ヘビークライマー”きん”のクライミング日記

kinclimb.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:振り返るな ( 102 ) タグの人気記事


2017年 01月 22日

2017年1月21-22日、二子山

「5?歳最後のトライ、5?歳+1の最初のクライミング」

 土曜日は風が強いという予報でしたが、全くその通りでした。風のせいで、朝の岩の冷たさは、これはめったにない冷たさで格別でした。風が強いと手の甲に風が当たって、手温を奪われるようです。今シーズンは、手がかじかんで痛くて感覚が全くなくなるようなことは、まだなかったのですが、今日はアップから今シーズン最高の?間違えた、最低の冷たさでした。そこに居るだけで寒さのダメージを受けてしまった土曜日ですが、日曜日の予報は風も弱く、3月上旬の陽気?冷気?らしいです。晴れた日にジムで登るは、あまりに悔しいので、体調もいまひとつなのですが、5?歳+1の最初のクライミングってことで、基本の外岩からスタートしようと、酔った?間違えた、よれた体をひきづって、連荘で弓状へ向かったのでした。

◇21日(土)
(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) バイパス(10a)、再登
(3) 高く登れ(10b)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×××
・うー!寒すぎてトライしたくない。風ビュービュー臨場感あり過ぎ。息が上がってしまう。ダメだこりゃ。
(5) 振り返るな(13a)、×××
・風で手の皮膚が乾燥してしまって、ツルツルだわ、冷たいは。核心セクション入って、右手サイドはツリッ、ツリッと逃げるホールドを掴んだが、体上がらないよ~。

◇22日(日)
(6) 高く登れ(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 振り返るな(13a)、×××
・今日も手皮ツリツリ。でも頑張って、核心セクションへ入ったが、右手サイドは、やはり、ツリッ、ツリッと逃げるが捕まえて、声出して、左穴指アンダーは刺せたが、やはり、腰が下がっていて、立てず。あ~、ステップしながら腰あげていかなきゃ!
(9) 私生活(12c)、ムーブ探り
・前半の核心セクションを下から繋ぐことを目標に頑張ったのだが、左手浅穴に左足ツーフックで、右手甘目鷲掴みホールド掴んだが、右腕伸びきり状態で、肩が痛くて引きつけられず。
・2p目から、ムーブ4p目クリップまでは繋げられる。そして、私生活核心セクションは?
・レイバックムーブはできる気がしないので、正対ムーブで解決を図るが、右手二本指サイドチビ穴とってから、左手を出せる気がしない。あ~、少し左足低めにスメアして、右足上げてか。左手サイドアンダーたたいて落ちる。またまたムーブ解決できなかった。
・その後、マチコちゃんのムーブを見せてもらう。なるほど~。胸元のアンダー使って、右手二本指サイドチビ穴で左足ヒールか!次回やってみたい。

 1月の二子って、意味あるのかなぁと毎年思うのだが、「火の鳥」、「穴のムジナ」は、1月にRPできている。「マイライフ」「SVP」「おいしいよ」は1月もトライし続けて、2月に登れている。右手ドーンが止まった「振り返るな」は、そこから、一手づつ伸ばしていくはずなんだけどなぁ。この寒さじゃなぁ。昨年の1月は、やはり高度下がって全然ダメだったしねぇ。と思いながらも、毎週寒い二子へ通いながら、今年も二子で誕生日を迎えてしまった。

〇 今週の弓状
・寒い二子は空いてていいです003.gif。負け惜しみ?
・ミッチーの任侠は毎回いいところまで行ってます。今週も惜しい!
・日曜日は、先週お世話になったK澤小屋のK澤氏とスズちゃんが弓状見学に来ていました。
b0037220_22352389.jpg
〇 オオカミおじさんのRP
・オオカミおじさんは、今回も「おいしいよ(12c)」を登れない!登れるわけない!まだまだ!と言いながら、みなは寒い上に岩ツリツリで閉口していたのに、連荘の二日目に一人だけ成果を出してました。感じ悪~!間違えた、おめでとうございます。
b0037220_22355986.jpg
〇 おがのゲストハウス
・お邪魔させていただきました。60畳?の共有スペース。広い! 心地良い!営業開始が楽しみです。
b0037220_22363458.jpg
きん


by Climber-Kin | 2017-01-22 22:37 | 二子山'16-'17 | Comments(4)
2017年 01月 15日

2017年1月14日、大寒波の二子山

 大寒波到来でした。こんな時は、雪雲がやって来て、雪降っちゃうんだよなぁ。南岸低気圧の湿った雪だと0度どまりなんだけど、冬型だと、どこまでも気温下がって、風吹いて寒いんだよねぇと、思いながら、やってきたのですが、小鹿野から見た山の方には、まだ雪雲がかかっていました。そして、その悪い予感は当たってしまいました。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS再登
(2) バイパス(10a)、積雪期初登か?037.gif
(3) 振り返るな(13a)、××
(4) 振り返るな(13a)、××、2テン

