左手モニョモニョは、それなりに保持できて、右奥ピンチ取り成功。そして、コルネホッペ取りは? つかまえられず。

◇ 4/7(日)
(6-8) ワーカーホリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(9) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョホールドが抜けてきてしまった。
(10) 振り返るな(13a)、×
・またしても、左手モニョモニョホールドが抜けてきてしまった。

 コルネホッペ取り失敗が続いています。パートナーさまの目撃証言によると、どうも、腰が壁から少し離れているようで、それで、腰を右へ十分にスライドできないのかもしれません。次回コルネ右奥ピンチ取る時は、腰を壁にくっつけることを意識したいと思います。しかし、そのコルネ右奥ピンチまで、たまにしか行けなくなってしまっています。
 そして、日曜日は再び左手モニョモニョホールドが持てなくなってしまいました。日曜日は曇り気味でしたが、土曜日より気温が高くて風が弱かったせいかもしれません。無風のうえに気温が15度を超えると、フリクションがとても悪くなるような気がしています。せっかく暖かくなってきたのに、岩が冷たい時間帯にだすのは嫌だけど、早めの時間と夕方にトライ便を出した方がよいのでしょうか。考えます。

〇 荒れる天気
・自分の心の中では、いよいよ、シーズン終盤の雰囲気が漂ってきました。フリクションが悪くなってきていて、今シーズンこそは登れるかもと思っていたのですが、敗戦色が濃くなってきたかなぁ。
・土曜日はミスターが振り返るなをRPしていました。日曜日は、ヨッシーがついに、龍勢をRPしていました。うまい酒を楽しんでください。
b0037220_14040554.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-04-08 14:04 | 二子山'18-'19 | Comments(2)
2019年 04月 02日

2019年3月30-31日、失意の二子山

 今週末の天気予報も微妙でした。土曜日は、曇りと言えど、もう少し暖かくなるかと期待したのですが、風が吹いて寒くて全く元気のでない日でした。真冬なら、それほど寒いとは感じなかったのかもしれませんが、一度暖かい環境になってしまった後では、体と気持ちが寒さに適応できませんでした。陽が出て暖かくなりそうな日曜日にかけたのでした。

〇 3/30(土)
(1-3) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(4) 振り返るな(13a)、×
・5p目腰押しつけレストで左側の広背筋がツリそうになってしまいました。
・そのまま、6p目クリップして、左指穴アンダークロスムーブへ入ったのですが、背中につっぱりを感じて、やめてしまいました。

〇 3/31(日)
 土曜日は、どんどん寒くなってきて、二便目は出さずに、日曜日のトライにかけたのでした。
(5-7) ワーカーホーリック(10b)、バイパス(10a)、高く登れ(10b)、アップ
(8) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョホールドからカンテ右奥ピンチは取れたのですが、腰が右側へシフトしきれませんでした。左手をコルネへ出したのですが、コルネホッペは逃げていきました。
(9) 振り返るな(13a)、×
・左手モニョモニョホールドを持ち直したら、浅持ちになってしまいました。修正できずに、そのまま進んだら、案の定、左手抜けてしまいました。
(10) 振り返るな(13a)、×
・1時間のインターバルで、生産停止中のドラゴンレースの最後のストックを慣らすために、3便目を出してみた。
・RPトライのつもりで、頑張った。
・しかし、カンテ右奥ピンチを取れた後、同じように腰の右スライドができずに、左手をコルネに出して、コルネホッペはたいて落ちた。
・ゴボウで登り返して、確認してみたが、腰を右側へスライドさせて、めいっぱい腰を入れるには、右手ピンチを引き付ける必要があるようです。引き付ける力が残っていませんでした。

 心が折れそうになっています。でも、今週もなんとか頑張りました。だけど、コルネ右奥ピンチ取ったところで精一杯です。今の持久力で再度8p目クリップに到達するには、岩のコンディションと自分のコンディション、その上にメンタル、その全てがそろわないと難しいことを実感しました。今シーズン中に、再度、そんな時が来るのだろうか? とても苦しいです。トライするのがプレッシャーでとても辛く感じます。逃げ出したくなります。いっそのこと染み出してくれたら楽になれる。そんな考えが頭をよぎります。どんどん弱気になってきています。どうすれば、強気になれるのでしょうか? しかし、逃げるわけにはいきません。チャンスがある限り頑張り続けるしかないです。

〇 寒かった土曜日の弓状
・土曜日の天気がよさそうで、早退多数でした。
b0037220_09355854.jpg
〇 日本代表の唐獅子RP
・日曜日は久々に激混みでした。
・うちの娘ぐらいの歳か? あのリーチでも核心届くのか!
b0037220_09362571.jpg
きん



by Climber-Kin | 2019-04-02 09:33 | 二子山'18-'19 | Comments(0)