ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:振り返るな ( 111 ) タグの人気記事


2018年 12月 09日

2018年12月8-9日、暖かったり寒かったりの二子山

「失敗で停滞。」

 いよいよ冬型気圧配置で寒波が南下して寒くなるという予報の週末でした。土曜日は朝は冷えましたが、風もなく昼から暖かくなり二子日和でした。陽は強めで自分としてはフリクションはいまひとつでした。日曜日は朝から曇りで最高気温が3度ぐらいだったのではないでしょうか。寒くて体の動かない日でした。15時ごろにようやく太陽が出た時は、既に体が終わっていました。

◇ 12/8(土)
(1) ワーカーホリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 振り返るな(13a)、×
・右手ドーンからガバカチへ右手飛ばし、さらにいいところへ軽く送るが深持ちできずに、そのままムーブを起こしたが、左手モニョモニョは取れず。
(4) 振り返るな(13a)、×
・今度は左手モニョモニョは取れて、足踏み替えて左足右足トゥーで右手カンテモニョは止まったのだが、左手が抜けそうで、動けず。
(5) 振り返るな(13a)、×
・フリクションがよくなった夕方に3便目を出す。今度は降りションがよい。登りもいい感じで核心へ入って、右手ガバカチもしっかり持てて、左手モニョモニョホールドも、時間をかけて持った。再度踏み替えようとしたら、足が外れた。不意落ち。あ~。

◇ 12/9(日)
 日曜日の朝は冷え込みました。フロントガラスがバリバリに凍りました。寒い!昨日も朝は雲が出ていたらから、すぐに晴れ出すだろうと思っていたら、晴れ出したのは15時過ぎでした。今シーズン一番寒い二子になりました。日曜日は久々に「ぜ兄ぃ」と組みました。
(6) ワーカーホーリック(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 高く登れ(10b)、再登
(9) 振り返るな(13a)、×
・陽が出ていなくて、2度?めちゃくちゃ寒いですが、11時半に出しました。
・岩は冷たいけど、フリクションはよいです。息が上がらないように、ゆっくり登らなければいけない前半ですが、寒くて登りが速くなってしまいます。
・結構いい感じで核心へ入っていけました。今度は失敗しないで左手モニョモニョ取り態勢になれたのですが、指が冷えていて指先がうまく動きません。時間をかけて、何とか所定の持ち方にして、次のムーブへ入りました。右手カンテモニョ取りは腰落ちていて止められずフォールでした。5p目腰押しつけレストで長居し過ぎて体がよれたか?寒くて力入り過ぎで指力つきたか?
(10) 振り返るな(13a)、×
・15時、ようやく陽がでてきて、気持ちが入ります!しかし、登っていくにつれ、どんどん辛くなってきました。よれよれと左手ドーンから右手ワンツーなんとか取れて、左穴指アンダークロスを指して、もう力が入りませんでした。

 先週、今シーズン最高到達地点を更新できて、やる気満々だったのですが、土曜日は気負い過ぎたのでしょうか。ここぞという時に失敗でした。期待の日曜日の一便目は曇りで寒くて、右手カンテモニョ取りで力尽きました。自分のコンディションと岩のコンディション、何度かに一度ぐらいで失敗する少し微妙なムーブの成功。この三つのタイミングが噛み合いません。
 いよいよ寒くなってきました。水曜日あたりに雪の予報が出ています。本格的に寒くなる前、年内にチャンスがあるとよいのですが。それは、自分ではどうしようもありません。とにかく体調を整えて次の週末を迎えましょう。

〇 土曜日の二子
・自分には土曜日の夕方が唯一のチャンスでした。しかし、失敗してしまいました。
・写真は、空中遊泳するAY部さん。
b0037220_22482329.jpg
〇 寒々しい弓状(日曜日)
b0037220_22494087.jpg
きん



by Climber-Kin | 2018-12-09 22:51 | 二子山'18-'19 | Comments(0)
2018年 12月 02日

2018年12月1-2日、よく晴れた初冬の二子山

「2足、0.5手の微速前進」

 今週末も頑張って、土日で二子山へ行ってきました。月が変わり、南の方へ移っていった方も多かったようで、少しクライマーが減りました。それでも、両日とも結構な賑わいでした。両日とも朝は寒かったのですが、昼間は暖かくなりました。土曜日は暑すぎるぐらいでした。日曜日は空気が少し冷たくて、3時過ぎると結構冷えてきました。

◇ 12/1(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) 高く登れ(10b)、再登
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×
・テーピングするか迷ったけど、しないでいったら、指皮ベロンチョ、三ヶ所。オーマイガ!
・指皮穴が痛くて、これ以降のトライがどれも苦痛のトライになってしまいました。
(5) 振り返るな(13a)、×、今シーズン最高到達地点
・靴がよれていて、右手ドーンがちょっと出し辛くなった。
・風が吹いていたせいか、左手モニョモニョのフリクションがよかった。左足上げて右足トゥーフックで右手モニョカンテ取り。
・すかさず、左足上げて、右足ヒールかけられた。右手飛ばしは? 指がかかったが落とされる力が強かった。あ~!左手モニョモニョ親指外して、サイド引きにして体を壁に入れるんだった。このぐらいのヨレ感じでも右手出しできるのか。ようは自分の気持ち次第なのかも。
・一ヶ所テンで抜けようとしたら、ツブ足に靴が負けて、落ちてしまった。そろそろシューズ替え時かと感じた。