 今日の二段岩壁は、陽は当然当たらず、その上に風がビュービューでした。体が動きません。力が1割増し余分に入って、岩が冷たくて、握りしめて、さらに1割増しで、合計2割増しぐらいでしょう。息があがります。まぁ、こんな日も一年に一度ぐらいありますね。今週が今シーズン一番の寒さでしょう。来週から暖かくなりますよ~。きっと?
 ① 6p目クリップの右手穴アンダーは、親指を当てること。そうすれば、右手手の甲をベロンチョしない。

〇 今日の弓状
・予想通り15名ほど来ていましたが、4名は早々にお帰りでした。
・しかし、こんな日でもRPがでるのです。H野さん、「よーこそTウォール(13a)」をRPです。おめでとうございます。信じられん。
・パートナーさまは、誰もお立ち台にいないことをよいことに、「任侠道(12d)」を2便も触ってました。
b0037220_21370367.jpg
〇 K澤小屋
・特別な用事というか、小鹿野へやってきたSZさまのところにお泊りする予定がなかったら、間違えなく、ジムへ直帰でしたね。
・そして行ってきました! 手作りのいいお家でした。薪ストーブが暖かい。二階も広くて、20人ぐらい泊まれそうです。大宴会できそう。
・ブログに載せてもいいとお許しを得たので、家の写真を載せます。家の中の写真もFBで少し上げましたが、また、次回おじゃました際に紹介したいです。
・予定通り飲み過ぎました006.gif。翌日は、昭島で「MERU」みてから、カランバで登りました。
b0037220_21454668.jpg
きん


by Climber-Kin | 2017-01-15 22:06 | 二子山'16-'17 | Comments(2)
2017年 01月 09日

2017年1月9日、積雪の二子山


 1月8日の昼過ぎから秩父山間部は雪が降り出したようでした。ぜ兄ぃからの情報で、8日の夕方で二股駐車場は積雪5cmぐらいとのことでした。東村山は朝まで雨のままでしたが、9日の朝出発する時間も結構な雨が降っていました。正丸トンネルあたりの除雪跡の雪の量が多かったので、これはダメかなぁとも思ったのですが、秩父市街へ入ると意外と雪は少なかったです。そして、問題の林道は、既に一台入っていました。ラッキーと思ったら、ウッチーJR号で、途中で進めなくなってチェーンを付けていました。その先は前夜に入った轍がありましたが、積雪10~15cmぐらいでしたが無事二股峠駐車場まで到着できました。昨年MPVからSUVへ車を替えていたので、少し余裕がありました。
 さて、向かった弓状ですが、午前中は雲が残り、なかなか陽がでてくれませんでしたが、昼過ぎから晴れとなり、風もない、よいコンディションになりました。しかし二段岩壁は流れ込みがありました。午前中の「振り返るな」は8p目近辺が濡れていました。上部にまだ積雪が残っているので、午前中の流れ込みはしばらく続くかもしれません。

(1) ワーカーホーリック(10b)、MS再登
・岩冷たい。
(2) バイパス(10a)、MS再登
(3) 振り返るな(13a)、××
・一本目は、いつも調子がいまひとつと言うか、力が入ります。岩の裏はまだ冷たいし。MR井さんがやっていたように、下部だけアップでやっておくのもよいかもしれません。
・6p目クリップして、核心へ入りましたが、右サイドをしっかり所定の場所を持てないぐらい、身体がよれてしまっていました。
・流れ込み具合を確認。キーホールドの左手モミョモミョホールド(このルートで一番悪いホールドと言えばわかる)が少し濡れてる!昼過ぎ便では乾いてました。
(4) 振り返るな(13a)、×、ワンテン
・陽がでてきて、いい感じになってきた14時40分に出しました。今度は、いい感じで後半へ入れました。
・迷っていた、5-6p間は右手アンダー気味サイドを取りに行く足は前の通り下げて、右足は少し右上の足開き気味ホールドに、左足は45度で少し上を向いている面に載せることにしました。あと、右手は親指つけること!
・余裕目で核心セクションへ突入できたのですが、左穴指アンダー取ってから、また体が下がり気味のままで右手出しちゃったみたいです。右手ドーンを持った直後に足外れて、落ちました。
・8p目をクリップして、降りてきて、セミトップロープ状態で、6p目から繋いで、疑似ワンテンで抜けられました。
(5) 私生活(12c)、ムーブ探り
・パートナーさまの私生活トライのあと、まだ陽が沈んでいなかったので、触らせてもらいました。
・前半核心セクションをスタートから繋ぐのが目標でしたが、2p目クリップから核心セクションへ入るムーブがつながりませんでした。と言うか、もっと楽にムーブを起こさないと、あっと言う間に力つきます。
・2p目から前半核心セクションこなして、3p目クリップはできたのですが、3-4p間が右手穴ホールドが痛いのなんのって、そうそう、マイライフやってる時もこの痛さに悩まされたなぁ。ムーブ全然覚えてないし。そうだ、きんブログを読んで、ムーブを探そう!

