ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:のっぺらぼう ( 1 ) タグの人気記事


2019年 09月 01日

2019年8月31日、汗みどろ蛭まみれ茨の有笠山、課題探しの旅「のっぺらぼう」編

 お盆が明けたのに、今週末は暑いです。秋っぽい天気になりませんでした。秋雨前線だから秋っぽいと言えば秋っぽいのかもしれません。大気が不安定で甲信方面はにわか雨が降るような感じでした。天気予報とにらめっこすると、有笠山と会津田島の方がよさそうでした。会津田島は、陽当たりがよくて、まだまだ暑そうだし、行き帰りの車の運転が大変だなぁ。あ~、有笠山のあの、以前からずっと気になっているルートは北向きで涼しいのかも?とちょっと思いついて、突然、有笠山へ行くことになったのでした。
 しかし、その有笠山には、数年前から蛭が出るとのことで、ちょっと気なっていました。そして、行ったことのない偏屈岩と奥壁ですが、林道から入るところから、アプローチ道は自然にかえりつつあったのでした。アプローチ道は茨の道でした。薔薇の草のような棘が生えている、立派に育った草が行くてを阻みます。半袖の腕は否応なしに引っ掻かれ、前腕が、あっと言う間に、なにか虐待されたような激しいミミズ腫れ状態になってしまいました。さらに、雨上がりで元気になった蛭が...いつの間にか、沢山にとり憑かれていました。不意に催したトイレで、気が付かぬ間に憑かれたようで、そのままズボンをはいてしまいました。そのずっと後に気が付いたのですが、ズボンの裾から落ちてきた、超ふくよかになっていた蛭を見つけました。5mm径×3cmぐらいになっていました。踏みつけたら弾力があって、さらに踏みつけたらプチッとつぶれて、3ccぐらいの私の血が噴き出しました。足の脛もやられていました。翌日わかったのですが、首筋にも噛まれた跡がありました。それでも、頑張って自然に帰りつつある、アプローチ道をたどり奥壁に到着できたのでした。「のっぺらぼう(13a)」は堂々と凄い威圧感で我々を待っていました。これか~!凄い傾斜、めちゃくちゃ難しそうだ。しかし、来てみたものの、暑すぎます。汗だくです。それでも、ヌンチャクかけてみようと触ってみたのですが、ヌルヌルで何もできません。前半はスローピーな張りぼて課題みたいなムーブのようです。しかも、蛭から? じゃなくて、昼から日が燦々とルートに当たるではないですか? この岩場は北向きじゃないのか?あ~、そう言えば、有笠山登山口西口と書いてあったところからアプローチしてきてるよなぁ。西向きだ~。
 結局、「のっぺらぼう」探りは暑くてムーブは何もできず、汗だくになりながらヌンチャクを回収しました。翌日も、どこかで登るつもりだったのですが、暑さと蛭に疲れ切って日帰りで帰りました。課題探しは、大変なのです。

(1) 偏屈岩・有笠2000(10d)、MS、×
・10bのつもりで登りだしたのですが、うん?難しいぞ。かつ、指皮が痛くて我慢できない。ムーブがわからない。
(2) 有笠2000(10d)、RP
・蛭にとり憑かれていることが判明したのですが、動揺せずRPできました。
(3) のっぺらぼう(13a)、ヌンチャク掛け
(4) のっぺらぼう(13a)、探り便
(5) のっぺらぼう(13a)、ヌンチャク回収
・ヌンチャク回収に徹した。

〇 のっぺらぼう(13a)
・前半は斜めに上がっていく大きなスローピーな張りぼてみたいな溝を上がっていく感じに見えた。足が深くて、パワーが必要そうだった。後半、ガバ穴アンダーで立ち上がって、小さな穴ホールド、薄い右手カチから、左上のガバ取りかなぁ?その上は直上するには、薄いカチになる。カンテへ行ってもよいとあるが、カンテに大きなガバは見当たらない。なるほど~。とりあえず、気温25度以上では何もできなかった。かなり涼しくならないと、あのスローピーホールドが止まる気がしないです。
・傾斜の強いフィジカルなルートっぽいです。デブには、この傾斜は厳しいかもしれません。
b0037220_10084654.jpg
〇 蛭との闘い
・蛭に噛まれても、全然気が付きません。噛まれた後も血が止まらなくて、ズボンが血でそまります。
・車に戻ってきてから、パートナーさまが車の中で、靴下の中に蛭を発見!パニック状態でした。猛烈な、スピードを出して、沢渡温泉トイレに車をとめて、明るいところで再度自分の身体検査しました。
・小野上温泉後、イタリアンレストランのトイレ、パートナーさまが鏡をみると、鎖骨部分のところに血糊がべったりついていたそうです。キャー!
・気分は、未知の寄生生物が宇宙船に入り込んだSF映画のようでした。
・インスタグラムで聞きました。「蛭下がりのジョニー」が効くようです。また、グーグル先生によると、塩をもっていくとよいようです。ハッカ油も有効のようですね。でも、ハッカ油はつけてたんですけどねぇ。
・不意のトイレして、お尻に取り憑かれて、そのままズボン履いちゃいました。3ccは吸われました。ズボンが止まらない血でべっとり血糊がついてしまいました。I上D助さんにバレたら、アクセス問題!と非難されるでしょう。しかし、催してしまったのは仕方ない。そして、そこが蛭畑だったとは。お尻に何か触ったような記憶があります。草の葉っぱか木の枝かなーぐらいに思ってました。まさか、蛭だったとは😱 。
b0037220_10090249.jpg
b0037220_10091770.jpg
きん


by Climber-Kin | 2019-09-01 09:48 | 有笠山 | Comments(4)