◇ 12/2(日)
 小鹿野のスーパーオギノの左横のドラッグストアへ寄ったら、ピュアレンEXを見つけました、これとボルタレン湿布を買いました。アリナミンEXでもよいのですが、ピュアレンEXは安いのと、これ飲んで結構2日目の回復を実感してます。しかし、夜は暑かったのか?シュラフの中で汗をかいて、夜中に何度も目が覚めてしまいました。
(6) ワーカーホーリック(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 高く登れ(10b)、再登
(9) 振り返るな(13a)、×
・とりあえず、今使っているシューズでトライしたが、右手ドーンを取った後、右足がはずれてしまって、不意落ちでした。
(10) 振り返るな(13a)、×
・新しいと言っても、ここ1ヶ月アップに使っていたシューズへ替えました。
・右手ドーンはちょっと、右足決めるのに戸惑ったが、そのままムーブをこなせ、左手モニョモニョホールドはしつこく握り直したが、フリクションがなった。右手モニョカンテはたいて落ちた。
(11) 振り返るな(13a)、×
・やけくその2日目3便目。
・ヨレヨレながら、スイッチが入ったのだが、左手モニョモニョから右足、左足トゥーで右手モニョカンテは取れたけど、ギリギリで体が下がってしまっていた。しかし、もう2足頑張れたかも。

 初日に、2足0.5手伸ばせました。日曜日の1便目に期待したのですが、シューズがよれきっていて、右足はずれて、まさかの不意落ち。新しいシューズへ替える決心がつきました。2日目の2トライ目は核心セクション後半でフリクション悪くて、全然だめでした。そして、日没後に出したヤケクソの2日目の3便目は岩冷たいけど、フリクションはよくて、結局、今シーズン最高到達地点あたりで力つきました。
 このルートを長くやり過ぎています。頭の中で、登れないだろうという暗黙の意識が頭の奥の方に刷り込まれているようです。ここで意識チェンジが必要です。絶対登るぞ!って意識へ変えないと!指皮穴ベロンチョで指のどこもかしもこ痛いです。まずは、指穴をふさいで、次回も頑張ります。パートナーさまから「観の目」なんて言ってるんじゃねぇ。死に物狂いで登ってこい!と脅迫、いや助言を受けてます。その通りです。頑張ります。

〇 青い空、白い石灰岩
・二子は美しいです。
b0037220_22395652.jpg
〇 前腕は戻るけど体幹がよれる腰押しつけレスト
・前腕は休められるけど、体に力が入ったままで、息が整いません。今シーズン全然はまりません。先シーズンは3回に1回ぐらいははまったのに。我慢できなくなって、ゴーのパターンが多いです。
・写真byMCDさん。ありがとうございます。
b0037220_21271723.jpg

〇 左指穴アンダークロスから右手ドーン
・右手ドーンは殆ど止められるようになったのですが、その先がまだ不安定です。
・登れるのかなぁ。いやいや、「絶対に登るぞ!」。このルート、自分にはとても長くて、一本一本疲れて、毎度のフォール距離が長大です。そのストレスとプレッシャーに打ち勝つ強い意志が今の自分には必要です。もう落ちる距離は同じだよ~。ネガティブな自分とポジティブな自分の戦いだ~。とにかく、ひるむな!脳に騙されるな!自分を乗り越えたい。
・写真byツヨポンさん。写真ありがとうございます。
b0037220_22493633.jpg
b0037220_22495454.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-12-02 22:50 | 二子山'18-'19 | Comments(2)
2018年 11月 25日

2018年11月23、25日、激混の二子山

「停滞!脳にだまされている!再び」

 天気がよさそうな三連休でした。土日は冬型で冷えて、日曜日は暖かくなる。そんな天気予報でした。土曜日レストして、金日で登りました。金曜日は今季最高の人出の弓状でした。落ち着きませんでした。寒くなるはずが、暖かくて、二段岩壁はシューズが熱さに負けて、そのニュルニュル感がたまりませんでした。土曜日の下界は穏やかで、今日の二子はベストコンディションかと思いきや、日曜日に聞いた話だと、終日横から風が入り込み、二段岩壁すら寒かったとのことでした。日曜日の朝は冷え込みましたが、昼ごろには寒さは少し緩みました。風が少しあって空気はヒンヤリしていたような気がしました。フリクションはよかったです。

◇ 23日(金)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 高く登れ(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×
 体は元気だったのだが、フリクションが悪い。右手ドーンか右手ガバカチへ飛ばして、左手モニョモニョ取りは、右手薬指に巻いていたテーピングが切れて、右手が抜けそうになって、しっかり持てず。
(5) 振り返るな(13a)、×、トップアウト
 暑かった。5p目腰押しつけレストで左足シューズが負けていて、抜け落ちそうで落ち着いてレストできなかった。今度も同じようなフリクションで、左手モニョモニョはしっくりこないまま、左足右足トゥーで右手カンテ取りは、カンテはたいて落ちた。
(6) 振り返るな(13a)、×××
 フリクションのよくなる15:30、前便の1時間後に出してみた。しかし、6p目から左手ドーンは指先がかろうじて穴にかかったが、体が終わっていたようで、ここで終了でした。

◇ 25日(日)
 土曜日にレストして日曜日に登るというのは、苦手です。レスト日の時間の使い方が実に難しいです。さらに、お酒を飲み過ぎないようにコントロールするのが自分にとっては至難のワザです。わざわざ、コンビニで買ってきた水割り缶3本までのつもりが...