 南岸低気圧で雪が降ってしまいました。上から流れ込んできてしまいました。昨年と同じパターンですねぇ。1月末ぐらいから染み出しが始まりそうです。「振り返るな」ですが、なかなか、右手ドーンが止まりません。体が少し疲れ気味なのでしょうか。岩が冷たいから?とは言え、少し落ち着いて、右トラバースできるようになってきて、失敗要因が少しわかるようになってきました。頑張ります。「私生活」は、かなり難しいですが、こちらも、時間をみては、少しづつ触っていきたいと思います。

〇 今日の弓状
・林道が積雪なのに、次から次へとクライマーが上がってきました。30人弱ぐらい居たのではないでしょうか。
・パートナーさまの「私生活(12c)」は、あと3手2足ぐらいになっていました。
・写真は、珍しく二子に登場した、コブくんペトルーシュカのトライ。先日のあやちゃんの写真を同じ場所?同じシルエットしてる。037.gif
b0037220_22220354.jpg
〇 朝の林道
・吹き溜まりで積雪15cmぐらいだったのではないでしょうか。何度か、雪にお腹を擦ったような。
・昼から晴れだったので、お日様があたる部分は、すっかり雪がなくなっていましたが、日陰はしばらく雪が残りそうです。次回は、凍結でツリツリになりそうです。
・アプローチは、しばらく、長靴がよいですが、こちらも、北面は朝夕、カチコチになりそうです。簡易アイゼン装着をお薦めします。
b0037220_22235064.jpg
きん


by Climber-Kin | 2017-01-09 22:22 | 二子山'16-'17 | Comments(0)
2017年 01月 07日

2017年1月7日、落ち着いた二子山

 気温は下がって岩は冷たかったのですが、風がなくて穏やかな冬の日でした。正月明けは賑やかだった二子山でしたが、今日は、とても静かで落ち着いてトライできるよい雰囲気でした。いつも、このぐらい静かだと登りに集中できてよいのですが。
 寒いけど穏やかな日は午後からチャンスになります。RPがでていました。

(1-2) 高く登れ(10b)、再登+Tr
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×××
・岩が冷たいので嫌な予感がしたが、やはり、その通りで、何だかホールドが滑る。力が入ってしまった。
・あー、アップに違うシューズ使ったからか?ダウンのポケットに入れて温めている時間が短かったようで、シューズがまだ冷たくて固かったのだろう。
・6p目クリップして、テンションして、核心セクション入りのホールドを掃除して降りた。
(5) 振り返るな(13a)、×
・13時に出した。いつもより余力を感じて核心へ突入できた。左手ドーンから右手サイドへ足ステップして、左指穴アンダークロスへ!あっ、少し座り込んでしまっていた。そのまま、右手ドーンは届いたのだが、同時に右足が外れてしまった。あ~。ステップきりながら、腰を上げていかなければ!
(6) 振り返るな(13a)、×、ワンテン
・何だか、6p目クリップのアンダー穴ホールドの持ちが浅かった。あ~。
・6p目からセミトップロープ状態で、終了点までムーブを繋げられた。

 5-6p間のムーブを最近いじっている。結局前のムーブに戻りそうだ。一度戻して、一点だけ修正してみよう。5p目クリップしてからの2手目右手サイドは親指をつけること。これ意識してなかった。少しは安定して左手アンダー取り出せるかも?
 自分で自分にリミッターを掛けている気がしている。昔登った難しいルート達のように、観の目の境地で登っていない。疲労度を味わって登っている。無心でムーブを起こすのだ! May the force be with me !

〇 今日の弓状
・今日は適正人数でした。みなさんトライに集中できたのでしょう。RPが出ました。
・松本のM上さんがノースマウンテンをRP。エナジーのNG田さん?がモダンラブをRP。T橋くんが振り返るなを2p飛ばしでRPしていました。おめでとうございます。
・パートナーさまの私生活も、息があまり上がらず、いい感じでしたが、左手アンダーまで、まだ4手ほどあるとか。私の振り返るなと同じようなレベルか?
・写真は、ペトをトライするあやちゃん。
b0037220_22582245.jpg
〇 ジョナサン・リビングストン・シーガルをトライするヨッシー
・最後が難しいみたいです。
・カッコいいルートです。青空をバックに見栄えします。
b0037220_22581093.jpg
きん


by Climber-Kin | 2017-01-07 22:58 | 二子山'16-'17 | Comments(0)
2017年 01月 04日

2017年1月3-4日、登り初めの二子山

 明けましておめでとうございます。本年も引き続き、きんブログを宜しくお願いいたします。
 年末から新年は2日まで、青梅あたりの温泉での寝正月でした。しかし、今年は、浴びるような酒は抑え、適量の量だったと思います(笑)。そのかわり、お腹が3Lサイズのスイカのようになるぐらいに飽食の毎日でした。さて、お正月前後は穏やかな天気でした。登り初めの3日の朝は風が吹いて寒かったですが、午後からは穏やかになり、4日は朝から暖かめで、二段は暑すぎるぐらいで、私生活あたりがちょうどよい感じの冷え具合でした。

◇ 3日
(1-2) 高く登れ(10b)x2、再登、Tr
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×、右手ドーンは止まったが
・年末にようやく、右手ドーンが止まった。毎回右手ドーンを止めて、一手づつ進めたいところだ。
・午前中は寒かったので、今日は2トライにして、11時半過ぎに1便目を出した。多少コルネの裏と穴ホールドは冷たかった。少し力が入ったが、元気な一便目で、右手ドーンが止まった!
・少し体が落ち気味だが、前回の教訓から左指穴アンダーが抜けないように注意しながら、左足を所定のホールドへ。そして、右手飛ばしは、気持ちが消極的だったか、左足の蹴りが弱かったと思う。右手デッドは体がすぐに戻ってきてしまい、滞空時間が短すぎて、右手握り切れず。あ~!
(5) 振り返るな(13a)、××
・あれれ?一便目で力出し切っちゃったのか?ヨレヨレでした。

◇ 4日
 翌日は遅めの出勤でした。朝から風もなく、穏やかでした。アップは焼石なしで登れました。

(6) 高く登れ(10b)、再登
(7) バイパス(10a)、再登
(8) 振り返るな(13a)、×
・アップの段階で嫌な予感はしていたが、その通りだった。体がよれていた。全然ダメでした。
(9) ペトルーシュカ(12b)、××
・もう「振り返るな」をトライしても???なのと、弓場がこんなに空いているのはめずらしいので、いろいろな、空いているルートを触ることにした。
・この下部は「クァ」で数年前に触っているので、比較的覚えているのですが、5p目までで精一杯でした。
・みんなのムーブでトップアウトしようと思いましたが、やはり狭い!そこで、キンムーブを起こしてみましたが、足位置が違うなぁとフォールして降りてきました。
・このルート難しい!
(10) 私生活(12c)、ムーブ探り
・火の鳥で遊ぶつもりでしたが、混んでいたので、すぐそばの私生活を触ってみました。第一核心でアッキーがやっていた、左足トゥーフックを試してみようとやってみました。トゥーフックで次の右手は取れたのですが、そこからのムーブがわかりません。
・あー、そこから、左足のトゥーフックをミニノーズからはずして、そのミニノーズに乗り込んで、左手をローソク穴ホールドか? あっ。できた!004.gif
・標準の左手アンダー持ちムーブは全くできる気がせず、YWTムーブは一度だけできたのですが、いまひとつしっくり来ていませんでした。このムーブは左手出しがちょっとフィジカルに厳しいけど、手数が大幅に減るから、よいかも!
・また、チャンスがあったら、今度は上部核心ムーブを解決したい。017.gif

 お正月前後で、さらに1キロぐらい太ってしまったような気がしますが、右手ドーンが止まりました。この調子で頑張りたいと思います。4日は空いていることをよいことに、他のルートで遊びましたが、新鮮で楽しかったです。今週末は前線通過で、いきなり積雪の危険がありそうです。積もらないとよいのですが。今年も、はりきって行きましょう!

〇 新春の弓状
・3日は、初登りの人が多くて、にぎやかでした。4日は、落ち着いた感じでした。
b0037220_22221859.jpg
〇 焼石コレクター
・恒例のお正月の多摩川で焼石拾いですが、河原へ行くまでに、枯れ草がフリースズボンにくっついて、大変な目にあってしまって、落ち着いて石探しできませんでした。集めたはこれだけでした。
・集めては捨てないので、結構な数の焼石になってます。どれも、かなり、デカ目ですが、ほしい人は声かけてみてください。
b0037220_22235829.jpg

きん


by Climber-Kin | 2017-01-04 22:22 | 二子山'16-'17 | Comments(4)
2016年 12月 29日

2016年12月29日、二子山、登り納め

「今年の最後はおひとりさま」

 登り納めとなってしまいました。1年はあっと言う間です。朝は冷え込みましたが、風がなく、昼からは岩も温かくなり、私には関係ありませんが、絶好のRP日和になりました。今日の二子は、自分も含め、おひとりさまが多かったです(笑)。

(1) ワーカーホーリック(10b)、再登
(2) 高く登れ(10b)、再登
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、××
(5) 振り返るな(13a)、××、右手ドーン止まったのだが…
(6) 振り返るな(13a)、×××