(7) ワーカーホーリック(10b)、再登
(8) 高く登れ(10b)、再登
(9) バイパス(10a)、再登
(10) 振り返るな(13a)、×、先週と同じ到達地点まで
・久々にセイジくんのババージュのビレイをしたけれど、結構疲れてしまって、一度降りて休息してから、再度、二段に上がりました。
・中一日のトライ、前腕は大丈夫なのだけれど、一便目でも、体幹に弱冠のヨレを感じつつ登りました。しかし、風があって、フリクションはよかったです。
・6p目クリップは右ひじが曲がらないように注意して、左手ドーンへ。うっ、ヨレていると感じながらも、左指穴アンダークロスへ取りから右手ドーン。もう、ヨレヨレです。頑張って、左手モニョモニョは、あれっ、結構フリクションがいい! 頑張って、右足トゥして右手カンテ取りはバシッと取れた!
・左足寄せて... 体が動かない? 頭の中で声がする。もう動けないよう。やめようよ。ここで落ちようよ。動きが止まってしまった135.png
・脳にだまされた!
(11) 振り返るな(13a)、×
・2便目が15時過ぎぐらいになってしまった。
・体のヨレを感じながらも、声出して核心へ。左手モニョモニョは取れたが、右手カンテをはたいて落ちた。ここまでだった。

 今週も、平日ジムに行けないぐらい忙しくて、睡眠不足でした。先週先々週と同様に疲れた土曜日よりも日曜日の方がよいパターンを期待して、さらに中1日レストで日曜日のトライを期待したのですが、それほど回復はできていなかったようです。それでも、このルートに馴れてきて、いい感じで先週達した今シーズンの最高到達地点まで行けたのですが、そこで自分に負けてしまいました。足を上げられませんでした。もう一手だすぐらいの余力はあったような気がします。またしても、脳にだまされたような気がします。過去にも、いろんなルートで何度もやられてきたパターンです。これを乗り切らないと先へ進めません。そう、「観の目」の境地が必要です。集中力が足りないのです。フリクションよくて、体調良くて、失敗しないで、そこまで到達できた時がチャンスのはずです。そこで、ひるまず、無心の一手が必要なんです。ある時、突然、そこまで到達して凄く余裕があるなんて状況が来るわけないのです。今感じてる余力であと4手出すしかないのです。しかし、余力が殆どないから脳に騙されているわけで、 やはり、あと少しだけでよいから余力がほしいなぁ。でも、そこが今の自分の限界なわけで。そして来週の作戦は...?考えよう。

〇 大混雑、三連休の二子山
・金曜日は混んでいました。今シーズン最多のクライマーだったと思います。
・日曜日は、その半分ぐらいの人数だったのですが、「振り返るな」は4人。「ババージュ」は3人で、二段岩壁がいきなり混雑していました。
・澄み切った青い空、白い石灰岩。コルネの裏は冷たくて、もう焼石がいるけど、あと数週間が最高のシーズンです。のはずです。まだ本格的に寒くならないで!
b0037220_22262369.jpg
〇 コブ母手作りのアップルケーキ
・コブくんからいただきました。母上手作りのケーキとのことでした。岩場で食べました。おいしかったです。ごちそうさまでした。
b0037220_22264447.jpg
きん




by Climber-Kin | 2018-11-25 22:25 | 二子山'18-'19 | Comments(4)
2018年 11月 18日

2018年11月17-18日、暑かったり寒かったりの二子山

「3足1手前進、しかし足が上がらない!」

 今週末は土曜日は晴れるけど気温が下がる予報でした。日曜日は曇りの予報でした。ようやく晩秋の気温になるのかと期待していたのですが、土曜日は予想がはずれ、先週末と変わらないような暑さになってしまいました。。登っていくうちに汗をかいて、自分がヌルヌルになってしまいます。曇りの予報の日曜日に期待でした。ところが、曇ると今度は寒い!焼石クライミングになってしまいました。

◇ 17日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 高く登れ(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×、3足前進
・今週もお腹の調子が悪くて、先にパートナーさまに出してもらったりで、1便目が11時半ぐらいになってしまいました。
・4p目でレストしていると、汗が出てくるのを感じます。5p目腰押しつけレストは結構きまって、少し休めて、ゴー。
・しかし、6p目からの左手ドーンのデカ穴がヌルヌルです。声出して、右手ワンツーから左穴指アンダークロスから右手ドーンは止まって、必死になって、右手カチガバへ飛ばし、右足送って踏み替えてモニョモニョホールドはいまいちな持ち具合だったが、足3個進めてトゥフックに、しかし、体が下がり切っていて、右手はカンテをはたいてフォール。
(5) 振り返るな(13a)、×××
・左手ドーンまで、ホールドヌルヌル過ぎて、右手ワンツーすらできる気がしなくてテンション。
・このコンディションだと~?の予想が当たって、核心セクションはめちゃくちゃ難しくなっていました。ワンテンにできません。

◇18日(日)
 車中泊に8cm厚、高反発ウレタンマットを購入したのがよかったのか、結構寝られました。チコちゃんの情報で、明け方に、しし座流星群が見れるとの話しだったのですが、6時まで寝ていました。でも、小鹿野の明け方は曇りで何も見えなかったそうです。
(6) ワーカーホーリック(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 高く登れ(10b)、再登
(9) 振り返るな(13a)、×、1手前進
・迷わず焼石を持っていきました。
・二日目で指皮が痛いです。4p目レストで痛い指皮が焼石に癒されます。
・5p目腰押しつけレストは、ちょっと失敗。すぐにいられなくなってゴーでした。
・岩は冷たいですが、昨日より、フリクションはよいです。6p目クリップしてから順調にこなし、右手ドーンが止まりさらに左手ガバカチへの飛ばし。そして、モニョモニョ取りも少し時間をかけて、持ち直せました。左足スメアエッジは右足へ再度踏み替えて、左足上げて右足トゥで右手カンテへ送りは止まった!しかし、そこから左足を上げれられませんでした。
・一手前進できたところで、動きがピタリと止まってしまいます。
(10) 振り返るな(13a)、×
・薄日が差してきて、少し暑くなってしまいました。
・体もよれていて、だけど、全体的に大げさにゆっくり登ってみました。しかし、5p目腰押しつけレストは、またしても、失敗気味で早々にゴーでした。
・左指穴アンダークロスはできたのですが、少し浅持ちでした。右手ガバカチへ飛ばそうとしたら、左指がスッポ抜けました。
・フリクションがよいので、ワンテンで抜けられました。

 今週も、睡眠不足で土曜日は不調。良く寝て日曜日もトライですが、やはり、二日目のお疲れパターンになってしまいました。それと、暑い暑いと言っていたのですが、いざ曇ると、とても寒かったです。ちょっと岩が冷たかったりしましたが、10度越えの曇りぐらいがちょうどよいのかもしれません。
「振り返るな」は、少しだけ前進できました。しかし、そこまでで精一杯です。力尽きて落ちてます。8p目クリップのコルネ頭まで、あと4手です。次の一手は、まだ負荷が少し高めで、自信がないです。左足上げて右足ヒールして、その右手出しです。それからコルネホッペ取り。これは自分のオリジナルムーブです。その次の右手出しが少し厳しいのですが、みなのやっている、コルネ首根っこへの右手出しよりは負荷が軽いはずです。そのかわり、一手増えます。さらに、左手をコルネこめかみホールドへ飛ばしてから、右手コルネ頭取りです。もう、ムーブを変えるつもりはありません。頑張るだけです。頑張ろう!

〇 混雑する弓状
・今シーズン一番混んでいました。雪が降るまで、二子は混むのでしょう。
・今年は暖冬予報が出ました。南岸低気圧で二子が雪に埋まるパターンです。のんびりしてられません。
・エクセレントなAY部さんが、振り返るなに参入してきました。強い人は、ムーブ固めたら、すぐに登れるでしょうけど、お互い頑張りましょう。
b0037220_22213576.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-11-18 22:21 | 二子山'18-'19 | Comments(2)
2018年 11月 11日

2018年11月10-11日、紅葉終了間近なのに暑かった二子山

「2手前進! しかし、ヨレヨレで進めず」

 土日で行きたいが、パートナーさまは土曜日だけ、仕事にはまり中(自分のせいではない)で、日曜日の仕事の可能性もあったのですが、結局土日で登りました。土曜日は暑すぎました。体調もいまひとつで、寝不足の上に、何度もトイレへ行く始末でした。悔しかったので、日曜日は無理をしてでも二子へ行きたくなってしまいました。天気も良いし、仕事は月曜日に頑張ればいい。

◇ 10日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 高く登れ(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×
 11時半ぐらいに出したのですが、暑すぎて、4p目でレストしていると汗が出てきました。5p目腰押しつけレストでさらに汗が出て、もう自分がヌルヌルでした。6p目クリップして左手ドーンは止まって、しかし、左手穴がヌルヌルで持てていません。右手ワンツーは、ホールドつかみ損ねてフォールでした。
(5) 振り返るな(13a)、×
 14:30ぐらいに出しました。少しだけ、雲と風が出てきて1便目よりも暑さは少しましでしたが、今度はホールドが熱いです。それでも、6p目超えて、何とか右手ドーンは止まったのですが、左手指穴アンダーがしっかり入ってなくて、持ち直そうとしたら、スッポ抜けてしまいました。