 前回前々回と整理だけは進みました。なんとか今年中にスタート地点と言える右手ドーンは止めておきたい。そのムーブ整理の成果で、2トライ目に、ようやく、右手ドーンが止まりました! しかし、そこからの左足ステップしての次の右手飛ばしで左指穴アンダーから指が抜けてきてしまい落ちてしまいました。あ~070.gif もう何手かは進めるはずだったのに、あ~無念。体が壁から離れていたのか?とにかく、右手ドーンまでが安定しないと完登は遠いです。
① 4-5p間
・左手ガストンで、右足穴に刺して遠い腰押しつけホールドへの右手出しは、左手人差し指を突起ホールドにか被せることで出血しなくなりました。
・これ先シーズンの終盤に気づいたことを思い出した。歴史は繰り返される007.gif
・腰押しつけレストは、やはり、今の方法しかないかな。うまくはまる確率が1/2。しかも、うまく、はまっても体幹辛くて、10秒いられない。
② 5-6p間
・ちっちゃな修正は成功。バックステップで5p目クリップして、左足スメアでフリして左手デカダンゴホールドで右足ハイステップで右手出し、そのまま左足バックステップで左手穴アンダー取り。
③ 6p目クリップ
・肘がなかなか伸びない。
・指パッドは成功で、これだと指に穴をあけないで済む034.gif
④ 核心セクション最初の左指穴アンダー
・テーピングなしでフリクション向上。
・ようやく、昨シーズンに追いつきました。引き続き来年も頑張ります。

〇 今日の弓状
・RPデイでした。群馬チーム?の若手?がノース(12a)RP。KK池ダンナさんがSVP(12b)をRP。コビッキーがエリー(12a)をRP。754くんがセリーヌ(12c)をRP。締めはマサさんが乾杯(14c)をRPでした。おめでとうございます。
・写真は、一番奥でおしいトライが続くT氏ことS司くん。3便目はコルネ頭取った後に落ちてきました。まぁ。新年早々にRPするでしょう。
b0037220_21534656.jpg
〇 指パッド
・ビタミン剤のプラスチック容器で作ってみました。黄色い粉がちょっと匂います。
・思いつくのが遅かった。もっと早く作ればよかった。
b0037220_22144220.jpg

きん


by Climber-Kin | 2016-12-29 21:54 | 二子山'16-'17 | Comments(2)
2016年 12月 18日

2016年12月17-18日、再び進展なしの二子山

 週ごとに今年一番の寒さを更新してきています。土曜日の朝は寒かった。午後から寒気が北上してくれたようで、普通の二子の寒さになってくれました。日曜日は朝から寒さは緩んでくれました。先週は土日の連荘の日曜日でも、結構頑張れたのですが、今週は岩に冷たかったのに出した一便が効いちゃったのか? 疲れが溜まっているのか? 冴えない、進展のないトライになってしまいました。

◇ 17日(土)
(1-2) 高く登れ、再登、Tr
(3) バイパス(10a)、再登
(4) ワーカーホーリック(10b)、再登
・あまりに寒いので、さらにアップ。しかし、トライする時にはもう体が冷えてしまっていた。
(5) 振り返るな(13a)、××
・やはり、まだコルネの裏側、穴の中が冷たかった。出すの早すぎた。後悔。左穴指アンダーは捉えるが、右手ドーンは体が上がっていなくって全然ダメ。
(6) 振り返るな(13a)、×××
・結構いい感じで核心へ到着することができた。しかし!何故か足が滑って、あえなく、核心入りでフォール。凡ミスだった。

 第5回忘年会。今週も飲み過ぎる前に喰いまくりで、酒はちびっとに成功しました。しかし、平日の睡眠不足が累積していたのでしょう。夜は8時台に就寝してしまいました。9時間睡眠達成!

◇18日(日)
(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) バイパス(10a)、再登
(9) 振り返るな(13a)、××
・やっぱり、この時間帯のトライは核心入るところで、指先が濡れている感触になるんだよねぇ。でも、結構腰が入って、右手ドーンは止まりそうで止まらなかった。
(10) 振り返るな(13a)、×××
・ヨレヨレだった。6p目へ突っ込む気力がなくて、5p目でテンションする。こうなったら、ムーブ見直し便へ変更。
・4-5p間レストをM井さんがやっている方法をやってみたが、???
・5-6p間の3手目左手アンダー取りの右足は、右側へ出すのはやめよう。足手前に戻そう。
・そして、6-8p間なのだが、右足トゥフックで右手飛ばした後、そのままの足で右手が次の隠れたホールドまで届くことが判明。しかも、その右足のままでコルネホッペホールドまで取れる!こっこれは画期的だ~!
(11) 振り返るな(13a)、ムーブ探り便
・日没前に、先便のムーブを確かめに行った。しかし、?????
・ロープに引っ張られた超テンションムーブだったのか?がっくし。次回もう1回確かめてみよう。

 そろそろ、右手ドーンが止まるのではないかと期待したのですが、全く進展がありませんでした。しかも、かなり寒くなってきました。これだけトライして、ここまで進展がないルートは初めてです。これまでルートは、やればやるほど、ムーブの先行動作によってムーブが流れていくようになり楽になっていくのです。しかし、このルートはムーブが全く流れないのです。一手づつをガツガツ登るルートです。だから、やってもやっても楽になりません。そして、デブには厳しい被りです。持久力系の超苦手ルートです。試練です。だけど、Never give up!。がんばりましょう。次回は、指先が濡れている感じだろうが何だろうが、出すんだ!手を出すんだ!あきらめるな!それは違うルート名だ!