◇ 11日(日)
 日曜日も暑そうですが、一手でも前進させておきたい、無理して日曜日も登ることにしました。ずっと睡眠不足気味だったので、車中泊で睡眠時間は8時間でしたけど、結構寝れたような気がしました。単身で二子へ向かいました。アップはエイちゃんと登り、振り返るなは、マッシーにビレイしてもらいました。ありがとうございました。
(5) ワーカーホーリック(10b)、再登
(6) バイパス(10a)、再登
(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) 振り返るな(13a)、×、一手前進
・もしかして、まだコルネの裏側は冷たいかもと思って焼石持って行ったのですが、二段に上がると既に暑くていられないぐらいでした。焼石置いてスタートしました。
・慣れてきたので、5p目クリップは長テープ側にだけクリップして、進みましたが、そうすると、6p目クリップ時にロープがパンツに張り付いて、ロープ掴み辛くて、クリップに時間がかかるんです。短い方のヌンチャクにも、やはり掛けるか? ちょっと迷います。
・体の重みを感じながら、左指アンダークロスは何とか成功して、右手ドーンのあと、左足上げて落ち着いて体勢を整えて、右手ガバカチへの飛ばしは止まった!結構いいところを持っていたので、持ち変えずに、そのまま左手モニョモニョ取りへ突入したけど、左足スメアエッジ失敗というか、靴が負けているのか? ヨレヨレと左手だしたけど、モニョモニョホールドは左手から、すり抜けていきました。
(9) 振り返るな(13a)、×、さらに1手前進
 2日目の2便目、前半のアプローチから体がよれてるの感じます。それでも、4p目レストで、コルネ頭取りまで妄想して、気持ちにスイッチが入ります。しかし、ヨレてる。右手ドーンは止まって、今度も冷静に左指穴アンダー持ち直して、右手ガバカチは止まった!さらに持ち直して、左手モニョモニョ取りは何とか持った!しかし、もう体がよれ切ってました。動けません。
(10) 振り返るな(13a)、×
 核心セクション最後をリハーサルするつもりだったのですが、右手ドーンは止まって、体勢くずれていて、左手アンダー持ち直そうとしていたらスッポ抜けてフォール。壁に戻れませんでした。

 先週、コンディションがいい感じになってきたのですが、またしても、暑さが戻ってしまいました。もう紅葉終わりだよ。この気温は異常だよ。土曜日は体調もよくなかったりで、前進できませんでしたが、日曜日に意地で前進したような感じでした。左手モニョモニョ取りまで伸ばせました。しかし、ここまでで、せいっいっぱいでした。このまま、手を伸ばしていけるのか? とても心配です。リンヒルは言ってました。「クライミングとは結果を恐れず、自分の全てを出しきること。」 このルートにピッタリの言葉です。まぁ、とにかく、頑張るだけです。

〇 今週の二子山
・土曜日は暑かったけれど、混雑していました。
・パートナーさまが、ビッグモモに続き、ノースマウンテン(12a)の再登に成功していました。
・日曜日は、目豹さまがついにペトRPでした。日曜日は、「ペト」と「火の鳥」で沢山RPでていたようです。土日とも暑かったですが、右上のいつもは寒いルートは丁度良かったようです。
・マッシーが、穴ムジRPしてましたが、誰もほめてくれなくてイジけていたので、私が、おめでとうございますと言ってあげました。
b0037220_21482853.jpg
〇 振り返るな(13a)を完登するサチくん
・何年か前にオンサイトに失敗したそうです。
・6p目まで、迷いながら進んでいましたが、自分のムーブと同じでした。
・核心セクションは、手順で私が左手クロスで持つ指穴アンダーが右手になってしまって、そこから左手でモニョモニョへ。胸元の空間がなくて辛そうと思って見ていたら、声出して、右手を右側リップへ飛ばしました。その後、右足ヒールしてコルネ首根っこ取りでした。お見事でした。
・登ったあと感想を聞きましたが、すごく、気持ちよく登れたみたいです。
b0037220_21484694.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-11-11 22:05 | 二子山'18-'19 | Comments(2)
2018年 11月 04日

2018年11月3-4日、紅葉の二子山

 先週に引き続き、土曜日は二子で日曜日は他の岩場の予定でした。土曜日は日陰は寒いけど日向は暖かいような日でした。二子は紅葉で、河原沢の登山口と二股峠の駐車場に大勢のハイカーの車が並びました。その大勢のハイカーのために、日曜日にある出来事というか、弓状にいたクライマーは誰が犯人なのか知っていたので大笑いしていたのですが、ちょっとしたハプニングなことが弓状で起きたのですが...それは後ほど。先週は、ヌンチャク掛けを済ませて、今シーズン初トライを出したのですが、肩が痛くて不調でした。今週は、出来る限りの肩対策をして週末を迎えました。肩痛は大丈夫か?

◇ 3日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) 高く登れ(10b)、再登
(3) バイパス(10a)、再登
 肩の様子を見ながら、登りました。
(4) 振り返るな(13a)、××
 今シーズンの2トライ目ですが、どこまで行けるか、頑張ってみることにしました。前半はまだ絶対に落ちないという自信が足らず、力が入ります。右行き過ぎレストもしっかり休み切れません。5p目腰押しつけレストは、ちょっと入ったかな?5-6p間は思わず声が出ました。6p目クリップして、最初の左手ドーンで落ちるかと思ったら、あれっ?止まった。右手ワンツーから左指穴アンダークロスは?あれできた!ググッと体を上げて、右手ドーンは?目標のホールドが見えていませんでした。あちょー。あっ、肩ちょっと痛いけど、大丈夫だ!
(5) 振り返るな(13a)、×、右手ドーンが止まった!
 前便でいきなり、結構進めたので、張り切っていきます。前半も少しづつ馴れてきます。まだ、登るのが早い気がしますが、少し力抜けました。腰押しつけレストが意外にもはまって、核心へゴー! 6p目クリップから一手づつ声が出てしまいます。左手ドーンは先シーズンより楽に感じましたが、次の右手ワンツーは、まだ、とても遠く感じます。そして、左穴アンダークロスは、またも止まって、タメを作って、右手ドーンは?止まった! ちょっと慌てました。しかし、次のガバカチへの飛ばしは、ホールドが随分遠く見えました。右手飛ばしましたが、ホールドが手から逃げていました。あ~。腰が落ちていました。手だけ出しになっていました。

 今シーズンの3トライ目で右手ドーンが止まるとは自分でもびっくりでした。しかし、右手ドーンが止まっても、そこから、コルネ頭取りまで、あと6手もあります。先は長いです。まずは、先シーズンの最高到達地点まで戻すことを目指します。肩痛くて、何もできないかもと不安に思っていたのですが、少し安心しました。

◇ 4日(日)
 まだ暖かいので、日曜日は他の岩場、そう榛名山・黒岩か中里の岩場へ行くつもりだったのですが、日曜日の天気予報は朝から曇りで標高の高い榛名山は、終日曇りの上に最低気温1度、最高気温9度、風6mの予報が出ていました。曇りだったら、二子の方がよいだろうと連荘で二子へ行くことになったのでした。日曜日の二子は午後2時まで陽が出ていて暑かったですが曇りだして、最後のトライ便は丁度よかったぐらいでした。日曜日の朝も二股峠に到着すると、もうハイカーの車でいっぱいでした。半分ぐらいは二子中央稜狙いの方々だったのかもしれません。JFAさんの置いたトイレは、青い洗剤は出てくるのですが、水がありません。水は雨水を利用しているのでしょうか?あてにして来たのに、使えなくて焦りました。

(6) ワーカーホーリック(10b)、再登
(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) バイパス(10a)、再登
(9) 振り返るな(13a)、×
 11時過ぎに出しました。二日目で指皮が痛いのですが、ロキソニンでごまかして登ります。前半は少しづつリズムが出てきました。4p目レストから強傾斜へ入って、5p目腰押しつけレストは、いまひとつ。早めに切り上げて、核心セクションへ。声が出まくりました。6p目クリップ後から全手で声をだしました。そうでもしないと、指皮痛くて、手を出せません。左指穴アンダークロスは時間がかかるので、叫んでいる時間が長いです。そして右手ドーンも叫びながらです。さらに、右手飛ばしも叫んで手を出しましたが、またしても、ホールドは右手から逃げていきました。あ~。
(10) 振り返るな(13a)、×、ワンテン
 2便出すか3便出すか迷って、2便にして、ゆっくりしていたら、曇り初めてしまいました。今シーズン初の焼石しました。指皮痛い時にチョークにまみれた焼石握ると癒されるんですよね~。焼石作戦成功で、今度も右手ドーンが止まりました!結構落ち着いていたのですけど、右手ガバカチへの飛ばしは、またしても右手が逃げていきました。あ~、体幹がよれていて手だけだしだからかもしれません。左足につっぱていないのかも?一手進めたかったのですが、できませんでした。
 7p目クリップしておいてから、6p目の右手ドーンから繋いでみました。コエ~! ヨレヨレで、途中で落ちようかと思いましたが、何とか頑張ってリードでトップアウトできました。前腕張った~!

 今シーズン3トライ目で右手ドーンがいきなり止まって、浮かれてしまいましたが、やはり、甘くはありません。ここから一手づつ伸ばしていくしかないです。8p目クリップのコルネ頭取りまで、あと6手。今シーズンこそ、RPできるよう頑張ります。
 ヨレヨレだと、8p目クリップはゲート左向きの方がよいかもしれない。要検討。

〇 紅葉が美しい弓状
・ペトの前あたりから見る弓状が美しいです。そんなことを思うのはクライマーだけかもしれません。
・日曜日の14時ごろ埼玉県警の方が突然、弓状へ上がってきました。なんだ?と思ったら、11時半ごろに東岳の方で悲鳴が聞こえたと言う通報があったそうです。11時半?11時過ぎにトライしていたのは? へっ?私?いやいや、頂上に一番近いところで叫んでいるのは私だけど、みんな叫んでいるから、きっと違う人でしょう。
b0037220_22350675.jpg
〇 今日の振り返るな
・振り返るなを探るツヨポンさん。
・強い人はムーブが見つかれば、すぐに登れるでしょう。ガンバ!
b0037220_22372412.jpg
〇 夕陽に染まる振り返るな
b0037220_22365605.jpg
〇 紅葉が夕陽に染まる二段岩壁
b0037220_23254383.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-11-04 22:35 | 二子山'18-'19 | Comments(4)
2018年 10月 28日