〇 今週の弓状
・土曜日は、みなさん寒さを警戒してか、空いてました。日曜日は盛況でした。
・写真は、二子で最も難しい12cと思われる「私生活」をトライするマーさま。
b0037220_23250258.jpg
きん


by Climber-Kin | 2016-12-18 23:25 | 二子山'16-'17 | Comments(3)
2016年 12月 11日

2016年12月11-12日、かなり寒くなった二子山

「地味ながらほんの少しづつ前進」

 寒くなる予報でした。土曜日の朝に河原沢を通過した時の電光掲示版は、4度を指していました。あれっ?そこまで寒くない温度でした。しかし、今シーズンとしては、一番寒かったかもしれません。朝のうちは風があったのですが、午後には風もなくなり、空気も緩みました。そして、午後2時あたりから最高の時間帯となったのですが、いかんせん、陽が短くて、あっという間に日没してしまいました。
 寒い予報が出たので、少しは空いている二子になるのかもと期待したのですが、まだまだ盛況な弓状でした。

◇ 11日(土)
(1-2) 高く登れ(10b)、再登、Tr
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、××、2テン
・岩の表側はすでにいい感じの温度になっていたが、コルネの裏と穴ホールドの中がまだ冷たかった。
・6p目クリップの右手穴アンダーホールドは、結露してたんじゃないか?核心セクション入る右手サイドが抜けてきてしまった。
・核心セクション薄被り帯は、ツルツルでなんだか滑る!まだ風が強くて、指皮が乾燥しすぎてたのか?
(5) 振り返るな(13a)、×
・今度は、前半部分で岩が温かくなってしまっていた。後半は丁度よい感じだった。前便に気付いた?いや思い出したポイント、右手温存作戦! それと、6p目クリップ右手穴アンダーは意識して肘を伸ばすこと!
・とても苦しいのだが、それでも今シーズンで一番楽に核心へ入れてたと思う。左指アンダークロスは取れて、右足踏みかえて、右手ドーンは指先触ったが届かず。まだ腰が落ちていたか。フォールした後、壁に戻れず。そのまま下までローワーダウンした。
(6) 振り返るな(13a)、××、1テン
・今度も右手温存作成。先便と全く同じで、右手ドーンは止まらず。
・左指穴アンダーとれた状態からスタートして、ギリギリで8p目クリップ。そのままワンテンで抜ける。

◇ 12日(日)
 土曜日の夜は、第2回忘年会でした。しかし! めずらしく飲み過ぎませんでした。その代わり、お腹が張り切れそうなぐらい食べました。日曜日は、寒いけど、いつもより早めに起きて頑張って出発しましたが、日曜日の方々は早いのですね。既に4パーティ目でした。河原沢の電光掲示板は、-1度を指していました。昨日より5度寒い! だけど、日曜日も満員御礼な二子でした。

(7) 高く登れ(10b)、再登
(8) バイパス(10a)、再登
・岩冷た~い。
(9) 振り返るな(13a)、××、2テン
・11時ぐらいだったか?まだ、穴の中が冷たかった。
・右手温存作戦。右手ドーンは触って落ちる。うーん。
・どうせ、薄被り帯はツルツルだろう。無理しないで2テンで抜ける。
(10) 振り返るな(13a)、××、1テン
・結構、いい感じで入ってきて、6p目クリップしたつもりだったが、体はヨレていた。左手ドーンから、体が上がらなかった。
・疲れていて、ドカ落ちするのも嫌なので、8p目かけて、降りてきて、6p目からリハーサルした。
・ヨレヨレながら、終了点まで繋ぐことができた。しかし、これ厳ちぃ!

 右手ドーンでタッチ。今シーズンでは最高到達地点です。しかし、右手ドーンが止まってからが勝負のルートです。まだまだです。だけど、核心セクションへ入るまでは、何を注意するのか整理できてきました。6p目から終了点まで、少しづつ小慣れてきました。あとは、とにかく頑張るだけです。

① 核心セクション入るまでは右手温存。
② 4p目右寄り過ぎレストは、手の交互レストはあまりやらないこと。じっと我慢がよい。
③ 5-6p間腰押しつけレストは、所定の場所に左足載せて、一発で腰を入れ込む。10秒数えてゴー。長居は無用。右手温存で。
④ 5p目からの左手、右手アンダーから、右足は少し右上でやってみよう。これも右手温存作戦。
⑤ 6p目クリップの右手穴アンダーは、腰入れて肘のばすこと。右手薬指のテーピングは厚めに!
⑥ 右トラバースはこれまで通りのイメージ+下半身も使うことを忘れないように。
⑦ 右手ドーンからの右手飛ばしは上より掴むこと。足踏み変えはひるむな!
⑧ 左手モニョモニョホールドは落ち着いて二股持ち。
⑨ 右足ヒール決めて、腰右へスライドは大げさに!
⑩ 8p目クリップ後も雑にならないように。腰が壁から離さないように。
そのほか、家飲みは控えること。これが一番大事かも007.gif

〇 今週末の弓場
・前回、振り返るなの終了点を補強しました。今回は、YWT専務が打ってくれていた出だしの1本目ボルトにかかっていた、落ちたら切れてしまいそうな擦り切れたダイマーニテープを10mmロープシュリンゲへ交換しておきました。ここは、めったに落ちることはないのでしょうけど、少し気持ち悪かったです。
・身近なところでは、元気くんがババージュRPしていました。アッキーは龍勢前半の私生活をRPしていました。754くんがエリーRPしてました。おめでとうございます。
・山形のクライマーさんから、ブログの方ですかと声をかけてもらいました。
・自分が対峙している課題からの現実逃避か? 待ち時間中、いろんな人にムーブの助言しながらブラブラしてたら、自分のルートに集中しろ!と怒られました。028.gif
・写真は惜しかった穴ムジトライのおけいちゃん。
b0037220_22120650.jpg
きん


by Climber-Kin | 2016-12-11 22:12 | 二子山'16-'17 | Comments(0)
2016年 12月 03日

2016年12月3日、暑いじゃん二子山

「労作性頭痛に悩まされる」

 今週も忘年会をやりたかったのだが、諸般の都合で土曜日日帰りでした。しかも、本日は無形遺産の秩父夜祭の日でした。駐車場取りなのでしょうか?屋台の場所取りなのでしょうか。299号に停車した車の列が朝の6時からできていました。これは帰り大変だ~。帰る際にグーグルマップで確認したところ、使う道にところどころ渋滞の赤い線が。もしかして、これは駐車場待ちの動かない渋滞とか? ということで危険を感じて、花園ICから関越道で帰ったのでした。
 さて、岩の方ですが、朝はかなり冷え込んでいたのですが、風がなかったせいか、陽が当たりだすと、あっという間に温かくなってしまったようです。10時の1便目ですら、二段岩壁はもう岩が温かくなりすぎていました。そして、今週の問題はそれだけではありませんでした。先週の1便目のワンテンにしたトライで頑張り過ぎたせいか、酸欠みたいに頭が痛くなってしまったのですが、その後、調子がよくありません。平日に筋トレしても頭が痛くなるし、クライミングジムへ行って力を入れると頭痛が始まってしまうのです。グーグル先生に聞いてみたところ、「労作性頭痛」別名「重量挙げ頭痛」というらしい症状にぴったりです。50歳過ぎてから発生した場合は、一度検査した方がよいようです。それはそれで、どこの病院へ行けばよいのか難しいのですけどね。血管の膨張とかいろいろな原因があるようですが、私の場合、多分、首の凝りから来ているような気がしています。ちょっと前から、なんとなく首回りに違和感がしていて、ビレイグラスを買ったのです。最近気にしていて、首のストレッチも結構やっていたのです。やはり、血管の拡張とかの原因なのかもしれませんが。

(1-2) 高く登れ(10b)、再登、TR
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、××××
(5) 振り返るな(13a)、××
(6) 振り返るな(13a)、××

 バッファリン系の方がよいような情報もありますが、今日は持っていたロキソニンを飲んでみました。水分も多めにとりました。しかし、核心セクションまでくると、やはり頭が痛くなってしまいました。5-6p間は力がいるのですね。
 そして、先日思いついた5-6p間の改良は全て妄想でした。これまで通りのシナリオで頑張るしかないようです。あっ、1つだけ進展がありました。4-5p間の腰押しつけレストです。左足高めフットホールドで、腰入れてから左足を所定の場所へ下げていたのですが、最初から左足所定の場所で腰を入れ込んだ方がはまりやすいようです。今日は2回ほど、いい感じになりました。しかし、体幹を使うのは同じで、10秒程度で再出発する必要があるのは変わりありません。まぁ、シナリオがこれしかないってわかったのも前進かも(笑)。
 2トライ目は情けなかったです。左指穴クロス刺して体勢を整えたのに、怖くて右手ドーンを出せませんでした。恐いってのもあるのですが、辛いゴボウ登りと落ちた時の左穴アンダーの指皮ズリ剥けがトラウマになっているような気もしています。3トライ目は、いつもの通りヨレヨレでした。このルートには、メンタルでも負けています。落ちるの嫌がっていないで、頑張って一手づつ伸ばしていかないと!