2018年10月27日、暑すぎた今シーズン初の二子山

 土曜日は天気が悪いようなので、今シーズン初の二子へ行くことにしました。日曜日は安定して晴れるようなので、どこか別の岩場へ行くつもりでした。土曜の明け方前から本降りだったみたいでした。あまり天気予報を気にしていなくて、こんなに降るとは、ちとびっくりしましたが、9時ぐらいには雨がやんで、昼から晴れの予報なので、予定通り今シーズン初の二子へ向かったのでした。

(1) 高く登れ(10b)
(2) バイパス(10a)
(3) ワーカーホーリック(10b)
・定番をアップで登りましたが、どれも力が入ります。
(4) 振り返るな(13a)、ヌンチャク掛
・緊張しながら、ヌンチャク掛けしました。このルートはヌンチャクが掛かっていないと辛いルートです。
・意外とムーブは頭では覚えていて、体は微妙なところを覚えていません。
・5p目クリップのコルネが、ビチョ濡れです。
・6p目からは、掃除とヌンチャク掛けに徹しました。
(5) 振り返るな(13a)、思い出し便
・めちゃくちゃ力入りにながら、ぎこちないまま、5p目の腰押しつけレストまで行けました。
・6p目クリップで、右手穴が濡れてて抜けそうです。力いっぱい握って、手が痛いです。
・左手ドーンははしょって、核心入りの左手指穴アンダークロスは?めちゃくちゃ難しい! 何これ?こんなに力がいるんだっけ?
・そして、今日は暑すぎて、モニョモニョホールドがヌメヌメです。右側ガビガギカンテもヌメヌメです。トップロープ状態で2手ぐらいづつムーブを起こすのが精いっぱいでした。
・今シーズンも苦戦しそう。

 半年ぶりに「振り返るな」へ帰ってきました。まだ濡れてるコルネがあって、穴の中は湿っぽかったですが、早めに始めないと、RPトライの形になるころには寒くなってしまいます。久々に触ると、やっぱり、難しいわ~。このルート。全くポイントを忘れているし、次回までに、きんブログで予習します。
 先シーズンは、8p目クリップまで、あと3手まで迫ってシーズンを終了しました。そこまで戻せるとよいのですが、夏のルートの疲れで未だ右肩を痛めています。まず、それを直さないと、まともなトライができそうにありません。まぁ、とにかく、今シーズンも頑張りましょう。

〇 紅葉始まる二子山
・二股峠駐車場に到着すると、埼玉県警の山岳対策関連の方々がキャンペン(なんて言うのだろう)していました。埼玉県警のヘリが二子山や両神山とかで有料になるとか、登山届をだしましょうとのことでした。
・二子の岩場で事故は多くはないけど、ヘリ飛ばしちゃった時に登山届でていないと問題になるかも。携帯からも出せるようなので、我々もだした方がよいのかもしれません。
b0037220_22425393.jpg
〇 暑すぎる二段岩壁
・10月から二子に入るのは久々のような気がしますが? 二段は暑すぎです。核心セクション後半がめちゃくちゃ難しくなってしまいます。気温20度じゃ無理だ!
b0037220_22432818.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-10-28 23:09 | 二子山'18-'19 | Comments(4)
2018年 05月 21日

2018年5月19日、シーズン終了の二子山、ヌンチャク回収

 平日の二子情報をモッチーからもらいました。ありがとうございました。先週は染み出しに流れ込みで酷い状態だったようですが、火曜日には流れ込みはなくなったようです。来週の天気予報の天気図を確認すると、梅雨前線が出てきていました。
 しかし、二子に到着すると凄い染み出しでした。午後にはある程度は乾いてくるだろうとは思いましたが、これまでの経験から、今シーズン終了と決意しました。ヌンチャク回収を決めました。

(1) バイパス(10a)、再登
・げっ、ポケットが水溜り。
(2) 高く登れ(10b)、再登
(3) 振り返るな(13a)、ヌンチャク回収

 2-3p間から染み出していました。フットホールドが濡れいました。3-4p間もびちょ濡れでした。後半は今シーズンに経験してるぐらいのいつもの染み出し程度ではありました。5p目付近のコルネは指の間から水が出てきます。
 来週から梅雨前線が天気図に出ていますが、また乾く可能性もあるでしょう。昨年は6月の空梅雨の冷たい空気で最高のコンディションがありました。今年はどうなるのでしょう。そして今年も暑いです。乾いていても、気温25度では難しいルートは厳しいです。空梅雨が今年も来るのか? いろいろ考えて、ヌンチャク回収して二子シーズン終了を決めました。
 今シーズンは、もう少しのところまでいけたのですが、3月からコンディションが悪くなり、また少し戻って、再度詰めてきては、また染み出しというパターンが続きました。安定したコンディションが1ヶ月ぐらい足りなかったような感じです。かなり悔しいです。しかし、めげないで、来シーズンも頑張ります。

〇 染み出し過ぎた振り返るな
・ヌンチャク回収たいへんでした。このルート、ランナウトしてて、濡れている前半部分がめちゃくちゃ恐い!
・来シーズンこそは登ってやるぜ! 待ってろよ!
b0037220_20181665.jpg