〇 今日の弓状
・ベテラン勢が穴ムジに、おいしいよに、多数RPだしてました。あなた達強すぎ。うらめしや~。
・写真は、ペトルーシュカ(12b)をトライするHRKDさん。10年前のきんムーブを採用。 ガンバレ~!
b0037220_22314181.jpg
きん


by Climber-Kin | 2016-12-03 22:31 | 二子山'16-'17 | Comments(2)
2016年 11月 27日

2016年11月26日、真冬並になった二子山

「バック・トゥ・ザ・ワンテン」

 土曜日は寒そうではあるが、15時ぐらいまでは晴れるはずの天気予報だった。だけど、陽が出ていたのは11時ぐらいまででした。それ以降は陽の射さない寒い一日でした。しかし、先日まで暖かかったので岩が冷え切っていないのと、まだ真冬本番の寒さではないので、狙えるぐらいのコンディションではありました。アップ後にすぐトライした1便目は、まだ岩が冷たいものの、陽が射していました。しかし、2便目と3便目は、寒々しい曇り空で、トライする気にさせるように自分を奮起させるのが大変でした。

(1-2) 高く登れ(10b)、再登、Tr
(3) バイパス(10a)、再登
(4) 振り返るな(13a)、×、ワンテン
・パートナーさまのアドバイスのもと、4p目まで少しゆっくり目に登ってみた。
・元気な一便目の余裕があって、4-5p間腰押しつけレストも少し、はまってくれて、ここで10秒数えられた。5p目クリップして、6p目クリップへゴー! しかし、あちょー! ゲートがさかさま向いてます。ロープ側ゲート固定用のゴムもなくなっていました。カラビナをひっくり返っていて、びっくりしましたクリップしてテンションしました。
・気を取り直して、6p目からどこまで行けるかは、勇気を振り絞って、核心セクション後半も繋ぎました。恐ぇー! けど、終了点まで到達できました。今シーズン初のワンテンでした。
(5) 振り返るな(13a)、××
・曇空で寒々しくて、モチが上がらない。それでも、順番通りにトライするのですが、体の動きが消極的なのか疲れてしまって、6p目へ突入する気がしませんでした。5p目でテンションして、ちょっと5-6p間のフットホールドを洗い直してみた。5p目から3手目の左手アンダー取りは右足遠目で足開いてバックステップの方がよいかも。
・5p目からどこまで行けるかは、6p目超えて、右手ドーンが止まって、左手モニョモニョホールド取れて、右手一手送りまで行って、今度は突っ込む気がなくて、自らテンションしてしまいました。2テンで抜けました。
(6) 振り返るな(13a)、×××
・3便目は、気持ちも切れてて、いつもの通りダメダメ。5p目でテンション。6p目でテンション。1便目でベロンチョした、左手人差し指が痛くて、核心セクション前半をはちょって、後半だけリハーサルして抜けました。

 今日は寒かったのですが、そのお陰でフリクションがよくなっていて、6p目からのリハーサルで核心セクションを繋ぐことができました。今シーズン初のワンテンで抜けられました。登っている最中に首に力が入り過ぎて、その後、頭が痛くなってしまいました。よほど、怖かったのでしょう。やはり、リハーサルでも落ちると10mのフォールは、怖いです。
 ムーブは全部できるのですけどねぇ。繋げることが出来ないのです。持久力ルートです。持久力のない私にとってはこれまでにない1番厳しいルート。しかし、望みある者には道が拓ける。そう信じよう。絶望的な寒さの1月まで、あと1ヶ月です。とにかく頑張ります。

〇 今日のまとめと次回やってみること
 6p目から終了点までは繋げられるので、とにかく6p目まで楽に到達することが肝要なのです。それで、5-6p間でのダメージが大きいような気がしてます。腰押しつけレストが、はまった時の5p目到達時は、それほどよれていないような気がするのですが。それで、6p目クリップして、核心セクションへ入る時に既にレッドゾーンになってしまっているのです。もしや、5-6p間に問題が多いとか?
① 前半はゆっくり登ること
・4p目まではゆっくり登ること。片足切りはしないで、なるべく、フットホールド踏むこと。
② ムーブできて以来、手つかずの5-6p間を再度洗い直すこと
・左手アンダーから、右手6p目クリップ穴ホールドへ。右足が低いのかも?そのために、右手が穴アンダーが浅持ちになっていないか?
・5p目からの左手の一手目のホールドに右足載せて、体を上げて、右手穴アンダー取ってみる。足が左より高目になるので、裏目にでるかも。
・その前の左手アンダー取りも、右足遠目フットホールドで再度試してみること。

〇 今日の弓状
・H田さんが、ピープウォールのカオスをRPされたとのこと。元気くんが、ペトルーシュクァをRPして、高所登山のリハビリを進めていました。おめでとうございます。
・パートナーさまも「私生活(12c)」をワンテンにしていました。
・写真は、「振り返るな(13a)」で、おしいトライが続くISMくん。そろそろ核心最後のムーブを固めて、抜けてください。
b0037220_21521609.jpg
〇 恒例の指皮ベロンチョ写真
・右手ドーンのところで、指穴アンダーのエッジに引っかかるんだよねぇ。痛い。
b0037220_10382634.jpg

きん



by Climber-Kin | 2016-11-27 21:52 | 二子山'16-'17 | Comments(0)