きん、


by Climber-Kin | 2018-05-21 20:16 | 二子山'17-'18 | Comments(2)
2018年 05月 08日

2018年4月28日、またしても染み出しの二子山

 今シーズンは、「振り返るな」をあと少しのところまで到達できています。例年ならGWから甲信方面へ舞台が変わるのですが、今年のGWは二子山からスタートでした。しかし、平日は水曜日に結構な雨が降ったのでした。「振り返るな」は、またしても染み出してしまったのでした。二子でトライした後、28日(土)の夜に廻り目平か植樹祭公園へ入る予定でした。

(1) 高く登れ(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×、途中棄権
・意味があるのかないのかわからないけれでお、忘れないために一便だけ出してみた。5p目付近はびしょ濡れで、6p目から核心ムーブの入りの右手は濡れてしまった。キーフットホールドが濡れていることを確認してテンションした。

 天気予報を見ると、2-3日レストして、4日に廻り目平から二子かなぁとは思いながらも、混雑の廻り目平にテント張ってしまったら、出てこれないだろうなぁとも思いながら、初めての浜平温泉・しおじの湯経由のぶどう峠で廻り目平へ入ったのでした。

〇 再び染み出した「振り返るな」
・次に乾いたと聞いたのは5/5(土)でした。5/4(金)が乾いていたのかは不明です。
b0037220_13504559.jpg
きん


by Climber-Kin | 2018-05-08 13:49 | 二子山'17-'18 | Comments(0)
2018年 04月 23日

2018年4月21-22日、一手を出せない二子山

 真夏日になるような天気予報でした。しかも、土日とも暑い予報でした。土曜日の1便目を出すころ、10:30には既に24度ぐらいになっていました。夕方まで待ちました。17:00過ぎに2便目を出したのですが、気温はまだ24度を切っていませんでした。日曜日は7時には岩場へやってきて、9時前に1便目を出しました。しかし、既に気温は21度でした。ちょっと前なら最高の季節のはずが、ここ数年、GW前後からクライミングには暑過ぎる、みたいな年が続いています。ついこの間まで、寒くて登れないと言っていたのに、もう暑くて登れないになっちゃうのか?

◇ 21日
(1) バイパス(10a)、再登
(2) バイパス(10a)、他が込み合っていたので再度
(3) ワーカーホーリック(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×
・右手ドーンは止まって、左手モニョモニョホールド取りは左足がフットホールドを正しくとらえていないくて踏み替えているうちに体が壁から離れて、左手取れませんでした。
(5) 振り返るな(13a)、×
・湿気っぽかった?自分が汗かいてた?右手ドーンで左指穴アンダーがスッポぬけました。
◇ 22日
(6) 高く登れ(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 振り返るな(13a)、×
・9時前に出しました。気温は21度を超えたぐらいでした。
・右手ドーンから左手モニョモニョ取り、そして右足トゥーフックで右手飛ばして、左足寄せて、右足ヒールへ。
・左手も右手もホールドを持てている気がしなくて、右手を最高到達の右奥ピンチホールドへ出せませんでした。そんな自分が情けない!
(9) 振り返るな(13a)、×
・さらに気温は上がって24度を超えましたが、昨日の経験から夕方は、さらに期待できないので、11時ぐらいに出しました。
・なんとか左手モニョモニョ取りまで来たのですが、左手しっかりもててなくて、腰が下がっていて、右足がトゥをする穴に入りません。あ~。
(10) 振り返るな(13a)、×
・16時過ぎに出しましたが、やはり気温は24度を切っていません。来週の練習のつもりで出しました。
・右手ドーンはなんとか止まったのですが、右手カンテがヌルヌルです。温かい。
・左手モニョモニョ取ったところで、動けませんでした。

 二日目の1便目は、もしかしたらチャンスがあったのかもしれません。自分の汗でヌルヌルになっているホールド、大丈夫保持できてるよって脳がだましてくれないものでしょうかねぇ。手を出してみても止まるかどうかはわかないのですが、トライ前に何が何でも手を出して落ちること、自ら絶対に落ちないことと、固く誓いながらスタートしています。しかし、いよいよのところ、保持できていないホールドの感触、よれてきている体、落ちたら体斜めに大フォールと、そんな状況でどうしても自分に負けてしまいます。観の目の境地になれません。手が出ません。降りてくると自ら諦めた挫折感が猛烈に自分を苦しめます。少しフリクションがよいとか。体のヨレが少ないとか、もう少しの余裕がないと難しいのでしょうか。それとも、これも意志の力でなんとかなると言うのでしょうか。意志力弱いです。苦しいトライが続きますが、次回も自分なりに頑張ります。

〇 灼熱の弓状
・この時間帯に、みんな、よくやるわ~。
b0037220_14202269.jpg
〇 難そうなホールドでペトを探る雌豹さま
・悩み楽しんでください。
b0037220_14211476.jpg
〇 エリーヌ?
・指が痛くても絶好調の狼おじさん。次は広場エリアを制覇か?
b0037220_14241062.jpg
きん




by Climber-Kin | 2018-04-23 14:07 | 二子山'17-'18 | Comments(2)